みんな ちがっ て みんな いい。 「みんなちがってみんないい」を英語で言うと人生楽になる理由 | 英会話学校3年勤務TOEIC960点の英語講師が教える“無料”オンライン英会話スクール!

「みんなちがって、みんないい」—— 金子みすゞが詩に託した思い|人間力・仕事力を高めるWEB chichi|致知出版社

みんな ちがっ て みんな いい

どうも。 ちょこひぐです。 先ほど「誹謗中傷」をキーワードに記事を書きましたが、その続きみたいなものではありますが、ちょっと毛色が違うことを書きたいので、別の記事にしました。 どうして人を傷つけるの? 「誹謗中傷」って、どうしてやってしまうのかな?っていうのを考えています。 ひとつ思い当たったのは、人間の 「嫉妬」 の感情が他人の心を傷つける行為をさせているのかな?と思っています。 「嫉妬」って、自分と他人を比較することから生まれる感情だと思います。 比較して、他人が自分より輝いている、と言いますか、自分が立ちたかったステージで活躍している人に対して、抱く感情ですよね? 私も嫉妬することはそこそこにありますよ? 「マコなり社長」は私の嫉妬の対象だったりします。 そんなに年齢変わらないのに、あれだけのポジションを獲得していることに嫉妬しない理由はありません。 ただ、それでも誹謗中傷のようなことをしたいとは思いません。 なぜなら、彼はそこに至るまでに、想像できないほどの膨大な時間と労力を使って 努力していることを理解したうえで、自分がそんなに 頑張ってないことも理解していて、そこに明確な 差があることを納得しているからです。 完全に自己肯定感が低い人の思考ですが、でも、それが誹謗中傷に至らないひとつのコツだと思います。 ここでようやく、タイトルの「みんなちがって、みんないい」が出てきます。 他人との違いを理解して納得すると気楽です 「みんなちがって、みんないい」というのは、詩人として有名な「金子みすゞ」さんの代表作「私と小鳥と鈴と」の最後のフレーズです。 私は、たしか小学生の頃の国語の教科書でこの作品に出会ったんだと思いますが、みなさんご存知でしょうか? 全文はこちら。 私が両手をひろげても、 お空はちっとも飛べないが、 飛べる小鳥は私のように、 地面を速く走れない。 私がからだをゆすっても、 きれいな音は出ないけど、 あの鳴る鈴は私のように、 たくさんな唄は知らないよ。 鈴と、小鳥と、それから私、 みんなちがって、みんないい。 詩の中では「小鳥」と「鈴」を「私」という人間と対比しています。 それらが全然違うことは誰でも分かることだと思いますが、そういうことが言いたいわけじゃないことは、分かりますよね? この詩で言いたいことは、 「人間同士でも、同じように違うんだよ」ってことだと、私は理解しています。 あなたの友人で、歌が上手くて歌手として大ヒットした人がいたとします。 そして、あなた自身もそこそこ歌が上手いと思っていて、歌手になろうとしていた、という設定も追加しましょう。 あなた自身は、歌手になろうと思ってはいたけど、売り込みとかはちょっと嫌でやらなかった。 でも友人は、必死で売り込みをやっていき、そして大ヒットをもぎ取った。 書いていて思いました。 結構嫉妬しそうですね。 でもね。 今に至るまでの経緯をもう一度振り返ってみてください。 あなたは、ちょっと嫌な感じがしたので売り込みしなかったのに対して、友人は嫌だったかどうかは分かりませんが、売り込みをしていたんです。 最近、バーチャルYouTuberをよく見ていて気付いたんですが、どんなに歌が上手くても、認識してもらうためのアピールをしないと、全然見向きもされないんですね。 富士葵さんとか、燦鳥ノムさんとか、めちゃくちゃ歌が上手くて、めちゃくちゃ好きで無限リピートしているんですが、そんなに伸びているような気がしないんですよね。 それに対して、HIMEHINAさんは結構伸びている気がします。 まじまじと数字を追って分析したわけではないので、本来は違うかもしれませんよ?あくまで個人主観の感覚論です。 その違いって、やっぱり戦い方の差なのかな?って思っています。 差の部分について、ハッキリと「これだ!」っていうのは分かっていませんが、戦い方が違うことは、しっかり見ていただければ分かると思います。 話を戻すと、要は 戦い方が消極的だったり、知らなかったりするだけで、大きな差が開いていることがある、ということです。 その戦い方について、 「消極的」「知らない」というのを 違いであると 理解しましょう。 そしてその違いは、いったん 受け入れませんか? 受け入れたうえで、そのままにするのも改善するのも自由ですが、 違っていることは悪いことではありません。 違いが分かった、というのは大きな一歩だと思います。 違うところをしっかり見ようともしないで、嫉妬の感情ばかりを強めてしまうから「誹謗中傷」に行きつくのかなと分析します。 今の差があるのは、みんな違うからです。 比較することって、心理的にダメージが入ることでもあるので、ガッツリやってしまうことはおすすめしませんが、 違うから差がある、ということだけでも知っているだけで少しは気が楽になると思います。 違いを理解したなら 改善に向かう活力にしても良いと思います。 ただ、必ずしも改善すればいいわけでもないと思います。 であれば、おすすめしたいことは、 自分を理解してあげることです。 自分を理解することで、戦うべきフィールドが見えてくることがあります。 しっかりと時間を取って、まじまじと自分と向き合うのも良し。 自己分析の手法を調べて試してみるのも良しです。 少し前に、そんな記事を書いたことがあるので再掲します。

次の

みんなちがってみんないい?違うと同じを意識した人材育成と組織作り!

みんな ちがっ て みんな いい

私ができないことを、小鳥は簡単にできる。 小鳥ができないことを、私は簡単にできる。 私ができないことを、鈴は簡単にできる。 鈴ができないことを、私は簡単にできる。 みんなそれぞれにできることが違います。 それは、 みんなそれぞれに素晴らしい個性があり、役割が与えられているということです。 人は誰でも何かしら、卓越したものをもっています。 その 卓越したものが他人にとって「羨ましいもの」であれば、その人は「天才」と呼ばれることもあります。 一度天才と言われた人は、自信をつけてその卓越したものをひたすら極めることができます。 また、天才レベルではなくても、得意分野があれば、それが世の中に貢献できる武器になります。 また、本人にとってはコンプレックスと思っているものでさえ、強烈な武器になることがあります。 例えば私の場合は….

次の

Creepy Nuts(R

みんな ちがっ て みんな いい

私ができないことを、小鳥は簡単にできる。 小鳥ができないことを、私は簡単にできる。 私ができないことを、鈴は簡単にできる。 鈴ができないことを、私は簡単にできる。 みんなそれぞれにできることが違います。 それは、 みんなそれぞれに素晴らしい個性があり、役割が与えられているということです。 人は誰でも何かしら、卓越したものをもっています。 その 卓越したものが他人にとって「羨ましいもの」であれば、その人は「天才」と呼ばれることもあります。 一度天才と言われた人は、自信をつけてその卓越したものをひたすら極めることができます。 また、天才レベルではなくても、得意分野があれば、それが世の中に貢献できる武器になります。 また、本人にとってはコンプレックスと思っているものでさえ、強烈な武器になることがあります。 例えば私の場合は….

次の