理解の範疇。 闇の覇王と無垢な花嫁

範疇ってどんな意味?範疇の使い方と類語の解説

理解の範疇

理解の範疇• 祐羽の不自然な歩き方は、まるでヒヨコの様。 内心焦っていたのだろうが、その速度たるや全くもってどんくさい事極まりない。 祐羽がどうしておかしな歩き方をしているかの理由など、眞山も中瀬も訊かずとも理解していたが、声にすることはない。 ヨチヨチと隣の部屋へと入っていった祐羽から視線を外すと、眞山は九条に向き直った。 「今回は私の理解が、到底及ばないのですが…」 眞山の表情は特別大きな変化は見当たらないが、隣で様子を伺う中瀬からすれば、充分戸惑いが見受けられる。 眞山でもこうなのだから、中瀬などもっと驚いていた。 不自然に強張ったままの顔を九条へと向けている。 その九条はというと、ソファへと座りタブレットを見つめ始めた。 その顔を眞山はジッと見つめた。 自ら動いて助けた少年。 それを今まで夜の相手は誰も入れたことのない自宅へと連れ帰った。 祐羽は案の定、九条に無理矢理犯されてしまった様だ。 けれど先程の様子から、祐羽は思ったよりも取り乱して居ないと感じたのは気のせいだろうか。 それにしても、祐羽の為に九条が自ら朝食を用意したとは…。 信じられない。 晴天の霹靂とは、まさにこの事だろう。 今まで九条には山程驚かされてきた。 だからこそ、今の地位に座り続けられているのだが…。 それがここに来て予想の範疇を超えて、心底驚かされた。 女は嫌になるほど抱いてきた九条だが、男には一切食指を動かした姿は見たことが無い。 たとえ綺麗な青年だとしても少年だとしても、だ。 祐羽の一体どこに…。 これは何度も繰り返して思うことだが、眞山には分かるはずもなく。 その後、祐羽が着替えて戻るまで、黙って九条の顔を見ながら考えていた。 興味のある方は、どうぞ。

次の

「範疇」の意味とは?使い方や例文と類語「範囲」との違いも

理解の範疇

今から50年以上前。 1960年代中期から、1970年代にかけて生まれた、見世物小屋的要素の取り込まれた舞台表現。 1974年には、唐さんの率いる劇団状況劇場が初演し、現代劇の公演をテントで行うという新たな発想で、60年代から演劇界にニューウェーブを起こした。 宮沢賢治の童話『風の又三郎』をモチーフにしながら、ファンタジックでスペクタクルな世界が展開していくこの舞台は、当時、圧倒的な熱狂の元に迎えられたという。 昭和の紅テントから、平成のシアターコクーンへ。 アンダーグラウンドではない場所で上演される2019年度版の『唐版 風の又三郎』で、柚希さんは、窪田正孝さん演じる青年「織部」を、自分の恋人を探し出すために利用しようとする、ホステスの「エリカ」を演じる。 今回は、どういった経緯で出演することになったんでしょうか? 柚希:私、今年が芸歴20周年なんです。 宝塚で初舞台を踏んで20年、様々な役柄を演じてきましたが、芸歴20周年を迎える年には、ぜひ、新たに挑戦できる作品に出演したいと思っていました。 お話をいただいたのは、ちょうど、自分にとってのメモリアルになる作品は何だろうかと、いろいろ探していた時期でした。 ただ正直、出演を決めるまでには、葛藤もありました。 とにかく私の理解の範疇を超えていたんです。 でも、だからこそ、未知なる領域に足を踏み入れることができるかもしれない。 今は、これまで共演したことのないような方々に囲まれて、右も左も分からない、手も足も出ないような状態ですが、いろんな方に助けていただきながら、お稽古をしています。 柚希さんは最初、『唐版 風の又三郎』の内容については、どんな説明を受けたんですか? 柚希:顔合わせの時、演出の金守珍さんからは、「ファンタジックホラーです」と説明されました。 お稽古をしながら、アングラ演劇に関するレクチャーも受けているんですが、戦後の反体制主義、反商業主義などが根底にあって生まれた演劇だと伺って、当時の演劇のエネルギーは相当のものだったんだな、と。 『唐版 風の又三郎』には、ギリシャ神話や、シェイクスピアの『リア王』のモチーフなども盛り込まれているけれど、その一方で、当時の流行歌もそのまま流れたりして。 混沌としたイメージなんですが、その全てが、私にとっては新鮮です(笑)。 あとは、すごく日本的な情緒を感じますね。 情念というか。

次の

闇の覇王と無垢な花嫁

理解の範疇

「範疇」の意味とは? 「範疇」の意味は「部類・枠組み」、読み方は「はんちゅう」 「範疇」とは、「同一性質のものが属する部類・部門」「根本的な枠組」という意味で、「はんちゅう」と読みます。 「範疇」の「範」には、「区切られた枠」という意味が、「範疇」の「疇」には「たぐい・同類」という意味があります。 そこから、「同じような性質を持つものが属する部類・似た特徴を持つものの範囲」という意味となったようです。 「範疇」は、「同じような性質を持つものの部類に属すること」を「範疇にある」と表現し、「その部類に属さない」場合に「範疇にない」と表現します。 哲学用語としては「基本概念」を意味する言葉 「範疇」は哲学用語のひとつとしても有名です。 哲学用語としての「範疇」は、「最も基本的な認識論上の概念」という意味で使用されます。 たとえば、これ以上分類できないレベルの基本概念や、物事を判断する上でどうしても依存せざるを得ない概念を指して「範疇」と言います。 「範疇」の「疇」の漢字は常用外 「範疇」の「範」の字は「模範(もはん)」や「規範(きはん)」などの単語でも目にする漢字ですが、「疇」の漢字はなじみがない人も多いことでしょう。 実はこの「疇」の漢字は常用外漢字であるため、あまり用いられない漢字のひとつなのです。 とはいえ、「範疇」という単語はビジネスシーンでもよく使う単語ですので、これを機に「はんちゅう」という単語の読みは覚えておきましょう。 「範疇」の使い方と例文 「範疇に入る」「範疇に収まる」などと使う 「範疇」の使用例では、「範疇に入る」あるいは「範疇に収まる」という表現が挙げられます。 この場合、「同じ部類に属する・同一の性質を持つものの枠内に入っている」という意味です。 端的に表す場合には、「範疇だ・範疇である」としても問題ありません。 彼の知識は趣味の範疇を超えている• 彼の行動は、私の理解できる範疇を超えている• 明らかに業務の範疇を逸脱している 「範疇にない」は「該当しない」のニュアンスに 「範疇にない」は、「その範囲にはない・逸脱している」というニュアンスから、「該当しない」という意味合いで用いられることもあります。 たとえば、「この業務は通常、アルバイトスタッフの業務の範疇にない」というと、「アルバイトスタッフの業務には該当しない」という意味です。 同様に、「範疇外」という表現を使うこともあります。 「契約の範疇外」などと使います。 たとえば、「想像の範疇を出ない」というと「想像の域からは出ない(現実には不可能だ)」の意味になります。 他にも、「常識の範疇」「責任の範疇」「許容の範疇」など、様々な事柄のカテゴリーの枠組み・範囲を意味する表現として使用可能です。 彼女は行動範囲が広い• 今回は試験範囲が広く、大変だ• できる範囲で回答します。 「範疇」は「同じ性質のもの」の「範囲」 「範疇」の意味を説明する際に「範囲」という単語を使用することもありますが、実際には「範疇」と「範囲」ではややニュアンスが異なります。 「範囲」は「特定の広がり」を意味するため、「範疇」よりも枠組みが広いのが特徴です。 「範疇」は、「範囲」の中でも「同じ性質のものを集めた(さらに細かい)範囲」のニュアンスになります。 「範囲」が「特定のカテゴリー」であるならば、そのカテゴリー内でさらに分けられた同質のものの枠組みが「範疇」なのです。 「範疇」の類語 「範疇」の類語は「部類」「種別」 「範疇」と似た意味の単語には「部類」や「種別」が挙げられます。 「部類」とは、「種類によって区別すること・その区分け」という意味で、「友達の部類に入る」「エリートの部類に属する」などと使います。 「種別」は、「種類による区別・区分のこと」です。 「物件の種別」「列車の種別」などといった使い方が可能です。 「範疇」と似た意味の表現にはほかにも、「部門」や「区別」などが挙げられます。 「範疇」の英語訳 「範疇」の英訳では「category(カテゴリー)」を使う 「範疇」の英語訳では「category」を用いるのが一般的です。 たとえば、「私の範疇を超えている(範疇外だ)」とは、「The work is out of my category. 」と表現します。 「私の範疇ではない」という言い回しでは、単に「The work is not mine. (私のものではない)」と表現することも可能です。 まとめ 「範疇」とは、「同じような性質を持つものが属する部類・枠組み」を意味します。 「範疇にある」「範疇にない」という表現のほか「範疇を超えている」などともよく使用されます。 「範囲」と似たニュアンスを持ちますが、「範囲」の中にあるさらに分けられた枠組み・部類を「範疇」ととらえるとわかりやすいでしょう。

次の