映画 マーガレット サッチャー。 映画「マーガレットサッチャー鉄の女の涙 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 : 作品情報

映画 マーガレット サッチャー

13歳の頃のサッチャー 州で、食糧雑貨商の家に生まれる。 父アルフレッド・ロバーツは地元の名士であり、市長を務めた経験もあった。 サッチャーの生家は代々の敬虔な信徒であり、生家の家訓であった「質素倹約」「自己責任・自助努力」の精神はサッチャーにも色濃く受け継がれた。 父アルフレッドを非常に尊敬し、サッチャーは「人間として必要なことはすべて父から学んだ」とたびたび口にした。 大学時代から研究者に [ ] で化学を学び、に卒業。 一方、大学時代にはの経済学にも傾倒していた。 このころに培われた経済学に対する思想が、のちの (ネオ・リベラリズム/Neoliberalism)的な経済改革(いわゆる)の源流になった。 その後、研究者の道に進み、ライオンズに就職した研究者時代にに空気を混ぜてかさ増しする方法を研究したことがある。 化学が専門であり、の研究を行っていた時期もある。 下院議員 [ ] 、から議員選挙に立候補するが落選。 翌に10歳年上のと結婚し、法律の勉強を始める。 には資格を取得する。 なお、この当時は女権拡張について強く訴えていた。 に下院議員に初当選を果たし、から内閣で教育科学相を務める。 このとき、教育関連予算を削減する必要に迫られたサッチャーは、学校におけるの無償配給の廃止を決定し「 ミルク泥棒(Margaret Thatcher, Milk Snatcher)」と非難されるなど、猛烈な抗議の嵐を巻き起こした。 保守党党首 [ ] のとともに(1978年) の選挙で保守党は敗北を喫し、翌2月に保守党党首選挙が行われる。 当初、サッチャーは党内のを支持していたが、ジョセフは数々の舌禍を巻き起こして党内外から反発を受け、立候補を断念した。 そのため、右派からはサッチャーが出馬する。 教育科学相の経験しかないサッチャーの党首選への出馬を不安視する声も多かったが、を破り保守党党首に就任する。 同年、イギリスを含む全35か国で調印、採択されたを痛烈に批判した。 これに対し、の「(「赤い星」、現在でも機関紙として刊行)」は1月24日号の記事の中で、頑固なサッチャーを 鉄の女と呼び、非難した。 この「」の呼び名は、サッチャーの強硬なを揶揄するためのものだったが、サッチャー自身も気に入り、その後あらゆるで取り上げられたために、サッチャーの代名詞(愛称)として定着した。 総選挙 [ ] の選挙では、以後に継続されてきた高の社会保障政策、支出の拡大継続 、経済の規制緩和、組合対策で疲弊した水道・電気・ガス・・鉄道・航空()、そして自動車()の民営化によるイギリス経済の競争力強化を公約に掲げ、保守党を大勝に導く。 なお総選挙の際、2週間で体重を9キロ減らすダイエットを実施していたことが、サッチャー財団の保管していた資料から明らかになっている。 仮に首相に就任すれば報道への露出が増すことを想定し、実施したと推測されている。 ダイエットの中身は食事のコントロールが主で、を1日に4個から6個食べる、や穀類を減らす、好きななどの飲料は週4日までに制限、間食を絶つといった内容だった。 イギリス首相 [ ] 内政 [ ] 訪問時(1982年) 総選挙後、女性初のイギリス首相に就任した。 イギリス経済の建て直しを図り、公約通りに政府の市場への介入・過剰規制を抑制する政策を実施した。 こうした経済に対する思想は、あるいはと呼ばれ、理論的にはやの保守哲学、同じくハイエクやの経済学を背景にしていると言われる。 エドワード・ヒース内閣での教育大臣だった時代、サッチャーは中道政策に反対しなかった。 しかし1979年に首相になるころには、の支持者になっていた。 27パーセントを記録した率は、非効率な国営産業とその巨大な組合、混合経済の失敗が原因だと流言することに成功した。 そのインフレ率はとその後のなどで、価格が高騰したことと大きく関係していたにもかかわらずである。 サッチャリズム [ ] カテゴリからの派生 詳細は「」を参照 サッチャーはに基づき、・・・・・などのの民営化や、システム改革を掲げ、それらを強いリーダーシップで断行した。 さらに改革の障害になっていたの影響力を削ぎ、 ・ の大幅な税率の引き下げを実施した。 一方、(消費税)はに従来の8パーセントから15パーセントに引き上げられた。 が暗殺されてから数か月後、はを17パーセントへ引き上げた。 公約であったインフレの抑制には成功した。 しかし、首相就任からまもなくイギリスの失業者数は倍増し、には300万人を上回る。 サッチャー政権において、英国のは以降最悪の数字を記録した。 失業率はその後も半ばまで減少せず(1986年以降は1990年まで減少)、これによりサッチャーの支持率は低下した。 そのため小さな政府の柱のひとつであった完全を放棄し、政策に転じた結果、は回復した。 らを唱える経済学者はサッチャーの変節を非難したものの、総じてイギリス国民からはこの転換が受け入れられ、支持率も回復の兆しを見せた。 、教育法を改定した。 は独自性が強く、カリキュラムも学校別の独自性が強いものだった。 サッチャーは、使用されていたのひとつ「はどのようにイギリスにやってきたのか」(イギリスの人種差別や、を批判的に扱う内容)が的な内容であるとして使用を止めさせようとしたが、政府に教科書の使用を制限する法的権限が存在しなかった [ ]。 そのためサッチャーは教育界の反対を押し切り、「(1)全国共通のを作り、非に対してもの授業を必修とするなど『自虐的』内容の是正」「(2)全国共通学力テストの実施」「(3)学校当局に、地方教育委員会からの離脱を認め、その場合は政府直轄とする(政府とともに、親の発言力を強める)」という内容の法改正案を成立させ、大胆なも実行した [ ]。 IRAテロ [ ] 、保守党党大会開催中のにて、投宿していたホテルでによるに遭っている。 議員やその家族など5人が死亡、30人あまりが負傷した。 外交 [ ] のとともに(1981年) 外交では、冷戦の下でアメリカのとのなどのサミット国を中心に、西側諸国の首脳と共同歩調をとり、冷戦終結までのプロセスではのと協力し、冷戦の終結に大きな影響を与えたとされている。 しかしとの早期の「」には懐疑的だった。 ERM参加 [ ] サッチャーがの立場をとっていたことは通説であるが、サッチャーは1975年の離脱を問う国民投票では残留を主張した。 サッチャー政権下においても、1986年にEECを強くするためのに署名した。 加盟の前段階となる加入には強く反対の立場であったことは事実である。 「事がうまく運んだとしてもERM加入はプラスにはならない。 事がうまく運ばなかった場合はERM加入は状況を悪化させるだろう」とサッチャーは考えていた。 (サッチャーの経済アドバイザー)も、ERM加入はへの投機攻撃の圧力を強くするだろうと懸念していた。 ERMは為替レートの安定どころか不安定化の要素だとし、ERMに加入すべきではないとウォルターズは考えていた。 とはいえ、とその後任らの働きかけに押され、英国をERMに加入させたことも事実である。 ローソンは1987年ごろから為替レートの安定化政策を主張し始めた。 1988年にはサッチャーとローソンの関係は悪くなっていた。 1980年代後半からの拡張型金融政策によって英国経済が成長していた状況下、インフレ抑制を好むサッチャーと安定な為替レートを好むローソンの対立が次第に顕在化し始めた。 それでもEMUに対するサッチャーとローソンの見解は一致していた。 両者ともにEMUには反対していた。 その年の中ごろ、が閣内不一致となるスピーチをするようになった。 ハウはERMに関してローソンとほぼ同じ意見であった。 1989年にはがERM加入のメリットをサッチャーに力説した。 英国がERMに加入することでERMの発展を英国主導で行えるとブリタンは主張した。 その年の5月にはウォルターズが公式にサッチャーの助言役として復帰、これによってサッチャーとローソンとの間の確執は決定的になった。 ローソンはとの為替レートを見ながらイングランド銀行の利上げを主張、一方のウォルターズは景気を悪化させるとして利上げには反対だった。 サッチャーは内閣改造により、ハウをにし、ローソンを留任させた。 しかし、結局ローソンは辞任し、ウォルターズも辞任することになる。 サッチャーは後任人事としてジョン・メージャーが適任と考えた。 いつかはメージャーがサッチャーの後任を務めるだろうとサッチャーは考えていた。 メージャーに経験を積ませたいとサッチャーは考え、メージャーを財務大臣にした。 しかし、メージャーはERM参加に熱心になり始めた。 1990年には、ERM参加のメリットは為替レートの安定だけでなく金利を下げることでもあるとメージャーは主張した。 さらには(ローソンらとの対立で顕在化した保守党内の内部抗争について)ERM参加によって保守党が団結でき、(それが経済にもよい影響を与え)次回の総選挙に勝てるのだともメージャーは主張した。 その年にイギリスはERMに加入した。 フォークランド紛争 [ ] ・サミット(1990年) に、南大西洋のでが勃発する。 アルゼンチン軍のフォークランド諸島への侵略に対し、サッチャーは間髪を入れず艦隊・爆撃機をフォークランドへ派遣し、多数の艦艇を失ったものの、アメリカの協力をうけた2か月の戦闘の結果、6月14日にはを陥落させ、を放逐した。 サッチャーの強硬な姿勢によるフォークランド奪還は、イギリス国民からの評価がきわめて高い。 しかし、貧弱な装備のアルゼンチン軍に最新鋭のを撃沈されられたことなどは、軍事専門家からは懐疑的な論文がに発表されている。 この際、「人命に代えてでも我が英国領土を守らなければならない。 なぜならば国際法が力の行使に打ち勝たねばならないからである」(とはそのものであり、その国家なくしては国民の・の存在する根拠が失われるという意味)と述べた。 イギリス経済の低迷から、支持率の低下に悩まされていたサッチャーは、戦争終結後「我々は決して後戻りしないのです」と力強く宣言し、支持率は73パーセントを記録する。 フォークランド紛争をきっかけに、保守党はサッチャー政権誕生後2度目の総選挙で勝利し、これをきっかけにサッチャーはより保守的かつ急進的な経済改革の断行に向かう。 香港譲渡問題 [ ] 9月にはサッチャーが訪中し、ここに英中交渉が開始されることになった。 は「」の要求で妥協せず、イギリスが交渉で応じない場合は、武力行使や水の供給の停止などの実力行使もありうることを示唆した。 当初、イギリス側は租借期間が終了する新界のみの返還を検討していたものの、イギリスの永久領土である香港島や九龍半島の返還も求める猛烈な鄧小平に押されてサッチャーは折れた恰好となった。 1984年に、両国が署名したが発表され、イギリスはに香港の主権をに返還し、香港は中華人民共和国の特別行政区となることが明らかにされた。 この譲渡および返還決定は、フォークランド紛争の際と対照的なその弱腰な姿勢が国内外から大きな批判を浴びた。 南アフリカ [ ] の大会では、サッチャー政権のの政策に抗議した32か国が、大会をボイコットした。 に属する国家や地域が、アパルトヘイト廃止のためにを支持していたが、サッチャー政権はイギリスの貿易と経済への影響を考え、経済制裁には反対していた。 ドイツ [ ] サッチャーは若年期に、によるとの激しい戦争を経験しており、そのために対して強い警戒心を持ち続けていた。 に当たっては、のとともに強い懸念を持っており、特にサッチャーは、統一が実現すれば英雄となるが第2のとなり、前までのドイツの領土すべてを要求してくるという考えに囚われていた。 また、「コールはドイツが分割された理由を分かっていない」と憤り、の翌日、での議員たちが自発的にを歌ったという報告を聞いて戦慄したという。 イラク [ ] のの侵攻の際に起きたでは、当該のBA149便がクウェートに着陸した経緯についてイギリス議会で問題とされたものの、サッチャーは「着陸後1時間経ってから侵攻が行われた」と証言をした。 しかしこのことは、サッチャーの内で嘘の証言であったことが明らかにされている。 首相辞任 [ ] 保守的かつ急進的な改革を断行する強い姿勢から3度の総選挙を乗り切ったサッチャーだったが、任期の終盤には(community charge)の導入を提唱してイギリス国民の強い反発を受け、また欧州統合に懐疑的な姿勢を示した。 このため財界からもイギリスが欧州統合に乗り遅れる懸念を表明する声が上がり、の党首選では1回目の投票で過半数を獲得したものの、2位との得票数の差が15パーセント以上に達せず、規定により第2回投票が行われることとなったために求心力がさらに低下し、結局11月22日に首相および保守党党首を辞任する意向を表明した。 首相辞任後とその晩年 [ ] からは議員を務め、政治の表舞台から退いた。 に長女が、サッチャーのが進み、夫が死亡したことも忘れるほど記憶力が減退していることを明かし、2008年付の『 ()』紙が詳報を掲載した。 それによると、8年前から発症し、最近は首相時代の出来事でさえも「詳細を思い出せなくなってきた」としている。 一方でサッチャーの功績に関する書籍を出版したイアン・デールは、2010年にサッチャーと面会した際には目の前の出来事を把握するのに難があったものの、首相時代の記憶ははっきりしていたと証言している。 2012年、にできた腫瘍を取るため入院し手術を受けた。 2013年、のため死去したことが、サッチャー家のスポークスマンより発表された。 87歳没。 死去後 [ ] セントポール寺院に運ばれるサッチャーの棺 はサッチャーの葬儀を4月17日にで、との参列を賜る準にすると発表した。 サッチャーの棺は霊柩車でからのある地域を通過し ()で大砲馬車に乗り換え、に至る。 首相経験者の葬儀に(エリザベス女王)が参列するのは、に亡くなった以来48年ぶりであった。 その一方で、イギリス各地では首相在任中のいわゆる「」政策によって圧迫された、や元教員の間で「彼女の死を祝賀するパーティ」が見られた。 さらにネット上には「(サッチャーによって)地獄が民営化されようとしています」「(サッチャーが)地獄に落ちてわずか20分で地獄のかまどが3つ廃炉になった」などと、首相在任時期の政策と絡めて批判するが登場した。 また「鐘を鳴らせ!悪い魔女は死んだ」(映画『』の挿入歌)が、英国音楽ダウンロードチャートの1位となった。 また死者にささげる言葉「」を「鉄の女」の異名にかけて「安らかに朽ちよ(Rust In Peace)」として批判する者もいた。 4月16日午後、サッチャーの棺はに運ばれた。 宮殿内の教会に棺は安置され、近親者による葬儀が執り行われた。 翌4月17日、サッチャーの棺は宮殿からホワイトホールを経てクレメントディーン教会まで運ばれ、そこで大砲馬車に乗り換えられた。 で包まれたサッチャーの棺の上には、2人の子からの花が置かれていた。 棺の後にはが音楽を演奏しながら追従した。 サッチャーの家族やなど要人らが待つセントポール寺院前で、儀仗兵に担がれて棺は内部に運ばれ安置されると、国歌『』が流れるなか、エリザベス女王とエディンバラ公を乗せた御料車が到着した。 女王夫妻が司祭の先導で聖堂内に姿を現すと、出席者から拍手が起きた。 そのあと ()に司式による葬儀が行われた。 多くの市民が沿道に詰めかけ、「鉄の女」の最後の別れを見送る一方で、「サッチャーの葬儀のために我々の血税を使うな」という抗議デモもロンドンで起きた。 評価 [ ] この記事にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2020年6月) イギリスでの評価 [ ]• その非常に強硬な政治方針と信念から、在任中もその後も、イギリス国内では非常に毀誉褒貶の激しい二分された評価がある。 財政赤字を克服しイギリス経済を立て直した救世主 [ ]として国内外の・の政治家・経済論者からはいまだに高い評価を受けているが、一方で失業者を増大させ、地方経済を不振に追いやった血も涙もない人間としての評価もある。 優遇政策をとったことから、や労働者からの評価は低い。 旧来の勢力からも、古き良き英国の伝統を破壊した政治家として批判に晒されることがある。 その後、保守党から政権を奪取したの政権が成立すると、サッチャーによって廃止された地方公共団体や公企業が復活し、民営化によるサービス低下への対策が図られた。 また教育政策においても、サッチャー政権が導入した競争型の中等学校が事実上廃止され、公立学校の地位向上が図られるなど、の弊害除去がイギリスの重要な政策になった()。 その福祉政策も、またの遠因となる結果になっている。 日本での評価 [ ]• サッチャーの首相就任からまもなく、に選出されたのも的な政策を数多く打ち出した。 さらにでもが新自由主義を主導し、は各国において新自由主義が台頭する時代となる。 またこの時期、においても、に首相に就任したにより、や(1987年)などが行われた。 また日本では、、、など、現在の歴史教育は「自虐的」と考える論者から、「偏向自虐を克服した先例」とされた。 に行われた改正や制度導入の動きは、サッチャーを模範としたものである。 語録 [ ]• 「あなたの旗はでしょう? 私の旗はです」• 「我々はのないではなく、のない世界を目指すべきです」• 「社会というものはありません。 あるのは個人と家庭だけです」• 「私はというものは、さほど重要なものであるとは思いません。 あれは時間の浪費の原因のようなものですから」• (議会で動物擁護法案が通過する際、を飛ばす野党議員に対して)「お黙りなさい!これはあなた方のためにもなるなんですからね!」• (「長期政権はに反するのでは」と質問した記者に対して)「あなたはのことを批判するのですか?」• (開戦に反対する閣僚たちに向かって)「この内閣に男は1人しかいないのですか? 「言ってほしいことがあれば、男に頼みなさい。 やってほしいことがあれば、女に頼みなさい」• 「金持ちを貧乏にしても、貧乏人が金持ちにはなりません」 家族 [ ] 夫のデニス・サッチャーとの間に娘、息子マークのの子供がいる。 デニス・サッチャーは、1991年に(Baronet)になり、と呼ばれる。 マーガレットの政治活動についても助言を行い、妻は夫の助言に素直に従っていたが、あくまで家庭内での夫婦関係に留め、これを公にせず、賢い妻に対して愚かな夫であるように演じていたと言われる。 1982年、長男のマークはに出場中に一時行方不明となり、世界を巻き込んだ大騒動になる。 その際、サッチャーは「息子が見つからなかったらレースを中止にさせる」と発言したと言われる。 最終的にマークは無事に発見・保護され、ラリーは世界的に認知された。 2004年8月には当時居住していたで、「のクーデターを企んでいた傭兵へ資金援助を行った」容疑で逮捕されたが、すぐに200万(約4,000万円)の保釈金によりされ、イギリスへの帰国を認められた。 2005年1月に南アフリカ政府とをし、「資金提供は認めるが、クーデターの意図は知らなかった」ということで、4年(つき)と300万ランド(約6,000万円)のを支払った。 また娘のキャロルも、系テニス選手のに対して差別的発言を行い問題となった。 授爵・叙勲 [ ]• 1992年、として位を授爵し、女男爵(Baroness)として貴族院議員になる。 1995年、を受ける。 、在世中の元首相では初めて、英国議会議事堂()内に銅像が建立された。 なお、建立に際しサッチャーは、「鉄の像(「鉄の女」にかけている)になるかと思ったのですが、銅像ですね…銅もいいですよね、錆びないから」と述べ、周囲の笑いを誘った。 1995年(平成7年)5月、日本から勲一等が贈られている。 儀礼的な叙勲でなく、個人的な功績によって同章の勲一等が授与された、きわめて珍しい例である。 サッチャーを扱った作品 [ ] ドキュメンタリー・映画 [ ]• ドキュメンタリー マーガレット・サッチャー 鉄の女の素顔(2012年)• (2012年)主演:• 鉄の女サッチャー激動87年人生(2013年) 書籍 [ ]• サッチャー 私の半生〈上・下〉(1995年) 脚注 [ ] []• 2013年4月8日閲覧• NHKニュース 日本放送協会. 2013年4月8日. の2013年4月8日時点におけるアーカイブ。 2013年4月8日閲覧。 Vallely, The Independent, News, 8 Aprl 2013• YOMIURI ONLINE. 2010年1月31日. 2010年1月31日閲覧。 公定歩合は厳密には市場原理で決定されるため、17%という数値はに向けて外資が積極的に受け入れられた結果とも考えられる。 Blanchard and L. Summers, NBER Macroeconomics Annual Vol. 1 1986• Berlinski, The Washington Post, Opinions, 22 Dec 2011• Thatcher, The Downing Street Years, Harper• 「湾岸戦争 MI6人質奪還作戦」ディスカバリーチャンネル• CNN. 2013年4月9日. 2013年4月9日閲覧。 ロシアの声 2012年12月22日. 2012年12月23日閲覧。 BBC News 2013年4月8日. 2013年4月8日閲覧。 ブルームバーグジャパン 2013年4月8日閲覧• The Guardian 2013-4-8• AFPBB 2013-4-11• Demotix. com:• [ ]、 (『』より。 司会、安倍晋三、古屋圭司、、による座談会)• The poor will not become rich even if the rich are made poor. 関連項目 [ ]• :総長、名誉総長を務めた。 :"When Maggie Thatcher dies we,re all avin a party"(サッチャーが死んだらパーティだ)というがある。 外部リンク [ ] ウィキクォートに に関する引用句集があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - マーガレット・サッチャー財団• - (一般財団法人・日本) 公職 先代: 第71代:1979年 - 1990年 次代: 先代: 野党第一党党首 1975年 - 1979年 次代: 先代: エドワード・ショート 教育科学大臣 1970年 - 1974年 次代: レジナルド・プレンティス 議会 先代: フィンチリー選挙区選出 1959年 - 1992年 次代: 党職 先代: 第13代:1975年 - 1990年 次代: 受賞 先代: 1998年 次代:.

次の

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 : 作品情報

映画 マーガレット サッチャー

スポンサーリンク 第二次世界大戦後のでは、ゆりかごから墓場までという高社会福祉政策のスローガンを下に、多くの物が国有化され、公共サービスとして提供されていました。 しかし、この政策は結果としてイギリス政府の財政を圧迫し、さらに市場での競争を減らすことになり、特に1960年代に入るとその低迷は顕著になりました。 このような難しい舵取りが必要な中で現れたのがマーガレット・サッチャーという名前の女性で、イギリス初の女性首相として、サッチャリズムと呼ばれる社会経済政策を強硬な姿勢で推し進めた結果、見事この難局を打開したのです。 マーガレット・サッチャーと、彼女が推し進めた政策とはどういったものだったのか? サッチャーのプロフィールと共に、彼女の政策「サッチャリズム」の内容までを簡単に紹介していきます。 マーガレット・サッチャーとは? マーガレット・サッチャー (1925〜2013)、本名マーガレット・ヒルダ・サッチャーとは、イギリスの政治家で同国の第71第首相を、1979年5月4日から1990年11月28日まで務めた人物。 女性としてはイギリス初の首相で、さらに首相となるおよそ4年前の1975年から(1990年まで)は、イギリス保守党初の女性党首の座にありました。 大西洋のフォークランド諸島の領有を巡って1982年にアルゼンチンとの間に勃発したフォークランド紛争に勝利したり、冷戦時代にはアメリカのロナルド・レーガン大統領と強固に連携してソ連を筆頭とした東側に対抗するなど、強い姿勢で巧みな外交を展開しました。 一方で、内政面でも優れた手腕を発揮しました。 特に、ゆりかごから墓場まで政策によって、• 社会保障や負担の増加• 企業国有化による政府財政の負担増• 国民の勤労意欲低下• 既得権益の発生 などが起こり、1960年代から長期に渡ってイギリス経済は低迷していた状況で、イギリス経済を再生させることを目的とした社会経済政策(一般的に サッチャリズムと呼ばれる)を打ち出して推進したことは有名。 このサッチャリズムを強い姿勢で推し進めた結果、 「 イギリス病」と揶揄された長期の社会・経済低迷から国を立ち直らせたのです。 ただし、1989年頃から始まった景気後退に直面して行き詰まったこと、さらに、急進的な側面を見せながらも保守的で、自らの主張を曲げずに強権的な姿勢を取り続けたことに対しての批判が高まった結果、1990年11月28日に首相を辞任することとなりました。 マーガレット・サッチャーは、保守的で強硬な政治姿勢によって「鉄の女」という異名で呼ばれるものの、国の舵取りが難しい時期に強い姿勢で外国から自国を守った点、イギリス病からイギリスを救った点、さらに女性初のイギリス首相という点では評価が高い人物なのです。 サッチャーの政策(サッチャリズム)の内容を簡単に紹介 鉄の女と呼ばれるマーガレット・サッチャーが採用した政策(サッチャリズム)は、弱っていたイギリスを再生させて復活させたわけですが、サッチャー政権が採用した政策とはどういったものだったのでしょうか? その政策の中でも最も注目を集めたポイントをピックアップして、それぞれ簡単に紹介していきます。 サッチャーの政策1:通貨主義と景気後退への対応 経済の貨幣的な側面を重視するマネタリスト(通貨主義者)で、新自由主義を代表するアメリカの学者であったミルトン・フリードマンによる通貨主義の理論に基づき、1979年、イギリスの金利は大幅に引き上げられました。 この施策は、価格の上昇、つまり インフレの拍車に歯止めをかけることが目的でした。 その結果、失業率は増加したものの、1981年からインフレは鎮静化に向かい、政府が最も危惧していた物価上昇を食いとめる結果となり、サッチャーの政策はその点では成功をおさめました。 またインフレが鎮静に向かい始めた1981年、サッチャー政権で財務大臣を務めていたジェフリー・ハウは、税金を引き上げて公共支出と政府赤字を削減することにも成功しています。 サッチャーの政策2:住宅政策 イギリス病によって拡大した政府赤字を削減する目的のために、サッチャー政権の下では 公共住宅が販売される 住宅政策が実施されました。 1919年に地方自治体はそこに住む住民に対して公共住宅の供給を義務付けられたこともあり、 この政策が実施されるまでのイギリスは、住宅供給のために多くの支出を余儀なくされていたのです。 1980年に実施されたこの政策によって、それまで公営住宅に住んでいたテナント達が、大幅な割引価格で公営住宅を購入することができるようになります。 その結果、1987年を迎える頃には、合計100万件以上の住宅が販売される結果となるなど、不動産を所有することが出来たテナント達から大きな支持を集めると同時に、政府赤字の削減にも繋がっていきました。 サッチャーの政策3:民営化と規制緩和 サッチャー政権は、サッチャリズムと呼ばれる経済政策の中で、主な公益事業を含む数ある国営企業を 民営化する政策を実施しました。 それまでは「ゆりかごから墓場まで」と呼ばれる高福祉政策が取られていたため、通信、ガス、水道、鉄道、航空など、多くの事業が国によって営まれていたのです。 これらの国営事業が政府財政に重くのしかかっていたこと、資本主義を謳いながらも共産主義的な政策によって経済面での競争が起こらずに低迷していたことから、マーガレット・サッチャーはこの点に関してメスを入れることにしました。 例えば、1984年には英国電信電話会社を民営化し、200万人以上の人々が会社の株式を購入。 その後もブリティッシュ・ガスなど、国営企業の民営化は続きました。 さらに1986年、サッチャー政権は、銀行、金融サービスおよびロンドン市内における大規模な規制緩和を打ち出し、これによってロンドンは21世紀に入ると世界における金融サービスの中心的な場所となっていったのです。 ちなみに、最も議論の対象となった国有鉄道は、サッチャー政権ではなく、サッチャーの辞任後に首相となったジョン・メージャーの政権下で民営化されました。 サッチャーの政策4:労働組合に関する法律の制定 サッチャー政権下では、労働法の改正などによって、 労働組合が連帯して活動することが禁止されました。 これは、 1970年代から恒常化して頻発していた労働組合によるストライキを鎮静させ、経済を安定させていくために採用された施策です。 この労働組合に対する政策の下で制定された法律は、政治的なストライキを禁止し、労働者がストライキを起こすことのできる理由も規制したのです。 さらに、労働組合がストライキなどの争議行動を起こした結果生じた被害に関しては、組合がその責任を負わなくてはいけないことが明確化され、加えて政府が最大で250,000ポンド (当時の日本円で1億2000〜1億4000万円)を差し押さえることが出来るとしました。 サッチャーの政策5:教育へ競争原理を導入 マーガレット・サッチャーが目標としたイギリスの再生を達成するために採用されたサッチャリズムは、経済面だけでなく社会面でも推し進められていったわけですが、その一例として教育面への施策を挙げることが出来ます。 1988年に制定された教育改革法では、教育現場にも市場と同じ「 競争原理」を導入し、それによって国を担う国民の学力レベルの水準を引き上げると同時に、国が水準を一定レベルに維持・管理するためにも中央集権化を目指したのです。 この法律の下で実施された施策の具体例としては、• 標準到達度試験(Standard Attainment Test:SATs)• 学校のランキング• ナショナルカリキュラム• 学校が異なっても国家が求める水準を満たすための枠組み の導入などを挙げることが出来ます。 合わせて読みたい世界雑学記事• 彼女に関してさらに知りたい場合は、2011年に公開された伝記映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を鑑賞してみるのもおすすめです。

次の

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙のレビュー・感想・評価

映画 マーガレット サッチャー

解任までもささやかれる中の、1982年4月2日朝、英国中を揺るがす一大事件の報が英国民の耳に飛び込んできた。 「アルゼンチン、フォークランドに武力侵攻」。 英国が南太平洋上で実効支配するフォークランド諸島の領有権を主張するアルゼンチンが、同諸島を取り戻そうと、突如部隊を派遣したのだ。 つい1週間前、国防省はひとつの軍事計画を提示していた。 それは、アルゼンチンのフォークランド侵略を抑止する防衛計画。 ところが、サッチャーは「アルゼンチンがまさかそんな愚かなことをするはずがない」と取り合わなかった。 まさに青天の霹靂というべき事態が今、現実のものとして英国を襲ったのである。 サッチャーは間髪を入れずに軍隊の派遣を主張。 党内には慎重論が多かったものの半ば強引にまとめ、武力行使に応戦する意向を示した。 そして空母2隻を主力とする軍隊がフォークランドに向けて出動した。 のちに「フォークランド紛争」と呼ばれる戦いである。 1ヵ月半が過ぎたころ、サッチャーのもとに一本の電話が入る。 中立の立場にあった米国のロナルド・レーガン大統領からだった。 「アルゼンチンを武力で撃退する前に、話し合いの用意があることを示すべきではないだろうか。 それが平和的解決の糸口だ」 するとサッチャーは、「アラスカが脅威にさらされたとき、同じことが言えますか?」と反論。 その強い信念を誰に止められよう。 「軍事力によって国境が書き換えられることがあってはならない」と、武力には屈しない姿勢で提案を跳ね返したのだ。 英国民にとって、はるか遠くに位置するこの諸島は、決してなじみのあるものではなかったが、日々伝えられる戦況に触れ、かつて大英帝国と称された誇りの、最後の断片をたぐり寄せるかのように、愛国心は高まりを見せていく。 そしてアルゼンチンのフォークランド上陸から約2ヵ月、アルゼンチンの降伏によってこの紛争に終止符が打たれた。 「Great Britain is great again. 英国は再び偉大さを取り戻したのです」。 この勝利は、フォークランド諸島を守り抜いたという事実以上のものを意味し、将来の見えない母国に不安を感じていた国民の心に大きな希望の光をともした。 右肩下がりだった『冷血な女』の支持率は、祖国に自信を取り戻させた『英雄』として、急上昇するのだった。 翌年に行われた総選挙では、労働党に対し、前回の選挙を上回る圧倒的大差をつけて勝利。 政権は2期目に突入し、サッチャーの世直し政策は勢いを増す。 良好な盟友関係を築いていたロナルド・レーガン米大統領と。 1984年、 米大統領別荘キャンプ・デーヴィッドにて。 夢を与えた大衆参加の資本主義 首相就任直後から行われた国有企業の民営化も、引き続き実施されており、国民生活に大きな変化をもたらしていた。 新政権発足時に政府の管理下にあった企業の数は、放送や銀行などの公共性の高い企業のほかに、およそ50社。 なかには、今では民営が当たり前と考えられるような、自動車メーカー「ロールスロイス」「ジャガー」なども含まれた。 国が運営する以上つぶれる心配はないといった安心感は、同時に就労者の意欲や向上心を低下させる。 そう考えるサッチャーのもと、国有企業の民営化が次々と図られていった。 民間への移管は、政府の持ち株を一般大衆も対象に売却する形で行われた。 つまり従業員も株を取得することが可能となり、業績が好転すれば配当金も受け取れるようになった結果、株主たる労働者の仕事に対する姿勢が変わったのは言うまでもない。 さらに政府が所有する資本の切り売りは、住宅分野にも適用された。 低所得者に賃貸されていた公営住宅の大胆な払い下げが実施されたのだ。 階級社会の英国で、当時、家や株などの資本を持つということは、上流あるいは中流層の特権。 そのため労働者層にとって、マイホームを持つということは、夢のまた夢と考えられていただけに、人生観に大きな変化を生じさせかねないほど革新的な政策だった。 サッチャーは勤勉に励めば夢がつかめるということを示し、その夢は手頃な価格で手に入るよう配慮された。 売却額は平均で相場の50%オフ。 破格のものだった。 この政策を通し、一部の労働者層は、これまで手に届くはずなどないと思われた幸福をつかみ、財を手にする者も増えていった。 サッチャーは、「労働者階級の革命家」とも称されるようになる。 Great Britain is great again. (英国は再び偉大さを取り戻したのです) フォークランド紛争から帰港した空母「HMS Hermes」。 勝利を祝うため多くの市民がユニオン・ジャックを手にかけつけた。 労働組合との死闘 労働組合が強大な力を有していたことも、英国経済と人々の勤労意欲にブレーキをかける原因のひとつだった。 1970年代には毎年2000件以上のストライキが行われるような状況の中で、企業経営者の経営意欲は低下。 好んで英国に投資する外国企業などあるはずもなく、サッチャー政権にとって労働組合の力を押さえ込むことは急務だった。 なかでも、やっかいな存在だったのは全国炭鉱労働組合(NUM: The aional Union of ineorkers)だ。 石炭は国の重要なエネルギー資源であるため、彼らは政府の弱みを握っていたといっても過言ではない。 当然、政府もしぶしぶ要求を呑まざるを得ない状況にあった。 1973年にはストによるエネルギー不足のため、当時の政府が国民に「週3日労働」を宣言したこともあるほどだ。 そのNUMに、まるで宣戦布告をするかのようにサッチャーが打ち出した政策は、採算の取れなくなっていた鉱山20ヵ所を閉鎖し、合理化を図ることだった。 もちろんNUMはだまっていない。 1984年3月、無期限ストに突入した。 政府にも劣らぬ権力を持っていたNUMは、サッチャー政権の打倒を目指し、政治闘争を激化させた。 サッチャーにとって敗北はつまり、政権の終焉を意味し、結果次第では自身の進退も問われる状況となっていた。 当初は勢いのあったNUM。 しかし、ストが長期化するにつれ、ストよりも雇用の確保という現実的な世論が強まり、次第に力を失っていく。 これに対し、サッチャーは組合活動に規制を設けたほか、非常事態に備え、あらかじめエネルギー供給源を確保するなど、緻密な準備を行い、挑んでいく。 最終的には政府の『作戦勝ち』で1年に及んだ闘いは幕を閉じた。 以降、労働組合によるストは減り、組合の攻勢の中で萎縮していた企業経営も活動意欲を見せ、健全さを取り戻していくこととなる。 一方、炭鉱の町では、「私の家族は、あの女に殺された」と、今も根に持つ人も少なくない。 仕事を奪ったばかりか、町に暮らす若者の希望の芽を摘み取ったと嘆く人もいる。 職を失い途方にくれる人々にとって、『鉄の女』がもたらした政策は非情かつ冷徹。 弱者を踏み潰したと、恨みを募らせていった。 サッチャーの毅然とした態度は、「そんなことなど構うものですか」という印象を与え、ますます嫌われていくようになる。 このように、サッチャーが求めた国民の意識改革は、すべての人を幸せにしたわけではなかった。 見方によっては、弱者を支えた福祉制度を壊し、自由という名の競争社会で強者をより強くしたと捉えられ、さらなる格差につながったといわれている。 またコミュニティの崩壊により、周りと協力し合った時代は過ぎ去り、代わって訪れたのは、自由競争社会の中で、自分さえ良ければいいという自己中心的な社会と指摘する人もいる。 産業の活性化を目指し、英国企業の売り込みや、外国企業の英国誘致を先頭に立って行ったサッチャー。 日本の自動車産業にも目をつけ、1986年9月に日産自動車が進出するに至った。 英国日産本社の開所式に訪れ、発展を祈った。 世界中から資金が集まり、なかでもロンドンは世界最大級の金融都市に発展したことで、サッチャーの政策は一定の評価を得てきた。 しかし2007年に起きた世界金融危機は、英国金融業界にも深刻な影響を及ぼした。 脆弱さが露呈し、サッチャリズムの重大な欠陥として表面化している。 また製造業から金融業などのサービス業へと重点がシフトしたため、国内の産業が空洞化する結果となった事実は長年指摘されていることである。

次の