公明党 宗教。 公明党・創価学会が政教分離の原則に違反しないとされるのは何故ですか?

池上彰が公明党と創価学会の関係に鋭いツッコミをして大きな話題に「公明党の応援は創価学会員の宗教活動の功徳を積むことになるの?」

公明党 宗教

政教分離の原則とは? 国家の非宗教化、宗教の私事化を確立することにより、個人の信教の自由を制度的に保障すること 日本は厳しい政教分離の立場を取っており、 国家による一切の宗教活動を禁止しています。 これは戦前に神道が国民統合のためのツールとして利用されており、全体主義的な思想を植え付けるために役立っていたという過去の反省があります。 戦前は神道以外の宗教は迫害され、すべての学生が靖国神社を参拝するように国家が強制していたという過去がありました。 そこには信教に対する自由はありませんでした。 国家が宗教活動を禁止するという事はつまり、 個人の信教を保障するという意味であり、憲法では20条にて信教の自由を保障しています。 自由権については、『』の記事をご覧ください。 日本国憲法の20条では、政教分離が明確に規定されているわけではありませんが、 第1項と第3項にて以下のように規定されています。 一 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。 いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。 三 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。 つまり、国家は特定の宗教団体に特権を与える行為をしてはいけないものとしており、 宗教団体が政治に参加して、政治的権力を行使することはできないというものです。 公明党や創価学会は問題にならないの? 政教分離の原則について考える時に、 創価学会を支持母体とする公明党や、幸福の科学を支持母体とする幸福実現党が頭に浮かぶと思います。 憲法20条が規定する信教の自由に関しては、 国家と宗教の分離 の事であり、過去の判例では 宗教団体が政治家や政治団体を支持したり、政治活動を行う事は禁じていません。 つまり、国家が特定の宗教団体に特権を与えることは禁止していても、 宗教団体側が政治家を支援したり応援する活動を行う事は禁じていないのです。 そのため、創価学会や幸福の科学の活動に関しては憲法上、問題がないという裁判所の見解です。 憲法20条では個人の信教の自由を保障していますから、宗教団体や宗教者の政治活動を制限するものではないのです。 しかし、政教分離の原則の庇護の下で活動している宗教団体が政治思想として政教分離の撤廃を求めているという側面もあり、国民の間では憲法に違反していないとはいえ、憂慮する点があるのも事実です。

次の

公明党と創価学会ってどういう関係なの?(テレ東で池上彰がF票を話題に)

公明党 宗教

もくじ 公明党ってどんな政治団体なの? 公明党は、1961年に創価学会が設立した「 公明政治連盟」から始まり、3年後に改名して「 公明党」という政党名になり、 創価学会を支持母体として 、 中道政治の実現を目指しています。 公明党が結党した1960年代当時、日本の政界は保守と革新のイデオロギーによる抗争が激化し、政治の舞台で庶民は置き去りにされていました。 そんな中、政治を庶民の手に取り戻し、庶民を守り、地域住民の手足となって働くために結成されたのが、現在の公明党です。 結党以来のスローガン 『 大衆とともに』の精神こそ、他の政党にはない比類なき団結力で連携する「ネットワーク」の力の源なのです。 より引用 公明党ホームページに回答を書いているので引用しますね 公明党は、1964年11月17日に、池田大作創価学会会長(当時)の発意によって結成された政党です。 以来、創価学会の仏法の理念に基づき、「個人の幸福と社会の繁栄が一致する、大衆福祉の実現」「人間性の尊重を基調とした民主主義をつくり、大衆とともに前進する大衆政党の建設」を目指してきました。 ただし、創価学会と公明党との関係は、あくまでも支持団体と支持を受ける政党という関係であり、「あらゆる階層のいっさいの民衆を包含しうる大衆政党」であると綱領にも明記している通り、公明党は国民全体に奉仕する国民政党です。 公明党と創価学会は現在でも不定期で「連絡協議会」を開催し、協議内容はマスコミ公開されています。 一部週刊誌等で「政教一致だ」とか「憲法20条に違反した関係にある」等の記事が掲載されることがありますが、全く的外れな批判であり、既に国会の論戦の場でも決着済みのことです。 憲法が規制対象としているのは、「国家権力」の側です。 つまり、創価学会という支持団体(宗教法人)が公明党という政党を支援することは、なんら憲法違反になりません。 国家権力が、ある特定の宗教を擁護したり、国民に強制するようなことを禁じているのが「政教分離」原則です。 信教の自由、言論の自由、結社の自由--などが定められ、「政教分離の原則」が条文に記載されたのです。 より引用 簡単に説明すると、• 宗教団体が政治団体を支持することは憲法違反では無い• 公明党は国民に対して創価学会に入る事を強制することをしていないから憲法違反では無い という事です。

次の

イデオロギーを捨てたコウモリに

公明党 宗教

スポンサー リンク それが最近は安倍人気と反比例するように不人気になり、自民党の選挙協力のおかげで公明党が存続しているありさまになった。 公明党の政治ポジションは右派の自民党と左派の共産党の中間で、バランス役を果たしていました。 最近は右か左か、保守か反日か主張がはっきりした政党が好まれ、中間や穏健派は不人気です。 公明党の得票が大幅に減った理由は支持者の多くを占める創価学会信者の減少や高齢化が関係している。 選挙では多くの運動員が必要だが、公明党は学会員数百万人を無料で使える事が最大の強みでした。 学会員は有権者で必ず公明党に投票し、なおかつ運動員としても早朝から深夜まで働いていました。 創価学会は公式には全盛期に2000万人超で現在も1000万人超と主張しているが、もちろんこれは真実ではない。 本当の信者数を推測するもっとも公正な数字は皮肉なことに公明党の得票で、選挙権がある信者はもちろん100%公明党に投票している。 宗教系の政党はその宗教の信者の2倍程度が得票の目安で、宗教色が強いほど一般の人は投票しない。 創価学会が衰退した理由は池田大作 公明党の得票は昭和30年代に100万票台で、この頃は信者以外に投票する人は少なかったようです。 昭和50年代から60年代に得票数700万票を超え、実質信者数はその半分の400万人程度だったでしょう。 現在の得票数は650万票なので、信者数は半分として350万人以下と推測できます。 創価学会ではない人がどれだけ公明党に投票するかですが、1人の信者が一人の知人に投票を依頼したとして、やはり信者数と同じ程度でしょう。 ところで創価学会会員数は昭和20年代にゼロだったのが、昭和50年には推定300万人以上に急増しています。 敗戦によってそれまで信仰していた神道や仏教を信じられなくなり、新興宗教に傾倒する日本人が増えたためでした。 その後新興宗教は減るどころか増え続け、今では怪しげな宗教が数えきれないほど存在しています。 創価学会は1960年の池田大作会長就任によって、それまでと全く異なる組織に変質したと言われています。 創設以来の学会は名前が示す通り学問や教義を追及する機関だったが、池田はこれを集金機関として利用した。 池田会長の下で創価学会には莫大な金が集まり、教育界や財界や政界、芸能界や海外にまで勢力を拡大しました。 また池田大作は自身を神格化して信仰の対象とし、池田自身が神であるかのように振舞い信者に絶対的な忠誠心を要求した。 このため池田は91歳の現在も名誉会長であり、創価学会は池田大作を神として信仰する団体となっている。 これでは新たな信者を獲得できる筈がなく、池田大作就任をピークとして信者数は増えていません。 古い信者は高齢化で亡くなっていき、運動員としても使えなくなるので、公明党の集票が減っているのです。 池田が神に留まる限り、創価学会と公明党の衰退は続くでしょう。

次の