神様 に 会 いたい 感想 文。 神様 に 会 いたい 感想 文

【感想・ネタバレ】びりっかすの神さまのレビュー

神様 に 会 いたい 感想 文

ご縁結び~出雲の神様たち —ここから— 「初心者のための神社勉強会」に参加した。 今日の講師はえみ子先生。 テーマは、「ご縁結び~出雲の神様たち その1:出雲大社」。 初参加4名を含め15名が参加、大盛況! 冒頭でえみ子先生から「出雲大社に行ったことがある人?」との問いに、ほぼ全員が手を挙げる。 ほぼ全員が行ったことがあるくらい出雲大社は歴史が古く偉大で、「神社中の神社!」。 知りたいことは山ほどもある。 出雲大社のこと ご祭神は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)さま。 創建は神代とされ、大国主大神の国譲りの功績を称えて造営された「天日隅宮(あめのひすみのみや)」が創建由来と言われる。 神社境内の歩き方 先生の資料にあった出雲大社の境内図がわかり易く、大国主大神以外の神様のいらっしゃる「社」がよく分かった。 神在月に出雲に集まる八百万の神の滞在する社(神様のホテル?)もあるのに驚く。 因幡のシロウサギ、国作り・国譲りなどなど、出雲大社の宮司は、国譲りの最初の使者の「天穂日命(あめのほひのみこと)」の子孫で、84代目という古い家柄。 縁結びの秘密 大国主大神さまは、すべての縁や人の運命などのあらゆる「縁」を司るので、縁結びの神さまと言われている。 不思議な古代遺跡 出雲大社のご本殿は社伝によると「中古は16丈 約48m 」とされる。 平成12年に境内から3本の柱を鉄の輪で束ねて直径約3mの1本にした柱が出土したので、高さ48mは事実だった可能性がある。 平安時代には大きな建物として、「雲太、和二、京三」と言われた。 一位は出雲大社、二位は大和の東大寺大仏殿、三位は京の大極殿の意味。 質問タイム 講義のあと質問タイムがあり、グループごとに話し合いえみ子先生に質問をした。 Q1:国譲りと神武東征の時間的関係は?• Q2:出雲大社の神職の資格はどのようにとるのか?• Q3:天孫は出雲に降臨しなかったのか?• Q4:神在月には、出雲以外の地では神様は不在になるのか? えみ子先生からわかり易く答えがあった。 私もかねがねQ4が心配だったので、ちゃんと地元にも神様は残るようになっていると聞いて一安心。 2時間はあっという間に過ぎ、大半の人が近くのお店で茶話会。 個々にドリンクやスウィーツやアルコールを注文し、講義内容の質問や最近行った印象深かった所の話し、情報交換に花が咲いた。 この茶話会も古代史日和勉強会の楽しみだ。 —ここまで— えみこ先生よりコメントをいただきました 勉強会へご参加いただき、またレポートもありがとうございます。 考古学や歴史学の世界では「発掘されたもの 1 つで、それまでの歴史常識が変わる」と言われています。 しかし、長らく出雲地方には考古学的に見るべき発見が少なく、出雲神話は「考古学的な実体が伴わない伝説」と評されていました。 ところが、出雲地方から発見された遺跡や出土品(銅剣や大社の古代柱等)は考古学的にも多大なインパクトを与え、それまでの常識を変えました。 神話が現わしていた出雲の重要性や特殊性などが目の前に現れたのです。 次回はスサノオ命を中心に、また異なる出雲の魅力をお話しする予定です。 感想と、勉強会の内容をまとめていただき、ありがとうございます! * 古代史日和では古代史超初心者の方向けにも、勉強会を開催しています。 最初におさえておきたいことや、「あ~それ、知りたかった!」を楽しむ和やかな雰囲気で学んでいただけます。

次の

志賀直哉 『小僧の神様』ツイキャス読書会のもよう(2017.1.27)

神様 に 会 いたい 感想 文

「僕は」。 地方都市での女子高に通う3年生の千田裕生(ちだ・ひろみ)。 彼女も、周囲の数人も自らを「僕」と称していた。 そんな周囲の人物と交わりながらも、裕生は誰にも寄り掛からず、反体制的でも優等生的でもなく、凛として孤高に生きようと考えている。 それは、男たちのものにならず、誰にも心の底を明かさぬまま月に帰ったに通じる心境だったのかもしれない。 裕生が部長を務め、原田、尚子も所属している文芸部は、部誌などの打合せのため、夏を前に校内で合宿をすることになる。 合宿の直前に思い出されたのは、去年、隣の男子高の文学部と合評会をした時、『』の女性たちの誰に共感するかを訊かれたという不愉快な記憶だった。 粛々と合宿は進んだが、夜半、遅れた尚子が警官を伴ってやってくる。 無力感に苛まれる裕生は、夜明け前、「僕」という一人称を失う。 それは哀しく痛かったが、「わたし」になった裕生はひそやかな満足感をもって「僕」を見送るのだった。 「人魚の保険」。 オーストラリア人で母国のリゾート会社に勤める「僕」(Oliver K. Grootel)は、会社が日本の不動産会社と提携することになったため交換派遣されて来日する。 に驚きつつも、「僕」はモデルをしている泉と知り合い、関係を結ぶ。 会社が住むところを用意していなかったので、「僕」は部屋を探すが上手くいかず、泉のマンションに住むことに。 泉は、いずれ日本を出るつもりで自由な毎日を過ごしていた。 「僕」はそんな泉に改めて惹かれ、隣室に住むのとは微妙な三角関係を築く。 それがあるが故に、彼女は奔放でいられたのである。 「僕」は困惑し、とは少しだけ仲良くなり、そして半ば別れるつもりで置いてきた母国の恋人にクリスマス・カードを書こうと思う。 感想 表題作からいこう。 17歳から18歳にかけての女子高生が何を考えて生きているのか、がまずまず描かれているように感じた。 文庫版の表紙が恐らく彼女の肖像ということになるのだろうが、瑞々しさと不安定さが滲み出るような名イラストだと思う。 全体の構成としては、多少難があるのではと思う。 狙った効果なのかもしれないが、文芸部のエピソード以外では時系列が曖昧な感覚を受けた。 また、恐らく本作の肝となるラストの「僕」から「わたし」になる裕生の心情を、もう少し簡潔に記してもよかったのではないかとも。 女子校を相対化する効果のある男子高の文学部との対話シーン、元彼の藤井彰との会話などといった辺りも、深く書いて欲しかった。 細かく言うと色々あるが、しかし高校生の自意識過剰さや、それを精一杯難しく表現しようとする感じが嗅ぎ取れて、そこは面白かった。 同じように女子校を描いた『』()とはそうとう毛色が違うが、対比してみると興味深いかもしれない。 「人魚の保険」の方は、もう少し一般的な小説という感じがした。 表題作より構成も解りやすい。 しかし、主人公をオーストラリア人にする必要は果たしてあったのだろうか。 逆に言えば、オーストラリアらしい要素があまり見られない点が気になった。

次の

川上弘美『神様』の感想

神様 に 会 いたい 感想 文

日蓮大聖人の御本尊(創価学会の御本尊)には何が書かれているのでしょうか。 以下に、その内容を記して解説いたします。 御本尊は1対2の縦の長方形の中に漢字と梵語で文字が書かれています。 中心に大きな文字で「南無妙法蓮華経 日蓮」とあり、その周囲に様々な十界の衆生、また諸天善神の名が書かれています。 中央の「南無妙法蓮華経、日蓮」は、成仏の根本法である題目と、法華経を完璧に身読(しんどく)された末法の御本仏である日蓮大聖人とが一体となっている御文です。 これを人法一箇(にんぽういっか)、また人法一体ともいい、本尊と人(仏)が一体不二の当体であることを意味しています。 中央の南無妙法蓮華経、日蓮の左右に上から4段で19の名前が記されています。 以下にその内容を上位順から列記します。 (先に平仮名文、後に漢字文・解説文でお伝えします) 1だんめ、なむしゃかむにぶつ、なむたほうにょらい、なむじょうぎょうぼさつ、なむむへんぎょうぼさつ、なむじょうぎょうぼさつ、なむあんりゅうぎょうぼさつ。 2だんめ、たいしゃくてんのう、だいぼんてんのう、だいがってんのう、だいろくてんまおう、だいみょうじょうてんのう、だいにちてんのう。 3だんめ、じゅうらせつにょ、きしもじん、でんぎょうだいし、てんだいだいし、はちだいりゅうおう。 4だんめ、はちまんだいぼさつ、てんしょうだいじん。 さらに次の内容が記されています。 1だんめ、うくようしゃふくかじゅうごう、にゃくのうらんしゃずはしちぶ。 ちゅうだんさゆう、(梵語で)あいぜんみょうおう、ふどうみょうおう。 よすみ、だいびしゃもんてんのう、だいぞうちょうてんのう、だいじこくてんのう、だいこうもくてんのう。 みぎした、ほとけめつご 2230よねんのあいだ いちえんぶだいのうち みぞうのだいまんだらなり。 ひだりした、にちかん。 一段目、南無釈迦牟尼仏、南無多宝如来、南無上行菩薩、南無無辺行菩薩、南無浄行菩薩、南無安立行菩薩。 二段目、帝釈天王、大梵天王、大月天王、第六天魔王、大明星天王、大日天王。 三段目、十羅刹女、鬼子母神、伝教大師、天台大師、八大龍王。 四段目、八幡大菩薩、天照大神。 一段目左右、有供養者福過十号、若悩乱者頭破七分。 中段左右、(梵語)愛染明王、不動明王。 四隅、大毘沙門天王、大増長天王、大持国天王、大廣目天王。 右下、仏滅後二千二百三十余年之間一閻浮提之内未曽有之大曼荼羅也。 左下、日寛。 南無妙法蓮華経日蓮の光に照らされた形で、左右に十界の衆生が位置しています。 さらに、御本尊の一段目の左右に功徳と罰の2つ書かれています。 「有供養者福過十号」「若悩乱者頭破七分」です。 正法を護り供養する者には「福十号に過ぎる」、すなわちあらゆる福徳が与えられる、 正法に有害な働きをするならば「頭を七つに破る」、罰が出るとの意味です。 また、中段の左右に梵語で、愛染明王と不動明王が書かれています。 愛染明王と不動明王は梵語の頭文字で、日本人の私たちには模様にしか見えません。 さらに御本尊の四隅に四天王(大毘沙門天王、大増長天王、大持国天王、大廣目天王)が書かれています。 最下層部分の右下、「仏滅後二千二百三十余年之間一閻浮提之内未曽有之大曼荼羅也」と、左下にこの御本尊を著した日寛上人の名が記されています。 一年後のコメントです。 菊川さん、 いりこさん入信一年。 本当にありがとうございます。 菊川さんが魔を全て引き受けてくれて、あの日大変でしたね。 いりこさんも、なんとか学会一年生でなんとか過ぎました。 私の信心が弱いので、地区壮年部との距離がなかなか縮まないのが問題点ですが、皆さんお仕事されて私も仕事で遅くなるのでいりこさんにも不敏をかけてますが頑張ってます。 外部リンク• 検索 カテゴリ 最新のコメント by sokanomori3 at 16:15 by kaisen at 15:00 by sokanomori3 at 06:39 by 千早 at 12:48 by sokanomori3 at 05:18 by 風来山人 at 10:01 by sokanomori3 at 06:21 by sokanomori3 at 06:17 by sokanomori3 at 06:17 by 風来山人 at 00:16 by 10n5 at 23:08 by sokanomori3 at 17:32 by 千早 at 08:22 by sokanomori3 at 04:06 by sokanomori3 at 12:43 by kaisen at 10:30 by sokanomori3 at 08:41 by 千早 at 08:06 by sokanomori3 at 17:40 by sokanomori3 at 17:34 リンク.

次の