柄本 佑 キス。 尾高(柄本佑)とケイト(吉高由里子)の身長差はどれくらい?【知らなくていいコト】

柄本佑 “キスシーン”にご近所さんが意外な反応 同級生女子からキビシイ言葉も (2020年3月2日)

柄本 佑 キス

吉高由里子、柄本佑、重岡大毅らが出演する「知らなくていいコト」が3月11日の放送で最終回を迎えた。 ケイトに振られ今は妻と子がいる身ながらケイトと再び関係を深めてしまう尾高由一郎に柄本さん。 ケイトが乃十阿の娘だと知り婚約破棄、さらにケイトの秘密を他誌に売ってしまう中春樹に重岡さん。 野中と交際していたがいまでは避けている小泉愛花に関水渚。 ケイトが所属する「週刊イースト」編集長・岩谷進に佐々木蔵之介。 正妻の息子をかばうため殺人犯として生き続ける乃十阿徹に小林薫といったキャスト。 ご注意ください。 乃十阿が息子をかばった可能性を知ったケイトは、ドイツで乃十阿の息子に会うが、幼い子供をあやすその姿を見て事件のことを言い出せず帰国。 岩谷は帰国したケイトに事件の真相についての手記を書くよう再度説得するが、ケイトは乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗する。 すると岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と特別班を編成。 30年前の事件の真相を取材、証拠を集める。 数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く。 結局ケイトは自分で記事を書くことを選択するが、上層部からストップがかかり記事はお蔵入りしてしまう…というのが今回のあらすじ。 尾高から結婚しようと言われるも、「子どもを見捨てないで欲しい。 子どもを手放さないで」と再び尾高を振るケイト。 《笠緒》.

次の

隠れイケメンだった柄本佑が2020年怒涛の勢いでランキング1位に!?吉高由里子とのキスシーンで急上昇

柄本 佑 キス

吉高由里子が主演を務める『知らなくていいコト』(日本テレビ系)が、3月11日に最終話を迎えた。 ケイト(吉高由里子)の父親がかつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹(小林薫)かもしれない。 そんな衝撃的なスクープから幕を開けた『知らなくていいコト』は、乃十阿は無実だったという真実にて幕を下ろすこととなる。 ケイト自身が書いた幻の記事を見る乃十阿。 「ケイトが思う乃十阿徹の真実」と小見出しが付けられた記事の最後を締めくくるのはこんな内容だ。 「最後まで乃十阿は真壁ケイトを娘だと認めなかった。 本妻の息子の罪を被り、学者としての将来も、人生も捨てて息子を守り。 その後、乃十阿はケイトがどんなに聞いても、ケイトを自分の子だと認めなかった。 それは、ケイトを殺人犯の子供にしたくなかったからだろう。 認めないということで、乃十阿はケイトも守ったと言える。 この世には『知らなくていいコト』がある。 乃十阿は、そう考えているに違いない」 乃十阿が守ったのはケイトではなく本妻の息子の方。 ケイトはそう思い込んでいたが、泣きながら記事を書いているうちに、乃十阿の心情へと辿りつく。 記事を読んだ乃十阿はゲラを焚き火の中へ。 それが全ての罪を被ることを決めた乃十阿の、ケイトに対する無言のメッセージでもあった。 一度は記事を書くことを拒んでいたケイトが真実と向き合うことを決めたのは、尾高(柄本佑)の後押しがあったからだ。 「命を削って真実に突き進んでいくケイトが好きなんだ。 結婚しよう」。 妻との離婚、子供のことも話し合ってきたという尾高に、ケイトは「死ぬほど好き。 全部が好き。 一緒に生きていきたい」と気持ちを伝えながら、「子供を見捨てないでほしい」と自分と同じ思いをする子供を作ること、そして尾高が親としての心を失うことが嫌だと話す。 「俺と一緒になってくれよ。 2回も俺のこと振るなよ、ケイト」。 夕陽に照らされるスタジオで、最後の口づけを交わす2人。 車中でのキス、コーヒーメーカー裏のキス、「踏みとどまろう」からの熱烈なキス……最後は別れを惜しむ切ないキスとなってしまった。 結局、ケイトにもフラれ、妻とも別れ、子供も育てることになった尾高。 「タイミングは合わないかもしれないけど、お前たちは運命の2人だと思ったんだけどなぁ」という岩谷(佐々木蔵之介)の言葉がケイトと尾高をよく表している。

次の

「知らなくていいコト」の柄本佑(えもたす)がイケメンすぎてヤバい!シーンベスト3

柄本 佑 キス

何かの事件(乃刀阿徹・ のとあとおる事件?)をきっかけに動物カメラマンに転向。 ケイトとは3年前まで恋人同士であったが、現在は妻子がいる。 なんか、雰囲気があるのよ…彼。 顔はかっこよくないんだけど…(失礼)、大人の余裕?いつも客観的視点を持って考えを話してくれるし、ケイトには、別れた後なのに優しくしてくれるし。 尾高:俺はケイトと、乃刀阿徹(のとあとおる)とのことで秘密を共有したこともあったけど、俺たちは何もないだろ?いやこうして会ってるのは罪(不倫)なのか?…まあギリギリだよな。 ケイト:まあ…でも尾高さんには妻子がいるし 尾高:家族に不満はないし、大事に思っているんだ。 …こうして会ってるのくらいは罪だとは思えない。 踏みとどまろう。 (変顔?心の葛藤を表してるんだね…尾高さん…これが地味にツボ) でも、俺の心の中にいつもケイトがいる。 …言葉にすれば踏みとどまれると思ったんだ。 もう、眠れないよ。 最近ですと「あなたの番です」がかなり話題になりました。 関連記事 「知らなくていいコト」の尾高さんの不倫、肯定派?否定派?意見をまとめました 「知らなくていいコト」第6回放送後。 「尾高さんとケイトのキス」…これは不倫ではないのか? あれだけで世間をにぎわせてる不倫、不快に思う人も少なくありませんでした。 そんな賛否両論、まとめてみました。

次の