ムンジェイン 辞任。 曹国(チョ・グク)法相解任(辞任)決定!!遂に観念したか?!|キンさん(KINSAN)チャンネル(トレンド多め)

韓国大統領、統一相の辞任を承認 南北関係悪化巡り

ムンジェイン 辞任

しかし、思いもよらないことが起きました。 理由を問わず、国民にあまりにも申し訳ないことでした。 特に傷つけられた若者たちに対して深く謝ります。 家族捜査によって国民の皆さんに本当に申し訳なく思いましたが、長官として数日間だとしても検察改革のために最後の私の任務を全 うしようという覚悟で一日一日を耐えました。 しかし、もう私の役割はここまでだと思います。 この10月8日、長官就任一か月を迎え、11個の「迅速推進、検 察改革課題」を発表しました。 政府レベルの法令制定改正作業も本格化しました。 昨日は検察の改革に向けた高官レベルの与党政府間会議で、文在寅 政府の検察改革計画を再確認しました。 これからは当該省庁が力を合わせて検察改革作業を必ずやり遂げて くれると信じています。 もはや検察改革はとめることのできない、滔々たる歴史的課題とな りました。 どの政権もできなかったことです。 国民の皆さん! これ以上私の家族のことで大統領と政府に負担をかけてはならない と判断しました。 私が長官の席から降りてこそ、検察改革の完遂が可能な時が来たと 思います。 私は検察改革のための「 焚き付け役」 に過ぎません。 焚き付け役の役割はここまでです。 あらゆる抵抗にもかかわらず、検察改革がここまで来たのはすべて 国民のおかげです。 国民は私を降ろして、大統領に力を合わせてくださることを切に願 っています。 検察改革の制度化が軌道に乗ったことは事実ですが、進むべき道は 遠いです。 これからは私より強力な推進力を発揮してくれる後任者にバトンを 渡して仕上げをお願いしたい。 家族全員が満身創痍になって個人的にもことばにできないほどとて もつらかったです。 しかし、検察改革を応援する多くの市民の意思と情のために耐える ことができました。 もうすべてを投げ捨てて、人生で一番辛い時間を過ごして いる家族のそばにいながら慰めてあげようと思います。 私よりもっと 傷ついた家族たちをこれ以上自分勝手に耐えろとは言 えない状況になりました。 特に元々健康がとても悪い妻は一日一日をぎりぎりで支えています。 人生で一番つらくて苦しい時間を過ごしている家族のそばに今一緒 にいてあげられなかったら一生後悔すると思います。 家族が自暴自棄にならないように、ただそばで家族の温もりでこの 苦痛を一緒に耐えるのが自然人としての道理だと思います。 国民の皆さん! 私の使命は終わりました。 私はもう一人の市民に戻ります。 しかし、荒野の中でも検察改革の目標を忘れずに市民の心とともに あります。 これまで足りない長官を補佐し、短期間で成果を出すために最善を 尽くしてきた法務部の幹部職員に深く感謝します。 後任者がいらっしゃる前まで、動揺することなく業務に精進してほ しいです。 最後に、 国民の皆さんが私を踏み台とし、 検察改革の成功のために 知恵と力を集めてくれることを切に願います。 ありがとうございます。 2019. ヂョ・グク.

次の

曹国(チョ・グク)法相解任(辞任)決定!!遂に観念したか?!|キンさん(KINSAN)チャンネル(トレンド多め)

ムンジェイン 辞任

韓国の文在寅大統領。 核をめぐる緊迫した交渉に取り組んできた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は就任以来、自身の歯を犠牲にしてきた。 韓国の大使はBusiness Insider ポーランドに対し、文大統領はその激務からくるストレスによって12本の歯を失ったと語った。 韓国の人々は長時間、懸命に働くことで知られている。 韓国では、文大統領のようなケースはまれではなく、過労死も多い。 韓国の文在寅大統領は北朝鮮との緊張緩和や、核や軍をめぐる一か八かの交渉に取り組んできた。 そして、その激務からくるストレスによって、文大統領は自身の歯を失ったという。 だが、文大統領のようなケースは韓国では珍しくないようだ。 Sun大使は、韓国政府の仕事がいかに激務かを語った。 同大使が海外メディアの取材に応じるのは、12年間で初めてのことだ。 盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の下で海外メディア担当の広報官として働いてきたSun大使は、文大統領のこともよく知っているという。 「わたしたちの任期は1年ちょっと重なっています。 彼が盧大統領の秘書室長になって、その後、わたしが政権を去りました。 青瓦台で働き始めたとき、大統領の秘書は精神的にも肉体的にもきつい仕事だと聞かされていました。 1年半続けばいい方だ、と」 ちなみに、韓国の大統領の任期は5年間だ。 「歯のインプラントは、仕事がいかにきついかを示す1つのサインです」と、Sun大使は言い、「文大統領は盧元大統領の下で働いているときに一度に10本の歯を抜いていて、大統領になってからさらに2本抜いています」と語った。 「わたしは全く歯を失わなかったのですが、同僚からは十分なハードワークをしなかったからだとからかわれました」 韓国人はものすごくよく働くことで知られていて、。 、韓国人の年間平均労働時間は2113時間と、メキシコに次いで世界で2番目に長い。 アメリカは1779時間、日本は1719時間だ。 専門家はハードワークを良しとする文化と、労働者の権利に関する情報不足がその原因だと見ている。 ストレスが歯の健康に与える影響について、Business Insiderが歯科医に尋ねたところ、ストレスが歯を失う直接の原因にはならないものの、影響を及ぼすことはあるとのことだった。 極度のストレスの下では、歯をくいしばったり、必要なケアを怠ったり、歯周病のリスクも高まるという。 これらは全て、歯を失うことにつながる。 平壌を訪問した韓国の文大統領と、出迎えた北朝鮮の金正恩委員長。 「2011年、当時は尊敬される弁護士の1人だった文在寅大統領は、海外メディアの初インタビューとしてロイターの取材を受けました —— わたしは彼の通訳を頼まれたんです」 「記者はノートパソコンの電源を確保しようとコンセントを探していましたがどこにも見つかりませんでした。 部屋には何人かいたのですが、それに気づいたのは文在寅大統領だけでした。 エレガントなスーツに身を包んでいた彼は、さっと四つん這いになってコンセントを探したんです。 そして床に埋もれていたコンセントを見つけると、パソコンをつないで、床についた自分の足をささっと払って椅子に座り、最初の質問をどうぞと言ったんです」.

次の

文在寅

ムンジェイン 辞任

によりますと、韓国のチョ・グク法相が辞任を発表したとのことです。 ムン・ジェイン大統領は自身や家族に様々な疑惑が噴出している状況にあったチョ・グク氏を法相に強行任命しました。 その法相が1ヶ月あまりで辞任する事態となったのですから、政権運営に対する逆風は避けられないと言えるでしょう。 チョ・グク法相は14日午後、声明を発表し、14日付けで法相を辞任すると発表しました。 声明でチョ法相は「これ以上、私の家族のことで大統領や政府に対し迷惑をかけてはならない」としたうえで、力を入れてきた検察改革については、後任に委ねる考えを示しました。 (中略) 側近のチョ法相が1か月余りで辞任することについて、ムン大統領は「国民の間に対立を生み出してしまい、社会は大きな痛みを経験した。 大統領として、非常に申し訳なく思う」と述べ、国民に謝罪しました。 辞任の決定打は「法務部・国政監査」を翌日に控えていたからだろう チョ・グク法相が辞任を決断した要因は中央日報が15日付ので報じている「国政監査」でしょう。 チョ・グク法務部長官が昨日電撃辞任した。 長官に任命されてから35日目のことで、法務部国政監査を翌日に控えた時点だった。 韓国では「国政監査」が国会主導で行われます。 国会の場で偽証をすると罪に問われるため、野党議員が手ぐすねを引いて待ち構えていたことでしょう。 検察が押収した証拠を野党議員に横流しする可能性があり、それをネタに糾弾されると耐え切れないと判断したのでしょう。 だから、厳しい批判を受ける前に辞任を決断したものと考えられます。 就任前の時点で様々な疑惑が噴出していた人物を閣僚に任命した(ムン・ジェイン大統領の)責任は重い 法務部国政監査では「法相であるチョ・グク氏が国会での追求を受ける」ことが予定されていました。 疑惑を抱えた状態で法相に就任すれば、国政監査が行われることは十分に想定できたはずです。 つまり、ムン・ジェイン大統領は「チョ・グク氏が国政監査に(召喚されたとしても)耐えられるはず」との考えがあったから、法相に任命したのでしょう。 しかし、結果はその前にチョ・グク氏が辞任を申し出ることになりました。 「閣僚就任後に発覚したスキャンダル」ではなく、 「閣僚任命前の時点で問題視されていたスキャンダル」が致命傷になったのですから、任命責任が問われることを避けるのは困難です。 したがって、チョ・グク法相が辞任した後の政権支持率や政党支持率が韓国内でどのように変化するかが大きな注目点だと言えるでしょう。 そのため、自陣営が優勢であるとの印象を世間にアピールするために左右の両陣営ともが「動員」をかけて規模を大きく見せようとします。 野党(= ムン・ジェイン政権を批判する保守系)は批判を強めるでしょうし、保守派を支持する側はデモ活動の動員数を前面に打ち出すことで「民意がこちらにある」と示そうとするはずです。 韓国では2020年4月に議会総選挙が行われるため、与野党ともに「チョ・グク法相の辞任」を最大限活用しようとするはずです。 日本に直接的な影響が今年中に出る可能性は低いと考えられますが、来年以降なら、あり得ることです。 したがって、韓国政府の立ち位置が変化する可能性も考慮に入れた上での対応を準備しておくことも現状の方向性を維持することと同様に日本政府にとっては重要と言えるのではないでしょうか。 sqboe.

次の