愛子 さま 天皇。 愛子さまお相手は、東久邇家から婿取りか 専門家「婚姻の可能性たかい」と断言

「愛子さまと呼ばないで」——彼女が天皇になる日(週刊現代)

愛子 さま 天皇

Contents• 愛子さまが天皇になれない理由は? 2019年4月30日をもって、32年間続いた平成が終わり、新たな元号として新時代がスタートします。 歴史上初めて天皇陛下が生前退位をされ、新天皇として現在の皇太子さまが即位される事になっていますね。 この流れは、天皇陛下の直系の男性皇族である皇太子さまが天皇の地位を引き継ぐため、内外からも異論は全く出ませんでした。 ただ、「愛子さまが天皇に」と言う話になると、突如として内外から様々な声が噴出してきます。 その理由は、現憲法に定められている 皇室典範第1条に、 「皇位継承資格は天皇に属する男系男子のみ」と定められているからなんです。 「天皇に属する男系男子」とは、具体的にどういう人の事なのでしょうか? 簡単に言いますと、 「天皇の血を引いている男性」という事になります。 天皇家の構成図を見ながら考えてみましょう! 愛子さまは、天皇陛下の血を引いていますが、 女性のため現在の皇室典範の下では天皇になることはできません。 悠仁さまは、 天皇陛下の血を引いている秋篠宮さまのご子息ですから、「直系の男性皇族」になられるわけですね。 悠仁さまにはお二人の姉がいらっしゃいますが、どちらも女性の為、皇位継承権がありませんでした。 ですので、悠仁さまがご誕生された時は、関係者は胸を撫で下ろしたそうです。 このまま悠仁さまがご成長されますと、将来は天皇になられる可能性が高いですが、現在は「女性の時代」とも言われます。 もし、愛子さまが天皇になられる場合はどうなるのでしょうか? 皇室典範の改正が必要 皇室典範第4条には、「皇位を継承するのは天皇が崩じたとき。 」との条項がありますが、今回の天皇陛下は生前退位をされました。 つまり、今回は 特例として認めたわけです。 ですので、 現行の皇室典範ですと、 皇太子さまの後を継ぐのは秋篠宮悠仁さまという事になります。 ただ、女性天皇の容認を求める声もあるようで、実際に悠仁さまがご誕生される前まではこの議論も活発にされていました。 もし、愛子さまが天皇になられるのであれば、現行の皇室典範の改正が必要になってきます。 その場合は、具体的にどのようになるのかがSmart FRASHで語られていました。 「皇室典範から『男系』『男子』を削り、女系・女性天皇を認めればいい。 それと、女性宮家を作るために、結婚後も皇室に残れるようにして、その夫となる男性が皇籍を取得できるようにします。 そこで生まれたお子さんは、両親とも皇族だから当然、皇族です。 出典:Smart FLASH 女系・女性天皇を認める事により、女性宮家を作って、結婚した一般人の男性にも皇籍を取得できるようにする。 確かにこの内容が一番現実的かと思われますね。 ただ、政府もあまり皇室典範の改正には積極的ではなく、今回の天皇陛下の生前退位も「特例」としていますので、なかなか皇室典範に手を付けるのは容易い事ではないのかもしれません。 Sponsored Link やはり悠仁さまが最有力? 女性天皇を容認するには、結婚相手の存在も大切になって来るようです。 現在の天皇陛下、皇太子さま、秋篠宮さまは全員が皇族で、一般人の女性が嫁がれています。 逆に、女性天皇の誕生となると、一般家庭の男性が天皇家の養子になる必要があります。 まして、皇室典範にも手をつけなければならなくなるわけですから、女性天皇の誕生はかなりハードルが高いと言えるのではないでしょうか。 まだまだ時間はありますので、今後どのような動きがあるかはわかりませんが、現状は悠仁さまが将来の天皇に一番近い存在と言えそうです。

次の

雅子さまが「愛子天皇待望論」に前のめりではない理由(2020年7月13日)|BIGLOBEニュース

愛子 さま 天皇

「もしも悠仁さまが男の子をもうけることができなければ、ここで皇統は完全に絶えてしまいます。 しかし、そんな後がない状況だと分かっていて、手を挙げる女性がはたしているでしょうか。 宮内庁も有識者も、この問題を知っていながら先送りにしているのです」 言うまでもなく、万が一悠仁さまご自身に何か大事が起きてしまえば、そのときは「万事休す」。 すでに現時点でも、皇室は存亡の危機なのである。 「ですから、『天皇陛下の一人娘』になることがほぼ確定している愛子さまの存在感が、これから増してゆくことは間違いない。 数十年後の未来には、国民の間でも『女性天皇・女系天皇で何の問題もない』という意見が多数派になっているでしょう。 皇室典範が改正され、愛子さまが天皇となる日がやって来るかもしれません」 前出・皇室担当記者 こうした事情を天皇皇后両陛下はかねてから懸念し、女性宮家の創設をほのめかしてきた。 皇太子ご夫妻も、将来の「即位」の可能性が残されているために、愛子さまを「普通の女の子」として育てる踏ん切りをつけられず、頭を悩ませている部分があるだろう。 「将来、宮家が秋篠宮家一つしか残らないという状況だけは避けなければならない。 現実的には愛子さま、眞子さま、佳子さまを宮家とすることになるでしょう。 過去の女性天皇、特に近世以降は、生涯独身で子も産まない、次代までの「つなぎ」としての即位が通例だった。 それは皇位継承の混乱を防ぐためでもあったろう。 しかし、現代の日本で「結婚も出産も認めない」というのは人権侵害に他ならない。 それに、たとえ天皇とならずとも、愛子さまがこの先ご結婚やご出産の適齢期を迎えられる時には、必ず国民的な大激論が巻き起こることになる。 なにしろ、愛子さまの夫は世が世なら「天皇の夫」であり、男の子が生まれれば、その子は「皇太子」かもしれないのだ。 はたして、大人の女性に成長した愛子さまはそのとき、どんな思いを抱くのだろうか。 そして、いくら皇室の存廃がかかっているとはいえ、ひとりの女性の人生に国民が寄ってたかって口を出し、重責を背負い込ませるようなことが許されるのだろうか。 どうして分かってくれないの? 眞子さまや佳子さまはこのところ、休日になると2人で連れだって買い物を楽しんでいるというほど、比較的自由な生活を送っている。 しかし愛子さまの周辺に目を移すと、中等科に進学して以降、周囲の警戒はむしろ厳しくなった。

次の

雅子さまが「愛子天皇待望論」に前のめりではない理由(2020年7月13日)|BIGLOBEニュース

愛子 さま 天皇

悠仁さま天皇反対の声続出 秋篠宮家の末っ子であり、長男でもある悠仁さま。 現行のルールに則るならば、順当にいけば 秋篠宮殿下に続いて悠仁さまが継承順位が高いので、 次期天皇候補と言って良いはずなのですが、そこに疑問を唱えるような形で、 悠仁さま次期天皇候補反対の声が続出しているのです。 なぜ国民は悠仁さま天皇に対して素直に受け入れることができないのでしょうか。 その原因は何か。 おそらく原因とも言えるのが、秋篠宮家を取り巻く様々な問題でしょう。 近年悠仁さまのみならず、 秋篠宮家全体に対する国民の信頼は日に日に落ちていっているのが現状です。 こうした実際に世間からの反対の声として、表面化することとなっていきました。 と悠仁さま天皇反対に関する厳しい意見が続出しております。 さらには何よりも秋篠宮殿下自身が、 『 自分は天皇になるための教育を受けていない』 と語っていたという話もあり、 将来の天皇として幼い頃から 帝王学を学んで来た皇太子さまを親に持つ 愛子さまとの差は、このような所にも現れていると見えます。 スポンサードリンク 愛子さま天皇になるの可能性を皇室が検討中か 秋篠宮家への評価が下がる要素しか浮き彫りにならない近頃。 皇室が愛子さま天皇になる可能性を検討中とも言われています。 反比例するように 愛子さまへの天皇になる期待と可能性が大きくなっていると皇室関係者も漏らしているらしく、 日本の歴史的にみても女性天皇だったこともあるとして、 いよいよ愛子さま天皇という女性天皇の皇室が検討している可能性は、 以前にも増して高くなっていますね。 実際、悠仁さまへの世間の声があるように 愛子さまに対しても声があるわけで、 悠仁さまの時とは対照的な意見が非常に印象的です。 現在愛子さまは学業の成績も非常に優秀で東大を目指せる可能性もあるらしいので、 さらなる今後の愛子さまに期待せざるを得ません >>> これからさらに国民の声が高まってくれば、 もしかすると 皇室が女性天皇を検討中 と報じられる可能性も出てくるのではないでしょうか。 ⦅ちなみに⦆ 最近では、 ついに 秋篠宮さまが悠仁さまを皇太子さま家族の元に、 帝王学を学ばせるために留学させるかも なんていう情報もあるとか。 これが本当だとすれば秋篠宮さまも、この危機感はさすがに肌で感じているのでしょう。 まとめ ・ 悠仁さま天皇に反対の声続出で現状の秋篠宮家に対する不信感も原因とみられる ・ 愛子さま天皇を期待する声が強まれば、女性天皇の可能性も大きそう 悠仁さま自身に落ち度があるわけではないことはわかってはいても、 実際問題、天皇として大丈夫かなと思っていまうのも事実。 とはいえ 中学生になられ、ここから一皮も二皮も剥けて成長する可能性もあります。 しかしながら愛子さま人気が増していくばかりで、 愛子さまフィーバーが来てるという声もあるだけに、筆者も愛子さまに期待してしまっています。 これからの時代に合わせて公務のあり方を考えたいと言っていた皇太子さま。 天皇のあり方も、いよいよ変わる時期が来ているかもしれませんよ。 最後までご覧いただきありがとうございました。 秋篠宮家関連はこちら!秋篠宮家のお噂など人気記事も! 今後も秋篠宮家関連はたくさんアップしていきますので、 よろしくお願いいたします!.

次の