笠井アナ余命は。 悪性リンパ腫の笠井アナ「がん再認識」19日生出演

笠井アナ、悪性リンパ腫だった!……小倉智昭が相談受けてた事実明かす

笠井アナ余命は

小倉智昭氏(72)が18日、レギュラーを務めるフジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月~金曜午前8時)に出演し、悪性リンパ腫と診断された元フジテレビで現在フリーの笠井信輔アナウンサー(56)についてコメントした。 小倉氏は、笠井アナの罹患(りかん)とまもなくの入院を伝えるとともに「明日笠井くんが来て、詳しく自分の口で説明します」と、19日に同番組に出演すると説明した。 病気発覚の経緯については「9月いっぱいでフジテレビを辞めて、辞める時に荷物動かしたり運んだりで腰が若干痛かったらしいんです。 仕事をしているうちに体重が減ってきて。 彼には以前から排尿困難があって、前立腺肥大を調べたところ、それよりも腰に影があることが分かって、精密検査をしたら悪性リンパ腫と分かった」と話した。 笠井アナからは今朝ラインでメッセージを受け取ったという。 自分の病が報道された心境について「新聞で見ると、自分はがんだと再確認して、これに立ち向かっていかねばと思う」と話しているという。 小倉氏自身も昨年11月にぼうこうがんの手術を受けており、今後の治療方針について「4カ月は抗がん剤治療をして、その後2カ月は自宅療養。 早くても復帰は来年の6月になるだろう」と推察。 フリー転身後も仕事が絶えず、多忙だった笠井アナを思いやりつつ「彼は仕事男。 仕事のことばっかり気にしているので、今はしっかり治療に専念しろよ、と言っています」と話した。 また「勉強家な彼が、なぜ1万人に一人がかかるような悪性リンパ腫になってしまったのか。 残念でならない」と複雑な心境も語った。 笠井アナは早大卒業後、87年にフジテレビに入社。 99年から今年9月末の退社まで同番組にレギュラー出演した。 「映画や書く仕事もしてみたい」とし、フリー転身後は小倉氏と同じ事務所に所属し活動している。

次の

笠井信輔

笠井アナ余命は

内容は3月の末で仮設住宅から強制的に移動させられる被災者へのインタビューだったのですが、問題視されたのは、笠井アナのありえない行動だったのです。 仮設住宅のインタビュー時は雨が降っていたのですが、笠井アナはずぶ濡れの状態でしかもノックもせずにドアを開けて入り込んだのです。 想像してみてください!人様の自宅に濡れたままの状態で、室内を汚しながら入ってこられたら許せますか? 調子に乗っているのか!配慮が足りない!と言いますか、「人としてどう?」と思ってしまします。 私の子供でも友達の家にお邪魔する時はちゃんと礼儀を守ってますよ。 笠井アナはアナウンサーという立派な仕事をしているちゃんとした大人なのに、こんな常識のない行動は「バカすぎ」といわれるのも仕方ありません。 スポンサーリンク 笠井アナがとくダネ降板しろと言われるのはなぜ? 笠井アナが「とくダネ降板しろ」と言われるのは、上で紹介したバカすぎる行動だけではありませんでした。 東日本大震災の直後の取材である家族に密着した時のことでした。 濡れた車の中にある遺体を発見したのですが. なんとそのままインタビューを続けたというのです。 当時の状況を考えますと非常識!傲慢すぎやしませんか!芸能人の恋愛のスクープではないのですから、もっと考えてから行動すべきでは? 笠井アナは阪神淡路大震災の時のヘリコプター内での報道でも、はしゃいでいると思えるような態度をとっていたようです。 ただでさえ笑っているような顔されてるのだから、「直撃LIVEグッディ!」の安藤優子さんを真似したらどうですか?安藤優子さんなんか面白い話題でも神妙な表情されてますからね。 スポンサーリンク 笠井アナと伊藤利尋アナとの関係は!? 「みんなのニュース」の司会を務めていた伊藤利尋アナが「とくダネ!」のレギュラーに決まり1年以上経ちましたが、当時心配されていたのは笠井アナと伊藤利尋アナの関係性でした。 伊藤利尋アナは「アミーゴ」の愛称で親しまれている人気アナウンサーです。 「めざましテレビ」はもちろんバラエティー番組やスポーツの実況中継などで大・大活躍です。 笠井アナは1987年入社・伊藤利尋アナは1995年入社と笠井アナは8期先輩にあたります。 2018年の4月に伊藤利尋アナが「とくダネ!」で小倉智昭さんと共に司会を務めることになった時はさすがにスタッフの間でもざわついたようです。 番組関係者の意見では伊藤利尋アナに対しては、 「とっさの判断が的確で、場の空気をよんで緩急をつけたコメントができると社内でも引っ張りだこです。 (先輩後輩の関係もあるでしょうし)二人は難しい関係とは言えるでしょう。 スポンサーリンク.

次の

笠井信輔

笠井アナ余命は

元フジテレビのアナウンサーでフリーの笠井信輔アナが悪性のリンパ種を告白 元フジテレビのアナウンサーでフリーアナウンサーの笠井信輔アナ(56)が「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」という悪性のリンパ腫を患っていることを所属事務所を通じて公表されましたね。 19日に「とくダネ!」に出演して病状を語りました。 笠井信輔アナは2019年9月30日付けでフジテレビを退社しフリーになったばかり。 これからフリーになって局アナ時代ではできなかった仕事などへの意欲もあったでしょうし。 テレビ関係者の情報では、現在のところ半年ほど休養するということらしい。 しかしながら、悪性リンパ種とのことで、現在はかなりヤバい状況みたいです。 フリーになってこれからというところで、大病を患った笠井信輔アナ。 大病を乗り越えまた元気な姿をテレビで見せていただきたい。 笠井信輔の悪性リンパ種はステージ4? 笠井信輔アナは現在の容体はかなり思わしくないようで、医師から 「全身に癌が散らばっている状況」と告げられたそうです。 笠井信輔アナが患ってる 「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」という悪性のリンパ種にはステージが4段階あります。 笠井信輔アナは「全身にがんが散らばっている状況」と医師から告げらたらそうだから ステージ4ということになります。 笠井信輔の生存率は? ステージ4というと末期癌?って思ってしまいますが、笠井信輔アナは医師から 生存率は7割と宣告されたそうです。 笠井信輔アナは3割の可能性をかけて今後治療に励む事になります。 今後の治療には強い抗癌剤治療を半年間受けるとのこと。 強い抗癌剤治療なので、それに伴い強い副作用があるので、なんとか治療を乗り越えて復帰していただきたいですね。 現在、癌が全身に転移してる状態で身体のあちこちに痛みがある中、「とくダネ!」に出演していたことを思うと、病気の治療にかける思いが伝わってきますよね。 病気から回復すれば、同じ病に苦しむ人達に大きなメッセージになると思いますし、力強い存在になるでしょう。 笠井信輔の余命は? 「余命」と書くと不謹慎かもしれませんが、悪性リンパ種でステージ4の余命を調べてみました。 「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」と診断された患者が診断後の2年の間に癌の転移が見られなかった場合、余命は診断前と変わらないという研究結果があるそうです。 2年間、癌が転移せずに無病でいることができたなら、リンパ腫の死亡率よりも他の病気が要因での死亡率のほうが高くなるとのこと。 悪性のリンパ種でステージ4と聞くとどうしても、余命数ヶ月か?とイメージしてしまうのですが、今は癌治療も発達しているので「即余命何ヶ月」とはならないようですね。 しかしながら笠井信輔アナが医師から生存率が7割と宣告されていることから、今後の治療の成り行きを見守るしかないようです。 3割の生存率にかけて、治療後お2年間をなんとか無病で乗り越えてもらって、回復して同じ病に苦しむ方々に勇気を与えてあげてほしいですね。 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫とは? びまん性大細胞型B細胞リンパ腫についてわかりやすく説明されてるサイトがありましたので、リンクを張っておきます。 「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」はもっとも多くに見られる悪性のリンパ腫とのこと。 日本人の死亡率No. 1が癌であることから他人事ではないように思います。 自分がならないとは言い切れないので、日頃の生活習慣や食生活から予防に務めておきたいものですね。

次の