新サクラ大戦クリア後。 新サクラ大戦クリア後レビュー(多少のネタバレあり)

【ネタバレ】新サクラ大戦クリア後感想|shsy|note

新サクラ大戦クリア後

新をエンディングまで見ましたので、個人的な感想と総評でもと・・・ エンディング後の情報• 総プレイ時間 約25時間• さくらのエンディングでクリア• 全サブストーリー確認済み• 確認できた親愛イベント全部確認済み• こいこい大戦全キャラ勝利済み• いくさちゃんは全クリアしていない状態• 自分で回ってある程度のブロマイドは回収 感想 新1週目、さくらエンディングで終了しました! 落ちぶれた・を隊長として、各キャターと 仲を深め、敷いては帝国劇場を立て直していくストーリー 1、2話で全キャターがそろい、1回公演が大成功して 財政的に採算がとれ、解散の危機から免れ、これから 本格始動・・・と思いきや、華撃団大戦で優勝しなければ、 解散、各華撃団は優勝した華撃団に統一され、統一華撃団となる 結構謎展開ですよね… 各キャターの深堀はとても良かったです。 各キャターそれぞれ声優さんも合っていて、 それぞれに個性があり、魅力的だなと それだけにストーリー展開に疑問点が・・・ 感動的な部分も少なく、最後があっけないなと… 個人的には全体的に良かったなと思います。 ただ、のシリーズものとして考えるのではなく、 本当に新規のものと考えるといいものなのかなと 総評 良かった点• 現状の最新ハードでを遊べるということ• 挿入歌含め、音楽がとても良い!• BLTパートがアクションになったことでシミュレーションが苦手な方もできる形に• 過去作の懐かしいシーンのブロマイドが入手できる 惜しいなと思った点• ネタバレが分かりやすい• これスパイだなとかこれボスではとか…• ストーリーで無理があるところが多々• フルボイスではない• BLTパートのカメラワークが悪い• BLTパートでロックオン機能がない• BLTパートのマップが分かりにくい• 過去作の繋がりが後付け感….

次の

「新サクラ大戦」クリア後の感想とレビュー

新サクラ大戦クリア後

もくじ• クリア後の追加要素 新サクラ大戦は、最終話「心を継ぐもの」のクリアでエンディングとなります。 エンディングには、 「 分岐エンディング」があり、1週で1人のエンディングしか見ることができません。 クリア後は、「はじめから」を選ぶと、クリア情報を引き継いで開始することが可能です。 ブロマイドの収集状況• 活動記録• 信頼度• 隊長の肩書き そして、「イベントスキップ機能」と「ブロマイドの位置表示機能」が追加されます。 ブロマイドはストーリーごとに落ちている種類が違うので、全て回収後にストーリーを進めましょう。 やりこみや周回要素• ブロマイドのコンプリート• 全員の信頼度を最大にする• 全イベントを見る• 全選択肢を選ぶ• 隊長の肩書きを最大にする• 全戦闘で「天晴」評価をもらう• 花札で全員に勝つ• 全エンディングを見る 周回の一番の目的は、全員分のエンディングを見ることですね。 詳細な条件は別ページにまとめています。 「全イベントを見る、全選択肢を選んでみる」は、今作の魅力を最大限まで知るためにはやっておきたいところ。 まとめ サクラ大戦シリーズ自体が、どれも15時間程度で終わってしまうボリュームの少ない作品と言えます。 新サクラ大戦も例に漏れず、数日あれば終わってしまう程度のボリュームでした。

次の

『新サクラ大戦』クリア後感想

新サクラ大戦クリア後

新サクラ大戦の感想です。 100点満点で評価するなら40点 という出来栄えです。 セガ傘下のアトラスは凄いが、セガの本体には開発力がないということを証明しているような印象 荒唐無稽なストーリーと声のついていない一部のカットシーン まず、ストーリーは大味かつ荒唐無稽です。 お世辞にも上手く練られた物語とは言えず、駄目なテレビアニメを見ている感じです。 ツッコミどころ満載です。 展開を詰め込みたいあまり、足早に問題が解決されるため、感動も何もない。 カットシーンとプレイアブルシーンを通した物語体験、ナラティヴの 「丁寧さ」が全く感じられません。 全体的なシナリオのディレクションも酷く、物語はバカバカしく感じるだけです。 作中でとあるキャラクターが瀕死の状態になり治療を受けるのですが、死にかけてたのにすぐにケロッと戻ってきます。 どういうこと・・・ ストーリーでプレイヤーを驚かせようとはしているものの、そこに至る経緯の描き方が下手すぎて大して驚きません。 点と点を線で繋げるというより、「 点と点を点線で繋げた」ような、作劇の下手さが顕著に表れています。 当然ながら、そんな体たらくではキャラクターの魅力を物語で引き立てることはできない。 それどころか、 登場人物が情緒不安定です。 さらに、サブストーリーは カットシーンなのにボイスがついてない箇所がたくさんあるという手抜き。 これにより、キャラクターはいきいきと動いてるのに音声がついてなくて字幕を読まなければならないというぎこちなさが生まれ、全くサブストーリーの内容が頭に入ってきません。 いまどき、海外ならインディーメーカーでもフルボイスで作ってくるのに、なぜカットシーンにボイスが入ってない箇所があるのか疑問です。 フルボイスだったら+5点くらいは可能です。 そのくらいサブストーリーに声がついてないことに違和感がある。 特にこのゲームはキャラクターの交流が重要なわけですから・・・。 ストーリーに関しては「とっ散らかっている」という表現が適切かと思います。 色々ひっくるめてキャラクターの魅力は薄い 今回、キャラクターデザインを久保帯人氏が担当しているわけですが、個人的にはやはり藤島康介先生のデザインの方が好きですね。 サクラ大戦1の藤島先生のデザインは可愛いだけでなく上品さもあった。 サクラ大戦1がずば抜けてキャラクターが個性的で面白かったというのもあるかもしれませんが、新サクラ大戦はなんかぱっとしなかった。 シナリオとかサブストーリーのボイスの有無、ゲームのボリューム等色々ひっくるめてキャラクターの魅力は薄かった。 戦闘服のデザインもセンスの差が。。。 工夫のないアクションパート 今回、戦闘がアクションゲームになりました。 インディーメーカーでもこんなの作らないぞ、というほど工夫がありません。 各機体はほとんど成長せず、序盤でも終盤でも似たようなアクションです。 機体が目に見えて強くなったりもしない・・・というかその必要性がない。 何か成長要素とか機体強化の要素があったらまだ良かったのかもしれませんが、そういったものがないので何の面白みもありません。 アクションのギミックも単純すぎて奥深さは皆無。 なんのためにアクションにしたの?と言いたくなる人も多いことでしょう。 「 おまけで作りました」とでも言っているような創意工夫の無さで、アクションパートはただひたすらに苦痛です。 また、ロックオンができないので、2019年のアクションゲームとは思えないほど敵に攻撃を当てづらい。 特に、空を飛んでる敵は倒すのが非常に面倒くさい。 メインストーリー絡みの戦闘では好きなキャラクターを使えるわけではないという点もマイナス。 性能的にアナスタシアの機体が圧倒的に強い。 バランスがおかしい。 ロボットモノのアクションとしても駄目ですし、爽快なアクションモノとしても駄目。 良いとこ無しです。 高品質なグラフィックと低品質なアニメ 新サクラ大戦のグラフィックは良い方です。 帝国劇場を3Dで再現したのは良かったと思います。 特にキャラクターの表情や動きにはしっかりとモーションがつけられていて、3Dグラフィックや3Dアニメーションという点では悪くありません。 (だからこそボイスがない部分が不自然) 戦闘時のエフェクトが綺麗です。 一方で、随所に挿入されるアニメのクオリティが低い。 3DCGも使っているアニメなので、なぜゲームのグラフィックでカットシーン作らないの?という疑問がわきます。 また、2Dのアニメは単純に低品質です。 サクラ大戦3はもちろんサクラ大戦1の方がアニメーションのクオリティやセンスは上です。 というか、サクラ大戦1のゲーム内に挿入されるアニメーションの品質はかなり良かった。 「ゲキテイ」や「御旗のもとに」ほどインパクトのある曲はないですが、聴き応えがある曲は多いです。 セガと制作スタッフは田中公平先生に不出来を謝罪したほうがいいかも。 総評:セガはサクラ大戦を復活させる気まるで無し! クリアまでなんとかプレイしましたが、セガには本気でサクラ大戦を復活させようという気概がない。 とりあえず田中公平先生に曲を書いてもらって、それっぽいものを作っておけば良いだろうと軽率に企画したのではないでしょうか。 良い物語だけどゲーム性が駄目とか、逆に物語は駄目だけどゲームプレイは面白いとかならまだマシなのですが、 本作に限っては両方共落第点です。 おそらく ミニゲームとして収録されている花札の「こいこい大戦」が一番面白い。 まさに初穂の台詞がピッタリ。 「 味噌汁で顔洗って出直してこい!」 セガはぜひサクラ大戦の過去作をリマスターかなんかで出してほしいです。

次の