電子 レンジ 茹で 卵。 電子レンジで卵料理を作るコツ~簡単卵レシピ5選~

電子レンジで卵が爆発する理由と事故の例:ゆで卵の加熱もしてはいけない

電子 レンジ 茹で 卵

ゆで卵は作らないでください。 アルミホイル、金属容器、金串は使わない。 シッカリ記載されていて、アルミホイルも卵も電子レンジでの加熱はNGでした。 では何故「電子レンジでアルミホイルや卵を温めても大丈夫なのか」簡単にご説明しますね。 そもそも 「電子レンジで卵を温めてはいけない」理由は何でしょうか。 それは 電子レンジで卵を温めると爆発する危険性があるからです。 電子レンジはマイクロ波によって食品内部の水分を振動させ、その振動による摩擦熱で食品を内側から加熱します。 お鍋で温める時のように外側からじっくりと熱が伝わるのではなく、一気に食品全体が温められて膨張するので、卵に限らずウィンナーやたらこなど、殻や皮などで密閉状態になっているものは膨張に耐え切れず爆発する可能性があります。 そこでマイクロ波を遮断する為に登場するのがアルミホイル。 アルミホイルで卵をくるむとマイクロ波が遮断され、卵が内側から加熱されて膨張する危険性がなくなります。 次に 「電子レンジでアルミホイルを使ってはいけない」理由です。 電子レンジでアルミホイルを加熱すると、 放電して火花が飛び散るなどの危険性があります。 そこで登場するのがマグカップとそこに注ぐ水です。 アルミホイルを水で覆うことによってマイクロ波がアルミホイルに反射される事を防ぎ、水を沸騰させて卵を加熱するので火花が散ることもなくゆで卵が出来上がります。 この時に大切なのが、 アルミホイルで卵を隙間なく包む事とアルミホイルで包んだ卵より1cmくらい上の高さまで水を注ぐこと。 少しでも隙間があるとマイクロ波が完全に遮断できませんし、アルミホイルが水に覆われていないとそこから放電してしまう可能性がありますので、十分注意してくださいね。 アルミホイルを電子レンジで使う際の詳しい危険性などはこちらの記事を参考にしてください。 【作り方】• 生卵をアルミホイルで包み、マグカップなどに入れて卵から1cmくらい上の高さまで水を注ぐ• ラップをふんわりとかけ、500Wの電子レンジで約7~8分加熱• 加熱後すぐに冷水につけて皮をむく• 半熟卵の出来上がり 半熟卵も生卵をアルミホイルで包んでマグカップなどに水と一緒に入れ、ラップをかけて電子レンジで温めるまではゆで卵の作り方と一緒です。 加熱後は大変熱くなっていますので、電子レンジから取り出す際は 火傷に十分注意してくださいね。 半熟卵もゆで卵同様に、必ず卵より上の高さまで水を注いでください。 温泉卵の作り方 3つ目は白身も黄身もトロトロな食感がたまらない 温泉卵の作り方です。 【作り方】• 500Wの電子レンジで1分程加熱し、一旦取り出して混ぜ合わせてから再び500Wで1分加熱• 加熱後中央にお好みの具をのせラップで包むように形を整えたら出来上がり まとめ 電子レンジでのゆで卵、半熟卵、温泉卵の作り方、その他簡単にできる卵料理をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? ガスを使わなくていいのでとても経済的ですし、後片付けも楽で時短になりますね。 またご家庭の電子レンジの種類によって加熱時間は異なりますので、今回ご紹介した作り方を目安に何度か試してみてベストな加熱時間を見つけましょう。 さまざまなお料理に使える卵の電子レンジでの調理法、ぜひお試しください。 スポンサードリンク.

次の

茹で卵は電子レンジで温めて大丈夫ですか?爆発するのでしょうか?

電子 レンジ 茹で 卵

ゆで卵は作らないでください。 アルミホイル、金属容器、金串は使わない。 シッカリ記載されていて、アルミホイルも卵も電子レンジでの加熱はNGでした。 では何故「電子レンジでアルミホイルや卵を温めても大丈夫なのか」簡単にご説明しますね。 そもそも 「電子レンジで卵を温めてはいけない」理由は何でしょうか。 それは 電子レンジで卵を温めると爆発する危険性があるからです。 電子レンジはマイクロ波によって食品内部の水分を振動させ、その振動による摩擦熱で食品を内側から加熱します。 お鍋で温める時のように外側からじっくりと熱が伝わるのではなく、一気に食品全体が温められて膨張するので、卵に限らずウィンナーやたらこなど、殻や皮などで密閉状態になっているものは膨張に耐え切れず爆発する可能性があります。 そこでマイクロ波を遮断する為に登場するのがアルミホイル。 アルミホイルで卵をくるむとマイクロ波が遮断され、卵が内側から加熱されて膨張する危険性がなくなります。 次に 「電子レンジでアルミホイルを使ってはいけない」理由です。 電子レンジでアルミホイルを加熱すると、 放電して火花が飛び散るなどの危険性があります。 そこで登場するのがマグカップとそこに注ぐ水です。 アルミホイルを水で覆うことによってマイクロ波がアルミホイルに反射される事を防ぎ、水を沸騰させて卵を加熱するので火花が散ることもなくゆで卵が出来上がります。 この時に大切なのが、 アルミホイルで卵を隙間なく包む事とアルミホイルで包んだ卵より1cmくらい上の高さまで水を注ぐこと。 少しでも隙間があるとマイクロ波が完全に遮断できませんし、アルミホイルが水に覆われていないとそこから放電してしまう可能性がありますので、十分注意してくださいね。 アルミホイルを電子レンジで使う際の詳しい危険性などはこちらの記事を参考にしてください。 【作り方】• 生卵をアルミホイルで包み、マグカップなどに入れて卵から1cmくらい上の高さまで水を注ぐ• ラップをふんわりとかけ、500Wの電子レンジで約7~8分加熱• 加熱後すぐに冷水につけて皮をむく• 半熟卵の出来上がり 半熟卵も生卵をアルミホイルで包んでマグカップなどに水と一緒に入れ、ラップをかけて電子レンジで温めるまではゆで卵の作り方と一緒です。 加熱後は大変熱くなっていますので、電子レンジから取り出す際は 火傷に十分注意してくださいね。 半熟卵もゆで卵同様に、必ず卵より上の高さまで水を注いでください。 温泉卵の作り方 3つ目は白身も黄身もトロトロな食感がたまらない 温泉卵の作り方です。 【作り方】• 500Wの電子レンジで1分程加熱し、一旦取り出して混ぜ合わせてから再び500Wで1分加熱• 加熱後中央にお好みの具をのせラップで包むように形を整えたら出来上がり まとめ 電子レンジでのゆで卵、半熟卵、温泉卵の作り方、その他簡単にできる卵料理をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? ガスを使わなくていいのでとても経済的ですし、後片付けも楽で時短になりますね。 またご家庭の電子レンジの種類によって加熱時間は異なりますので、今回ご紹介した作り方を目安に何度か試してみてベストな加熱時間を見つけましょう。 さまざまなお料理に使える卵の電子レンジでの調理法、ぜひお試しください。 スポンサードリンク.

次の

電子レンジで卵が爆発する理由とさせない方法!ゆで卵も目玉焼きも黄身に穴を開けるだけで安全に作れます。

電子 レンジ 茹で 卵

卵をレンジでチンしても爆発しない方法の1つ目は「生卵は黄身に穴をあける」です。 生卵をレンジでチンすると、どうして爆発するのでしょうか。 それは黄身が温まったときに熱の逃げ場がないからなのです。 ですので、黄身に穴を開けます。 鍋を火にかけるときに、吹きこぼれないように少し蓋を少し開けておくのと同じです。 卵の膜が熱の逃げ場の邪魔をするので、割った生卵をレンジで温める場合は、黄身爪楊枝で数か所穴を開けます。 真っすぐ刺せば、黄身は壊れません。 そうすることで割った生卵はレンジで爆発しないでに目玉焼きになります。 ゆで卵を細かく潰してマヨネーズで和える、サンドイッチによく合うたまごサラダが、電子レンジで作れます。 サンドイッチ以外にも、サラダの家に乗せたり、写真のようにタルタルソースの代わりとしてかけて食べても美味しいですよ! レンジで温めている間に他の作業が出来るので、もう1品欲しい忙しい朝の朝食や、お弁当におすすめです。 以下の作り方手順とリンクを見て、ぜひ作ってみてください。 また、ゆで卵がたっぷり入ったデビルサンドの作り方を知りたいという方は、以下の記事も併せてご覧ください。 サンドイッチ用ゆで卵の材料• 卵…1個• マヨネーズ…大さじ1• 塩…ひとつまみ サンドイッチ用ゆで卵の作り方• 耐熱容器に卵を割り入れてください。 つまようじやフォークを使って、卵の黄身の部分い穴を数か所開けます。 軽くラップをして、1分間レンジで温めます。 足りない売位は10秒ずつ足してください。 塩、マヨネーズを和えたら出来上がり! ゆで卵のレンジでの作り方の2つ目は「アルミホイルもチンする簡単レンチンゆで卵」です。 電子レンジの常識として、卵も爆発するからNGですが、アルミホイルの火花が散り爆発するのでNGと聞いたことがありませんか?電子レンジの電磁波は、金属に当たると電磁誘導という現象により電流が発生するのです。 では、なぜアルミホイルをレンジに入れてOKなのでしょうか。 ゆで卵をレンジで作るときには、水の中に入れます。 つまりマイクロ波はたまごにもアルミホイルにもあたっていないのです。 水がレンジで温められ、その水で卵を温めているので卵は爆発しないのです。 ですので、コツはアルミホイルで隙間なく包むことになります。 アルミホイルもチンする簡単レンチンゆで卵の材料• 卵…1個• アルミホイル…隙間なく卵を包める分• 耐熱カップ…1つ• 水…卵がかぶる量• ラップ アルミホイルもチンする簡単レンチンゆで卵の作り方• 生卵を、隙間なくアルミホイルで包みます。 (隙間が出来てしまった場合は、アルミホイルを足して巻いてください。 水の入った耐熱カップの中に卵を入れます。 ふんわりとラップをかけます。 500wの電子レンジで5分温めます。 10分ほどそのまま置いたら、出来上がり! ゆで卵のレンジでの作り方の3つ目は「レンジでポーチドエッグ」です。 ポーチドエッグとは、卵を割った後に酢を入れた湯の中でゆでるゆで卵のことです。 感じとしては、ゆで卵と温泉卵の間といった触感のおしゃれな卵料理です。 ポーチドエッグからエッグベネディクトを作りたい方は、以下の動画を参考にしてください。 以下のポーチドエッグの作り方リンクでは酢を使っていませんが、以下の材料の分量で酢を入れると、壊れにくくキレイにポーチドエッグが出来るので、お試しください。 完成後も多少酢のにおいが残りますので、酢の匂いが苦手な方はなくても作れます。 おしゃれな朝食に、ぜひチャレンジしてみてください! レンジでポーチドエッグの材料• 卵…1個• 水…100㏄• 酢…小さじ1 レンジでポーチドエッグの作り方• マグカップの中に卵を割り入れて、• 酢も同時に入れます。 卵の周り全体に水かいきわたるように入れるのがポイントです。 500wの電子レンジで1分20秒加熱します。 おたまですくい水を切ったら出来上がり! 温泉卵のレンジでの作り方の1つ目は「マグカップで作る温泉卵」です。 殻の中の卵はどんな状態か見えませんから、温泉卵がきちんとできているかどうか不安になったことはありませんか?私は、鍋でゆでて温泉卵を作ったとき、割ってみるまで不安でしたし、固くなりすぎたり柔らかすぎたりと失敗もしました。 しかしこのマグカップ温泉卵は卵を割ってから作るので、卵の様子がよく見えるのが特徴です。 様子を見ながら加熱できるのは嬉しいですよね!コツは、加熱後に水をすぐに捨てることです。 黄身に穴を開けるのも忘れないでください。 温泉卵を簡単で好みの固さに作れますので、ぜひ作ってみてくださいね! マグカップで作る温泉卵の材料• 卵…1個• マグカップ(電子レンジ対応のもの)• 水…適量• つまようじ マグカップで作る温泉卵の作り方• 電子レンジ対応のマグカップに卵を割り入れます。 口の広い容器は卵が広がってしまうので、マグカップが理想です。 卵の黄身をつまようじで刺します。 卵全体を覆うくらいの水を入れて、500wで1分加熱します。 気候などでも出来上がりに変化が出るので、様子を見ながら加熱を追加してください。 100均ダイソーで購入できる温泉卵メーカーで、電子レンジで簡単に温泉卵が作れます。 先程ご紹介したマグカップの温泉卵と、作り方はほぼ同じですが、水切りがついているので、大変便利です。 水を捨て時に卵の形が崩れてしまうという方におすすめです。 ラーメンやパスタ、丼物など、温泉卵を乗せるだけで一気に豪華になりますよね!作るための道具が高かったり、作るのが難しいと躊躇してしまいますが、こんなに簡単に100均のグッズで作れるのであれば、気軽にチャレンジ出来て料理のレパートリーも増えそうですね。 詳しい作り方は以下の手順と動画を参考にしてください。 100均温泉卵の材料• レンジで簡単!温泉卵…ダイソーで購入できます。 卵…1個• つまようじ 卵に合う調味料の1つ目は「定番の塩&マヨネーズ」です。 塩とマヨネーズは、ゆで卵だけでなく、様々な卵料理と相性の良い調味料です。 シンプルに卵の良さを楽しみたいのであれば、定番の塩がおすすめです。 洋風にサンドイッチなどに合わせる場合は、やはりマヨネーズがピッタリですね! 卵料理にピッタリなマヨネーズですが、苦手だという方も多いようです。 そんな方がマヨネーズを克服する方法が以下の記事に載っています。 卵をマヨネーズで美味しく食べたい!という方はぜひご覧ください。 卵料理にピッタリなマヨネーズですが、苦手だという方も多いようです。 そんな方がマヨネーズを克服する方法が以下の記事に載っています。 卵をマヨネーズで美味しく食べたい!という方はぜひご覧ください。 卵に合う調味料の5つ目は「メープルシロップ」です。 卵に甘い調味料をかけるのは意外だと思った方も多いでしょう。 しかし、油などを使用していないおやつの感覚で食べられるので、ダイエット中の方のおやつなどにおすすめの卵料理なんですよ! ダイエット中に甘いものが食べたいなと思った方は、ぜひお試しください。 しかし、メープルシロップをかけすぎるとダイエットにならないので気を付けてください。 ダイエット中に甘いものが食べたいなと思った方は、ぜひお試しください。 メープルシロップをかけすぎるとダイエットにならないので気を付けてください。 美味しい卵料理を電子レンジで作ろう! いかがでしたでしょうか?電子レンジで卵を温めても、爆発しない方法がたくさんありましたね。 黄身の部分に穴を開けるコツ、忘れないでくださいね。 レンジで作る美味しい卵料理を覚えて、時短で美味しい卵料理をたくさん作ってくださいね!•

次の