日商簿記2級 よくわかる。 【簿記検定を初めて受講する人向け】日商簿記1級、2級、3級の違いを徹底比較。

2020最新!日商簿記2級のおすすめテキストベスト3

日商簿記2級 よくわかる

スッキリわかるシリーズの簿記テキストが人気って聞いたけど、効率的な使い方を教えて! スッキリわかるシリーズを使った簿記の勉強方法を知りたいよ。 スッキリわかるシリーズの簿記テキストが気になっているけど、どう使うんだろう? スッキリわかるシリーズをよく知ってから購入したいよ・・・ こんな悩みにお答えします。 簿記のテキストと言ったら、 TACから出版されている人気ナンバーワン「スッキリわかる」シリーズです。 スッキリわかる簿記シリーズの効率的な使い方を知りたい方いるでしょう。 私自身、このスッキリわかるシリーズの簿記2級テキストで一通り勉強しましたが、 まずはこのテキストを選んでいれば インプットは十分と言えます。 これから簿記2級を勉強する予定だけどテキスト選びで迷っている方• スッキリわかるシリーズの中身を少しのぞき見したい方• スッキリわかるシリーズを使って独学しようと考えている方• スッキリわかるシリーズ簿記テキストの使い方を知りたい方 この記事の信頼性 この記事を書いている私は、2018年11月合格率14. 7%の第150回日商簿記2級を受験。 スッキリわかるシリーズのテキストとを使った勉強法で 96点(仕訳1問間違い)一発合格しました。 今の簿記2級は、昔の簿記2級とは試験範囲も難易度もまるっきし違います。 改定後の150回簿記検定の合格者なので割と情報の信頼性はあるかなと。 簿記2級取得後は、現在は経理事務の仕事に再就職して働いています。 この簿記2級「スッキリわかるシリーズ」は次のような内容になっています。 簿記の学習方法と合格までのプロセスの解説 「簿記の学習方法と合格までのプロセスの解説」ページには、このテキストを使っての勉強方法が書かれています。 スッキリわかるシリーズに記載されているこのテキストの使い方(勉強方法)は、• テキストを読む• テキストを読んだら問題を解く• もう一度、すべての問題&チェックテストを解き、動画を見る• 過去問題集を解く なのですが、書いてある勉強方法通りでなくても全然問題ありません。 実際私は、全く違う使い方(勉強方法)だったので、ここはサラリと参考程度に見る感じでいいと思います。 日商簿記2級の出題傾向と対策 簿記2級の試験の基礎知識がかいてありますが、もう知ってる方は飛ばしてOKです。 スッキリわかるシリーズの目次の使い方 もちろんはじめは全く太刀打ちできないし、挫折しそうになったけど・・・。 それでも解説を読みながら、問題にぶつかるごと攻略していった感じだよ。 基礎問題も大切ですが、丁寧に時間をかけてやりすぎて試験レベルの問題をやりこむ時間が足りないなんてことが無いように気をつけましょう。 私自身、この戦略のおかげで早めに解く力がついて心の余裕も持てたと感じます。 別冊付録「みんなのギモン&ポイント5」の使い方 一番後ろには、別冊付録「みんなのギモン&ポイント5」と問題の解答用紙がついています。 簿記の勉強をしている方が感じる疑問に応えるQ&Aで、 端数利息の処理方法や返品、割戻し、割引の処理などのちょっとわかりにくい点の解説が載っています。 つまづきやすい部分なので、ここはチェックしておきましょう。 スッキリわかる講義DVD 簿記おすすめ講座ランキング 「オリコン顧客満足度ランキング」参考 【2020.

次の

簿記1級にどうしても独学で合格したい場合の勉強方法とおすすめテキスト

日商簿記2級 よくわかる

簿記1級試験の特徴は「 ボリューミーで難しくて大変」。 商業簿記• 会計学• 工業簿記• 原価計算 の 4科目です。 (「」より) 試験時間は、• 商業簿記と会計学:90分• 工業簿記と原価計算:90分 それぞれ90分ずつの計180分となっています。 ただし、 科目ごとの得点が40%以上必要です。 4科目の合計で70点以上• 4科目それぞれで10点以上 得点しなくてはいけないということです。 結局、もう簿記1級もってるのに、資格スクールの簿記講座に通いなおすハメになりました…。 「とりあえず資格が欲しい」という方は、独学もアリだと思います。 でも、経理の実務者を目指す人は、ぜひ、はじめから予備校を利用して「深い理解」をしておいてください。 実務では、必ず差がつきます。 勉強時間については、 予備校利用で600時間程度、 独学で800-1,000時間程度と言われています(もちろん個人差はあります。 特に独学は個人差が大きいです。 プロ講師の授業の有無は、こんなにも勉強の効率を左右するということですね。 独学のメリット・デメリットまとめ 結論からいうと、 独学はかなり大変です。 このあと、 独学に適したテキストや勉強法についてはみっちり解説しますが…正直、個人的には資格スクールの利用をおすすめしたいというのが本音です。 簿記1級は価値の高い資格ですから、スクール費用くらいは軽く回収可能だと思います。 彼らの作る参考書は、あくまで 「資格スクールの授業で使うため」の参考書。 出版されている各シリーズも、その焼き直しにすぎません。 もちろん経験豊富なプロの講師の知恵が詰まった良い参考書ではあるのですが、 必ずしも独学に最適とは言えません。 講師による補足説明がないと• 内容理解のポイントはどこか• 暗記してしまったほうがいいのはどこか• 試験上重要なのはどこか• 試験を考えると飛ばしてもかまわないのはどこか といったことがわかりにくいからです。 一方、ネットスクールの会社情報には 簿記検定をメインとした書籍、教材の作成とサポートを通して学習者を支援しています。 また、現在インターネットを使用したWEB上での生講義を行っており、『とおる』シリーズや『サクッと』シリーズ・その他刊行書籍の著者等が講義を行っております。 (ネットスクールホームページより一部抜粋) と記載されています。 講座ではなく、書籍の刊行がメインであることがうかがえる文章ですね。 実際に、ネットスクールのとおる簿記シリーズは、 講義無しでも十分に理解がすすむように作られています。 例えば連結会計やヘッジ会計。 取引のイメージがつかみにくく処理も複雑でわかりにくいので、つまづきやすいです。 得点が伸び悩み、嫌いになってしまう人も少なくありません。 しかし、だからといって、それらの論点を捨ててしまうわけにはいきません。 腹をくくってその論点にどっぷりはまり、十分に理解して、得意論点に仕上げてしまうのがよいでしょう。 具体的には• 専門書を読む• 会計基準を読む といったやり方があります。 専門書は、本屋さんにたくさん並んでいます。 例えば「図解でざっくり会計シリーズ」。 ただし、それは 決して楽な道ではありません。 時間を効率的に使いたい人• 自分でペースメイクするのが苦手な人• 簿記を経理の実務で使いたい人 こういった人は、予備校(・)を利用して簿記1級を取得した方が良いでしょう。 ちなみに、独学で挑戦する場合でも、資料請求してパンフレットを見ておくのはオススメです。 カリキュラムをマネできるからです。 独学の場合は• 良いテキストをそろえる• 問題演習を重視した勉強をする• 捨て科目・捨て論点を作らず、難関論点の理解にきちんと時間をかける あたりが重要になってきます。 おすすめテキストは以下の通りです。 の参考書•

次の

【おすすめ勉強法】【簿記初級講義#01】簿記の基礎①【最速簿記】

日商簿記2級 よくわかる

赤ちゃんいるとか、わりと大変そーな気がしますが。 日に3時間を毎日は欲しいところです。 3級の見直しが要らないなら 必要あれば戻るべきですが 、3か月ほどあればいけるでしょう。 ……つーか、日商簿記2級は11月飛ばすと2月ですけどね。 工業簿記が、人によっては、よー分からんとなりがちだと思います。 超入門的なゆるーいの前もって商業の片手間に読むか、子供向けの社会科の番組で工場系の回があれば見ておくといいでしょう。 工場の社会見学系の番組。 だいたい、スッキリわかるかサクッとうかるでエエんじゃないか?と思いますが合格トレーニングで受かられてるなら、続けて使ってもいいでしょう。 まぁ、本屋で立読みするのがいいでしょう。 3ヶ月間しっかり頑張れば合格できる可能性はあります。 〔参考書について〕 オススメの参考書はTACから出ているよくわかる簿記シリーズです。 (質問者様が3級の学習時に使っていたものです。 ) 『合格テキスト』 『合格トレーニング』 『合格するための過去問題集』 というものが出ています。 〔学習方法について〕 3級と同様、問題演習が重要ですね。 もちろん間違った問題や理解が不十分な箇所をテキストの解説などで随時確認していくことも大切です。 まずはテキストとトレーニングを並行して進めます。 その際、後で確認がしやすいように問題集の間違った問題には印をつけておくことのがいいでしょう。 その後に過去問でより本試験に近い形で問題を解いていけばいいと思います。

次の