ワンダと巨像 とかげ。 ワンダと巨像

ワンダと巨像 裏技

ワンダと巨像 とかげ

タイトル 内容 グレード 全トロフィー獲得 すべてのトロフィーを入手した。 プラチナ 谷歩く大男 1体目の巨像を倒した。 ブロンズ 動き鈍き者 2体目の巨像を倒した。 ブロンズ 眠るる巨人の怒り 3体目の巨像を倒した。 ブロンズ 歩み導く並ぶ墓 4体目の巨像を倒した。 ブロンズ 宙を舞う者 5体目の巨像を倒した。 ブロンズ 地下神殿に潜む大男 6体目の巨像を倒した。 ブロンズ いかずち放つ波紋 7体目の巨像を倒した。 ブロンズ 壁つたう影 8体目の巨像を倒した。 ブロンズ 洞窟に眠る静かなる者 9体目の巨像を倒した。 ブロンズ 姿見せぬ軌跡 10体目の巨像を倒した。 ブロンズ 放たれた番人 11体目の巨像を倒した。 ブロンズ いかずちを持つ静かなる者 12体目の巨像を倒した。 ブロンズ 空を漂う巨大な軌跡 13体目の巨像を倒した。 ブロンズ 鎧を纏った番人 14体目の巨像を倒した。 ブロンズ 谷に落ちた大男 15体目の巨像を倒した。 ブロンズ 最後の番人 16体目の巨像を倒した。 ブロンズ 甦りしものと封印されしもの ノーマルモードでゲームクリアした。 シルバー いつか報われる時代へ ハードモードでゲームクリアした。 シルバー 禁断領域の解放 祠の屋上庭園に到達した。 ゴールド 空中遊泳 小動物の鳥に30秒以上つかまった。 ブロンズ 力つづくまで 泉の光に吸い込まれないように1分以上耐えた。 シルバー 万全な収集家 タイムアタック(ノーマル)の全アイテムを入手した。 シルバー 完璧な収集家 タイムアタック(ハード)の全アイテムを入手した。 ゴールド 水中遊泳 小動物の魚に30秒以上つかまった。 ブロンズ アグロサーカス アグロのすべての曲乗りを行った。 シルバー 収穫祭 全ての果樹から果物を入手した。 ゴールド 祈りの塔めぐり 全てのセーブポイントでセーブした。 シルバー 絶滅の光とかげ 尻尾が光るトカゲをすべて倒した。 ゴールド 超人ワンダ HPが最大値まで到達した。 ゴールド 鉄腕ワンダ 腕力が最大値まで到達した。 ゴールド コメントフォーム.

次の

ワンダと巨像 裏技

ワンダと巨像 とかげ

大変満足できる品です。 言い古した言葉ですがまさにファン必携。 三周目突入したところで購入しましたが、想像もつかない、クリエイターたちの遊び心が炸裂!(笑)といった感想。 光る尾のとかげもだいぶん見つけたし、こんなとこに道あったの!こんなとこ行き着くの!!と興奮冷めやらずやりこみましたが、まだまだでした。 もう結構プレイしたから飽きたー、という人も、これを見ればまたワンダの世界に旅立ってみたくなるはずです。 普通の攻略本とは一風違った編集で、これもまたクリエイターの情熱を感じますし、見ていて単純に楽しいです。 ICOからプレイしている人には、また更に深みへとはめてくれるワンダの世界の観察日記と解説。 プロトタイプ巨像のラフ画が、一番大好きかも知れません。 大型本ですがカラー写真や絵が十分入っていて、このお値段は安いと思います。 ゲームの世界と登場するキャラ説明から始まり、 マップや基本の操作などが分かりやすく掲載されています。 巨像の攻略は、そこへ行く道筋説明はなく、あくまで倒し方のみです。 ノーマルモードがメインで、写真を交えて、丁寧に解説してあります。 ハードはコラム風解説。 「その他の倒し方」のヒント付。 タイムアタックの対策も別頁にまとめられています。 タイムアタックから得られるアイテム等の隠し要素も、 きちんと書かれています(少女の名前も明らかに…)。 なにより、設定資料が嬉しい! 私が一番おいしいと思ったのは、 ボツになった巨像のスクリーンショットです。 ロックとフェニックスという鳥形巨像が採用されなかったのは、実に残念。 没巨像を復活させて、『ワンダと巨像』プラスワン、 といったオマケのゲームを作って欲しい! 巻末にはお約束の製作スタッフインタビュー。 面白い話が読めますよ。 形が正方形に近いので、収納に苦労するのが、難点といえば難点です。 しかし、装丁も品良く出来ていて、大満足です。 Love the game but the book really lacks the original art concepts. Only a bit of the book is actually artwork everything else is still images of the game. The concept at the end is great but doesnt do justice to the Artbook. I love collecting artbooks of all kinds video games, animated movies, etc. As a huge fan of the "Shadow of the Colossus" game, this book has been in my wishlist for a while. Sadly, its scarcity makes it quite expensive- it was around two or three hundred dollars for a while, finally dropping to seventy-ish in the recent weeks. It's still expensive for a book, but what the hell- I just went for it. It does not disappoint - beautiful concept artworks and art from the game. If you loved the game, you will love this. Now sadly all of the text is in Japanese, and this was never translated, so if you're not a speaker of the language, you'll have to content yourself with pictures. That being said, some fans have translated portions of it especially the final chapters about the concept colossi , and some Googling will add to your experience of the book. Considering how rare this seems to be, I managed to get it for pretty cheap. It arrived on time and in good condition. I knew it was all in Japanese when I got it, but I've read that fans have translated some of the pages, so I do plan on looking at those. The language barrier is not too bothersome, just slightly annoying. However, I wish that they had less screenshots from the game and more concept art--it is an art book, after all. I'd say less than half of the book is concept art for colossi and environments; I wish it had been over half, really. Perhaps the text next to the screenshots is more storyline information? I'm curious to know if it's just a basic summary of the game or more like developer's commentary. If it's the latter I would find the lack of art more acceptable. Anyway, the game is beautiful and ethereal, and I think the book doesn't do it complete justice. This is the best book of all time, even though I can't read kanji, it brings me joy to look upon its pages. Not only is it an artbook that shows the concept art of Wander, Emon, Mono, and unused colossi, it is a guidebook. Having trouble figuring out how to beat Phlanx? No problem, just look on page 116! Wondering what you'll get if you beat the time trials? Simply look on page 158! This is a highly recommended book, by the biggest Wander to Kyozo fan.

次の

ワンダと巨像

ワンダと巨像 とかげ

果樹・トカゲ分布 2周目以降のタイムアタックで入手できる、トカゲの感知石、果樹の地図を利用してまとめたもの。 見晴台には必ず白い尻尾を持ったトカゲがいる。 場所によっては2回復活し、最大3匹出現する見晴台もある。 トカゲを倒してから見晴台を半ブロックくらい離れると復活する。 ただし、尻尾だけ切り落とした場合はそのまま生存するので注意。 また、セーブして止めてもそのまま。 ちなみに下図で番号の振ってある「青いトカゲ」は見晴台以外のトカゲ。 こちらも簡易な居場所を記しておく。 トカゲは感知石の反応分で、1周約77匹入手できるが、トカゲを1匹倒した時の腕力値の増加量より、巨像を1体倒した時の方が高いようなので、無理してトカゲを追う必要はないかもしれない。 特にハードでは女王の剣で巨像を倒しまくったほうが楽? 果物は1周で128個入手可能。 1周目から最大値まで上昇させることが可能で、約93個目で上限値に達する模様。 ただ、こちらも巨像を倒して上昇するようなので、無理をする必要は無いかもしれない。 1 祠内、偶像が並ぶ高い天井。 2 岩の西側の崖沿い。 3 枯葉の森を西に抜けた崖にある木。 4 崖下のワンダの背丈ほどの小岩。 5 遺跡の東側にある岩。 6 崖の隅っこ。 7 木の横の大岩。 8 南側の岩壁。 9 果樹から真西の小さな丘。 10 大岩の間。 11 縦長の岩。 12 ちょっと小高い丘の上。 13 東側の岩壁、高い場所ではない。 14 丘上の西奥。 15 丘上の東側の岩の間。 16 南の窪んだ岩壁。 17 丘上の岩。 18 短い洞穴を抜けた先の西側の岩壁。 19 ストーンヘンジの様な岩。 20 崖上の小岩が2つ重なっている場所。 21 崖下の陰になったクボミがある場所。 22 崖上の岩の間。 23 丘を登った先の東の崖沿い。 24 小さめの岩。 25 H6南の岩壁。 26 果樹の東の岸壁にある小さな足場。 27 東端の崖際。 28 果樹西の岩山の西側 崖上。 29 橋の東の岩。 30 橋の東の小岩。 31 遺跡の入り口の柱。 32 アーチ上の岩山がある場所の西の角。 33 小高い岩。 34 崖近くの地面にいる。 35 果樹の西側の丘の上。 36 果樹の西側の背の高い岩の壁。 37 岸近くの地面。 38 地面にいる。 39 2つの小岩の場所。 40 地面にいる。 西の岩壁の方ではなく、北側。

次の