生 牡蠣 カロリー。 牡蠣のカロリーと糖質量が知りたい!糖質制限中におすすめ牡蠣の糖質オフレシピも

牡蠣は1日何個まで?

生 牡蠣 カロリー

牡蠣は紀元前から、世界中で食べられていた 牡蠣は紀元前から世界中で食されていたようです。 魚介類を生ではほとんど食べないヨーロッパの人々も、生牡蠣は好んで食べてきたようで、古代ローマ時代にはすでに養殖も行われていたそうです。 日本も縄文時代頃には食べられていたらしく、貝塚から殻が発見されています。 昔は輸送するのに時間がかかったため産地以外では生食はされず、ほとんど加熱して食べられてきました。 日本人が牡蠣を一般的に生で食べるようになったのは、明治時代以降に生食文化が欧米から流入してからなのだそうです。 牡蠣が秋から冬に多く流通する理由は 11月頃になると、スーパーなどにも牡蠣が並ぶようになりますが、なぜ冬に牡蠣の流通が多くなるのでしょうか。 日本近海に生息している牡蠣には、 真牡蠣、 岩牡蠣、 住之江牡蠣、 シカメガキ、 イタボガキなどがありますが、一般的に流通しているほとんどが 真牡蠣という種類で、多くが広島や宮城、岡山などで養殖されたものです。 真牡蠣は初夏に産卵期を迎え、 一度の産卵で体中の栄養を使い果たすので、身が痩せ味も落ちてしまいます。 欧米で「Rの付かない月(5~8月)の牡蠣は食べるな」とか、日本でも「花見を過ぎたら牡蠣食うな」と言われたりするのは、このためです。 それから少しずつ回復し11月頃から食べ頃になります。 そして、産卵する前の栄養をたっぷり蓄えている3〜4月頃が、最も美味しいとされているのです。 おもに三陸や鳥取などで獲れる 岩牡蠣は、 少しずつ産卵するので産卵後の回復が早く、逆に夏が美味しく「夏牡蠣」とも呼ばれています。 真牡蠣より大粒でジューシーなのですが、天然ものが多く希少な食材で、広く出回るほど出荷量が多くないそうです。 冬はもっと岩牡蠣を見かけませんが、それは天然ものが多いので、海女さんや漁師さんが海に潜って獲らなくてはならず、冬は寒く漁が出来ないからだそうです。 食べられたらラッキーですね。 鮮度のよい牡蠣の選び方 剥き身の場合は、身がプリプリと全体に丸みがあり透明感のある、潰れていないもの。 外とう膜(ビラビラしている部分)の黒がなるべくはっきりしてるいるものが新鮮。 殻付きは、厚みがあり全体的に丸い形で、傷が少なく口が閉じているもの。 ただこれは、新鮮なものがより旨味が多いという話であって、食中毒を引き起こす原因は、鮮度とは違うところにあるようです。 「生食用」と「加熱用」の違い 魚屋さんやスーパーなどでは「生食用」と「加熱用」に分けられて売られていますが、その違いをご存知でしょうか。 「生食用は新鮮だから生でも食べられる。 加熱用はちょっと古くなったもの」と勘違いされている方もおられるかもしれませんね。 実は、獲れてから店頭に並ぶまでの時間の早さを新鮮というのなら「加熱用」の方が早いのです。 「生食用」と「加熱用」は、獲れた海域と細菌数で区別されているのだそうです。 牡蠣は一日300リットルもの海水を吸い込み、そこに含まれる栄養豊富なプランクトンなどを吸収して成長します。 その時一緒に悪い菌やウイルスも吸い込んで体内に溜め込みます。 「生食用」の牡蠣は生で食べることが前提なので、保健所が定期的に水質検査をし、細菌数などの基準をクリアした清浄な指定海域で獲れたものしか「生食用」として出荷できません。 さらに獲れた後も、20時間以上殺菌用の海水の中で、断食させながら換水し人工浄化させます。 身が少々細くなり水っぽくなりますが、生で食べても大丈夫な状態になったら出荷されます。 一方 「加熱用」は、加熱調理して食べるのが前提なので、とくに海域の指定もなく、獲れたらすぐに出荷されます。 河口や沿岸などの栄養濃度の高い海域で育っているので、「生食用」より大粒で旨味や栄養成分も豊富なものが多いです。 人工浄化もしていないので、旨味もそのまま残っています。 だからと「加熱用」を生で食べるのは、食中毒(とくにノロウィルス)になる危険性が高いので 絶対にNGです。 反対に「生食用」を加熱調理するのは健康的には問題ありませんが、「加熱用」より「生食用」の方が値段も高いですし勿体無いので、料理に合わせ表示の通りに選びましょう。 ただ「生食用」でも100%安全なわけではありません。 出荷された後の保存環境もいろいろなので、体調がすぐれない時などは、生食は控えた方が賢明です。 牡蠣のふっくらプルプル感を残す、縮ませない下処理方法 せっかくプルプルとした牡蠣を買ってきたのに、加熱したら縮んじゃって…がっかり!という経験はありませんか。 ひと手間かけると、ふっくらと料理を仕上げることができます。 まずパックから牡蠣をボウルに移します。 塩・片栗粉を小さじ1ずつ加え、力を入れずやさしく混ぜます。 そこに水を加え、またもや、やさしく混ぜ汚れを落とします。 水を捨て、キッチンペーパーで軽く水気を拭き取ります。 その牡蠣に軽く片栗粉をまぶし、沸騰したお湯にさーっとくぐらせ冷水に取ります。 片栗粉でコーテングすることで、牡蠣はふっくらしたまま縮むことなく調理できます。 生牡蠣も、片栗粉または大根おろしでやさしく洗って、汚れを落としてから食べた方がいいそうです。 牡蠣に含まれる主な栄養素の働き 亜鉛 亜鉛は魚介類全般に含まれますが、牡蠣に含まれる亜鉛の含有量は群を抜いて多いそうです。 亜鉛は体の代謝や細胞を作るのを助ける酵素のひとつです。 肌や髪に潤いを与えたり、味を感じる舌の表面の味蕾細胞の再生に役立ったり、免疫力をアップさせ風邪を予防したりなど、体を健やかに保つ効果が期待されます。 鉄と銅 牡蠣には吸収の良い ヘム鉄が多く含まれています。 鉄は血液の中のヘモグロビンの構成成分で、酸素運搬という重要な役割があり、貧血を予防してくれます。 銅はその鉄をヘモグロビンを作る時に必要な場所に運び、鉄の吸収や利用を助ける働きがあります。 ビタミンB12 ビタミンB12は動物性食品に含まれるビタミンで「赤いビタミン」とも呼ばれる水溶性ビタミンです。 葉酸と協力して赤血球中のヘモグロビンの生成を助け、貧血予防や疲労回復に役立ちます。 神経機能の維持などの働きもあり、脳からの指令を伝える神経を正常に保つ役割もあります。 グリコーゲン 牡蠣の旨味を引き出すグリコーゲンは肝臓に蓄えられ、筋肉の中にも貯蔵され、必要な時にエネルギーに変換されます。 即効性があるので疲労回復や、脳の働きを活発にしたり血糖値を調整してくれる効果もあります。 タウリン 豊富に含まれているタウリンは、栄養ドリンクにも入っているのでお馴染みですね。 肝臓の働きを活発にする機能の他、コレステロールの上昇を抑えたり、中性脂肪を減らす、高血圧・糖尿病予防、ストレス解消など様々な効果が期待できます。 牡蠣をさらに美味しくし効果を増やす食べ合わせ 酢やレモンと 酢やレモン汁に含まれる ビタミンCやクエン酸には、牡蠣に含まれる亜鉛や鉄の吸収率をアップする働きがあります。 また酢やレモン汁をかけると、牡蠣が酸性になりバイ菌が繁殖しにくくなります。 生牡蠣や牡蠣フライによく添えられていますが、牡蠣の臭みを消すだけでなく、栄養的にも理に適っているのですね。 トマトと トマトの リコピンは抗酸化作用を持っていて、そこに牡蠣の栄養分が加わるとさらに強力な抗酸化作用が期待できます。 牡蠣の旨味とトマトの酸味は、美味しさ的にも相性抜群です。 他にも、鶏肉・もやし・納豆との食べ合わせは肝機能を向上させ血行促進や体力増強が、ほうれん草・シジミ・ハマグリとの組み合わせは相乗効果で貧血予防と改善が期待できます。 比較的低カロリーなのに、栄養価が高い 牡蠣は岩や他の貝殻などに付着すると、それから一生ほとんど動かないため筋肉は退化し、内臓が発達し全体の9割を占めているそうです。 あのプルプルとした独特の食感は、そうやって作られているのですね。 剥き身約20グラムでカロリーは約12calと低カロリーなのに、栄養価が高くアンチエイジング効果もある嬉しい食材。 食中毒に十分気をつけながら、牡蠣の奥深い味を堪能し、明日の元気をもらって美味しく食べていきたいですね。 出典・参照させていただいたサイト:.

次の

牡蠣は低カロリーなのに栄養豊富。生食用と加熱用ではどっちが新鮮?

生 牡蠣 カロリー

牡蠣といえば、濃厚な旨味から 「海のミルク」と言われるほど、 栄養価満点の食べ物です。 生はもちろん、焼いても揚げても、どんな食べ方でも美味しく食べられます。 味がいいのは当たり前ですが、魅力は何といってもその栄養の豊富さです。 「古事記」などの古文書にもたびたび登場し、西洋では古代から 精力増強効果が注目されていたんだとか。 そして、その牡蠣の効果や効能は、 女性にとても 優しいものなんだそうです。 どんな効果が期待できるのか見ていきましょう。 生と 加熱調理したものとではどう違うのか?食べ過ぎなのは何個からなのか? カロリーはどうなのか?などについても、一緒にみていきましょう。 Contents• 『牡蠣』の栄養効果とは? 牡蠣には驚くほどたくさんの栄養と健康の効果が詰まっていて、「海のミルク」と言われています。 「では、どんな効果なの?」って聞かれると、「・・・」となってしまいます。 そこで、体にいい牡蠣の効果をみていきたいと思います。 「旨味」の秘密とは? 牡蠣はとても優れた食材で、その濃厚な旨味そのものが、人の健康に効果があり栄養価も高いとされています。 そして牡蠣の 「旨味」の秘密は、分解されるとブドウ糖になって エネルギー源になる 「グリコーゲン」が豊富に含まれていて、牡蠣の旨味としては、 コハク酸などが味を膨らませ、美味しく感じさせているのです。 疲労回復や体力増強に役立つ アミノ酸、 コハク酸が豊富で、これらが旨味を増幅させていて、このほかにもミネラルが豊富に含まれています。 鉄・銅・亜鉛。 これらは微量元素です。 多量に摂取する必要はありませんが、不可欠な栄養素です。 また、鉄分の吸収を促進させるように、 ビタミンCを一緒に摂るのがポイントとなります。 昔から、レモン汁や大根おろしなどと一緒に食べてきたのには意味があるわけですね。 女性に優しいとは? 実は、『牡蠣』は女性に優しい食べ物なのです。 どんな効果効能が期待できるのかというと、 「美肌効果」・「アンチエイジング効果」が期待できるのだとか。 それはどうしてかというと・・• 亜鉛 牡蠣には、亜鉛が豊富に含まれていて、その亜鉛は、女性の美肌作りに欠かせないものです。 細胞分裂を活性化させ、皮膚の再生を促進する効果のある亜鉛を多く含むことで、皮膚の再生を促して正常化してくれる効果が期待でき、肌荒れの改善やアンチエイジング効果、シミなどの改善が期待できます。 ホルモンのバランス 女性の体は、亜鉛が不足するとホルモンの生成が抑制されてしまうため、生理不順になることあると言われています。 牡蠣に含まれる亜鉛は、ホルモンの分泌を活性化する作用があり、女性のホルモン生成に役立つとされています。 アミノ酸やビタミン 牡蠣にはミネラルが豊富なだけでなく、アミノ酸やビタミンも豊富に含まれていて、グリシンやアラニンなどを始めとしたアミノ酸は、皮膚の保湿と健康を保ち、牡蠣には、ビタミンB群が豊富なため、皮脂のバランスを整えたり、肌荒れを改善してくれる効果が期待されます。 その海水にはいろんな細菌やウイルスが存在し、それが牡蠣に蓄積されていて、その牡蠣を食べることで体内に細菌やウイルスが入り込むからなんです。 また、市場に出回っている生牡蠣は厚生労働省の定めた基準の数値をクリアできた牡蠣なので、 安全な牡蠣といえると思います。 食べ過ぎやカロリーに注意?! 女性に優しいことが分かった「牡蠣」ですが、だからと言って食べ過ぎてはいけません。 最近では、牡蠣小屋などと呼ばれる「牡蠣食べ放題」を売りにしたお店もあるようで、いくら美味しいからといっても、やはり食べ過ぎには注意すべきでしょう。 では、何個までなら食べていいのか?っていう話になるわけですが・・。 生で牡蠣を食べる場合でも、牡蠣フライであっても、食べ方や調理法によって亜鉛の量はほとんど変わらないので、どの牡蠣メニューでも目安は変わりません。 牡蠣を食べ過ぎると亜鉛の過剰摂取に繋がるというのが怖いわけで、 亜鉛の許容摂取量が30mgとなっていて、牡蠣1個 約20g に含まれる 亜鉛の量は2. 6mgですので、 約12個という計算になります。 そして、「牡蠣」を食べる際にはカロリーにも注意が必要なのでしょうか? 牡蠣のカロリーについては、大きさにもよりますが、 1個 20g 12キロカロリーと言われています。 思ったほどではないというか、結構、低カロリーな気がしますね。 『牡蠣の栄養と効果効能』まとめ 牡蠣の 栄養の 効果効能についてみてきました。 ・牡蠣の旨味の秘密は、 コハク酸などが味を膨らませ、美味しく感じさせているから。 ・ 「グリコーゲン」が豊富に含まれていて、エネルギー源になります。 ・ 疲労回復や体力増強に役立つ アミノ酸も豊富。 ・ミネラル( 鉄・銅・亜鉛)が豊富に含まれています。 ・ミネラル、特に亜鉛が多く含まれていることで 「美肌効果」・「アンチエイジング効果」が期待でき、女性に優しいと言えます。 ・市場に出回っている 生牡蠣は厚生労働省の定めた基準の数値をクリアできた牡蠣なので、安全な牡蠣といえると思います。 ・ 亜鉛の許容摂取量が30mgとなっていて、牡蠣1個 約20g に含まれる 亜鉛の量は2. 6mgですので、 約12個という計算になります。 美味しくて、女性に優しい『牡蠣』を心配しないで食べ、美肌になっていきたいものですね。

次の

牡蠣1個のカロリー、糖質は高いから太るってホント?栄養はあるの?

生 牡蠣 カロリー

そのまま食べても、牡蠣フライにしてもおいしい冬の味覚、牡蠣。 糖質制限ダイエット中は特に、牡蠣の糖質量やカロリー、糖質オフレシピなどが気になりますよね。 また、牡蠣と同じようによく食べられているホタテの糖質量とカロリーについても、詳しく調べてみたいと思います。 牡蠣のカロリーは? 貝類の中でもボリュームがあり、食べる機会の多い牡蠣。 海のミルクとも呼ばれるほど栄養豊富な牡蠣ですが、そのぶんダイエット中はカロリーや糖質量が気になりますよね。 そこで、まずは牡蠣のカロリーについて調べてみました。 牡蠣 生 のカロリー(100gあたり)…60kcal 牡蠣の糖質量を調べてみたところ、100gあたり60kcalとのこと。 亜鉛やタウリンなど、豊富な栄養を含んでいる割に、牡蠣のカロリーは高くないことがわかりました。 ちなみに、牡蠣1個(20gあたり)のカロリーは12kcalほど。 栄養価が高く低カロリーな牡蠣は、ダイエットにぴったりな食材と言えそうですね。 牡蠣の糖質量は? 糖質制限ダイエット中に気になるのが、牡蠣の糖質量。 はたして、牡蠣の糖質量はどのくらいなのでしょうか。 牡蠣(生)の糖質量(100gあたり)…4. 7g 牡蠣の糖質量は、100gあたり4. カロリー同様、牡蠣は糖質量も低いのですね。 牡蠣1個(20gあたり)の糖質量は0. 94gですから、糖質制限ダイエット中でも問題なく食べられる糖質量と言えます。 牡蠣フライのカロリーと糖質量は? 牡蠣は生以外にも、牡蠣フライにして食べる、という方も多いことかと思います。 そこで、牡蠣フライのカロリーや糖質量についても調べてみました。 牡蠣フライのカロリー(100gあたり)…196kcal 牡蠣フライのカロリーは、100gあたり196kcal。 生牡蠣に比べると、油で揚げているぶん高カロリーな結果となりました。 ちなみに、牡蠣フライ1個のカロリーは57kcalほど。 牡蠣フライを食べる場合は更にソースをつけることが多くなりますから、一度に食べる量は5~6個程度に抑えておくと良いでしょう。 牡蠣フライの糖質量(100gあたり)…26. 2g 牡蠣フライの糖質量は、100gあたり26. 2gでした。 生牡蠣と比べると、フライにしているぶんやはり高い糖質量ですね。 ちなみに、牡蠣1個の糖質量は3. 6g程度。 糖質制限ダイエット中に牡蠣フライを食べるなら、ご飯は食べないなどして摂取する糖質量を調整すると良いでしょう。 一緒に知りたい!ホタテのカロリーと糖質量 牡蠣と同じく、よく食べる機会のある貝類である、ホタテ。 ホタテはバター焼きにして食べてもおいしいですが、そのぶんカロリーや糖質量が気になりますよね。 そこで、ホタテのカロリーと糖質量についても詳しく調べてみた。 ホタテ(生)のカロリー(100gあたり)…72kcal ホタテのカロリーは、100gあたり72kcalほど。 牡蠣よりは高カロリーな結果となりましたが、それでも一般的な食材よりは低カロリー。 ダイエット中でも安心して食べられるカロリーですね。 ホタテの糖質量(100gあたり)…1. 5g ホタテの糖質量は、100gあたり1. 5gでした。 ホタテは牡蠣より更に低い糖質量なんですね。 糖質制限ダイエット中でも、この糖質量なら安心!まさに糖質制限ダイエットに適した食材だと言えるでしょう。 糖質制限ダイエットがもっと楽しくなる!牡蠣の糖質オフレシピ 糖質制限ダイエット中は、何を食べていいのか迷うことがよくありますよね。 牡蠣を食べたいけど、糖質が気になる、という時も大丈夫!牡蠣を使った簡単な糖質オフレシピをご紹介します。 牡蠣の糖質オフレシピ:牡蠣のバター醤油 【材料】(2人分) 牡蠣 8個 片栗粉 大さじ1 小麦粉 大さじ2 にんにく 1かけ バター 10g 醤油 大さじ1 レモン 1/8 【作り方】 1. ボウルに牡蠣を入れ、片栗粉をまぶして優しく水でもみ洗いする。 ぬめりがとれたらキッチンペーパーで水分をふき取る。 牡蠣の両面に小麦粉をまぶす。 熱したフライパンにバターを入れ、みじん切りにしたにんにくをさっと炒める。 牡蠣を入れて両面を軽く焼き、醤油を入れて牡蠣と軽く絡める。 牡蠣を皿に盛りつけ、レモンをかけたら完成。 牡蠣を使った、簡単な糖質オフレシピです。 油で揚げる&タルタルソースで糖質量が多くなりやすい牡蠣フライではなく、バター醤油ソテーにすることで糖質オフ!牡蠣は炒めすぎると硬くなってしまうため、火が通ったら焼きすぎないようにするのがコツですよ。 このレシピを参考に、ぜひ牡蠣料理を作ってみてくださいね。 最後に 牡蠣のカロリーや糖質、糖質制限レシピについてご紹介してきました。 亜鉛やタウリンなど、栄養価が高い割にカロリーも糖質量も低めな牡蠣。 糖質制限ダイエットでは、食事の糖質量を減らすだけでなくバランスのいい栄養の摂取も大切です。 牡蠣を食べて、しっかりとした栄養摂取とダイエットを両立させてくださいね。

次の