ポケモン進化。 ポケットモンスター

ポケットモンスター

ポケモン進化

一度進化してしまうと元に戻すことはできないので、進化させたくない場合はをするか、「」を持たせるといった措置が必要となる。 進化するもとのポケモンを 「進化前」、進化したあとのポケモンを 「進化形」と呼ぶ。 (例:はの進化前、の進化形) よく「進化 系」という表記が見られるが、字の意味から 誤りとされる。 また、全ての進化前と進化形をまとめたものを 「進化系列」ないし 「系列」と呼ぶことが多い。 (例:フシギダネ系列、ピチュー系列) よりが登場したが、これはバトル中に起きる一時的な現象であり、戦闘終了時に元の姿に戻るため、進化とは全くの別物とされる。 」という説を発表している。 シンオウが舞台となるでは、過去シリーズのポケモンの進化形や進化前が大量に追加されている(、、、など)。 進化の種類 ポケモンを進化させる方法は主に、 レベルアップ、 進化の石、 通信交換の三系統に大別される。 このうち、進化キャンセルが使えるのはレベルアップによる進化のみ。 また、育て屋・預かり屋に預けている場合はどれだけレベルが上がっても進化しない。 レベルアップによる進化 最もオーソドックスな進化の方法。 手持ちのポケモンは野生のポケモンやゲーム中に登場するトレーナーのポケモンとのバトルに勝利することで経験値を獲得し、レベルが上がっていく。 レベルアップで進化するポケモンは、このレベルが一定のラインに到達する、あるいは条件を満たした状態でレベルが上がると進化する。 今のところ、ポケモンは一つの系統につき最大二回までしか進化しない。 進化キャンセルをした場合は、それ以降レベルが上がるごとに進化が始まるので、進化キャンセルが面倒な場合は「かわらずのいし」を持たせるか、育て屋・預かり屋に預けよう。 また、第7世代まで、進化前の状態でレベル100まで到達してしまった場合は二度と進化できなかったが、『』においては「けいけんアメ」を与えることで進化できるようになった。 進化の石 「」や「」など、旅の先々で手に入る を使うことでポケモン進化させる方法。 石を使って進化したポケモンはレベルアップで新しい技を覚えないことが多いので、石を使う時はよく考えよう。 現段階では石を使って進化したポケモンはそれ以上進化しない。 また、『ポケモン剣盾』では石以外のアイテムを使うことで進化するポケモンが登場した。 なお、アイテム「」は「いし」と名がついているが厳密には進化の石に含まれない(使うのではなく持たせて特定時間帯にレベルアップでの進化のため)。 通信交換 ポケモンシリーズは一つのソフトだけではを完成させることができないため、他のソフト、特に違うバージョンと通信してポケモンを交換することが必要不可欠となっている。 ポケモンの中には、他のソフトとの交換に出すことで進化する種類がおり、中には特定のどうぐを持たせる、あるいは特定ポケモン同士で交換し合わなければ進化しないポケモンもいる。 どう整合性をとってるかは不明だが、後発作品で野生の進化形が出現することも。 その他 第8世代(正確にはその直前から)、上述した3種類以外の方法で進化するポケモンが初めて発見された。 は 内にいる時にメルタンのアメ400個を与えることで に進化する(やにメルタンを送ってしまうと進化ができない)。 は 「アメざいく」系のアイテムを持たせた状態でフィールド上でトレーナーがその場でくるくると回ると に進化する。 は 1回のバトルで相手の急所に3回以上攻撃を当てて勝利すると に進化する。 は 49以上のダメージを受けた上での「砂漠の窪地」にある岩のアーチをくぐると に進化する。 これらはいずれも 「進化にレベルアップを必要としない」かつ 「石や通信交換といった手段も使わない」という点で従来と異なっている。 マホミルは進化の際にアイテムを持たせるが、持たせただけでは進化せず、かといってレベルアップでも通信交換でも進化しない点で特異。 分岐進化 同じポケモンでも条件次第で異なるポケモンに進化すること。 分岐進化するポケモンの中でもはその象徴ともいえる存在であり、現時点で進化先が 8種類存在する。 詳しくはを参照。 また、のように進化の条件が同じでもオスとメスで違うポケモンに進化する例(オスなら、メスならに進化する)もあれば、やのように雌雄があっても特定の性別しか進化しない種類(ともにメスのみ)や、やのように特定の性別にのみ分岐進化が存在する種類もいる(キルリアはオス、ユキワラシはメス)。 リージョンフォームの進化 のポケモンの中には、姿やタイプ、特性だけでなく進化の方法まで変化している種類もいる。 例えば、通常のはレベルアップでに進化するが、は を使うことでに進化する。 例えば、、できる・・など。 これらのポケモンは、それと引き換えに何らかの能力や装飾が施された「特別な個体」であることが多い。 また先の通り、レベルアップで進化するポケモンが進化前の状態でレベル100に到達してしまうと、第7世代以前では進化できなくなる。 進化を元にしたポケモンの区分 ゲーム原作では特に呼び名はなかったが、におけるポケモンのカードの分類として登場し、この百科事典でも普及している区分方法である。 たねポケモン いわゆる「 まだ進化したことがないポケモン」。 タマゴから生まれるすがたであり、その系統のポケモンの中では一番合計が低い。 博士がくれるはこの状態で主人公に託される。 1進化ポケモン 1回進化したポケモン。 ここで進化が終わるポケモンも多い。 2進化ポケモン 2回進化したポケモン。 このカテゴリーのポケモンはいずれも「最終進化形」である。 この形態を持つポケモンなら、進化前に愛着を持っている人や、が有効でもない限りは、2進化まで進化させるのが普通である。 詳しくは該当記事を参照のこと。 全員たねポケモンに進化するたねポケモンである。 なおポケモンカードゲームでは「レベルアップ(Lv. X)」や「BREAK進化」等のメガシンカしない最終進化ポケモンへのさらなる強化も存在する。 近年では、進化途上の形態を予測するイラストなども増えた。 「進化」と呼称されているが、生物学的に考える場合この現象は 完全変態 と言った方が正しい。 小説『ポケットモンスター The Animation』でもこの点に言及されている。 (ベイビィポケモンは例外として)進化と成長は全く別のものであり、何らかの理由により遺伝子レベルで別の生き物になるといった解釈が正しい。 アニメでは進化しないまま強くなったり、体が大きくなったり、筋肉がついたりする個体もいる。 進化前のまま長い時が経てば当然そのまま歳をとる。 なお、ゲーム用語として「進化:ある存在が成長して別の姿になること」が定着したのはポケモンおよびの影響が非常に大きい。 ポケモンが中東圏で御法度とされるのは、この進化が理由でもある。 因みにそれらの国でアニポケが放送されるときは「 新しい友達を呼ぶ」と表現されるそうな。 既存ポケモンの新たなる進化形や進化前の追加は第2世代から第4世代まで盛んに行われていたが、第5世代以降では第6世代に追加された以外一切追加されていない。 第8世代に追加されたや等は既存の種族の進化形ではあるが、既存の姿ではなく新たに発見されたの進化形である。 既存の姿はこれらのポケモンに進化しない。 第6世代以前ではやは進化しなかったが、第7世代以降初めて進化する種族が発見された。 例として・・など。 関連動画 関連タグ 外部リンク 関連記事 親記事.

次の

【ポケモンGO】交換進化とは?方法と条件、交換進化できるポケモンまとめ

ポケモン進化

概要 多くのポケモンは特定の条件を満たすと進化し、姿を変えることができる。 ゲームシステム上は一度進化してしまうと元には戻れないが、図鑑には「元に戻ってしまう」と書かれているポケモンもいる。 進化の条件は様々で、レベルアップ時に起きることが多い。 進化する先が条件により異なるポケモンも複数いる。 レベルアップを伴う進化はやで、その他の進化もかわらずのいしで阻止することができる。 通常、二度進化したポケモンは進化しない。 よりが登場したが、通常の進化とは別物とされる。 進化条件 進化させる条件は、大まかに分けて・・の3種類がある。 レベルアップが必要な進化 レベルアップによる最も一般的な進化。 一部のポケモンは特定の条件を満たした上でレベルアップした時のみ進化が可能になる。 特定の条件を満たしたレベルアップの場合、進化させるレベルは特に関係ない。 以降、レベルアップのみで進化するポケモンの場合、などを用いて進化可能レベルを超えれば、貰えるが少し増えるという利点がある。 レベルを下げる手段は存在しないので、ポケモンのレベルをLv. 100にしてしまうと、まではポケモンをこれ以上進化させることができなくなる。 ではLv. 100のポケモンにを使うことで進化させることが可能になった。 レベルアップ以外の条件なし 進化に必要な条件がレベルアップ以外に何もないケース。 多くのポケモンがこれに該当する。 例: Lv. が絡む場合もある。 進化前後においてレベルアップで覚える技の構成はその他の方式と比較してさほど変わらないことが多い。 一部ではから登場。 から登場。 他のレベルアップによる進化条件を併せ持つの場合、この進化条件が一番優先される。 ではこの進化条件はしんかのいしによる進化に変更された。 ダイヤモンド・パールから登場。 レベルアップした際に特定のわざを覚えた時にも進化する。 ダイヤモンド・パールから登場。 時間帯が絡む場合もある。 進化した場合、持っていた道具はなくなってしまう。 他の要因が絡むことが多く、なつきやレベルが一定以上必要なポケモンもいる。 金・銀から登場。 時間帯の存在しないおよびでは不可能。 性別によって進化しなかったり、分岐進化したりする。 例: のみ・Lv. うつくしさが170以上の時に、レベルアップでに進化。 コンディションの概念がないでは進化条件が変更されたが、コンディションが復活したでは元に戻っている。 他の進化条件に付いては。 ・ のみ該当。 ・ のみ該当。 30以上の時に3DS等ゲーム機本体を上下逆さにし、レベルアップでに進化。 フィールドの状態 のみ該当。 50以上の時にフィールドにが降っている状態でレベルアップでに進化。 戦闘中にやで雨にしても進化できないので注意。 特定のポケモンが手持ちにいる状態でレベルアップすると進化する。 進化に一定以上のレベルが必要な場合もある。 ダイヤモンド・パールから登場。 性格により進化先のフォルムが変わる。 の効果で進化先が変わることは無い。 から登場。 詳しくは。 例: Lv. までは語尾に「いし」と付く名前で、通称と呼ばれているが、では「いし」以外の道具も登場。 レベルや時間に関係なくいつでも進化させられるが、レベルアップで覚えるわざが極端に少なくなることが多い為、注意が必要。 また、使う道具がショップで買えるものなら何の問題もないが、入手できる数が限られているものを使う場合は慎重に進化させる必要がある。 同じポケモンに同じ道具を使っても、バージョンによっては異なる姿に進化したり、性別やフォルムによっては道具が使えない場合もある。 かわらずのいしも有効であり、持たせている間は道具の方が使えなくなる。 他の条件と違って、ソフト単体では行えないので非常に厄介。 なつき度も下がるため、などを使うポケモンには注意が必要である。 自分が進化前のポケモンを持っていて進化後が欲しい場合、再度交換することになる。 進化キャンセルはできないが、かわらずのいしを持たせれば進化を阻止することはできる。 進化させると、持っていた道具はなくなってしまう。 例:との組み合わせで通信交換するとそれぞれ、に進化する。 この時、片方がを持っていると、もう片方も進化しないので注意(このことは、チョボマキ及びカブルモの図鑑テキストにも記されている)。 その他 これまでの進化方法とは全く異なった特殊な条件における進化方法。 から登場。 により累計49以上のダメージを受けた状態でにあるアーチの下に行くことで進化する。 回復を挟んでもよいが、累計ダメージはになるとリセットされる。 進化すると持っていた道具はなくなってしまう。 使うによって進化先が決まる。 使うしんかのいしで進化先が変わる。 十分になつかせた状態でレベルアップさせると、時間によってかに進化する。 だが下記の、リーフィア、グレイシア、ニンフィアの条件を満たしていると、エーフィ、ブラッキーには進化しない。 かがある場所でレベルアップさせるとそれぞれ進化先が変わる。 レベルアップを伴うイーブイの進化で最も優先される。 この条件を満たしていると、エーフィ、ブラッキーには進化しないが、リーフィア、グレイシアには進化できる。 みずのいしを使うとに、を持たせて通信交換させるとに進化する。 37以上でに進化できるが、おうじゃのしるしを持たせて通信交換するとに進化する。 20以上の時、レベルアップ時のとのによって進化先が変わる。 7以上の時、によってかに進化する。 性格値は通常ゲーム内ではわからないので、進化先を自分で決める事はできない。 時ので進化先が決まる。 下記以外の持ち物や、道具を持たせないで通信交換しても進化しない。 ミノマダムのミノ は進化前のミノムッチのミノに準ずる。 や覚える技が違う為か、進化してしまうとミノを変更できなくなる。 ガーメイルの場合、見た目や種族値などはどのミノから進化させても一緒だが、どのミノから進化させたかは一応記録されているようで、くさきのミノ以外のミノから進化させたガーメイルは、ソフト内で普通に使う分には何の問題もないが、のストレージにコピーする際に、になってしまうバグがあるので要注意。 ミノマダム同様、一度進化させると後から変更できないので、同ゲームで使用したい場合は必ずくさきのミノから進化させること。 ・ 進化させるバージョン イワンコの場合は時間・も によって進化先が決まる。 これらはその個体を手に入れたバージョンではなく、実際にその個体を進化させるバージョンに準ずる為、 逆のバージョンにで送った場合、交換先での姿に進化する。 例えば、サン・ウルトラサンで出会ったから進化したコスモウムは、そのままではに進化するが、ムーン・ウルトラムーンに送ればに進化させられる。 これにより、サンとムーンを1つずつ持っていればコスモウム同士を互いに交換し合い、交換先で進化させてから送り返せば、シナリオで入手した個体を含め、親が自分のソルガレオとルナアーラを1体ずつ揃えることができる。 一方、は両方の姿が野生で出現するので、ソフト単体で両方の個体を入手可能。 あくまでイワンコから進化させる際にバージョン毎に姿や条件が異なるというだけである。 例:イワンコ(サン・ウルトラサンで朝・昼・夕方にLv. とは厳密には異なるが、使い方はしんかのいしと同じ。 進化前にもリージョンフォームが存在するポケモンは、進化しても一貫してリージョンフォームのままだが、元のすがたからリージョンフォームに進化するポケモンも少なからずいる。 ツチニンはLv. 20以上でに進化するが、に空きが1つ以上あれば、その抜け殻であるも同時に手に入る。 1匹のポケモンから2匹のポケモンに進化するという極めて珍しい例である。 ただし、をした場合や手持ちに空きがない場合は、ヌケニンは手に入らない。 ヌケニンの図鑑テキストにも書かれている通り、「何故か勝手にに入っているポケモン」なので厳密には進化とは言い難いが、この時手に入るヌケニンの・・・・出会った場所などの情報は全て進化前のツチニンのものを引き継ぐ為、やはりヌケニンはツチニンの進化形であると考えられる。 また、この時のヌケニンのボールはでは進化前のツチニンと同じボールに入り、進化時にこれと言ったも不要だが、以降では モンスターボールを1つ以上所持している必要があり、道具のモンスターボールを1つ消費して、そのボールにヌケニンが入る。 など他のボールしか持っていない状態や、ボールを全く所持していない状態でテッカニンに進化させると、ヌケニンは入手できないので要注意。 進化条件の変更• はと言うゲームシステムの一部が進化条件になっているので、世代によっては進化条件が大きく異なっている。 ヒンバスが初登場した及び、の・、の ではのコンディションを170以上にしてレベルアップすればに進化する。 しかし、コンディションの概念がない、の、では進化条件が変更され、と言うアイテムを持たせてすれば進化できる。 ただし、予め前の世代のバージョンでうつくしさを170以上にした個体を第五世代以降に連れて来た場合はレベルアップによる進化も可能。 また、ORAS単体ではきれいなウロコを入手できないが、XYから持って来れば、それを持たせて通信交換することでも進化させられる。 第三世代の単体ではうつくしさを上げる方法がないので、一旦・に持って行く必要がある。 第四世代の では少し特殊で、「の散髪屋かの毛づくろいでうつくしさを上げて、レベルアップで進化」と言う方法が採られている。 HGSSではうつくしさの値を確認できないので、根気良く上げる必要がある。 また、散髪や毛づくろいを使うのでと勘違いしやすいが、なつき度はヒンバスの進化には一切関係なく、なつき度だけ上げても進化しないので注意。 におけるも進化条件が一部変更されている。 ポケモンXDにはの概念がないので、本来なら時間帯で進化する・に進化する為の条件が、「もしくはを主人公が持った状態でを上げ、レベルアップで進化」と言う方法になっている。 たいようのかけらを持っていればエーフィに、つきのかけらを持っていればブラッキーに進化する。 また、イーブイが使える進化の石を含むこれらのアイテムはゲーム序盤で入手可能だが、1つしか選べない上にたいようのかけらとつきのかけらはどちらもだいせつなものに分類されている為、両方を同時に持つ事はできない。 ではのへの進化方法がに、への進化方法がに、のへの進化方法がに変更された。 進化による変化 進化によって以下のものが変化する。 一部のポケモンのみ。 基本的にタイプ1は変化せず、タイプ2が加わったり変化したりする。 一部のポケモンのみ。 2つのとくせいがあるポケモンの場合、経由で・・に連れてきた後に進化するととくせいが変わることがある。 このように、以前のポケモンで、から新たに登場したとくせいを追加されているポケモンの場合、進化させることによってとくせいが変化してしまうことがあるが、これはにあった特性に書き換えられるためである。 なお、進化させなければ特性が変化してしまうことはない。 覚える• 基本的に、進化前よりも覚えるのが遅くなる場合が多い。 新たなわざを覚えるようになる場合もあるが、逆に進化前に覚えるわざを覚えなくなる場合もある。 キノココのが代表的な例。 ・で覚えられるわざやは単純に増える場合が多い。 ただし一部の進化前ポケモンがおしえわざで覚えられるは進化すると覚えられないなど、いくつかの例外がある。 ポケモンの種類が変化するので種族値も変化する。 それに伴っても変化する。 一部のポケモン。 ほぼから別のグループへの変化である。 がに進化するとどちらかからになる(の方は変わらない)。 本編以外における進化・方法 手札から進化カードを重ねることでできる。 また、一部の 退化スプレーなど などの効果により、逆の「 退化」を行うことができる。 必要条件を模したアイテムを3個手に入れ、真ん中の穴に入れることによって行う。 特定のポケモンのみ、こちらからアクションを起こすと進化する。 をで3匹集めてくっ付ける、にを大量に当てる、など。 クリア後、にあるでできる。 アイテム・レベル以外の条件は、それを模したアイテムを使う必要がある。 ・ クリア後、でできる。 ただし、主人公とパートナーはでを倒した後でないと進化できない。 ・ 救助隊・探検隊と違い、ダンジョン内でも進化条件を満たすと進化するかどうかの選択肢が出てくる。 また、従来の不思議のダンジョンシリーズのシステムを継承しており、敵ポケモンは他のポケモンを倒すとその場で進化する。 レベルの概念やその他の進化条件が曖昧であり、なかなか進化しなかったり、突然進化したりすることがある。 石などによる進化はともかくとして、進化するかしないかはポケモンの意志なのか、トレーナー次第なのか曖昧な描写しかなく、謎が多い。 ポケモンによっては進化を拒んでも特にこれといって問題がないポケモン(など)や、逆に進化を抑えるのにが必要なポケモン(など)がいたりもする。 また、ゲームとは違い、進化してが変わるポケモンも多く、進化する前はトレーナーに従順だったのが、進化した途端に言う事を聞かなくなるポケモン(など)もいる。 での描写によると、トレーナーにもレベルのような概念(ゲームで言うところのジムバッジに近い)があり、それが低いと進化して言う事を聞かなくなるらしい。 ポケモンごとに定められた一定個数のアメを用いることでポケモンを進化させることができる。 現実における進化との違い が示したとは、以下の点などで大きく異なる。 ゆえにポケモンにおける進化は成長や変態に近いといえる。 進化するのに費やす時間が極端に短い。 進化後のポケモンの子供が進化前のポケモンである。 そういう意味ではリージョンフォームのポケモンは、アローラ地方特有の気候や生態系に適応するためにそのような姿になっていった旨が語られており、現実の進化に近いものがある。 のポケモンは進化しても色違いのままである。 前述の通りアニメでは進化して言う事を聞かなくなるポケモンもいるが、ゲーム内においては自分で捕まえたポケモン(が自分)なら、どれだけやが低かろうが、進化して言う事を聞かなくなることはない。 進化してもやそれまで溜まっている、覚えている技は変化しないが、進化と同時に技を習得する事はある。 進化前のポケモンにが付いていない場合、進化させると基本的に進化後の種族名に変わる。 までは捕まえたROMと現在のROMとで言語が異なっていても、交換先で進化させるとその言語の種族名になった。 例えば日本語版で捕まえた、おや名が「レッド」でニックネームが付いていないを韓国語版に送って進化させると、おや名が「レッド」でポケモン名が「라이츄」()になった。 のからは捕まえたROMの言語の種族名になる。 ニックネームを付けたポケモンをの所に連れて行き、種族名に戻して進化させた場合も、基本的には進化後の種族名に変わる。 ニックネームを付けたポケモンをそのまま進化させた場合は、基本的にニックネームはそのまま残る。 において、進化前にも進化後にもが存在するポケモンの場合、進化前がカントーのすがたの場合は必ずカントーのすがたに、アローラのすがたの場合は必ずアローラのすがたに進化する。 進化前のリージョンフォームが存在しない、、はサン・ムーン内で進化させれば必ずアローラのすがたになり、カントーのすがたの個体はサン・ムーン単体では入手できない。 また、進化時に流れるBGMと、背景も通常のものとは異なる(南国っぽい曲調になり、背景の青色が、緑色になる)。 通信進化で進化するポケモンはまでシリーズを通して追加されていたが、以降新規は追加されていない。 またではそれまでの携帯機種より高額のへと移行することや、でのオンラインプレイの有料化により一人で通信交換による進化の敷座が高くなる恐れがあった為かこれまで登場した通信交換で進化するポケモンはやで一つのソフトで入手が可能になり、ミントの性格変更で対戦にも問題なく使用できるようになった。 では強制的に手持ちのポケモン全部に経験値が割り振られるため、手持ちに加えているポケモンはパーティが経験値を獲得する限りいずれ進化のタイミングが訪れる。 しかもが存在しないため、進化エフェクトは必ず発生する。 進化エフェクトが発生しないように手持ちから外すという手もあるが、当然手持ちから外す操作をするとその分だけ時間をロスする。 そのため、捕獲する順番を調整して特定のポケモンに経験値が入らないように調整するとタイムアタックなどで時間短縮を図ることができる。 ゲーム内に登場するには、最低進化レベルを無視している例が多数存在している。 以下では例を挙げる。 で戦うときののレベル16の• で戦うときののレベル23の• で再戦時ののリカの持つレベル29の• のレベル31のとレベル29の(ハートゴールド・ソウルシルバーを除く)• 最初にを選ぶと、でがレベル32のを使用(ハートゴールド・ソウルシルバーを除く)• のレベル24の• エメラルドののレベル26の• のレベル28、レベル31の• のレベル33の• のレベル25の• のレベル25の• のが使用するレベル39の• ののトシオが使用するレベル35のと• プラチナのののボブとニナが使用するレベル24の• プラチナののレベル20の• ののカツマサのレベル25の• の使用するレベル47の(ハートゴールド・ソウルシルバーでは味方としてダブルバトルのパートナーになった際に40レベルのカイリューを使う場面もある。 とが使用するレベル43の• が使用するレベル50の• が使用するレベル54の• トレーナーに限らず、でも最低進化レベルより低いレベルで出現するものもいる。 例としてはで出てくるなど。 関連項目•

次の

進化(ポケモン) (しんか)とは【ピクシブ百科事典】

ポケモン進化

ピカチュウの進化途中がビミョー過ぎて逆に可愛いかも。 が公開している ポケモンの進化途中を描いたイラストが注目を集めています。 そもそも自然界において進化には長い年月がかかります。 鳥類は恐竜から進化したもと言われていますが、 恐竜がある朝目覚めるとトリになっていた……というわけではないはずです。 変態の話になりますが、オタマジャクシだってカエルになる前に「 足があるオタマジャクシ」と「 尾ひれのあるカエル」の段階を経過するんですから。 じゃあポケモンの進化はどうなってるの? そんな疑問を探求するIn-Progress Pokemonでは、 ポケモンの進化(または変態や成長)プロセスを考察して描かれた 図鑑風イラストを見ることができます。 以下に作品をいくつかピックアップしました。 おバカイラストになるのかと思いきや、要素抽出センスと絵の上手さから 説得力のある二次創作に仕上がっています。 タマタマ〜ナッシー 植物のタネのような生き物であると言われるタマタマ。 In-Progress Pokemonは 6つの顔のうちひとつだけが発芽してナッシーになるという仮説を立てたようです。 他の顔のうち一部はナッシーの養分として吸収され、残りの顔は進化が完了するまでナッシーを守ります。 そして役目を終えるとまた他のタマタマと合流する。 社会的なポケモンです。 初代「ポケットモンスター赤・緑」の発売から20年が経ちますが派生的な二次創作は後を絶ちません。 「」の登場は現実世界に もう一つのレイヤーを出現させ、今まさに私達の想像力を刺激し続けています。 作品を娯楽として消費するだけでなく 気付きや発想に繋げる気持ちが 世界を更に面白くしていくのかもしれないと感じさせてくれるイラストでした。 では、ポケモンの進化過程イラストを図鑑のように一覧することができます。 まだ全ポケモンの進化過程は発見されていないようですが、 最新世代のポケモンや も確認することが可能です。 image by In-Progress Pokemon Evolutions , , , , source: In-Progress Pokemon Evolutions , , , , , , ()• Tags :•

次の