ファーガス 神聖 王国。 【FE風花雪月】海外のプレイヤーによるフォドラの地理の考察

#ファイアーエムブレム風花雪月 #年表 【FE風花雪月ネタバレ】フォドラ歴史年表(2020/05/02

ファーガス 神聖 王国

1では「1月(守護の節)始まり・12月(星辰の節)終わり」で示していましたが、DLCで追加されたアビス書庫の『暦の謎』で「月」と「節」が異なるものであることが明確に示されたため、Ver. 0以降では「大樹の節(4月)始まり・孤月の節(3月)終わり」で示すことを目指します。 これにより、一部の時系列順に変更が生じる可能性があります。 ご了承ください。 パラレルワールドとして扱われていることから、本編とは異なる時系列として記述する。 [chapter:1. 物語開始以前] 1 神話の時代 ------------------------------------------------------- 前41年 聖セイロス、アンヴァルに出現。 セイロスの信徒によってセイロス聖教会が組織される。 ------------------------------------------------------- 元年4月1日 ヴィルヘルム=パウル=フレスベルグ、セイロスの支援を受けアドラステア帝国を建国。 アンヴァルを首都と定める。 ------------------------------------------------------- 32年 皇帝ヴィルヘルム、フォドラ統一を目指し挙兵(英雄戦争、~98年)。 ------------------------------------------------------- 46年 アドラステア帝国軍、ネメシスら氏族の連合軍と戦い大勝する(グロンダーズの会戦)。 ------------------------------------------------------- 91年 アドラステア帝国軍、ネメシスら氏族の連合軍と戦い勝利。 ネメシス戦死(タルティーンの会戦)。 ------------------------------------------------------- 98年 第2代皇帝リュカイオン1世崩御。 アドラステア帝国の拡張止まる。 ------------------------------------------------------- 185年12月25日 ガルグ=マク大修道院落成。 四使徒はフォドラ各地に離散。 ------------------------------------------------------- 2 フォドラ三国の成立 ------------------------------------------------------- 721年 西方よりダグザ軍が襲来、アドラステア帝国軍が撃退する(第一次ミアハ戦役)。 ------------------------------------------------------- 728年 アドラステア帝国軍、ブリギット諸島を征服(ブリギット侵攻)。 ------------------------------------------------------- 731年 アドラステア帝国軍、ブリギットを足掛かりにダグザへ侵攻するが撃退される(ダグザ侵攻)。 ------------------------------------------------------- 747年 帝国貴族ルーグ、独立を求めファーガス地方で挙兵(ファーガスの乱または鷲獅子戦争)。 ------------------------------------------------------- 751年 ルーグら独立軍、帝国軍に大勝(タルティーンの戦い)。 セイロス聖教会の仲裁により、ファーガス地方はファーガス神聖王国として独立。 ルーグ、初代国王となる。 ------------------------------------------------------- 786年ごろ 帝国の城塞都市アリアンロッド完成。 帝国貴族ローベ家、アリアンロッドを含む所領ごと王国に臣従し王家より伯爵位に叙される。 ------------------------------------------------------- 801年 帝国領のレスター地方で内乱勃発(レスター大乱)。 帝国軍が鎮圧に失敗し、神聖王国がレスター地方を制圧し領土とする。 ------------------------------------------------------- 861年 ファーガス国王クラウス1世崩御。 3人の王子がそれぞれ大公となって王国領を分割統治する。 ------------------------------------------------------- 881年 レスター大公崩御。 レスター地方、大公の後継者を定めず諸侯の共同統治体制を目指す(三日月戦争)。 ------------------------------------------------------- 901年9月8日 リーガン公爵家を中心とするレスター諸侯同盟領が成立。 ------------------------------------------------------- 961年 パルミラ軍、フォドラの喉元を突破し同盟領に侵攻。 帝国軍も加勢し撃退する(パルミラ襲来)。 このことがガルグ=マク大修道院に士官学校が付設されるきっかけとなる。 ------------------------------------------------------- 1066年ごろ 帝国領内にて反乱勃発。 南方教会の司教が反乱に関与したとされ、皇帝によって追放される。 ------------------------------------------------------- 1101年 同盟・王国・帝国が協働しフォドラの喉元に要塞「フォドラの首飾り」を築造する。 ------------------------------------------------------- 3 ベレト/ベレスの時代 ------------------------------------------------------- 1124年1月26日 ギュスタヴ、ドミニク男爵家に誕生(後のギルベルト)。 ------------------------------------------------------- 1129年2月8日 ハンネマン、帝国貴族エッサー家に誕生。 ------------------------------------------------------- 1135年12月1日 アロイス、商家ランゲルト家の次男として誕生。 ------------------------------------------------------- 1139年 シトリー(ベレト/ベレス生母)誕生。 ガルグ=マク大修道院の修道女として成長する。 ------------------------------------------------------- 1140年 トマシュ、コーデリア家の推挙でガルグ=マク大修道院に出仕。 ------------------------------------------------------- 1146年 アロイス、ジェラルトの従者となる。 ------------------------------------------------------- 1152年9月15日 カサンドラ、カロン家の息女として誕生(後のカトリーヌ)。 ------------------------------------------------------- 1153年 ホルスト、ゴネリル家の長男として誕生。 1153年7月6日 バルタザール、レスター地方の領主アダルブレヒト家の長男として誕生。 生母は山岳民族クパーラの出身。 ------------------------------------------------------- 1155年3月27日 シャミア、ダグザで誕生。 ------------------------------------------------------- 1157年 帝国貴族マルトリッツ男爵病死。 妊娠中の妻はバルテルス男爵と再婚。 1157年5月27日 メルセデス、帝国バルテルス男爵家に誕生。 実父はマルトリッツ男爵。 ------------------------------------------------------- 1158年 マヌエラ、ミッテルフランク歌劇団に入団。 メルセデスの弟エミール、帝国バルテルス男爵家の嫡子として誕生。 メルセデスとは異父兄弟にあたる。 ------------------------------------------------------- 1159年9月? ベレト/ベレス、ジェラルトの子として誕生。 生母シトリーは死亡。 大司教レア、シトリーを埋葬したと偽り遺体をアビスに隠匿。 ------------------------------------------------------- 1159年 ハンネマン、帝国内の紋章学の権威となる。 アロイス、騎士に任ぜられる。 1月15日 ハピ、ティモテの隠れ里で誕生。 ------------------------------------------------------- 1159年10月 ジェラルト、火災を利用しベレト/ベレスの死を偽装する。 後にベレト/ベレスを連れ修道院を出奔。 ------------------------------------------------------- 1160年4月17日 ヒューベルト、ベストラ侯爵の長男として誕生。 6月5日 シルヴァン、ゴーティエ辺境伯の次男として誕生。 8月12日 ユーリス、フォドラ西部の貧民街で街娼の子として誕生。 8月21日 レオニー、サウィン村の猟師の娘として誕生。 3月20日 コンスタンツェ、ヌーヴェル子爵家の長女として誕生。 6月13日 ローレンツ、グロスタール伯爵家の長男として誕生。 8月31日 ドゥドゥー、王国ダスカー地方で鍛冶屋の長男として誕生。 9月29日 ドロテア、帝国貴族とその侍女の間に誕生。 ------------------------------------------------------- 1162年 セテス、大司教補佐としてガルグ=マク大修道院に招かれる。 2月3日 ヒルダ、ゴネリル公爵の長女として誕生。 4月30日 フェルディナント、エーギル公爵家の長男として誕生。 5月18日 ラファエル、商家キルステン家の長男として誕生。 6月22日 エーデルガルト、アドラステア皇帝イオニアス9世の四女として誕生。 生母はアランデル公フォルクハルトの妹パトリシア。 7月24日 クロード、パルミラ王の子として誕生。 生母はリーガン公爵家の長女ティアナ。 11月23日 マリアンヌ、レスター地方の領主の娘として誕生。 12月12日 ベルナデッタ、ヴァーリ伯爵の長女として誕生。 12月20日 ディミトリ、ファーガス国王ランベールの長男として誕生。 ------------------------------------------------------- 1163年1月4日 イングリット、ガラテア伯の長女として誕生。 後にフラルダリウス公爵嫡子グレンと婚約。 2月20日 フェリクス、フラルダリウス公爵の次男として誕生。 3月14日 イグナーツ、商家ヴィクター家の次男として誕生。 5月9日 アネット、王国騎士ギュスタヴの長女として誕生。 7月1日 カスパル、ベルグリーズ伯爵令息の次男として誕生。 10月17日 アッシュ、ガスパール領の酒場の子として誕生。 11月7日 リンハルト、ヘヴリング家の長男として誕生。 ------------------------------------------------------- 1164年 ハンネマンの妹、病死。 ハンネマン、帝国貴族の爵位を返上。 帝国の女魔道士コルネリア、王国へ移住。 ファーガス王国に疫病が流行し王妃(ディミトリ生母)が病死。 疫病を鎮めたコルネリア、王家付きの魔導士となる。 9月7日 ペトラ、ブリギット王の孫娘として誕生。 ------------------------------------------------------- 1165年 ハンネマン、帝国を出奔。 ガルグ=マク士官学校教師となる。 ガルグ=マク士官学校において灰狼の学級が創設される。 2月28日 リシテア、コーデリア伯爵家の長女として誕生。 10月25日 ツィリル、パルミラ西部の集落で誕生。 ------------------------------------------------------- 1167年 帝国貴族フリュム家の内乱。 フリュム家内乱に関与したコーデリア家、帝国の内政干渉を受ける。 ヒューベルト、エーデルガルトの従者となる。 メルセデス、母と共に帝国バルテルス男爵家を去り、王国東部の教会に身を寄せる。 以降、マルトリッツ姓を名乗る。 ------------------------------------------------------- 1168年 ベルグリーズ伯爵、引退。 カスパルの父が伯爵位を継承する。 フェルディナント、ミッテルフランク歌劇団でマヌエラの公演を初めて観劇する。 ハピ、ティモテの隠れ里から出たところを何者かに攫われ、魔道の実験台となる。 バルタザールとホルスト、ヒルダを庇いフォドラの喉元の魔物を撃退。 ------------------------------------------------------- 1169年 カスパルとリンハルトが出会い、以降親交を深くする。 ------------------------------------------------------- 1170年代初頭 王国ガラテア伯領で大飢饉。 ------------------------------------------------------- 1170年 ツィリル、フォドラとの戦いで両親を失う。 ゴーティエ辺境伯と「北方の民」スレンの争いが止む。 ------------------------------------------------------- 1171年 七貴族の変。 アドラステア皇帝イオニアス9世、貴族らに権能を剥奪される。 エーギル家、帝国の実権を掌握。 皇女エーデルガルト、伯父アランデル公に連れられ生母パトリシアと共にファーガス王都フェルディアへ亡命。 ヒューベルト、亡命したエーデルガルトの後を追うも父の手勢に連れ戻される。 ドロテア、ミッテルフランク歌劇団に入団。 カサンドラ(後のカトリーヌ)、ガルグ=マク士官学校を卒業。 ------------------------------------------------------- 1172年 トマシュ、ガルグ=マク大修道院書庫番を辞しコーデリア家に戻る。 バルタザール、ガルグ=マク士官学校に入学し金鹿の学級に在籍。 シュヴァリエの紋章の継承が判明するが秘匿。 同年、卒業。 ------------------------------------------------------- 1173年 王国ガスパール領主ロナート、アッシュを見出し養子とする。 バルタザール、アダルブレヒト家の当主となるも、すぐに弟に家督を継承。 ------------------------------------------------------- 1174年 エーデルガルト、伯父アランデル公と共に帝国へ戻る。 レオニー、ジェラルトと出会い傭兵を志す。 マヌエラ、歌劇団を退団。 ガルグ=マク士官学校の教師となる。 アランデル公、セイロス聖教会へ最後の寄進を行う。 ユーリス、ローベ伯爵に見出されその養子となる。 ------------------------------------------------------- 1175年 ダグザ・ブリギット連合軍、アドラステア帝国西岸ヌーヴェルに上陸(ダグザ・ブリギット戦役)。 ペトラの父、戦死。 帝国軍の勝利。 ペトラ、ブリギットの帝国への従属の証として帝国へ移送される。 シャミア、傭兵として戦役に参加しフォドラに残留、セイロス騎士団に入団する。 ベルナデッタ、この頃引きこもり始める。 コンスタンツェ、ダグザ=ブリギット戦役にて両親はじめ一族、爵位、領地を失う。 帝国外務卿ゲルズ公、ダグザよりドローミの鎖環を譲り受ける。 ------------------------------------------------------- 1176年 帝国男爵家バルテルス家で当主を始め一族の不審死が多発。 嫡男エミールが犯行を疑われるが失踪する。 マリアンヌ、同盟領エドマンド辺境伯の養女となる。 ダスカー地方にてファーガス国王ランベールとその従者らが弑逆さる(ダスカーの悲劇)。 王妃(後妻)パトリシア、行方不明となる。 若年の王子ディミトリに代わり国王の実兄にあたるイーハ大公リュファスが摂政となる。 フラルダリウス公嫡子グレン戦死。 王国軍によるダスカー半島征伐。 ドゥドゥー、肉親を失い、ディミトリの従者となる。 カサンドラ、国王殺害の嫌疑をかけられ、大司教レアに匿われる。 セイロス騎士団に入団し、以降カトリーヌを名乗る。 ガスパール城主ロナートの嫡子クリストフ、セイロス騎士団によって処断さる。 コンスタンツェ、単身フェルディアに転地し、魔道学院に入学。 ハピ、解放されファーガスの教会で暮らす。 ------------------------------------------------------- 1177年 ファーガス国王付騎士ギュスタヴ、妻子を捨て失踪(セイロス騎士団に入団)。 アネット、伯父ドミニク男爵の元に身を寄せる。 ゴーティエ辺境伯嫡子マイクラン、廃嫡される。 リーガン公(クロードの母の弟ゴドフロア)と商家キルステン夫妻、魔物に襲われ死亡。 前リーガン公爵オズワルド、後継者不在のため公爵位に復帰。 ツィリル、従軍中に捕らえられ、ゴネリル家の使用人となる。 コンスタンツェ、魔道学院を卒業しガルグ=マク士官学校に入学。 ------------------------------------------------------- 1178年 ディミトリは将として、フェリクスは従騎士として王国西部の反乱鎮圧に赴く。 アネット、王都の魔道学院に入学し、優秀な成績を修め、メルセデスと親交を深める。 ローレンツ、王都の魔道学院に入学するも、王国の政情変化の影響を受け魔道学院を中退。 ツィリル、大司教レアに見出され、ガルグ=マク大修道院にて働き始める。 ユーリス、ガルグ=マク士官学校に入学し青獅子の学級に在籍。 騒動を起こして除籍されアビスの住人となる。 ------------------------------------------------------- 1179年 クロード、リーガン公爵の嫡子として公表される。 ラファエル、財産を売却して商家を畳み、騎士を志す。 フレン、ガルグ=マク大修道院にて暮らし始める。 トマシュ、ガルグ=マク大修道院に再出仕。 バルタザール、賞金稼ぎから逃れるためアビスの住人となる。 ハピ、セイロス騎士団により発見され、アビスに収監される。 ------------------------------------------------------- 1180年 ドロテア、歌劇団を一時退団する。 士官学校生徒モニカ、失踪。 4月 エーデルガルトら生徒、ガルグ=マク士官学校に入学。 4月20日 ベレト/ベレス、ガルグ=マク士官学校生徒らを救出。 大司教レア、ベレト/ベレスを士官学校教師、ジェラルトをセイロス騎士団団長として招く。 ------------------------------------------------------- [newpage] [chapter:2. 物語開始後] 白雲の章 ------------------------------------------------------- 1180年 4月 生徒ら、ガルグ=マク士官学校に入学。 4月20日 ベレト/ベレス、帝国領内ルミール村にて盗賊を撃退し三級長を救出。 大司教レア、ベレト/ベレスを士官学校教師、ジェラルトをセイロス騎士団団長として招く。 6月 王国領にてガスパール領主ロナートの反乱。 6月30日 ベレト/ベレス、マクドレド街道において担当学級生徒やセイロス騎士団とともにロナートを討伐。 セイロス聖教会、西方教会司教らの処刑を決定。 7月26日 死神騎士ら、聖廟を襲撃。 ベレト/ベレス、担当学級生徒とともに死神騎士らを撃退し「天帝の剣」を獲得する。 マイクラン、ゴーティエ辺境伯爵家より「破裂の槍」を盗み出す。 枢機卿アルファルド、死亡。 8月31日 ベレト/ベレス、担当学級生徒とともにコナン塔のマイクランを討伐し「破裂の槍」を奪還。 9月 6日 フレン、失踪。 30日? ベレト/ベレス、大修道院地下道において担当学級生徒とともにフレンとモニカを発見。 ガルグ=マク士官学校教師イエリッツァ失踪。 10月 モニカ、黒鷲の学級に復帰。 27日 グロンダーズ鷲獅子戦。 11月 帝国領内ルミール村の村人が奇怪な行動を起こし始める。 トマシュ、ガルグ=マク大修道院より姿を消す。 25日 ベレト/ベレス、担当学級生徒とともに狂乱するルミール村の村人たちを救出。 トマシュ(ソロン)、ルミール村にて正体を現す。 12月26日 ガルグ=マク大修道院内旧礼拝堂にて魔獣出現。 ジェラルト、モニカ(クロニエ)に討たれる。 ------------------------------------------------------- 1181年 1月31日 ベレト/ベレス、クロニエと戦う。 ソロン、クロニエを生贄に「ザラスの闇」にベレト/ベレスを封ずる。 ベレト/ベレス、神祖の力を獲得し担当学級生徒とともにソロンを撃破。 2月 エーデルガルト、ヒューベルトとともに帝都アンヴァルに戻る。 イオニアス9世より戴冠を受け、新皇帝として即位。 エーデルガルト、宰相エーギル公・教務卿ヴァーリ伯らを罷免し皇帝親政の体制を整える。 ヒューベルト、実父である宮内卿ベストラ候を暗殺し自らが後継となる。 29日 炎帝、メトジェイらを率い聖墓を襲撃。 ベレト/ベレスら、担当学級生徒ともにメトジェイを討ち帝国軍を撃退する。 エーデルガルト、セイロス聖教会に対し開戦を宣言。 3月31日 帝国軍、大修道院を攻撃し陥落せしめる。 大司教レアとベレト/ベレス、乱戦の中で姿を消す。 生徒ら、ガルグ=マク士官学校を出て故郷に戻る。 ------------------------------------------------------- 翠風の章 ------------------------------------------------------- 1181年 皇帝エーデルガルト、教会勢力の弱体化とフォドラ統一を目指し軍事活動を進める。 フェルディア政変。 イーハ大公リュファス殺害さる。 女魔道士コルネリア、王子ディミトリを処断しファーガス神聖王国を滅ぼす。 王国の支配地域をファーガス公国として引き継ぐ。 ディミトリ、逃亡し生存。 レスター諸侯同盟において対帝国外交を巡り同盟領内諸侯が対立し、内紛状態となる。 クロード、祖父の死去により正式にリーガン公爵家を継ぐ。 ------------------------------------------------------- 1185年12月 ベレト/ベレス、ガルグ=マク大修道院でクロードら元生徒たちと再会。 ------------------------------------------------------- 1186年 1月31日 ガルグ=マク籠城戦。 金鹿の学級の元生徒らおよびセイロス騎士団、ガルグ=マク大修道院にて挙兵。 打倒帝国と大司教奪還を掲げ共同戦線を張る。 2月28日 同盟・騎士団軍、アリルの谷にて同盟貴族ダフネル家の援兵を得る。 ファーガス公国のローベ伯軍と交戦しグェンダルを討つ(アリル奇襲戦)。 3月31日 同盟・騎士団軍、ミルディン大橋を占拠(ミルディン大橋の戦い)。 帝国近衛隊長ラディスラヴァと同盟貴族アケロンを討つ。 4月30日 グロンダーズ平原において、帝国・王国・同盟の三勢力が三つ巴となり争う(グロンダーズ平原の戦い)。 同盟・騎士団軍の勝利。 元王子ディミトリが戦死し、旧王国残党軍は壊滅。 5月31日 同盟・騎士団軍、パルミラに援軍を要請しメリセウス要塞を攻める(メリセウス攻防戦)。 同盟・騎士団軍が勝利するも、「光の杭」により要塞は壊滅。 6月29日 同盟・騎士団軍、帝都アンヴァルを制圧(アンヴァル潜入戦)。 ヒューベルト戦死。 ドゥドゥー、アンヴァルに姿を現す。 同盟・騎士団軍、アンヴァルの宮城に攻め入る(アンヴァル宮城戦)。 ベレト/ベレス、皇帝エーデルガルトを討つ。 同盟・騎士団軍、宮城を占拠し大司教レアを救出する。 7月31日 同盟・騎士団軍、シャンバラを攻める(シャンバラの戦い)。 タレスら闇に蠢く者たち(アガルタの民)、壊滅。 大司教レア、重傷を負う。 8月 1日 ネメシス復活の報がガルグ=マク大修道院に届く。 31日 同盟・騎士団軍、ネメシス軍に勝利(フォドラ解放戦)。 ------------------------------------------------------- ベレト/ベレス、フォドラ統一王国の初代国王として即位。 クロード、パルミラへ去る。 ------------------------------------------------------- 蒼月の章 ------------------------------------------------------- 1181年 皇帝エーデルガルト、教会勢力の弱体化とフォドラ統一を目指し軍事活動を進める。 フェルディア政変。 イーハ大公リュファス殺害さる。 女魔道士コルネリア、王子ディミトリを処断しファーガス神聖王国を滅ぼす。 王国の支配地域をファーガス公国として引き継ぐ。 ドゥドゥー、身代わりとなりディミトリを逃亡せしめる。 レスター諸侯同盟において対帝国外交を巡り同盟領内諸侯が対立し、内紛状態となる。 クロード、祖父の死去により正式にリーガン公爵家を継ぐ。 ------------------------------------------------------- 1182年 ディミトリ、旧王国領各地に進駐する帝国軍将兵を殺害し始める。 アッシュ、主家ローベ伯爵家の帝国臣従に反発し下野。 ------------------------------------------------------- 1185年12月 ベレト/ベレス、ガルグ=マク大修道院でディミトリら元生徒たちと再会。 ------------------------------------------------------- 1186年 1月31日 ファーガス旧王国軍およびセイロス騎士団、ガルグ=マク大修道院を攻囲する帝国軍を撃退(ガルグ=マク籠城戦)。 帝国将軍ランドルフを捕縛し斬首する。 2月28日 旧王国・騎士団軍、アリルの谷にてフラルダリウス公爵家の援兵を得る。 ファーガス公国のローベ伯軍と交戦しグェンダルを討つ(アリル奇襲戦)。 3月31日 旧王国・騎士団軍、ミルディン大橋を占拠(ミルディン大橋の戦い)。 帝国近衛隊長ラディスラヴァと同盟貴族アケロンを討つ。 (条件を満たしていた場合、ドゥドゥー合流) 4月30日 グロンダーズ平原において、帝国・王国・同盟の三勢力が三つ巴となり争う(グロンダーズ平原の戦い)。 旧王国・騎士団軍の勝利。 皇帝エーデルガルトと盟主クロード、負傷。 ロドリグ死亡。 5月31日 旧王国・騎士団軍、旧王都フェルディアを奪還(王都奪還戦)。 女魔道士コルネリア戦死。 6月30日 旧王国・騎士団軍、レスター諸侯同盟の領都デアドラを救援(デアドラ救援戦)。 アランデル公フォルクハルト戦死。 クロード、レスター諸侯同盟の解散を宣言。 7月31日 旧王国・騎士団軍、メリセウス要塞を奪取(メリセウス攻防戦)。 8月30日 旧王国・騎士団軍、帝都アンヴァルを制圧(アンヴァル総力戦)。 ヒューベルト戦死。 アンヴァルの宮城にて最後の戦い。 ディミトリ、皇帝エーデルガルトを討つ。 ------------------------------------------------------- ディミトリの即位により、ファーガス神聖王国が復興。 ベレト/ベレス、レアの跡を継ぎ大司教となる。 ------------------------------------------------------- 銀雪の章 ------------------------------------------------------- 1181年 皇帝エーデルガルト、教会勢力の弱体化とフォドラ統一を目指し軍事活動を進める。 フェルディア政変。 イーハ大公リュファス殺害さる。 女魔道士コルネリア、王子ディミトリを処断しファーガス神聖王国を滅ぼす。 王国の支配地域をファーガス公国として引き継ぐ。 ディミトリ、逃亡し生存。 レスター諸侯同盟において対帝国外交を巡り同盟領内諸侯が対立し、内紛状態となる。 クロード、祖父の死去により正式にリーガン公爵家を継ぐ。 ------------------------------------------------------- 1185年12月 ベレト/ベレス、ガルグ=マク大修道院で元生徒たちと再会。 エーデルガルトと離別する。 ------------------------------------------------------- 1186年 1月31日 ガルグ=マク籠城戦。 黒鷲の学級の元生徒ら及びセイロス騎士団、新生軍としてガルグ=マク大修道院にて挙兵。 打倒帝国と大司教奪還を掲げ共同戦線を張る。 2月28日 新生軍、アリルの谷にて同盟貴族ダフネル家の援兵を得る。 ファーガス公国のローベ伯軍と交戦しグェンダルを討つ(アリル奇襲戦)。 3月31日 新生軍、ミルディン大橋を占拠(ミルディン大橋の戦い)。 帝国近衛隊長ラディスラヴァと同盟貴族アケロンを討つ。 4月30日 グロンダーズ平原において、帝国・王国・同盟の三勢力が三つ巴となり争う(グロンダーズ平原の戦い)。 帝国・王国・同盟の各勢力に甚大な被害。 皇帝エーデルガルト・盟主クロード負傷。 元王子ディミトリ戦死。 5月 2日 ガルグ=マク大修道院の新生軍、グロンダーズ平原の戦いの詳報を得る。 31日 新生軍、メリセウス要塞を攻める(メリセウス攻防戦)。 新生軍が勝利するも、「光の杭」により要塞は壊滅。 6月29日 新生軍、帝都アンヴァルを制圧(アンヴァル潜入戦)。 ヒューベルト戦死。 新生軍、アンヴァルの宮城に攻め入る(アンヴァル宮城戦)。 ベレト/ベレス、皇帝エーデルガルトを討つ。 新生軍、宮城を占拠し大司教レアを救出する。 7月31日 新生軍、シャンバラを攻める(シャンバラの戦い)。 タレスら闇に蠢く者たち(アガルタの民)、壊滅。 大司教レア、重傷を負う。 8月31日 最後の戦い。 新生軍、暴走した「白きもの」と枢機卿らを討ち勝利。 ------------------------------------------------------- ベレト/ベレス、フォドラ統一王国の初代国王として即位。 ------------------------------------------------------- 紅花の章 ------------------------------------------------------- 1181年 皇帝エーデルガルト、教会勢力の弱体化とフォドラ統一を目指し軍事活動を進める。 ディミトリ、ファーガス国王として即位。 レスター諸侯同盟において対帝国外交を巡り同盟領内諸侯が対立し、内紛状態となる。 クロード、祖父の死去により正式にリーガン公爵家を継ぐ。 ------------------------------------------------------- 1185年12月 ベレト/ベレス、ガルグ=マク大修道院でエーデルガルトらと再会し帝国軍のフォドラ統一に協力する。 ------------------------------------------------------- 1186年 1月31日 帝国軍、リーガン領都デアドラを制圧(デアドラの戦い)。 2月28日 帝国軍、セテスらセイロス騎士団の侵攻を食い止める(ガルグ=マク籠城戦)。 3月31日 帝国軍、アリアンロッドに籠るコルネリアら王国軍に勝利(アリアンロッド攻城戦)。 4月29日 帝国軍、タルティーン平原において王国軍およびセイロス騎士団を撃破(タルティーン平原の戦い)。 ファーガス国王ディミトリ戦死。 帝国軍、旧王国軍残党と「白きもの」を討ちフェルディアを制圧(フェルディアの戦い)。 ------------------------------------------------------- 皇帝エーデルガルト、フォドラを統一。 ベレト/ベレス、神祖の力を失う。 ------------------------------------------------------- [newpage] [chapter:3. 3 DLC追加要素(灰狼の学級)にまつわる事項を掲載.

次の

会話集/支援会話/ドゥドゥー(ファーガス神聖王国)

ファーガス 神聖 王国

フォドラの大地はアドラステア帝国・ファーガス神聖王国・レスター諸侯同盟の3か国が分割し危うい均衡を保っていた。 それぞれの次代を担う人材はフォドラの中心部にあるガルグ=マク大ので教育を受けていた。 3つの国のいずれかの学級の担任になるかを選択し、最強の学級を決定するグロンダーズ鷲獅子戦を頂点とする学園生活を送る第1部、3か国が入り乱れ嘗ての学友が主たる将として殺し合う戦争編の第2部を戦い抜いていくことになります。 プレイする前は学園FEねえとやや斜に構えていましたが、杞憂も杞憂、頭硬いのもいいところ。 もう、めっさ嵌まりました。 主人公女固定で3ルート・すべて百合エンドで123時間を費やしました。 の実戦の戦闘パートはシリーズで既にほぼ完成を見られているいつものでしたが、キャラ・シナリオ・システムなどなど全てをひっくるめたゲーム世界での生の魅せ方が極めて巧み。 結果として半端なく強く感情移入させられました。 そして、それぞれの国の目標は平和的に融合することがなく、達成するためには戦争の勝者になる必要があります。 それぞれの学級には最低限8人程は付き従うキャラいて、彼らもまた担任になった自キャラと教導と戦闘を通して絆を強くしていき、先生と慕うようになってくれます。 つまり自明ですが、ある周では味方だったキャラが、別の周では敵対することになります。 そしてFEでは当たり前のようにネームドキャラもHP0になれば死に、蘇ることはありません。 味方でも、敵でも。 作戦指示で下手を打てば教え子を無為に死なせますし、敵対した教え子には断末魔の叫びをもたらすことになります。 これが、プレイしていて本当に辛い。 教え子が教え子を殺すのを避けるために、主人公/先生で教え子を極力斃すようにしていましたが、敵対する前まで慕われたり、或いは前の周で笑い合い、いっそ伴侶として添い遂げることを誓った人々を斃していくのは心にくるものがありました。 スカウトである程度敵対するのを避けることが出来るのですが、その敵対した姿と断末魔の台詞によって、そのキャタの立つ度合いが強くなってより愛着が増すというおっそろしい愛憎の機微もあるので、見ないのも勿体ないのが、えい、もうと身勝手に憤慨さえしてしまいます。 そこらへんの学園編でのスカウトするかどうかは、実に悩ましく、あるいはロールプレイとして感情に色を乗せて言ってしまえば楽しいと思う取捨でした。 味方にすれば何より殺さなくて済みますし、しかも他学級のキャラ同士の相性が思わぬ向上を見せることでエンド後に思わぬ未来に着地するのを見ることが出来ます。 でも、敵対すればより歯応えのある戦闘になりますし、極限でのやりとりで見えるもまた一興なんですよねえ。 何はともあれ、それぞれのルートでの学園・戦時下の生活だけでも面白いのに、交差する感情の類まれなる莫大さによってちょっと信じられないぐらいゲーム世界へと嵌り込んだという訳で。 とんでもないゲームを作りだしてくれたなあと製作者への感謝の念で一杯です。 さて、まだまだ全然この作品に関して語り尽くせていません。 それぞれのキャラ・シナリオ、あるいはBGMに関しても言いたいことが多過ぎます。 しかしキリがないので、メインヒロインたるエーデガルドに関して最後に触れてこの雑文を終わりたい。 皇女にして、未来の皇帝。 エーデルガルトと共に在ることを選択した帝国ルートでも、結局は彼女と敵対することを選んだその他のルートでも抜群の存在感を放ちました。 単体で美しく、格好良く、可愛く、綺麗でと造形だけでも見事。 ただ彼女が主人公/先生(師と書いてせんせいと呼ばせる呼称の素晴らしさよ!)どう思っているかを帝国ルートのエーデガルドエンドで知ってしまうのがプレイヤの運のつき。 敵対した時の内面に思いを馳せた時に走る心痛はちょっと尋常じゃありません。 まだ王国ルートはマシです。 ディミトリくんが殴られ役になってくれます。 同盟ルートはダメです。 ほんと、あれはダメ。 この旗を掲げられて攻め込まれる、彼女の想いは言葉に出来るものでは、ないでしょう。 エーデルガルトの在り方を生み出しただけでも、この作品は一生残るものとなりました。 繰り返しますが素晴らしいゲームでした。 キャラエンドは兎も角、エンド後の後日談コンプするのは流石に無理がありますし、全てを網羅した公式設定資料集は是非是非出版して欲しいですねー• Link OHP- エロゲ• 同人/フリゲ• ノクターンノベルズお薦め• 今この漫画が熱い(自分の中で)• 2007年ベスト• 2008年ベスト• 2009年ベスト• 2010年ベスト• 2011年ベスト• 2012年ベスト• 2013年ベスト• 2016年ベスト• 2017年• 2018年ベスト• 2019年ベスト コンシューマ/全年齢• アクタージュ• 安達としまむら• 淡島百景• 上野さんは不器用• 裏世界ピクニック• 織田信奈の野望• 可愛いだけじゃない式守さん• 鬼滅の刃• 筺底のエルピス• 古見さんは、コミュ症です。 少女終末旅行• 20世紀SF• 日本SF短篇50• バーナード嬢曰く。 はねバド!• ふたりべや• やがて君になる• やがて君になる 佐伯沙弥香について• よふかしのうた• レビウス• 野崎まど作品• 十二国記• アニメ•

次の

ファイアーエムブレム風花雪月 キャラクターが覚える魔法

ファーガス 神聖 王国

・最初に目に入ったのはエーギルの地名だった。 何が最初に頭に浮かんだかは分かるよね。 ・ダスカーはクレイマン領になった。 ダグザはブリギッドの南西だよ。 ・ダグザはアメリカだな。 ・すごく分かりやすいね! ・スレンが人を寄せ付けないような凍てついた土地だと言われるのが自分には奇妙に感じるな。 地図では日当たりのいいビーチみたいじゃん。 ・砂漠だってすごく寒くなるんだぞ。 自分はスレンがマップで示されているものより遥かに超えて伸びていてフォドラに隣接するエリアだけが砂っぽいと考えるようにしてる。 ・ゴビ砂漠のように寒い可能性はあるな。 ・アルビネが英国、モルフィスがトルコ、南アドラステアがイタリア、 西アドラステアとファーガスの一部がフランス(西方教会がパリだと想像して)、残りのファーガスがドイツとデンマーク、ガルグ=マクはスイスだな。 レスター諸侯同盟はポーランド、パルミラはロシアでスレンはスウェーデン ・パルミラは中央アジアだと確信している。 彼らは絶えず隣国を侵略しているし。 ・中世ではロシアはモンゴルに侵略されてたよね。 ・スペインがない・・ ・じゃあこのシナリオだと、 アドラステア帝国=西ヨーロッパ ファーガス神聖王国=スカンジナビア レスター諸侯同盟=バルカン諸国及び旧ソビエト諸国 パルミラ=トルコ/中東/北アフリカ ガルグ=マクは・・・イタリア? ブリギッドはオーストラリア諸国かな? フォドラの喉元はイスラエルとか? ・地理的な意味で言ってるの?アドラステア帝国はイタリアとフランスだから。 ・この地図を見て誰かがCrusader Kings2で風花雪月のMODを作ってくれないかなって思った。 ・Crusader Kings2 MOD民が地図の作者にありがとうと言うだろうね。 ・フォドラの世界設定が細かく作りこまれているところが好きだな。 ・フォドラの幅が約50マイルしかないことを示す測量値を追加すべきだな。 ・それでもまだスカイリムより大きいから。 ・面白いけど自分はアンヴァルがベルリンだと思っていたからガルグ=マクと近いかと思ってたよ。 ・まぁ、ガルグ=マクはローマ(中央教会)とスイス(アルプスの真ん中にあり中立)をミックスしたものだよ。 故に、ベルリンまでの距離は保証されているね。 しかし、フォドラがヨーロッパに基づいている場合、王国と帝国は反対の位置になると思う。 王国は北側に特徴的なデンマーク半島があって、ヨーロッパになぞらえるとドイツにまたがっているしね。 一方、帝国は南にスペインの可能性がある半島いくつかを含んでいるね。 イタリアそのものの可能性もある。 ローマ/イタリアが非常にカトリック教色が強いこと、バチカン市国の建物、「神聖王国」という類似点とも一致する。 ・同意するよ。 神聖王国はイタリアに違いない。 ・考察をもっと進めるに・・ スレン=ロシア パルミラ=トルコ/ペルシア モルフィス=エジプト/北アフリカ(モルスによって分割されている) アルビネ=イギリス(アルビオンによって分割されている) ブリギッド=カナリア諸島(アメリカとヨーロッパ間の橋頭) そうすると、ダグザがアメリカの可能性が浮上するな・・ ・ほらみろ。 シャミアがネイティブアメリカンじゃなかったからガッカリした。 JRPGにはこういう文化が足りてないよなあ。 ・くそっ、ルミール村は自分が思っていたより遥かに修道院から離れているじゃないか。 ・フォドラはマップ全体が赤く染まった状態がベストに見えるな 😉 ・みんながシヴィライゼーション6に移ったのは知ってるけど、5のマップを誰かが作ってくれないかな。 ・やっぱりドラゴンの形をしているんだよなあ しゅばるつあどらあヴぇーあ!なので帝国はドイツだと思います。 良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。

次の