地震 体感 twitter しろくま。 NHKスペシャル 体感 首都直下地震 DAY4 危機を生きぬくために Twitter まとめ その2

根室半島南東沖の地震情報・震源地・震度4が話題

地震 体感 twitter しろくま

先日、おもしろいことがありました。 (また、あっちの世界の人のお話なので、まゆつばでね~) その日は3人の方がうちにいらっしゃいました。 めずらしい組み合わせです。 私の友人(A)と、相方さんのお父さん(B)と、今年亡くなったばかりの知り合い(C)。 フルメンバーと書くときには私の父親が入り、あと数人いらっしゃるのですが、このときは3人で、それぞれは生前に関係はなかった人たちです。 この方は私よりも20歳くらい年齢が上なのですが、地域でバリバリ活躍されて輝いていた人で、ボランティアの関係で知り合った方です。 年齢差も育ちもぜんぜん違う私をかわいがってくださっていた方。 先頭にたって頑張っていた方なので、きっと同じような経験をされていたのでしょう。 そういうことで集まったメンバーだったのか。 おそらく、このブログを読んでくださっているみなさんのところにも、ねぎらったりなぐさめたりしに行っている方々がいると思うんです。 あちらの世界の人にしてみれば、うまく動けなかったり違う方向に進んでいくのをもどかしく見守っているのでしょうね。 私も含め、残念ながらそういった思いに気づくことができない場合のほうが多いと思いますけど・・・。 緊急事態だけでなくてね、こういうお知らせもあるんだなぁ、と思った出来事でした。 それから面白いと思ったのは、あちらの世界の仕組みです。 家の入り方や、『パチン』と音をさせることなど・・・あちらの世界にもいろいろ「作法」があるらしく、それを伝えてくれたりしているらしい。 そうそう、「音を出す」のには練習もしている。。。 また、グループというか魂の仲間というか、そういうまとまりがあるのかもしれないなぁということ。 例えば、私の家には「入れない」人もいると感じるなかで、(C)さんのように親族でないのに亡くなってすぐに入ってこられる方というのは、 同じ仲間=縁が深い方だったのかな、ということです。 不思議なことに、現実で、私と相方さんは共通の知り合いが何人かいるのですが、その方々はみんなそれぞれ全く違う場面で、違う内容で知り合った方で、話してみたら同一人物だったっていう・・・。 (C)さんもそのひとり。 こういう方々は同じグループなのかなぁ。 なんて思いました。 類は友を呼ぶ、です。 それと、力を出せる方・・・相方さんのお父さん(B)もいらっしゃる。 お父さんは「落としてサイン」をしてくださる方です。 力持ちなの。 相方さんが若いころに亡くなっているので、ずっとそばにいるようですが、血がつながっていない私の声もよく聞こえるし、アシストしていただいているのを感じます。 お父さん(B)は同じグループでありながら、ちょっと違う立場なのかな。 なんて感じます。 私と相方さんの共通の指南役というか・・・ 何か、私と相方さんにやらせたいことがあるような? わからない。 流れに任せています。 まぁ、だれでも一人じゃないんだよっていう・・・お話でした。 震災の後、私の家にも訪問者がありました。 夜中にドアをノックされ、その時は家の者だとばかり思っていたのに、翌日聞いたら誰もノックなどしていないと。 後で近くの友人がそういう形でご挨拶に来てくれていたのだと気付きました。 たとえ私達の目には見えなくても、存在を感じる事は出来るようです。 今朝方の地震、宮城の震度5、29日のツイートそのものですね。 福島から茨城まで広範囲の揺れでした。 わおんさんの体感報告、ますます磨きがかかっているようです。 わおん:しろくまさん、ありがとう。 私たちは知らず知らずに、訪問者とも、現実の出会いとも、こういうネット上でも、影響し合っているんですよね。 見えないけど。 投稿: しろくま 2012年8月30日 木 05時35分.

次の

Twitterで しろくま とゆう人が地震予測をしていますが信憑性は有...

地震 体感 twitter しろくま

「驚異のMEGA地震予測、新たなる「警戒地域」またも予知が的中」 村井俊治氏・東大名誉教授 管理者の気になる地震予知の情報を最下段にお伝えします。 今回の熊本地震も予知をされた実績がありますので九州北部の 住人の方々は自己責任と自己判断で安全地帯に避難をして下さい。 管理者の帯状地震雲の多くが北部九州地域を指し示しており非常 に危険な状況と云わざるを得ませんし又、トカラ列島から地下の マグマが北上をしており阿蘇山の巨大噴火も今後は危惧されます。 食料、水、などの備蓄を御願いします。 blogspot. 1月4日号では「熊本・鹿児島で顕著な沈下現象」という見出しで警告を発していたのである。 「MEGA地震予測」を 実施する測量学の世界的権威、村井俊治氏・東大名誉教授は前回の記事で「九州南部」を警戒ゾーンとした上でこれまで九州は基本的に沈降し ない傾向にあったのですが、熊本と鹿児島全域に顕著な沈降が見られるようになった。 と言及していた。 「小笠原沖の異変が首都圏に影響」熊本での大地震を受け今後の警戒ゾーンjはどうなるのか。 最新のGPS データとともに見ていく。 村井氏は最警戒ゾーンとして「首都圏・東海警戒ゾーンと「南海・東南海警戒ゾーン」を上げた。 「小笠原諸島が沈降を続けている一方で、関東の内陸部は隆起傾向にある、また沈降を続けている駿河湾沿いも最近になって一転して隆起が始まって いる。 関東の地盤の歪みは各所で大きくなっているので注意が必要でしょう。 「私は地震学者では ないので活断層の事は論じられませんが、電子基準点の水平方向の動きを見た際、四国の瀬戸内海側が南東方向に動いているのに対し、室戸岬や 足摺岬など四国南端は逆の北西方向に動いている。 隆起、沈降でも四国南端は沈降が大きく、周辺と違う動きを見せている。 また日向灘対岸でも これまでの沈降傾向が隆起傾向に変わってきた。 ゾーン全域で警戒が必要です。 他の地域はどうか。 「沈降・隆起と水平方向の動きのどちらで見ても釧路。 えりもが周辺地域と逆の動きをしているため注意すべきです。 「かねてより奥羽山脈 を境に隆起・沈降の差が大きかった地域。 特に最近は太平洋側で隆起のスピードが急変する地点が増えている。 図に示したように「R大町3」 長野県や「山中」石川県など多くの異常変動が起き続けている。 「沖縄本島、石垣島で大きな 沈降傾向が見られます。 トカラ列島で中小地震が頻発していることもあり、警戒を高めるべきです。 村井氏が予測を続ける最大の理由は国民に常に注意喚起を促すことにある。 熊本の大地震後、気象庁は「今後の展開は予測できないと」匙を投げた。 地震の恐怖と隣合わせに生きる日本人にとって、完璧でないことを素直に 認めつっも、確度の高い実績を示してきた「MEGA地震予測」は貴重な情報と言えるだろう。 週刊ポスト5月13日号 短信・・管理者の気になる地震予知の情報を下記にお伝え致します。 eshizuoka. geocities. teacup.  投稿者: 龍 投稿日:2016年 4月26日 火 06時58分35秒 返信 本日 4月26日 の午前中にて、太平洋プレート関係の地震前兆が出ました。 震源地は南米のチリ他と思われ、マグニチュードについては6. 5~7. 0を推測しております。 blogspot. html2016年4月24日日曜日 「地軸のぶれに異変 」 地球の自転軸である地軸にはぶれがあり、地軸が地表と交わる北極点や 南極点は少しずつ移動しているのですが、2000年以降、この移動方向や移動速度に変化が現れているとのことです。 「2000年以降の北極の移動は 『劇的な変化を遂げた』」、「カナダ方向から経度にしておよそ75度東に向きを変え、子午線が通る英国グリニッジ方面に向かっている」:? 北極点がヨーロッパ方向へ急移動と研究発表? Earth Is Tipping Because of Climate Change (気候変動のせいで 地球が傾きつつある)? The North Pole is on its way to London and NASA scientists think they have worked out the reason why (北極点がロンドンに向かって移動中、NASAの科学者が原因を解析) 地軸と地表の交点である北極点・南極点と、地磁気の北極・南極 (北磁極・南磁極)は一致せず、その移動経路も異なっています。 鈴落下装置、すぐ復帰するも2回落下。 twitter. ykstg1126k ・ 10時間10時間前 鼻血がとまらん。 ミシェル? ykstg1126k ・ 4月24日 発震体感反応ありました ミシェル? ykstg1126k ・ 4月24日 九州南部~沖縄方面吹き付けるような強い耳鳴りあります。 依然体感は強いです。 漁師 三浦半島? jma. nhk. blog. fc2. html<転載開始>? 彼はまた巨大なメガ地震が米国北西太平洋地域を次の週に襲う可能性があると警告を発している。 2016. 22 Friday 19:50首都圏 警戒情報 注意喚起に掲載しておりましたが、東京都西部を中心とした首都圏周辺において、やや規模の 大きな地震発生の可能性が更に高まったと判断したため、注意喚起から警戒情報にレベルを引き上げました。 東京西部周辺での電磁波データ等からは最大でM5後半程度が想定されます。 熊本地震発生直後ですので「地震」に対して少々過敏になっている状況ではありますが、電磁波データ からは実害を伴うM7前後の地震発生までは、想定しづらいということは言えます。 今後、下図赤枠内ではターゲット発震に3週間程度はご注意ください。 警戒区域:下図赤枠内 想定規模:M5. 5 警戒期間:5月14日まで BOPPO Boppo2011. gurungurun31 ここでの関東は「内陸直下型」です 少なくとも、該当は 85年前が至近 1931. 21埼玉北部M6. 9震度5 西埼玉地震 1924. 15神奈川西部M7. 3震度6 関東地震の余震 1923. 1神奈川西部M7. 9震度7推定 大正関東地震 6:35 — 2016年4月24日 BOPPO Boppo2011 今回の熊本地震について、10年前にM7超えの可能性が指摘されていた 「空白域」を忘れていたのは、某T大R氏を肇とする地震学者、気象庁… その意味では「関東」も空白域 いつM7超があっても不思議では無い事を 肝に銘じて準備をしましょう twitter. system-canvas. wpp? yahoo. 4 7 2016年4月16日 1時40分 熊本県熊本地方 7. 3 7 前回のトカラ列島連発2016年4月8日 0時10分 トカラ列島近海 3. 2 2 2016年4月7日 23時45分 トカラ列島近海 2. 9 2 2016年4月7日 19時25分 トカラ列島近海 2. 5 1 今回のトカラ列島連発2016年4月25日 13時30分 トカラ列島近海 3. 3 2 2016年4月25日 11時11分 トカラ列島近海 2. 3 1 2016年4月25日 11時06分 トカラ列島近海 2. 7 2 2016年4月24日 22時59分 トカラ列島近海 2. 5 1 2016年4月24日 22時52分 トカラ列島近海 2. 1 1 2016年4月24日 22時46分 トカラ列島近海 2. 5 1 2016年4月24日 22時37分 トカラ列島近海 2. 9 1 2016年4月24日 22時32分 トカラ列島近海 4. htmlトカラ NEW! 2016-04-25 20:08:47 私の体感は今朝おきたトカラの震度よん4の地震に対応したみたいです。 ですがまだ体感が東北方面~あります。 最大震度は4~5だと思います。 歴史上の巨大地震と満月・新月の関係性 後ろの「満月」か「新月」が赤で表示されているものは、地震発生日と 満月か新月のどちらかがシンクロしているものです。 次に、21世紀になってから発生したマグニチュード8以上の地震です。 マグニチュード8以上となりますと、あまり起こっていないと思っていましたが、 2001年から 2015年に間に 20の地震が起きていました。 すべて、環太平洋火山帯において発生したものです。 blog. so-net. この画像とよく似たものが今年3回ほどありましたが、 2回は海外M7クラス・1回は国内M6クラス、震度5弱となっています。 以前よりこの画像に出る様々なシグナルは5日以内 延びて1週間 の 強震に注意としております。 24日8時18分の茨城沖と熊本阿蘇の同時刻の地震に加え 27日23時30分に千葉東方沖と大分西部の同時刻の地震。。。 直近のものは全て海外でのM7~クラスとなっていますが 〇国内 M5.3~M6.5の地震が発生する可能性があります。 画像と計器、地震の状況から。。。 小さな赤の強い反応が長時間出ています。 最大クラスの赤の反応が出現すると 何処かで大きな地震が発生しました。 今後の大きくなるか収束するか数週間観測します。 地震 地震予知pic. twitter.

次の

NHKスペシャル 体感 首都直下地震 DAY4 危機を生きぬくために Twitter まとめ その2

地震 体感 twitter しろくま

先日、おもしろいことがありました。 (また、あっちの世界の人のお話なので、まゆつばでね~) その日は3人の方がうちにいらっしゃいました。 めずらしい組み合わせです。 私の友人(A)と、相方さんのお父さん(B)と、今年亡くなったばかりの知り合い(C)。 フルメンバーと書くときには私の父親が入り、あと数人いらっしゃるのですが、このときは3人で、それぞれは生前に関係はなかった人たちです。 この方は私よりも20歳くらい年齢が上なのですが、地域でバリバリ活躍されて輝いていた人で、ボランティアの関係で知り合った方です。 年齢差も育ちもぜんぜん違う私をかわいがってくださっていた方。 先頭にたって頑張っていた方なので、きっと同じような経験をされていたのでしょう。 そういうことで集まったメンバーだったのか。 おそらく、このブログを読んでくださっているみなさんのところにも、ねぎらったりなぐさめたりしに行っている方々がいると思うんです。 あちらの世界の人にしてみれば、うまく動けなかったり違う方向に進んでいくのをもどかしく見守っているのでしょうね。 私も含め、残念ながらそういった思いに気づくことができない場合のほうが多いと思いますけど・・・。 緊急事態だけでなくてね、こういうお知らせもあるんだなぁ、と思った出来事でした。 それから面白いと思ったのは、あちらの世界の仕組みです。 家の入り方や、『パチン』と音をさせることなど・・・あちらの世界にもいろいろ「作法」があるらしく、それを伝えてくれたりしているらしい。 そうそう、「音を出す」のには練習もしている。。。 また、グループというか魂の仲間というか、そういうまとまりがあるのかもしれないなぁということ。 例えば、私の家には「入れない」人もいると感じるなかで、(C)さんのように親族でないのに亡くなってすぐに入ってこられる方というのは、 同じ仲間=縁が深い方だったのかな、ということです。 不思議なことに、現実で、私と相方さんは共通の知り合いが何人かいるのですが、その方々はみんなそれぞれ全く違う場面で、違う内容で知り合った方で、話してみたら同一人物だったっていう・・・。 (C)さんもそのひとり。 こういう方々は同じグループなのかなぁ。 なんて思いました。 類は友を呼ぶ、です。 それと、力を出せる方・・・相方さんのお父さん(B)もいらっしゃる。 お父さんは「落としてサイン」をしてくださる方です。 力持ちなの。 相方さんが若いころに亡くなっているので、ずっとそばにいるようですが、血がつながっていない私の声もよく聞こえるし、アシストしていただいているのを感じます。 お父さん(B)は同じグループでありながら、ちょっと違う立場なのかな。 なんて感じます。 私と相方さんの共通の指南役というか・・・ 何か、私と相方さんにやらせたいことがあるような? わからない。 流れに任せています。 まぁ、だれでも一人じゃないんだよっていう・・・お話でした。 震災の後、私の家にも訪問者がありました。 夜中にドアをノックされ、その時は家の者だとばかり思っていたのに、翌日聞いたら誰もノックなどしていないと。 後で近くの友人がそういう形でご挨拶に来てくれていたのだと気付きました。 たとえ私達の目には見えなくても、存在を感じる事は出来るようです。 今朝方の地震、宮城の震度5、29日のツイートそのものですね。 福島から茨城まで広範囲の揺れでした。 わおんさんの体感報告、ますます磨きがかかっているようです。 わおん:しろくまさん、ありがとう。 私たちは知らず知らずに、訪問者とも、現実の出会いとも、こういうネット上でも、影響し合っているんですよね。 見えないけど。 投稿: しろくま 2012年8月30日 木 05時35分.

次の