バカラ 勝ち 方。 バカラの勝ち方!オンラインカジノで勝てない時に使える必勝法18選!|サルカジ+

【勝率120%UP!】バカラのルールと勝てる攻略法・必勝法を徹底解説

バカラ 勝ち 方

Casimo(カジモ)コンテンツ• 「PLAYER」,「BANKER」,「TIE」それぞれの確率は? それではプレイヤー、バンカー、タイどれに賭けるのが1番有利なのか、確率を検証していきましょう。 基本的にバカラは52枚のトランプカードを1Deckとし、8Deckもしくは6Deckを使用します。 半分使い切ると新しいデック(416枚)が補充されます。 今回は計算しやすいように8Deck使用した時の確率を求めていきましょう。 まずは、プレイヤーに配られる最初のトランプのパターンを求めます。 これらの計算には時間がかかるので、結果だけ表にまとめました。 (小数点第三位以下は切り捨て) 勝ち 負け 引き分け 合計 ナチュラルで決まる確率 16. 7で決まる確率 0. プレイヤー(PLAYER)が勝つ確率:約44. 62%• バンカー(BANKER)が勝つ確率:約45. 86%• タイ (TIE)になる確率:9. 52% この確率を元に考えると正直言って、プレイヤーもバンカーも勝率はあまり変わらないですね。 バンカーの方が勝ちやすいというのは全くのでまかせであったことがわかります。 コミッションとは簡単にいうと胴元の取り分(手数料)のことです。 バカラの配当を元に簡単に解説していきます。 【バカラの配当】 ・プレイヤー(PLAYER) :2倍 ・バンカー(BANKER):1. 95倍 ・タイ (TIE):9倍(カジノによって変動) バカラの配当を見みると、バンカーに賭けてもらえる配当は、プレイヤーに賭けてもらえる配当よりも少ないことがわかります。 この差額のことをコミッションといい、 バンカーに賭けて勝つたびに必ずあなたの配当金から引かれているのです。 これを考えるとどうでしょう? 必ずしもバンカーに賭けた方が有利というのは言い切れなくなりました。 バカラのハウスエッジを理解する それではハウスエッジについてご説明していきます。 このハウスエッジを理解するだけで どのギャンブルが勝ちやすいのか、稼ぎやすいのかわかるようになります。 ハウスエッジとはギャンブルを運営していく上で胴元が受け取っている取り分のことです。 どういう意味か?ギャンブルを運営していくためには利益を出す必要があります。 つまり、ギャンブルの参加者全員が得をすると運営側は利益が出ないため赤字です。 そこで運営側はハウスエッジ(胴元の取り分)というものを設けて全体の賭け金から徴収しているのです。 例えば、50%のハウスエッジのギャンブルがあったとします。 そのギャンブルの売上が100万円だった場合、ギャンブルの参加者は総額で200万円の賭けをしているということになります。 そして、残りの100万円をギャンブル参加者で分け合っているのです。 なんとなくハウスエッジについて分かったでしょうか? ハウスエッジが少ない方が胴元の取り分が少なく、ギャンブル参加者で分けあえる総額は高くなります。 それでは本題のバカラのハウスエッジについて見ていきましょう。 ハウスエッジの計算方法 バカラのプレイヤーに賭けた時のハウスエッジについて求めていきます。 以下がハウスエッジの計算式です。 (引き分けの場合は賭け金が戻ってくるので期待値の中に含めて計算します。 76% 期待値は98. つまり、100円賭けたら期待値的には98. 76円得するということです。 次にプレイヤーに賭けた時のハウスエッジについて求めていきましょう。 今回はわかりやすく賭け金を100円とします。 プレイヤーに賭けた時のハウスエッジ=(100 - 98. 24% これでプレイヤーのハウスエッジは1. 具体例を出すと、バカラ(プレイヤー)の売上が100万円だったとするとバカラ参加者は総額で約8000万円賭けていたことになります。 残りの7900万円を全員で分け合っているんです。 ちなみに一般的なギャンブルのハウスエッジは、 パチンコが7~10%、競馬が20%~25%、宝くじが50%以上です。 どれだけバカラが夢のあるゲームか分ったのではないでしょうか? 最後にバンカーとタイのハウスエッジです。 計算方法は同じですので省略します。 ・バンカー(BANKER)のハウスエッジ:1. 06% ・タイ (TIE)のハウスエッジ:14. 36% ようやく3つのハウスエッジが出揃いましたが、 プレイヤーとバンカーにそこまでの差がないことがわかります。 タイは14. 確率から考えるバカラの基本戦略 バカラの確率とハウスエッジについて理解できたところで基本戦略について説明していきます。 基本戦略を覚えるだけで勝率や大負けの確率が減ってくるので、必ず覚えるようにしましょう! 「ギャンブルの波」を理解する バカラの確率を理解し「結局プレイヤーとバンカーどちらにかければいいの?」と疑問に思った方もいるでしょう。 実際にところ勝率は五分五分で、どちらに賭けてもあまり結果は変わらないというのが真実です。 しかし、 バカラにはプレイヤーが連勝したり、バンカーが連勝したりする「ギャンブルの波」という現象が起こることは少なくありません。 ギャンブルの波を読むことができれば、プレイヤーが勝つか、バンカーが勝つか、ある程度予測を立てることは可能です。 下記罫線をご覧ください。 なぜこのような現象が起こるかというと、バカラは配られるカードの順番に影響を受けやすいからです。 どういうことか?冒頭でも触れましたが、バカラは52枚のカードを8Deck使用します。 そして使用したカードは2度と使われることはありません。 その時ギャンブルの波は発生するのです。 これを利用して、 今プレイヤーが勝ちやすい状況なのか、バンカーが勝ちやすい状況なのか、予測していくとバカラでの勝率がグンと上がります。 大抵の人が連勝が続いたり、負けを取り戻そうとして「もうひとゲームだけ.. 」と無駄にゲームをこなすと痛い目をみます。 なぜこのような現象が起きるかというと、 「大数の法則」が関係しているからです。 対数の法則とは 賭け事や物事は回数が増えれば増えるほど、勝ち負けの確率に収束していくということです。 下記の図をご覧ください。 これは、コイン投げて表が何回でるのか計算したグラフです。 ではバカラではどうでしょう? プレイヤーの場合は勝率が44. 62%ですので、プレイヤーに賭け続けると、当然その勝率に近づいていきます。 つまり同じゲームに賭け続けることは、 負け越す確率が高くなることを意味しています。 このことから、 自分の中で目標利益を設定し、達成したらゲームを降りるということが重要になってくるのです。 まとめ〜確率を考えながらバカラで遊ぼう〜 いかがでしたか? なんとなくバカラの勝率の上げ方についてご理解いただけたと思います。 今回紹介した「 ギャンブルの波」や「 大数の法則」は バカラにかかわらず色々なギャンブルに応用が利くので必ず覚えるようにしてください。 しっかり理解できたら次は罫線の見方について理解するようにしてください。 さらに勝率が上がること間違いなしです。

次の

バカラの勝ち方!オンラインカジノで勝てない時に使える必勝法18選!|サルカジ+

バカラ 勝ち 方

「バカラで勝ちたい!勝率を上げるための攻略法ってあるの?」 バカラはギャンブルゲームの中でも古い歴史を持っているゲームです。 昔から親しまれてきたゲームだからこそ、いろんな方によって勝つための攻略法がいくつも生み出されています。 バカラの攻略法には大きく次の3タイプがあり、• 負けた時に使う攻略法• 勝った時に使う攻略法• その他の攻略法 バカラで勝率や儲けを上げていくためには、これらの攻略法を勝負によって使い分けて行くことが大切です。 この記事では、バカラで勝つための3タイプの攻略法をご紹介していきます。 バカラは控除率(ハウスエッジ:手数料)が他のゲームと比べて少ないため、他のゲームよりも勝つ可能性が高いゲームです。 攻略法をうまく使い分けて勝率を上げていきましょう。 負けた時に使う6つのバカラ攻略法 まずはゲームに負けてしまった時に使う攻略法を6つご紹介します。 マーチンゲール法 マーチンゲール法は、ゲームに勝つまでひたすら賭け金を2倍にして賭けていく戦略です。 この攻略法を使うことで、負け続けていた損失額を、一度の勝ちで取り戻すことが可能になります。 ゲームに負けてしまった場合に使ってみてください。 連敗続きで膨れ上がった損失を1度の勝ちで全て取り戻すことができる マーチンゲール法 リスクと解決策 一度の勝ちで全ての損失額を取り戻せると言っても、マーチンゲール法では負けるたびに倍賭けを繰り返していくため、連敗が続いてしまうと賭け金が一気に膨れ上がります。 賭け金が膨れ上がると、各テーブルに設定されているテーブルリミットに到達してしまい、それ以上倍賭けをすることができなくなってしまいます。 マーチンゲール法 連敗する確率 このように、仮に1ドルから始めた賭けでも、連敗を繰り返すと一気に賭け金が跳ね上がってしまいます。 10回連続で負ける確率は1024分の1なので、そう何度も10連敗することはありませんが、各ゲームの勝率は2分の1(50%)であることを頭に入れておいてください。 (バカラ1ゲームの勝率は基本的に2分の1) マーチンゲール法を使用する場合は、連敗する確率を頭に入れながら、連敗の回数(賭け金の上限)を自分で決めて使用すると良いでしょう。 また、初めからゲームに参加するのではなく、連敗する確率を考えた上で、賭け金を賭けずにゲームの流れを見ていき、タイミング良くベットしていくと良いでしょう。 (例:1. 3ゲーム目は様子見、4ゲーム目から賭け金を賭けてゲームに参加) マーチンゲール法をうまく使う5つのポイント• テーブルリミットや賭け金の増幅を考え、最初の賭け金は少なく設定する• 予め遊ぶテーブルリミットを確認しておく• テーブルリミットの上限が高いテーブルで遊ぶ• 連敗の回数(賭け金の上限)を決めておく• 連敗の確率と現在連敗している回数を見てタイミングよく攻略法を使う マーチンゲール法の詳細は次のページを参考にしてみてください。 ココモ法 ココモ法は、ゲームに勝つまで前回と前々回の賭け金を合計した金額を賭けていく戦略です。 この攻略法は負ければ負けるほど、勝った時の利益が大きくなっていきます。 ゲームに負けてしまった場合に使ってください。 ココモ法の流れ(使用例) ココモ法 連敗時の損失額 負ければ負けるほど勝った時の利益が高くなるココモ法ですが、連敗が続くほど賭け金も大きくなっていきます。 使用する場合は連敗する確率を頭に入れ、連敗の回数(賭け金の上限)を自分の中で決めて使うようにしていくと良いでしょう。 ココモ法をうまく使う3つのポイント• 最初に賭ける金額は小さめの金額に設定• テーブルに設定されているリミット額を確認し、テーブルリミットが高い台で使用する• 連敗の回数(賭け金の上限)を決めておく ココモ法の詳細は次のページを参考にしてみてください。 モンテカルロ法 モンテカルロ法は、数字や数列を使った戦略です。 毎回ゲームの賭け金が異なります。 この攻略法は連敗が続いたとしても、賭け金が急激に増えることはありませんので、比較的にリスクの少ない攻略法です。 ゲームに負けた場合に使ってください。 3の数列をはじめに記入(メモ帳などに) 【ゲームの賭け金】記録の左端と右端の数値を合計した金額 【ゲームに負けた場合】記録した数列の右端に賭けた金額を記録 【ゲームに勝った場合】記録した数列の両端を1つずつ消していく(勝率が3分の1あるゲームに対しては2つずつ消していく) 【攻略法の止め時】記録した数字が全て無くなった時、または1つのみとなった時(この時点で利益は確定となります。 ) モンテカルロ法のメリット• 賭け金の増減が緩やかなので連敗が続いても大きく負けることはない• 数列が全て無くなった時、もしくは1つのみとなった時、利益は確定される モンテカルロ法 リスクと解決策 通常、モンテカルロ法は勝率3分の1の確率で当たる賭けに対して有効な攻略法です。 バカラの勝率は2分の1なので、モンテカルロ法を使用する場合は、ゲームに勝った場合に両端を2つずつ消していくのではなく、1つずつ消していくようにしましょう。 モンテカルロ法をうまく使うポイント• ゲームの勝敗によって毎回賭ける金額が異なってくる攻略法なので、最初はメモ帳などに記録しながら行っていく モンテカルロ法の詳細は次のページを参考にしてみてください。 ウィナーズ投資法 ウィナーズ投資法は、数字や数列を使った戦略内容です。 毎回ゲームの賭け金が異なります。 この投資法は賭け金が急激に増えることはないため、比較的にリスクの少ない攻略法です。 ゲームに負けた場合に使ってください。 この場合は、無理にウィナーズ投資法を続けず、他の攻略法を使ったりして、うまく回避していきましょう。 ウィナーズ投資法をうまく使う2つのポイント• 勝ち負けが交互となる勝負の場合、深追いせずに一度ゲームを切り上げて再スタートする• 慣れるまではメモ帳などに勝負を記録して行きながら攻略法を使う ウィナーズ法の詳細は次のページを参考にしてみてください。 グランマーチンゲール法 グランマーチンゲール法は、ゲームに勝つまで賭け金を2倍にした金額に、最初の賭け金を上乗せして賭けていく戦略です。 この攻略法を使うと、負け続けていた損失額を一度の勝ちで取り戻すことができる上、さらに利益を出すことができます。 ゲームに負けた時に使ってください。 グランマーチンゲール法の流れ(使用例) グランマーチンゲール法 連敗時の損失額 グランマーチンゲール法は、マーチンゲール法の2倍賭けに加え、最初の賭け金も上乗せしていく攻略法になるため、マーチンゲール法よりも賭け金の増大が激しくなります。 使用する場合は、連敗する確率と照らし合わせながら賭け金を賭けて行くのではなく、ある程度そのテーブルでの勝負の流れを見定めてから、連敗の回数(賭け金の上限)を自分の中で決めて使用すると良いでしょう。 (例:1,2,3ゲーム目は傍観し、4ゲーム目に賭け金をベットしていく) グランマーチンゲール法をうまく使う4つのポイント• 倍賭けのリスクを抑えるため最初の賭け金は小さく設定しておく• テーブルに設定されているリミット額を確認し、できる限り限度額の大きいテーブルを使用する• 連敗の回数(賭け金の上限)を決めておく• 最初からゲームに賭け金をベットするのではなく、様子を見てゲームに参加する グランマーチンゲール法の詳細は次のページを参考にしてみてください。 3倍マーチンゲール法 3倍マーチンゲール法は、ゲームに勝つまで賭け金を3倍にして賭けていく戦略です。 この攻略法を使用すると、負け続けていた損失額を一度の勝ちで取り戻すことができ、なおかつ利益を得ることができます。 ゲームに負けてしまった場合に使ってください。 3倍マーチンゲール法の流れ(使用例) 3倍マーチンゲール法の応用 ポイントは、3倍マーチンゲール法を取り入れる時期を少しずらしていくことです。 負けた場合に初めから3倍賭けをするのではなく、3度目の負けの時点から3倍賭けをしていくと良いです。 つまり、4回目から賭け金が3倍になっていくということになります。 連敗する確率を上手く利用して、賭け金が増大する前に負け額を取り戻し、利益を得るという進め方です。 3倍マーチンゲール法をうまく使う5つのポイント• テーブルリミットや賭け金の増大を考え、投資法を使用するタイミングをずらす(例:3度目の負けから使用)• 連敗が続くと賭け金の増大が激しいので、最初の賭け金は少なめに設定しておく• 予め遊ぶテーブルのリミット額を確認しておく• テーブルリミットの上限額が高いテーブルで遊ぶ• 連敗の回数(賭け金の上限)を決めておく 3倍マーチンゲール法の詳細は次のページを参考にしてみてください。 勝った時に使う6つのバカラ攻略法 次は勝った時に使う攻略法を6つご紹介します。 パーレー法(逆マーチンゲール法) パーレー法(逆マーチンゲール法)は、ゲームに勝つたびに賭け金を2倍にして賭けていく戦略です。 連勝することで大きな利益を得ることができる攻略法です。 ゲームに勝った場合に使ってください。 パーレー法(逆マーチンゲール法)の流れ(使用例) パーレー法(逆マーチンゲール法) 連勝後の負け 連勝することで大きな利益を得ることができるパーレー法ですが、1度負けてしまうとそれまでの利益が全て失われてしまいます。 この攻略法で儲けるためのポイントは「連勝時に攻略法を止めること」です。 儲けた利益を失わないためにも、「何連勝したら一度切り上げる」など、あらかじめ決めておくと良いでしょう。 パーレー法(逆マーチンゲール法)をうまく使う3つのポイント• ゲームを始める前に目標金額(利益達成額)を決めておく• 連勝の回数(引き際)を決めておく• 負けて全ての利益を失う前に、目標金額が達成出来たら攻略法を切り上げる パーレー法の詳細は次のページを参考にしてみてください。 連勝すればするほど、利益を出すことができます。 ゲームに勝った場合に使ってください。 グランパーレー法の流れ(使用例) グランパーレー法 勝ち負けが交互となった場合 連勝に強いグランパーレー法ですが、このように勝ち負けが交互となってしまう勝負の流れの場合は利益を出すことができません。 勝ち負けが交互になるような勝負の場合は、一度攻略法を止めて賭け金を賭けずに、その後のゲームの流れを見ていきましょう。 流れが変わるようでしたら、その時に攻略法を1から使用して行きましょう。 グランパーレー法をうまく使う4つのポイント• 目標金額(利益達成額)を決めてからゲームを行う• 連勝の回数を決めておく• リスクを抑えるなら3連勝1サイクル• 勝ち負けが交互になる勝負では一度攻略法を切り上げて、再度流れを確認しながら攻略法を使用する グランパーレー法の詳細は次のページを参考にしてみてください。 グッドマン1235法 グッドマン法(1235法)は、「1235」の順に賭けていく戦略内容となります。 連敗が続いても大きく負けることはなく、負けても利益を残せる攻略法です。 ゲームに勝った時に使ってください。 グッドマン1235法の流れ(使用例) グッドマン1235法 勝ち負けが交互となった場合 連勝の流れをつかめば負けても利益を残すことができるグッドマン法ですが、このように勝ち負けが交互となってしまう流れの場合は効果を発揮することができません。 早めに攻略法を切り上げて一度リセットすると良いでしょう。 グッドマン1235法をうまく使うポイント• 勝ち負けが交互の勝負の場合、深追いせずに一度ゲームを切り上げて攻略法を再スタートさせる グッドマン1235法の詳細は次のページを参考にしてみてください。 バーネット1326法 バーネット法(1326法)は、「1326」の順に賭けていく戦略内容となります。 連敗が続いても大きく負けることはなく、ゲームに負けた直後でも利益を残すことのできる攻略法です。 ゲームに勝った時に使ってください。 バーネット1326法の流れ(使用例) バーネット1326法 勝ち負けが交互となった場合 バーネット1326法は、このように勝ち負けが交互となってしまった場合、損失額が地味に加算されていきバーネット法の効果を発揮することができません。 このような流れの時は、早めに攻略法を切り上げて一度リセットするようにしましょう。 バーネット1326法をうまく使うポイント• 勝ち負けが交互となるゲーム結果が続く場合は、一度切り上げて再度攻略法をスタートさせる バーネット1326法の詳細は次のページを参考にしてみてください。 イーストコーストプログレッション法 イーストコーストプログレッション法は、儲けの一部をプールし、得た利益を残していく戦略です。 連敗時の損害を少なくし、連勝時の利益を大きく出すことができます。 ゲームに勝っている時に使ってください。 利益の増え方は少ないが、連勝時に負けたときでも利益を残せる イーストコーストプログレッション法をうまく使うポイント• 長時間かけてコツコツ稼ぎたいときに使用 イーストコーストプログレッション法の詳細は次のページを参考にしてみてください。 オスカーズグラインド法 ゲームに勝った時に賭け金を1単位増やしていく戦略内容となります。 大負けすることはなく、着実に稼ぐことに向いている攻略法となります。 ゲームに勝った時に使ってください。 長期戦になっても資金の増減が緩やか オスカーズグラインド法をうまく使うポイント• その他6つのバカラ攻略法 ハーフストップ法 儲けた利益の半分を賭け金として使用する戦略です。 出た利益を半分使用して、残りの半分は残す攻略法となるため、利益を全て失うことがありません。 利益が出た時に使ってください。 利益の半分は確実に確保できる• ギャンブルゲームに必須な「止め時のタイミング」を教えてくれる ハーフストップ法をうまく使うポイント• 利益の半分を全て失って攻略法を終了するのではなく、ある程度利益が出た時点で一度仕切り直しをする ハーフストップ法の詳細は次のページを参考にしてみてください。 ピラミッド法(ダランベール法) ピラミッド法(ダランベール法)は、ゲームに負けた場合に賭け金を1単位増やしていき、ゲームに勝った時に賭け金を1単位減らしていく戦略です。 連敗をしてしまうと、負け額を取り戻しながら利益を得るのに時間がかかってしまいますが、大きく負けることはないので比較的にリスクの低い攻略法となります。 この攻略法はどの賭けでも使用可能です。 ピラミッド法(ダランベール法)の流れ(使用例) ピラミッド法(ダランベール法) 最初で連敗が続いてしまった場合 ピラミッド法(ダランベール法)は、負けた時に金額を減らしていく攻略法です。 最初で連敗が続いてしまうと、それ以上減らす数字が無くなってしまいますので、1単位(表の場合1ドル)をずっと賭けていくことになりますが、そうなると最終的に損失となってしまうので注意が必要です。 このような勝負の流れの場合は、一度攻略法をストップさせ、賭け金を賭けずにゲームの進行状況を見ていき、流れが変わるようなら攻略法を再スタートさせると良いでしょう。 ピラミッド法(ダランベール法)をうまく使うポイント• ゲームを始めた時に連敗が続くようなら一度仕切り直しをする• 短期戦ではなく、長期戦でコツコツ稼ぎたい場合に使用 ピラミッド法(ダランベール法)の詳細は次のページを参考にしてみてください。 10ユニット法 10ユニット法は数字や数列を使った戦略内容で、毎回ゲームの賭け金が異なります。 賭け金が急激に増えることはありませんので、連敗が続いたとしても賭け金は増幅せず、比較的にリスクの少ない戦略となります。 ゲームに負けた場合に使ってください。 負けた場合、負けた分のユニット数をリミットに追加。 【賭け金】ユニット数列の左端と右端の数字を合計したユニット数をベット(1ユニットの単価が1ドルの場合、数列「11111」の2ユニット分の金額2ドルを賭ける) 【ゲームに負けた場合】ユニットの数列の右端に使った賭け金(ユニット数)の数字を記入 【ゲームに勝った場合】ユニットの数列の左端と右端をそれぞれ1つずつ消す 10ユニット法のメリット• しかしこの場合、リミット数が5ユニットしかありませんので、左端の数字のユニット数ですら用意できません。 このような状況の場合は、全てのリミット分のユニット数を賭けてゲームを行いましょう。 (5ユニット) 勝った場合は賭けたユニット数を左端に追加していき、負けた場合はゲームセットとなります。 10ユニット法をうまく使うポイント• ゲームの勝敗によって毎回賭ける金額が異なってくる攻略法なので、最初はメモ帳などに記録しながら行っていく 10ユニット法の詳細は次のページを参考にしてみてください。 10%投資法 10%投資法は、手持ち資金の10%を賭けていく戦略で、連敗が続いても大きく負けることが無い、リスクの少ない攻略法です。 10%投資法の流れ(使用例) 10%投資法 連敗後の連勝 このように最初に連敗が続いてしまうと、利益を出すどころか最初の資金に戻すのが困難となります。 10%投資法をうまく使うポイント• 10パーセントを計算する場合は小数点以下は切り下げ。 10=8. 1の「8」となる) 10%投資法の詳細は次のページを参考にしてみてください。 セルフハイエナ法 セルフハイエナ法は、自分で決めた独自のルールの条件が揃ったときにベットする戦略です。 ゲームの特徴に合わせて自由にルールを決めてゲームをプレイすることができます。 連勝しなかった場合、取り戻す方法がないのであまりおすすめしません。 31システム投資法の詳細は次のページを参考にしてみてください。 バカラで勝てるオンラインカジノ バカラで勝てるおすすめのオンラインカジノを3つご紹介します。 攻略テクを活用して夢の大勝ちしていきましょう!.

次の

【バカラ必勝法】勝率が120%上がる罫線の見方と種類

バカラ 勝ち 方

どうもkomeです。 今回は、カジノの中でも圧倒的な人気を誇るバカラについて記事を更新していきたいと思います。 カジノやオンラインカジノの中でも圧倒的な人気を誇るバカラですが、 お金持ちの方々はこのシンプルなバカラに何故あんなにも魅了されるのでしょうか? やはり考えられる理由としては、1回の勝負が早く終わる(テンポが良い)という事で一瞬で大きな金額を稼げてしまう事もバカラの人気の1つではないでしょうか? バカラで勝てない人の特徴! カジノで不動の人気を誇っているバカラですが、バカラで負けてる人というとかなり多くの人が該当しそうです。 なぜ負けてる人は負けてるのか 私の経験をもとにじっくり解説していきたいと思います。 資金管理の問題 まず最初に思う大きな原因がバカラで勝負する時の 資金管理の問題ではないかと思います。 バカラで負けてる人全員に意見を聞く事は不可能なんですが、多くの方が資金管理の面で 大きなミスを犯してると思います。 私も最初、バカラで勝つ事が出来なかった時は資金管理の面でかなりヤバいレートで勝負をしていました。 資金とレートの関係性は、バカラで勝つ上でかなり重要です。 この部分を改善するだけでも、 バカラで勝てなかった方が勝つ事が出来る可能性は大きく上がると思います。 資金とベットレートのバランス 実際にバカラで勝負する時の資金とベットレートのバランスについて紹介したいと思います。 色んなサイトでは、資金管理が重要という事は書かれてる事はあると思うんですが、実際にはどのくらいのバランスが良いのか詳しく解説してるサイトはほとんど見た事がありません そのため、 私がやってる生データを公開したいと思います。 資金 レート 勝ち逃げ金額 損切り 30,000 100~300 1,500~3000 5,000 50,000 300~500 2,500~4500 8,000 100,000 500~1000 5,000~7500 10,000 200,000 1000~1500 10,000~15000 20,000 上記の数値を目安に実践しています。 この数値通りにやれという事ではありません! 実際に私も実践中のデータでは、この数値と変わる部分もあります。 しかし、レートの部分は ほとんどデータ通りに行っています。 変えてる部分としては、勝ち逃げの部分と損切りの部分です。 この辺はその日の調子によって多少変更してる日もあります。 損切りポイントや勝ち逃げポイントはもう少し安全に行っても良いと思います。 負ける日は何やっても負けるしね💦 勝ち逃げ損切りの問題 勝ち逃げポイントと損切りポイントをしっかりと設定出来ていないのもバカラで勝てない大きな原因の1つだと思います。 ちなみに勝ち逃げと損切りというのはバカラだけではなく、ギャンブル全般で非常に重要な事です。 この辺をしっかりと設定しておかないとほぼ確実に勝つ事が出来ません。 毎日少しずつの利益でも安定して取れるようになればかなりの金額を勝つ事も出来ます。 最初のうちは資金が少ないので、勝てる金額も少ないですが 複利運用する事で実践時間は同じでも勝てる金額はかなり大きくなります。 はじめの資金は3万円や5万円で始める方が多いと思いますが、しっかりと自分でルールを作って実践する事ができれば50万円や100万円の資金に増やす事も夢ではありません。 風俗何回いけんだよ!! そうなれば今までと同じ実践時間でも、勝てる金額が1回で3~5万円勝つ事も難しい事ではありません。 流れに身を任せる ギャンブルで非常に重要な事は 流れに逆らわない!という事です。 バカラではプレイヤーとバンカーのどちらかにベットする事になりますが、タイは省いて説明させて頂きます。 そのため、どちらか2択にベットするだけの非常なシンプルなゲームです。 しかし、 プレイヤーやバンカーの片方に偏る時があります。 上図のように 青い丸が8個連続で並んでる部分が分かりますか? これはプレイヤーが8回連続で出現してるという事になります。 続く時はもっと続く事もあります。 このような時に「そろそろ連続で来るのも終わるかな」という事で逆張りをしてずっと追ってしまうとかなりの金額を負けてしまう事があります。 ここで逆張りのマーチンする人いるけど、それマジでやばいかんな! 逆張りは全然良いのですが、回数を決めて自分の決めた回数で勝つ事が出来なければ、 しっかりと損切りをするという事を意識して下さい。 この時に回数を決めずにズルズルとやってしまうと、資金をショートさせてしまいます。 そのため、このような時は ベットしない、もしくは流れに乗る方が良いと思います。 私は何度もこのような状況で逆張りで追い続け、資金をショートさせてしまった事があります。 連続で続いた時の逆張りは非常に注意が必要なのです。 勝ちたいのであれば、逆張りより ツラ取りの方が絶対に有効です。 ツラ取りに関しては下の記事で詳しく解説していますのでご覧くださいネ。 実践時間の長さ 実践時間の長さも バカラで勝つ事に大きく関係してくると思います。 何を言いたいかというと、 バカラの実践時間が長くなり過ぎると負ける可能性が高いと言えます。 これは私の場合のデータですが、多く勝ちたいからと言って1回の実践時間を1時間以上にしてしまうと負ける可能性が高くなっています。 熱くなる可能性が高い バカラに限らずギャンブルで1回の実践時間が長くなってしまうと、最初は冷静な判断が出来ていても時間が経過する事にどこなのタイミングで熱くなってしまう事があります。 そのため、1回あたりの実践時間は出来るだけ少ないほうが負ける確率は下がると思っています。 これは私のデータですが、1時間以上実践する場合と1時間以下の実践の場合では、 勝率が1時間以下の実践の方が圧倒的に高いです。 そのため、私はバカラなどの実践をする際出来るだけ少ない時間で勝ち逃げするかという事を意識してやっています。 もし長い時間実践していて上手く勝ち逃げ出来ていない方は、今よりも実践時間を短くする事をオススメします。 一度やってみるだけで大きく勝率が変わるかもしれませんよ。 バカラで勝ってる人の戦略 逆にバカラで勝ってる人の戦略や特徴についてお話します。 ギャンブルには、確率論など色んな攻略法が存在します。 しかし、ほとんどの攻略法を使ったとしても完全にギャンブルを攻略する事は難しいと思います。 この方法を使う事で誰でも確実に勝つ事が出来る法則というのは、今だ発見されていません。 まぁそのような手法が世の中に転がっていたら今頃カジノなどは全て潰れていますしね。 攻略法は優秀ですが、攻略法や資金管理だけでは攻略出来ないのがバカラの難しい部分です。 攻略法を用いながらどのような部分で勝っていくのか?という事なんですが間違いなく流れだと思います。 勝負しすぎない事も重要 バカラで勝っている人がどのような事を意識するかと言いますと、 どんな時でも勝負するのは危険ということです。 そこに必要となってくるのが 流れとか過去の経験などによるものだと思います。 この事を完全にオカルトと言う人が多いと思いますが、毎回ベットするのと自分の得意な形の時にベットするのとでは勝率が変わってきます。 これを偶然という人もいるでしょうが実際に現在プラス収支で行けてるので今のやり方が間違ってるとは思いません。 時間をおく事も重要 損切り設定してる時にロスカットを食らう場合も十分に考えられます。 しかし、ロスカットを食らって一気にマイナスが膨れ上がったとしても、1回の勝負にこだわらず自分の精神面が安定するまで勝負しないというのもかなり重要なポイントです。 バカラで勝つ事が出来てる人はいかに 精神状態が普通の時に勝負出来るかを重要視しています。 不安な時や焦ってる時に勝負をしても何も良い事がありませんからね。 仮に大きな損失を引いたとしても焦らず自分の中のルールをしっかりと再確認し、実践する事で収支も安定してくるものなのです。 資金管理ツールを使う バカラで勝つ人は資金マネージメントが非常に上手です。 しかし、いきなり資金管理がうまくなることなどありえません。 資金管理が上手な人はそれなりの経験を積んでいる人ばかりです。 その資金管理能力をどのようにあげていけばよいか?と言えば手っ取り早いのが 『資金管理ツール』を使用することです。 今なら無料でバカラ専用の資金管理ツールを使う事ができます。 詳しくは下の記事をご覧くださいネ。

次の