ホワイトニングネット 口コミ。 キス マットシフォンUVホワイトニングベースの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

アルバニア ホワイトニングクリームの口コミに惑わされるな!アルバニア ホワイトニングクリームの口コミと体験を比較して感じた事

ホワイトニングネット 口コミ

ホームページから簡単に予約できました。 ホワイトエッセンス 御茶ノ水デンタルクリニックへGO まずは ネットで予約を入れて、電車のアクセス的に行きやすかった御茶ノ水を選択。 全国に175か所あるということで、都内だけでもかなりの数があって非常に便利、これが大手の強みだと思います。 JRの御茶ノ水駅を降りて有名な湯島のニコライ堂の横の道を下っていきます。 すぐに大きなビル(三井住友海上ビル)があってその地下1階にホワイトエッセンスはありました。 かなり立派なビルの中に構えていることに驚きました。 (テナント料高そう)院内の雰囲気はいたって普通のというか、当たり前に清潔感のあるデンタルクリニックといった感じでした。 施術的にはカウンセリングをしてくれた女性の方の説明等もわかりやすく安心感があり、どのコースでいくかもすんなり決めることができました。 結果としては白くなった!という有難い内容なのですが、一応写真も載せますが効果のほどはいまいちわかりにく画像になってしまっているので補足すると、もともとが私の歯がそれほど黄色くなかったということ。 平均よりも明るいトーンだったので、スタンダードホワイトニングのプランで十分白くなるんじゃないかということでそのコースにしました。 スタッフの方の言う通り、結果も平均より白くなって、鏡を見て明らかに違うという感動を得ることができました。 ただこれはもとの歯の色、質によって結果は変わってくるそうなので、あくまで参考程度にしてください。 カウンセリングを受けてプロの意見を素直に聞く、ここがポイントではないでしょうか。 ネットの口コミは信じるな 前述しましたが、歯が白くなるかはもとの色、質によってまちまちなわけで、自分が平均と比べてどのぐらいのトーンの歯なのかとか質などはわからないわけです。 よくあるネットの口コミで、白くならなかったことへの怒りのような書き込みがあるわけですが、その多くはまず値段の安いコースを選んで白くならない!と叫んでる感じのものが多いように感じます。 値段が安いということはそれだけ薬剤の強さが低かったり、照射時間が短かったりすることで安い値段を広告的に打ち出しているので、その価格に対してはここまでしか白くなりませんよ、というのは宣伝する側としては隠しておく事情なのではないでしょうか。 また情報が専門的すぎることから、素人が安易にネットだけで判断してしまうのは非常に危険です。 クリニック側が無料のカウンセリングを提供しているわけですから利用しない手はないと思います。 料金と白さは比例する? ホワイトニングを調べると、料金の差があることが悩んでしまうポイントだと思います。 ただ平均的にある程度の成果を感じている人の多くは2万円前後から5万円ぐらいの出費をしてはじめて歯の白さを実感したという意見が多いように感じます。 注意したいのは、何千円という破格の安さを広告でうたっているところです。 よく見ると照射時間が10分だけとか、薬剤の強さまでは明記してませんが、わざと弱めのものを使って白くするにはもっと通ってもらわないとというよなセールスになり、結局白くするためには普通よりも多く払うはめになるというパターンです。 設備的なもの、薬剤の種類、照射の時間等鑑みて ホワイトエッセンスの料金というのはスタンダードとして見ていい料金プランという気もします。 かなりの大手ですからそれだけ研究費や設備面でも優位にたてるわけですから、もしかすると安い部類になるのかもしれませんが、まかせて安心というところでは間違いのないクリニックだと思います。 口コミの見分け方 口コミの中で気をつけて見る点は、極端なものです。 一回でこんなに白くなりました!といって新庄みたいな異常な白さの歯の写真をアップしてあるやつはかなりあやしいと思っていいと思います。 芸能人やセレブの方がインスタなどであげている写真はホワイトニングではなく、ホワイトティースコーティングと呼ばれる白い樹脂を歯に塗っている場合が多いようなので、インスタ映えを狙っている方はそちらをおすすめします。 ただ不自然な白さは印象を逆に悪くする可能性もあるのでほどほどに 自然な白さが一番ではないでしょうか。 ホワイトエッセンスの返金保証 ホワイトニングは安い施術ではありませんので、高いお金を払って白くならないとなった場合には客としてはやはり納得のいくものではありません。 ホワイトエッセンスの代表的なプランについては 返金保証制度があるのでそこは非常に安心で、もしかすると一番重要なポイントではないでしょうか。 定期的に通うようなちょっと高めのプランについても中途解約の制度があるので、そこはカウンセリング時にしっかりと納得のいくまで質問をして事前に確認をとっておくことが大事だと思います。 実際にプロの方を前にすると何を聞いていいかわからなくなってしまうこともあるので、 メモなどを持参することを個人的にはおすすめします。 ホワイトニングの注意点 歯のホワイトニングは基本的に結果は出ると考えていいと思いますが、中には白くならない、もしくはやめた方が良いケースもあるようなので注意が必要です。 人工物をかぶせたり詰め物をしている歯や神経が死んでしまっている歯などはホワイトニングホワイトニングには不向きなようです。 またテトラサイクリン歯と呼ばれる歯などは、ラミネートベニアやデュアルホワイトニング、ダイレクトボンディングといった通常の歯とは違う方法が良いということなのでカウンセリング時に確認が必要かと思います。 エナメル質や象牙質の成長不全といったまれなケースで白くなりにくい場合もあるようですが、そういったかなりレアなケースには返金保証制度もあるわけですから、とにかくネットの前で悩まずに専門の医師に聞くということが一番ではないでしょうか。 また妊娠、授乳中の方はその時期のホワイトニングの安全性が証明されていないようで、ホワイトニングではなくクリーニングである程度の白さを目指す方向をすすめているようです。 その時期にわざわざ白くしなければいけない事情というのも少ないとは思いますが気をつけたいポイントです。 ホワイトエッセンスの口コミ例 友人がすでにホワイトエッセンスで白くしていたのを見ていたので、安心して診てもらうことができました。 結果も最初にカウンセリングを受けた時の内容そのままという感じだったので非常に満足です。 ケチって一番安いコースを選びました。 歯の白さもなんとなく予想はしてましたが、少しトーンが明るくなったかなという程度のものでした。 安物買いの銭失いではないですが、もう少しお金をだしてもうちょい白くすればよかったかなと後悔しています。 歯の白さ的には満足のいく結果でしたが、歯科助手の方でしょうか、あまり愛想がなく最初の受付の時から感じが悪かったのが気になりました。 医療系はわりと緊張してしまうので、もう少し愛想があってもいいんじゃないでしょうか。 勤め先の近くにホワイトエッセンス、ホワイトニングみたいな看板があったので、ずっと気にはなっていて、ホワイトニング自体よく自分で調べもせずに、直接飛び込んで話を聞いて、勢いで受けてしまったという感じです。 歯は問題なく白くなったんですが、あとでネットで調べたら値段が高いんじゃないかと、ちょっと損をした気分になってしまいました。 値段の差があるのがよくわからない。 ホワイトエッセンスの口コミ評判をみていると、おおむね 白くなったという結果としては満足がいっているお客さんが多いように感じます。 ただチラホラあるのが、スタッフの方の態度に対するクレームのようなもの、これは全国規模で展開する大手であればそれだけ人数も増えてこうしたフィーリング的なクレームも増えてしまうのはいたしかたないのかなあとも思います。 医者と患者という立場になるとどうしてもナーバスになりやすい状況がうまれてくるのだと思います。 そして次に多い悪い口コミとしては、値段が高いというものでしょうか。 ただこれには関しては前述している通り、値段と白さは比例する、安い料金を広告に出しているところはそれなりにしか白くならず、 同様に白くする場合は結局お金はかかってくるというのが、ホワイトニングあるあるのカラクリではないでしょうか。 ホワイトニングの種類について ホワイトエッセンスの場合、大きくわけて3つの方法が用意されています。 オフィスホワイトニング(クリニックで施術してもらうもの)、ホームホワイトニング(マウスピースや薬剤など購入し家で各自がやるもの)、デュアルホワイトニング(上記二つを合わせたもの)、効果としては最後のデュアルホワイトニングが一番であるようですが、その人のもとの色やどこまで白くしたいのかという目標によっても違うので、自分で決めずにまずはカウンセリングをうけて歯科医、歯科衛生士などの専門家に相談の上、コースを決めていくのが最善ではないでしょうか。 ホワイトエッセンスはデンタルグッズも市販されていないようなものを取り扱っていたりするので、アフターケアには力強い味方です。 シェードガイドがあるので安心 ホワイトニングのクリニックによってはシェードガイドを使わないところもあるようです。 このシェードガイドがないと我々素人にはどの程度白くなったのかということはわかりにくいわけで、やはり施術前にきちんと現状を示し、結果も同様にガイドにそって見せてくれるというのは非常に安心して受けられる要素だと思います。 ホワイトエセンスでは各コースで大体このぐらいになりますという目安を先に提示してくれるので、とても選びやすい親切なサービスだと思います。 シェードガイドの詳細はホームページで説明されています。 選ぶコースに迷ったらとりあえずカウンセリングのみで、そこで相談の後コースを決めるのがベストだと思います。 予約ページでお近くのホワイトエッセンスがみつかります。 ホワイトニングの症例実績でいうと、ホワイトエッセンスは1035000件(内ホワイトニング651000件、クリーニング484000件)と他とは桁が違います。 歯だけでなく医療全般でそこの症例実績というのが、安心材料のポイントとして見られるところなので、この点からいってもホワイトエッセンスは業界のトップを走っているといってもいいんじゃないでしょうか。 今年に入っても、筑西、東福山、阪神西宮とニューオープンが続いているようですし、ますます利用が便利になっていくと思います。 SNSがホワイトニングを後押し? 最近の歯のホワイトニングはちょっとしたブームにもなっている感じがします。 若い人にとっては美容院やエステに行く感覚で、定期的にホワイトニングをしている人も増えてきているようです。 ツイッターやインスタで、白い歯を見せるというのは、もはやセレブだけの特権ではなくなっているということでしょうか。 ホワイトエッセンスを運営する会社では、LINEでの情報も発信しているようです。 事前にもっと掘り下げてから行きたいという方には、友達追加で内容を見てみるのもおすすめです。 ホワイトエッセンスのオプションメニュー ホワイトエッセンスが大手である理由、他よりも支持されている理由に普通の歯科医院にはないサービスがあることがあげられると思います。 その一つが「くちもとビューティー」というカテゴリーでくくったメニューです。 中身は、オーラルリフレクソロジー(口の中の40か所を刺激してマッサージ、顔のコリやむくみ、ゆがみやほうれい線にアプローチする口腔内のアロママッサージで、口の中のツボは臓器各所によいとされているようです)、歯ぐきピーリング(成人の半数が黒ずんでいるという歯茎のメラニン色素をピーリングしてピンク色の健康的な歯茎にもどすというもの)、ホットリップエステ(コラーゲンを入れるような唇エステではなく、三種類のペプチドエキスと温パック効果でふっくらとしたリップが手に入る)、こういった歯だけでなくその口周り全体をケアするという発想は、確かに今までにない、しかしごく当たり前のニーズに着目した画期的なサービスではないでしょうか。 歯だけ白くなっても、歯茎、唇とその周りが汚かったら台無しなわけで、特に女性には人気のサービスのようです。 料金もホットリップエステなどは3000円からということなので非常に試しやすい価格ではないでしょうか。 モデルさんなどが、ホワイトエッセンスを支持する理由がなんとなくわかります。 病みつきになるホワイトニングに注意 一度クリニックで白くすると、その後のメンテナンスに気を使う人が増えるのも事実です。 コーヒーや煙草を吸う人は程なくして色が戻ってくるわけですから、鏡の前でその進行具合が気になって仕方がない人が多いようです。 ホワイトエッセンスで提供しているホームホワイトニングのキットは、クリニックで白くした歯をキープするのに非常にありがたい存在です。 同じで医院でケアしてくれるので安心ですし、自分専用に作ってくれるマウスピースがひそかに嬉しいアイテムなんです。 型をとって自分だけにフィットするマウスピースで、専用のジェルを使って自宅でするホワイトニングは結構楽しい作業です。 ちょっとした強迫観念ではないですが、一度白くするとそれをキープするために今まで以上に気を使ってしまう人もいるようなので、白さもほどほどに、不自然な白さはかえって変ですから。 他のクリニックとの価格を比較• パッと見、値段に惹かれるのですが 白くするまでには結局数万円かかってしまうというパターンではないでしょうか。 ホワイトエッセンスでもある程度の白さを求めるスタンダードプランの場合は15000円かかってしまいます。 上にあげたホワイトニングが比較的専門のクリニックですが、やはりある程度の白さまで行くには、2~3万円程度が標準でその点ホワイトエッセンスの標準価格である15000円は安い方ではないでしょうか。 商店街などのいわゆる町の歯医者さんでも3万円前後からの設定が多いように感じます。 あと気になったのが返金保証制度について多くのクリニックがきちんと触れていない点です。 ホームページ上で、どこか小さく書いてあったりするのかもしれませんが、大きく明記してあるのを確認できるクリニックは少ないような気がしました。 大手であるホワイトエッセンスの強みはこういうところにもあるのではないでしょうか。 *よくホワイトエッセンスと検索していると、トゥービー・ホワイト ホワイトニングエッセンスやアスタリフト・ホワイトエッセンスなど色んな商品にこの「ホワイトエッセンス」という言葉が使われているのでややこしいです。 エッセンス essence には本質的なものといった意味や、植物から抽出した香油の意味などがもとで、バニラエッセンスなどはよく聞くと思いますが、そこからきてホワイトエッセンスというのは美肌などにもよく使われる言葉です。 (アスタリフト・ホワイトエッセンスはスキンケア系です)またトゥービー・ホワイト ホワイトニングエッセンスの方はただの、というと語弊があるかもしれませんが、歯磨き粉です。 デンタル歯科のホワイトエッセンスとは別の会社なのでごっちゃにならないように注意しましょう。 本家が出している[ホワイトニング・美白用歯磨き粉]ホワイトエッセンス クリストホワイトだったり、 アスタリフト ホワイトエッセンス インフィルト だったり、 肌ナチュール ホワイトエッセンスだったり、 トゥービー・ホワイト ホワイトニング エッセンス プレミアムだったり、 ミュゼコスメ ホワイトエッセンス for デリケートスキンだったり、とにかくややこしいです。 ホワイエッセンス渋谷を体験してきた友人にインタビュー 歯のホワイトニングの話をしたら、がぜん興味をもってきた友人が渋谷でホワイトエッセンスを体験してきたということなので、彼女に話をきいてみました。 ちなみにホワイトエッセンス渋谷はハチ公口の方を出て、タワレコに向かう道の途中、渋谷MODIの向かい側で非常にわかりやすいです。 そうですか…でも、ホワイトニングしなくても十分白かったと思うけど。 8000円の一番安いコースだったけど、あのガイド通りに3段階白くなった。 もとが白いからマイルドコースで十分だよね。 ちょっと歯医者というよりサロンっていうかエステっぽい印象。 安いと白くならないっていうし、しょうがないけど、だからホントたまにご褒美でエステ行く感じで、エステよりもいいかも、白くなったていう結果がわかりやすいから。 市販のやつとは違うみたいだから。 彼女いわく20代の女子の間でも歯のホワイトニングはかなり話題になるとのこと。 あからさまに白い歯を見せつけられるとインスタなども後ろを押す感じで、自分もやってみたいと思ってしまうそうです。 日本全国新庄化現象になるのも気持ち悪いですが、自然な白さ、ここを目指すべきではないでしょうか。 ホワイトエッセンスのお客様満足度調査が示すもの ホワイトエッセンスが公表しているお客様満足度調査の結果が上の図です。 954人にアンケートをとった結果ですが、ダントツの2つが、「スタッフの接遇がいいから 307人」と「施術効果があるから 268人」になっています。 注目したいのは料金については気にしていない人がほとんどであるという点です。 そもそもホワイトニングをする人自体が金銭的に余裕があるのかもしれませんが、日本の消費者が価格ではなくサービスとその内容に重点をおく傾向にあるということではないでしょうか。 安物買いの銭失い的なデフレ思考からの脱却が進んでいる結果でしょうか。 しっかりとしたサービスと白くする結果にコミットしているホワイトエッセンスがトップを走る理由が、この調査結果からもわかるかと思います。 もちろん大阪、京都、九州、北海道と全国170以上あるので、近くの医院は必ず見つかると思います。 ホワイトエッセンス運営会社情報 会社名:株式会社エイ・アイ・シー 住所:本社 東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル 営業所 大阪府大阪市北区梅田2-4-13 阪神産經桜橋ビル 代表取締役:坂本佳昭 電話お問い合わせ:0120-70-8846.

次の

【化粧品】パーフェクト ホワイトニング キット│ファンケルオンライン

ホワイトニングネット 口コミ

セルフホワイトニングと歯医者さんでのホワイトニング…これらは一体何が違うのでしょうか。 今回の記事では歯医者さんで行うホワイトニングとセルフホワイトニングの違い、メリット・デメリットを紹介します。 事前に知っておくことで、選択する際の基準になりますね。 是非最後まで読んでください。 必ず各院の治療方針をお確かめの上、ご自身の症例にあった歯医者さんをお選びください。 セルフホワトニングは医療行為ではない オフィスホワイトニング(歯医者さんでのホワイトニング)は、歯科医院で施術される医療行為です。 医療行為かどうか、という観点で見ると、セルフホワイトニングは医療行為に当たりません。 これは、自分でホワイトニングをおこなうか、歯医者さんにおこなってもらうかという違いがあるだけではありません。 実は、セルフホワイトニングサロンや専門店では、歯医者さんと同じ薬剤や機械を扱うことが認められていません。 その理由を詳しく解説していきます。 1-1スタッフに国家資格を持つ人がいない セルフホワイトニングサロンや専門店では、スタッフがお客さんのお口の中に触れることができません。 現在の日本の法律では、歯科医師や歯科衛生士以外の人がお口の中に触れると違法と見なされます。 国家資格を保持していないスタッフが薬剤を塗ったり、洗浄したりすることができないため、「セルフホワイトニング店」=「お客さん自身にホワイトニングをしてもらうお店」という形態を取っています。 1-2歯医者さんで扱う薬剤は使えない 歯医者さんのホワイトニングでは、主に「過酸化水素」や「過酸化尿素」が主成分の薬剤を用いて歯を漂白しています。 これらは医薬品に分類されるため、歯科医師や歯科衛生士がいないお店(セルフホワイトニングサロン・専門店など)では扱うことができません。 万が一扱っていた場合には違法となるため、注意してください。 セルフホワイトニングで扱っている薬剤は、店によって違いがあるようです。 主に重曹やポリリン酸、炭酸カルシウム、メタリン酸などを用いることが多くあります。 これらの薬剤は、ホワイトニング効果のある市販の歯みがき粉にも配合されている成分で、資格がなくても扱うことができます。 1-3歯医者さんで扱う機械は扱えない セルフホワイトニングでは、LEDで照射することで歯を白くしていきます。 一方、オフィスホワイトニング(歯医者さんで行うホワイトニング)では、医療機器として認められた機械(ハロゲンライトやレーザーなど)を歯に照射し、歯を白くする効果を高めます。 医療機器の管理・販売については薬事法で規制されているため、サロンや専門店に医療機器を設置することはできません。 話題のセルフホワイトニングとは 2-1 セルフホワイトニングは自分ですべて行う 歯医者さんで行うホワイトニングは、歯科医師や歯科衛生士がホワイトニング薬剤を塗り、照射します。 一方、セルフホワイトニングは患者さん(お客さん)自身がすべての施術をおこないます。 ホワイトニングの質が自分の手に委(ゆだ)ねられることになりますが、歯医者さん独特の雰囲気は少なく、リラックスできるかもしれません。 2-2 安価に治療できる セルフホワイトニングは自費診療であるため、クリニックによって値段に差があります。 費用目安は 1 回で 3000 円~5000 円程度とオフィスホワイトニングに比べて安価です。 費用が安価であれば、定期的に施術を受けやすいのではないでしょうか。 セルフホワイトニングに配合されているポリリン酸やメタリン酸といった成分は、とても穏やかに作用します。 食品添加物としても用いられていますので、刺激を与えづらいです。 飲食物や喫煙により、ステインが付着してしまった人は 1 度でも効果を感じやすいでしょう。 元から歯の色が黄ばんでいる人や、加齢で歯の色がくすんでしまった人が、セルフホワイトニングのみで歯を真っ白にすることは難しいでしょう。 均一に薬剤が塗布できないことが原因で、場合によってはムラができてしまいます。 虫歯や歯周病があった状態でホワイトニングをすると、薬剤が刺激になり痛みが発生する場合もあります。 セルフホワイトニングの施術の流れ セルフホワイトニングの施術内容はお店によってそれぞれ異なりますので、ここでは基本的な流れを説明します。 ホームページに記載していることもあるので、詳しく知りたい場合は、セルフホワイトニング店のHPをチェックしましょう。 分からない点、不安な点、悩んでいる点などをカウンセリングで話します。 歯の表面や歯間の汚れをしっかり落として、セルフホワイニング効果を高めます。 水でゆすいだ後はティッシュなどでしっかり水気を取り除きます。 薬剤の厚みが変わらないように丁寧に塗ることで、ムラになりません。 照射時間は機械やサロンによって異なります。 ライトを照射中に痛みや違和感が出たら、無理をせずスタッフに相談するようにしましょう。 ティッシュで落とす、水でゆすぐ…など、セルフホワイトニングのお店によって違いがあります。 回数はクリニックによって違うので、あらかじめ聞いておくと良いでしょう。 このときに、薬剤が歯や歯茎に残らないようにしっかり磨きましょう。 薬剤の残りがあると、後々その刺激によって痛みが発生することもあるので気を付けてください。 歯医者さん でのホワイトニングを勧める3 つの理由 6-1 セルフホワイトニングは自己責任 基本的にセルフホワイトニングサロンには、お口の状態を診てくれる歯科医師や歯科衛生士がいません。 そのため、虫歯や歯周病があったとしても、自分では気付かず施術してしまうことも少なくありません。 もし、治療中や治療後に異変が出たとしても「自己責任」となります。 歯医者さんによるホワイトニングであれば、歯科医師や歯科衛生士がいるので、必ず治療前にお口の中の検査をおこないます。 治療中や治療後に何か異変を感じれば、その原因を探し治療をしてくれるでしょう。 一部のセルフホワイトニング店には、歯科医師や歯科衛生士がいることがあります。 セルフホワイトニングを受けたい場合は、事前に問い合わせてみるのも良いですね。 6-2 ある一定以上は効果を感じづらい セルフホワイトニングはオフィスホワイトニングと比べると漂白作用は少なく、歯の表面の汚れを取ることが主な作用となります。 そのため、ステインなどの汚れは取れるものの、本来の歯より白くすることは難しいでしょう。 元の歯の色よりも白くキレイな歯を目指すのであれば、歯医者さんでのホワイトニングをおすすめします。 6-3 歯や歯茎にダメージを与えることも セルフホワイトニング店ではすべて自分で施術するため、人によっては歯や歯茎にダメージを与えることもあります。 特に薬剤が歯茎に付着することで、痛みが出やすくなるためです。 薬剤を塗るときに厚みに差が出てムラになってしまうと、それをキレイにするのに費用と回数がかかってしまうケースも考えられます。 ホワイトニング方法を検討するために 7-1 オフィスホワイトニングのデメリット セルフホワイトニングについて詳しく紹介しましたが、オフィスホワイトニング(歯医者さんでのホワイトニング)にもデメリットがないわけではありません。 濃度の強い薬剤は歯を白くする効果も期待できますが、デメリットとなる場合もあるということです。 薬剤によって知覚過敏が悪化するきっかけには、以下のものが考えられます。 ・ホワイトニング前の歯の象牙質が露出している ・虫歯や歯周病 ・詰め物や被せ物にひび割れやすき間がある 基本的に、上記の問題を解決してからホワイトニングを開始します。 しかし、施術中や施術後に知覚過敏を引き起こした場合、いったんホワイトニングを中断し、知覚過敏に対する治療をおこないます。 知覚過敏の原因がない人でも、強い薬剤の塗布によって歯の神経が過敏になり、知覚過敏と同様の症状を感じる場合があります。 ホワイトニングの薬剤が原因の知覚過敏は、数ヶ月で回復するとされています。 歯医者さんでのホワイトニングも自費診療に当たるため、医院によって値段が異なります。 ・歯の質によっては色ムラが出る ・1回の施術では想定していたより白くならない これらは、歯の質や特徴が人によって異なるため発生します。 歯に厚みがあったり効果が出にくい歯質だったりすることで、想定した均一な白さにならないことがあるためです。 それほど頻繁に起こることではありませんが、実際に施術してみないとわからない部分でもあります。 ・被せ物や詰め物が多い ・入れ歯、差し歯など人工の歯がある ・歯にヒビがある ・歯の神経を抜いてしまった、または、神経が死んでしまっている ・抗生物質の影響で歯の変色が強い 歯医者さんで受けられる2種類のホワイトニングのデメリットについては、以下の記事でも詳しく解説しています。 2種類のホワイトニングとは、オフィスホワイトニングと、ホームホワイトニングのことです。 また、歯医者さんで受けられるホワイトニングの費用については、以下の記事で詳しく解説しています。 ホームホワイトニングの基本知識、メリット・デメリットに関しては、以下の記事で確認することができます。 まとめ 白い歯は清潔感や明るいイメージにつながります。 せっかく顔の印象を明るくできるホワイトニングで、後悔したくないですよね。 様々なホワイトニング方法を比較して、納得できる方法で歯が白くできたらベストですよね。 「どれくらい白くしたいか」「いつまでに白くしたいか」「いくらまでに費用を抑えたいか」など、ホワイトニングする上で譲れない条件を定めるのも一つの方法です。 なお、歯医者さんによっては「ホワイトニングコーディネーター」というスタッフがいるところもあります。 これは歯科医師や歯科衛生士が取れる資格のひとつで、ホワイトニング専門の講習と試験を合格した者のみが有する資格です。 一概に、資格ある方の施術が良いとは言えませんが、さまざまな見解から貴方にあった施術を提案してくれるのではないでしょうか。 ホワイトニングコーディネーターに相談するのも、様々な選択肢を得る手段かもしれません。

次の

【LDK美白美容液1位】ETVOS(エトヴォス) ホワイトニングクリアセラムの口コミ!効果は?使い方や成分は?|美人でいたい元美容部員の美容と暮らしの口コミブログ

ホワイトニングネット 口コミ

芸能人やモデルさんも通うホワイトニングバーとは?安全性は本当に大丈夫? ホワイトニングバーは、芸能人やモデルさんが通っていて、ブログやインスタ、Twitterなどでも評判がいいので通ってみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。 ホワイトニングバーとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの良い点を組み合わせた様なところで、サロンに通って最初から最後まで自分で歯のホワイトニングをします。 自分で薬剤を塗ってLEDライトを当てることで歯を白くすることができ、所要時間は 初回1時間で2回目以降は30分程度かかります。 薬剤には口に入れても安全な 重曹を使用しているので、身体に害はありませんが、重曹は研磨性が高く、強く磨くと歯のエナメル質を傷つけてしまう可能性があるので注意が必要です。 本当はをやりたいけど、家で2時間マウスピースの装着を毎日できない、でもに通うより手軽にホワイトニングしたいという人に人気があります。 ホワイトニングバーの料金相場は?安くで通える割引や学割は使える? ホワイトニングバーの 料金相場は、1回5,000円程度で、最大36回までのコースの他に学割やブライダルホワイトニングのコースもあります。 コースで申し込みすると1回あたりの料金は通常よりも安くなります。 最初は専門のスタッフが説明してくれるのでホワイトニングバー初心者も安心です。 ホワイトニングバーのデメリットは?通う前に知るべき3つのこと 1、ホワイトニングバーの店舗が近くに無いとそもそも通えない まだ比較的新しいサービスなので店舗が近くに無いと通えませんし、遠いと通うのが面倒になるかもしれません。 2、歯のホワイトニングの工程を全て自分でする必要がある オフィスホワイトニングで行われているようなことを自分で行いますので細かい作業も含まれてきます。 歯のホワイトニングの工程を全て自分でする必要があり、初回はしっかり説明を聞いて2回目以降は自分でできるようにしないといけません。 3、時間帯によって混んでいると希望通り通うことができないかもしれない 自宅で行うわけではないので、やはり思う通りの時間に処置ができない可能性もあります。 自分でできるのでいつでも行けるというメリットの半面、すべて思う通りの日には難しいという事があります。 ホワイトニングバー3つのメリット!みんなが通う人気の理由はこれ 1、歯医者よりも費用が安く学割も使える とにかく値段が安く、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングよりも安く学割も用意されていますので、手軽に行えます。 2、サロンで30分と短時間でケアできる忙しい人でもできる マウスピースを装着して2時間置いて・・という毎日のケアではなくてその場で処置して帰ることができるので手軽で短時間でできるのが魅力的です。 3、白すぎず、自然な色になるので不自然さがない 不自然に白すぎるということが無く、とてもきれいな白い歯にすることができます。 ホワイトニングバーに通ったみんなの感想は?口コミ・評判を大調査 私がホワイトニングバーに行って歯を白くしたいと思ったのは仕事の都合でいろんな人と話さないといけないので歯が綺麗な方が良いと思ったからでした。 そしてホワイトニングバーを知ったきっかけはネットで安く歯を白くする方法調べて見つけました。 そして実際にホワイトニングバーに行って感じたのはお店の雰囲気も清潔感があり、スタッフの対応も丁寧で好感が持てました。 ただ、料金は1回あたり4,000円以上したので決して格安とは思いませんでした。 でも、ホワイトニングで歯が痛いという事もなく普通に歯を白くできたのは良かったです。 そしてホワイトニングバーで歯を白くするので自分でやる事になるのですが思ったよりも簡単にできました。 そして肝心の歯がどうなったのかというかなり歯が白くなりました。 ですから、家族も私の歯を見て歯が白くなったと言ってました。 30代/男性/専門職 私は前歯の歯並びが悪く、磨きにくいのかそこだけがひどく黄ばんでいました。 前歯なのでさすがに気になりますし、ホワイトニングに興味を持ったのですが昔から歯医者が苦手でずっとためらっていました。 ある時ネットの広告でホワイトニングバーを知って、ここなら怖くなさそうと思い決めました。 ホワイトニングバー店内の雰囲気は明るくて清潔な印象で、スタッフの感じもなかなか悪くありません。 数回で数万円というのはホワイトニングなら妥当ですし、むしろ良心的だと感じました。 意外に手際良く出来たので痛みも無かったですし、最終的には見事に違和感無いくらいに白くなっていました。 皆からは目立った反応は無いですが、それでも自分の自信も増えたのか楽しくやっています。 あまりにも歯が黄ばむことがあればまた行きたいですね。 20代/男/自営業 ホワイトニングバーはこんな人におすすめ!ただし使用する薬剤のリスクは理解しておくべき 「リーズナブルな価格でホワイトニングを受けたい」 「ホワイトニングすると歯がどんな感じに白くなるのか試してみたい」 「ホワイトニングに興味がある」 「自分で手軽に行いたいけれどホームホワイトニングよりも短時間で効果を実感したい」 というような人に向いているのがホワイトニングバーです。 芸能人やモデルさんも利用している人が多いのでかなり魅力的なホワイトニング方法です。 ただし、歯のホワイトニングに使う薬剤には前述した通り、研磨性の高い 重曹を使用しているので、磨きすぎると歯のエナメル質まで傷つけてしまう危険性もあります。 研磨剤を使っていないより安全な方法で歯のホワイトニングがしたいという人には毎日の歯磨き後に使うだけの歯のホワイトニングジェルがおすすめです。

次の