かぐや様 177。 【悲報】今週の「かぐや様は告らせたい」の藤原さん、BLに目覚めてしまうwwwwww【ヤングジャンプ感想】

「かぐや様は告らせたい:177話」最新話ネタバレと感想!始まりの地で二人は────。

かぐや様 177

かぐや様は告らせたい18巻 かぐやと白銀が付き合い始めても相変わらず面白い 「かぐや様は告らせたい」 主人公とヒロインが結ばれてもまだまだ勢いが続いているというのも凄いですよね。 そしてその理由はやっぱり かぐやと白銀の周りにいる個性豊かなメンバーのおかげと言えるでしょう。 いわゆるハーレム系の作品ではありませんので、皆にそれぞれの恋模様やらなんやらが描かれているのが良いんですよね。 しかも 初期からちゃんと石上を「裏主人公」と設定してたんだから、こういう展開も想定内なのだという事が凄いと思ったり。 そしてこの 18巻での主役は間違いなく「早坂愛」でしょう。 この巻だけでは完結しませんが、物凄く気になる展開となっています。 そんな18巻の気になる所をまとめてみたいと思います!! 目次• かぐや様は告らせたい18巻ネタバレ感想 172話 かぐや様は信じたい かぐやは白銀と付き合っているのか? そんなバレたらマズイはずの問いかけをしてきたのは1年の小野寺麗。 伊井野や石上とは仲が良いキャラクター。 割と登場しているキャラでしたが、かぐやと絡むのはこれが初。 その割にはいきなりヘビーな展開になっていくものの、 結局はかぐやのポンコツっぷりとその狂気的な部分が見どころに。 前半真面目で後半畳み掛ける展開でしたが、地味にかぐやを成長させるという感じの良い話となってます。 173話 藤原千花は結びたい サクランボの茎を口の中で結べるとキスが上手い。 よく言われるそんな説を意識した一行が皆でサクランボの茎を結ぼうと頑張る話。 柏木さんがやたらと早かったり、実はかぐやがそれを上回るくらいに早かったりと、それぞれのイメージが反映されていた回でしたね。 まあオチは大体予想出来てましたが、 純真な白銀の顔には笑わせてもらいました。 いつも犬猿の仲の二人ですが、 この回ではかなり二人の距離が近づく展開に。 自然に伊井野を褒めた石上に対して、急に優しくなってしまう伊井野。 何気に 二人の相性が実はめちゃめちゃ良いんじゃないかと思わせる展開でグッと来ますね。 石上が伊井野の攻略法に気づいた訳ですが、藤原書記が台無しにした事もありますし、まだまだ この二人の関係がちゃんと進展するのは先になりそうですね。 175話 かぐや様は構われたい たまにやってくるかぐやと白銀のイチャイチャ回。 まあそれ以上に言う事もありませんが、強いて言えばかぐやと白銀の物事への取り組み方の違いが分かるという感じではありましたね。 前の話のおまけページで 白銀はマルチタスク派ではなくシングルタスク派だと描かれていましたし、それを早速描いていた感じとなりましたね。 まあ白銀が不器用なのはこれまでも散々見せつけられてきたので、そういう器用さがないのは分かってますけども。 176話 石上優は見せつけたい 石上がつばめ先輩に良い所を見せるために頑張る話。 かと思わせて、 実際には藤原書記による特訓回。 のように見せかけておいて実は・・・な回でした。 この辺りが18巻の表紙になる理由って感じですね。 そこで どんなデートをするのかという事をかぐやに相談するという回。 しかし実際にはメインとなったのは早坂。 自らの 理想の横浜デートのプランを披露するものの、それが妄想だった事でかぐやにマウントを取られる最近よくある悲しいパターンに。 「私の脳内シミュレーションでは完璧なんです」 この台詞が悲しく響いていますね・・・ とはいえ良い感じのギャグ回かと思わせておいて 最後にでっかい爆弾を残していく辺りが本作の油断ならない所だと思います。 そこを心配した白銀が、自分でどうにかしようと考える前半部分。 9巻でも語られた 石上の過去の件において、生徒会のメンバーがどういう考えをしていたのか? そういう部分も描かれていたりと結構重要な部分になっています。 しかし 後半は予想を裏切るギャグ展開になってたりと、相変わらず緩急自在ですね。 ラストはこの先の展開を少しだけ披露していたりするので楽しみです。 次章が179話から始まる 「修学旅行」編、そしておそらく「修学旅行」編と平行して描かれるであろう「終わる秘密」編。 「修学旅行」編は2年生がメインとなり、「終わる秘密」編は1年&3年がメインとなるようです。 179話 早坂愛のモーニングルーティン 割と最近はかぐやにネタにされてばかりの早坂。 そんな 彼女の起きてから眠るまでの過酷すぎる1日がしっかりと描かれる真面目な回。 かぐやにとっていちばん大事な存在でありながらも、非常に複雑な立場でもある早坂。 彼女にとってかぐやとはどういう存在なのかという部分が割とヘビーに描かれています。 この回から「修学旅行」編に入っていく訳で、 主役となるのが早坂とかぐやだという事が分かりますね。 個人的には本作で一番早坂に幸せになって欲しいですわ・・。 180話 白銀御行は廻りたい 京都への修学旅行が始まり、かぐやは早坂と、そして白銀は久々登場の脇役男子二人と共に過ごす事に。 しかしかぐやと一緒に京都の色んな所を見て回りたいと考えていた白銀に対し、 早坂の問題でかぐやはいっぱいいっぱい。 ちょっとしたすれ違いのようにもなっていましたが、次回への準備回みたいな感じでもありましたね。 早坂とかぐやの問題がどういう解決をしていくのかに期待が高まります。 181話 白銀御行は独占したい まさかの女湯を覗く回・・・ではなく、 女子の濡れた髪を見たいという男子の悲しい欲望が詰まっている回。 何気に濡れ髪への白銀のこだわりが強いのが面白い所だったり。 サブタイトルは「独占したい」という事でしたが、本題は全然そんな感じでもなかったりします。 むしろ本当はかぐやが早坂を独占したいという気持ちが隠されているのかも。 ラストに新たな展開が怒涛のように押し寄せてきて次巻への期待を高めてくれます。 ってか18巻も続いているのに、 白銀って未だにノーマル状態の早坂とは会話した事さえなかったのね・・・。 悪役顔の三男がどういう役割を果たしてくるのか気になります。 かぐや様は告らせたい18巻ネタバレ感想まとめ という事で相変わらずギャグとシリアスの配分が絶妙な本作。 がっつり笑わせてくれたかと思いきや、それぞれのキャラクターの内面をいきなり放り込んできたりするのでマジで油断出来ません。 色々と先々への伏線が張られてますが、それらがどういう感じで回収されるのか注目です。 とりあえず早坂を笑顔にしてあげて欲しいですわ(笑) 今回はここまで 最後までお読み頂きありがとうございました!.

次の

かぐや様は告らせたい最新18巻ネタバレ感想!早坂とかぐや最後の?修学旅行編スタート!

かぐや様 177

今週のかぐや様の感想ブログは一体何から書いたものか。 今週号のヤングジャンプはまず本編が情報量多かったし、本編以外でもいろいろ気になる部分がありました。 週刊ヤングジャンプ 赤坂アカ かぐや様は告らせたい176話 「早坂愛の友達(5)」 まずは、何と言っても、かぐや様の作者 赤坂アカが今週から(かぐや様とは別に) 新連載を始めたことが大きなニュースです。 STORY:赤坂アカ ART: 横槍メンゴの「 推しの子」。 あーでもこの漫画の感想とか存在自体について思ったこととかは、かぐや様の感想ブログで書くことじゃないですね。 いずれ別にブログ書きたいです。 次に、 ハイパーヨーヨー。 今週号の巻末目次ページの作者コメント欄では「思い出のおもちゃ」というテーマだったのですが、赤坂は「ハイパーヨーヨー」って回答してました。 かぐや様って作中にハイパーヨーヨーって単語が出てくることが何度かあったような気がします。 (最近の例) 私は、そういうときに、普通に「ヨーヨー」でいいのにわざわざ「ハイパー」ってつけて呼んでるのがなんか笑えて印象的だったのですが、それは作者自身がハイパーヨーヨーにそれなりの思い入れがあったからなのね、と、妙に納得がいったのでした。 さてようやく本編の感想。 冒頭は 白銀 VS 天野のバトルの顛末。 白銀はこれまでケンカした場面は無くて強いのか不明ですが、弱そうなイメージです。 かたや天野は「手を汚す仕事」には慣れてそう。 勝ち目は無いと思ってたけど、本日の勝敗、白銀の勝利! 凶器攻撃で! ただ、ここで白銀は天野をちゃんと取り押さえなかったのは 失態でした。 そういうところでもケンカ慣れしてない様子が窺えます。 かぐやのほうは 雲鷹を殴り、 早坂に啖呵を切って彼女にどうしたいか問います。 早坂が答えに窮したところで、天野が再び暴れ出します。 七味は池の水で目を洗ったの? このシーンはちょっと芸が細かいです。 ここ、天野はかぐやに、ダウンの女は早坂に襲い掛かってるのですが、早坂は髪の毛を掴まれたのを自らナイフで切ってまでして振りほどきそのまま天野に刃を向けて、かぐやはダウンの女を組み伏せてて、お互いがお互いを守る行動を取ってるのがちょっと熱いシーンです。 早坂のロングヘアを結んでた シュシュが落ちるのも象徴的。 そして一連の熱いシーンの中に、早坂が スカートの中にナイフのホルスターを仕込んであったという一点のギャグが際立ちます。 峰不二子かお前は。 そうそう、早坂はこういう細工を好む女でしたね。 天野がポケットから凶器か何かを出して応戦しようとするところを、雲鷹が制止します。 (凶器を持ち歩いてる奴ばっかりです。 七味を含めて) かぐやが殴った時点で早坂を引きこむ計画自体が破綻したからもう戦う意味が無いと。 ふむふむ。 最初の計画ではかぐやに「早坂はスパイだ」と教えて怒らせて、かぐやに早坂を切り捨てさせてから、堂々と早坂を捕まえて彼女の知る情報を吸い出してそして用済みになったら捨てるって計画だったようですね。 雲鷹の脳内では、兄の 黄光も、自分も、妹のかぐやも、早坂を道具として扱ってそして価値が無くなれば切り捨てるのが当然、という図式の筈だったと。 なるほど。 それで今回かぐやが裏切られても激怒しても早坂を見捨てなかったことが、彼には意外だったようです。 非情で悪辣な男ですが、頭のどこかではその客観的自覚があることと、かぐやがそういう人間に育たずに済んだことに何らかの感慨があるようで。 これで、今回の早坂解任の騒動の経緯が、まだ謎な点もいくつかありますが、大体明かされました。 そして次にあったのは今週一番印象的だったシーン。 早坂の母 奈央が、雲鷹に意味深なセリフを吐きます。 まるで自分と雲鷹がかつてかぐやと早坂と同じ関係だったかのような。 若き日の奈央も黄光から「雲鷹のスパイ」を命じられて仕えていたかのような。 そして若き雲鷹がそれに気づいて奈央の裏切りを許せずにいたかのような。 ……ってのは私の勝手な想像ですがもしその通りだとしたら、早坂家は「 奴隷の家系」というかなり重苦しい設定ってことになります。 もし母は全て承知の上で自分の娘に「スパイ」「奴隷」をやらせてたのだとしたら、めっちゃひどい設定です。 奴隷の子も奴隷か。 ともあれ、一連の問題の全てが解決したわけではないですが、一件は落着。 白銀は 藤原にフォロー役を頼んでいました。 じゃあ173話でトイレで早坂に助太刀してたのは偶然じゃなかった? かぐやと早坂は、この山で、幼いかぐやからシュシュを送られて、早坂が早坂になったこの場所で、いろんな意味で解放されました。 偽りの主従関係は終わり、奴隷でも裏切り者でもなくこれからは友だち。 なのかな? かくして修学旅行二日目の夜も終わります。 残りは最終日。 そういえばこの日は、 石上と 子安がスカイツリーデートをしてる筈で、彼らとそして 伊井野がどうなってるのかも気になるところですが、その話がされるまではもうちょっとかかりそうで、待ち遠しいです。

次の

『かぐや様は告らせたい』第178話 伊井野ミコは聞き出せない 感想 : 後輩たちの恋愛頭脳戦,始まる

かぐや様 177

2020年4月30日発売の週刊ヤングジャンプ2020年22・23合併号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』177話が掲載されました。 かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜177話は、早坂は事後処理もあってこれ以上修学旅行に同行する事は出来なくなりました。 主従関係も終わったので、ここからは自由にやりたいことをすると言って去っていく早坂。 翌日、かぐや達は思いっきり修学旅行を楽しみ、楽しい時間はあっという間に過ぎていってしまいました。 そして学校へ登校する際、ある人物とかぐやは会う事になったのです。 本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜177話『早坂愛と四宮かぐやの友達』のあらすじと感想を紹介していきます。 かぐや様は告らせたい177話のあらすじネタバレ かぐやとの主従関係も無くなり、早坂は自分の修学旅行はここまでだと言いました。 その理由は雲鷹の側近を振り切る際に髪を切ったからなのと、事後処理があるからでした。 かぐやはそれが終わったらどうするつもりなのかと尋ねると、早坂はまだ何も未定だがかぐやに仕えてからかなり多くの貯蓄があるから最初は海外を回ろうとしていたけど、折角自由になったからやりたい事をすると言いました。 最後に早坂は修学旅行を楽しむように言ってかぐやの元から去っていきました。 翌日、白銀の元に女子生徒達が早坂の事について聞こうと向かってきたのです。 噂としては早坂の身内の人が小豆の先物取引の詐欺に遭い、養殖してたアザラシが集団脱走してしまった事になっており、滅茶苦茶な噂に白銀は驚いている様子でした。 更に風祭と豊崎もやって来ると、白銀の祖母のポテチの転売に大失敗と言う噂は本当なのかと聞きに来ました。 白銀は千花に誤魔化すように指示していましたが、余りな誤魔化し方に白銀はどういうストーリーを話せばこうなるんだと彼女を睨みます。 対する千花はてへぺろをしていたのでした。 そして女子生徒達と豊崎、風祭に早坂はもう来れない事を報告すると女子生徒達は残念がっており、風祭は今日は一緒に回れるんだろうと白銀に聞きます。 そうしたら白銀は理由をつけて別行動をしてもいいかと提案し、その理由はかぐやとデートをするためでした。 かぐやは白銀達の会話を聞きながら何度も振り向いたり、そわそわしていました。 その様子から女子生徒達は白銀とかぐやはデートをするんだと思っており、早坂と白銀がいい雰囲気だったのを見ていた彼女達の脳内は恋愛脳状態でした。 白銀の別行動を許可した風祭と豊崎も最後のチャンスとしてマスメディア部のかれんとエリカにガチで告白しようとして、猛ダッシュで彼女達の元へと向かいます。 そうしたら女子生徒達は早坂もかぐやもいないから一緒に回らないかと風祭と豊崎を誘うと、彼らはあっさり了承しました。 その事を感じ取ったかれんは怒りに満ちている様子でした。 そして白銀とかぐやは一緒に行動すると共に早坂について話をしていました。 かぐやは早坂はいつも自分の感情を抑えていて、ずっと助けてほしいと言っていたのに早坂の苦しみに理解してあげられなかったと主人失格と言う表情をしながら言います。 話を聞いていた白銀はカラオケの時ももしかしたら早坂なりのヘルプだったのかもと心の中で呟いたみたいです。 最初は白銀と早坂が京都を回ると言い出した際には嫉妬したけど、白銀が早坂を守っていたのだと気づけたかぐやはその事でお礼を言います。 白銀は礼を言われるようなことはと言いかけるも、振り返ったら言われるようなことしかしてなかったけどそれを言うのもカッコ悪いので隠蔽したようです。 最後に早坂はこれからどうするのかをかぐやは呟きつつも、彼女のために修学旅行を楽しもうと言って白銀の手を握りました。 それから一緒でしたが、途中で千花がやって来てしまったので結局3人で行動する事になりました。 そして楽しい修学旅行はあっという間に終わりを告げたのでした。 翌日、かぐやはいつも通り車で学校へ行こうとしていましたが、シュシュを左手につけていて髪も少し切った早坂が緊張した面持ちで一緒に学校へ行こうと言い、かぐやの事も呼び捨てにしました。 かぐやもこうなれたらいいと思っていたと泣きそうな顔をしていて、早坂の事を下の名前である愛と呼んで一緒に学校へと徒歩で向かうのでした。 かぐや様は告らせたい177話の感想と考察 殆どの生徒達が知らない中繰り広げられていた四宮家の騒動が一応決着を迎えたようですね。 話の最後から察するに、早坂はかぐやに仕える従者として学校に通うのでなく一生徒としてかつかぐやの友人として学校に通う事を決めたみたいですね。 以前早坂はかぐやみたいに恋をしたり、色々な事に一喜一憂したりと普通の女子生徒みたいな生活がしたいと言っていましたからこの決断に至ったのだと思います。 かぐやもこうなれたらいいと言っていたので、早坂とは主従関係以外では対等に話し合えるような友達として接したがっていたのでしょうね。 それを踏まえると主従関係ではないけど、友達としての関係で再スタートとなるのでハッピーエンドではないかなと思いますね。 次回178話は石上とつばめのデートの話になるのではないかと思います。 時期的にはかぐや達が修学旅行をしていた頃なのではないかと思います。 ようやくデートにまでこぎつけたのですから、石上も舞い上がっている事でしょう。 しかし、このデートは一筋縄ではいかないのではないかと思います。 その理由は生徒会が調査していた石上の過去に関するファイルを伊井野の友人である大仏がつばめに渡したからです。 全てはつばめがファイルを読んでどう思うかで、デートの結果は変わって来ると思います。

次の