アパレル バイト 学生。 【ES例】学生時代頑張ったこと(アルバイト)

学生がアパレルでバイトするメリット・デメリットと好きなブランドで働く方法について

アパレル バイト 学生

固定電話などの別の端末からTEL応募する場合 050-5841-5500• 1 gomme ラフォーレ原宿店 : お仕事番号 2396166• 固定電話などの別の端末からTEL応募する場合 050-5841-5500• 株 ウィルオブ・ワーク SAアパレル 渋谷支店 : お仕事番号 0891138 TEL受付時間• 固定電話などの別の端末からTEL応募する場合 050-5841-5500• 株 ウィルオブ・ワーク SAアパレル 渋谷支店 : お仕事番号 0891137 TEL受付時間• 固定電話などの別の端末からTEL応募する場合 050-5841-5500• 株 ウィルオブ・ワーク SAアパレル 渋谷支店 : お仕事番号 0891141 TEL受付時間• 固定電話などの別の端末からTEL応募する場合 050-5841-5500• 株 ウィルオブ・ワーク SAアパレル 渋谷支店 : お仕事番号 0891142 TEL受付時間• 固定電話などの別の端末からTEL応募する場合 050-5841-5500• 固定電話などの別の端末からTEL応募する場合 050-5841-5500• 固定電話などの別の端末からTEL応募する場合 050-5841-5500• OSHMAN'S(オッシュマンズ) 新宿店 : お仕事番号 0773805 TEL受付時間• 固定電話などの別の端末からTEL応募する場合 050-5841-5500• SM2 ehka sopo 新宿ミロード : お仕事番号 準備中です。 しばらくお待ち下さい。 前のページへ• 毎年様々な新施設がオープンしています! 飲食などの定番アルバイトから、メディア関係のちょっとレアなアルバイトまで、選択肢が豊富なところが最大の特徴。 "東京にない職種はない!"といっても過言ではありません。 東京都は経済の中心地「23区」と市町村から成る「23区外」の大きく2つに分類されます。 23区はオフィスワークや飲食系のお仕事がたくさん!テレビで話題の企業、日本初上陸のお店など、トレンドのスポットで働けるのも魅力のひとつです。 一方23区外は都会の喧騒から離れ、落ち着いた環境で働きたい方にピッタリ。 飲食、販売などの接客業はもちろん、裏方タイプの工場や倉庫内での軽作業をはじめ、警備、清掃のお仕事も多くあります。 人気どころからマニアックなお仕事まで、すべてがそろう東京都。 ぜひピッタリのアルバイトを見つけてくださいね。 「東京都」なら、あなたの希望にあったお仕事が見つかる! 日本の首都である「東京都」には、お仕事がいっぱい!全国の中でもかなりの求人数を占めています。 「丸の内・大手町」などのビジネス街には、オフィスワーク系をはじめとして、クリエイティブなお仕事もたくさん。 憧れの大手企業や出版社、話題のIT企業で働けることも……! メディア話題の飲食店やオシャレなショップが多い「渋谷・新宿・原宿」などの繁華街は、トレンドに敏感な10~20代に大人気のエリアです。 都心からちょっと外れた下町や郊外には、定番のコンビニ、軽作業、塾講師などのアルバイトも揃っています。 また最近は外国人観光客が増えてきているので、語学力を活かせるお仕事も人気です。 他にも、アーティストのライブや人気フェスで働けるイベントスタッフや、高収入、短期・単発、日払いなど好条件のお仕事……と、ご紹介しきれないほど! そんな東京都ならきっと、あなたにピッタリのお仕事が見つかるはずです。 東京都のアルバイト・バイト求人情報はマイナビバイトで決まり! 東京都では、アパレル販売、飲食店(カフェ・ケーキ屋)などのお仕事が人気です。 東京都内ではイベントが頻繁に催されるのでイベントスタッフの求人も多く、大学生に人気のお仕事です。 外国人観光客も多く訪れるので英語や中国語など語学を活かせるお仕事も。 東京都内の人気エリアは、新宿・渋谷・池袋といったターミナル駅エリアを始め、洗練されたオシャレな街、銀座・恵比寿、日本のポップカルチャーの中心地、原宿・秋葉原など、23区内だけでも個性豊かなエリアがたくさん。 他にも多数の勤務地からお仕事を選べます。 通勤に便利な山手線・丸ノ内線・有楽町線・副都心線・京王線の駅近くの求人情報も多数掲載中です。 時給やシフト、日払いOKなど、自分の希望の働き方に合ったバイト・アルバイト情報がきっと見つかります。

次の

大学生がバイトしないほうがいい理由知ってる?

アパレル バイト 学生

この記事の目次• 販売スタッフは学生でもバイトできる アパレルの仕事には様々なものがあります。 実際にお店に出てお客様の相手をする販売スタッフ、ブランドのアピールをするプレス、お店で販売する商品を仕入れるバイヤーなど。 このうち、 学生さんがアルバイトとして働けるのは販売スタッフの仕事です。 アパレル関係のお店が忙しくなるのは夕方以降や土日なので、その時間帯でシフトに入れる学生さんを歓迎するお店は多数あります。 接客が好きで体力がある学生に向いている アパレルショップでは多くの人が働いていますが、実は共通して向いているタイプがあります。 また、お店で求められること、目標について解説します。 人と接するのが好き、最新の流行を追うのが好きな人が向いている 販売スタッフのアルバイトでやる仕事は、店内でお客様の接客をする業務と、品出しや検品などの裏方仕事が半々にあります。 店頭での接客がこの仕事のイメージにつながっていますが、裏方の仕事も実はとても大切で、やることもたくさんあるのです。 お客様への接客業務で大事なのは、 お店に来たお客様がいかに気持ちよく買い物ができるかということ。 それは販売スタッフの対応によって左右されます。 お客様が洋服を見ていたら声をかけたり、おすすめの商品やコーディネートを提案したり、声をかけられるのが苦手な人もいるので、そのあたりの判断と気配りも必要です。 お客様から試着の希望があれば試着室へ案内し、色やサイズの変更に対応し、お客様が自分に合った商品を選びやすいようアドバイスするのも大切な仕事の1つです。 普段自分がアパレルショップに行ったとき、どんな接客をしてもらったら嬉しいかを意識しておくと、自分が働くときの参考になります。 また、おすすめするには流行のファッションについての知識も当然必要になりますので、そういった情報をチェックするのが苦にならない人が向いていると言えます。 また、商品を販売する最終段階のレジ打ちや商品のラッピング、お客様のお見送りも販売スタッフの仕事です。 不器用な対応でも一生懸命さがあれば好感が持てるので、コミュニケーションにあまり自信がなくても大丈夫。 けれど、人と接することが好きという気持ちは大切です。 その気持ちがあれば自然と笑顔も生まれ、販売スタッフのアルバイトは楽しい仕事になります。 仕事は接客がメインで体力も必要 次に、販売スタッフの実際の仕事について詳しく説明します。 販売スタッフの仕事は、接客がメインになりますが、接客をしているとき以外には、棚の商品をたたみ直したり品出しをしたり、お客様が買い物しやすいお店の状態をつくる仕事があります。 開店前・閉店後の清掃や、新しく入荷した商品の検品、倉庫の在庫チェックや整理の作業も販売スタッフがしているお店が多いです。 洋服や靴のたくさん入った段ボールはけっこう重く、 倉庫から出し入れするときは意外と重労働です。 また、お店が開店している間は、基本的に立ちっぱなしです。 ブランドによってはヒールにスカートで働かなければいけないお店もあるので、慣れるまでは少し大変に感じるかもしれませんが、力仕事が無かったり休憩が取れる環境だったりするお店も。 体力に自信の無い人は事前に確認しておくといいでしょう。 反対に体力なら自信あり!という人は、面接のときのアピールポイントになります。 おしゃれな服装で働く職場 アパレルのお店で働くときに気になるのが、仕事のときに着る服についてですよね。 これは実際には大きく2パターンにわかれています。 有名ブランドのお店やセレクトショップではスタッフのファッションを重視 ファッション誌にのるような有名ブランドやセレクトショップでは、販売スタッフの着こなしがブランドやショップのPRになります。 そのブランドやお店の商品を身につけるよう義務付けられているところも多く、あまりいい加減な格好では勤務できません。 中には制服としてお店の服を支給しているケースもありますが、 基本的には従業員割引を使って自分で購入することが通例のようです。 新商品をいち早く試着できたりもするのでファッション好きには嬉しいですが、予算との折り合いは難しいところ。 でも、学生さんのアルバイトに対しては、そこまで厳しい取り決めはしていないお店も多くなっています。 憧れのブランドで働いてみたい!そのお店の洋服が着たい!と思ってアルバイトをする人もいますよね。 その気持ちはとても大切です。 あとは条件をしっかり確認しておきましょう。 スポーツ系のアパレルショップは制服支給のところも多い 有名ブランドや大手のショップであっても、 スポーツ系のブランドを扱うお店は制服が支給というところも多いようです。 ブランドのロゴが入ったかわいい制服が季節ごとにモデルチェンジをすることもあって、ファッション好きな人には嬉しいところです。 学生さんの場合、そうたくさんの衣装を自分で用意するわけにはいかないこともあると思うので、そのようなお店を選べば働きやすいですね。 カジュアルなファッションで動きやすいことも魅力です。 販売ノルマはないが目標はある アパレルの販売スタッフといえば、厳しい売り上げノルマがあるのでは?と考えている人もいるかもしれません。 しかし、最近は強制的なノルマがあるお店は多くありません。 フルで働く社員や派遣のスタッフとなると少し話が違いますが、学生さんのアルバイトの場合、ノルマについてあまり気にする必要はないでしょう。 ただ、 販売の仕事なので売り上げ目標というのはだいたいのお店が設定しています。 今月はどの程度の売り上げを目標にしたらいいか、どの商品をとくに売りたいと考えているか、お店全体での目標や個人に対しての目標が設定される場合もあります。 しかし、ノルマと違い目標はあくまでも目標。 達成しないとお給料が減らされるとかクビになるとかいうわけではありません。 そのような目標を設定しているお店では、アルバイトといえども働きのいい人には時給をアップして応えてくれる場合もあり、やりがいがあります。 反対に、完全に自由でゆるやかに働けるお店もあります。 自分の希望に合ったお店を探してみましょう。 シフトは応相談のところが多い アパレルショップで働くにあたって、どのくらいシフトに入ればいいの?と思う人もいるはず。 基本的にはシフトは応相談だったり週2日、1日4時間程度が多いですが、お店側の希望もあります。 土日に働ける人の方が採用されやすい傾向 お店に最もお客様が多く来られるのはやはり土日。 お店が一番忙しい土日にはできるだけ入ってほしい…というのがお店側の正直なところのようです。 週末にはあまりアルバイトができないという人は、面接でそれを伝え、シフトの調整をしてもらえるかを確認しておきましょう。 また、アルバイトで気になるのは時給ですが、 学生さんでアパレル初心者なら900円~1,000円くらいでスタートするお店が多いようです。 土日のシフトにたくさん入れたり仕事が上達したり、条件や状況によっては時給アップの可能性も。 夏休みや冬休みに限定した短期や、イベント時だけの集中したアルバイトであれば、最高1,500円の高時給の場合もあります。 短期からアパレルのアルバイトに挑戦することもできる 上にも書いたように、アパレルのアルバイトには、 夏休みや冬休みに限った短期のバイトや、お店のバーゲンやイベントセールのときにだけ募集するアルバイトもあります。 仕事内容によっては未経験OKの場合も多く、まずは短期からアパレルのアルバイトに挑戦してみるという選択をすることもできます。 未経験OKの募集は、品出しだけ・固定されたレジ打ちだけなど仕事が限定されたものもあるので、比較的気軽にチャレンジできます。 ただ、忙しい時期の勤務なので、体力的には少しハードかもしれません。 派遣会社に登録して条件に合ったアルバイトを探すこともおすすめの方法 アパレル販売スタッフのアルバイトは、お店が直接アルバイトを雇わず、 派遣会社が間に入って募集している場合もあります。 そのような場合、求人にでているアルバイトの条件が合わなくても、他のアルバイトを紹介してもらえる可能性があります。 派遣会社に登録しておけばアルバイト内容についての相談もでき、自分に合った条件に出会える確率もあがります。 アパレルのアルバイトがしたいと思ったら、まずは派遣会社に登録してみるというのもおすすめです。 まとめ アパレルのバイトは条件がさまざまですが、洋服が好き、ファッションが好きという気持ちがあれば、販売スタッフの仕事はなかなか楽しいものです。 社割で好きなブランドの服が安く購入できるだけでなく、学生さんの場合、就活で必要なコミュニケーションスキルや礼儀も学べますよ。 興味を持ったら挑戦してみましょう。 併せてこちらの記事もCheck! アパレルのバイトに応募するなら、好印象につながる服装のこともおさえておきましょう。

次の

アパレルバイトのおすすめブランドランキングTOP5 【ブラック・きつい・働きやすさ】

アパレル バイト 学生

その仕事内容は、店内の掃除・接客・販売・採寸、商品の補充がメインの仕事になります。 この業界の仕事は若い女性を中心にたいへん人気で、働きたくても不採用ばかりという話をよく聞きます。 ・明るさや元気の良さ、笑顔、あいさつ ・スニーカーやジャージ、ジーパン等の服装はNG ・メイクは必須 ・正しい姿勢 ・奇抜すぎる髪型はNG これらのことは必ず守って面接に向かうようにしてください。 また、ショップ店員の場合、靴を綺麗にしておいた方が良いでしょう。 面接担当者は意外と靴を見ています。 さらに、面接を受けるブランドの服を一点身に着けていると好印象です。 しかし、全身そのブランドで固めてしまうような過度なアピールは逆効果ですので避けましょう。 さらに、ショップ店員にされて嬉しかったこと、どんな服が好きかを自分でまとめておくと、実際に面接時に聞かれたときにすぐに答えることができるので効果的ですよ。 アパレルスタッフのメリット 好きなブランドの服を着れる ショップ店員は、そのお店の店員としての役割はもちろんですが、もう一つ大事な役割があります。 それはマネキンとしてお店の服を宣伝することです。 店員がオシャレに着こなすことによってお客様の購買欲を引き出すことができます。 そのため、店員はそのお店の服を購入しなければならないのですが、その値段は定価の5~8割引きとなっています。 安い値段で最新の服を購入することができるので、オシャレが好きな大学生にとっては嬉しい特典です。 もちろん、購入する服は最新のファッションをモデルとしていますよ。 外見やコミュニケーション能力が洗練される ショップ店員は、洋服を着た時の外見の綺麗さを引き立たせる必要があるので、ある程度お化粧や洋服の組み合わせのセンスを磨く必要があります。 もちろん手に入れた技術はプライベートでも活用することができるので、それまでお化粧やファッションに疎い方でも確実に綺麗なれます。 また、接客する際、他の職種に比べて会話する時間が圧倒的に長い上に、会話する機会もたくさんあります。 お客様の服についての悩みを聞きながら合っている服を選んだり、雑談を介しながら進めたりと会話のパターンは様々です。 お客様に服を買ってもらうために親身に話を聞いて打ち解けなければなりません。 初対面の人とのコミュニケーション能力は確実に上達します。 知識が身に付く 洋服店ならば洋服の知識、靴屋なら靴の知識が身に付きます。 洋服の手入れ方法や畳み方、素材の違い別管理方法など知って得する情報をバイトしながら得ることができます。 バイトで仕入れた知識を用いて洋服や靴を長持ちさせて節約することも可能です。 アパレルスタッフのデメリット 購入する服はお店が指定 先ほど、メリットとして服を安く買える点を述べましたが、これはデメリットの一つでもあると言えます。 店員が買う服は店長 本部 の指示によって決まります。 必ずしも自分の好きなジャンルの服を買えるわけではなく、プライベートでは着れないこともあるでしょう。 さらに、20代~30代向けのブランドは基本的に2~3週間で商品の入れ替えを行うので、その入れ替えのたびに指定された服を購入する必要があります。 給料の半分が服の代金で消えてしまったという話も少なくありません。 このアパレル業界のバイトは服が好きな人やたくさんシフトに入れる人は時給が高いのに加え、オシャレもできるので満足感を得られますが、 服に余り興味ない人は楽しめなかったり、シフトに入れない人は稼げない可能性があることを覚えておいてください。 体力勝負! アパレルスタッフはほぼ確実に立ち仕事で品出し等で広い店内をせわしなく動き回る仕事です。 女性の場合、ヒール必須なことも多く余計辛くなります。 セールや季節始めなどの繁忙期は非常に忙しく、なかなか休憩が取れないこともあります。 水分補給の時間やお手洗い休憩さえ取れず、ついていけなくて辞めてしまう人もたくさんいます。 セール期の残業は普通で、開店前から閉店後までみっちり仕事することもあります。 さらに、日常的にお客様との会話に神経を使うことになるので、精神面にも疲れてしまいます。 ただし、お客様とのコミュニケーションに関しては慣れてしまえば、疲れなくなる場合も多いですし、今のうちに身につけておけば将来確実に役に立つと思います。 華やかな業界ですが、仕事は仕事としてきちんと割り切った方が良いでしょう。

次の