さっちゃん の 歌 歌詞。 さっちゃんの歌

さっちゃん の歌詞が怖い…この背景は?さっちゃんの歌詞が怖いと話題になって...

さっちゃん の 歌 歌詞

サッちゃんはね、サチコっていうんだほんとはね。 童謡「さっちゃん」(正式にはサッちゃん)という歌は誰もが知っている事でしょう。 この曲は1959年に開催されたNHKラジオ「うたのおばさん」という番組の10周年記念リサイタルの際に発表された曲で、作詞は詩人・児童文学作家・小説家の阪田寛夫氏、作曲は「赤とんぼ」や「犬のおまわりさん」の作曲でおなじみの大中恩氏によるものです。 作詞をした阪田氏が言うにはこの歌は「近所に住んでいた少女サッちゃんの事を歌っている」と言い、遠くへ引っ越していくサッちゃんの事を思いつくられたそうです。 しかし、巷にはこの童謡にまつわる都市伝説が広まり 「歌詞の中には隠された暗号がある」とか 「実は怖い歌」などと恐れられているのです。 スポンサーリンク サッちゃんの歌詞が本当は怖かった! サッちゃんの都市伝説とは「本来ならば3番までの歌詞が実は4番まである」とか「さっちゃんは実は足が無い幽霊」「さっちゃんは実は病気で死んでいる」説と様々です。 中には「歌詞は10番まである」といったものまで噂されており、誰が考えたのか恐ろしい歌詞がずらずらと並んでいることもあります。 通常、正しい童謡のサッちゃんは3番までで、その歌詞は以下のとおりです。 公式に歌詞として起こされているわけではありませんが、この4番があるという噂には実際に起こった事件をもとにしたという話まであります。 その話とは、北海道室蘭市で当時14歳の少女が踏切を渡ろうとしていた時に遮断機が下りてきてしまい、急いで渡ろうとしたところ足を挫き、必死でもがいている最中に電車に轢かれてしまった…という悲惨な内容です。 ここからの事実は不明ですが、少女は亡くなるギリギリまで胴体だけで切断された下半身(足)を探していたとされ、この話を元に当時のクラスメートが数年後に童謡サッちゃんの替え歌にし、その同級生もまた亡くなったという噂です。 サッちゃん=足なし幽霊説もこの4番の噂をもとに作られたのでしょう。 さらに4番を歌うと足を奪われる・サッちゃんに呪われるという噂や、誰も知らない5番を歌うとその呪いが解けるという都市伝説まであります。 そして、4番を知った人は3時間以内に5人に伝えなければいけない…といった都市伝説もありますが、こちらはチェーンメールが一時期流行ったもので大したものではありませんね。 歌詞の意味を解釈すると…。 1番は普通の自己紹介。 2番は「バナナを半分しか食べられないの」は病気で衰弱しているから半分しか食べられなかった。 最後の3番「遠くへ行っちゃうってほんとかな」は、病気で亡くなってしまうという意味。 と、仮に本当だとするとちょっと怖い内容になってしまうのでした…。 また、童謡の作者の名前は阿川佐和子さんというタレントであり、サッちゃんのモデルは阿川佐和子さん本人ではないかと言われていましたが、本人によると 「幼馴染の "さちこ" が転園したときの思い出を書いた曲」なのだそうです。 果たして本当の意味はどうなのか、気になるところですね。

次の

本当は怖い!?童謡『さっちゃん』 は呪いの歌だった!?

さっちゃん の 歌 歌詞

概要 [ ] に開催されたNHKラジオ「」放送開始10周年記念リサイタル(主催:)にて、新曲として発表された。 阪田がで出会った一つ年上の幸子という少女が転園したときの思い出が元になっている。 このことは該当人物に配慮したため長らく公表されず、質問された際は適当にごまかしていた。 同じ団地住まいで阪田家と交流があったは長年自分がモデルであると思い込んでいた。 のちに対談で直接誤りを指摘された。 作曲者本人によって混声合唱曲および女声合唱曲に編曲され、混声版は「五つのこどものうた」におさめられている。 歌詞は阪田が「一字一句も直すところがない」と自負するほどの出来栄えであり、外国語詞やCMソングなどの改変の依頼はすべて断っている。 こぼれ話 [ ]• に阪田の通ったの幼稚園にこの歌の碑が建立され、阪田の次女が建立イベントに立ち会った。 作詞の阪田と作曲の大中はである。 2006年の試験課題曲に取り上げられた。 のが、二ツ目時代「初音家左吉」を名乗っていた時のがこの曲であった。 (1970年。 シングル。 間奏と曲の最後に語りが入っている)• (ピアノソロアルバム『fingermade』)• - アルバム『』 1979年 、シングル『』 1996年 脚注 [ ] [].

次の

「サッちゃん」は本当は怖い歌?10番まである?4番を歌うと死ぬ?

さっちゃん の 歌 歌詞

『 さっちゃん』といえば、日本人なら誰もが知っているとても有名な 童謡の1つです。 現在では、『さっちゃん』と表記されることも多くなっていますが、オリジナルの曲は『 サッちゃん』と表記するようです。 日本人の耳にはとても馴染みのある名前でもあることから、印象に残っています。 しかし、この『サッちゃん』、近年怪談として語られるようになったり、 都市伝説の一部として若い人たちには伝わっています。 童謡『サッちゃん』と、都市伝説『さっちゃん』、その関係は一体どういうものなのでしょうか。 元々はNHKのラジオ「 うたのおばさん」で発表された曲が、子ども向けの童謡として歌われて来たものです。 作者が近所にいた女の子のことを歌ったものだそうですが、とてもわかりやすく場面が想像出来る歌で、子どもの頃に音楽の授業などで一度は歌ったことがあるのではないでしょうか。 実は少女の死を歌った歌だった?! 童謡、『サッちゃん』では、歌詞が3番までしかありません。 もちろん、子どもたちが歌う歌なので単純明快、かつ長くないものであるので当然といえば当然です。 しかし、この歌詞の内容をよく見ると、 死とも受け取れる内容の歌詞になっていると、近年色々な推測が行われています。 本来は、大好きなバナナなのにまだ幼いからバナナを(お腹いっぱいで)半分しか食べられなくてかわいそう。 という意味であることは想像出来ます。 しかし、この歌詞が波紋を呼び、「 バナナを半分食べた所で喉をつまらせて亡くなった」 という意味に捉えるようになってしまいます。 とおくへいっちゃう= 死んでしまった。 という解釈になります。 要約すると、以下のようになります。 サッちゃんは幼少の頃に近所に住んでいた女の子です。 まだ、名前で呼べなくてサッちゃんと呼ぶところから未就学児程度の年齢かと思います。 バナナが大好きなサッちゃんですが、ある日大好きなバナナを半分まで食べた所で喉につまらせてそのまま亡くなってしまいました。 かわいそうなサッちゃん。 その結果、実は近所にいたサッちゃんという少女が死んでしまってそれを 悲しんだ歌になっている、とまで話は発展してしまいます。 現在の表記が『さっちゃん』であることや、オリジナルの歌の解釈を超えていることなどを考えると、童謡『サッちゃん』から都市伝説としての『さっちゃん』へと成長を遂げてしまったのです。 4番では何故か さっちゃんが事故で足を無くしてしまい、歌を歌った人のところに足を奪いに来るという恐ろしいもの。 発展した『さっちゃん』には幾つかのパターンがあります。 ・歌を歌うと足を取りに来るが、大好物のバナナを置いておくと助かる。 ・歌を歌った人は死んでいったさっちゃんの呪いにかかって死ぬ。 ・この話を聞いた人は一週間枕元にバナナの絵を置いて置かないと死ぬ。 など、回避する方法などが語られています。 また、携帯電話が出始めた時期に流行ったチェーンメールでも類似した内容のものが有りました。 と言うもの。 このことから、都市伝説の『さっちゃん』は2000年代はじめから急激に語られ始めた比較的新しい都市伝説ともとれます。 まとめ 童謡『サッちゃん』には怖いことなど1つもありません。 しかし、近年語られている『さっちゃん』とは、一部が都市伝説化してしまった童謡『サッちゃん』の成れの果てとも言えます。 現代の情報化社会により、口頭でなくても簡単に事を伝える事が出来るため、形を変えて利用されて伝わってしまったことによりいつの間にか 恐怖の対象になってしまいました。 歌にもある通り、1番かわいそうなのはサッちゃん本人なのです。 スポンサーリンク.

次の