シリコーン洗車。 シリコーン洗車

信越シリコーン洗車ってどうですか?

シリコーン洗車

英語でわかるシリコンゴム シリコーンとシリコンは、どちらも日本語表記をしているため解りにくくなっています。 まずは英語での違いを説明します。 シリコン シリコンは、英語表記をするとSiliconeもしくは、Siliconとなります。 つまり、使われる対象によって英語表記が異なります。 日本国内では、SiliconeとSilicon、どちらもシリコンと呼ばれています。 シリコーン シリコーンは、英語表記をするとSiliconeとなります。 つまり、シリコーン=Silicone、Silicone=シリコーンとなります。 英語でわかるシリコンゴムまとめ シリコンはSiliconeとSilicon両方の日本語となり、シリコーンはSiliconの日本語となります。 SiliconeとSiliconの違い 英語と日本語で書いてみると少しわかってきますが、英語の意味がわかれば本質が見えてきます。 ここでは、Silicone(シリコーン/シリコン)とSilicon(シリコン)の違いを説明します。 Siliconeとは Siliconeは、合成高分子化合物の総称で、有機ケイ素化合物のことを指します。 また、人口化合物のため、天然には存在しない物質です。 シリコ-ンは無機質のシロキサン結合と有機基との結び付きにより、炭素-炭素結合を持つ有機化合物やポリマーと比較し、無機と有機の特性をあわせ持った高機能ポリマ-化合物です。 形状はオイル、エマルジョン、レジン、ワニス、ゴムおよびパウダーなどと極めて多様で、用途も多岐にわたり、いろいろな分野で 利用されています。 出典: Siliconとは Siliconは、ケイ素の英語名で、元素記号はSiとなります。 つまり、ケイ素のことを指します。 また、天然の地殻中に大量に存在する物質です。 シリコンは、ケイ素のことです。 岩石や土壌の主成分として自然界に存在し、地球上で酸素に次いで多く存在します。 通常、酸素との化合物、二酸化ケイ素(シリカ)の形で存在します。 シリカは砂の主成分で、石英(水晶)はシリカでできています。 ケイ素はケイ素樹脂の原料となっています。 半導体材料に使われるシリコンは、原料の珪石を還元、精留させて、ケイ素の純度を高めたもので、暗灰色をした金属です。 出典: SiliconeとSiliconの違いまとめ Siliconeは有機ケイ素化合物のことで、Siliconはケイ素(元素:Si)のこととなります。 まとめ:シリコーンとシリコンの違い Siliconeは有機ケイ素化合物のことで、Siliconはケイ素(元素:Si)のこと。 シリコンはSiliconeとSilicon両方の日本語で、シリコーンはSiliconの日本語。 つまり、 シリコンは、有機ケイ素化合物、ケイ素の両方の意味 シリコーンは、有機ケイ素化合物だけの意味 となります。 そのため、シリコーンとシリコンはゴム素材のように全く同じものを指している時もあれば、ケイ素とゴム素材のように違うものを指している場合もあります。 木野機工株式会社でのシリコン 弊社では、ゴム素材(有機ケイ素化合物)である製品を「シリコン」と表記し、「シリコン」と呼んでいます。 理由は様々ですが、USシリコンや高引裂きシリコンなど、製品名にも採用しています。 もちろん、ご依頼の際にシリコーンと呼んでもらっても構いませんのでご安心ください。 今すぐ読みたい!保存用PDF資料 木野機工株式会社では、保存用PDF資料「工業ゴムの基礎知識」を配布しています。

次の

クルマの塗装面をシリコンスプレーで磨いてもいいですか。洗車傷が酷くなって...

シリコーン洗車

今回は以前から流行っている洗車スタイルである信越シリコーン『』を使った洗車の記事になります。 以来、シリコーンの優れた特性を活かして、さまざまな製品を開発して来ました。 その結果、現在では5,000を超える製品を開発し、電気・電子、自動車、建築、化粧品、ヘルスケア、化学など、さまざまな産業分野のニーズにお応えしています。 また、信越化学はこれまでに国内はもとより、米国、韓国、中国、台湾、シンガポール、タイ、オランダなど世界各国に生産・販売拠点を設置。 マーケットに直結した供給体制を整え、世界各地のお客様のニーズにお応えしています。 その結果、国内トップ、世界でも有数のシリコーンメーカーに成長しています。 「信越シリコーン」ブランドをお届けして60年以上、信越化学はこれからも「信越シリコーン」の力をお客様のビジネスの力に変えるために、さらなる挑戦を続けていきます。 出典 HPを見ると分かるのですがシリコン関連商品ってこんなにあるんだと驚くレベルでラインナップされています。 それだけシリコンには幅広い特性があるのだなと感じました。 ちなみにTWの親父はメーカーの塗料会社で働いているのですが、信越シリコーン使ってるよ〜とのことで色々聞くとかなり重要な部分だそうです。 ちなみに品番で見ると『KF-96- 50cs』赤文字の部分が粘度になります。 アマゾンで軽くみた感じだと『50』『300』『1000』あたりの粘度があり、数値が多いほど粘度が高い=ドロドロしているオイルということですね。 今回使っているのは『50』になりますのでかなりサラっとしている印象。 基本的にコーティングは塗装面に対して、拭き取った後は薄く残留成分が残っている状態なので、粘度を変えてもあまり結果は変わらないのかな〜と思います。 ただ実際に試したわけではありませんので、気になる方は是非試してみると良いかもしれません。 ただ情報的には、施工後の結果は対して変わらないと言っている人は多いですね。 ざっくりいうと、保護性が高い液体と思ってもらうのが良いかな。 ちなみにシリコンオイルは油分ですが成分的にはガラスに近い要素もあるので、 ある意味ポリマーとガラスコーティングの要素を持っているということになります。 実際に施工していると、ガラスコーティング要素は一切感じませんけどね 笑 シリコン洗車施工前の下地処理 通常の洗車を行う シャンプーでも水洗いでもOK 基本的なところで、通常の洗車を行います。 下地処理に関してまとめた記事もありますので詳しくはをご覧ください。 シリコン洗車なら上記の過程を省くのもあり シリコン洗車のメリットは『』だけで対応できるズボラ洗車だと思っているので、普通にをして塗装面の汚れを落とせばそれで十分な感じもしますね。 上記の方法はあくまでもやった方が良い結果になる傾向ではありますが、分からない人はとりあえずシリコン洗車をやってみて効果を味わうのもあり シリコン洗車のやり方 シリコン洗車のやり方にはざっくり2種類あるのかな? 一つめは 含浸(ガンシン)と言って大量のシリコンを塗り込んで、数時間放置するパターン(人によっては塗りっぱなしで1週間ぐらい放置することもあるらしい) これの狙いはしっかり塗装に定着させるというよりは、汚れをシリコンオイルでふやかし汚れを一掃するイメージでの施工らしい もう一つは普通に塗り伸ばす様に薄くまんべんなく塗りこむイメージ。 まあ通常の施工と思ってもらって良いです。 これは通常のコーティングを塗り込む様にやればOK この二つの特性のやり方を紹介します。 シリコン洗車の含浸施工方法について 施工方法は非常に簡単です。 上記の写真の様にコッテリ塗って放置するだけ。 樹脂部分も簡単に施工できて、失敗知らず(耐久性はなくすぐに白ボケする傾向にあります) これで半日〜1週間ぐらい好みで放置して拭き取るだけ(今回は1時間放置) 拭き取る時は水かけながらでもいいと思いますし、水拭きで大まかに拭き取りでもいいと思います。 含浸をやったから効果がアップした感じはなく、塗装面に対してダイレクトに塗布できる状態を作りのが大事かな(基本的にはどんなコーティングも一緒) 含浸でスケール(雨ジミ・ウロコ)は取れる? 水道水と夏の高熱によって、作り出されたスケールです(非常に厄介) これを左右に分けて酸性ケミカルとシリコンによる含浸をして除去できるか試します。 スケール付着状態をシリコンでふやかし除去する方法として『含浸』を進めているのが分かります。 (シリコン内に同じガラス成分があるので、なじませて除去するイメージだそうです) でも時間かかりすぎて、TW的には非常にめんどくさい 笑 この残ったシミはにてスピーディーに除去。 シリコン洗車をレビューすると言ったら、様々な問い合わせを頂きましたので後日にTWが感じたシリコン洗車の疑問を記事にあげますね。 詳しくはからどうぞ ちなみにシリコン師匠こと『』が編み出したもありますのでシリコン洗車をマニュアル通りに進めたい人にオススメ シリコン洗車 通常施工(補充) 含浸では塗り込みをマイクロファイバークロスで塗り込みましたが、通常施工ではワックスの塗り込みスポンジであるを使いました。 これに数滴垂らして、薄く塗り広げて作業をおこないます。 というか含浸の時もに大量につければいいだけなので、こっちの方が施工性良くて楽かな シリコンオイルをつけすぎても、簡単に水で濯げるので便利だし加水の調整も容易なのでシリコン洗車で使いやすいのではないでしょうか? それは他のコーティングをしても同じ状態になるので、あまり気にする必要もないんですけどね KF-96のシリコン洗車の撥水とトーンの落ち方 シリコン洗車の撥水は弱撥水 動画あり ユーチューブで見ていると鬼撥水、ブリブリの撥水という謳い文句がありますが、自分の目には弱撥水程度に見えました。 (自分の車でもユーチューブに上がっている動画でも) シリコン洗車をしている人達は基本的に霧吹き的な水の掛け方をしているので、そういう風に見えるのかも知れません。 ただシリコンの拭き取りが甘いとオイルの層が出来ているため、結構弾きます。 しっかりキレイに拭き取ると、そんなに撥水はしませんね。 シャンプーで洗車をしてしまうと撥水はほとんどしなくなる傾向にあるのが動画で分かります。 含浸(がんしん)までやるのはめんどくさい• 撥水は弱い• 定着、耐久性は他のコーティングと比べると弱いかな〜• 施工中、手がヌルヌルになるのは気になる 笑• シャンプー洗車をやるとごっそり落ちる(シャンプー非推奨) 正直、デメリットらしいデメリットはないかな〜。 塗装の劣化を促進するようなイメージが多かったのですが、思った以上に塗装に対して攻撃性はない印象。 それを考えると〇〇の方が悪さしているのかな〜と改めて再認識。 こんな人にオススメ シリコン洗車においては、 とりあえず簡単に何も考えず艶々にしたい人にオススメですね。 艶感はコーティングの中でもトップクラス• コーティングと違って定着しにくい為、耐久性は感じにくい• 失敗しにくい、失敗してもリカバリーが超簡単• シャンプー洗車はNG• 定期的なシリコン洗車は必要 ここまで色々紹介しましたが、本当に面白いスタイルの一つだと思います。

次の

キャンプ&フィッシングの付録:シリコーン洗車ってどうなんでしょう?

シリコーン洗車

爆艶になるし施工後のボンネットなんかは見たこと無いような水弾きも得られるが本質はシリコーンを塗布し続ける事によって塗装面の上にシリコーンを乗せ塗装面を砂埃や水垢等から守る事なのかな・・と。 どうしてもできてしまう白いデポジットなんかも水含ませたショップタオルで落ちる。 早い話、気に入らなければカーシャンプーで落とせばいい話。 下地作ってスパシャンとかシュアラスターとかワコーズのガラス系コーティングを何回か施工して硬化させた後シリコーン洗車するのがベストなのかな・・と思ったり。 モデリスタアンテナのゴム部分も真っ黒に戻る 試しに内装樹脂部分もシリコーンを3~5倍位に精製水で希釈して 但し非水溶性なので混ざってない可能性 濡らしたショップタオルに吹きかけて拭いたがベトつかないし艶も出るしで言うことなし。 個人的にはガラスの中でもフロントは同じ労力かけるならハイブリッドストロングとかガラコでいいのかな・・と。 【結論】 ・耐久性は未知数なので毎月1~2回以上洗車をしたり半日近く洗車時間をかけられる洗車マニアな人向き。 ケミカル系の成分をみると少なからずシリコーンは入ってるもんだしそう考えてみても自分的にはかなりアリ。 コスパ含め現時点で考える洗車系最終回答。 いや、最終はシリコーンプラス純水洗車かな・・。 いずれにしても今後もシリコーン洗車を施工し続けて様子をみていきたいと思ってます 以上シリコーン洗車で個人的な感想を述べさせていただきました.

次の