煙突描きのリン。 千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠しのリンって人間なの!?別作品のキャラってマジ?

煙突描きのリン

宮崎駿監督のいちばんのヒット作品『千と千尋の神隠し』。 本作で、アメリカのアカデミー賞や、ベルリン映画祭では金熊賞を受賞しています。 そんな、国民的な作品となった『千と千尋』も、豆知識がたくさんあります。 『千と千尋』は方々で語られているので、有名な情報だらけかもしれません。 台湾の九份が、『千と千尋』のモデル地ではないことも、周知されると良いですね。 『千と千尋の神隠し』の企画の原点は、『霧のむこうのふしぎな町』 企画の初期段階に、児童文学の『霧のむこうのふしぎな町』から、宮崎監督はインスピレーションを受けた。 宮崎: もともと企画の初期には『霧のむこうのふしぎな町』という児童文学を、なんとかアニメ化できないかと考えたこともありました。 何人かのスタッフが子どものころ繰り返し読んだというもんですから、どこがおもしろいんだろうと思って何度も読んだりして、アニメにする方法を考えたんですが、結局、そこまで原作を変えるならオリジナルをやったほうがいいということになって。 神様をお風呂に入れる発想は、「霜月祭」という祭りを参考にしている 「『千と千尋の神隠し』ロマンアルバム」の中で、宮崎監督は「霜月祭」というお祭りを参考にしたことを語っている。 宮崎: 霜月祭といって、日本中の神様を呼び出してお風呂に入れて元気にするっていう非常に面白いお祭りがあるんです。 静岡とか岐阜の方にあるお祭りなんですけどね。 僕はそういうものを研究しているわけじゃないんですけど、大好きですから。 (略) それでどうしてそういう神様たちを登場させたのかというと、日本の神様たちは、きっとものすごくくたくたになっていると思ったからです。 そしたら二泊三日で骨休みにお風呂屋さんにくるに違いないと思ったからです。 霜月祭と同じようにね。 それで名もなき神様たちが社員旅行かなんかのように、団体で来るのかなとか勝手に想像しながらイメージしていったんです。 おくされがみにリアリティがあるのは、宮崎駿監督の体験から おくされさまがリアルに描かれているのは、宮崎駿監督が休日に行っている川掃除が、原点となっているため。 宮崎: 休みの日に僕は地域の人たちと一緒に川掃除をやっているんですけど、まさに千尋と同じ体験をしたことがあるんです。 その時に、日本の川の神様たちはボロボロで、悲しく切なく生きているんだろうなあと思いました。 この日本の島で苦しんでいるのは人間だけじゃないなって感じたんです。 それで川掃除をして汚いものを相手にしながら、自分が醜いものの相手をしなくちゃいけないとか、汚い嫌なものに手を出さなきゃいけないとか、イヤダナーという気分を超えないと、手に入らないものもあるって思ったんです。 千尋が電車に乗るシーンは、『銀河鉄道の夜』をイメージして作られた 『ジブリの森とポニョの海』のインタビューで、宮崎監督はこのように語っている。 宮崎: 千が電車に乗るシーンがあるでしょ。 なぜ、電車に乗せたかったかというと、電車の中で寝ちゃうシーンを入れたかったんです。 ハッと目が覚めると、いつのまにか夜になって、周囲が暗くなって、影しか見えないような暗い街の広場が窓の下をよぎっていく。 電車が駅を離れたところなんです。 いったい何番目の駅なのか、自分がどこにいるのかわからなくなっていて。 あわてて立ち上がって外を見ると、街が闇の中に消えていく。 不安になって、電車の車掌室へ駆けていって、ドアをたたくけれど、返事がない。 勇気を振り絞って、扉を開けてみると、真っ暗な空に街の光が闇の中の星雲のように浮いていて、しかも寝かせたガラスに描いたように平らなやつが、ゆっくりと回りながら遠ざかっていく。 それは『銀河鉄道の夜』の僕のイメージなんですよ。 それを、入れたくて、入れたくて、入れたくて、たまらないんですけど、ストーリーボードを描いていくと、どうしても入らない。 なんとかして入れたくて、なんせ映像を挟み込むだけなんだから、ガバッと勇気を出して、入れてしまえばいいんだけど、入らない。 結局、いちばんやりたかったシーンを外したんです。 その映像を入れたいためにつくりあげたシーンだったのに、結局、やりたいことが入らない。 これは違うジグソーパズルのピースだったんだな、と気がつくんです。 そういう、ひとつの気づきのために延々と時間を費やしています。 ハクの本名「ニギハヤミコハクヌシ」は、日本神話の「饒速日命(にぎはやひのみこと)」が由来 天孫降臨以前に地上に降り、大和地方を支配していたが、神武天皇の東政に際して降り、その巨下となったといわれる。 物部氏の祖神とされ、祭神とする神社もいくつかある。 ちなみに、『もののけ姫』のアシタカヒコは、饒速日命の一族である「長髄彦(ながすねひこ)」に由来する。 千尋のお父さんは、日本テレビの奥田誠治プロデューサーがモデル 関係者によると、車の荒い運転と、食事のシーンはそっくりだという。 演出家志望でしたが、声優を務めることになりました。 リンを演じるにあたり、バイト先のお弁当屋のおばちゃんをモデルにしたそうです。 玉井さんは、声の収録にあたってバイトを休まなくてはならず、相談をしときに「そりゃちょうどよかった。 うち潰れるんだよ」と言われ、驚いていたら「ほんとに鈍臭いね。 店ん中見てご覧。 冷蔵庫とかもうないだろ」と笑われたのだとか。 主人公・千尋は、日本テレビの奥田プロデューサーの娘がモデルとなっている 奥田プロデューサーの娘の名前は「ちあき」。 宮崎駿監督の別荘地である信州で遊んでいるときに、川で靴を落としてしまい、宮崎監督と鈴木敏夫プロデューサー、奥田プロデューサーで探し回った話が、作中でモデルとなっている。 当時、まだ小さかったちあきさんも、映画の試写会で自分がモデルになっていることに気が付いたそう。 カオナシのモデルが米林宏昌監督説はあとづけ 物語の冒頭、千尋が橋を渡るシーンで何気なく描いたお面をかぶったキャラクターが、主要キャラのカオナシとなった。 絵コンテ製作中に、映画が長くなりすぎることを鈴木プロデューサーから指摘され、宮崎監督はたまたま描いたカオナシを使い、物語を再構築することとなった。 カオナシは、橋のたもとに立っていたエキストラ的なキャラクターから始まっている。 「無理やりストーカーになってもらった」と宮崎監督は語っている。 後に、米林監督と顔が似ていることから、カオナシ=米林監督という話が広まっていった。 米林監督はインタビューで、このように話している。 米林: 実際はモデルというより僕が描いていたカオナシを見て、宮崎さんが『麻呂にそっくりじゃないか』とおっしゃって、そういうふうに言われるようになったんです。 油屋のモチーフは風俗店 千尋が油屋で働くことになるのは、コミュニケーションが苦手な少女がキャバクラ嬢や風俗嬢となり、人と接することで成長していくことに着想を得ている。 つまり、「千尋」という名を奪われ、「千」の名を付けられたのは、風俗店の源氏名にあたる。 また、湯屋に大浴場がないことについて、宮崎駿監督は「そりゃあ、色々いかがわしいことをするからでしょうね(笑)」と、風俗店であること匂わせた発言をしている。 湯婆婆と銭婆が双子になったのは、宮崎駿がキャラクターを作れなかったから 当初、銭婆のデザインは背の高いスレンダーな婆を予定していたが、決定には至らず、双子という設定にして湯婆婆とまったく同じにすることになった。 油屋のモデル 油屋にモデルとされる明確な場所はないけれど、複数の場所を参考にして作られている。 インスピレーションを与えたものとして、下記4点が有名。 ・「江戸東京たてもの園」子宝湯 ・道後温泉本館 ・目黒雅叙園 ・鹿鳴館 宮崎監督はインタビューで、以下のように語っている。 宮崎: あれは鹿鳴館であり、目黒雅叙園です。 日本人にとって豪華というのは、御殿と洋風(擬洋風)と竜宮城がごちゃごちゃになってて、そこで洋風っぽく暮らすことなんです。 もともと湯屋っていうのは、今のレジャーランドみたいなところで、室町時代にも江戸時代にもあったものです。 結局僕は日本を描いているんです。 釜爺のボイラー室は、武居三省堂がモデル 「江戸東京たてもの園」にある、文具店・武居三省堂の引き出しが、釜爺のボイラー室のモデルとなっている。 主題歌『いつも何度でも』は、『煙突描きのリン』のために作られた 宮崎駿監督の『もののけ姫』を観て感動した木村弓は、スタジオジブリに手紙と自作のCDを送る。 すると、すぐに返事がきて、当時ジブリで企画されていた長編作品『煙突描きのリン』の主題歌を依頼される。 『煙突描きのリン』のために、木村弓は『いつも何度でも』を作成。 しかし、企画の方が流れてしまうことになり、後に作られた『千と千尋の神隠し』で主題歌として使われることになった。 宮崎監督は、「この歌がきっかけでこの作品を作ったのかもしれない」と語っている。 デマが広まった台湾の九份(きゅうふん) 台湾の九份が、『千と千尋の神隠し』のモデル地とされる情報がネット上に溢れているが、これはデマ。 宮崎駿監督が九份でロケハンをした事実はない。 雰囲気が似ていることから、誤って広まった情報。 千と千尋の真っ赤な嘘である。 台湾の記者に向けたインタビューで、宮崎監督は以下のように語っている。 映画を作ると、モデルは自分のところだろう、という人は日本にもいっぱい居まして。 トトロのときも、ぼくは家の近所を集めた材料で作ったんですが、九州から「モデルはここだ」とか。 同じような風景は、いっぱいあるっていうことです。 宮崎駿監督作品集 『ルパン三世 カリオストロの城』から最新作『風立ちぬ』まで。 宮崎駿が監督として手掛けた映画11作品すべて収録されています。

次の

【千と千尋の神隠し】ハクの名前(本名)と年齢は?千尋とは年の差恋愛だった?

煙突描きのリン

概要 CV: 湯屋で働いているの娘。 外見年齢は14歳。 口調は荒っぽいが性格はサッパリとしており、人間である千尋を初めて見た時は驚いて当惑していたが、彼女の雇用が決まると湯屋の先輩として千尋に色々と仕事を教えて面倒を見るという優しさを見せる。 不本意ながら湯屋で働く自分の運命を呪っており、いつか湯屋を出て海の向こうの街に行く事を夢見ている。 千尋にただ一人優しく接した事や自分の運命を呪う台詞などからして、解釈次第で彼女も元々人間であったかのような暗示もなされてはいるが、本編では結局その出自は不詳なまま描写されなかった(公式の資料として白狐イメージのラフ画があるが、それ以前の構想ではイタチ案もあったらしい。 彼女の他にも人間の娘と全く変わらぬ外見をした湯屋で働く下働きの娘が幾人かいる(ただし、台詞や雰囲気からの化身のような雰囲気の娘も多く、殆どがリンとも一線を画したような雰囲気で描写されている。 一人称は「」もしくは「」。 好物はいもりの黒焼き(これは湯屋の従業員共通の好物である)。 ちなみに、いもりの黒焼きとは媚薬である。 関連イラスト.

次の

千と千尋の神隠し

煙突描きのリン

リンはなぜ自分のことを「俺」というの? リンの自分表現は、「俺」や「アタイ」といった 男前な口調をしますが、こういう女性は「 俺女」といいます。 自分の個性やキャラクター性を強調したり、男性的なイメージを植えることで、逆に女性であることを強調しているとも言われています。 リンの場合だと、後者は考えにくいので前者の、 自分の個性の強調だと思われます。 また、個人的な見解として、 ちょっと粗雑さをウリにしているリンなので、「ワタシ」という言葉に 恥ずかしさもあるのかなとも思います。 まして14歳なら年頃ですから、何かと感受性も豊かでしょうからね。 とはいえ、 リンがもし田舎の出身という設定だとしたら、 方言として「オレ」と言っている可能性もあります。 海の向こうの街に行きたいと思ってることからも、あながちないわけではない話です。 そこには、まず、 リンの 面倒見の良さが伝わってくることが理由のひとつに含まれていると思われます。 姉のように 優しく、温かく見守ったり、時には 厳しくも的確な指示を出すなど、メリハリ、ツンデレ、飴と鞭が上手で相手をちゃんと見ていてくれていることが分かります。 しかも口調とは裏腹の、 相手を思いやる気持ちが端々に見え隠れしていることなんかも、面倒見の良さを際立たせる要素ともなっています。 それともう一つの理由として、他の者たちと決定的に違うのが、 自分の意思をしっかり持っていることです。 湯婆婆にさえ流されない、自分はこうしたいや自分の信じる人はこの人といったことに、迷いが全くありません。 そういった潔さが、 頼りがいを感じさせる要素ともなっています。 これらの要素が組み合わさって、みんなからの、好感度に繋がっていると思われます。 それとは別に、宮崎駿監督がリンを気に入っているのは、 もともと 違うジブリ作品で主人公にしていたからです。 残念ながら、その作品がボツになってしまったため、千尋を助けてくれる重要なポジションをリンに抜擢したようなのです。 つまりリンは監督にとって、それだけ思い入れがあるキャラクターだということですね。 ちなみに、その作品は 「 煙突描きのリン」というらしいです。 スポンサーリンク リンの正体は白狐?人間? それと二分するように囁かれているのが、 人間であるという説です。 これは、 映画のパンフレットのリンのところに、「人間」と書いてあることが発端となっています。 しかも、他のものは、人間を別世界のモノ扱いで接するのに対し、 リンは人間である千尋を受け入れていることも、その説を後押ししています。 それともう一つある説が、 イタチだとするもので、根拠は、 宮崎駿監督が「リンはイタチが人間に化けたものだ」と言っていたからというものです。 実際、リンを別の作品でヒロインとして生み出した監督が言うことならば、有力といわざるを得ません。 ただ、千と千尋の神隠しの世界観やリンの立ち居振る舞いからすれば、 「白狐」の説が一番しっくりくるように感じます。 まとめ リンという人を分析するだけで、たくさんの情報が溢れてきますが、これも、作者を含めたみんながリンを気に入っているからかもしれませんね。 そういう私も、リンは大好きで、男勝りでサッパリしていて漢気に溢れる感じが、見ていて気持ちがいいです。 多くの方も、リンの スパッと物言う感じに憧れたり、また、 頼りがいのあるところなんかは、理想の先輩や上司像として見ているんじゃないかと思います。 リンがヒロインとなるはずだった作品は残念ながら無しになりましたが、千と千尋の神隠しにおいて、それ以上のキャラクターを得たのではないでしょうか。 その成果が、この人気として繁栄されているように思えます。 こちらの記事も一緒にどうぞ!.

次の