とらのあな 委託。 とらのあなのECサイト開発を担当してくれるオタクなエンジニア募集!

サークルページ ( 委託案内:同人委託の流れ ) - COMIC ZIN -

とらのあな 委託

株式会社虎の穴 Toranoana Inc. 2012 東日本』記載のデータを基にした。 ユメノソラホールディングス株式会社 YUMENOSORA HOLDINGS Co. , Ltd. 略称 ユメノソラHD 本社所在地 一丁目8番36号 秋葉原本社事務所: 3-5-12 聖公会神田ビル 4F 設立 事業内容 グループの経営戦略策定 経営管理及び付帯業務 代表者 (代表取締役CEO) 資本金 3,000万円 主要子会社 株式会社虎の穴 株式会社 株式会社 外部リンク コミックとらのあなは、株式会社虎の穴が経営する、を中心とした関連商品などを店頭販売およびするである。 漫画同人誌以外にも商業漫画本(・単行本)、関連の映像・音楽ソフトや書籍、またそれらの関連商品などの向けグッズ等も扱っている。 通称 とらのあなもしくは とら。 概要 [ ] の店舗はジャンルではなく媒体で区別されており、当時のオタクはゲームは、は、漫画はの(コミック高岡)をはしごする必要があった。 工業高校卒業後にソフトハウスの立ち上げを目指していた吉田博高は、販売の現場を視察するためで働いていた際、複数店をはしごせずに関連する商品をワンストップで提供できる店舗があれば便利だと思ったが、ソフマップでは店の方針で置ける書籍はゲーム攻略本程度であり、秋葉原自体も単価の低い書籍を敬遠する風潮があった。 吉田は競合するコンセプトの店が無いと考え6月に独立してで創業を決意、社名は「秘密特訓場のイメージと、インディーズっぽい響き」が気に入り漫画『』に登場するプロレス秘密結社「」から名付けたという。 当初は路地裏にある(神林ビル)の3階の一室に店を構えるだったが、流通システムの都合で商業漫画はなかなか揃えることが出来ず、仲間のつてを頼って同人作家から直接買い付けたこともあるという。 秋葉原では1992年に成人向け同人誌を扱う書店が摘発されたことでリスクの高い商品と見なされており、創業当時は数少ない同人誌書店であった。 同じビルの2階に入居していた「湘南通商」「丹青通商」とはしごして同人誌やジャンク品を買い漁るマニアの姿が多く見られた。 の販売からスタートしたが、商業作品や関連グッズの取り扱い、通信販売なども手がけている。 以降はクリエイター支援プラットフォームやオンラインのグッズ委託サイトなどWebサービスを展開しており、これらを自社開発するためシステム開発部門「虎の穴ラボ」を擁している。 このほかにやなども展開している。 沿革 [ ] 6月に秋葉原で創業。 7月にとして法人化、同時に通信販売部門を新設。 以後、同人誌の委託販売にも進出し、規模を拡大していった。 (1995年以前から2号店で新刊同人誌の委託販売は行っている。 )秋葉原で多店舗展開する他、池袋・新宿など都内で足場を固めた後、3月の大阪進出を皮切りに他地方の主要都市へと店舗網を広げている。 4月に化。 には秋葉原に自社ビル(秋葉原本店、現店名: 秋葉原店B)を新築、所有した。 2007年11月22日、とらのあなダウンロードストアを開設。 2012年10月6日、3箇月間ダウンロードの無い作品の削除を開始。 2015年12月15日に閉鎖。 、物流センターおよび実務上の本社機能を相次いでの貸倉庫(日本ロジステック株式会社京葉市川センター)に移転。 関連会社の本社も同所に移った。 2011年1月31日、とらのあなダウンロードストアとは異なるデジ同人サービスとら電人を開始。 App Storeによってアプリの配信が停止され2012年5月17日終了。 に 株式会社を設立し、持株会社体制に移行した。 同時に関連会社のもツクルノモリ株式会社に商号変更・改組したほか、株式会社の全株式を取得しグループ化することで合意している。 以降はソーシャルゲーム事業参入(2015年3月で終了)やアクセサリーブランドを立ち上げるなど、様々なコンテンツを展開するようになった。 に、通信販売サイトを12年振りにリニューアルした。 2018年から東京都・千葉県・大阪府の一部店舗で・・が利用可能となる 、2019年3月時点でおよび周辺地域との一部店舗へ対応店舗を拡大し 、2020年4月15日以降はも利用可能となると同時に対応店舗を全店舗に拡大した。 店舗 [ ] 台湾・台北店 現行店舗 [ ] 人口の多い東京都()およびを中心とした都市部にのみ出店している。 政令指定都市でも、・・・・・には出店しておらず、2008年に、2009年に・、2013年にに出店するなど特別区近郊へ重点的に出店しており、一時期はだけで全店舗の約半数を占めていた。 2016年3月までにの店舗は全て閉店していたが、8月にはに、2018年には一度撤退した町田に新たな店舗を構えた。 現在はにある、、に集約させるため、店舗数は減少している。 2017年からは関東以外で出店が増加傾向にある。 都道府県 店名 開店・移転時期・備考 札幌店。 2003年11月開店 仙台店。 2007年7月14日開店 、2009年8月8日移転 店 2009年11月14日開店 千葉店。 2010年2月20日開店 店A 2002年12月現在地に移転、2009年7月25日秋葉原1号店から改称 秋葉原店B 2006年8月5日開店 、2009年7月25日秋葉原本店から改称 秋葉原店C 2013年11月1日開店。 この店舗があるビルには、とらのあなや同社の関連企業の本社事務所も入居している。 トラ ノ アナ NOMOO 2016年7月11日開店。 業態は。 本社ビル跡に開店。 秋葉原虎ビルに改称されているがビル外装は若松通商のまま。 トラ ノ アナ DOJO 2016年8月5日開店。 2017年3月30日以降無期限休業。 業態は同人誌制作スペース。 トラ ノ アナ NOMOOと同じ秋葉原虎ビル(旧:若松通商本社ビル)に入居。 とら婚 2017年2月25日開店。 業態は。 トラ ノ アナ NOMOOと同じ秋葉原虎ビル(旧:若松通商本社ビル)に入居。 とらのあな2nd 2017年12月23日開店 中古アイテム専門店。 店A 新宿2号店として2000年6月開店、2001年6月移転。 2001年10月に新宿1号店と統合し新宿店に改称。 新宿店B、新宿西口店開店に伴い、2013年8月に新宿店Aに再改称 店A 2013年4月19日開店 、2015年11月14日移転 池袋店B 1998年2月に池袋店として開店、1999年8月増床、2012年10月4日移転・大幅縮小。 2013年4月に池袋店A開店に伴い現名に改称。 2015年11月14日移転 店 2代目 2018年4月28日開店。 町田へは2回目の出店 横浜店。 2003年9月開店、2009年8月8日移転 新潟店。 2010年12月3日開店 静岡店 静岡市。 2010年10月23日開店 、2020年6月30日閉店予定。 2002年2月開店、2013年4月26日移転 店。 2010年12月3日開店。 2013年10月31日移転。 店A なんば店として2000年3月開店、2001年4月増床。 なんば店B開店に伴い改称 なんば店B 2013年8月2日開店 店 2004年5月開店。 開店当初は18歳未満立入禁止 だったが、2016年6月25日の移転オープンで、全年齢対象の店舗になった。 店 2001年8月開店、2008年2月23日増床、2010年2月27日減床 、2020年6月30日閉店予定。 岡山店。 2017年7月29日開店 店。 2001年9月開店。 2013年3月20日移転。 2003年2月開店、2006年10月21日移転 台湾 店 2018年3月23日開店。 初の海外店舗。 とらのあな出張所 [ ] 一般の書店の中で展開している店舗。 営業はその書店に合わせているためとらのあなのポイントカードが使えないなどの差がある。 都道府県 店名 備考 店 豊橋本店コミック館内 閉店した店舗 [ ]• 店(2008年4月26日開店 、2009年3月15日閉店 )• 店 (2012年3月16日開店、2015年3月15日閉店 )• 新宿店B(2013年8月8日開店 、2015年2月28日閉店 )• 新宿西口店(2013年8月8日開店 、2016年2月28日閉店 )• 店 初代 (2007年4月14日開店 、2009年11月21日移転 、2016年3月6日閉店 )• 店(2009年11月28日開店 、2016年3月13日閉店 )• とらのあな出張所in本店(2016年9月14日閉店 )• とらのあな出張所in良文堂書店(2016年6月19日閉店 )• 店(2018年7月14日開店 、2019年5月31日閉店 )• 湘南店(2017年11月23日開店 、2019年8月31日閉店 )• 店(2017年12月8日開店 、2019年8月31日閉店 )• 店 2016年8月6日開店 、2020年2月29日閉店 その他 [ ]• 秋葉原本店(現: 秋葉原店B)の2階では、2006年8月5日の同店開店時より「Cafe with Cat」を運営していた が、2009年5月17日に閉店。 跡地はその後、店内設備はほぼそのままで、オリジナルグッズ売り場に変更された。 広告・宣伝媒体 [ ]• 広告キャラクターのは初期にはしかとみよが、2001年以降はが雑誌広告漫画『』と合わせて担当している。 イメージソング [ ]• 『ここだよ。 』(作詞・作曲:、編曲:、歌:)• 2004年12月にとらのあな限定でCDが発売された(UNDER17バージョン、虎々()バージョン、とらみ(桃井はるこ)バージョン、インストゥルメンタルを収録)。 UNDER17バージョンはUNDER17のアルバム『そして伝説へ…』(2004年12月22日発売)にも収録。 また松来未祐バージョンは松来のアルバム『MEMORIES ~Miyu Matsuki Best Songs~』(2008年9月26日発売)にも収録。 元UNDER17ボーカルの桃井はるこは、とらのあな創業当時、向かいのジャンク屋でアルバイトをしており、休憩時間などに度々立ち寄っていたという。 後にテーマソングを担当することになるとは思いもよらず、オファーが来たときは大変驚いたと語っている。 以前は『虎のプライド』(歌:)というイメージソングもあった。 無料配布小冊子 [ ] 『とらだよ。 』『虎通』『プリンセスノート』の3誌とも(平成24年)7月25日刊行分を以て一旦すべて休刊。 同年10月にリニューアルしての再開を予定していたが、そのまま消滅した。 その後(平成25年)から、『とらだよ。 EXTRA』が不定期刊行されている。 2012年10月より、インターネットのコンテンツとして配信していたが、(平成27年)12月25日を以て更新を終了。 とらだよ。 (平成13年)2月創刊。 (平成23年)6月より「プリンセスノート」と合冊。 漫画・アニメの情報のほかや、、といった声優のコラムや漫画家のインタビューなどを掲載。 非常に充実した内容を有しており、配布時期終了前に品切れをすることもしばしばあった。 (平成25年)から、『とらだよ。 EXTRA』として不定期刊行。 虎通 (平成8年)7月創刊。 主に男性向け同人商材、18禁PCゲームなどの記事を扱う。 同人商材の売り上げランキングや新作18禁ゲームの紹介、成人向けコミック誌の紹介がメインとなっている。 元は有料の同人誌通販カタログ(コミックの掲載もあり)だった。 プリンセスノート (平成16年)10月創刊。 (平成23年)6月より「とらだよ。 」と合冊。 女性向けの同人商材・商業誌を記事にしていた。 インターネット配信コンテンツ [ ] とらのあなラジオ部 ~とららじ~ [ ] コミックとらのあな店舗で開催されるキャンペーン、ランキングなど様々な情報を届けるラジオ番組。 コミックとらのあな全店での店内放送および、公式サイト上で無料配信された。 全21回。 配信期間:2009年11月27日 - 2011年7月29日(月1回配信)• いずれも無料で閲覧可能。 毎週金曜日に更新。 掲載作品の単行本も発売されている。 を掲載している。 隔週水曜日に更新。 を題材とした漫画を掲載しており、東方グッズの情報も配信している。 隔週木曜日に更新。 オンラインゲーム配信 [ ] の一種たるのとして2013年に「トラゲー」がオープンされたが、2016年に終了した。 との両方で利用が可能の作品から配信されたが、スマートフォン専用の作品がこのプラットフォームを占めるようになった。 多くのソーシャルゲームと同様に基本利用料は無料、一部コンテンツ有料となっている。 提供・協力番組 [ ]• で2006年4月から9月末まで毎週水曜23:30-24:00に放送されていた、とらのあな提供の秋葉原情報番組。 TVアニメ版第1期シリーズのスポンサーを務めた。 原作漫画第3話では架空の店舗「同じ穴のムジナ」、アニメ版第2話では実在するコミックとらのあな秋葉原1号店が描かれている。 製作協力。 籠城事件現場となった同人ショップが、原作では架空の店舗だったがアニメ版ではとらのあなになっている。 原作漫画で「コミックしりのあな(株式会社尻の穴)」として登場。 個人出版課など、株式会社虎の穴に実在する部署名が登場する。 TVアニメ版ではとらのあながスポンサーおよび製作委員会で参加しており、秋葉原本店で実写パートのロケが行われた。 (第2期のみ)• ユメノソラホールディングス名義。 虎の穴名義。 グループ会社 [ ]• ユメノソラホールディングス株式会社 - 持株会社。 株式会社虎の穴• ツクルノモリ株式会社 - キャラクターグッズの企画製造販売。 株式会社• とら婚株式会社 - 結婚相談所• 株式会社アドバゲーミング - 「還暦プレゼント」の運営。 関連項目 [ ]• - とらのあなから独立したスタッフによって秋葉原にて創業した。 - 2014年8月20日~2018年12月25日14時迄の間、とらのあな x DLsite. com共同企画第1弾としてとらのあなID決済が利用できた。 脚注 [ ] []• - ASCII• - とらのあなオフィシャルサイト 2015年12月16日• 平成31-01-29閲覧。 ,ユメノソラホールディングス,2013年10月1日• ,ユメノソラホールディングス,2013年10月1日• ,PR Times,2018年5月30日• 2018年10月13日• 2019年3月15日• - ねとらぼ 2016年2月5日(2016年2月6日閲覧)• (2009年8月7日時点の)• (2010年1月3日時点の)• (2010年3月24日時点の)• (2009年9月6日時点の)• (2010年9月25日時点の)• [ ]• (2006年11月13日時点の)• (2007年4月15日時点の)• (2009年12月13日時点の)• (2009年12月21日時点の)• - とらのあな公式サイト 2012年9月25日(2012年10月23日時点の)• 平成31-01-29閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 公式ウェブサイト• - クリエイター支援プラットフォーム• - オンライングッズ制作&オンデマンド委託販売•

次の

ご納品に関するご質問

とらのあな 委託

どのタイミングで作品を送ればいいですか? 作品のお取引条件・ご納品数確定後にご納品いただけますようお願い致します。 弊社からの「発注連絡」後、サークル様より「納期返信」をいただきます。 納期返信の段階で、ご要望のお取引条件・ご納品数について特に修正がない状態でありましたら、その段階でご納品をいただいて問題ございません。 お取引条件・ご納品数について修正がございます場合は、弊社とサークル様との間で再度お取引の交渉をさせていただく形になりますので、ご納品はお控えいただけますようお願い致します。 作品のお取引条件が未確定の状態でご納品をいただきますと、サークル様のご要望と異なる形での作品販売につながる恐れがあり大変危険です。 また、弊社からの発注連絡をご確認いただいていない状態でのご納品はおやめください。 作品のご納品につきましては弊社個人出版課にてデータの登録を行いますが、実際の作品のお受け取りは弊社流通管理課にて行っております。 ご登録がない状態でご納品をいただきますと、弊社にて作品のお受け取りの手配を取ることが出来ません。 大変恐れ入りますがお受け取りのご予定が無い作品につきましては作品をサークル様に着払いにてご返送させていただきますので、ご了承ください。 納品予定数 受領可能数 1〜100部 納品予定数の概ね2倍の数量 または納品予定数に対して+20部程度 101部以上 納品予定数に対して+100部程度• 買切作品、グッズ作品は余剰分を【委託扱い】としてお預かり致します。 受注販売作品、取寄販売作品については発注数での納品でお願い致します。 余剰数が上記の目安値内であっても受領をお断りする場合がございますのでご注意下さい。 事前のご連絡がなく、受領可能数を超えた余剰が生じた場合、受領可能数を超過した分を ご登録住所に【着払い返送】させていただきます。 該当作品の弊社希望数が納品予定数より多い場合、追加発注を行っている場合を除きます。 余剰分返送の際、運送中の破損については補償致しかねますのでご了承ください。 余剰分返送が不在等によってご登録住所宛にお届けできなかった場合は、 弊社にて一定期間保管の上廃棄致します。 なお、その場合返送にかかった送料は売上連絡状より相殺させていただきます。 運送破損時のトラブルを避けるため、納品先を誤って弊社宛に納品された 作品につきましては、印刷会社様、ご登録住所以外には返送できませんので あらかじめご了承ください。 【お願い】 発注数と納品数にずれがありますと、確認作業等が発生するため、 作品のご紹介にお時間を頂戴する場合がございます。 ご手配いただいた作品を迅速に販売させて頂くためにも、 納品数に変更が生じる場合は速やかにご連絡を頂きますようご協力をお願い致します。 なお、コミケなど大型イベント前後は、ご紹介までに1週間程度お時間がかかる場合があります。 また1000サークル以上の参加が見込まれるイベント前後でも、通常より多くの作品が入荷致しますので、もし「販売日指定」からの発売を厳守されたい場合には、平常期は「販売日指定」の3日前程度、コミケなど大型イベント前後は、1週間前程度にはご納品頂けます様お願い致します。 ただし、作品到着時に作品登録をいただいていない場合には、ご紹介させていただくことができませんので、必ず事前に作品登録をいただけますようお願い致します。 また、納品後ただちにご紹介させていただくことができない場合は、あらかじめ「販売日指定」をご登録ください。 後からご連絡をいただきましても、ご設定をさせていただくこと自体が難しいことがございますので、その点はご了承ください。 納品できる冊数が、虎の穴が連絡してきた希望発注数より少ないのですが、少なくてもいいですか? 弊社希望発注数よりご納品数が減数となりますこと、残念ではございますがお受けしております。 減数の場合、ご納品可能数のご連絡を事前にお願い致します。 後日、再版等により追加でご納品が可能となりました際は追加発注のご相談をいただければ幸いです。 また、大変恐れ入りますが弊社通信販売をはじめ、事前にご予約を行っている場合、減数のお話をいただきました場合でも予約受注をお受けしている冊数については可能な限りの確保をお願い致しております。 予約受注をお受けした分は既にお客様に販売をさせていただきましたことと同義と弊社では考えておりますので 必ず予約満数分の在庫のご手配をお願い申し上げます。 また、不足の際は、作品の再販のご手配をお願い致しております。 大変恐れ入りますがご了承のほどお願い致します。 作品を納品しようと思います。 納品の際に、同時期に発注していた作品を、同じ箱に混載して納品したいのですが、大丈夫でしょうか。 作品ごとに箱を分けなければだめですか? 作品をご納品いただく際、既に弊社とサークル様との間で発注が確定している作品を、同じ箱の中に混載して発送いただくことは可能です。 ただし混載する際は、作品が其々違う物であることが分かる様、仕分けて同梱していただければ幸いです。 なお、作品の形状・強度が著しく異なる作品同士を一つの箱に混載した場合、作品が弊社に着荷するまでの段階で破損する可能性が高くなります。 箱詰めの際には十分ご注意ください。 なお、作品の送付状は作品毎に同梱を行っていただけます様、お願い致します。 お送りいただいた場合、作品の確認が取れるまで弊社では入荷を保留し、 状況確認のため弊社から送り主のサークル様にご連絡を差し上げる事がございます。 箱の内側にはなるべく隙間を作らない 作品破損のほとんどが、箱の内側に隙間が発生していることで、「箱の中で作品がガタガタと動いてしまい、本同士がぶつかって破損する」というものです。 そのため、箱詰め段階で隙間をなるべく埋めていただくことが、破損防止の第一歩となります。 箱の隙間を埋める際は、「緩衝材」(更紙、プチプチなど、衝撃を吸収するための詰め物)を使用してください。 新聞紙、広告など印字のされているものを「緩衝材」として使用した場合、インクが作品についてしまうなど、破損の原因となりますのでお気を付ください。 作品を隙間に入れる事で「緩衝材」がわりにしてしまうと、作品そのものが傷ついてしまうケースが多くございます。 とらのあなから印刷所様に早期納品の依頼をしていると聞きました。 どういうことですか? 弊社では繁忙時期において、より迅速に作品が販売店舗に届く様、「印刷所様」へ早期配送を依頼させていただいております。 繁忙期においては、通常期の10倍以上の作品納品が発生し、 全店での販売を考慮し、最低でも1週間以上前倒しでの手配が必要となります。 サークル様の印刷所様への配送指定が「8月14日」という場合でも、 当社としては出来上がり次第の配送を依頼しているケースもございます。 「販売日指定」を頂戴している場合、指定日より前に「販売を開始」する事はございませんので、早期販売に向けた、配送手配にご協力をお願い致します。 <変更後配送先住所 ヤマト運輸様専用 > 【郵便番号】:135-0063 【電話番号】:03-5564-3720 【住所】:031-902 ヤマト運輸東京法人営業支店 気付 株 虎の穴 【宛名】: 株 虎の穴 流通管理課 宛• ヤマト運輸様[送り状発行ソフトB2]にて伝票出力をする場合は、配送先住所『東京都江東区有明1-6-26』が必要となります。 「ヤマト運輸」様をご利用いただいている場合のみご利用可能な宛先となります。 他運送会社様をご利用の場合、上記住所では荷物のお受け取りは出来ません。 ヤマト運輸様以外の運送会社様をご利用いただく場合は、これまで通り「千葉県市川市田尻1-8-36 (株)虎の穴 流通管理課宛」へのご配送をいただけますようお願い致します。 印刷会社様から弊社宛にご配送をいただく場合ですが、ヤマト運輸様をご利用いただいている場合に限り、上記配送先をご利用いただけます。 印刷所様と運送会社様との契約によっては、印刷所様独自にヤマト運輸様の「JITBOXチャーター便」をご利用いただいています。 こちらをご利用いただいております場合は、これまで通り「千葉県市川市田尻1-8-36 (株)虎の穴 流通管理課宛」へのご配送で問題ございません。 なお上記変更に伴い、配送費用の変更等は発生致しませんのでご安心ください。

次の

書店との取引の形態(委託、注文、買切)

とらのあな 委託

株式会社虎の穴 Toranoana Inc. 2012 東日本』記載のデータを基にした。 ユメノソラホールディングス株式会社 YUMENOSORA HOLDINGS Co. , Ltd. 略称 ユメノソラHD 本社所在地 一丁目8番36号 秋葉原本社事務所: 3-5-12 聖公会神田ビル 4F 設立 事業内容 グループの経営戦略策定 経営管理及び付帯業務 代表者 (代表取締役CEO) 資本金 3,000万円 主要子会社 株式会社虎の穴 株式会社 株式会社 外部リンク コミックとらのあなは、株式会社虎の穴が経営する、を中心とした関連商品などを店頭販売およびするである。 漫画同人誌以外にも商業漫画本(・単行本)、関連の映像・音楽ソフトや書籍、またそれらの関連商品などの向けグッズ等も扱っている。 通称 とらのあなもしくは とら。 概要 [ ] の店舗はジャンルではなく媒体で区別されており、当時のオタクはゲームは、は、漫画はの(コミック高岡)をはしごする必要があった。 工業高校卒業後にソフトハウスの立ち上げを目指していた吉田博高は、販売の現場を視察するためで働いていた際、複数店をはしごせずに関連する商品をワンストップで提供できる店舗があれば便利だと思ったが、ソフマップでは店の方針で置ける書籍はゲーム攻略本程度であり、秋葉原自体も単価の低い書籍を敬遠する風潮があった。 吉田は競合するコンセプトの店が無いと考え6月に独立してで創業を決意、社名は「秘密特訓場のイメージと、インディーズっぽい響き」が気に入り漫画『』に登場するプロレス秘密結社「」から名付けたという。 当初は路地裏にある(神林ビル)の3階の一室に店を構えるだったが、流通システムの都合で商業漫画はなかなか揃えることが出来ず、仲間のつてを頼って同人作家から直接買い付けたこともあるという。 秋葉原では1992年に成人向け同人誌を扱う書店が摘発されたことでリスクの高い商品と見なされており、創業当時は数少ない同人誌書店であった。 同じビルの2階に入居していた「湘南通商」「丹青通商」とはしごして同人誌やジャンク品を買い漁るマニアの姿が多く見られた。 の販売からスタートしたが、商業作品や関連グッズの取り扱い、通信販売なども手がけている。 以降はクリエイター支援プラットフォームやオンラインのグッズ委託サイトなどWebサービスを展開しており、これらを自社開発するためシステム開発部門「虎の穴ラボ」を擁している。 このほかにやなども展開している。 沿革 [ ] 6月に秋葉原で創業。 7月にとして法人化、同時に通信販売部門を新設。 以後、同人誌の委託販売にも進出し、規模を拡大していった。 (1995年以前から2号店で新刊同人誌の委託販売は行っている。 )秋葉原で多店舗展開する他、池袋・新宿など都内で足場を固めた後、3月の大阪進出を皮切りに他地方の主要都市へと店舗網を広げている。 4月に化。 には秋葉原に自社ビル(秋葉原本店、現店名: 秋葉原店B)を新築、所有した。 2007年11月22日、とらのあなダウンロードストアを開設。 2012年10月6日、3箇月間ダウンロードの無い作品の削除を開始。 2015年12月15日に閉鎖。 、物流センターおよび実務上の本社機能を相次いでの貸倉庫(日本ロジステック株式会社京葉市川センター)に移転。 関連会社の本社も同所に移った。 2011年1月31日、とらのあなダウンロードストアとは異なるデジ同人サービスとら電人を開始。 App Storeによってアプリの配信が停止され2012年5月17日終了。 に 株式会社を設立し、持株会社体制に移行した。 同時に関連会社のもツクルノモリ株式会社に商号変更・改組したほか、株式会社の全株式を取得しグループ化することで合意している。 以降はソーシャルゲーム事業参入(2015年3月で終了)やアクセサリーブランドを立ち上げるなど、様々なコンテンツを展開するようになった。 に、通信販売サイトを12年振りにリニューアルした。 2018年から東京都・千葉県・大阪府の一部店舗で・・が利用可能となる 、2019年3月時点でおよび周辺地域との一部店舗へ対応店舗を拡大し 、2020年4月15日以降はも利用可能となると同時に対応店舗を全店舗に拡大した。 店舗 [ ] 台湾・台北店 現行店舗 [ ] 人口の多い東京都()およびを中心とした都市部にのみ出店している。 政令指定都市でも、・・・・・には出店しておらず、2008年に、2009年に・、2013年にに出店するなど特別区近郊へ重点的に出店しており、一時期はだけで全店舗の約半数を占めていた。 2016年3月までにの店舗は全て閉店していたが、8月にはに、2018年には一度撤退した町田に新たな店舗を構えた。 現在はにある、、に集約させるため、店舗数は減少している。 2017年からは関東以外で出店が増加傾向にある。 都道府県 店名 開店・移転時期・備考 札幌店。 2003年11月開店 仙台店。 2007年7月14日開店 、2009年8月8日移転 店 2009年11月14日開店 千葉店。 2010年2月20日開店 店A 2002年12月現在地に移転、2009年7月25日秋葉原1号店から改称 秋葉原店B 2006年8月5日開店 、2009年7月25日秋葉原本店から改称 秋葉原店C 2013年11月1日開店。 この店舗があるビルには、とらのあなや同社の関連企業の本社事務所も入居している。 トラ ノ アナ NOMOO 2016年7月11日開店。 業態は。 本社ビル跡に開店。 秋葉原虎ビルに改称されているがビル外装は若松通商のまま。 トラ ノ アナ DOJO 2016年8月5日開店。 2017年3月30日以降無期限休業。 業態は同人誌制作スペース。 トラ ノ アナ NOMOOと同じ秋葉原虎ビル(旧:若松通商本社ビル)に入居。 とら婚 2017年2月25日開店。 業態は。 トラ ノ アナ NOMOOと同じ秋葉原虎ビル(旧:若松通商本社ビル)に入居。 とらのあな2nd 2017年12月23日開店 中古アイテム専門店。 店A 新宿2号店として2000年6月開店、2001年6月移転。 2001年10月に新宿1号店と統合し新宿店に改称。 新宿店B、新宿西口店開店に伴い、2013年8月に新宿店Aに再改称 店A 2013年4月19日開店 、2015年11月14日移転 池袋店B 1998年2月に池袋店として開店、1999年8月増床、2012年10月4日移転・大幅縮小。 2013年4月に池袋店A開店に伴い現名に改称。 2015年11月14日移転 店 2代目 2018年4月28日開店。 町田へは2回目の出店 横浜店。 2003年9月開店、2009年8月8日移転 新潟店。 2010年12月3日開店 静岡店 静岡市。 2010年10月23日開店 、2020年6月30日閉店予定。 2002年2月開店、2013年4月26日移転 店。 2010年12月3日開店。 2013年10月31日移転。 店A なんば店として2000年3月開店、2001年4月増床。 なんば店B開店に伴い改称 なんば店B 2013年8月2日開店 店 2004年5月開店。 開店当初は18歳未満立入禁止 だったが、2016年6月25日の移転オープンで、全年齢対象の店舗になった。 店 2001年8月開店、2008年2月23日増床、2010年2月27日減床 、2020年6月30日閉店予定。 岡山店。 2017年7月29日開店 店。 2001年9月開店。 2013年3月20日移転。 2003年2月開店、2006年10月21日移転 台湾 店 2018年3月23日開店。 初の海外店舗。 とらのあな出張所 [ ] 一般の書店の中で展開している店舗。 営業はその書店に合わせているためとらのあなのポイントカードが使えないなどの差がある。 都道府県 店名 備考 店 豊橋本店コミック館内 閉店した店舗 [ ]• 店(2008年4月26日開店 、2009年3月15日閉店 )• 店 (2012年3月16日開店、2015年3月15日閉店 )• 新宿店B(2013年8月8日開店 、2015年2月28日閉店 )• 新宿西口店(2013年8月8日開店 、2016年2月28日閉店 )• 店 初代 (2007年4月14日開店 、2009年11月21日移転 、2016年3月6日閉店 )• 店(2009年11月28日開店 、2016年3月13日閉店 )• とらのあな出張所in本店(2016年9月14日閉店 )• とらのあな出張所in良文堂書店(2016年6月19日閉店 )• 店(2018年7月14日開店 、2019年5月31日閉店 )• 湘南店(2017年11月23日開店 、2019年8月31日閉店 )• 店(2017年12月8日開店 、2019年8月31日閉店 )• 店 2016年8月6日開店 、2020年2月29日閉店 その他 [ ]• 秋葉原本店(現: 秋葉原店B)の2階では、2006年8月5日の同店開店時より「Cafe with Cat」を運営していた が、2009年5月17日に閉店。 跡地はその後、店内設備はほぼそのままで、オリジナルグッズ売り場に変更された。 広告・宣伝媒体 [ ]• 広告キャラクターのは初期にはしかとみよが、2001年以降はが雑誌広告漫画『』と合わせて担当している。 イメージソング [ ]• 『ここだよ。 』(作詞・作曲:、編曲:、歌:)• 2004年12月にとらのあな限定でCDが発売された(UNDER17バージョン、虎々()バージョン、とらみ(桃井はるこ)バージョン、インストゥルメンタルを収録)。 UNDER17バージョンはUNDER17のアルバム『そして伝説へ…』(2004年12月22日発売)にも収録。 また松来未祐バージョンは松来のアルバム『MEMORIES ~Miyu Matsuki Best Songs~』(2008年9月26日発売)にも収録。 元UNDER17ボーカルの桃井はるこは、とらのあな創業当時、向かいのジャンク屋でアルバイトをしており、休憩時間などに度々立ち寄っていたという。 後にテーマソングを担当することになるとは思いもよらず、オファーが来たときは大変驚いたと語っている。 以前は『虎のプライド』(歌:)というイメージソングもあった。 無料配布小冊子 [ ] 『とらだよ。 』『虎通』『プリンセスノート』の3誌とも(平成24年)7月25日刊行分を以て一旦すべて休刊。 同年10月にリニューアルしての再開を予定していたが、そのまま消滅した。 その後(平成25年)から、『とらだよ。 EXTRA』が不定期刊行されている。 2012年10月より、インターネットのコンテンツとして配信していたが、(平成27年)12月25日を以て更新を終了。 とらだよ。 (平成13年)2月創刊。 (平成23年)6月より「プリンセスノート」と合冊。 漫画・アニメの情報のほかや、、といった声優のコラムや漫画家のインタビューなどを掲載。 非常に充実した内容を有しており、配布時期終了前に品切れをすることもしばしばあった。 (平成25年)から、『とらだよ。 EXTRA』として不定期刊行。 虎通 (平成8年)7月創刊。 主に男性向け同人商材、18禁PCゲームなどの記事を扱う。 同人商材の売り上げランキングや新作18禁ゲームの紹介、成人向けコミック誌の紹介がメインとなっている。 元は有料の同人誌通販カタログ(コミックの掲載もあり)だった。 プリンセスノート (平成16年)10月創刊。 (平成23年)6月より「とらだよ。 」と合冊。 女性向けの同人商材・商業誌を記事にしていた。 インターネット配信コンテンツ [ ] とらのあなラジオ部 ~とららじ~ [ ] コミックとらのあな店舗で開催されるキャンペーン、ランキングなど様々な情報を届けるラジオ番組。 コミックとらのあな全店での店内放送および、公式サイト上で無料配信された。 全21回。 配信期間:2009年11月27日 - 2011年7月29日(月1回配信)• いずれも無料で閲覧可能。 毎週金曜日に更新。 掲載作品の単行本も発売されている。 を掲載している。 隔週水曜日に更新。 を題材とした漫画を掲載しており、東方グッズの情報も配信している。 隔週木曜日に更新。 オンラインゲーム配信 [ ] の一種たるのとして2013年に「トラゲー」がオープンされたが、2016年に終了した。 との両方で利用が可能の作品から配信されたが、スマートフォン専用の作品がこのプラットフォームを占めるようになった。 多くのソーシャルゲームと同様に基本利用料は無料、一部コンテンツ有料となっている。 提供・協力番組 [ ]• で2006年4月から9月末まで毎週水曜23:30-24:00に放送されていた、とらのあな提供の秋葉原情報番組。 TVアニメ版第1期シリーズのスポンサーを務めた。 原作漫画第3話では架空の店舗「同じ穴のムジナ」、アニメ版第2話では実在するコミックとらのあな秋葉原1号店が描かれている。 製作協力。 籠城事件現場となった同人ショップが、原作では架空の店舗だったがアニメ版ではとらのあなになっている。 原作漫画で「コミックしりのあな(株式会社尻の穴)」として登場。 個人出版課など、株式会社虎の穴に実在する部署名が登場する。 TVアニメ版ではとらのあながスポンサーおよび製作委員会で参加しており、秋葉原本店で実写パートのロケが行われた。 (第2期のみ)• ユメノソラホールディングス名義。 虎の穴名義。 グループ会社 [ ]• ユメノソラホールディングス株式会社 - 持株会社。 株式会社虎の穴• ツクルノモリ株式会社 - キャラクターグッズの企画製造販売。 株式会社• とら婚株式会社 - 結婚相談所• 株式会社アドバゲーミング - 「還暦プレゼント」の運営。 関連項目 [ ]• - とらのあなから独立したスタッフによって秋葉原にて創業した。 - 2014年8月20日~2018年12月25日14時迄の間、とらのあな x DLsite. com共同企画第1弾としてとらのあなID決済が利用できた。 脚注 [ ] []• - ASCII• - とらのあなオフィシャルサイト 2015年12月16日• 平成31-01-29閲覧。 ,ユメノソラホールディングス,2013年10月1日• ,ユメノソラホールディングス,2013年10月1日• ,PR Times,2018年5月30日• 2018年10月13日• 2019年3月15日• - ねとらぼ 2016年2月5日(2016年2月6日閲覧)• (2009年8月7日時点の)• (2010年1月3日時点の)• (2010年3月24日時点の)• (2009年9月6日時点の)• (2010年9月25日時点の)• [ ]• (2006年11月13日時点の)• (2007年4月15日時点の)• (2009年12月13日時点の)• (2009年12月21日時点の)• - とらのあな公式サイト 2012年9月25日(2012年10月23日時点の)• 平成31-01-29閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 公式ウェブサイト• - クリエイター支援プラットフォーム• - オンライングッズ制作&オンデマンド委託販売•

次の