泣ける映画 アニメ。 【泣ける映画】邦画編人気ランキング22選!泣きたい時におすすめ!

泣けるアニメのおすすめランキング20選!感動をあなたへ!【2019版】

泣ける映画 アニメ

疲れたから感動したい• 思いっきり泣いてみたい• 今まで見たことのない作品に出会いたい 素敵な作品に出会ってもらえると幸いです。 動画配信サービスで鑑賞可能な作品はリンクを掲載しています。 無料体験期間もあるので「すぐに観たい」と思ったらぜひ利用してみてください。 アニメ鑑賞におすすめの動画配信サービス ・作品数日本屈指の充実度&雑誌も読める ・動画以外のサービス充実&オリジナルコンテンツ豊富 ・豊富な作品数とオリジナルドラマが魅力 どれも無料体験期間があります。 これから紹介する作品で気になるものがあったらまずは無料体験を利用してみてください。 20位 SHIROBAKO 視聴可能サービス: あらすじ 高校のアニメーション同好会に所属していた5人の少女は自主制作でアニメーションを作り上げる。 それから数年がたち、宮森あおいはアニメーション会社に就職し制作進行を務めていた。 アニメーション制作現場のリアルを描いた異色の作品。 テーマが労働なので、多忙な社会人には少しキツイ作品かもしれません。 物語はテンポよくコミカルにアニメ制作の現場を丁寧に描いています。 今まで知らなかったことをアニメ界の裏側を知識が深まります。 この作品は労働を通し現実の私たちが忘れがちな「夢」や「希望」を描いています。 そんな普遍的なテーマを描いているおかげか主人公たちの前に進む力強い姿に自然と涙がこぼれてしまいました。 キャラクターを応援したくなるんですよね。 忘れてしまった大切なものを思い出させてくれる作品です。 働くこと、前に進むことの重要性を再認識させてくれます。 視聴可能サービス: あらすじ その昔人間は海に住んでいた。 しかし、陸に憧れた人間が陸へと上がった。 人間は海と陸に分かれて暮らし始めるが、それでも交流は続いていた。 海と陸に分かれた人間の交流を描きそれぞれの考えや思いがぶつかり合う様子を描いています。 丁寧な作画とこだわった風景描写が物語の幻想さを高め独創的な設定を際立たせています。 海中はとても神秘的に描かれていて、ここに住んでみたいと思うほどでした。 物語自体はシリアスさは強くなくふんわりとした温かい空気に包まれています。 しかし、そんな優しい雰囲気の中で青春の葛藤を克明に描かいており人間ドラマの見応えも抜群です。 心理描写と世界観のコントラストが凄いんです。 彼らの思いが美しい風景とともに語られるので自然と涙を誘ってきます。 独特な世界観を舞台にしていますが描かれているのは等身大の思春期男女なので誰もが共感できる物語になっています。 住む場所は違えど同じ人間。 そんな彼らの思いが愛おしくて切ないのです。 視聴可能サービス: あらすじ 響裕太は目覚めると記憶を失っていた。 宝多六花の店にあるジャンクPCから「使命がある」と告げられ、彼はグリッドマンへ変身し怪獣と戦うことになる。 円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』のリメイク作ですが物語はアニメオリジナルです。 脚本が非常に面白く、単純なヒーローVS怪獣の構造にはなっていません。 謎が絡み合い先が全くの読めないサスペンス要素もあり一話見るときっと一気見してしまうことでしょう。 キャラクターも魅力的です。 等身大の高校生を描いているので彼らの考え、感情には非常に共鳴させられてしまいました。 ただのヒーローものではなく、青春の心情を細かに描いている傑作です。 彼らの思いが自然と視聴者の涙を誘うんですよね…。 王道なヒーロー物の演出を盛り込みつつも、巧みな脚本で魅せる必見の作品です。 視聴可能サービス: あらすじ 音無は命を絶ち死後の世界へと旅立つ。 しかしそこは学園だった。 そこでは神に叛逆する少女ゆりが率いる死んだ世界戦線が活動し、神の使い天使と争いを繰り広げていた。 生と死を扱った作品ですが、重苦しさはなく明るい作風が特徴です。 死後の学園生活に満足すると成仏してしまう。 そこで成仏を拒み徹底抗戦する人々を描いています。 数々のキャラクターが抱える後悔などを通し、死と言う誰もがいつかは経験する概念を再考させられる作品です。 後悔だけは残さないように生きようと思わせてくれる強いメッセージを放っています。 この作品を見ると生きることの大切さを改めて知ることが出来るでしょう。 そんな力強さがある作品です。 視聴可能サービス: あらすじ アンディは大学進学を控えていた。 彼は寮に引っ越すためお気に入りのウッディだけを持っていき、あとは屋根裏部屋にしまい込んだ。 しかし、屋根裏のおもちゃが手違いでゴミに出されてしまいアンディに捨てられたと思い込んでしまう。 大人になったアンディがおもちゃとどう向き合うのか。 現実世界を生きる私たちにも突き付けられているテーマを描いています。 おもちゃは大人になると捨ててしまう人も多いでしょう。 でも、それでいいのでしょうか。 おもちゃには思い出が詰まっていて自分が今まで生きてきた証とも言えます。 そんなおもちゃをどうすればいいのか…。 子どもから大人への心境変化なども見事に描いており この作品で思い出の大切さを改めて認識させられました。 アンディの出した答えにきっと胸を打たれるでしょう。 視聴可能サービス: あらすじ 太平洋戦争の最中、すずは呉に嫁ぐことになる。 戦争で配給が滞るも彼女たちは懸命に生き抜いていく。 戦争を扱った作品は陰鬱で悲哀を描いた作品と思う人も多いでしょう。 この作品は戦争映画への見方を大きく変えます。 広島の呉に嫁いだすずが新たな土地と家族とともに戦争を生き抜いていきます。 物資配給が滞り始める中、知恵と工夫で懸命に暮らしていく様を描いているのです。 所々で戦争の悲惨さを訴える展開も盛り込まれますが、この作品の主題は「生き抜こうとする人々の強さ」なのです。 必死に生き抜こうとするすずたちの姿にいつの間にか胸が暖かくなり涙がこぼれてしまいました。 これを見た後は「前に進んでやろう」と強い決心をさせてくれます。 戦争映画の見方を変化させるまさに傑作です。 視聴可能サービス: あらすじ ある日転校生イチカがやってきた。 霧島海人は彼女に何かを感じるも行動できずにいた。 だが友人の哲郎の働きもあり、彼女を巻き込んだ自主制作映画作りが始まる。 SF(すこし不思議)な青春物語。 突然現れたイチカに海人たちの関係が揺り動かされる。 人との繋がり、交流を描き高校生の繊細な心の機微を丁寧に描くことでキャラへ猛烈に感情移入させられてしまいます。 青春の恋愛、時には三角的な関係性も覗かせる深い恋愛描写が魅力です。 深いといってもドロドロとした描写はなく、さわやかに描かれているので昼ドラのような愛憎劇まで深まることはないため安心して鑑賞できる点もおすすめ理由です。 キャラクターが魅力ありすぎて物語が展開していくと「ああ、こうなってしまうんだ…ちょっとはかない」と感じさせられるほどキャラを愛してしまうんです。 それほど愛おしいキャラで溢れています。 最期にはきっと涙する。 素敵でさわやかな作品です。 視聴可能サービス: あらすじ 成瀬順は両親の離婚で喋ることをしなくなった。 それなのに地域のふれあい交流会実行委員に選ばれてしまう。 実行委員メンバーの拓実らと交流で彼女は徐々に変化していく。 自分のおしゃべりがきっかけで両親が離婚してしまい全く喋らなくなった少女・順を主役に言葉の重要性を説いた作品です。 高校生になり地域のふれあい交流会実行委員に選ばれてしまった順がこの活動で人々と交流していき、やがて恋心まで抱くようになります。 始めは無機質で感情を感じなかった順が徐々に喜怒哀楽を表現していく姿が愛おしい。 心のそこから彼女たちを応援したくなるんですよね。 友達を得て人と関わることの大切さを改めて理解し、言葉がもつ力と改めて対峙。 言葉 とは何なのか。 たった一言が全てを変えることもある。 ただの会話が人を傷つけ幸せにすることだってある。 そんな言葉の力を徹底的に描いた文学性を持つ作品です。 見た後は人との接し方、言葉の力を深く考えてしまいました。 必見の作品です。 10位 帰ってきたドラえもん あらすじ ドラえもんが突如未来に帰ってしまうことになった。 のび太は一人でドラえもんが安心して未来に帰られるように一人で生き抜く決意をする。 ドラえもん屈指の感動エピソードです。 ドラえもんが突如未来に帰らなければならなくなり、のび太は必至に食い止めようとします。 しかし、のび太の思いは通用せず未来に帰る日が近づいていくのです。 ドラえもんとのび太の友情は今まで何度も描かれてきましたが、この作品は関係性を簡潔かつ濃密に描いています。 今までドラえもんに頼ってきたのび太の思い、そしてドラえもんを安心させようと努力しあのジャイアンに立ち向かっていく姿…。 ドラえもんに対するのび太の強い感情を感じさせ、彼らの信頼関係に涙してしまいました。 そして、のび太の両親たちの思いも感動を増大させています。 何気ない一言や動きに両親の考えがしっかりと盛り込まれており、ドラえもんは家族だと伝えてくるのです。 演出が事細か。 情景に感情を語らせる繊細さもあり涙無くしては見られない作品です。 幼いころからドラえもんを見ていた人なら絶対に泣いてしまうでしょう。 視聴可能サービス: あらすじ 死んだ兄が開発したケアロボット「ベイマックス」は兄の死以降ふさぎ込んでいたヒロの心を癒そうと試みる。 ロボットと少年の絆を描いた作品。 なのですが、実際の物語は悪と戦うヒーローものだったりするのです。 ヒーロー物ですが作劇の中には絆、友情が盛り込まれており人を信じること団結することの大切さを説いています。 そんな普遍的な物語をディズニーは巧みな演出で涙を誘う物にしているんですよ。 最後の最後にきっちりと泣かしにかかってくるのに、全く嫌味がない。 「さぁ泣け」と押し付ける感じがなく自然と涙を誘発してきます。 ディズニーの底力を見せつけられる作品です。 ヒーロー物から一変し感動作になるとは誰が予想できたでしょうか。 キャラクターも非常に魅力的で愛おしい。 キャラクターを実写のように生き生きと描けるのはさすがのディズニーと感服してしまいます。 楽しくて泣ける。 娯楽を突き詰めた隙の無い作品です。 8位 最終兵器彼女 視聴可能サービス: あらすじ 北海道の高校生シュウジとチセは交際を始める。 ある日街が謎の敵に襲撃される。 戦火の中でシュウジは兵器と化し羽をはやして空を駆けるチセを目撃する。 セカイ系は今では死語同然なのでしょうが、それを語る上では欠かせない作品です。 兵器として戦うことを余儀なくされたチセと普通の人間シュウジの恋を描いています。 片や兵器、片や人間。 見守ることしかできないシュウジの虚無感と焦燥感を徹底的に描いており胸が押しつぶしてしまうかのような思いになりました。 両者の対比が非常に上手く、やるせなさが襲ってきます。 それでも彼女への愛を曲げないシュウジとチセの関係があまりにも哀しい。 観終わると心に穴が開いたかのような虚しい涙に苛まれることでしょう。 苦しい思いで一杯になる作品です。 7位 若おかみは小学生 あらすじ 小学生おっこの両親が事故死してしまい祖母が営む旅館へ住むことになる。 おっこはそこで若おかみとして修行を始めることになる。 同一原作がテレビアニメシリーズで放映されていましたが、映画版は原作を一から映画化しているので予備知識は不要です。 一見すると子ども向け作品に思うでしょう。 ですがこの作品の根底には「命」、「贖罪」という非常に重いテーマがあるのです。 冒頭での交通事故シーンは子ども向けとは思えないほどリアルに描かれており、恐怖心を抱くほど。 事故の経験がある人はトラウマが蘇るほどかもしれません。 命を扱った作品だからこそ死の描写からも逃げない。 その真摯な姿勢がラストの衝撃度合いを高めています。 どれほど辛く変えることのできない現実が訪れても前に進もうとする勇気。 そんなおっこの姿に叱咤激励されることでしょう。 アニメーションの枠に留まらない完成度の高い作品です。 視聴可能サービス: あらすじ まどかはある日夢で怪物と戦う少女ほむらに出会い、謎の生物キュゥべえから「僕と契約して魔法少女になってよ」と告げられる。 ほむらがまどかの学校に転校してきて「魔法少女になるな」と警告する。 魔法少女。 これを聞くと煌びやかな作風を連想するかもしれません。 しかし、これは魔法少女を破壊するアニメです。 世間一般の思う華やかさは一切存在せず、ひたすらに陰鬱な物語が繰り広げられます。 キャラクターは可愛いのに、物語はハードで闇を纏っているという矛盾が好奇心を駆り立たせてきます。 ダークながらも終盤の驚愕な展開に見入り予想のできない結末に泣かされてしまいました。 練り込まれた脚本が非常に面白く、鑑賞してほしい作品の筆頭です。 5位 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 視聴可能サービス: あらすじ 仲の良かった6人の少年少女は「超平和バスターズ」を結成して遊んでいた。 仲間の少女の死をきっかけに、彼らは中学卒業以降疎遠になってしまう。 引きこもり生活を送っていた仁太の前に死んだはずの芽衣子(めんま)が現れる。 多くの人は小学生の頃に何かしらの後悔やトラウマを残しているのではないでしょうか。 この作品はそんな過去と向き合う物語です。 キャラクター一人一人が何かしらの問題を抱えており、(仁太にしか見えない)めんまが現れたことがっかけとなり彼らが内包する問題と向き合い成長して様子を描いています。 なぜあの時ああしなかったんだろう、こうすればよかった…、そんな後悔を描いており胸を深くえぐる場面もあるほどです。 過去と向き合い成長し前へと進んでいく姿を描きますが、時には立ち止まり苦悩してしまう…。 そんな等身大の高校生たちを描いており、十代を経験した人なら誰もが共感してしまうはずです。 リアルなキャラクター造型、音楽の使い方もうまく自然と涙腺を刺激する作品になっています。 青春物の傑作と呼んで過言ではないでしょう。 是非見てください。 4位 君の名は。 視聴可能サービス: あらすじ 立花瀧は夢の中で田舎の少女宮水三葉と入れ替わっていた。 二人はそれを秘密にしようと努力するが周囲には変化がばれてしまう。 ある日、入れ替わりが途切れてしまい、瀧は三葉を探す旅に出る。 日本映画興行収入歴代二位の記録を打ち立てた傑作。 『天気の子』でも話題の新海誠監督作品。 まず映像がとてつもなく美しい。 これまで様々な映像作品が公開されてきましたが、本作の映像は異常なほど繊細かつ煌びやかです。 あまりにも美しい情景に瀧と三葉の思いを仮託し彼らがどれほど互いを求めているのかを語るのです。 RADWIMPSの楽曲ですら作品の美しさを更に高めてしまう。 演出、映像、楽曲…何もかもが美しくもはや異常というしかないほど「美」を貫いています。 監督の強大な信念が垣間見え見た後は意図通りに「美しい」としか言えなくなりました。 映画史上最も美しいラブストーリーだと断言できます。 必見の日本映画です。 3位 true tears 視聴可能サービス: あらすじ 絵本作家を目指す高校生の眞一郎は両親を無くした比呂美と暮らしていた。 ある日、眞一郎は学校で少女「乃絵」と出会う。 彼女はあることが理由で涙を流せなくなったという。 彼女との出会いで眞一郎の交友関係や考えが変化していく。 同名の恋愛アドベンチャーゲームを原作にしていますがアニメ版のないようは完全オリジナルです。 恋愛ADVが原作だからと言って萌え萌えしたキャラが出てくることはありません。 等身大の高校生を 徹底してリアルに描いており、 高校生特有の無鉄砲さ、陰湿さや勇敢さをさらけ出すように盛り込んでいます。 実写ドラマのようなリアリティがあるのでかなり共感してしまいました。 物語も最後まで全く読めない物語に胃がキリキリするような焦燥感に駆られることもありますが、それがはじけ飛んだ瞬間に涙が止まらなくなります。 リアルなアニメです。 昼ドラのような愛憎劇も垣間見せる意欲作。 2位 東京マグニチュード8. 0 視聴可能サービス: あらすじ ある日東京で大地震が起きた。 お台場へ遊びに来ていた姉弟は自宅へと歩み始める。 東京で大地震が起きたら?とのif設定でリアルな災害シミュレーションを描いています。 被災後の街並みや人々の行動が非常にリアルで、時折寒気がするような場面もありアニメなのに現実を見せられているかのような錯覚に陥るほどです。 生き延びるために歩き続ける姉弟の真実が明かされた瞬間、あまりの衝撃に涙しました。 気づけば泣くことしかできなくなってしまうんですよね…。 物語の構成が上手すぎるんですよ。 災害を通し人々の絆を描いた作品。 涙間違いなしです。 1位 ヴァイオレット・エヴァーガーデン あらすじ 大陸を南北に分断する戦争が終結した。 軍人として戦い両腕を失った少女ヴァイオレット・エヴァーガーデンは手紙を代筆する「自動手記人形」サービスを始める。 しかし、彼女は人の心を理解することが難しかった。 大切な人が戦場でくれた「ある言葉」を意味を探そうとする少女ヴァイオレット・エヴァーガーデン。 彼女は感情が欠如していて、人の心をうまく理解できず手紙の代筆業務も上手くいかない。 そんな人間として大切な部分を欠落させた彼女が人と触れ合うことで、思いとは言葉とは何なのかを緩やかに理解していきます。 ただのアニメではありません。 鑑賞していくと「私たちは感情や言葉の意味、力を理解しているか?」と考えてしまうことがありました。 そんな問いかけのある作品なのです。 この作品を一位に選んだ理由は声優陣の演技が素晴らしかったことです。 初期のヴァイオレットは機械のようで感情を感じさせません。 そんな難しい演技を見事にこなし、物語を重ねるごとに一人の人間として成長していく過程を見事に演じていました。 声優陣の演技、美麗な映像がこの作品を美しくも残酷なものに仕上げており、彼女が言葉の意味を少しだけ理解した瞬間は涙が止まりませんでした。 アニメなのに文学を読んでいるかのような不思議な感覚になれます。 これほど胸に迫る凄まじいアニメを見たのは久々でした。 終わりに 泣けるアニメを紹介しました! 読んでくださりありがとうございました。 皆さんも泣きたいと感じたらアニメをみましょう! 現実とは違った幻想的な世界へ誘ってくれるアニメを見て、人生の楽しみをぜひ増やしてください。 この記事が参考になれば幸いです。

次の

絶対泣ける感動アニメ2019ランキング!涙腺崩壊の最新作〜超名作まで一挙紹介!

泣ける映画 アニメ

[目次]• アニメで涙活!感動するTVアニメを世代別で一挙ご紹介 「アニメ=子どもが観るもの」なんて発想はもう古い…?! 今や日本で制作・放送されているアニメは年間200本を超え、子どもが起きている夕方よりも深夜に放送しているアニメの方が圧倒的に多いんです。 大人もアニメを観るのが当たり前になった今「アニメをあまり観たことがない」というのは、もったいない!アニメには、実写や漫画にはない魅力がいっぱいです。 テーマはズバリ 「泣けるアニメ」です! 世代によって泣けるポイントが違うことも考慮し、古本買取スタッフの独自目線による 「世代別の泣けるランキング」を作成してみました!「アニメで泣いたことなんてない!」という涙腺が固い人にも自信を持っておすすめできる作品ばかりなので、作品を観る時はハンカチの用意をお忘れなく! では、さっそくランキングを発表していきましょう! 【10・20代向け】青春群青劇の名作が集結!おすすめの泣けるアニメベスト7 第1位 『四月は君の嘘』(2014年) 少女漫画のような可愛らしい絵柄ですが、原作はれっきとした少年漫画!しかし、本作は原作漫画や実写映画よりもぜひアニメーションで観てもらいたい作品です。 心に傷を抱えた元天才ピアニスト・有馬公生が、宮園かをりとの出会いをきっかけに再び音楽に向き合っていくストーリーにも素直に感動しますが、声優陣の演技、作画のクオリティ、BGMや挿入歌のタイミングなど、すべての演出も完璧!観ているだけで心が洗われます。 そして、やはりこの作品の醍醐味である楽器の演奏シーンも見逃せません。 メロディーにももちろん魅了されますが、なによりもキャラクターの心情を体現する表現力が見事で、リアルすぎる作画の技術力の高さにも惚れ惚れします。 この主人公たちがまだ14歳だなんて…。 20代の働き盛りの人たちには良い刺激になるのではないでしょうか。 主人公の理不尽だった母の真意、椿の心境の変化など泣けるところは多いのですが、やはり最大の見せ場はラストシーンでしょう。 タイトルの意味が明かされるクライマックスは、一度見れば忘れられなくなる名場面です。 【30代向け】ストーリーの質の良さもお墨付き!おすすめの泣けるアニメベスト7 第1位 『CLANNAD AFTER STORY』(2008年) 2007年に放送された『CLANNAD(クラナド)』の続編。 前作・CLANNADでも複数の少女たちとの感動的な交流が涙を誘い、多くのファンを獲得しましたが「このアフターストーリーこそ本編」「クラナドは人生」などの名言が誕生するほど、号泣必至のシナリオになっています。 主人公の人生に降りかかる絶望や挫折、それを乗り越えた先にある心の成長と家族の再生を目の当たりした時、観た人もふと自分の人生について考え込んでしまう…そんな力を宿した珠玉の作品ではないでしょうか。 キャラクターデザインにクセが強く、日常のギャグや独特なノリによって最初は抵抗感を持つかもしれません。 でも、そんなのを忘れてしまうほど後半は秀逸な展開が待っています。 観て後悔はさせません。 最終回のあの心温まる感動をたくさんの人に味わってほしいです。 人の想いを知ることで成長していく主人公を、話数を進めながら見守っていけるため、見終わった後にはきっと優しい感動が胸に広がっているはず。 美しすぎる作画も素晴らしく、誰が観ても納得の高クオリティアニメではないでしょうか。 さすが京都アニメーション!2020年1月に完全新作の劇場版の公開を発表していましたが、みなさんもご存知の通り2019年7月に京アニを襲った凄惨な放火事件により公開が延期に。 さらに延期後、ようやく日程が決まっていた2020年4月24日公開も新型コロナウイルスの影響で再延期となってしまいました。 こんな苦境の中ですが、劇場版が公開したら絶対に観に行きたい。 そう思わせる名作です。 もはや定番中の定番であるこの組み合わせのアニメの中でも屈指の面白さを誇る本作は、泣けるのはもちろんストーリーの質の良さも一級品です。 主人公の「死に戻り」の能力により、悲劇を回避しようと何度も何度もやり直す姿は観ている方が辛くなりますが、そんなボロボロの主人公を支える準ヒロイン・レムが本当に癒し!精神的に追い詰められ自暴自棄になった主人公を救うレムの言葉に、もはや母性すら感じます。 泣いた人が続出したこの噂の18話は、絶対に観てほしい回です…!2020年7月からは、テレビアニメの2期もスタート!こちらも見逃せません。 綿密に練られた見事なプロットと絶妙な演出により、何度も観たくなるほど中毒化する人も多いようです。 いや…時には諦めかけるんですけどね。 だけど、そんなオカリンを支える周囲の人たちの存在が本当に魅力的で、感情移入しすぎて常に視界が滲んでしまうほど。 終盤の展開には鳥肌が立ちます。 声を出して泣きます。 これぞ、カタルシスを楽しむアニメの決定版です! 【40代向け】家族でハマる感動作がズラリ!おすすめの泣けるアニメベスト7 第1位 『東京マグニチュード8. 0』(2009年) 東京で直下型の地震が起こると言われている昨今、まだ大地震なんて他人事だと思っている人にぜひ観てほしいのがコレ。 中学生と小学生の姉弟が、2人でお台場に遊びにきている時に大地震に遭遇…!その後、歩いて自宅まで帰宅することを目指すシリアスな内容なのでずっと目が離せません。 思春期真っ只中な姉と純粋無垢な弟、まだまだ幼い2人が懸命に両親と再会しようと耐え忍ぶ姿に、大きく気持ちが揺さぶられます。 東京消防庁や陸上自衛隊の協力の下で制作されているため、街の被害状況や人々の混乱の様子がリアルに描写され、きっと自らの防災意識が高まるきっかけにもなります。 そして、このアニメで多くの人が涙した最終回手前の衝撃的な展開は、観た人の心に大きなインパクトを与えるはず。 予測不能な天変地異は、誰にでも起こりえることです。 このアニメは、そんな災害の恐ろしさを通じて「自分の身に起きたら…」という想像力を働かせてくれる貴重な1本なので、家族や夫婦、大切な人とぜひ一度一緒に観てください。 ほとんどの泣けるアニメが終盤で大号泣する展開ですが、本作はストーリーの序盤から泣くポイントが多いため、油断していると涙で大変なことになります。 メッセージ性も強く、感銘を受ける名言も多いです。 11話の悲しみを乗り越えた主人公のセリフは、思い出すだけでも泣けてくる…!もちろん最終回も泣きっぱなしです。 テンポと勢いのあるストーリーと、男気のある主人公の情熱に涙が込み上げてくるので、見終わった後の爽快感もたまりません。 親世代は子どもと一緒に観ても楽しめますよ。 しかし、決して男性向けアニメではないのがこの作品の魅力です。 キャラクターデザインに定評があり、男性だけではなく女性ファンもかなり多いのが特徴で、TV放送から10年以上経った2019年にも完全新作映画が公開されるなど、未だにその人気は衰えていません。 予測不能な展開と衝撃的な事件の数々に驚きと悲しみの連続で、息つく間もなくラストになだれ込みます。 正義とは?悪とは?理不尽な世の中に抗うダークヒーローものですが、刹那的な物語の収束も余韻を残す良い結末です。 しかし!この作品はアニメとしてのストーリーの面白さも群を抜いているんです。 物語は高校生アイドルたちの成長がメインですが、女子高生はもちろん期限付き…。 今回は【泣けるアニメ】を世代別にランキング形式でご紹介しましたが、あなたの気になる作品はありましたか?子どもと一緒にアニメを観ていて、思わずホロっと…でも、子どもには見られないように涙を隠した経験がある人、いるかと思います。 そう、アニメは大人の心を動かす力があるんです。 アニメと聞くと、どうしても子どもが観るイメージが大きいかもしれませんが、実は大人が観ても十分楽しめます。 ストーリーが複雑だったり、映像に力を入れていたりと、大人向けに作られているアニメもたくさんあるので、むしろ大人の方が夢中になるかもしれませんよ。 「泣く」ということは「悲しい」とか「悔しい」とかマイナスのイメージも強く、抵抗を感じる人も少なくないはず。 でも、実際には「笑う」ということよりも、はるかにストレス解消効果が高く、人間にとってたくさんメリットがあることなんです。 ぜひ、ランキングを参考に、自分の【泣けるツボ】にはまる作品を探してみてください。 思いっきり泣いて日々のストレスを、さっぱりと洗い流しましょう。 ライティング担当 : momo 山梨県在住、30代の2児の母。 テレビはドラマ・アニメ・バラエティを中心に観ることが多い。 漫画は専ら少女漫画ばかりで、矢沢あいの『天使なんかじゃない』は自分史上最高の作品である。 最近では咲坂伊緒の漫画が大好き。 気になる映像化作品をチェックする時は、映画を観てから小説(漫画)を読む派。

次の

【2019年】泣ける映画(洋画)おすすめ13選!涙腺崩壊レベルの感動作は?

泣ける映画 アニメ

ストーリーは主演2人が所属する4ピースのバンド「ザ・ストロボスコープ」を中心に展開。 バンド内の複雑な恋愛関係を交えながら、変えることの出来ない運命を何とかしようと奮闘する恋人達のストーリーです。 事故で死ぬ運命となるヒロイン葵海(miwa)と一緒の未来を生きようと、幼馴染の陸(坂口健太郎)はレコードを使って100回過去をやり直そうとしますが…。 運命の日となるのは、100回目の葵海21歳の誕生日7月31日。 2人はどの様な決断を下すのか、ぜひご鑑賞下さい。 映画の中でストーリーにマッチした音楽が流れる時、泣きたい気分にさせられますよ。 当時、人気シンガーソングライターYUIの女優デビュー作として注目され話題に。 薫の病は、XT 色素性乾皮症 という太陽光に当たれない難病です。 日課は、深夜の路上ライプと窓の外を眺めること。 正反対に太陽のもと海へ出かけるサーフィン少年は、いつしか気になる存在となります。 偶然出会い二人は親交を深めますが、あるきっかけで太陽光に当たった薫の病が進行し余命わずかの状態に。 彼女が生きた証であるCDの曲が流れる時、孝治の隣に薫の姿はあるのでしょうか?劇中歌である「Good-bye days」のメロディーとともに迎える結末に、涙が優しく誘われます。 累計部数1000万部以上を売り上げた大人気コミックスを2部構成で映画化したラブストーリーです。 北海道の恋人同士である高校生の七美(吉高由里子)と矢野(生田斗真)はやがて遠距離恋愛に。 矢野失踪で破局しますが、成長し東京で再び再会することに・・・。 長い時間を経ても、同じ人を思い続ける主人公の想いに泣きたい気分となり胸をうたれます。 一途だった懐かしい青春時代に浸りたい方におすすめの人気映画です。 主人公の杏(夏帆)が島根に引っ越してきた14歳から26歳までの12年間を、砂時計の過去・現在・未来になぞらえて描かれた壮大な作品です。 両親の離婚後に引っ越した島根で、杏は3人の幼馴染と出会います。 中でも母親が自殺した際に励ましてくれた大吾(池松壮亮)との約束は、杏の生きる支えとなります。 恋人同士になる大吾と杏でしたが、4人の幼馴染間で起きる複雑な恋愛模様の末に破局。 時は流れ、2人の運命は再び交わろうとしますが…。 紆余曲折を経て2人が辿りついたこたえとは?エンディングで流れる「帰りたくなったよ」のメロディーに泣きたいような気分に浸される作品です。 自分の余命が短いと知る母親は、娘に「犬を飼う時の10の約束」を伝えます。 母親が亡くなり落ち込むあかりを癒したのはゴールデンレトリバーのソックスでした。 大人になりソックスの寿命が近づいた時、アカリ(田中麗奈)は忘れていた約束を思い出すのです。 当たり前と思いがちの命ですが、誰にでも終わりが訪れます。 命の尊さに気づいた主人公の気持ちに寄り添う時、きっと泣きたい気分になるはずです。 人気漫画家いくえみ綾の同名コミックを映画化した作品です。 いくえみ綾作品の持ち味である、飾らないまっすぐなセリフが心に刺る人気作品です。 高校時代に幼馴染で想い人でもある人を交通事故で亡くしたカンナ(長澤まさみ)は、恋愛に怯え生きています。 幼稚園時代に遠足で一緒にいた女の子を目の前で亡くした禄(岡田将生)も、同じ苦しみを抱えています。 互いの苦しみを理解した時、2人は過去を受け入れるべく動き出します。 同じようなトラウマを抱えた2人が悩みながらも前に進もうとする姿に、自然と涙がこぼれます。 トラウマを乗り越える過程に感動します。 おすすめの映画です。 大ヒットした一青窈の楽曲「ハナミズキ」をモチーフにした邦画ラブストーリーとなります。 釧路で主人公の平沢紗枝(新垣結衣)は外国で働く夢の為に東京進学を目指します。 漁師の息子で恋人の木内康平(生田斗真)からの励みもあり、無事東京へ進学し遠距離恋愛がはじまります。 しかし大学4年の時、すれ違いで別れることに。 一度は別々の相手を選んだ2人ですが...。 お互いの幸せを願い別々の道を選んだ2人の道が、やがて近づくゴールに向かって少しずつ交わるストーリー展開に感動します。 紗枝の家の庭に埋められた「ハナミズキ」が招く泣ける結末に、浸ってみて下さい。 1999年に発売された梶尾真治の小説を映像化した本作品。 劇中の歌姫を演じた柴咲コウの歌唱力も話題となりました。 九州の阿蘇地方で死者が蘇る怪奇現象が発生します。 厚生労働省で働く主人公の川田平太(草彅剛)は、状況調査の為に現地へ赴き亡き親友の婚約者である葵(竹内結子)と再会。 調査の結果、川田は黄泉がえりのある法則に気が付きこの現象のタイムリミットが近いことを悟ります。 そして再会した人々は…。 限られた奇跡のような時間を過ごす人々の姿に、泣けること間違いなしの作品です。 映画ランキングでも評価が高く人気の邦画です。 原作は市川拓司が執筆したファンタジー恋愛小説です。 人気演技派女優の竹内結子が母親役を務めたことでも話題となりました。 ある雨の日、妻を失くした秋穂巧(中村獅童)と1人息子の佑司(武井証)との生活に、亡くなったはずの妻の澪(竹内結子)が現れます。 何故か記憶のない彼女に、2人は幸せな想い出を語るのです。 やがて彼女は自らの秘密を知ることになります。 雨の季節が終わるとき、3人に訪れる未来とは…。 雨の季節と共にやってきた奇跡のような時間が過ぎた時、その本当の理由が解き明かされます。 幾つもの伏線が優しく積み重なり描かれたストーリーに心打たれます。 誰の立場に立っても泣ける映画です。 こちらは2018年に公開された映画です。 累計発行部数120万部を超え、本屋大賞1位を受賞した話題作が映画化されたこの作品は、ピアノの調律に魅せられた青年(山﨑賢人)の、ひたむきな姿に励まされ温かい余韻を約束する感動作です。 作曲・編曲には、あのジブリシリーズの音楽で有名な久石譲さんが参加しているので、映画を見た後にサウンドトラックを買う人も多いようですね。 また、今までピアノの経験が無かった上白石萌音さんと上白石萌歌さんでしたが、初めてとは思えない素晴らしい作品です。 本作は原作にない完全オリジナルストーリーとして話題になりました。 結婚3年目となり幸せな生活を送る仙崎一家ですが、死と隣り合わせの夫の仕事に妻は不安も抱えています。 妻に内緒で結婚記念日の準備をしていた仙崎は、日本と海外協力体制で作成されたプラントでおきた事故の救助に向かいます。 そこへ超大型台風が直撃し、孤立無援のままプラントに取り残されることに...。 命がけ任務にあたる仙崎の姿はシリーズを通じて語りかけるものがあります。 1つの判断ミスも許されないストーリー展開に息つく暇もありません。 泣ける感動の結末に浸って下さい。 2003年に公開された映画「恋愛寫眞」のコラボ企画として市川拓司により執筆された「恋愛寫眞 もうひとつの物語」が原作の切ないラブストーリーです。 病気で長年服用する薬のせいで、自分が臭いと思い込む誠人(玉木宏)は人を避け写真を趣味に生活していました。 あることから出会う静流(宮﨑あおい)は、誠人に恋をし2人で写真に没頭します。 恋が実らないと悟り静流は誠人に2人のキス写真をねだった後で失踪します。 本当の気持ちに気が付いた誠人は…。 静流の抱えていた秘密を知った時、誠人は何を選択するのでしょうか。 大切な人がついた泣ける程に優しい嘘にアナタも誠人と同様に騙されてみて下さい。 おすすめの人気映画です。 犯罪でしかつながれなかった家族を描いた作品です。 高層マンションの谷間に取り残された、壊れそうな平屋に転がり込んで暮らす4人は、家の持ち主・初枝の年金と万引きで生計を立てる、社会底辺を生きる家族。 しかし、彼らはいつも笑いが絶えず、仲良く暮らしていました。 しかし、ある事件で家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密が明らかになっていきます。 実際に起きた「赤ちゃん取り違え事件」をモチーフにした本作品は、第66回カンヌ国際映画祭 審査員賞を受賞したことで話題となりました。 大手建設会社に勤務するエリートサラリーマンの野々宮(福山雅治)は、都心の高級マンションで6歳になる息子と妻に囲まれ幸せでした。 しかし、6歳になる息子が出生時に取り違えられた他人だとの知らせを受け一変します。 取り違えられた2人の息子を巡って、お互いの家族が選択した答えとは…。 あまりにも違う環境で暮らす二組の親子はどのような結論にたどり着くのでしょうか。 心の葛藤に共感した時、泣ける程感動します。 おすすめの人気邦画です。 2006年に細川貂々が執筆したコミックエッセーが原作の映画です。 3年にわたる夫の闘病生活を夫婦二人三脚で乗り越えた実話が話題となりました。 仕事人間だった夫がある日突然、「心因性うつ病」だと診断されます。 妻の晴子(宮崎あおい)は、5年間の結婚生活で夫のSOSに気付かなかった自分を責めます。 仕事を退職した夫は主婦になり、妻は認知療法の夫の日記をつけることに...。 もしアナタやアナタの身近な人がウツになったら、アナタはどの様に乗り越えますが?この作品から沢山のヒントが貰えるはずです。 2人が乗り越えたものに泣けるおすすめの映画です。 交通事故で80分だけしか記憶できなくなった元数学者の博士(寺尾聰)と母子家庭親子との心の交流を描いたヒューマンドラマです。 母子家庭で家政婦として働く杏子(深津絵里)の派遣先は、記憶を80分しか保てない元数学者の博士の家でした。 ある日、子供を一人で家に置き働く杏子をしかり、次回から連れてくるように言います。 息子をルートと呼び可愛がる博士に、いつしか親しみと尊敬の念を抱くように。 3人での暖かな交流の日々が始まりますが…。 数字を通じて少年ルートと博士の間に出来る絆も暖かく、泣けてきます。 大切なのは「今」という一瞬であり、ありのまま自然に身をまかせる博士にの生き方に感動します。 中谷まゆみ原作の舞台劇が原作で、大人のためのラブファンタジー映画です。 良質な泣ける映画としておすすめですよ。 プロカメラマンとして活躍していた俊介(豊川悦司)は、ある日突然仕事もせず家で堕落した生活を送るように。 そうとしらず女優志望の蘭子(真木よう子)は自分の写真を撮るように依頼し、身体ごと迫ります。 そこへ旅行から戻った妻(薬師丸ひろ子)が現れ、夫に愛想を尽かして家を出ていくのですが…。 本当に大切な存在は失った後で気づくものです。 この映画は失意した主人公が再生されるまでを丁寧に描いています。 泣きたいだけ泣いた後は、暖かな気もちにさせてくれる映画です。 1988年にスタジオジブリが制作したアニメーション映画です。 戦争をモチーフに過酷な環境で一生懸命生きようとする兄弟の姿に泣きたい気分になります。 戦争で親を亡くした兄弟は、叔母の家に疎開します。 ですが叔母も自分の家族を守ることで精一杯の状況です。 たった14歳の清太と4歳の節子兄妹は、2人だけで生きる決意をしますが…。 何でも揃い、欲しいものがすぐ手に入る現代に生きる人にこそ見て欲しい作品です。 冒頭の「昭和20年9月21日夜、僕は死んだ」で始まるストーリーは、悲しい展開を暗示しています。 泣きながら今ある幸せについて考えて欲しいおすすめの映画です。 その原作をもとに映画化されたのが本作品です。 多くの同病者を励まし、乳がん検診の必要性を社会に訴えかけてくれました。 千恵(榮倉奈々)と太郎(瑛太)は、イベントで出会い交際をスタートさせます。 一方ですでに乳ガンを患っていた千恵は、交際に不安も抱えていました。 悩んだ末、全て打ち明け太郎の前から姿を消します。 諦めきれない太郎は千恵を探し出し、2人で病と向き合い生きようと説得し幸せな時を過ごします。 病が再発するまでは… 人を好きになる意味や、生という奇跡について改めて考えさせられる作品です。 最後まで生き抜いた彼女の人生に、泣きたいほど感動します。 おすすめですよ。 泣きたくなるほど人を愛する気持ちに切なくなるおすすめの映画です。 多感な時期に恋人を病で亡くした朔太郎 大沢たかお。 成長し結婚を控えた時、婚約者の律子 柴咲コウ が何も言わずに失踪します。 律子を探しながら、朔太郎は亡くなった恋人アキとの想い出が呼び覚まされることに。 じつは律子は朔太郎の亡くなった恋人であるアキ 長澤まさみ から重要な役割を頼まれていて…。 過去の恋愛から卒業する鍵を、現代の婚約者から受け取る過程を丁寧に描いたラブストーリーです。 律子が役割を果たすとき、2人が迎える結末をぜひ確かめて下さいね。

次の