フランチャイズ 起業。 ノウハウがなくともフランチャイズ起業・成功した事例

50万円で起業できるフランチャイズ、その理由は? [フランチャイズで独立] All About

フランチャイズ 起業

フランチャイズ店とチェーン店は、よく混同されやすいものですが、では、両者の違いとは何でしょうか?• 反面デメリットについては、利益は、一定のロイヤリティのみであり、逆に独立業者の経営方針などがあまり良くなければ、イメージダウンに繋がる可能性もあります。 簡単に言えば、前者が他事業者の資本を利用するのに対し、後者は、自らの資本で展開していきます。 反面デメリットについては、資金面を調達出来なければ、事業展開は、困難でもあり、出来ても時間が掛かるものでもあります。 フランチャイズ店は、経営の取り組みが独自の工夫で出来る反面、チェーン店の場合は、決められた経営方針に従って経営を任されるものです。 また、成功させる上で常に前向きに行動することも必要であったり、人との関わりが重要であったりと様々なことが出来る人こそ向いているかもしれませんよね。 そこで今回のアンケートでは、開業などに向いている人はどんな人かうかがってみました。 【質問】 独立・起業・フランチャイズ開業するのに向いていると思う人はどんな人? 【回答数】 人脈が広い:31 好奇心が旺盛:8 人見知りをしない:7 人と同じことをすることが嫌い:7 常にプラス思考:19 負けず嫌い:9 知らないことを素直に人に聞ける:19 アンケートの結果によると、約3割の人が「人脈が広い」ことを挙げ、最も多い回答になりました。 多くの人が人脈が広い人が起業などに向いていると感じているようですが、その他に必要とされるものを持つ人も向いているという人も数多くいることが分かりました。 まとめ.

次の

フランチャイズで起業したい!知って役立つフランチャイズのメリット、デメリットとは?

フランチャイズ 起業

フランチャイズに加盟して独立・開業 新規事業を考えている方に フランチャイズ FC とは フランチャイズ FC とは、フランチャイズ加盟者(フランチャイジー)がフランチャイズ本部(フランチャイザー)と契約を結び、商号や商標などの商品・サービス、流通網、本部の成功ノウハウなどを、加盟者が活用できる見返りとして、加盟金やロイヤリティなどの対価を支払うシステムのこと。 経験や知識・資格がなくても、直営店と同一の事業を行えうことができるのがメリットです。 フランチャイズ(FC)のメリット・デメリット フランチャイズ加盟のメリットは、FC本部より提供されるフランチャイズパッケージを活用することで、自らが起業する場合に比べ短期間での事業の立ち上げが容易になります。 ほかにも開業当初からブランド認知のある状態で営業できるだけでなく、業界の最新動向や直営店や他のFC加盟店などの成功事例の共有、定期的な経営指導などを受けることができます。 また個人では到底出店できないような立地や、商業施設などに出店できることもあります。 逆にフランチャイズのデメリットは、契約により営業時間や定休日が定められていたりと禁止事項や制限がある場合は、個人店のような自由な経営はできません。 他にもロイヤリティを支払う義務があることや、フランチャイズ本部企業が買収されたり、倒産した場合はその影響を受けることになるなど、良くも悪くもFC加盟した企業のパートナーとして利害を共にすることになります。 フランチャイズ(FC)のロイヤリティ フランチャイズ加盟する上で誰もが気になるロイヤリティ(ロイヤルティ)ですが、フランチャイズを展開する事業者から、成功ノウハウや商号・商標、運営権、経営支援などの提供を受ける対価として、フランチャイズに加盟している事業者または個人が支払うものです。 ロイヤリティには、売上応じて変動するパーセンテージや、月額固定で設定されているものなどFC本部により様々です。 ただし、メリットを教授する対価として支払うロイヤリティなので、ロイヤリティが高い安いではなく教授できるメリットに対し適当かどうかをチェックしましょう。 ロイヤリティ0と謳っていても実際は管理費やシステム利用料などに含まれているような場合もあります。 不明点は必ずFC加盟前に確認するようにしましょう。 フランチャイズWEBリポートの使い方 フランチャイズWEBリポートには誰もが知ってる有名企業からこれから意欲的にチェーン展開をしていく企業まで、FC(フランチャイズ)チェーンの独立・開業・起業情報はもちろん人気ランキングを始めとするフランチャイズに関するありとあらゆる情報が掲載されています。 各企業の詳細な情報をいちどに閲覧することが可能で比較検討し無料で資料請求することが出来ます。 独立開業や起業をする方は、ぜひご利用下さい。 今や生活の一部となったコンビニエンスストアですが、今日のコンビニエンスストアの隆盛はFC(フランチャイズ システムを抜きにして語ることはできません。 コンビニの本部が店舗展開にFC(フランチャイズ システムを採用し、それに多くの起業家が参加しコンビニチェーンを独立開業や起業していったからこそ、現在インフラとまで認識されるコンビニエンスストアのカタチができあがったのです。 FC(フランチャイズ ビジネスには限りない可能性があるのも事実ですが、当然のことながら負の部分も存在します。 FC(フランチャイズ の特徴のひとつでもある差別化されたオリジナリティ溢れる商品や、企業努力の末に作り上げた独自の経営ノウハウもなく加盟希望者を募集したり、オーナーや経営者の加盟活動ばかりを熱心に行う企業が存在するのも事実です。 そういった企業は得てして、情報の開示には疎いところがあります。 フランチャイズWEBリポートには独立・開業・起業情報をはじめ募集活動をしている企業情報が掲載してあります。 先ずはそれらを閲覧し、FC(フランチャイズ の概要を整理し特長や強みを把握した上で、独立開業や起業、あるいは新規事業を比較検討している企業に資料請求をすることをお勧めします。 フランチャイズ(FC)の本部サポート フランチャイズ本部のサポートは、加盟されるフランチャイズにより内容は様々ですが、加盟前に受けられるサポートと加盟後に受けられるサポートの2つに分類できます。 まず加盟前には、初期投資に必要な資金が不足していて融資をうける必要がある場合の融資機関の紹介、融資を受けるための事業計画書の作成支援などがあります。 ほかにも融資制度を用意している本部もあります。 そのほか開業に向けた研修や店舗の立地選定、開業後の定期的な経営指導や勉強会、商品開発、商材やシステムの提供などがあります。 フランチャイズに加盟した場合、どのようなサポートを受けることができるのか、加盟前に必ず確認しましょう。 独立開業や起業の条件 FC(フランチャイズ チェーンに加盟して独立開業や起業を考えている方をはじめ、法人の新規事業としてFC(フランチャイズ 加盟を検討されている方は、何よりも企業を見極める力が要求されます。 FC(フランチャイズ での独立・起業・開業は、企業ノウハウによる支援があるので通常の独立開業や起業に比べるとビジネスとして成功の度合いは高いと考えられています。 しかし、独立開業や起業であることには間違いなく、企業が一番期待するのは、オーナーや経営者、つまり加盟希望者の旺盛な営業努力なのです。 FC(フランチャイズ に加盟すればそれで終わりでは決してないのです。 そのため、一方で企業も加盟希望者を見極めています。 FC(フランチャイズ での成功は企業と加盟店との協同作業がいかにスムーズに行われるかにかかっていると言ってもいいでしょう。 そのためにも、先ずは自身のアンテナに引っかかった企業から出来る限り多くの資料を取り寄せ比較検討し、特長やそのビジネスの強み、業界の傾向などを徹底的に研究してみましょう。 FC(フランチャイズ のノウハウが詰まったものをフランチャイズパッケージと呼びますが、先ずはこのフランチャイズパッケージの価値を自身の物差しで正確に測りとってください。 その上で、興味がある企業にお問い合わせをし、企業や担当者の対応をじっくりと吟味して下さい。 いざ加盟契約を締結して独立開業や起業という場合には、代表者と面会し、今後のFC展開や企業理念をしっかり聞いてみましょう。 実際に加盟店を訪ねて、現在FC(フランチャイズ に加盟して独立開業や起業を果たしたオーナーや経営者、ビジネスとしてFC経営されている企業に積極的に良い点、悪い点も聞いてみるべきです。 同時に自分や自身の企業はFC(フランチャイズ に向いているかという判断も重要になってきます。 あなたやあなたの会社がビジネスとして、FC(フランチャイズ ビジネスに何を期待しているのかも冷静に自己分析してみるべきす。 そういった努力をすることなく安易に加盟金を支払い、行き詰まった例は数多くあります。 フランチャイズの基礎知識 フランチャイズに関する有益なサイト.

次の

フランチャイズって何?代理店て何?曖昧な理解から完璧な理解へ!

フランチャイズ 起業

フランチャイズビジネスってそもそもなんなの? っていう方は『 』の記事を読んでいただければバッチリです。 前回はフランチャイズビジネスの全体像をつかむための話でしたが、 今回はさらに深堀りしたこのビジネスのメリット・デメリットについて話していきます。 なんの知識や経験がなくても完成 度の高い ビジネスを getできる一方、 裏を返せば 個人事業では収まらず、比較的大きなビジネスを一気に抱えることになる のがフランチャイズ。 そんなビジネスモデルの光と闇についてこれから見ていきましょう。 ) 目次• フランチャイズビジネスの各項目で何度もお伝えしている通り、自分で一からビジネスの仕組みを立ち上げるのはなかなか難しいです。 などなど、そんな 手法が確立されているだけでなく「検証までされている」のは非常に心強いですよね。 ある時点でいくら営業手法が確立されていたところで、 時代は変化していきます。 なのでビジネスを行っていく上で 特に起業・独立をすると 毎日の改善は必ず必要になってきます。 そのあたりのサポートを本部が改善してくれたり、一般消費者には回ってこない独自の情報提供を行ってくれる本部もあります。 そのため一個人が毎回頭を悩ませるよりも効率的かつ成功確率の高いブラッシュアップをしていけるのもメリットになるんですな。 よしっ、独立後ようやく軌道に乗ってきたぞ! となって、考え始めるものといえば「事業拡大」。 起業や独立をする理由は様々ですが、せっかくならもっと成功したいという場合にもフランチャイズビジネスの恩恵を受けることができます。 また、成功すればするほど本部に渡すロイヤリティ 契約料 の引き下げなど優遇なども受けられ、 メガフランチャイジーと呼ばれる多店舗展開オーナーを目指す人もいます。 メガフランチャイジーとは30店舗以上を展開、もしくは自分が運営するフランチャイズ全体の売り上げが20億円以上の事業主のことを指します。 メガフランチャイジーともなれば正真正銘の立派な経営者。 夢のあるポジションにつくことができるかもしれませんな。 さらに言えば、普通に起業・独立をする資金に加え、フランチャイジーの人は「 加盟金」と「 ロイヤリティ料」を支払うことになります。 フランチャイザー 本部 側によって条件は様々なのですが、一気にビジネス的に優位に立ちやすい分 その対価としてのお金は当然一般の起業家などよりはかかってくることを心得ておきましょう。 規模が大きめなビジネスは縮小する また、そもそもフランチャイズのように店を構えるようなビジネスモデルは時代遅れでもあります。 時代の流れとしては ・「少子高齢化」で日本のマーケットが縮小していく ・モノ余りの世界ゆえ人々は精神的な豊かさを求める ・テクノロジーの発達で個人でも起業しやすいetc… という側面があるので、店舗を構える型のフランチャイズビジネス時代遅れになりがちという背景も踏まえておきましょう。 飲食店でバイトの一人が素手で食材をさわったり遊んだりしている様子がSNSで炎上している、なんてことがたびたびありますよね。 それが同系列のチェーン店だと、自分の店は安心安全だとしても信用を大きく失うことになりやすいです。 フランチャイズなので運営している人はそれぞれ独立した個人でも、お客さんから見たら一緒なわけですな。 自分の手に及ばないところの失敗で「いつ理不尽な損失を被るか分からない」というリスクを常に抱えることになるのもフランチャイズで起業・独立した場合のデメリットです。 本部が提供したノウハウだけを盗み、すぐに別のところで起業・独立をされたらたまったもんじゃありませんよね。 ただ これじゃあせっかく起業して独立を果たしたのに、結局本部のいいなりだよ そんな風にうんざりして窮屈さに悩まされる人も出てきます。 コンビニの24時間営業をめぐる論争なんかもまさにそうで、拘束からの解放は難しいものがあるので注意が必要。 僕も拘束されるのがすごい苦手で好きに生きたいタイプなので、別の働きかたをしています。 (詳細はインスタグラムから) ・フランチャイズのメリット・デメリットまとめ いかがだったでしょうか。 ただその分お金がかかる といった感じで、正直僕的にはそんなにおすすめではありません。 これでもよいほうです。 そのくらいなら別の方法でいくらでも稼ぐ手段があるのでそちらをオススメします。 転売についてはプロフィールで実績公開していますし、仲間と共同で運営しているオンラインサロンでそういった濃い情報提供を行っています。 今は個人でも信用は作れる時代で、SNSやYoutube,ライブ配信を有効活用すれば十分活躍できます。 じゃあなぜフランチャイズについて書いたのかというと、仕組みを学んで、応用してほしいからです。 自分で起業・独立したのちはそれを仕組み化して、フランチャイズのように広げることは可能です。 フランチャイズと似たようなビジネスモデルとして茶道などの 「家元制度」というものも応用可能。 そちらは次の記事で紹介していきます 近日公開。 きちんとした知識がないと詐欺と言われてしまうような荒い手法に手を出してしまうのですが、 知識があれば合法で、いくらでもどうどうと自分のビジネスを展開していけるんです。 このブログもいきいきと起業・独立をする仲間を増やしたくて書いております。 僕自身も今いくつかやっている事業は全て堂々と人に言えるものですし、SNSでもその様子を発信しているので全然見に来てくださいな。 ぜひ一緒にビジネスや遊びをやりましょう。 遊びと仕事の境界がなくなっていく時代です。 今回も最後まで読んで下さりありがとうございます。 インスタグラムなどでシェアしてもらえると、僕もシェア返しなどをいたします。 みんながwin-win-winでいきましょう。

次の