半日 断食。 [この差って?]半日断食の方法や効果は?8時間の間は何を食べてもOK

半日断食の効果と正しいやり方・方法

半日 断食

ファスティングは断食のことですが「半日」がつくとおり簡単に始められる断食。 1日のうち1食だけを酵素ドリンクに置き換えるだけの方法なので苦痛に感じず、習慣化することで効果をあげていきます。 断食の必要性 朝食抜きは必要か? 朝食を抜くと「脳が必要とするブドウ糖が不足するため脳が働かない」とか「運動するための栄養が身体全体に届かないので力が出ない」などの情報を聞くことがあります。 たしかに、脳はブドウ糖をエネルギー源として利用するのですが、朝食を抜いたばあい、体内に蓄えられた脂肪を使い始めるため問題はありません。 この脂肪を使い始めることがダイエットとして大きな意味があるのです。 ただし、30歳未満で身体を良く使う仕事に従事する人や、新陳代謝の盛んな育ち盛りの若年層には当てはまりません。 カロリー過剰摂取 近年の栄養学で提唱される必要な摂取カロリーは、男性で2500kcal、女性は2000kcalとされています。 ところが、とくに体力を使うことなく生活をするばあいには、栄養が多すぎて肥満や成人病などの原因になりかねません。 午前の排泄優先 人間には昔から体に刻みこまれた生理的なリズムがあり、それを守った生活しなければ『吸収・消化・排泄』のバランスが崩れてしまいます。 ふだん皆さんが朝食を摂っている時間帯は、本来は「排泄」の時間です。 身体のリズム的には排便しなければいけない時間帯に朝食を摂ってしまうと、健康を維持するために重要な酵素が充分に働かず、消化不良を起こしてしまいます。 私たちの身体は、夜中から朝にかけては吸収と代謝をして、眠っている間にも健康な身体がつくられています。 そして、朝には胃や腸を活動させて、吸収できなかった余分なものを便や尿などの老廃物として排泄さているのです。 体内の酵素 体内で作られる潜在酵素は『消化酵素』と『代謝酵素』の2種類があります。 この二つの酵素は、体内で作られる量に限りがあって、ダイエットで痩せるためには代謝酵素の比率を上げていかなければなりません。 しかし、食べる量が必要以上に多いと、消化酵素が優先的に作られてしまうため、代謝酵素が作られる量は少なくなってしまいます。 この減ってしまった代謝酵素を『酵素ドリンク』を摂ることで補充してダイエットしやすい体質へ導いていきます。 ファスティングの効果 医療としての断食 ファスティング(断食)というのは、医療の現場でも採用される健康術です。 ファスティングには様々な効果が上がっています。 短期間では効果を確認するのは難しいですが、繰り返すことによってダイエットできたり体質が改善されていく効果が確認できるでしょう。 個人で行なうファスティングは、半日・数日という短期的に断食をすることです。 これによって日々繰り返される消化に疲れた内蔵を休ませ、腸内環境を整えて毒素の排出を促すことが目的としています。 このファスティング、医療やアンチエイジングでも注目されていて、ガン抑制につながったり、老化を遅らせる効果があるとも言われています。 ただ、長期間にわたって行なうファスティングは、専門家のサポートの元で行なうのが安全。 あいまいな情報に頼って実行したり、無茶は禁物です。 デトックス効果 デトックスは、体に溜まった老廃物を排出することでダイエット効果をあげますが、その方法はいくつかあります。 プチ断食や水や野菜スープでデトックスをして痩せやすい体を手に入れましょう。 有害ミネラルの排毒力(デトックス)はとても高く、腸内環境も改善させることで免疫力強化体質改善、ダイエット、美容効果が期待できます。 有害物質にありふれた飽食の現代にデトックスすることはいつまでも健康でイキイキとした生活を送るために必要不可欠です! 善玉菌の活発化 人の腸内には、約100~120種類、約100兆個の細菌が共存しています。 その中でも知られているのが「善玉菌」と「悪玉菌」でしょう。 善玉菌とは『乳酸桿菌、ビフィズス菌』のことで、腸内菌のバランスを良好にして、悪玉菌の増加をおさえます。 また、食べ物の消化吸収を促進したり、腸の働きを整えて便秘・下痢の予防します。 そのほか、相乗効果として免疫力を高める免疫細胞を増やし風邪や感染症を予防したり、ビタミンの合成もおこないます。 悪玉菌とは『ウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌』のことで、消化された食べものの腐敗を進め下痢・便秘の原因となります。 また、アンモニア・硫化水素・インドールなどの有害物質を作らせます。 インドールは臭いオナラの原因物質の一つです。 また、悪玉菌は免疫細胞を減らしてしまうため免疫力を弱めてしまい、発生したガン細胞を攻撃して減らすことが出来なくなります。 善玉菌・悪玉菌はつねに闘っており自分たちの勢力を増やそうとします。 それは、腸内細菌が生息できる場所には限りがあるので、そんな中で縄張り(腸内フローラ)を広げていかなければなりません。 こうして善玉菌が増えると悪玉菌は減り、悪玉菌が増えると善玉菌は減っていく構図ができ上がっているのです。 ファスティングでは、食べ物が入ってこないことによって内臓が休まり、腸内環境が整ってくることで善玉菌の活動が活発になり増加。 善玉菌が増えることで日和見菌も善玉菌のサポートに入り、良い菌の縄張り(腸内フローラ)が増えることで、腸内環境が整い免疫力も上がります。 断食のやり方とコツ 準備は水と酵素ドリンクだけ 半日ファスティングは、ふだん1日3食だった食生活から1食を抜くだけのダイエットなので、断食に身体を慣れさせる準備や復食という期間を必要としません。 この気軽さが実行する人が多い理由でしょう。 あと、半日ファスティングのために準備としては『水』と『酵素ドリンク』になります。 18時間の断食 半日ファスティングのスタートは、まず18時間は胃腸などの消化器系を休ませること。 実行前日の夕食を摂ったあとは、半日ファスティング実行日の昼頃までは食事を摂りません。 例としては、夕食を午後7時に終えたら、18時間以上を経過した午後1時に昼食を摂るかんじです。 実行日の朝食で摂取できなかった水分とビタミン・ミネラルは、水で割った酵素ドリンクで補給してください。 このやり方を週2~3回続けてみて効果を確認しましょう。 効果を出すためのルール 半日ファスティングは、朝食などを食べずにカロリー摂取量を抑える断食方です。 そのため、夜食・間食を食べていては効果はまず出ません。 確実に消化器系を休ませないとデトックスをふくめ午前中の排泄がうまくいきませんから、夜食・間食は厳禁です。 アルコールなども控えてください。 ケアと実行頻度 回数やオススメの日 半日ファスティングの効果は、1回きりの実行で効果が出るものではありません。 あるていど回数を増やすか持続させることで効果があらわれてきます。 はじめは『週1回』でやってみて調子がよければ『週2〜3回』と徐々に回数を増やしていきましょう。 その他にも、とくに食べ過ぎてしまった後日や、食生活が不規則になって胃もたれ気味のときなど、体内調整をかねて半日断食するのが効果的です。 体質による便秘解消 腸の働きが健全な人は、あるていど食事量が少なくなることによって便通はよくなります。 しかし、食べ過ぎによって腸に麻痺がある人は、少食にするとかえって便秘になる場合があります。 そんなときは『スイマグ』を飲んで便秘の症状を解消する方法があります。 スイマグは海水の成分『苦汁(にがり)』を原料とした緩下剤。 正式には「水酸化マグネシウム」とよばれ、塩類の浸透圧を利用して体内から水分を集めて腸内の水分量を増やします。 便が水分を多く含んで軟らかくなり、量も増えることで蠕動運動が起こり排便しやすくなります。 スイマグは副作用が起こりにくい下剤ですが、まれに吐き気、腹痛、下痢、軟便といった副作用が起こる場合があります。 しかし、軽い腹痛であれば問題はありません。 ただ、体内の水分を腸に引っ張ってくるため、スイマグを飲んだあとは意識的に水分補給をしてください。 ちなみに、半日ファスティングを続けて胃腸状態が回復してくれば、自然と排泄がスムーズになるので心配ありません。 酵素ドリンク 現在お勧めしているのが、創業25年の『エリカ断食道場(佐賀県)』が、長年の独自ノウハウを生かしファスティング専門家が開発した酵素ドリンクです。 酵素ドリンクに使用する素材は、九州の契約農家から仕入れた食材のみ。 これらを発酵させて摘出した完全無添加の酵素ドリンクになっています。 この厳選された「九州産」の野菜でできた酵素ドリンクは『anan 厳選の酵素ドリンク』にも選ばれ掲載。 また、トップアスリートも体質管理に飲用。 プロボクサー『好川菜々』選手は減量にも愛用している優れたダイエットドリンクになっています。 気になる味ですが、砂糖や添加物での味付けを一切せず、野菜本来の風味や甘みを活かしています。 とくに砂糖不使用は減量に大きいメリットがありますね。 飲み方は水割り以外に、炭酸水のほかヨーグルトに混ぜても大丈夫です。 また、コーヒーや紅茶の甘味料として入れるのもオススメです。

次の

楽天ブックス: 奇跡が起こる半日断食

半日 断食

半日断食ダイエットとは 一言で言うと 『1日で18時間以上食べない時間』を作ることです。 え?18時間って1日24時間のうちの殆どじゃないの?って思うかもしれませんが、時間だけなら簡単です。 夜6時にご飯を食べたら朝食べずに昼12時にご飯を食べればいいだけです。 その他の注意としては途中間食をしない。 水分も水とかお茶以外は飲まないを徹底する。 1度の食事は腹八分目を心がける。 これなら誰でも出来ますよね。 と言いたいのですが、実際は難しいです。 仕事をしていると夜6時にご飯を食べるのは現実的じゃないですし、そもそも空腹で仕事にならないです。 仕事中って意外にみんな軽く何かをつまんだり、飲んだりするのでその誘惑も全て断ち切らないといけません。 数日我慢する事は簡単でも1年間ずっと我慢するのは難しいですよね。 飲み会があったらやっとの思いで減らした1Kgなんて一瞬で戻ってしまいます。 あれ?これを聞いてしまうと単純に食事量を減らして、間食をしていないだけだし普通のダイエットと変わらないのでは?と思いますよね。 では次に何故18時間以上食べない時間を作らなければならないのか?の理由から考えてみましょう。 一言で言うと 『食べたものを吸収して排泄して1度空にするのに18時間かかる』からで、18時間空けると体の中を1度空にして、リセットする事が出来るからです。 このリセットするという行為がデトックス効果を生んで、痩せやすい体になるからだそうです。 食べない事で痩せるダイエットではないので、ここが他のダイエットと大きな違いですよね。 要するに、 半日断食ダイエットとは1日に18時間全く食べない時間を作って、体をリセットする事で痩せやすい体を作ること。 という事です。 ダイエット開始前に浮かんだ疑問 私もこの半日断食ダイエットを始める前はなるほどと納得しましたが、同時にそもそも痩せやすい体って何なんだろうと疑問に思いました。 それはこのダイエットが完了したら、痩せる体になるからまた食べて良いのか?我慢するのは一時的なものなのか?という疑問です。 ダイエットが成功した私が思うのは確かに痩せやすい体にはなりました。 何かの食事会で一時的に体重が増えても、今では直ぐに元の痩せた体に戻るようになっています。 でもそれは痩せやすい体のお陰だけではありません。 ダイエットに対する考え方が変わったからだと思います。 半日断食ダイエットを紹介している記事はたくさんありますが、私がここから紹介するのはそういった意味で精神的な面の方が多いかもしれません。 スポンサーリンク 半日断食ダイエットを始めて 具体的にダイエットを開始した時は仕事をしていたのでどうしても18:00に食事は出来ませんでした。 仕方がないので、19:00に食事してその代わり食事量を減らしました。 これは少し私のオリジナルが入ってしまいますので合わない人は無理にしない方がいいかもしれません。 私が半日断食ダイエットで成功したのは体重が減っただけではなく、その後の気持ちに大きな変化があったからですので、私のオリジナル部分は参考にして下さい。 さて話を戻しますが、元々私は一食は満腹になるまで食べていたので、そもそも食事量は減らさないといけませんでした。 半日断食ダイエットは一回の食事は腹八分目が基本です。 ですので私の場合は目標は更に少なくした7分目を心がけました。 要は激しい空腹はないですが、食事後も少し物足りない状態を心がけたのです。 ただそれでは朝の空腹が耐えられなかったので、朝食には野菜ジュースを飲んでまた昼は軽く食べるで進めました。 開始当初は直ぐに2Kg落ちました。 そりゃ前までは満腹まで食べていたのですし、間食もしていたのだからその分が減った感じですね。 さて問題はこれを継続する事です。 1週間は我慢できましたが、直ぐに食べたい食べたいって気持ちに駆られました。 だって会社で仕事してるとみんな間食はするし、自由にジュースは飲むし、仕事でストレスが溜まってるのだから今日くらいご褒美で食べてもいいかって悪魔の声まで聞こえます。 とりあえず2週間耐えてみたところ、自分の中にある変化が起きている事に気付きました。 先ほど私は元々一食は満腹になるまで食べていたと言いましたが、太ってた時の私は空腹はもったいない。 「食べなければ!」という意識がありました。 もっと言うとお腹が空いたからご飯を食べようではなくてお腹に隙間が出来たからご飯を食べようという考えだったのです。 ダイエットを開始する前の空腹感とダイエットを始めて2週間の空腹感に違いがあったのです。 空腹が気持ちいいと初めて感じました。 今までずっとお腹は空いたら我慢が出来なかったのですが、気持ちいいと実感した時に、お腹に隙間が出来たから食べるじゃなくて、むしろ隙間がある方が普通だって気付けたんですよね。 この心境の変化がここから先のダイエット成功に繋がる大きなターニングポイントでした。 多分太ってる人達は私の今の言葉、共感したんじゃないですかね。 お腹に隙間があるからご飯を食べないといけない。 食べないともったいないって気持ちだったという事です。 半日断食ダイエットを続けた17kg減に成功 私は身長180cm ダイエット前の体重は85Kgでした。 身長が180cmあるので、そんなには太ってないですけど少なくとも女子には避けられていたと思います。 ダイエットを開始して1週間で数Kg落ちて、先ほど書いてあった2週間を耐えた頃には5Kgは落ちていました。 ここで心境の変化があった事で、空腹に我慢出来る様になりました。 あとこれは個人差もあるかもしれませんが、快便になって便秘も改善されました。 空腹に我慢出来る様になってから毎日3回体重計に乗るように心がけると空腹=体重減というイメージも定着しむしろ空腹が心地よいようになりました。 この空腹がダイエットしてるんだって思えたからだと思います。 1ヶ月過ぎた頃には体重は8Kg近く落ちて、ようやく見た目に変化が出てきました。 「あれ?痩せた?」って人から言ってもらえる様になり、物凄く嬉しかったのを覚えています。 ですが同時に体重の減少が止まり、焦りを覚えた時期でもありました。 空腹にも耐えられるし更に食事量を減らそうかとも考えました。 それこそ腹5分目で半日断食ダイエットだとか、これは実際に少しだけやってしまいました。 体重は確かに一次的に更に減りましたが、さすがに食事量が足りてなかったので直ぐに元に戻したのですが、それと共に体重も元に戻りました。 この時思ったのは…今のリバウンドだ。 これがダイエット1回目、2回目で失敗したことそのものだという事です。 食事を制限する事を続ければ間違いなくまたリバウンドが起きる。 今はこの軽い空腹を体に覚えさせようと思いました。 まあ今から思うとみんな誰だってお腹には若干の隙間が空いてて、軽い空腹なんて当たり前の事なんですけどね。 当時はこれを必死に覚えさせようと思いました。 2ヶ月越えた頃からは1ヶ月に1Kgずつしか痩せませんでしたが、 体重計に3回乗る。 腹7分目の軽い空腹感、朝は野菜ジュースこれを淡々と繰り返しました。 結果からいうと1年半で、私の体重は68Kgまでおちて、その後 2年間体重は増えていません。 今年齢35歳で、周りの同期たちは中年太りしていますが、私はむしろ今も細身を謳歌しています。 1年半で一旦ダイエットを終えてからは半日断食も止めました。 ただ朝食は頭を回す為の最低限の栄養を入れるという感覚で、満腹まで食べないようになりました。 常に腹7分目で生活して胃も縮んだのかもしれませんね。

次の

16時間断食の効果的なやり方!1週間試した結果と体の変化が凄い!

半日 断食

ashinari. php? あまり感じない人もいれば、強烈に感じる人もいるってことかな。 具体的には、以下のような症状が好転反応と呼ばれるものみたいですね。 ・ 体がだるい ・ 下痢をしてしまう ・ 吹き出物が出る ・ 頭が痛い ・ 吐き気がある ・ めまいがする ・ 眠気がある これら全てが出てくるのではなく、一部の症状を感じるもあるみたい。 せっかく美容健康のために半日断食に挑戦したのに、このような症状が出てきたら意気消沈しそう。 だからこそ、好転反応の可能性も考えてみましょう! とはいえ、断食というのは大なり小なり体への負担をかけるもの。 だからこそ、半日断食で不調を感じることが続いたならば、病院へ行って診てもらうのも良いかも。 ただの好転反応であれば、安心できます! 『』 半日断食で宿便も取れて便秘解消はされそう? 半日断食をすることによって、胃腸を休ませることができますよね? ですから、胃腸の働きをうまくリセットできるので、デトックス効果も期待できるのです。 つまり、腸内環境をきれいに整備することに繋がります! その1つが宿便ですね。 宿便は滞留便とも呼ばれていて、毎日のお通じによって排出されることなく腸の内部にちょっとずつ溜まってしまう便…。 腸内というのはなめらかな管ではなく、細かなシワや襞があって、それらが体内に必要なものを取り込み、残された不要物はそのまま便として排出されるようになっています。 そのシワや襞が宿便のように長く排出されずにちょっとず滞留便を生んでしまうのです。 もちろん、ちょっとずつなので、すぐに体に悪影響を与えることはないんです。 でも、ちょっとずつが積み重なった時は、気持ちの良い日々を送りづらくなる可能性もあります! まず、宿便があると善玉菌よりも悪玉菌が多くなってしまう可能性があります。 これは、長く腸内に留まる便があると、便の腐敗が酷くなってくるからかな? そして、宿便が長く留まり、悪玉菌が増えると、便秘がちになってしまう人も少なくありません。 だからこそ、宿便を長く留まらせることなく、排出することが大切になる! そのためにも、胃腸を休ませてリセットを促すことができる半日断食は、宿便を取って便秘解消に繋がる効果を期待できるのかも! スポンサーリンク 半日断食は美容健康に繋がるの? 半日断食をすることで、どのように美容健康に繋がるのか? あらためてきちんと整理しておきたいですよね! その鍵になるのは、胃腸を休ませてリセットすることができるという点ではないでしょうか! 食べたものを消化する内臓器官である胃腸は、毎日の食事ごとに消化活動をしています。 だからこそ、過食や暴飲・暴食を慎んで、日頃から節度ある食生活を続けることが大切なのでは? しかし、実際は難しい時もありますよね…。 仕事が忙しくて食事の時間がずれ込んだり、外食が続いて脂っこい胃腸にもたれやすくなっていたり、様々なおつきあいで飲む・食べるということが多かったりと、胃腸の働きをうまくバランス調整することは簡単ではありません。 これでは、胃腸が疲れてしまうこともあるでしょう。 このような胃腸では、美容健康にも良くありません。 ・ 体がだるい ・ 肌荒れ、唇のかさつき ・ 下痢、便秘 ・ 肩こり、頭痛 こうしてみると、半日断食による好転反応の症状に似てますね。 だから、好転反応だと思わずに半日断食をやめてしまう人も出てくるのかも…。 とにかく、胃腸から元気がなくなってしまうと、上記のような症状に悩まされることが多くなるみたい。 このような胃腸の不調は、普段の食生活の中で過食や暴飲・暴食といった食の乱れから来ることも少なくないんですよね…。 だからこそ、半日断食というできるだけ体に負担が少なくなる方法で、胃腸を休ませるというのも有効なのかも! 半日断食による前日の夕食後から18時間以上空けて次の食事(昼食の時間帯)を取るというやり方! この18時間以上という時間が、胃腸をゆっくり休ませて再び元気になるきっかけになるのかな? 尚、この半日断食については、『 』や『 』も参考にして下さいね~! 本日のおさらい 半日断食には、大なり小なりの好転反応が見られるようです。 この好転反応は、胃腸の具合が良くない時に見られる症状にも似たところがあるので、不安になってやめてしまう人もいるみたい。 これを乗り越えたら、半日断食がもたらす効果を感じることができます。 でも、好転反応に見られる症状は胃腸の具合が良くない時の症状にも似ているので、気になるようならば病院を受診するのも良いかも。 半日断食は胃腸を休ませてリセットする効果を生むので、腸内に滞留していた宿便の解消にも繋がり、便秘解消も期待できます。 宿便や便秘が解消されたら、悪玉菌よりも善玉菌が増えて腸内の健康も保たれやすくなるんですよね。 無理のない範囲で、半日断食を取り入れて、美容健康に役立てたいものです! スポンサーリンク•

次の