医療 脱毛 機器。 湘南美容外科の脱毛機~アレキサンドライトVS美肌ウルトラ脱毛の違い

医療脱毛おすすめランキング|口コミと3つの後悔しないポイントで選ぶ!

医療 脱毛 機器

湘南美容外科の脱毛効果&特徴。 湘南美容外科の顔脱毛では、医療レーザー脱毛を採用しており、 医療脱毛なのにリーズナブルな価格で、高い脱毛効果を半永久的に得られます。 早く脱毛効果を得られて、永久脱毛が可能!! 例えば脇脱毛だと、驚きの 5回セット1,000円・無制限だと3,400円で体験できてしまうのです。 エステサロンはどうしても光出力が低いので脱毛完了までに時間がかかってしまいます。 また顔脱毛になると、うぶ毛のように毛が薄いので脱毛サロンでは効果を実感しにくい方が多いようです。 なので最近では、脱毛サロンから医療脱毛に切り替えている方も多くいらっしゃいます。 脱毛を最短で完了したい方などは、湘南美容外科の医療レーザー脱毛が断然おすすめです💕 脱毛サロンと湘南美容外科を下記にて比べてみました。 脱毛サロン 湘南美容外科 施術時間 光出力が低いので時間がかかる レーザー出力が高いので短期間で完了できる 費用 長期間になると費用がかさみ結果的に高コスト 短期間で脱毛が完了するので結果的に低コスト 時間 エステティシャンが照射。 肌トラブルがあった場合は医療機関での受診が必要 看護師が照射。 医療脱毛なのに低価格!脱毛完了するまで通い放題• 最新医療レーザー使用なので、安全・確実・短時間で脱毛完了• 予約が取りやすいので、通いやすい• 忙しい方でも通い続けられる、コース消化の有効期限なし• 医療脱毛症例数200万以上の確かな実績• 1 アレキサンドライト アレキサンドライトレーザーは、 湘南美容外科クリニックで人気NO. 1の脱毛機器になり、毛根のメラニン色素に反応するようにできています。 スポットサイズも従来機種に比べて大きく、乱反射が起こりにくいので、光エネルギーのロスが少ないことが特徴です。 黒いものに反応が良く、毛の薄い部分よりも濃い部分の方が効果を実感でき、高出力でより 深部までレーザーが届くので長期的な減量効果を望むことができます。 さらに大口径のスポットは、広範囲のメラニン疾患に対しても効率良く脱毛することが可能となります。 様々な波長が組み合わさっているので SBCオリジナル脱毛機器でつるつる美肌が期待できます💕 4つの波長を出すことができるウルトラ美肌脱毛は、レーザーを照射することで、皮下に存在するメラニン色素と発毛因子であるバルジ領域に反応させます。 広帯域の光エネルギーによって毛根のメラニンに働きかけて、破壊することで脱毛をする治療法になり、一度で多くのメラニンを破壊することができます。 毛に含まれているメラニンだけ反応する光を照射して、毛根に直接ダメージを与える方法になるのです。 このウルトラ美肌脱毛のレーザーの光は、エステサロンでも使用しており、主に美肌目的で、あ顔やニキビ跡、毛穴の引き締めやくすみの改善に効果的です。 つまり、ウルトラ美肌脱毛では、脱毛と同時に美肌効果が期待できるメリットがあるので嬉しいですね💕 3 メディオスターNext Pro こちらは 男性限定の脱毛機器になり、痛いのが怖い方や肌色が黒い方でも照射できる最先端の脱毛機器になります。 途中での変更はできないみたいなので、簡単に下記まとめてみましたのでご紹介します。 またアレキサンドライトも元々フェイス用に使用していた機器なので、多少の美肌効果はあり、顔脱毛でもシミやくすみがとれて肌ツヤも出てくるようです。 脱毛効果を優先に施術をしたい• 毛が深く、剛毛タイプの人• 医療レーザーでも痛みなく脱毛をしたい• 産毛を重点的に脱毛したい• 脱毛と同時に美肌効果も実感したい >> 医療脱毛するなら湘南美容外科の公式サイトで予約。 どちらの脱毛機器にするか迷っている方は、まずはカウンセリングで決めても良いと思います。 予約の時点で脱毛コースを決める必要もありません。 どちらにしても湘南美容外科クリニックの脱毛機器は、脱毛効果が高く実感できて、 お得なキャンペーンで脇脱毛やvio脱毛施術できるのが魅力ですね💕 脱毛サロンと違い 半永久脱毛なのでほぼ一生生えてこないのと、仕上がりもつるつる美肌が手に入るのでおすすめです。 また脱毛サロンのように勧誘もなく、親切に施術内容など説明してくれたり、脱毛レーザー照射に集中してくれます。 さらに 医療脱毛なのに破格の値段でvio脱毛施術ができるので、通う回数など考えたらトータル的に脱毛サロンよりも安いかもしれません。 信頼と実績を誇る湘南美容外科の脱毛施術は医療資格を持った医師と丁寧な看護師さんが脱毛施術をおこなうので、脱毛後の赤みやかゆみが出てもすぐに対処してくれるので安心です。

次の

医療レーザー脱毛、どんな機種がある?最新機器は?

医療 脱毛 機器

医療脱毛はレーザー脱毛機の機種によって特徴や効果が違うって知っていますか? 一口に医療脱毛といっても使用する脱毛機器はどのクリニックも同じ機種を使用している訳ではありません。 レーザーの種類や機種の特徴次第で脱毛効果も変わってしまいます。 脱毛に使用する医療レーザーには主に• ダイオードレーザー• アレキサンドライトレーザー• ヤグレーザー の3種類のレーザー波長があります。 機器の仕様でレーザーの照射には 単発照射と 連続照射の2つのタイプ• 脱毛方式の違いには HR方式と SHR方式の2つのタイプ があります。 高温の熱で毛根にダメージを与えるのが HR方式(ショット式・熱破壊式) 低温の柔い熱でジワジワと毛包全体と発毛因子のバルジ領域にダメージを与えるのが SHR方式(蓄熱式) それぞれの特徴が少し分かってくると、自分に合った医療脱毛クリニックを選ぶ時に役立ちますよね。 痛みが少ない• 3種類のレーザーと主な医療レーザー脱毛機 主な医療用レーザー脱毛機の特徴を比較 画像は左からジェントルレーズプロ・ライトシェアデュエット・メディオスターNeXT PRO・ソプラノアイスプラチナムです。 医療脱毛で使用されるレーザーは主に ダイオードレーザー・ アレキサンドライトレーザー・ ヤグレーザーの3種類です。 アレキサンドライトレーザーの波長は755nmで、3種類のレーザーの中では波長が短く、肌表面に近い部分のメラニン色素に反応して強い痛みを伴います。 ダイオードレーザーの波長は800~940nmで、様々な毛質や肌質に対応できて照射時の痛みはアレキサンドライトレーザーよりも少ないです。 ヤグレーザーの波長は1064nmと長いため、肌へのダメージが少なくて皮膚の深い部分のメラニン色素を狙います。 3種類のレーザーの中では痛みを強く感じます。 ダイオードレーザーの脱毛 ダイオードレーザーは近赤外線レーザーで機器により異なりますが800~940nmの波長があり、 皮下組織にある毛にまでダメージを与えることができます。 VIOやワキなどの 濃い毛から、他の医療レーザーでは難しいと言われている顔や指、背中などの 産毛にも対応できます。 同じダイオードレーザーでも脱毛方式には2種類あります• 高出力のレーザーを集中させて毛根にダメージを与える HR方式(ショット式)• 低出力のレーザーを連続照射してジワジワと毛包全体と発毛因子のバルジ領域にダメージを与える SHR方式(蓄熱式) の2つの方式があります。 医療脱毛を専門とするクリニックなどで数多く導入されているダイオードレーザー脱毛機は、ショット式では ライトシェアデュエット、蓄熱式では メディオスターNeXT PROを使用するクリニックが多いです。 アレキサンドライトレーザーの脱毛 アレキサンドライトレーザーの脱毛はメラニン色素を多く含んでいる毛に光エネルギーを吸収させて熱に変換、その熱が毛の周囲の毛包や毛乳頭部に拡散していくことで毛の組織を破壊します。 レーザーの照射と同時に肌表面に冷剤を吹き付けて痛みを和らげますが、ダイオードレーザーよりも強い痛みを感じます。 アレキサンドライトレーザーの ジェントルレーズは日本国内で最も早く厚生労働省から認可された医療用レーザー治療器です。 シミ・ソバカスの治療にも使用され、数多くの皮膚科・形成外科で使用されています。 また医療脱毛を専門とするクリニックでは、最新型の ジェントルレーズプロを使用するクリニックが増えています。 ジェントルレーズではパルス幅(照射時間)が3msと一定ですが、ジェントルレーズプロはパルス幅が0. 25~100msと可変なので、肌質・毛質に合わせた照射ができます。 またスポットサイズも最大24mmまでと広くなって、施術時間を短くすることが出来ます。 ヤグレーザー(YAGレーザー)の脱毛 ヤグレーザーの波長は1064nmと3種類のレーザーの中では最も長く、 深い皮下組織にまでレーザーが行き届きます。 だからVIOのデリケートゾーンや脇の濃くて太い毛にダメージを与えることができます。 アレキサンドライトレーザーと同様にメラニン色素に反応させて毛の組織を破壊していきます。 産毛や日焼け肌、色素沈着している肌でも施術できるのが特徴ですが、特に太くて濃い毛を狙って照射する場合には強い痛みがあります。 ヤグレーザーは硬毛化のリスクが一番低いレーザーです。 しかし、痛みが強いためダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーで処理しきれなかった部位の脱毛に使用される場合が多いようです。 ヤグレーザー単独の機器よりも ジェントルマックスプロや クラリティツインのようにアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを切り替えて照射するタイプの機器が多いです。 また ソプラノアイスプラチナム、ソプラノチタニウム、トリズムのような3波長のレーザーを同時照射する機器を使用する医療脱毛クリニックが増えています。 使用する医療レーザー脱毛機とクリニック ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーなど数種類の脱毛機を導入しているクリニックでも、医師の診断により使用する脱毛機を設定します。 一部のクリニック以外は患者側から使用する脱毛機を指定できません。 ジェントルレーズプロ(アレキサンドライト) ジェントルレーズプロはメラニン色素に吸収されやすいレーザー光を熱に換えて毛の組織を破壊する脱毛機。 レーザーの照射時間を決めるパルス幅を調節できる機能を搭載し、肌質や毛質に合わせた設定で安全な施術が出来ます。 レーザー照射直前に冷却剤を吹きつけて皮膚を保護しながら、大口径スポットとハイスピード照射で広範囲の脱毛も施術時間が短く済みます。 レジーナクリニック、表参道スキンクリニック、アリシアクリニック、ジュエルクリニックなど ライトシェアデュエット(ダイオード) ライトシェア・デュエットは大小2種類のハンドピースを搭載している脱毛機。 大口径のハンドピースの照射面積は従来のライトシェア機の約10倍。 皮膚を吸い上げながら伸ばし広げて照射するので、照射時の出力レベルを下げてもレーザーが毛のメラニンだけを確実に捉えて破壊します。 口径が小さいハンドピースは顔や指、IラインとOラインなど細かい部位の照射に使用します。 アリシアクリニック、リゼクリニック、トイトイトイクリニック、ドクター松井クリニック、ビューティースキンクリニック、クレアクリニックなど メディオスターNeXT PRO(ダイオード2波長) メディオスターNeXT PROは発毛を促す幹細胞のバルジを破壊する蓄熱式のダイオードレーザー脱毛機。 ジェルを塗った肌の上を照射ヘッドをぐるぐる回しながら2種類の波長のレーザーを連続照射。 毛周期に関係なく1か月間隔でも照射できるため短期間で全身まるごとツルツルの肌にできます。 照射面と冷却面が一緒でほとんど痛みが無いのでVIO脱毛やデリケートな肌に適してます。 施術前にジェルを塗る必要がありません。 連続照射ができてヘッドの3種類の照射口を取り換えながら広い部位から細かな部位まで短時間で施術。 ダイオードレーザーよりもレーザー照射時に強い痛みがあります。 渋谷美容外科クリニック、湘南美容クリニック、ジュエルクリニック、フェミークリニック、メディエススキンクリニックなど他多数のクリニックで導入 ソプラノアイスプラチナム(3波長同時照射) ソプラノアイス・プラチナムはジェルを塗った肌の上をピピッと高速で連続照射しながらヘッドをクルクル回して脱毛します。 メラニンだけでなく毛包も狙って広範囲を徐々に温めて破壊する蓄熱方式でスポット式のレーザー脱毛機のような痛みがありません。 一度に深さの異なる3つの波長を出力して、浅い毛から深い部分に生えている毛まで対応、冷却口と照射口が一体型で照射ムラがありません。 聖心美容クリニック、ビューティースキンクリニック、ジェニークリニック、レジーナクリニック(一部院除く)など ジェントルマックスプロ(アレキ・ヤグ 2波長切替) ジェントルマックスプロはアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの2波長を切り替えて照射できる脱毛機。 ヤグレーザーはアレキサンドライトやダイオードレーザーよりも波長が長くて、メラニンへの吸収がアレキサンドライトレーザーよりも抑えられています。 そのため、肌への熱ダメージが少なくて、肌の深い層までレーザーのエネルギーをしっかりと効率良く届けることが出来る特徴があります。 ヤグレーザーはVIOの脱毛や硬毛化した毛にも効果があります。 予約が取りやすい医療脱毛クリニック 東京の予約が取りやすい医療脱毛クリニック 医療脱毛予約の取りやすさランキングの第2位は、こちらも蓄熱式脱毛の「メディオスターNeXT PRO」と「トリズム」を使用するKMクリニックです。 新宿と銀座に2院があります。 肌に優しくて痛みが少ないSHR方式の蓄熱式脱毛を都内でも早い時期から導入しています。 お得な料金設定と2回目以降の予約が取りやすいのはもちろん、Googleの口コミ評価が高かった点も評価できます。 月曜と木曜の休診日を避けて11時から19時までの診療時間内に都合よく通える方に限定される点や、脱毛コースの料金の他に初診料や再診料が別途必要となる点、消費税込みの料金ではないため支払い総額が分かりにくい点、以前は全身脱毛が2回に分けて通院が必要だった点が気になるポイントです。

次の

医療レーザー脱毛、どんな機種がある?最新機器は?

医療 脱毛 機器

もくじ• 湘南美容クリニックのVIO脱毛機器種類 湘南美容クリニックで使用されているVIO脱毛機器は2種類あります。 ジェントルレイズと ウルトラ美肌脱毛です。 もう1台『メディオスター』という機器もあるのですが、こちらは男性にしか使用されていない機器なので本記事には掲載していません。 それぞれの特徴を説明してきますね。 脱毛機器1:ジェントルレイズ(アレキサンドライトレーザー) これは従来からある医療脱毛レーザー機器です。 『アレキサンドライト』というのは レーザー種類の名前で、『ジェントルレイズ』というのはアレキサンドライトレーザーを搭載している 機器名のうちの1つです。 ジェントルレーズのPOINT• 「現在生えている毛」に反応(メラニン:黒い毛根部に効果)• 抜けるまでに1週間~2週間• 照射範囲のキワまで打つことが可能(粘膜はNG)• 毛が濃い部分や肌のトーンが暗い人には痛みを感じやすい。 脱毛機器2:ウルトラ美肌脱毛 こちらは、前述の『ジェントルレイズ(アレキサンドライトレーザー)』よりも新しい機器。 エステサロンで使用されている光脱毛の 照射パワーを強く引き上げた機器です。 医療機関ではないエステサロンでは引き上げてはいけないパワーレベルですが、 湘南美容クリニックは医療機関なので法的にも許可範囲となります。 エステサロンでこのパワーを出力させると違法行為にあたります。 ウルトラ美肌脱毛のPOINT• 「これから生えてくる毛」に反応(バルジ領域という発毛司令塔に効果)• 抜けるまでに3週間~4週間• 照射範囲のキワまで打つことが可能(粘膜はNG)• アレキサンドライトに比べて痛みが少ない 関連記事: 『ジェントルレイズ(アレキサンドライトレーザー)』と『ウルトラ美肌脱毛』の違いまとめ ここでは、実際の効果の違い・料金・痛みなどについて違いをまとめています。 照射後抜け始めるまでの期間 ジェントルレイズ(アレキサンドライト) 1~2週間 ウルトラ美肌脱毛 3~4週間 最終的な脱毛効果 どちらの機器を選んでも最終的な効果は同じだということなので、安心して下さい。 料金 どちらを選んでも料金は同じです。 また、湘南美容クリニックでは ハイジニーナにしても デザインを作ってもらっても 同料金です。 関連記事: それぞれの痛み アレキサンドライトのほうが 圧倒的に痛いです。 主人と友人がアレキサンドライトでワキ・顔の脱毛をしましたが、かなり痛いものの麻酔は不要だったそう。 ただし アンダーヘアはデリケートな場所なので、こちらの機器になった場合は麻酔使用の可能性も頭に入れておくと良い思います。 ウルトラ美肌脱毛は、デリケートなVIOでも 我慢できます。 まだまだ毛量が多い初期は、 あつっ!となる事もありますが、麻酔が必要なほどではないです。 参考記事: 照射時のジェル使用の有無 機器によってジェルの使用・不使用がわかれます。 ウルトラ美肌脱毛のみジェルを使用します。 ジェントルレイズ(アレキサンドライト) ジェル不要 ウルトラ美肌脱毛 ジェル使用 「様子を見ながら進めていきたい」 「ハイジニーナではなく、薄くしたいだけ」 このような場合は、3回コースから始めるのがオススメ。 たとえその後「あと3回追加したい」と思っても、最初から6回コースを選択したのと 価格差はほとんどありません。 また 湘南美容クリニックはポイント制度がかなり充実しているので、3回コースを受けている間にもらえる『お誕生日ポイント1万円分』を追加分に充てることも可能です。 私もすでに2万円分以上のポイントをゲットして使用しています。 \お得なポイント制度・楽天ポイントとの併用についても記載しています/ 痛いVIO脱毛も、麻酔や機器の種類で痛みを回避出来る 痛みに関しては、前述したように『アレキサンドライトレーザー』だとかなりの痛みを伴います。 残念ながら自分で機器選択出来なくなってしまったので、アレキサンドライトレーザーを使用することになった場合にどうしても痛み我慢できないと思ったら 早めに麻酔を使用して欲しいと伝えて下さいね。 大手でクリニック数・スタッフ数が充実しているからこそ、低価格料金が実現出来ている湘南美容クリニック。 だからといって雑な施術ではないしフォロー体制もバッチリ。 スタッフ(看護師さん)の研修体制もしっかり整っているし、カウンセラーさん達も丁寧で優しいので、安心して通えますよ。 本記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

次の