一人暮らし 節約。 一人暮らしが読むべき節約術の教科書!実際に使えるテクニック30個も紹介

一人暮らしが読むべき節約術の教科書!実際に使えるテクニック30個も紹介

一人暮らし 節約

この記事のポイント• 理想的な支出割合を目安にお金を使い過ぎている項目がないか確認。 各支出項目に予算を設定し、予算内でやりくりする習慣をつける。 最初はなるべく細かく予算を設定するのがコツ。 生活の質への影響が少なく節約効果が持続する固定費や、明らかに無駄な支出から優先的に見直す。 この記事は約6分で読めます。 一人暮らし向け・節約&貯金のコツ特集!一人暮らしの方は基本的に自分の生活だけを考えればよいので、家計に余裕があるケースも多く、なかには収入の半分近くを貯金している方もいます。 しかし、お金を自由に使えることで、ついつい浪費しやすいのも一人暮らしの家計の特徴。 自己投資や趣味などにお金を使い、生活を豊かにすることも必要です。 しかし何も残らないような浪費や無駄な支出はなるべく減らしたいもの。 この記事では、一人暮らしの方が無理なく節約して、貯金を増やすための方法をご紹介します。 住んでいる地域や収入額など、それぞれの事情に応じて補正も必要な場合もあります。 そのため手取り収入の20%を貯蓄することを守れば、各項目の割合が多少違っても問題ありません。 とはいえ、理想の割合から大きく乖離していれば、その項目にお金を使い過ぎている可能性大。 優先的に見直しを検討すべき項目といえます。 細かく予算を設定しやりくりする習慣をつける 一人暮らしの方は収入をほとんど自分のためだけに使えるため、こづかいのように使ってしまいがちです。 ざっくりしたどんぶり勘定でお金を使っていることで、給料日前にお金が足りなくなってしまい、リボ払いやカードローンに手を出してしまうケースも。 毎月の貯蓄額は安定せず、貯金できない家計となりがちです。 貯金できる家計になるには、 各支出項目の予算を設定し、その予算内でやりくりする習慣をつけることから。 まずは上記の理想的な支出割合参考に予算を立てましょう。 最初はできるだけ細かく予算を設定するのがコツです。 たとえば、手取り20万円の方であれば、1ヶ月の食費の理想的な予算は 2万8000円。 米や調味料などまとめて買う必要のある食材に 8,000円を割り振れば、残りは 2万円。 1週間あたりでは 5,000円、週2回買い物に行くなら、1回あたりに使える金額は 2,500円まで。 このように、細かく予算を設定するほど、使える金額が明確になり実践しやすくなります。 先取り貯金で確実に貯金する 確実に貯金にお金を回す方法としては「 先取り貯金」が有効です。 先取り貯金とは、 毎月の手取り収入からその月の固定費と貯金分を先に差し引き、残ったお金で変動費(生活費)をやりくりする方法。 貯金分に差し引いたお金は、貯蓄専用口座に移すなど生活費とは分けて管理します。 これにより、お金を使いすぎて貯金に回すお金が残らないということがなくなります。 また、差し引いて残ったお金はすべて生活費として使えるため、貯金に回すお金を残さなければならないというストレスがなくなり、生活費として残ったお金のやりくりだけに専念できます。 結果としてお金が余れば、少し贅沢する余裕も生まれます。 主な固定費の見直しポイントは以下の通りです。 住居費の見直しポイント 引越し・家賃交渉 家賃の負担が重い場合、家賃の安い他の物件への引越し、あるいは今の家賃が周辺の家賃相場に比べ割高であれば家賃交渉を検討してみましょう。 家族の問題(転校・通勤)を考えなくてよい一人暮らしの方は、引っ越しのハードルが低く、見直しも比較的容易です。 保険料見直しのポイント 扶養家族がいなければ生命保険(死亡保障) は不要 両親を扶養しているなどの場合を除き、扶養家族のいない方は生命保険(死亡保障)は不要です。 入院などに備える医療保険については、貯蓄額などに応じて必要性を検討します(医療費のために使える貯蓄が100〜150万円程度ある方は、医療保険も基本的に不要です)。 なんとなく入っておけば安心という理由で生命保険に加入している方は、その必要性を再確認しましょう。 自動車関連費 必要性を検討(カーシェアリング・レンタカー・タクシー・公共交通機関を有効活用) 車を保有している場合、その必要性を考えましょう。 車を保有するには、車両代金に加え、ガソリン代、車検・メンテナンス費用、駐車場代、自動車保険料、税金など多くのお金がかかります。 使用頻度によっては、カーシェアリング・レンタカー・タクシー・公共交通機関を有効活用することで、大きな節約効果が期待できます。 ここでは、無駄な支出を削る具体的な方法をいくつかご紹介します。 生活に必要ないモノを買わない• コンビニの利用回数を減らす• 利用していないジムや習い事をやめる• 行きたくない飲み会などを断る• 外食を減らし自炊する 生活に必要ないモノを買わない 買ってから着ていない服、読んでいない本などは明らかに無駄な支出です。 買って満足するモノは生活に必要なく、そのようなモノを買わないだけでも大きな節約になります。 ただ、買ったときには必要だと思って買っているのが厄介です。 その対策としては、 すぐに買わず、1週間後に改めて必要かどうかを判断すること。 これだけでも、無駄な衝動買いはかなり減ります。 安物買いの銭失い状態の方は、本当に必要なモノだけをしっかり選んで買うよう心がけましょう。 そうすれば、使うお金が減るとともに、ひとつひとつのモノにかけるお金は増え、結果的に満足度が高まることが期待できます。 また使わないものを保管しておくスペースや収納が必要なくなり、収納用品などを買うお金も節約できます。 コンビニの利用回数を減らす コンビニに行くと、500円〜1,000円程度は簡単に使ってしまいます。 コンビニ通いが習慣になっていると、1日500円でも月にすれば15,000円となり、無視できない出費です。 なんでもコンビニで買っている方は、 コンビニで買っていたものを極力 スーパーやドラッグストアで買うだけで、同じものを買うにしてもかなりの節約になります。 コンビニに行く回数が減れば、余計なものをつい買ってしまうことも減ります。 コンビニを利用するなということではありません。 状況に応じたスーパーやドラッグストアとの使い分けが大切なのです。 利用していないジムや習い事をやめる ほとんど利用していないジムや習い事は、無駄になる可能性大。 やめても支障ないことがほとんどです。 行きたくない飲み会などを断る 特に行きたくない飲み会などで、断れるものは断りましょう。 人間関係を良好に保つために必要な部分もあり、無理に削る必要はありませんが、誘われた飲み会にとりあえず参加しているような場合、一部を断るだけでも交際費を節約できます。 外食を減らし自炊する 一人暮らしの方は外食が多い傾向があり、食費がかさみがちです。 とはいえ一人分だけ自炊するのは、なかなか難しいもの。 まとめて作って冷凍したり、翌日のお弁当にしたりといった工夫も必要となります。 ただし、料理経験のない方がいきなり自炊を始めると、材料を余らせたりして、逆に高くつくこともあります。 調理器具や調味料を揃えるのに最初はお金がかかり、三日坊主になってしまうと無駄になる可能性も。 自炊すると決めたのであれば、いきなり完璧を目指すのではなく、簡単なものでも続けることが大切です。 料理するのがどうしても苦手な方や、忙しくて時間が取れない方など、自炊がストレスになるなら無理に自炊する必要はありません。 ほかの部分で節約していきましょう。 一人暮らしの節約に関するまとめ 収入を自分のためだけに使える一人暮らしの方は、家計の管理が甘く、浪費しやすい傾向があります。 貯金できる家計になるためには、まずは 家計全体の状況を把握し、 予算を立ててお金をやりくりする習慣をつけることから。 貯金を増やすためには節約も必要ですが、続かなければ意味がありません。 必要な食費まで削るような極端な節約ではなく、 生活の質への影響が少ない固定費や、明らかに無駄な支出から削っていくことが、無理なく長続きする節約のコツです。 貯金ができない……お金の悩みはプロに相談してスッキリ解決! 「保険チャンネル」は、リクルートが運営するサービスで、お金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に「保険の見直し」「家計」「老後資金」「教育費・子育て費用」について無料で何度でも相談できるサービスです。 大手企業が運営しており安心して利用できますのでぜひご検討ください。

次の

【月1万円】自炊で食費を節約!一人暮らし向け超簡単レシピ人気15選とコツ!初心者向け食事メニュー料理

一人暮らし 節約

一人暮らしをしだすと、自分で家賃やら光熱費やら支払わないといけませんよね。 大学生は勉強しながらアルバイトの両立となるとかなり大変ですし、社会人となると尚更大変・・・。 そこのあなた、生活費が膨らんで思った以上に苦しい生活になっていませんか? 貯金にまわしたり趣味うお金をもっと増やしたいと思いませんか? そんな方は今回紹介する27の節約術を試してみてください。 これは私が福岡で一人暮らしをしていた当時に実践していた節約術です。 全てではないです 個人差はもちろんあるので一概に言えませんが、これを実践した私の場合は1ヶ月約1万円節約することができました。 この記事では、費用の大半を占める『光熱費と食費』の簡単な節約術を教えます! 目次• 水道光熱費 まずは下の統計をご覧ください! -2015年度 単身世帯の月平均の消費支出- 全支出消費合計:11,667円 電気:5,599円 ガス:3,291円 上下水道:2,092円 その他:685円 出典: これを下回れば、全国平均よりも節約ができているということ!レッツ節約!! スポンサーリンク 電気代の節約方法8つ 冷蔵庫の温度設定を『弱』に 冷蔵庫の内部に切り替えつまみがあると思います。 コンセントを抜く・ブレーカーを下げる 待機電力は電気代の約10%も消費しています。 何もしていないのに電気代を喰うニクイやつです! 使用しない家電製品はコンセントを抜く事、使用しない部屋ならブレーカーを下げる事を心がけましょう。 ちなみに、待機電力が大きいモノとしては• エアコン• ガス給湯器• パソコン などです。 コンセントを抜くのがイヤなら『電源タップ』を使おう! 通常コンセントを挿しっぱなしの電化製品は電源ケーブルの中に常時電気が通っている状態のため、それだけで電気代がかさみます。 夏場は冷房を外に逃さず、冬場は窓の冷気を防ぐことができます。 しかし、ステンドグラスのように装飾された断熱シートもあり、オシャレにコーディネートしながら節約できるなんてことも! エアコンを掃除すると電気代節約に! エアコンのカバーを開けてみてください。 ホコリがびっしりついていませんか? それじゃあせっかく エアコンが頑張っているのに、なかなか部屋が適温になりません。 無駄に電力を消費してしまいますので、エアコンを掃除しましょう。 エアスプレーを使ってホコリを吹き飛ばしたり、泡スプレーで汚れを分解すると簡単に掃除できます。 照明器具をLEDライトへ交換 白熱電球からLEDライトへ交換すると、照明の消費電力が約50%節約できます。 一般的な家庭の白熱電球はやわらかい明かりで安価ですが、寿命が短く、消費電力も比較的大きいです。 LEDライトは長寿命で消費電力もかなり少ないです。 白熱電球のように電池切れで買い替える必要はほとんどありません。 結果的に、 LEDライトは値段が高くなりますが、白熱電球を買い替えたりするコストも考えると、長い目で見た場合LEDライトのほうがより節約できるでしょう。 トイレのウォシュレットを控えよう ウォシュレットは寒い時期に便座を温めてくれたり、お尻を洗浄してくれたりとても便利な家電製品ですが、やはり電力を消費してしまいます。 また、待機電力も僅かながら発生していますので上記でも言った通り、コンセントをこまめに抜くことが大切です! 契約アンペア数を変更する これも少し面倒に思うかもしれませんが、本気で節約したいのならおすすめ! 契約アンペア数を少ないプランに変更することで、基本料金自体を節約できます。 下の図はブレーカーの色と容量と料金を表した図です 【東京電力のブレーカーの色と容量】 【契約アンペアごとの基本料金】 出典: 分電盤の中の一番大きいブレーカーがアンペアブレーカーで、それぞれの色に対応した容量で契約がされています。 また、 契約 アンペア数が少ないほどブレーカーは落ちやすくなりますが、基本料金は安くなります。 電力会社によって料金は異なります ダイエットしたいなら、胃自体を小さくして食べる量を強制的に減らそう!ってことね。 例えがウマいわ私。 逆に分かりづらくなったような・・・。 下図は電気機器のアンペア数の目安です。 【主な電気機器のアンペア数の目安】 出典: 電気機器を同時に使用した場合を考えて、アンペア数を足し算します。 例: 冷蔵庫と液晶テレビとドライヤーは一緒に使うよね。 式: 2. 6A 結果: 契約アンペアは20Aあれば同時に使うことが可能! その他器具を使用していない場合 照明など 逆に言えば、「合計したあんぺあすよりも低いブレーカーなら、ブレーカーが落ちて停電しますよ。 」という目安になります。 ガス代の節約方法1つ ガスと水道の節約は共通点が多いので、水道代の節約方法も見てくださいね! 料理は中火のほうがガス代を節約できる 強火だと早く料理ができて良い気がしますが、火が底からはみ出てしまって逆に効率が悪い! なので、 底面にまんべんなく火が当たる中火がガス代の節約になります。 ちなみに、鍋蓋・落し蓋をして熱を逃がさないようにするのもアリ! なべ底の水気をふき取ってから火にかける事も心がけましょう!もちろん中火で! 水道代の節約方法13つ 水道代、これってなかなか減らすのが難しいですよね。 なぜなら、水道から水を出しっぱなしで歯磨きしたり、手洗いしたりする人ってあんまりいないものです。 (それをしている人はまずそこを改めることから!) 東京都水道局が公表している 平成24年度の家庭での水の使われ方調査によると 出典:• 1位 お風呂 40%• 2位 トイレ 22%• 3位 炊事 17%• 4位 洗濯 15%• 5位 その他 6% という結果になりました。 水道代の節約については、1位から4位までのそれぞれの節約方法をまとめました! 浴槽1杯分のガス・水道代 = シャワー20分間のガス・水道代 要するに一人暮らしの場合は、下記が節約の目安になります。 お風呂に20分以上いる場合は浴槽を使う!• お風呂に20分以上いない場合はシャワーで! ここには追い炊きなどのガス代は含まれていませんので、あくまで目安としてお考えください! 節水シャワーヘッドで節約&健康体に! シャワーヘッドの節水効果は商品ごとに違いますが、 水道代の30~60%の節約効果が望めます。 乾燥肌やアトピー予防、シェイプアップ効果のあるものもあります。 商品のバリエーションや値段はピンキリなので、『節水シャワーヘッド』で検索していただいて、あなたの目でご確認ください! 風呂のみずかさを増やそう! 浴槽に、ペットボトルやポリタンクを邪魔にならない程度に置き、体積を増やすことで水道代を節約できます。 ビー玉を透明なペットボトルに入れて沈めることで、ちょっとしたインテリアになるかもしれませんね! ビー玉代はナシで…。 笑 残り湯を洗濯などに再利用 浴槽に溜まったお湯を洗濯物を洗う水として有効活用する方法です。 桶でくみ取って自力で行うのも手段の一つですが、風呂水ポンプ・ホースを使用した方が効率的です。 浴槽1杯分の残り湯を洗濯用水として全てくみ上げると、 約18円の水道代が節約できます。 洗濯物の臭いが心配な方は、すすぎのみに残り湯を使用することでほとんど解消されます。 また、 入浴剤は『残り湯に使用できる』という旨の説明がある商品であれば使用OKです。 貯水タンクのみずかさを増やそう! 浴槽でも使用したように、トイレの貯水タンクの中にペットボトルなどを入れる節約方法です。 トイレのレバー 大 を下げると、貯水タンクの全ての水を使い切ります。 そこで、 貯水タンクのみずかさを上げることで、流す際の余計な水を抑えることができます。 しかしやりすぎると、流す際の水量が足りなくなる可能性もありますのでお気を付けください! トイレは小レバーで流す! 大レバーでは一回で貯水タンクの水をすべて使い切りますが、小レバーでは手動で下げた分だけ流れる仕組みになっています。 すべて小レバーで流すことで、余計な水を流すことがなくなるので水道代の節約になります。 トイレは毎日行く場所なので、しっかり流れたか確認する点を忘れない事も含めて、こまめに心がけるようにしましょう。 キッチンや洗面所には節水コマを使用する 節水コマは水道に取り付ける部品で、水量の調節をする役割を担っています。 普段の水の出し過ぎを抑えられ、 東京水道局によると最大で50%の水道代節約になるようです。 電気代を気にするのであれば、洗浄モードが終わった後の乾燥モードは使わず、電源を切り、自然乾燥させると良いでしょう。 寒い時期も水で皿洗いする方は、食器洗い乾燥機を使用するよりも節約ができるのでそのままで。 食器は貯め洗いがおすすめ! 食器洗い乾燥機がない方・いらない方は貯め洗いと浸け置きを心がけましょう! 手順の一例としては• 食器についている固形物などを予め取り除いておく• 洗い桶に洗剤入り水を貯める• 桶に食器を入れ、浸け置きして汚れを落としやすくする 30分~1時間程度• 桶の中で食器の細かな汚れを落とし、桶の水を流す• 空になった桶の上で、食器をすすぎ洗浄完了• 貯まった桶の水でシンクや布巾などの汚れ落としに再利用する これを元に、あなたのライフスタイルに合った洗い方に変えていきましょう! 夏場の洗濯機の脱水モードは最短に! 理由は分かると思いますが、 夏場に天日干しした方が電気代の節約になります。 もちろん雨の日のように脱水モードを使わざるを得ない場合が出てきますので、そこは臨機応変に、です。 洗濯機には様々なモードが標準搭載されていますので、あなたのライフスタイルに合った機能を使いこなしましょう! 洗濯機の下に重いもの、上に軽いものを重ねる これにより、より洗濯物の回転がスムーズになり、汚れも落ちやすくなります。 ちなみに『注水すすぎ』より『ためすすぎ』のほうが、より水道代の節約になりますので、覚えておきましょう! 洗剤の量を適切に 水道・光熱費を節約するよりも、洗濯洗剤や食器洗剤を購入する値段の方が割高なものが多いです。 また、 洗剤の量が多ければ多いほど汚れが落ちるわけではないようですので、適度な量を把握して無駄遣いをなくしましょう! 雨水を有効活用! 雨水は水道代無料で半永久的に手に入る天の恵みです! 観葉植物の水やり、ベランダ清掃、トイレの水を流すなどに使いました。 ちょっとした場面で有効活用できるので貯めて損はないですが、家電類に使うのはだめですよ。 故障の原因になります。 また、長時間放置すると虫が発生しますので最低一週間以内には使うか捨てるかしましょう。 スポンサーリンク 食費 食費の節約方法5つ 食費を節約するとなるとみなさんどうしますか? 「外食を控えて、自炊をすると良い」と言われることもありますが、「そもそも料理しない」という方もいますよね。 しかし、あまりにも自分を束縛すると節約が苦痛になりますので、ちょっとだけガマンする程度にしておきましょう! 頑張っている自分へのご褒美は節約のモチベーションをあげる効果がありますからね! はらもちの良い食事を摂ろう! 乳製品や肉、魚はたんぱく質を多く含んでおり、腹持ちが良いので、空腹に悩みを軽減してくれます! また、食べた感のある食事を摂ることも重要になります。 固形物がベスト! 安いスーパーや安くなる時間帯を調べる スーパーの特売日などを狙ってまとめ買いをし、食費を浮かせる節約術! 仕事帰りの夜などの安い時間帯を狙って購入し、食費を浮かせる節約術! お惣菜は最大半額になるお店がほとんど ですので、次の日の食費まで浮かすことができます。 また、店舗ごとに様々な商品、価格で特売されますので、リサーチが必要不可欠となります。 食材を冷凍保存することで、次回の料理に使いまわすことが出来ます。 【時間の節約】ネットスーパーって知ってる? インターネットで注文を受け付けて、生鮮食品などの商品を個人宅まで配送するサービス。 商品の取り扱い品目は店舗同様に多種・多様であり、・などの生鮮食品から日用雑貨、肌着、家電の一部まで即日配達されている。 出典: 近くにスーパーやショッピングモールが無く、遠くまで買い物しに行かないといけない方はいませんか? そんな時は、 ネットスーパーが便利です! お金の節約も大切ですが、時間の節約も大切なことです! 概要は上記に書いた通りですが、気になる方は検索してみてはいかかでしょうか? まとめ 今回は一人暮らしの方へ節約方法についてご紹介しました。 節約とは「生活の無駄をなくして、きちんと蓄え、きちんと出費する」こと この記事の方法はあくまでも一例ですが、まだ試されていない方は、是非実践してみてください! スポンサーリンク.

次の

生活を豊かにする節約術!一人暮らし女性が無理なく貯金できる方法

一人暮らし 節約

この記事のポイント• 理想的な支出割合を目安にお金を使い過ぎている項目がないか確認。 各支出項目に予算を設定し、予算内でやりくりする習慣をつける。 最初はなるべく細かく予算を設定するのがコツ。 生活の質への影響が少なく節約効果が持続する固定費や、明らかに無駄な支出から優先的に見直す。 この記事は約6分で読めます。 一人暮らし向け・節約&貯金のコツ特集!一人暮らしの方は基本的に自分の生活だけを考えればよいので、家計に余裕があるケースも多く、なかには収入の半分近くを貯金している方もいます。 しかし、お金を自由に使えることで、ついつい浪費しやすいのも一人暮らしの家計の特徴。 自己投資や趣味などにお金を使い、生活を豊かにすることも必要です。 しかし何も残らないような浪費や無駄な支出はなるべく減らしたいもの。 この記事では、一人暮らしの方が無理なく節約して、貯金を増やすための方法をご紹介します。 住んでいる地域や収入額など、それぞれの事情に応じて補正も必要な場合もあります。 そのため手取り収入の20%を貯蓄することを守れば、各項目の割合が多少違っても問題ありません。 とはいえ、理想の割合から大きく乖離していれば、その項目にお金を使い過ぎている可能性大。 優先的に見直しを検討すべき項目といえます。 細かく予算を設定しやりくりする習慣をつける 一人暮らしの方は収入をほとんど自分のためだけに使えるため、こづかいのように使ってしまいがちです。 ざっくりしたどんぶり勘定でお金を使っていることで、給料日前にお金が足りなくなってしまい、リボ払いやカードローンに手を出してしまうケースも。 毎月の貯蓄額は安定せず、貯金できない家計となりがちです。 貯金できる家計になるには、 各支出項目の予算を設定し、その予算内でやりくりする習慣をつけることから。 まずは上記の理想的な支出割合参考に予算を立てましょう。 最初はできるだけ細かく予算を設定するのがコツです。 たとえば、手取り20万円の方であれば、1ヶ月の食費の理想的な予算は 2万8000円。 米や調味料などまとめて買う必要のある食材に 8,000円を割り振れば、残りは 2万円。 1週間あたりでは 5,000円、週2回買い物に行くなら、1回あたりに使える金額は 2,500円まで。 このように、細かく予算を設定するほど、使える金額が明確になり実践しやすくなります。 先取り貯金で確実に貯金する 確実に貯金にお金を回す方法としては「 先取り貯金」が有効です。 先取り貯金とは、 毎月の手取り収入からその月の固定費と貯金分を先に差し引き、残ったお金で変動費(生活費)をやりくりする方法。 貯金分に差し引いたお金は、貯蓄専用口座に移すなど生活費とは分けて管理します。 これにより、お金を使いすぎて貯金に回すお金が残らないということがなくなります。 また、差し引いて残ったお金はすべて生活費として使えるため、貯金に回すお金を残さなければならないというストレスがなくなり、生活費として残ったお金のやりくりだけに専念できます。 結果としてお金が余れば、少し贅沢する余裕も生まれます。 主な固定費の見直しポイントは以下の通りです。 住居費の見直しポイント 引越し・家賃交渉 家賃の負担が重い場合、家賃の安い他の物件への引越し、あるいは今の家賃が周辺の家賃相場に比べ割高であれば家賃交渉を検討してみましょう。 家族の問題(転校・通勤)を考えなくてよい一人暮らしの方は、引っ越しのハードルが低く、見直しも比較的容易です。 保険料見直しのポイント 扶養家族がいなければ生命保険(死亡保障) は不要 両親を扶養しているなどの場合を除き、扶養家族のいない方は生命保険(死亡保障)は不要です。 入院などに備える医療保険については、貯蓄額などに応じて必要性を検討します(医療費のために使える貯蓄が100〜150万円程度ある方は、医療保険も基本的に不要です)。 なんとなく入っておけば安心という理由で生命保険に加入している方は、その必要性を再確認しましょう。 自動車関連費 必要性を検討(カーシェアリング・レンタカー・タクシー・公共交通機関を有効活用) 車を保有している場合、その必要性を考えましょう。 車を保有するには、車両代金に加え、ガソリン代、車検・メンテナンス費用、駐車場代、自動車保険料、税金など多くのお金がかかります。 使用頻度によっては、カーシェアリング・レンタカー・タクシー・公共交通機関を有効活用することで、大きな節約効果が期待できます。 ここでは、無駄な支出を削る具体的な方法をいくつかご紹介します。 生活に必要ないモノを買わない• コンビニの利用回数を減らす• 利用していないジムや習い事をやめる• 行きたくない飲み会などを断る• 外食を減らし自炊する 生活に必要ないモノを買わない 買ってから着ていない服、読んでいない本などは明らかに無駄な支出です。 買って満足するモノは生活に必要なく、そのようなモノを買わないだけでも大きな節約になります。 ただ、買ったときには必要だと思って買っているのが厄介です。 その対策としては、 すぐに買わず、1週間後に改めて必要かどうかを判断すること。 これだけでも、無駄な衝動買いはかなり減ります。 安物買いの銭失い状態の方は、本当に必要なモノだけをしっかり選んで買うよう心がけましょう。 そうすれば、使うお金が減るとともに、ひとつひとつのモノにかけるお金は増え、結果的に満足度が高まることが期待できます。 また使わないものを保管しておくスペースや収納が必要なくなり、収納用品などを買うお金も節約できます。 コンビニの利用回数を減らす コンビニに行くと、500円〜1,000円程度は簡単に使ってしまいます。 コンビニ通いが習慣になっていると、1日500円でも月にすれば15,000円となり、無視できない出費です。 なんでもコンビニで買っている方は、 コンビニで買っていたものを極力 スーパーやドラッグストアで買うだけで、同じものを買うにしてもかなりの節約になります。 コンビニに行く回数が減れば、余計なものをつい買ってしまうことも減ります。 コンビニを利用するなということではありません。 状況に応じたスーパーやドラッグストアとの使い分けが大切なのです。 利用していないジムや習い事をやめる ほとんど利用していないジムや習い事は、無駄になる可能性大。 やめても支障ないことがほとんどです。 行きたくない飲み会などを断る 特に行きたくない飲み会などで、断れるものは断りましょう。 人間関係を良好に保つために必要な部分もあり、無理に削る必要はありませんが、誘われた飲み会にとりあえず参加しているような場合、一部を断るだけでも交際費を節約できます。 外食を減らし自炊する 一人暮らしの方は外食が多い傾向があり、食費がかさみがちです。 とはいえ一人分だけ自炊するのは、なかなか難しいもの。 まとめて作って冷凍したり、翌日のお弁当にしたりといった工夫も必要となります。 ただし、料理経験のない方がいきなり自炊を始めると、材料を余らせたりして、逆に高くつくこともあります。 調理器具や調味料を揃えるのに最初はお金がかかり、三日坊主になってしまうと無駄になる可能性も。 自炊すると決めたのであれば、いきなり完璧を目指すのではなく、簡単なものでも続けることが大切です。 料理するのがどうしても苦手な方や、忙しくて時間が取れない方など、自炊がストレスになるなら無理に自炊する必要はありません。 ほかの部分で節約していきましょう。 一人暮らしの節約に関するまとめ 収入を自分のためだけに使える一人暮らしの方は、家計の管理が甘く、浪費しやすい傾向があります。 貯金できる家計になるためには、まずは 家計全体の状況を把握し、 予算を立ててお金をやりくりする習慣をつけることから。 貯金を増やすためには節約も必要ですが、続かなければ意味がありません。 必要な食費まで削るような極端な節約ではなく、 生活の質への影響が少ない固定費や、明らかに無駄な支出から削っていくことが、無理なく長続きする節約のコツです。 貯金ができない……お金の悩みはプロに相談してスッキリ解決! 「保険チャンネル」は、リクルートが運営するサービスで、お金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に「保険の見直し」「家計」「老後資金」「教育費・子育て費用」について無料で何度でも相談できるサービスです。 大手企業が運営しており安心して利用できますのでぜひご検討ください。

次の