歯並び を 良く する 方法。 歯並びを自力で治したい人必見!可能性のある歯並びと治し方・期間

50代の歯並びの悩みの解消方法は?

歯並び を 良く する 方法

誰もが認めざるを得ない、MFTの本当の効果とは? あなたも今まで、以下のような人を一度は見たことがあるはずです。 食べ方が汚い• 食べるときにクチャクチャと音を立てる• 食べ物をあまり噛まずに飲み込む• 舌足らずで発音が悪い これらは一度癖がついてしまうと治すのは大変で、その人にとっては一生の悩みになるはずです。 これらの 異常を矯正の装置などはいっさい使わず 「口を使ったトレーニング」だけで改善していきます。 指導者(歯科医師や歯科衛生士)と一緒にその人に合ったMFTのメニューを作成して、メニューに沿って毎日練習していきます。 練習時間は空いた時間に10分〜20分程度行うだけです。 矯正の装置など痛くて邪魔な装置はいっさい使わず、少しの時間を練習にあてて続けていくだけでこれらが治れば、とても価値がある治療法であることがおわかりいただけたでしょうか? MFTで歯並びも治る!? 実は歯並びが悪くなる原因にも口の周りの機能がとても影響しています。 正しい口の動きによって歯が正しい位置へと移動していくのです。 では実際にMFTで歯並びが治るケースでどれだけ見た目が良くなるのか見ていきましょう。 上の写真は 舌を前に出してしまう癖がある子にMFTのトレーニングをした前と後の写真です。 明らかに前歯の隙間が閉じてきているのがわかります。 ちなみに矯正の歯につけるような装置などはいっさい使用していません。 口の機能には問題がなく、歯が生えるスペースによって歯並びが悪い子供には効果は望めない場合があります。 これだけは押さえておきたい、MFTの目的5選 先ほどの食べ方が汚かったり、うまく飲み込むことができない。 発音が悪いなどは、なぜ起きるのでしょうか。 それは 口の周囲の筋肉が弱かったり、うまく動かすことができないと嚥下 飲み込む動作 、咀嚼 食べ物を噛む動作 など普段何気にやっている「当たり前のこと 」ができなくなるからです。 また舌や唇の悪い癖が、長い間残ってしまっているからです。 逆に早い段階にそれに気付き、それら当たり前のことができるように訓練をしていれば、必ず効果がでてきます。 まずは、舌と唇の姿勢の正しい位置を知ることがとても大切です。 普段何もしていないとき、 上下の歯は噛み合わず2〜3㎜の隙間が空いています。 そのとき力は入らず 唇同士は閉じている状態が理想です。 口の中で正しい舌の位置はどこにあるのでしょうか。 これは、全体の歯に過度な力がかからずに、鼻で呼吸ができ、口の周りの筋肉の圧が安定している状態です。 それでは、MFTが必要な人の間違った姿勢を見ていきましょう。 MFTが必要な子供の多くは、何もしていないときに舌などをいろいろな方向に出してしまう癖があります。 これは無意識のうちにやってしまうことなので、本人はまったく自覚がありません。 周りの人も気にも留めないことですが口にとってはとても悪い影響が出てきます。 これは 圧力のバランスが崩れている状態です。 普段何もしていないときに口の周囲に過度な力がかかっていると、 歯に筋肉の圧が長い時間かかり続け歯並びにも大きな影響が出ます。 MFTでこれを正すことは とても大切で、多くの人が知らないことです。 MFTによって、何もしていないとき 「舌や唇が常にリラックスしている状態」を保つこと= 口の周りの筋圧のバランスを整える ということです。 間違った食べ方を治せるのはMFTだけ 人は物を食べるときに舌や口の周りの筋肉、顎の運動を同時に使い食塊を形成して飲み込んでいきます。 このとき 唇や歯は必ず閉じていて、舌の上に食べ物があります。 このとき舌を前に出したりはしないはずです。 しかしこの当たり前の動作ができない子供はたくさんいて、早いうちに訓練で治していかないと次のことが起きてきます。 食べ物を舌で迎えにいき食べようとする• 食べ物を噛んでいるときに口が空いている• 嚥下のときに上下の歯が接触していない• 舌の上に食物が保持されない• 飲み込むときに舌を前に出してしまう これらは舌や口の周りの筋肉が弱かったり、正しい動きができないために起きるのです。 これらをMFTで、正しい食べ方へと改善させていきます。 間違った食べ方を正すことができるのはMFTだけと言っても良いくらいです。 それを治さずに歯列矯正をしてしまうと、頬や舌の異常な圧は治療の障害になってしまいます。 このように、せっかく綺麗に並んだ歯も強い力で押し返されることで矯正治療が進まなくなってしまうのです。 その結果、 治療期間が延びたり、 正しく飲み込めないことで 食べ物のカスがあちこちに残り、虫歯の原因になります。 虫歯になると一度矯正治療が中断になってしまい、歯についている装置を外して虫歯の治療からしていかなければなりません。 これで歯列矯正中は、口の周りの機能が正常であることは必須であることがわかったと思います。 歯並びなどの見た目だけに捉われず、必ずチェックする必要があるのです。 これでは、高いお金を払って歯並びを綺麗にした意味がないかもしれません。 おわかりの通り、 歯列の矯正と同時に 必ず口の周りの機能も治す必要があるのです。 舌足らずも治る? 舌を使うことが苦手な子供は「サ行、タ行」が言いづらいことが多いことを覚えておきましょう。 MFTでは、発音にかかせない舌を動かしやすくするような訓練がたくさんあり、聞き取りづらい発音を良くして正しい発音で喋ることができるようにサポートしていきます。 ここで間違ってはいけないことは、発音が悪い人を治すのであって、 「まったく聞き取れないような言葉を治す 」のではないということです。 ここではそれらをまとめたので解説していきます。 もし、あなたの周りにこんな人がいたらMFTが必要になってくる可能性が高いので、一緒にチェックしてみてください。 無意識に舌を出してしまう、舌突出癖【ぜつとっしゅつへき】 無意識のうちに舌を歯と歯の間から出そうとする癖のことを言います。 例えば子供の歯が早くに抜け落ちてしまったり、歯と歯の間に隙間があるとそこから舌を出してしまう癖がつくことがあります。 結果として開口 前歯が開いた噛み合わせ になってしまったり、前歯が傾斜してしまったりします。 飲み込む動作の異常、異常嚥下癖【いじょうえんげへき】 異常嚥下癖とは、食べ物を口の中に入れることから、飲み込むまでの過程に異常が見られます。 正しい咀嚼や嚥下 飲み込む動作 をしっかりと区別することは難しいですが、異常な咀嚼や嚥下に共通してみられる項目がいくつかあります。 それらは大きく分けて「準備期」と「口腔期」の2つに分けられます。 準備期:食べ物を口に取り入れてから、噛み砕いて舌の上に保持するまで• 口腔期:噛み砕かれた後、舌に保持された食べ物が食道に送られるまで です。 それではそれぞれ説明していきます。 食べたときに起こる準備期【じゅんびき】の異常 正しい場合、食べ物を奥歯で細かく噛み砕き、舌の上に細かくした食塊を乗せて喉の奥に送る準備をします。 しかし異常な場合は、• 舌で食べ物を迎えにいく• 奥で噛むことをせず前の方で噛み砕く• 噛み砕いた食塊を舌で後方に送る力が弱く、唇と頬をすぼめるような動作をする このような動作をして、 前で「モソモソ食べる」ような動作をします。 飲み込むときに起こる口腔期【こうくうき】の異常 ここでは、細かく砕いた食塊を舌の力で後方に引いて喉の奥に送り込むのですが、異常な場合次のような動作をすることが特徴です。 飲み込むときに舌が前方に突出し、歯を越えて唇と接触する• 飲み込むときに、 上下の奥歯の接触が無く後ろ側に落とし込むようにする その他にも「異常な咀嚼や嚥下をする子供にみられる傾向」をいくつかあげておきます。 食事の姿勢が悪い• クチャクチャと音を立てて食べる• 咀嚼回数が少ない• 何回も飲み込む動作をする• 固いものや薬などを嫌う 常に口で呼吸してしまう、口呼吸【こうこきゅう】 いわゆる口を常にポカンと開けている状態です。 このような場合アレルギーや鼻炎などで、普段鼻で呼吸をせずに口で呼吸をしてしまっている状態です。 その結果、口の中が乾燥して虫歯になりやすくなる他、 唇と舌の姿勢が悪くなり歯列に対して悪い影響が出てきてしまいます。 3歳〜4歳までの指しゃぶりは生理的なものであり、小学校にあがる5〜6歳を超えてくる場合は注意が必要です。 誰にでもある舌小帯【ぜつしょうたい】の異常 舌小帯とは上の画像のこの部分です。 この部分に短かかったり異常がある場合は舌を伸ばすことが難しく、発音や嚥下にも影響を与えます。 MFTによって舌小帯を伸ばし動きを良くします。 またそれでも難しい場合は、手術を行って短くすることになります。 ただし、手術をするからといって舌の訓練をしなくて良い訳ではありません。 理由は舌を動かしていないと治療後に「瘢痕:はんこん」といって固まってしまうため、手術をする場合でもMFTを使った舌の訓練を並行して必ず行います。 舌が大きい 一般的な舌の大きさよりも舌が大きい場合、歯並びに影響がでている場合が多く、MFTによる訓練の対象となります。 舌が大きい子は、何もしていないとき 「舌の位置が前にあったり、筋肉が緩んでいること」が多いため、MFTのトレーニングによって舌の筋肉をつけることで舌を引き締めていきます。 それ以外の場合は舌を小さくする手術が必要になりますが、こちらもMFTを使った舌の訓練を並行して行います。 MFTのレッスン実践編 レッスンの実践編では、MFTの基本となるトレーニングを少し紹介します。 MFTのトレーニングを進めていくにつれて難易度は上がっていきますが、まずは舌の正しい位置や感覚を覚えることから始めなければなりません。 正しい舌の姿勢を理解し、無意識にできることで始めて次のレッスンに進むことができます。 最初は次の2つのレッスンを行ってみてください。 【全ての基本】舌の位置を覚える 「スポットポジション 」 先ほど舌の正しい姿勢や嚥下を行う際は、舌はスポットにあると解説しました。 スポットポジションはこの場所を覚えるトレーニングです。 姿勢を良くして鏡を見ながら、口を大きく開けます。 スティックなどを使ってスポットの位置にあてます。 ゆっくり5つ数え、感覚でスポットの位置を覚えます。 何もない状態でスポットに舌の先をあてます。 ゆっくり5つ数えます。 まずはこの順番で5回行います。 何度も行っていると舌の先がスポットにあることに慣れてくるでしょう。 舌を上げる感覚を覚えるための 「ポッピング」 正しく食べ物を飲み込むためには、舌は上顎に押しつけられるような動きをすると解説しました。 ポッピングはこの感覚を養うための基本的なトレーニングになります。 また舌小帯をしっかり伸ばす練習です。 姿勢を良くして鏡を見ながら、舌全体を上に吸いつけます。 ゆっくり口を大きく開けます。 舌小帯をいっぱいに伸ばしてから「ポンッ」と音を立てます。 音を出すだけではなく、力強く舌を押し上げて舌小帯をしっかりと伸ばすことを意識しましょう。 まずはこれを10回ほど行ってみましょう。 まとめ 今回はMFTとはどんなものか。 その目的とどんな人が対象になるのかを詳しく解説してきましたがいかがだったでしょうか?大切なことは、 歯並びなどの「見た目」にアプローチするのが大切なのではなく、「 口の周りの機能」にアプローチしていきます。 口の周りの機能に異常がある人は、一見はわかりにくいのが特徴です。 そしてその「機能」が原因で歯並びが悪くなっている人が、正しい知識と方法でレッスンを続けていれば必ず良い結果がでてきます。 この記事を読んで MFTが必要なのか、必要ではないのかを必ず見極め、レッスンを始めるきっかけになればと思います。 MFTは単独で行うこともありますが、歯並びの矯正治療と併用して行うことも多い治療法です。 なぜなら、 歯列矯正で見た目の歯の並びは綺麗になるかもしれませんが、機能的な問題は決して改善することはできないからです。 MFTの知識を深めて、これから実践していくのであれば必ずこちらの記事で解説したを必ず守ってください。 今回は以上です。 This error message is only visible to WordPress admins Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved. There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time. Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved. There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time. Error: No posts found. Make sure this account has posts available on instagram. com.

次の

前歯の歯並びが悪いことで起こる6つのこと/きれいに治す治療法

歯並び を 良く する 方法

よい歯並びの条件とは 上下の前歯の距離 歯並びには、一般的に美しいといわれる噛み合わせの形があり、矯正治療は大まかにはこの形を目指して進められます。 とはいえ、歯の大きさや骨格が人それぞれ異なる分、理想形にも個人差があります。 最終的には、そのお子さんにとっての最適な形に近づけることを目標に治療が進められます。 そのうち、上下の前歯については、きちんと噛み合わせたときに、上の前歯が下の前歯よりも2mm~3mmほど前に出ているのが理想となります。 その際、上の前歯が下の前歯の3分の1ほど被さっている状態になります。 上下の前歯の中心 正しい歯並びの条件のひとつとして、上下の前歯の中心(正中線)が合っているかも大事な要素となります。 歯と歯の隙間がきれいに真っ直ぐになるのが理想です。 これが合っていないと、顎の関節に悪影響を及ぼす恐れがあります。 上下の歯の噛み合い 前歯は、上下の歯の隙間が並行になるのが理想ですが、犬歯より後ろの歯は、上下の歯が交互に並ぶのがきれいな状態です。 互い違いに隙間なく接した形が正しい噛み合わせとなります。 悪い歯並びの例 歯がガタガタに並んでいる 前歯が互い違いになるなど、ガタガタに生えている状態です。 顎の骨と歯の大きさのバランスがとれておらず、歯の生えるスペースが不足するとこのような歯並びになってしまいます。 顎が小さいお子さんは要注意です。 下の歯が前歯で隠れている 前歯が深くかみすぎて、下の前歯がほとんど見えない状態です。 下の前歯が上の前歯の裏の歯肉に食い込みやすいので、傷つけてしまう恐れがあります。 このまま出っ歯になる可能性もあるでしょう。 前歯が噛み合っていない 奥歯を噛み合わせても、前歯が噛み合わずに隙間ができてしまう状態です。 上下の前歯がくっつかないので、食べ物をうまく噛みきることができません。 また、空気がもれてしまうことからサ行が発音しづらくなることもあります。 受け口 下の歯や下顎が前に出ている状態です。 上下の歯の噛み合わせの位置が、正常な状態の反対になってしまっているのです。 歯に問題がある場合と、顎に問題がある場合に分けられます。 出っ歯 上顎の前歯が、必要以上に前に出ている状態です。 それ以外にも、下顎が通常よりも後ろに下がって出っ歯に見えるケースも多いとされています。 顎の成長が十分でないと、このような出っ歯になりがちです。 口元が出ている 横から見たときに、口元が前に突き出ている状態です。 歯が前のほうに出ているので、唇をしっかりと閉じることがスムーズにできないでしょう。 すきっ歯 歯の間に隙間ができている状態です。 隙間から空気がもれてしまうので、言葉の発音に問題が生じる可能性があります。 特にサ行やタ行の発音がしにくいでしょう。 前歯に下の歯が被さる 特定の歯が正常な噛み合わせとは逆に、、上の歯が内側、下の歯が外側になった状態です。 左右にもずれてゆがみが生じるので、顎や顔が曲がって見えてしまいます。 歯並びの悪さで生じる問題 虫歯や歯周病 歯がきれいに並んでいないと、歯ブラシを使っても磨き残しが多くなってしまいます。 でこぼこした部分などに歯垢や汚れが溜まりやすいので、虫歯には十分注意しなければなりません。 また、細菌も増殖しやすいことから歯周病のリスクも高まります。 顎のトラブル 噛み合わせがずれていると、顎が正常に動かせなくなります。 そのため、顎が痛んだり、顎の関節に雑音が起こったりしやすくなります。 発音 言葉を発するときには、舌の動きが重要となります。 ところが、歯と歯に隙間があったり歯が真っ直ぐに生えていなかったりすると、舌を正しく動かすことができません。 そのために発音に問題をともなうことが多いのです。 全身の不調 噛み合わせの悪さは、全身にまで悪影響を及ぼします。 正しい姿勢を保つことが難しく、肩こりや腰痛が起こりやすいでしょう。 精神的苦痛 噛み合わせがよくないと、見た目の印象にまで悪影響をもたらしかねません。 口元は隠せませんから、コンプレックスから人前に出ることが苦痛になってしまうお子さんも少なくないでしょう。 特に矯正治療が一般的になっている欧米の人などからは、教育レベルが低いと受け取られてしまうこともあります。 顎を発達させて予防する よく噛むことが重要 顎の骨が成長している子どもの時期には、特によく噛んで食事をすることが大切です。 子どもが好むハンバーグやカレー、スパゲティなどはそこまで噛まなくても飲み込めてしまいます。 このようなやわらかいものを中心とした食事を続けていると、顎は十分に発達することができません。 よく噛まなければ食べられない食材などを意識してメニューに取り入れましょう。 顎の骨の成長には段階がある 4歳~5歳くらいに顎が大きく発達してきて、永久歯の生えるスペースが作られます。 そして、奥歯が生えてくる6歳ころになると、永久歯のためのスペースをさらに確保しなければならないので、顎は再び発達します。 永久歯が生え揃う14歳ころには上顎の成長は止まりますが、身長の成長にともない下顎は発達し続けます。 顎の成長に重要な乳歯の時期 2歳~6歳ころに上下に生え揃ってくる乳歯には、顎の成長を促す働きがあります。 また、乳歯が生えることで顎のラインを整えて顔の形が決まってくるのです。 永久歯に生え変わるまでの乳歯の時期は、顎を正常に発達させるために欠かせないというわけです。 顎が小さいと… 顎がしっかりと成長しないと、永久歯が生えるスペースが足りなくなってしまいます。 すると、歯が真っ直ぐに生えることができずにデコボコと乱れた歯並びになってしまうのです。 近ごろは顎の成長が不十分なために歯並びが悪い子どもが目立っているようです。 きれいな歯並びのために食生活などに気を使い、お子さんの顎の発達を促してあげましょう。 癖をなくして予防する 指しゃぶり 指しゃぶりの程度にもよりますが、指をお口に入れている状態を長く続けていると、前歯に隙間ができたり、前歯が前に出てきたり、噛み合わせが左右にずれたりと、歯並びが乱れやすいので気をつけましょう。 乳歯の段階での軽い歯並びの悪さでしたら自然に治ることも期待できますが、5歳を過ぎても指しゃぶりをしていると矯正治療が必要なほど歯に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。 とはいえ、無理やり指しゃぶりをやめさせるのも子どもの精神上よくありません。 癖が出ないように工夫をしてあげる必要があるでしょう。 噛み癖 おしゃぶりやタオル、爪などを噛むのが癖になっている子どもも、歯並びや顎の成長に問題を生じる可能性があります。 4歳ころまでには、このような癖をやめさせたほうがよいでしょう。 強制的に禁止するのではなく、理由をきちんと説明して、お子さんが自分からやめないといけないと思えように誘導するのが理想です。 口呼吸 呼吸は鼻でするものですが、いつもお口を開けているお子さんはお口で息をしていると疑ったほうがよいでしょう。 お口の中が乾燥して菌が繁殖すると、虫歯になりやすいので注意してください。 乳歯が虫歯になり抜歯をしてしまうと、永久歯の歯並びにまで影響するので、乳歯の時期から気をつけなければなりません。 また、顔の筋肉や骨格の発達に問題が起きるので、顎がなくて口元が出ている「アデノイド顔貌」という独特な顔つきになりやすいでしょう。 食事で噛む回数が少なく、舌や口周りの筋肉がしっかりと鍛えられないと、口呼吸になりやすいといわれています。 舌を突き出す癖 食べ物を飲み込むときに舌を突き出したり、ボーっとしているときに無意識に舌が歯の間から出ていたりします。 このような癖があるとお口の中の下あたりや前のほうに舌が置いてあるので、歯を押してしまっていることが多く、歯並びの悪化を招きかねません。 頬づえ 頬づえが癖になっていると、噛み合わせが深くなったりしてずれてしまいます。 また、顎の成長に支障をきたしてゆがんでしまうでしょう。 5歳~6歳ころに出てきやすい癖で、子どもも無意識にやってしまうようです。 まずは頬杖をする癖があることを気づかせてあげましょう。 永久歯の歯並びのために虫歯予防を 乳歯の虫歯で歯並びが乱れる 乳歯が虫歯になり抜歯をすると、その空いた隙間に前後の歯がずれてきたりします。 そうなると、永久歯のスペースがなくなり正常に生えてこられなくなります。 結果、永久歯が変な方向に生えたり、ずれたりする原因となるのです。 また、乳歯が虫歯に感染していると、根っこの部分からその下に控えている永久歯にまで影響がおよぶ恐れがあります。 このようなリスクを防ぐために、乳歯であっても、適切な虫歯治療が必要なのです。 乳歯のころから歯磨きをしっかり そのうち抜け落ちる乳歯だからといって、虫歯になってもいいという考えは捨ててください。 乳歯のころから、仕上げ磨きをしっかりと行って虫歯を防ぎましょう。 特に、前歯の歯と歯の間や、歯茎との境目、奥歯の歯と歯の間、奥歯の噛み合わせ面にある溝は虫歯になりやすいので、磨き残しのないように丁寧なブラッシングが必要です。 虫歯菌は寝ている間に繁殖しやすいので、夜寝る前の仕上げ磨きが重要です。 まとめ 癖や習慣が原因となって、歯並びが悪くなるケースが多いということがおわかりいただけたでしょうか。 歯並びを美しくするためには、家族みんなで協力しなければなりません。 もちろん、お子さんにもきちんと説明して一緒に取り組んでいきましょう。 指しゃぶりなどの癖が直らないなどといった悩みがある場合には、歯医者さんに相談してもよいでしょう。 小児矯正は子どもの骨格の成長に合わせて、早い時期から開始したほうがメリットが多いのです。 お子さんの歯並びのためには、少しでも不安のあることは早めに歯医者さんに相談してください。

次の

歯並びが良くなるMFTとは?歯科のプロがわかりやすく解説

歯並び を 良く する 方法

誰もが認めざるを得ない、MFTの本当の効果とは? あなたも今まで、以下のような人を一度は見たことがあるはずです。 食べ方が汚い• 食べるときにクチャクチャと音を立てる• 食べ物をあまり噛まずに飲み込む• 舌足らずで発音が悪い これらは一度癖がついてしまうと治すのは大変で、その人にとっては一生の悩みになるはずです。 これらの 異常を矯正の装置などはいっさい使わず 「口を使ったトレーニング」だけで改善していきます。 指導者(歯科医師や歯科衛生士)と一緒にその人に合ったMFTのメニューを作成して、メニューに沿って毎日練習していきます。 練習時間は空いた時間に10分〜20分程度行うだけです。 矯正の装置など痛くて邪魔な装置はいっさい使わず、少しの時間を練習にあてて続けていくだけでこれらが治れば、とても価値がある治療法であることがおわかりいただけたでしょうか? MFTで歯並びも治る!? 実は歯並びが悪くなる原因にも口の周りの機能がとても影響しています。 正しい口の動きによって歯が正しい位置へと移動していくのです。 では実際にMFTで歯並びが治るケースでどれだけ見た目が良くなるのか見ていきましょう。 上の写真は 舌を前に出してしまう癖がある子にMFTのトレーニングをした前と後の写真です。 明らかに前歯の隙間が閉じてきているのがわかります。 ちなみに矯正の歯につけるような装置などはいっさい使用していません。 口の機能には問題がなく、歯が生えるスペースによって歯並びが悪い子供には効果は望めない場合があります。 これだけは押さえておきたい、MFTの目的5選 先ほどの食べ方が汚かったり、うまく飲み込むことができない。 発音が悪いなどは、なぜ起きるのでしょうか。 それは 口の周囲の筋肉が弱かったり、うまく動かすことができないと嚥下 飲み込む動作 、咀嚼 食べ物を噛む動作 など普段何気にやっている「当たり前のこと 」ができなくなるからです。 また舌や唇の悪い癖が、長い間残ってしまっているからです。 逆に早い段階にそれに気付き、それら当たり前のことができるように訓練をしていれば、必ず効果がでてきます。 まずは、舌と唇の姿勢の正しい位置を知ることがとても大切です。 普段何もしていないとき、 上下の歯は噛み合わず2〜3㎜の隙間が空いています。 そのとき力は入らず 唇同士は閉じている状態が理想です。 口の中で正しい舌の位置はどこにあるのでしょうか。 これは、全体の歯に過度な力がかからずに、鼻で呼吸ができ、口の周りの筋肉の圧が安定している状態です。 それでは、MFTが必要な人の間違った姿勢を見ていきましょう。 MFTが必要な子供の多くは、何もしていないときに舌などをいろいろな方向に出してしまう癖があります。 これは無意識のうちにやってしまうことなので、本人はまったく自覚がありません。 周りの人も気にも留めないことですが口にとってはとても悪い影響が出てきます。 これは 圧力のバランスが崩れている状態です。 普段何もしていないときに口の周囲に過度な力がかかっていると、 歯に筋肉の圧が長い時間かかり続け歯並びにも大きな影響が出ます。 MFTでこれを正すことは とても大切で、多くの人が知らないことです。 MFTによって、何もしていないとき 「舌や唇が常にリラックスしている状態」を保つこと= 口の周りの筋圧のバランスを整える ということです。 間違った食べ方を治せるのはMFTだけ 人は物を食べるときに舌や口の周りの筋肉、顎の運動を同時に使い食塊を形成して飲み込んでいきます。 このとき 唇や歯は必ず閉じていて、舌の上に食べ物があります。 このとき舌を前に出したりはしないはずです。 しかしこの当たり前の動作ができない子供はたくさんいて、早いうちに訓練で治していかないと次のことが起きてきます。 食べ物を舌で迎えにいき食べようとする• 食べ物を噛んでいるときに口が空いている• 嚥下のときに上下の歯が接触していない• 舌の上に食物が保持されない• 飲み込むときに舌を前に出してしまう これらは舌や口の周りの筋肉が弱かったり、正しい動きができないために起きるのです。 これらをMFTで、正しい食べ方へと改善させていきます。 間違った食べ方を正すことができるのはMFTだけと言っても良いくらいです。 それを治さずに歯列矯正をしてしまうと、頬や舌の異常な圧は治療の障害になってしまいます。 このように、せっかく綺麗に並んだ歯も強い力で押し返されることで矯正治療が進まなくなってしまうのです。 その結果、 治療期間が延びたり、 正しく飲み込めないことで 食べ物のカスがあちこちに残り、虫歯の原因になります。 虫歯になると一度矯正治療が中断になってしまい、歯についている装置を外して虫歯の治療からしていかなければなりません。 これで歯列矯正中は、口の周りの機能が正常であることは必須であることがわかったと思います。 歯並びなどの見た目だけに捉われず、必ずチェックする必要があるのです。 これでは、高いお金を払って歯並びを綺麗にした意味がないかもしれません。 おわかりの通り、 歯列の矯正と同時に 必ず口の周りの機能も治す必要があるのです。 舌足らずも治る? 舌を使うことが苦手な子供は「サ行、タ行」が言いづらいことが多いことを覚えておきましょう。 MFTでは、発音にかかせない舌を動かしやすくするような訓練がたくさんあり、聞き取りづらい発音を良くして正しい発音で喋ることができるようにサポートしていきます。 ここで間違ってはいけないことは、発音が悪い人を治すのであって、 「まったく聞き取れないような言葉を治す 」のではないということです。 ここではそれらをまとめたので解説していきます。 もし、あなたの周りにこんな人がいたらMFTが必要になってくる可能性が高いので、一緒にチェックしてみてください。 無意識に舌を出してしまう、舌突出癖【ぜつとっしゅつへき】 無意識のうちに舌を歯と歯の間から出そうとする癖のことを言います。 例えば子供の歯が早くに抜け落ちてしまったり、歯と歯の間に隙間があるとそこから舌を出してしまう癖がつくことがあります。 結果として開口 前歯が開いた噛み合わせ になってしまったり、前歯が傾斜してしまったりします。 飲み込む動作の異常、異常嚥下癖【いじょうえんげへき】 異常嚥下癖とは、食べ物を口の中に入れることから、飲み込むまでの過程に異常が見られます。 正しい咀嚼や嚥下 飲み込む動作 をしっかりと区別することは難しいですが、異常な咀嚼や嚥下に共通してみられる項目がいくつかあります。 それらは大きく分けて「準備期」と「口腔期」の2つに分けられます。 準備期:食べ物を口に取り入れてから、噛み砕いて舌の上に保持するまで• 口腔期:噛み砕かれた後、舌に保持された食べ物が食道に送られるまで です。 それではそれぞれ説明していきます。 食べたときに起こる準備期【じゅんびき】の異常 正しい場合、食べ物を奥歯で細かく噛み砕き、舌の上に細かくした食塊を乗せて喉の奥に送る準備をします。 しかし異常な場合は、• 舌で食べ物を迎えにいく• 奥で噛むことをせず前の方で噛み砕く• 噛み砕いた食塊を舌で後方に送る力が弱く、唇と頬をすぼめるような動作をする このような動作をして、 前で「モソモソ食べる」ような動作をします。 飲み込むときに起こる口腔期【こうくうき】の異常 ここでは、細かく砕いた食塊を舌の力で後方に引いて喉の奥に送り込むのですが、異常な場合次のような動作をすることが特徴です。 飲み込むときに舌が前方に突出し、歯を越えて唇と接触する• 飲み込むときに、 上下の奥歯の接触が無く後ろ側に落とし込むようにする その他にも「異常な咀嚼や嚥下をする子供にみられる傾向」をいくつかあげておきます。 食事の姿勢が悪い• クチャクチャと音を立てて食べる• 咀嚼回数が少ない• 何回も飲み込む動作をする• 固いものや薬などを嫌う 常に口で呼吸してしまう、口呼吸【こうこきゅう】 いわゆる口を常にポカンと開けている状態です。 このような場合アレルギーや鼻炎などで、普段鼻で呼吸をせずに口で呼吸をしてしまっている状態です。 その結果、口の中が乾燥して虫歯になりやすくなる他、 唇と舌の姿勢が悪くなり歯列に対して悪い影響が出てきてしまいます。 3歳〜4歳までの指しゃぶりは生理的なものであり、小学校にあがる5〜6歳を超えてくる場合は注意が必要です。 誰にでもある舌小帯【ぜつしょうたい】の異常 舌小帯とは上の画像のこの部分です。 この部分に短かかったり異常がある場合は舌を伸ばすことが難しく、発音や嚥下にも影響を与えます。 MFTによって舌小帯を伸ばし動きを良くします。 またそれでも難しい場合は、手術を行って短くすることになります。 ただし、手術をするからといって舌の訓練をしなくて良い訳ではありません。 理由は舌を動かしていないと治療後に「瘢痕:はんこん」といって固まってしまうため、手術をする場合でもMFTを使った舌の訓練を並行して必ず行います。 舌が大きい 一般的な舌の大きさよりも舌が大きい場合、歯並びに影響がでている場合が多く、MFTによる訓練の対象となります。 舌が大きい子は、何もしていないとき 「舌の位置が前にあったり、筋肉が緩んでいること」が多いため、MFTのトレーニングによって舌の筋肉をつけることで舌を引き締めていきます。 それ以外の場合は舌を小さくする手術が必要になりますが、こちらもMFTを使った舌の訓練を並行して行います。 MFTのレッスン実践編 レッスンの実践編では、MFTの基本となるトレーニングを少し紹介します。 MFTのトレーニングを進めていくにつれて難易度は上がっていきますが、まずは舌の正しい位置や感覚を覚えることから始めなければなりません。 正しい舌の姿勢を理解し、無意識にできることで始めて次のレッスンに進むことができます。 最初は次の2つのレッスンを行ってみてください。 【全ての基本】舌の位置を覚える 「スポットポジション 」 先ほど舌の正しい姿勢や嚥下を行う際は、舌はスポットにあると解説しました。 スポットポジションはこの場所を覚えるトレーニングです。 姿勢を良くして鏡を見ながら、口を大きく開けます。 スティックなどを使ってスポットの位置にあてます。 ゆっくり5つ数え、感覚でスポットの位置を覚えます。 何もない状態でスポットに舌の先をあてます。 ゆっくり5つ数えます。 まずはこの順番で5回行います。 何度も行っていると舌の先がスポットにあることに慣れてくるでしょう。 舌を上げる感覚を覚えるための 「ポッピング」 正しく食べ物を飲み込むためには、舌は上顎に押しつけられるような動きをすると解説しました。 ポッピングはこの感覚を養うための基本的なトレーニングになります。 また舌小帯をしっかり伸ばす練習です。 姿勢を良くして鏡を見ながら、舌全体を上に吸いつけます。 ゆっくり口を大きく開けます。 舌小帯をいっぱいに伸ばしてから「ポンッ」と音を立てます。 音を出すだけではなく、力強く舌を押し上げて舌小帯をしっかりと伸ばすことを意識しましょう。 まずはこれを10回ほど行ってみましょう。 まとめ 今回はMFTとはどんなものか。 その目的とどんな人が対象になるのかを詳しく解説してきましたがいかがだったでしょうか?大切なことは、 歯並びなどの「見た目」にアプローチするのが大切なのではなく、「 口の周りの機能」にアプローチしていきます。 口の周りの機能に異常がある人は、一見はわかりにくいのが特徴です。 そしてその「機能」が原因で歯並びが悪くなっている人が、正しい知識と方法でレッスンを続けていれば必ず良い結果がでてきます。 この記事を読んで MFTが必要なのか、必要ではないのかを必ず見極め、レッスンを始めるきっかけになればと思います。 MFTは単独で行うこともありますが、歯並びの矯正治療と併用して行うことも多い治療法です。 なぜなら、 歯列矯正で見た目の歯の並びは綺麗になるかもしれませんが、機能的な問題は決して改善することはできないからです。 MFTの知識を深めて、これから実践していくのであれば必ずこちらの記事で解説したを必ず守ってください。 今回は以上です。 This error message is only visible to WordPress admins Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved. There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time. Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved. There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time. Error: No posts found. Make sure this account has posts available on instagram. com.

次の