雑記ブログ収益。 雑記ブログで稼げてない人は『収益化しやすい記事』を積極的に作るべし

雑記ブログは稼げない?300記事書けば何かが変わるか

雑記ブログ収益

当記事が解決するお悩み• ユーザー:24,582• ページビュー数:31,278• Organic:93. Direct:3. Social:1. Referral:0. メディア運営は1サイトだけではなく、翻訳サイト、企業サイトの運用受託、個人のフィリピンポータルメディア、YouTubeチャンネルなどを運用していました。 そのため、当サイトの優先度は圧倒的に低かったです。 月に平均3. 5記事程度しか更新しておりませんでした。 JASRACからの襲撃があり音楽系の上位記事が死滅 あいみょん、中島みゆき、久城伸明 チョコプラ 、森山直太郎などの曲解説記事が上位にきていたのですが、JASRACからの襲撃に遭い、全記事が死滅しました。 チョコプラのピエロンリーに関しては今でも消された記事が1位にあるかもしれません。 悲しくなるので確認してませんが。 このJASRACの襲撃に関して、正確にはJASRACになんらかの許可を求めれば歌詞を載せても問題ないということらしいのです。 あとで知って悲しくなりました。 X Server法務部の対応にはがっかりした 正直、僕はこれまでさくらサーバー、mixhost、heteml、Xserverと使ってきましたが、サーバーの質ではXが圧倒的1位です。 そのX Serverの法務部の対応ががっかりするものでした。 該当箇所云々についてメールをよこしてきたのですが、具体的な該当箇所については言及せず、記事のリンクのみ送ってきて「削除してください」と。 この法務部の対応には正直かなりがっかりしました。 それ以外、というか、サーバーの質としては間違いなく日本で1位です。 もしこれからサーバーを契約する方は、ぜひ を使ってみてください。 気になる雑記ブログ「和久井大学」の年間収益は? アフィリエイトとアドセンスの収益を発表します。 アドセンスの収益については、詳細まで公開するとbanされる的な噂を聞いたことがあるのでざっくりとお答えします。 お許しください。 net• 収益計:11,824円 アドセンス• 収益計:約20,000円 雑記ブログ「和久井大学」の年間収益 年間収益は31,824円となりました。 記事の更新が平均3. 或いは、パレートの法則を用いて、収益を生んでいる記事は全体の2割だとするなら別に放置していても2,652円は入ってきたのかもしれませんね。 おそらくですが、何もしなくても入ってきたと思います。 特化ブログと雑記はどちらの方が儲かるのか? 間違いなく特化ブログの方が儲かります。 再現性高いので10サイトで月20万円前後。 — Minato Wakui stayathome🇯🇵 misanwakui• ブログ以外ではお金を稼ぐ気は一切ない• とりあえず就職する気ない• パソコン1台で稼ぎたい• 書くことで稼ぎたい という方は上記ツイートの内容を試してみることをおすすめします。 mixhostでアダルト系の情報商材を売っていましたが、最初に20記事投入してあとは放置して置くだけで月2万円は稼ぎ続けていました。 ちなみに、X Serverではアダルトは出来ません。 アダルトの場合は、 をおすすめします。 雑記でも儲かるジャンルはあるのか? これまでは完全に趣味として運用してきましたが、新型コロナウイルスの影響でセブ島のビジネスが完全にgoneしてしまいました。 そういったわけで今後は、この和久井大学に全リソースを費やしていく所存です。 体感として、まだ40記事程度しか投稿しておりませんが、SEOとしては• エンタメ 音楽• 精神・心理 臨床系• ノウハウ はまだまだ全然上位を取れると感じています。 また儲かるジャンルとしては、今後プログラミングはそろそろ最盛期に入り、トーンダウンしそうですのでここも最後にしっかり獲得したいと思っています。 書評もまだまだ取れますが、単価がどれも安いのでそこまで力を入れるつもりはなく従来通り、趣味程度に書いていきます。 和久井大学、次の1年間の目標収益は年間600万円 これまでは留学やツアーを売っていました。 どんなに安い契約でも1件2万円を下回ったことはありません。 しかし、その分、メディア運用には常に細心の注意は払っていました。 留学という高い買い物をする方にとってどんな会社に映るのか。 留学とはどんなものなのか。 事細かく心血を削って表現し続けました。 しかし、雑記は違います。 雑にやればいいということではありません。 あくまで、読者は読者であり、お客様ではありません。 もちろん、お客様ではありますが、一生顔も名前も見えないお客様です。 だから更新回数を増やすことができる。 そして、自分の得意な領域だけを書き続けることが出来る。 じゃあそれくらいを目標に設定しても良いのでは?と考えています。 さあ、4月からの1年間。 和久井大学はどこまで成長できるのか。 楽しみです。 まとめ 以上、雑記ブログを1年間運用してきた結果報告でした。 ほとんど手を加えてないブログですが、ゴリゴリのSEO知識があれば月3記事でも毎月2,000円の自動チャリンチャリンを作れるということですね。 アドセンスよりアフィの方が好きなので、今後はそっちで頑張ります。 もし一緒に頑張りましょう!という方がいたらなんかお便りくださ〜い。 それではまた。

次の

【ガッカリ】雑記ブログの収益が伸びない…。失敗例と正しい作り方を解説

雑記ブログ収益

雑記ブログで収益を上げることはできるのか? この疑問に答えるために、 雑記ブログを約半年運営してきました。 初めは半信半疑で、、でもできると信じて続けてきました! 現状だと 月5万-10万はわりかし簡単に可能だという結論に達しています。 雑記ブログの収益源は主に2種類かと思います。 アドセンスによる広告収益• 商品紹介による収益 アドセンスによる収益 まず一番はアドセンスによる収入です。 これはPV数が上がると収益も比例して上がっていきます。 3円の価値があると思います。 つまり 10万PVいくと3万円の収益が上がります。 そして、半年で10万PVを達成するのは難しくないです。 実際に私も達成してますし、もっとPV数を達成している人もいます。 ですのでこのラインは確保できるはずです。 商品紹介による収益 自分が気になった商品や実際に使った商品の体験を記事にして、そこから購入した人がいると紹介費が貰えるのですが、 これは基本的に• Amazonアソシエイト• 楽天アフィエイト• ヤフーアフィエイト この3つから収益を得ています。 記事によりますが、ある程度安定してくると2-3万くらいの収益源になりました。 よって雑記ブログを半年運営すると5-10万の収益は可能ということです。 少し希望が湧いてくれたら嬉しいです! 思わぬ収入も発生する!? ブログを続けていると、たまに記事の依頼が舞い込んできます。 これには色んな種類のものがありますが、臨時的な収入に繋がります。 ですので、問い合わせは用意しておいて、常にコンタクト取れるようにしておきましょう! 雑記ブログのメリット 雑記ブログを書くメリットは、記事のジャンルの自由度にあります。 対比としてよく引き合いに出される特化ブログは書くジャンルが決まってくるので、好きなことを書けません。 私はブログを書く理由を、趣味の延長からくる自己成長の肥大を目的としているため、 雑記ブログが一番相性がいいです。 ブログって色んな角度から記事を書けるのがメリットだと思う。 そしてその記事から収益が上がる! そしてその収益からさらに質の高い経験ができる。 これって素敵じゃないです? ブログは最強の自己強化システムだと思う。 ビジョナリー・カンパニーの「弾み車」の有名な話にもあるが、 自己強化システムはめちゃくちゃ強力だ ブログをする際はこれを意識するとより質の高いものができると思う。 長いから続きはブログで — コタロー 初心者ブロガー korarooo ビジョナリー・カンパニーの「弾み車」という話があるのですが、 まさにそれで、一つでも歯車が動きだしたらその循環により、更に動きが活発になります。 ですので• アウトプットの質を上げる• インプットの質を上げる• 知識の定着につなげる これらを目的とする場合は雑記ブログは非常に相性がいいと思います。 雑記ブログのデメリット もちろんデメリットもあります、 特化されたブログと違い、• SEOが弱い• 紹介する商材が低単価 この2つが問題です。 もし特化ブログが化けたら、単価5000円の商品も扱えることが出来ます。 これは雑記ブログではちょっと難しくて、急に高単価の商品を紹介しても、「?」っとなって購入には繋がりにくいです。 ですので、高単価でそれこそ100万とかそれ以上の収益を目指す場合は特化されたブログを扱うのもありかとおもいます。 ハイブリッド雑記ブログは最強説 先程のデメリットを相殺する可能性があるのが、 ハイブリッド雑記ブログです。 これは基本的には雑記ブログとして機能しているんですが、もし自分に強みが合った場合そこを特化して、一つのカテゴリとして切り出して、そこで商品を紹介することが可能です。 私の中期的な目標はここを狙っています、 しかし、自分に特化できることがなく、今そこを模索中です。 ですので、結論的に、今すぐになにか「特化」する物があれば特化サイト作って運用するのもありですが、 特にない場合は雑記ブログで戦ってみることをオススメします。 ただ稼ぐだけを目的とする場合はブログは非効率 ただ、稼げるとは言うものの、コスパは良くないです。 ブログを初めて数カ月は収益はありませんし、時給換算すると恐らく200円くらいだと思います笑 ブログは中期的にみてもお金だけを対価に得ようとすると絶対コスパ悪い。 (特に初心者) ブログ=知識の定着+仮説思考の強化+コミュニケーション+自分の価値向上+お金 くらいに考えたらコスパいい。 特にアウトプットすることによる知識定着と仮説思考の強化に関しては金払ってでも欲しい能力 — コタロー 初心者ブロガー korarooo ブログ=知識の定着+仮説思考の強化+コミュニケーション+自分の価値向上+お金 つまり 金銭以外のメリットが多いです。 知識だったら思考トレーニングだったり、そこで+収益もある! と考えるとこんなにお得なことはないですね。 とはいえ、まだ半年なので今後、更にコスパ悪くなるかもしれませんし、逆に稼ぐだけを目的としても割りに合ってくるかもしれません。 どのくらい記事を書くと収益発生する? それでは収益が何ヶ月目に発生し、その時何記事くらい貯まってたのか見ていきます。 そして収益が上がってきた理由も考察します。 何ヶ月目から収益が発生する? これはよく言われることですが、自分が まとまった収益が上がりだしたのは、3-4ヶ月目になります。 書く記事にもよりますが、だいたい3ヶ月ということを聴くのでおおよそ感覚知的には正しいイメージです。 どのくらい記事貯まる収益が発生する? これは記事の質にもよりますが、自分の場合は200記事くらい書いてから、少しずつ変化がありました。 何が変化する? 何が変化するかと言うと いくつか記事を書いていると 過去に書いた記事が検索順位が上位に来るようになります。 その結果、どのような記事が上位に来るかの知見が貯まります。 コチラはすでに経験している経験者から知見をもらうのも重要ですが、結局自分で試してみて肌感覚として身につけるのが重要です。 ですので、初めの頃はひたすら書きまくるのをオススメします。 記事の精度が上がる? 記事数やサイトが出来てから時間がたつに連れて、サイト自体の信頼度が上がりSEOに優位に働く可能性があります。 また、自分の中で貯まった知見より記事の選定精度が上がります。 結果、過去に量産していた記事に比べると、記事の打率が高くなりました。 要するに、狙ったキーワドで上位に入りやすくなり、その結果PV数を稼げる記事を生み出す確率が増えました。 これは5ヶ月目ぐらいから結構実感できてます。 ライティング技術も上がる? これも当たり前っちゃ当たり前なのですが、毎日どうやったら読みやすい記事がかけるかな? と考えて、それを実践するので、ライティングの技術は上がりました。 正直まだまだなんですが、初期の頃に書いたものを比べると自分でも読みやすくなっているのがわかります。 そういう意味でも一度書いたものが残っていくのはいいですね。 たまに振り返って勇気づけられます笑 結論、雑記ブログで収益を上げることは可能です まとめますが、結論雑記ブログで収益を上げることは可能です。 半年運営していて3-5万は稼げています。 そして、実感値的に10万くらいまではそこまで難しくなく収益を上げることが可能だと思います。 更に高みを目指すには? 20万以上の収益を雑記ブログから上げるのはイメージがついていないので、新しく戦略は練る必要があります。 これはまだ未知の世界ですね。 多分ですが20万が一つ大きな壁になりそうな予感はしています。 雑記ブログで収益を上げる方法 まず3-5万のレベルなら 記事を量産する のが収益を上げる唯一の方法かと思います。 そして、すべての記事に自分なりの仮説を立てて そしてよかったらその原因分析 悪かったらその原因分析 その結果次の仮説の精度があがる。 というのを最高速でやり続けたらすぐに達成します。 ですので、なんやそれ!! って思う人もいるかも知れませんが、 何よりも記事を量産すること、が雑記ブログにとって 有効な戦略であることを自分は確信しています。 参考になる記事 自分が書いたもので恐縮ですが、ブログを運営するにあたって参考になる記事を紹介します。 こちらは5ヶ月目の運用報告です。 PV数の推移などがわかります。 こちらはブログを書くメリットをまとめています。 なぜ自分はブログを書いているのかを思い返すきっかけになれば嬉しいです。 記事の精度が上がりだしたタイミングで一度その知見をまとめたものです。 最期に こちら、結構運用側主体の記事になりましたが、 実際記事を読んでくれる人がいるのは非常にありがたいことです。 それは数字からはわからない良さを生んでくれます。 たまにくれるコメントなどで勇気づけられます。 だから、収益を上げるのも大切ですが、読んでくれる人を楽しませたい! という気持ちも大切だと思います。 素敵なことが多いブログですので是非続けてみてください!.

次の

雑記ブログで月間収益39万円。稼ぎ方を教えてやろう。

雑記ブログ収益

【設計】雑記ブログで収益を得たいならジャンルを絞り込んだ方がいい 雑記ブログは特化ブログよりも稼ぎにくいです。 その理由は記事のジャンルが広がり過ぎるから。 音楽の記事を書いて、TV番組の話を書いて、週末に行ったBBQの話を書いて、旅行で行った先のことを書いて、、 という風に好き放題書いていると音楽好きな人は他の記事を読まないし、アウトドア好きな人はBBQの記事しか読まないでしょう。 つまり、自分にとって興味のない記事が大半を占めるブログはリピーターが生まれにくいのです。 リピーターが少ないということは一見さんしか集められない。 一見さんしか集められないということは集客力が弱いので収益化にも支障が出るというわけです。 「それじゃあ結局は特化ブログやれってことじゃんか」 そう思われるかもしれませんが、そこまで極端に考える必要はありません。 たくさんあるジャンルの中から2つ3つくらいを扱えばいいのです。 そうして選んだジャンルには関連性があるといいです。 例えば「 バイク、アウトドア、DIY」の3ジャンルは、それぞれを趣味としている人の属性が同じに思えませんか? 「自作のアウトドア用品を持ってバイクでキャンプに行った」という風に、バイクが好きな人にはアウトドアも好きという人が多く、またDIYにも興味を持っている人が多い印象です。 ジャンルの絞り込みの感覚はデパートの階層に似ています。 僕の地元にあったデパートでは、おもちゃ屋とゲーム売り場の横に文房具屋があってその反対にはマクドナルドがあって…という風に子供がワクワクするジャンルを特定の階にまとめていました。 他の階ではレディースフロア、メンズフロア、食品フロアと、階ごとに明確なターゲットがあって近いジャンルの店が並んでいました。 雑器ブログでジャンルを絞り込むことはこの考え方に近いです。 デパートの階層を一つ借りてお店を配置するようなものなのです。 雑記ブログで最もやりがちなミスは単なる日記になってしまうことです。 元から数万規模のファンがいる有名人だったら話は別ですが、まったくの無名(かつ匿名)の人が書きたいことを書きたいように綴るのは悪手。 書きたいように書きつつも読者に手土産を持たせるような、時間を割いてまで記事を読む明確なメリットが必要になってきます。 記事を読むメリットは読者から逆算しましょう。 ブログに訪れた人は何らかのキーワードで検索して、偶然あなたのブログを発見してクリックしています。 さて、その人はどんなキーワードを打ち込んだのでしょうか。 何を知りたくてあなたのブログに訪れたのでしょうか。 次に、メリットのある情報を発信していればそれで人が集まるかというのは難しい話。 集まるかもしれないし、まったく知られないままの場合もあります。 そんな意味でブログはラーメン屋に似ています。 すこし昔、近所に美味しいラーメン屋さんがありました。 人柄のいい店主が作る濃厚魚介とんこつのラーメンは絶品。 ただ、店内はいつも客がまばらで混んでいる日を見たことがありませんでした。 美味しいラーメンを作っているのになぜ流行らないのか。 立地が悪かった、大通りに看板を出していなかった、広告やチラシを打っていなかった、SNSやHPをやってなかった。 考えられる要因はたくさんあります。 そうして、とうとうラーメン屋は潰れてしまいました。 ブログ運営でも同じことは起こり得ます。 記事を読むメリットがあるのは当然として、それを人に認知してもらう工夫も非常に大切なのです。 これは実際に僕がブログを続ける中でひしひしと感じたことです。 そして、ブログを認知してもらい、ブログに人を集める対策として極めて効果的だった方法を3つ紹介します。 そのため検索エンジンの結果画面に真っ先に表示される 記事のタイトル、冒頭文で人を惹きつける必要があります。 気になることや知りたいことをネット上で検索した時、結果画面は以下のように表示されます。 この時にどのページが自分の欲求を満たしてくれそうかを判断する材料は 記事タイトルと 冒頭文しかありません。 だから、記事タイトルと冒頭文で内容が判断できないブログは、どんなに有益な情報を発信していたとしても読もうと思われないのです(そもそも検索結果上位に表示されない)。 もったいぶらずにタイトルと冒頭で全てを明かしてしまうくらいの感覚でいきましょう。 Googleアドセンスは広告がクリックされただけで収益が発生するので雑器ブログと相性がいいです。 しかし、収益発生までの難易度が低い分、1クリックごとの単価は低めになりがち(1クリック20~30円)。 そのためGoogleアドセンスで稼ぐには膨大なアクセス(PV)が必要になるのですが、大量アクセスを集めるのは容易ではありません。 そこで大切になってくるのが 物販アフィリエイトを織り交ぜることです。 例えば漫画を紹介する記事であれば記事中に漫画の商品リンクを置くことができます。 映画やアニメの感想であればそこから有料動画サービスへ誘導することで収益が見込めます。 アドセンスと違って記事の内容に合った広告や商品を探す必要がありますが、そういった工夫が積み重なることで収益は底上げされていきます。 ラフに、話しかけるように、読みやすく親しみやすい文章を書くのがベストです。 そして、ブログに一気に人間味を与えてくれるのが写真です。 ネットには無料で使えるフリー素材がたくさんありますが、なんとなく皆が似た画像を使っているように感じます。 フリー素材はすぐにそれだと分かるし、綺麗に整いすぎているので企業サイトっぽいイメージが付きまといます。 それは雑記ブログの最大の持ち味である「 人間味」を殺すことになるでしょう。 雑器ブログでは自分の言葉で、自分で撮った写真を使って記事を書くのがいいです。 商品レビューをする時には実際に手元にある商品の写真を使えば説得力や信ぴょう性が一気に増します。 目覚まし時計をセットせずに起きたい時間に起きる。 通勤ラッシュを避けて鈍行に乗り、 ひと気のない海と山の見える小道をのんびりと散歩する。 やりたいことをその日に決めて、行きたいところに突発で向かう。 そんな生活を送りながらPC1台で大金を稼ぎ続けるライフスタイルに興味がある方は、 「 AFFILIATE ON THE RUN」に登録してブログを始めてみませんか? 渡辺 1990年生まれ 静岡出身 大学卒業後、就職するもすぐに退職。 工場でカップ麺のタレをかき混ぜ続ける毎日に嫌気がさしてアフィリエイトを始める。 【実績】 2016年1月:アフィリエイト開始 2017年8月:月収10万円達成 2019年7月:月収20万円達成 2019年11月:月収45万円達成 「AFFILIATE ON THE RUN」の無料ダウンロードはから•

次の