木製 オブジェ 火災。 神宮外苑火事で焼死した5歳男児の両親の現在…悲しすぐる…(画像あり)

神宮外苑オブジェ火災 学生ら6人書類送検へ

木製 オブジェ 火災

東京都新宿区霞ケ丘町の明治神宮外苑で平成28年11月、アートイベントで展示されていた木製のジャングルジムのオブジェが燃え、遊んでいた港区の男児=当時(5)=が死亡した火災で、警視庁捜査1課は18日、重過失致死傷容疑で出展した日本工業大(埼玉県宮代町)の20代の学生2人を、業務上過失致死傷容疑で同大の教員(39)とイベントの主催会社の男性社長(70)ら計4人を書類送検した。 学生らの送検容疑は、28年11月6日午後5時20分ごろ、明治神宮外苑で開催されていたアートイベント「東京デザインウイーク2016」の会場で、木くずを敷き詰めた高さ約2・7メートル、幅約3・8メートル、奥行き約3メートルの木製オブジェの中心部で、白熱電球の投光器を点灯。 電球の熱で木くずを燃やし、火災を引き起こしたとしている。 男児はオブジェの中心部分にいて逃げ遅れ、火災に巻き込まれ死亡。 助けようとした40代の父親も負傷した。 捜査関係者によると、投光器は学生が夜間の作業用に持ち込んだ。 学生らは調べに「あたりが暗くなったので、ライトアップのために作品内部に設置した」などと説明。 投光器を設置した約20分後に出火し、数秒で全体に燃え広がったとみられる。 捜査1課は学生らが高温になる危険性のある投光器を、燃えやすい木くずを敷き詰めたオブジェの内部に設置した行為が、過失にあたると判断。 主催者側についても、持ち込まれる機材の確認やスタッフによる見回りなどの安全管理態勢が不十分だったと結論付けた。

次の

【神宮外苑イベント火災】日本工業大学の奴ら終了のお知らせ…とんでもない嘘を付いていた…2ch「おがくずに白熱電球は驚愕」「逮捕あるな」【ジャングルジム画像あり】

木製 オブジェ 火災

芸術の秋。 週末でにぎわう都心のアートイベント会場で、まさかの悲劇が起きた。 6日夕、東京都新宿区の明治神宮外苑で開催中のイベント会場に展示されていた木製ジャングルジムが突然燃え、中で遊んでいた5歳の男児が死亡した。 「中に子供がいる!」。 近くにいた40代の父親ら大人たちの叫び声が響いたが、男児を救い出すことはできなかった。 「子供がいる! 中に子供がいる!」「消火器持ってこい!」「下がって、下がって」。 叫び声が飛び交う会場。 木製ジャングルジムのオブジェは、既にオレンジ色の炎に包まれていた。 明治神宮外苑にある軟式野球場の敷地内で開催されていたイベント「TOKYO DESIGN WEEK2016」。 午後5時15分ごろ、展示物の1つから火の手が上がった。 周囲の人が消火器を持って駆けつけ、火は10~15分後に消し止められた。 が、展示物の中で直前まで楽しく遊んでいた男児が、外に出てくることはなかった。 死亡したのは東京都港区在住の幼稚園児、佐伯健仁(けんと)ちゃん(5)と判明した。 救出しようとした健仁ちゃんの父親(44)と別の40代男性もやけどを負ったが、意識はあり命に別条はないという。

次の

【神宮イベント火災】オブジェ内の植木鉢に白熱電球 熱により出火? 制作者の大学生ら危険性認識か(1/2ページ)

木製 オブジェ 火災

概要 [ ] 国内外の様々な、、、、、、による展示やライブイベントが開催されている。 、本イベントの前身となる「デザイナーズサタデー」がスタート。 に名称を「TOKYO DESIGNERS WEEK」に変更。 から前に中央会場を設け、より会期を10日間としている。 2015年より名称を「TOKYO DESIGN WEEK」に変更。 2016年までの31年連続開催されてきたが、後述の事故を受け、は開催中止が発表された。 、についても代表によるメッセージが公式サイトに掲載されたのみで 、開催はされていない。 なおTOKYO DESIGN WEEKが2016年7月に構想を発表した地方創生プロジェクトの「ジャパンデザインウィーク(JAPAN DESIGN WEEK)」 はそのまま開催されている。 事故 [ ] 午後5時20分ごろ「TOKYO DESIGN WEEK 2016」(会場:)の展示作品が炎上するが発生した。 出火元は、工学部建築学科と生活環境デザイン学科の学生グループである「新建築デザイン研究会 NADS 」の出展作品『素の家』で、木枠をジャングルジム状に組み上げた構造の内部に、カンナ屑状に削られた木くずが飾り付けられていた。 観たり入ったり出来る体験型アートで出火当時も複数の子供が登って遊んでいたが、中で遊んでいた5歳の男児が全身にやけどを負い搬送先の病院で死亡が確認され、救出しようとした父親と近くにいた40歳代の男性が怪我を負い入院した。 火災原因は、暗くなったために作品内で点灯した投光器の白熱電球の熱により木くずが発火したと見られている。 また、植木鉢で電球が木くずに直接触れないようにしていたことなどから、作品制作者側が発火の危険性を認識していた疑いがある。 作品制作者側は安全対策について「火災になるとは想定していなかった」と述べており 、主催者側も「高さ制限など厳しい基準を設けてきた」としているが、その一方で「今回のイベントは約600の作品が出展しており、1つ1つを詳しく見るのは難しい」とも説明している。 なお、火災発生後も入場制限をしつつイベントを続行したことについて、主催者側は「地方から来ている人もいたので、作品を見てもらえたらと思った」と説明し、「混乱を招く」との理由で火災のアナウンスも行わなかった。 この事故を受け、予定していた翌日の開催は中止となった。 火災事故後の同年12月、テレビ番組『』において、主催会社の職員がボランティアスタッフに宛てた開催案内のメールがネット上に流出・拡散され、文面などに事故に対する反省や犠牲者遺族への配慮がないとの世論を受けて忘年会は中止したことが報じられた。 この件について、公式サイトは川﨑健二代表による謝罪文を掲載した。 2019年3月18日、警視庁は、展示物内に置かれて火元となった投光器の適切な管理や会場全体の安全管理を怠るなどしたとして、出展者やイベント主催者ら計6人を業務上過失致死傷の疑いで書類送検した。 同年8月1日、は出展者2人を重過失致死罪で在宅起訴し、主催者ら4人は不起訴処分とした。 2020年4月、男児の両親らが、作品を出展した日本工業大学側とイベントの主催会社に計約1億2千万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。 2014年には、で開催される「」で、テーマを「TOKYO IMAGINE」として出展予定。 テレビ番組 [ ] 『 TOKYO DESIGN WEEK. tv -茂木健一郎の発想の種 IMAGINE-』(とうきょうデザインウィークティーヴィー もぎけんいちろうのはっそうのたね イマジン)と題し、よりにて毎週月曜日23:00 - 23:54に放送していた。 前身番組として、『 TOKYO AWARD』(2011年4月 - 2012年3月、)、『 TOKYO DESIGNERS WEEK. tv』(2012年4月 - 2013年3月、BS日テレ)が放送されていた。 に番組公式チャンネルがあり(参照)、過去の放送分が視聴可能だった。 の影響により、放送予定分は休止となり 、さらに・以降も休止され 、その後放送が再開されることなくが閉鎖されている。 出演者 [ ] 『TOKYO DESIGN WEEK. tv -茂木健一郎の発想の種 IMAGINE-』終了時 [ ]• (、『TOKYO TOKYO AWARD』開始時 - )• (MC、2015年4月 - )• ゲスト 過去の出演者 [ ]• (MC、『TOKYO AWARD』開始時 - 『TOKYO DESIGNERS WEEK. tv』最終回まで)• (MC、『TOKYO DESIGNERS WEEK. tv』開始時 - 最終回まで)• (MC、『TOKYO DESIGN WEEK. tv -茂木健一郎の発想の種 IMAGINE-』開始時 - 2015年3月) 番組コーナー [ ]• 「クリエイターの独り言」• 「DESIGN NEWS FLASH」• 「美術館に行こう! 「THE BRAND」 など様々なコンテンツを放送していた。 関連項目 [ ]• 脚注・出典 [ ] []• 2017年12月17日時点のよりアーカイブ。 2019年8月24日閲覧。 TOKYO DESIGNERS WEEK 2019年11月6日. 2020年1月5日閲覧。 2017年3月2日閲覧。 2016年11月6日閲覧。 2017年3月2日閲覧。 2016年11月7日. 2017年1月21日閲覧。 産経ニュース 2016年11月7日. 2017年1月26日閲覧。 産経ニュース 2016年11月6日. 2017年1月26日閲覧。 産経ニュース 2016年11月8日. 2017年1月21日閲覧。 2016年12月16日. 2017年1月21日閲覧。 朝日新聞 2019年3月18日05時03分 「神宮外苑の学生作品火災、6人書類送検へ 5歳児が死亡」• 時事ドットコム. 2019年8月3日閲覧。 朝日新聞. 2020年4月30日閲覧。 朝日新聞 2013年11月1日. 2016年11月6日閲覧。 2016年9月23日. 2017年2月5日閲覧。 (による2016年11月7日のスナップショット)• (ウェブ魚拓による2016年11月14日のスナップショット。 紀行番組『大人のヨーロッパ街歩き アンコール』に差し替えられている) 外部リンク [ ]• (、2016年10月12日)• (インターネットアーカイブ、2016年11月7日) - [ ]• - チャンネル.

次の