クリーン ピア 千曲。 クリーンピア千曲の天気

下水処理追いつかず、完全復旧に2年 長野でポンプ水没:朝日新聞デジタル

クリーン ピア 千曲

台風19号の影響による千曲川の堤防決壊で浸水し、汚水の浄化処理を停止している下水道の終末処理場「クリーンピア千曲」(長野市赤沼)について、完全な復旧まで1~2年かかることが17日、県環境部への取材で分かった。 復旧費用は500億円近くかかる見通しといい、大規模な被害の実態が浮かんだ。 県は18日にも、汚水を塩素消毒だけで川に放流する「簡易処理」での処理量を増やすことを目指し、復旧を急ぐ。 ただ、処理能力は当面元に戻らず、同施設に下水を流している処理区域内=地図=の住民にはその後も「風呂の残り湯の活用」など日常的な節水に協力を呼び掛ける。 最大で約2メートル浸水した同施設では、下水の汚れを分解する微生物に空気を送る送風機や、モーターなど電気系統の機械が水没した。 県は、設備の点検や補修、交換により被災前の処理能力を回復するには1~2年かかると推定。 機械が修理できるかどうかは見通せず、仮に全設備を取り換えることになれば、500億円近くかかるという。 地下約20メートル前後にあり、流れてきた下水をくみ上げるポンプ2台も浸水で水没。 浄化処理ができず、処理区に当たる長野市の一部、須坂市、上高井郡小布施町、高山村の一部に節水を呼び掛けている。 高山村は、役場や小中学校などに簡易トイレ計76台を設置し、負担軽減を図る。 県は周囲にたまった水を取り除いている。 この他、国土交通省のポンプ車6台が汚水を直接、塩素消毒工程に送り、非常時に国が認める塩素消毒だけの簡易処理で千曲川に放流している。 18日には仮設ポンプ8、9台を増強し、被災前と同程度の1日あたり5万立方メートルを簡易処理する計画だが、県北部は18日に雨が降る予報。 雨水が大量に流れ込めば作業が遅れる可能性もあるとしている。

次の

クリーンピア千曲からのお知らせ/長野県

クリーン ピア 千曲

辺り一帯のエリアが、広い範囲で浸水してしまったことが分かります。 車両基地のハザードマップは? 台風19号により、10両が浸水してしまったE7。 屋外に7両、建屋内に3両が停車していました。 通常は23~24の車両で運行されている。 基地の職員の方は、まさかここまで水がくるとは思われなかったのでしょうか。 PDF 3. 41MB]|長野市 こうなってから改めてハザードマップを見ると、 正確さに驚きます。 たまたまこの時に、車両基地にむかっていくE7を見かけました。 そのあとで、こんなことになるなんて。 E7は、普段から大好きで見ているので、切ないです。 一日い復帰を待っております。 E7の現在と今後の見通し 2019年10月15日時点 北陸新幹線新幹線は 上越妙高駅~長野駅のみで運休とのこと。 追記:2019年10月25日 金 に全線で運転を開始するそうです(10. 長野新幹線車両センターにおける新幹線車両の浸水被害により、限られた車両数での運用となります。 北陸新幹線の列車本数は約8割となりますが、東京~金沢間の直通列車については約9割の運転本数を確保いたします。 具体的なダイヤにつきましては10月23日にお知らせする予定です。 5~6割程度になる見通し。 15 信毎公開の図を基に作成。 破壊まではいっていない。 浸水をひきおこす。 台風の規模が大きくなった。 気候がハッキリと変わったので、治水もイチから見直す必要がありますね。 川から、岩が転がる音がした。 さらに、辺り一帯に 石の匂いがした(石同士がぶつかる匂い)とのことです。 関連情報もご覧ください。

次の

下水処理追いつかず、完全復旧に2年 長野でポンプ水没:朝日新聞デジタル

クリーン ピア 千曲

松本市の給水車から分けた飲料水を受け取る住民(右)=長野県立科町役場前で 台風19号による浸水被害の影響で、長野市を中心に電気、下水処理などライフラインが打撃を受けている。 中部電力によると、15日午後4時現在、県北部を中心に約1万720戸が停電している。 河川の氾濫による浸水や倒木などで復旧に時間がかかっており、中電は約1万1000人態勢で作業を進めている。 長野市豊野地区の千曲川が氾濫した地域を除き、17日までに佐久市、佐久穂町、御代田町での復旧を目指しているが、氾濫した地域は水が引くまでは送電設備の破損状況が把握できず、復旧の見通しは立たない。 下水処理施設も影響を受けた。 長野市赤沼にある県の千曲川流域下水道下流処理区終末処理場「クリーンピア千曲」が冠水し、下水処理ができなくなった。 同施設は長野、須坂市、小布施町、高山村の約14万3000人分の下水を処理している。 このまま下水道の使用が続けば、マンホールなどから汚水があふれ出る恐れがあるという。 県は、入浴や洗濯の回数を減らすなど下水道への排出削減を市民に呼び掛けている。 佐久、中野両市でも下水処理施設が冠水し、汚水処理に支障が出ている。 いずれの施設も、水が引いても設備の点検に時間がかかるため、復旧の見通しは立っていないという。 【小川直樹】 松本など3市が立科で給水活動 台風19号の影響で上水道に濁りが発生した立科町で14日、松本、塩尻、小諸3市の支援を受けての住民への給水活動が行われた。 町によると、水源地のタンクに土砂が流入したため、全町約2800戸のうち6割で水が濁り、飲用に適さないという。 町役場前では松本、塩尻両市の給水車から両市職員がポリ袋に飲料水を詰め、住民に配った。 女性会社員(57)は「きれいな水ではなく困っていたので、ありがたい」と感謝していた。 給水活動は15日も行われ、町は早期の上水道の復旧を目指す方針。 【武田博仁】 3連休を直撃、観光地も閑散 台風19号は12~14日の3連休を直撃し、県内の観光地も来客減少など影響を受けた。 名産の栗で知られる小布施町。 北斎館や高井鴻山記念館、栗菓子店が集まる町中心部の観光スポットは14日、雨にもたたられ、観光客はまばらだった。 「台風の接近が伝えられた頃から、団体ツアーが軒並みキャンセルになった。 売り上げにも響く」と栗菓子店の女性店主はため息をついた。 今の時期、収穫された栗やブドウなどが土産物店に並び、1年で最もにぎわうが、台風接近とその後に周辺の通行止めも相次ぎ、閑散としていた。 15台収容できるバス専用駐車場もがら空きだった。 交通整理の男性は「いつもの休日なら駐車場は満杯になるのに、午前中、3台来ただけ。 こんなのは初めてだ」と時間を持て余していた。 【小川直樹】.

次の