ギガ ファイル 便 流出。 無料 パソコン超入門書の本 できる、やさしい、かんたん漫画&動画 講座

GIGAファイル便の使い方(送信編)

ギガ ファイル 便 流出

Contents• Discord を利用してファイルの送受信を行う方法 Discord でファイルを送信するには、送信したいチャンネルを選んだ状態でチャット欄左側にあるプラスアイコンを押し、ファイルを選択するだけだ。 このアイコンをクリックするとファイルを選択するウインドウが表示されるはずだ。 ファイルを選択すると Discord 画面上でのファイル送信確認ダイアログが表示される。 コメントは任意でつけることができる。 このダイアログで「Upload」を選択するとファイルがチャンネルに送信される。 ファイルの送信に成功するとこのような画面となる。 ファイル名もしくは右側のダウンロードアイコンをクリックするとダウンロードできる。 画像に関してはその場で表示されるのでダウンロードする必要も無いだろう。 画像をダウンロードしたいのであれば画像上で右クリックすると「リンクを開く」という項目があり、選択すると Web ブラウザで開く。 Web ブラウザで開いた画像を右クリックすれば保存できる。 もしくは、単にファイルをエクスプローラーや Finder からテキスト欄にドラッグ・アンド・ドロップするだけでも良い。 こちらのほうがより手軽だ。 Discord で送信したファイルを削除する方法 間違えてファイルを送信してしまった場合には削除しよう。 削除方法はメッセージの削除と同様にテキストを右クリックして「Delete Message」を選択しよう。 そうすると以下のように削除確認画面が表示される。 本当に削除して良いなら「Delete」ボタンを押して削除しよう。 これで OK だ。 Skype などと違い削除した事すら表示されない。 当然、既にダウンロードされてしまったファイルまではどうしょうもない。 操作ミスや間違いには気をつけよう。 Discord で大容量のファイルを送信する方法 Discord では最大 8MB までのファイルしか送信できず、ソレ以上のファイルを送信するためには有料会員である Nitro を登録しなければならない。 Nitro を利用しても最大 50MB までなので正直な所ファイルの送受信に向いたプラットフォームではない。 あくまでチャットのおまけとして考えたほうが良いだろう。 巨大なファイルの送受信を行うのであれば宅ふぁいる便のような Web サービスを利用すると良い と言おうとしたのだが個人情報を大量に流出させてしまった。 代わりとなるファイル転送サービスとなると例えば「ギガファイル便」とかある。 他にも無料サービスはいろいろあるので賢く使おう。

次の

宅ふぁいる便の代わり(代替)はどれ?無料サービスの速さと安全を比較

ギガ ファイル 便 流出

パソコンで作業をしていたり、趣味であったり仕事をしていたりすると、たくさんのファイルを送りたい場面って意外に多くあります。 ・旅の思い出写真全部を、参加者全員に送りたい ・わが子の成長記録動画を、遠くに住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんへ ・商品写真と解説資料を、Webサイト制作会社へ しかしメール添付量には制限があるし、この時だけのためにFTPサーバを用意するのは手間だし、費用もかかるし。 そんな時に使えるのが、今回ご紹介する「ギガファイル便」です。 スポンサーリンク ギガファイル便とは ギガファイル便とは、大多数・大容量のファイルをまとめて転送するサービスです。 クラウド側にいったん送りたい大容量のファイルを置いて、送りたい人にその場所を知らせることで、受け取る人がそこから取ってもらう、というイメージで使用します。 クラウドに置いたファイルは、最大21日間保持されます。 1ファイル100ギガまでの、無制限です。 通常、クラウドサーバを使用する場合は、レンタルサーバ等の有料サービスを使う場合が多いですが、ギガファイル便は無料です! 会員登録なども無く、個人利用でも、商用利用でも、無料で使えるのがありがたいですね。 ギガファイル便使い方 ギガファイル便の使い方は簡単です。 まずは送信側の操作です。 1:送りたいファイルを用意します。 この時出来ればzipで圧縮して、複数のファイルを1つのファイルにまとめておいた方が、後々楽です。 2:ギガファイル便のサイトにアクセスします。 4:送りたいファイルをドラッグ&ドロップで指定します。 あっという間にアップロードされます!1ファイル毎にURLが1つづつ割り当てられます。 5:表示されたURLを受信者に通知します。 受信者はそのURLにアクセスすることで、ダウンロードが可能になります。 6:複数ファイルを1つづつアップロードした場合、受信者がまとめて1ファイルでダウンロードできるようにしたい場合は、 まとめるファイル名を指定して「まとめる」ボタンを押すと、1つのzipファイルになります。 7:アップロードした際に「削除キー」が割り当てられますので、これを必ずメモまたは画面をキャプチャしておいてください。 アップロード完了した画面を呼び出すことが2度と出来ないので、削除キーを紛失すると、3:で指定した日数まで自分で削除できなくなります。 8:送りたい人にメール等で、アップロード時に表示されたURLと、ファイルの保持期間を伝えます。 画面上から直接メールアドレスを指定してメール通知する機能も、ページ末にあります。 スポンサーリンク 次に受信側の操作です。 1:ファイルの保持期間内に、送信者から送られたURLにアクセスします。 2:ダウンロード画面が表示されますので、好きなファイルを指定してダウンロードします。 ファイルが複数ある場合は「まとめてダウンロード」と「個別ダウンロード」が可能です。 3:「いますぐWebで中身を見る」を選択すると、ブラウザ上でファイルが参照できます。 写真等はサムネイル表示されます。 ギガファイル便は遅いの? ギガファイル便に利用したいのは大容量ファイルですから、アップロードにもダウンロードにも時間がかかる可能性はあります。 それはネット回線の状態、操作するパソコンの性能等に左右されるようです。 ネット回線が混んでいると遅いと言うのは、ストリーミングやあけおめメール等で、イメージが沸くかもしれません。 またプロバイダや、間に入っているルータ等の機材によっては、大容量のファイル送信を規制している場合があります。 この場合は数ファイルに分割して送るようにすると、解消されるかもしれません。 パソコンの性能で影響するのは、主に搭載メモリ量です。 送受信したいファイルは直接ハードディスクに格納するのではなく、いったんメモリに格納する必要があるからです。 自宅のパソコンでは2時間かかったが、ネットカフェのパソコンでは15分で終了した、という方も居るようです。 スポンサーリンク ギガファイル便は危険なの? ファイル転送をメール添付等で行う時、ファイル自体の暗号化や、パスワードを後から別メールで送る、という方法があります。 しかしそもそも、送りたいファイルの拡張子によってはメールサーバが拒否したり、ダウンロードNGになる場合があります。 これは、ウイルス感染の可能性のある拡張子ファイルのダウンロードを避けるための機能が働くからです。 ギガファイル便ではexeファイル等、問題無くアップロードできます。 そしてアップロードの際に、ダウンロード用のパスワードが設定できますので、安心です。 ただし、パスワードを忘れてしまうと、二度とダウンロードが出来なくなりますので、取り扱いにはご注意ください。 アップロード前にzipでまとめる場合は、その時にも別のパスワードを設定すると、より強固なセキュリティが組めますね。 ただしパスワードを受信者に送る際は、URLとは別のメールで送ってあげてくださいね。 メールが盗聴されてURLとパスワードが入手されては、元も子もありませんので、、、 ギガファイル便の保存 ギガファイル便でアップロードできるファイルは、1ファイル100キガまでのファイルを無制限で指定できます。 また、exe等の(ウィルス対策で削除されがちな拡張子)ファイルでも取り扱い可能です。 ダウンロードする側は、ブラウザからのダウンロードとなりますので、念のためウィルス対策ソフトのスキャンはかけてください。 またiPhone,Android等のスマホやタブレットからでも、ギガファイル便は使用可能です。 指定した保持期間が過ぎると、自動的にアップロードデータは削除されるしくみになっています。 アップロード時に「削除キー」をメモするのを忘れないでください。 この「削除キー」があれば、保持期間を待たずにファイルの削除ができますが、「削除キー」を忘れた場合、再取得する手段が現時点ではありません。 ギガファイル便 受け取り 受け取り時には、指定されたURLと、場合によってはパスワードを用いて、ブラウザからダウンロードできます。 保存期限を過ぎるとダウンロードできなくなるので、注意してください。 また、ギガファイル便はブラウザを使用するので、特定のパソコンでなくても、出先のパソコン、スマホ等を使ってデータを受け取ることが出来ます。 「ブラウザが利用できる場所なら、どこでも使用可能」という事は、ファイルの取り扱いには十分注意する必要がある、という事です。 例えば、社外秘のデータをギガファイル便を利用して、自宅パソコンに取り込む、等は止めてくださいね。 またネットカフェ等、不特定多数が使用するパソコンを利用する場合は、ブラウザの履歴とダウンロードファイルを確実に削除してください。 誰がよからぬ事を考えてしまうか判りませんからね、、、そして念のため、ダウンロードしたファイルには必ず、ウィルス対策ソフトでスキャンをかけてください。 ハッカーが悪意を持ったURLに差し替えている可能性も、ないわけではありませんので。 スポンサーリンク.

次の

宅ふぁいる便の代わり(代替)はどれ?無料サービスの速さと安全を比較

ギガ ファイル 便 流出

PCとUSBに関して、PCと言っても色々、USBと言っても色々です。 本邦では2014年に発生した『ベネッセ個人情報流出事件』が一つのターニングポイント。 それ以前と以降では世の中の常識が少し変わっています。 ベネッセ個人情報流出事件 通信教育の大手企業であるベネッセコーポレーションの個人情報流出事件。 流出した顧客情報は3504万件 PCのUSBポートにメモリーではなくスマートフォンを接続してデータを持ち出したと言われています。 結果として、取締役2名の辞任。 顧客離れ。 赤字転落。 この事件以降、 ・USBの管理と言えばUSBメモリー対策という程度の認識ではダメ ・PCに管理システムを導入して制限したり監視記録をつけるべき。 管理職の怠慢を問われる。 ようになっています。 なので、PCと一言で言っても 個人がPCショップで買ってきた物に好きにソフトをインストールしたPCと 法人が従業者に割り当てているPCでは 制限や監視記録とか違っていてあたりまえになっていたりします。 ギガファイル便に関してはすでに回答が付いていますが、PC内にログを残す必要すらありません。 PCからギガファイル便へアップする時に通信回線を経由します。 その途中で記録は取れるのです。 暗号化したり圧縮したり、逆に水増ししたりして内容を解らないようにすることは出来ますが、 どこのサイトへどれだけのパケットを送ったのか その痕跡を0にはできないです。 もちろんスマホを繋いでテザリングなど、別の通信経路を経由すれば話は別ですが、 そのような経路を制限する事は、前述の管理で行う事とセットになっているのが普通です。

次の