ひまわり 電気。 【ひまわりでんきの電気は評判が悪い?】メリット&デメリット

会社概要

ひまわり 電気

「2年間で約11,360円分のおトク」の内訳はこちら• カテエネ登録で100P• 検針票をWEBご利用明細に変更して200P• 毎月電気料金200円につき1P(1ヶ月の電気料金7,335円の場合、2年間で912P)• 家族ポイント割に加入して2年間で2,400P• カテエネで電気のご使用実績やコラムをチェックして2年間で最大1,680P• 2019年10月分の燃料費調整額を含めた電気料金(再生可能エネルギー発電促進賦課金を除く)で算定しています。 実際のポイント数は電気のご使用状況や燃料費調整額などにより変動します。 ただし、当該月にまったく電気を使用しない場合、おとく割は0円といたします。 カテエネ入会時に獲得できるポイントと紙の検針票を不要とされた方で毎月カテエネで電気のご使用状況等をチェックいただいた際に取得できるカテエネポイント等( 2年間で1,980円分)を含みます。 家族ポイント割(二親等以内のご家族同士がご加入いただくと毎月カテエネポイントがたまるサービス)にご加入で取得できるポイント(2年間で2,400円分)を含みます(カテエネへご登録いただき、中部電力ミライズのご家庭向け電気の自由料金メニューにご加入いただいている場合)。 毎月の電気料金 200円につき1ポイント取得できるカテエネポイント(2年間で約912円分)の合算値です。 (算定条件)「おとくプラン」契約電流40A、月間使用量320kWhの場合。 2019年10月分の燃料費調整額・口座振替初回引落とし割引を含めた電気料金(再生可能エネルギー発電促進賦課金を除く)で算定しています。 00 契約電流 50A ひと月につき 1,430. 00 契約電流 60A ひと月につき 1,716. 00 契約容量6kVA ひと月につき 1,716. 00 電力量料金 最初の120kWhまで 1kWhにつき 21. 07 120kWhをこえ300kWhまで 1kWhにつき 25. 54 300kWhをこえる 1kWhにつき 28. 「2年間で約35,220円分のおトク」の内訳はこちら• カテエネ登録で100P• 検針票をWEBご利用明細に変更して200P• 毎月電気料金200円につき1P(1ヶ月の電気料金25,106円の場合、2年間で3,168P)• 家族ポイント割に加入して2年間で2,400P• カテエネで電気のご使用実績やコラムをチェックして2年間で最大1,680P• 2019年10月分の燃料費調整額を含めた電気料金(再生可能エネルギー発電促進賦課金を除く)で算定しています。 実際のポイント数は電気のご使用状況や燃料費調整額などにより変動します。 ただし、当該月にまったく電気を使用しない場合、おとく割は0円といたします。 カテエネ入会時に獲得できるポイントと紙の検針票を不要とされた方で毎月カテエネで電気のご使用状況等をチェックいただいた際に取得できるカテエネポイント等( 2年間で1,980円分)を含みます。 家族ポイント割(二親等以内のご家族同士がご加入いただくと毎月カテエネポイントがたまるサービス)にご加入で取得できるポイント(2年間で2,400円分)を含みます(カテエネへご登録いただき、中部電力ミライズのご家庭向け電気の自由料金メニューにご加入いただいている場合)。 毎月の電気料金 200円につき1ポイント取得できるカテエネポイント(2年間で約3,168円分)の合算値です。 2019年10月分の燃料費調整額・口座振替初回引落とし割引を含めた電気料金(再生可能エネルギー発電促進賦課金を除く)で算定しています。 現在の料金プラン(従量電灯C)と比較して、120kWhまでの電力量料金単価を0. 00 電力量料金 最初の120kWhまで 1kWhにつき 21. 57 120kWhをこえ300kWhまで 1kWhにつき 25. 54 300kWhをこえる 1kWhにつき 27.

次の

ひまわりでんきが残念すぎる。評判と電気料金、解約金、デメリットなど

ひまわり 電気

コンセント・プラグ・コード ・差し込みプラグを抜く際は、コード部分を持って引っ張らないで、プラグ本体を持つようにしましょう。 ・差し込みプラグは、コンセントと緩みがないか点検しましょう。 ・コードが家具などの下敷きになったり、押しつけなどにより傷つかないように注意しましょう。 ・コードを束ねたり、ねじれたままの状態で使用しないようにしましょう。 ・コンロの上方など、コードが加熱されるような場所での使用はやめましょう。 ・ビニールコードを柱などにステップル止めするのはやめましょう。 ・コンセントやコードには使用できる電気量に制限があります。 表示されている電気量を確認して使用しましょう。 ・心線(コードなどの中心部にある銅線)同士をねじり合わせて、直接つなげて使用することは危険です。 コードとコードを つなぐ場合は、接続器を使用しましょう。 漏電とは・・・電気の漏れを防止するため、屋内配線や電気機器にはあらかじめ絶縁物が取り付けられていますが、この絶縁物が老朽化で損傷したり、水をかぶったりすると、電気が漏れる「漏電」が起こります。 漏電は感電事故や火災の原因になるものです。 漏電では、最も直接的な現象に感電が挙げられます。 特に家庭用商用電源では電流で負傷したり致死の危険もあるため、注意が必要です。 絶縁破壊に至っている機器を知らずに使用したり素人修理や改造して使用し、感電するケースは後を絶たちません。 また、台所や風呂場など水を使う場所で利用していて、事故に遭うケースも少なくありません。 また、電流が流れる電気回路はジュール熱で熱を帯びますが、設計された耐熱温度を超えると、発火により火災を起こします。 火災に至らないまでも絶縁皮膜が融け、漏電やショートを起こす場合も少なくありません。 いわゆるたこ足配線でテーブルタップなどの先に幾つもの消費電力が大きい家電(暖房器具や掃除機など)を接続して使うと、安価なテーブルタップや長いケーブルは熱を帯びます。 接続して使用する機器の合計消費電力にも注意を払う必要があります。 この他には、安全装置である接地に電力が流れている場合は、実害がないため気付かないでいると、消費電力が余計にかかることもありますが、こちらは漏電遮断器やヒューズが作動するため、停電に陥る場合もあります。 この場合は火事や感電といった最悪の事態は回避されるものの、停電に伴う不便な状態になります。

次の

【ひまわりでんきの電気は評判が悪い?】メリット&デメリット

ひまわり 電気

ひまわりでんきとは ひまわりでんきは、2018年7月に設立された株式会社ひまわりでんきが提供していた電気のサービス。 2020年4月に社名を変更し、現在は株式会社グランデータという会社がサービスを提供しています。 沖縄・離島を除く全国で展開しています。 電気料金プランが複数用意されていますが、多くが大手電力会社と同じか少し割高です。 また、有料の付帯サービスなどが付けられてしまうことが多く、結果として電気代が値上がりしてしまう場合も多いです。 訪問営業を盛んに行っていますが、勧誘を受けた方からは良くない口コミが多く見受けられます。 ひまわりでんきの評判から分かる全デメリット ひまわりでんきの実際の口コミを調べて分かったデメリットを、大きく分けて3つ紹介します。 電気料金が安くない ひまわりでんきをおすすめできない最も大きな理由が、電気代が安くないということ。 東京電力とひまわりでんきの一般的なプラン「ファミリープラン」の料金を比べてみました。 使用量 東京電力 ひまわりでんき 差額 150kwh 4,245円 4,133円 -112円 300kwh 8,142円 8,030円 -112円 500kwh 14,146円 14,034円 -112円 750kWh 21,932円 21,792円 -140円 ご覧の通り、どれだけ電気を使おうが 100円ちょっとしか安くなっていません。 電気代は基本料金と従量料金の2つをあわせた料金から成り立っています。 基本料金は電気の契約自体にかかる料金、従量料金は電気を使った分だけかかる料金です。 新電力によっては従量料金を大幅に安く設定していたり、基本料金を0円にしているところもある中で、 ひまわりでんきは基本料金が従来の電力会社より10%安くなっているだけ。 基本料金は契約内容や地域によって異なりますが、関西エリアなら約330円、関東エリアなら約1100円です。 つまり、関西の方は従来の電力会社よりたった33円、関東の方でも110円しか安くならないんです。 オプションが上乗せされて高くなる さらに、ひまわりでんきでは有料オプションを付けられてしまうことが多いため、結果として電気代が高くなってしまう場合が多いです。 ひまわり電気、解約手数料無料になったので(今まで有料なのも珍しいが)東京電力に戻してきた。 安くなるって言われて乗り換えたけど、逆に高くなって悲しい気持ちになったので……。 — らいふ🍆 yKcwWDFkCQtlXbF 電気代とオプション代ばか高いから契約かえよっとぉ ひまわり電気 — rikakyas jbjbgleek 例えば「トラブル駆けつけサービス」という電気のトラブルを対応してくれるサービスは、毎月980円+税がかかります。 オプションは利用しなくても毎月請求されますから、結果的に電気代が高くなってしまうのです。 解約金がかかる これから賃貸契約する人は株式会社グランデータってところには要注意よ!大元はひまわり電気ってところなんだけど、電気の配給元と請求元、プラン案内元が全て別れてて、解約金が4000円程かかるわよ!タチが悪いのは、大手引越し業者が裏で絡んでるってとこなの! — JUJU bookinsecter ひまわりでんきには2年間の契約期間が設定されており、契約期間中に解約をすると解約金が発生します。 ひまわりでんきは 解約手数料が3,780円もかかってしまいます。 解約金がかからない新電力は、 どれくらい安くなるかお試しで契約できるという気軽さがあり、それだけで魅力的です。 よほどのことがない限り、解約金のかかる電力会社と契約するのはおすすめできません。 供給開始手続きが行われない場合がある 同じ口コミ見つけたから晒す。 電力会社契約するなら だけはやめておけ。 あそこと契約すると当日になっても電気通ってないと言われたぞ。 しかしひまわりでんきではその手続きが正常に行われず、供給開始日に電気が使えないという口コミが多くありました。 正直、電気料金が高いとか特典が微妙とか以前の問題でしょう。 もし真夏でエアコンがないと暑さで耐えられないような時期だったら命に関わります。 ひまわりでんきを販売する取次店とひまわりでんき側の連携不足や、ひまわりでんき社内での顧客管理がずさんであることが考えられます。 こうした口コミは2019年から継続的に見つかるため、企業として改善している様子も見られません。 すでにひまわりでんきを申し込んでしまった方は、東京電力などの地域の電力会社に連絡し、契約を戻してもらうことをおすすめします。 会社概要 ひまわりでんきは2018年7月に設立された電力小売り事業会社です。 現在は株式会社グランデータと社名を変更しています。 社名 株式会社グランデータ 設立 2018年7月13日 所在地 〒170-0005 東京都豊島区南大塚2丁目33-10 代表 手島太一 資本金 240,775,000円 事業内容 電気事業およびその附帯事業 電話番号 0570-070-336 まとめ まわりでんきについてまとめてきました。 電気代が高くなる、解約金がかかる、電気が利用できない場合があるなど多くのデメリットがありました。 利用者の評判も良くないので、勧誘を受けても契約しないことをおすすめします。

次の