ふくらはぎ 蕁 麻疹。 by Kracie

【環境医学研究所】なぜ、かゆい?|かゆみと真剣勝負、かゆみの克服を目指して 順天堂大学大学院医学研究科

ふくらはぎ 蕁 麻疹

じんましんの誘因を特定するのは困難 まずは、じんましんの原因から探っていこう。 皮膚の下に存在する「肥満細胞」から何らかの刺激で「ヒスタミン」という物質が出ると、毛細血管から血液成分の一部がもれ出て地図状に盛り上がり、かゆみを引きおこす。 これは食品や薬品 抗生物質、解熱鎮痛剤など によるアレルギー、摩擦、急な温度変化などの物理的刺激が原因となることが多い。 「食品では、人間に近い豚肉や牛肉などを食べてもじんましんはあまり起きません。 鶏や魚類、甲殻類と、だんだん豚・牛肉から離れるにしたがってじんましんは起きやすくなります。 人体が異物と認識してアレルギー反応が起きやすいからでしょう」。 ただ、実際に原因を特定するのは非常に難しく、血液検査などのアレルギー検査をしても多くは「わからない」と言われるという。 「スギ花粉やハウスダストによるアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎は『I型アレルギー』が原因です。 じんましんの場合はI型でないことが多いため、血液検査ではあまり陽性になりません。 しかし陽性にならなくても、鶏卵を食べると決まってじんましんが出る人は鶏卵が原因ですから、当分の間は鶏卵を避けた方がよいでしょう。 原因と思われるものをすべて断 た っても、じんましんの症状がおさまらない場合は、ストレスや疲労が原因である可能性もあります」。 リラックス時にもじんましんは出る 実際にあった症例を紹介する。 事例 大学の研究室に勤務するDさん 30代・男性 は、朝7時頃に出勤し、深夜1時頃に帰宅するという長時間勤務が続いていた。 ある日、仕事が終わって駐車場へと向かう途中で、全身にかゆみを感じた。 その後も同じタイミングにしばしばかゆくなるので、『毎日飲んでいる乳酸菌飲料が原因かもしれない』と、しばらく飲むのを控えた。 だが、その後もかゆみは続いたため皮膚科を受診した。 アレルギーの血液検査をしてみたものの、原因は分からなかった。 皮膚科医からは『精神的なストレスや疲労による症状ではないか』と指摘された。 そこで、抗ヒスタミン薬の服用と並行して、できるだけ休息をとるようにしたところ、徐々に症状が消えていった。 「このDさんのケースは、アレルギーや機械的 物理的 刺激でなく、長時間勤務による慢性的な疲労と緊張が原因ですね。 じんましんは緊張から解放され、ほっとリラックスした瞬間に出る場合があります。 仕事の真っ最中でなく、仕事後に自律神経のバランスが変わって症状が出たのでしょう。 また、入浴後や布団に入ると、リラックスするだけでなく、皮膚が温まって血管が拡張するためじんましんが出やすくなります」。 私たちの体は心臓や血管、筋肉などの働きを自分の意志とは関係なくコントロールする自律神経の影響を受けている。 自律神経は、緊張時に働く「交感神経」とリラックス時に働く「副交感神経」に分かれ、シーソーのように交互に働いている。 リラックスモードになって副交感神経が優位になると皮膚の血流が増え、ヒスタミンも増えるためじんましんが出やすいという。 症状を抑えるためには、抗ヒスタミン薬をのむ薬物治療が一般的だ。 「慢性的なじんましんの場合は、抗アレルギー薬を続けてのんでいただいてヒスタミンが出にくくなるようにします。 いつ出るか分からない場合や抗アレルギー薬だけでは症状を抑えきれない場合は、即効性のある抗ヒスタミン剤による治療を行います。 広範囲に症状が出ることが多いこともあって、ぬり薬はあまり効果はありません」。 じんましんの薬は眠くなりやすいものが多いので、医師と相談して適切な薬を処方してもらおう。 ストレスにより体調を悪くする人、うつ状態になる人がいる。 どちらが先かは人によって異なるが、無理をしすぎると心と体のどちらも痛めてしまう。 じんましんは強いストレスがかかっているというサインの一つで、「これ以上は無理をしないように」と助けをもとめている合図かもしれない。 しっかりとした休息とストレス発散も心がけたいものである。 写真と本文は関係ありません 記事監修: 波多野良二 はたの りょうじ.

次の

蕁麻疹が太もも、ふくらはぎ、お尻など下半身のみに出ます

ふくらはぎ 蕁 麻疹

Q 蕁麻疹が発症し始めてからもう5ヶ月ぐらいになるけど全く治らない。 地元の皮膚科で貰った飲み薬【アレロック5mg】と【ニコルダ錠250mg】を飲んで、あと塗り薬【アンテベート軟膏】を塗ったりしている間は蕁麻疹は出ないけど、飲み薬と塗り薬を大体2日ぐらい止めるとまた蕁麻疹が一気に発症するのだ。 蕁麻疹の出方が半端ではなく、頭から身体全体と足にかけて凄い出方なのだ。 以前に地元の内科医院で内科的に診察をして貰ったけど全く問題が無かった。 原因は何だろう?。 凄い心配。 何が原因しているのか全く分からない?。 蕁麻疹が全く出なくなる方法ないかな?。 一度病院を変えるべきか迷っているのだ。 考えられるとしたら、私生活の方か普段の食事関係か生活状況しか考えられないけど・・・・・。 全国の皆様のご意見をお聞かせ下さい。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 質問者さんに当て嵌まるかどうかわかりませんが、思い当たることがあれば参考になさって下さい。 蕁麻疹ができやすいタイプにはある程度共通したところがあります。 まず運動嫌い、屋外、屋内とも運動してもその量が少ない、野菜類が少なく過食気味、体型は普通以上、肥満タイプ、どちらかというと肌はみずみずしく色白、ポッチャリ、甘いもの好き、炭酸飲料が多い、もともと性格はおっとり、等々です。 こういうタイプはリンパ球が多く、増えれば増えるほどちょっとしたストレスに敏感に反応するようになります。 いままで体に入ってもストレスとはならずなんともなかったものにまで反応してしまうのです。 体内に入ってストレスになるものは食べ物(異種蛋白)だけではありません。 人間関係のストレスもあります。 何かが体にストレスとなったとき体はそれを体内に溜め込むことを拒否して体外へ排泄しようとします。 人によってはあまりにそのストレスが強い場合、吐き気や下痢となってしまいますし、そこまで至らなくても皮膚から排泄しようとします。 これが湿疹や蕁麻疹です。 これらはリンパ球の反応ですのでリンパ球が多いほど敏感に反応して症状は強くなります。 痒みや腫れなど辛い症状が続きますが、全て体にとって毒となるものを必死に排泄してる姿です。 これを対症療法の薬で抑えることは出すべきべきものを出さないようにしてるわけですからなかなか治らずどんどん治癒は遅れていきます。 症状の引き金になるものは食べ物や精神的なもの、温度、環境など色々なストレスがありますが、根本原因はリンパ球過剰体質です。 適正なリンパ球ですと少々のストレスでも一々反応することはないでしょう。 直ぐには体質を改善することは出来ませんが、過剰なリンパ球を減らすことが治療になります。 そのためにはさきほど書きましたが、その逆をすれば良いわけです。 例えば運動不足であれば屋外で日に当たったり、運動する機会を増やしたり過食気味であれば減らしたり、心身を鍛えることが必要でしょう。 そうすることで多過ぎるリンパ球は減らせます。 急にやるとストレスになりますので、少しずつすることが必要です。 リンパ球の数は多いほど免疫力が高いわけですが、過剰になるとその免疫力が仇となってアレルギーや一過性のアレルギー反応をおこしやすくなってしまうのです。 しかし、毒を出す反応ですので、それ自体は体の防衛反応です。 それを止めるのではなく血流をよくしてどんどん出すスタンスでいてください。 質問者さんに当て嵌まるかどうかわかりませんが、思い当たることがあれば参考になさって下さい。 蕁麻疹ができやすいタイプにはある程度共通したところがあります。 まず運動嫌い、屋外、屋内とも運動してもその量が少ない、野菜類が少なく過食気味、体型は普通以上、肥満タイプ、どちらかというと肌はみずみずしく色白、ポッチャリ、甘いもの好き、炭酸飲料が多い、もともと性格はおっとり、等々です。 こういうタイプはリンパ球が多く、増えれば増えるほどちょっとしたストレスに敏感に反応するようになり... Q 両腕(手の甲も)全体に赤い湿疹・・・というか、赤いまだら模様のようなものが広がっています。 腕以外は何とも無いです。 痛みもかゆみも無かったのでいつからそうなったのかは気付かなかったのですが、 気付くと気になって仕方がありません。 数分間ですが、日焼け止めを塗らずに日光に当たったからでしょうか。 食べ物でアレルギーは特にありません。 ちなみに、今日食べたものはカフェのモーニング(サンドウィッチとカフェラテ)セットだけです。 他に変わったことと言えば、10日程前に急性喉頭蓋炎になり、3日間ステロイド剤を点滴したことくらいです。 点滴後、胃が痛くなったりはしましたが、現在は回復しつつあります。 何か原因で思い当たることがあれば教えていただけると幸いです。 A ベストアンサー 赤い湿疹とは、腫れはなくただ赤い小さなポツポツがある感じでしょうか? 普通の蕁麻疹と違って、虫刺されのようなボコッと腫れる感じがないような。 私もついこないだこのような湿疹ができました。 手の甲にうっすらとポツポツあると思ったら次の日は肘まで広がって 3日目には足の甲やら土踏まず、ふくらはぎが真っ赤になりました。 そのときは扁桃腺がものすごく痛くて、熱も出ました。 病院では最初は薬のアレルギーかと言われましたが、 血液検査ではアレルギー反応は出ず、炎症反応が少しだけ出ました。 おそらくウィルス性ではないかと言われました。 こんな変わった湿疹は初めて見たと言われたので今でも謎のままです。 笑 Q 1月頃から両腕がかゆくなりました。 特に内側がかゆく、発疹もたまに出るんです。 「乾燥してるのかな?」と思ったのですが、今シーズン初めてです。 毎年、冬に手の甲はすごく乾燥するのですが、腕がかゆくなる事などありませんでした。 で、皮膚科に行くと「乾燥ですね」と言われました。 今シーズンからいきなり乾燥してかゆくなる事ってあるんでしょうか? この先、毎年そうなってしまうのでしょうか? 塗り薬をもらったのですが、あまり効き目がありません・・・。 やはりかゆいです。 他の部分は乾燥していてもかゆくないですし、腕だけなんです! 乾燥で発疹って出るんでしょうか? 体も洗う回数を少なくしました。 ゴシゴシ洗ってません。 ちなみに普段、肌は強い方です。 他の事が原因かな・・?と思うんですが、経験者の方おられませんか? A ベストアンサー アルコールで肝臓が弱ったサインとも取れますが、睡眠不足、ストレスなども要因です。 まず、アルコールは控えた方が無難です。 htm 胃腸、肝臓の機能が低下していたり、感染症などにかかって抵抗力が落ちていたりすると、じんましんが出ることがあります。 また、精神的なストレスや過労、睡眠不足が原因となる場合もあります。 chiebukuro. yahoo. 肝機能が肝障害により低下した場合、その解毒機能が低下する結果、アレルギー反応を起して発疹等の蕁麻疹と呼ばれる症状がでます。 また、血液中の毒素 言葉はわるいですが、体にあるとよろしくない物質 がたくさんあると、毛細血管が拡張 広がって 赤いまばらな皮膚症状がでるのです。 chiebukuro. yahoo. そのストレスを解消すると蕁麻疹が消えますがわからないと原因不明の蕁麻疹になります。 一緒に飲む人間の言動や仕草などがあなたの深層心理の中で納得できなくて蕁麻疹として表れる事があります。 蕁麻疹が出てる時に飲酒をすると細胞一つ一つにアルコールに反応するので悪化してしまうようです。 アルコールで肝臓が弱ったサインとも取れますが、睡眠不足、ストレスなども要因です。 まず、アルコールは控えた方が無難です。 htm 胃腸、肝臓の機能が低下していたり、感染症などにかかって抵抗力が落ちていたりすると、じんましんが出ることがあります。 また、精神的なストレスや過労、睡眠不足が原因となる場合もあります。 chiebukuro. yahoo. 肝機能が肝障... Q 人生至上、初めての全身のじんましんに悩まされています。 2週間が経過したのですが、一向に治りません。 手のひらなどは、ポツポツと赤くなる。 心当たりは、2週間前に、胃カメラの検査をしたことくらいです。 その後から、じんましんが起き始めました。 じんましんが発生してから1週間後くらいに、その病院に相談したら、「胃カメラが原因でじんましんができるとしたら、2.3日で治るはずで、1週間も続いているようであれば、専門の皮膚科に行って相談した方がいい」と言われました。 そして、早速、皮膚科に行ったら、「疲れとストレス」と言われました。 疲れとストレスは、自分ではあまりないようにも思うのですが、どのように具体的な対処したらいいのか分からずじまいです。 具体的な何をしたらいいのか全くわかりません。 皮膚科に行っても、疲れとストレスと言われてしまい、特に悩み事もなく、毎日それなりに楽しいし、睡眠も必要以上にとってるし。 ただただ、かゆいだけ。 やはりどこか大きな病院とかに行った方がいいのでしょうか? それとも何かじんましんを治す方法があるのでしょうか? ちなみに皮膚科でもらった薬を服用していますが、薬を飲んだら、治りますが、効き目が切れ始めたら、またじんましんがでます。 その繰り返しです。 アドバイスいただければ幸いです。 人生至上、初めての全身のじんましんに悩まされています。 2週間が経過したのですが、一向に治りません。 手のひらなどは、ポツポツと赤くなる。 心当たりは、2週間前に、胃カメラの検査をしたことくらいです。 その後から、じんましんが起き始めました。 じんましんが発生してから1週間後くらいに、そ... A ベストアンサー こんにちは。 じんましん、つらいですよね。 私も2回だけつい最近出ました。 ここ2、3年で痒疹皮膚科に通っていますが、じんましんについて先生は「原因が分かる事の方が珍しい」くらいに言っていました。 (痒疹も原因はわからないって言われましたが!) もう医療に対して不信感ばかりつのりますよね(?)。 そういうのもストレスです。 私もいつになったら薬から開放されるんだろう・・と思うこともありますが、最近は調子もいいのであまり悪いように考えないようにしています。 大きい病院も良し悪しかと思いますが、なんでもないのが分かれば安心できるというなら、行ってみてもいいのでは?でも多分原因はわからないと思います。 Q 27才・女性・派遣社員です。 今週の月曜日から急に毎日蕁麻疹ができています。 痒くてかいていたら真っ赤になってどんどんひろがっていき時間が経つと消えていく…その繰り返しです。 月曜日に病院に行きましたがその時は蕁麻疹と診断をされず。 その日の夜に一晩中寝れなくて仕事を欠勤をして再び診察をうけ蕁麻疹と診断をされました。 痒み止めの薬をもらい飲みました。 今日も病院に診察に行き仕事に遅刻をしていきました。 私:「原因は何ですか?」と医師に質問をしたら 医師:「蕁麻疹は原因がわからないものなんです」 私:「食べ物の可能性は無いんですか?」 医師:「大きくなってから食べ物のアレルギーが出る可能性は殆ど無いと思います」 というやりとりでした。 原因があるから蕁麻疹が出ると思うのですが…。 これいじょう会社に迷惑をかけるわけにもいけないとおもうし、痒みが増すのは辛いです。 今行ってる病院は個人病院ではなく少し大きい方の病院です。 (大学病院ではありません) 病院を変えたほうが良いのでしょうか? 医師との相性は今までの中では良い方ですが…。 とても辛いです。 27才・女性・派遣社員です。 今週の月曜日から急に毎日蕁麻疹ができています。 痒くてかいていたら真っ赤になってどんどんひろがっていき時間が経つと消えていく…その繰り返しです。 月曜日に病院に行きましたがその時は蕁麻疹と診断をされず。 その日の夜に一晩中寝れなくて仕事を欠勤をして再び診察をうけ蕁麻疹と診断をされました。 痒み止めの薬をもらい飲みました。 今日も病院に診察に行き仕事に遅刻をしていきました。 私:「原因は何ですか?」と医師に質問をしたら 医師:「蕁麻疹は原因がわか... A ベストアンサー こんにちは。 私も数年前、蕁麻疹に悩みました。 一晩中眠れなくて、今までの人生で一番辛かった思い出です。 人に言っても、痒いのくらい・・・って感じでしたが、本当に辛くて今でも思い出すと泣きそうです。 1か月以上続くものは「慢性蕁麻疹」といって、本当に原因はわからないそうです。 精神的なものが影響しているみたいですが、それもわかりません。 結局1年以上は薬を飲んでいたと思います。 薬は少しづつ減らしていって最終的には飲まなくてもでなくなりました。 原因はわからないので薬でとめるしかないようです。 それから、軽いものでしたら、「メンソレータムADプレミア乳液」というのを塗ると蕁麻疹の痒みが引きました。 お風呂上りに塗るといいのですが、べたつくのが嫌な私は、お風呂からあがる前に塗ってパックのように浸透させてサッと流して、というような使い方をしていましたが、ちゃんと痒みをとめる効果はありました。 1年とちょっとくらいは薬を飲んでいましたが、結局今は薬を飲んでなくて、治りました!でも、ちょっとかゆい?という不安が少しでも出てきたら「メンソレータムADプレミア乳液」を塗るようにしています。 薬局で売ってます。 蕁麻疹の治らなさに関しては相当悩んできた私でも治ったのできっと大丈夫ですよ! こんにちは。 私も数年前、蕁麻疹に悩みました。 一晩中眠れなくて、今までの人生で一番辛かった思い出です。 人に言っても、痒いのくらい・・・って感じでしたが、本当に辛くて今でも思い出すと泣きそうです。 1か月以上続くものは「慢性蕁麻疹」といって、本当に原因はわからないそうです。 精神的なものが影響しているみたいですが、それもわかりません。 結局1年以上は薬を飲んでいたと思います。 薬は少しづつ減らしていって最終的には飲まなくてもでなくなりました。 原因はわからないので薬でとめるしか... Q 私の知人の話ですが、腕に赤い点々がある時から現れ始めました。 腫れたりしているわけではないようで凹凸はなく、 表面非常にに小さな点がポツポツと描かれているような感じです。 腕の裏(でいいのかな?皮膚の薄い、白っぽい側)だけで、 表には特になかったと思います。 これは何でしょうか?うつったりしないのでしょうか? 盗難に遭い保険証が無い状態ですので、まだ皮膚科検診を受けられずにいます。 こちらで検索したところ似たような症状は見つかったのですが 肝臓が悪いとか、心配することはないとか、いろいろあり、 また、同じ症状であるか確信が持てませんでしたので、 写真などありましたら参照させていただけると助かります。 同じような点々のある写真は見つからなくて… ちなみに知人は、男性、肥満、高血圧、煙草とお酒も少々です…。 それが無くてもどこか悪そうですが…; 原因や改善法などもわかれば教えていただけると幸いです。

次の

こむら返り ふくらはぎの痛みの取り方と原因

ふくらはぎ 蕁 麻疹

こむら返りの症状 特に夜の寝ている時に発生することが多く、数十秒から数分間程継続します。 医学的には腓腹筋痙攣(ひふくきんけいれん)といいます。 腓腹筋とは足のふくらはぎにある筋肉で、そこが痙攣を起こしている状態です。 通常、体が各部位を動かす際というのは脳から動かす筋肉部分に神経を通じてその指令を出します。 ですが脳からの指令がない、つまり動かす必要がないのに「 運動神経が勝手に動かそうとして収縮する」という状況です。 こむら返りになる原因 こむら返りが発生する原因として、栄養素のミネラルや水分不足、筋肉の疲労や温度低下などです。 ミネラル、水分不足 ミネラルとは5大栄養素の中で、神経伝達や筋肉の動きを担当しており、体内でつくることができない栄養素です。 筋肉と神経に関わるミネラルの種類としてはナトリウム、マグネシウム、カリウム、カルシウム等があります。 これらミネラルは電解質で、水中で電気を通す役割があり、電解質とは水に溶けると電気を流す物質のことをいいます。 身体の水分、つまり体液には「電解質(イオン)」が含まれています。 電解質(イオン)とは、水に溶けると電気を通す物質のことです。 電解質は水中では電気を帯びたイオンになり、電気を通すようになります。 otsuka. 筋肉が疲労して発生 脳から筋肉への神経伝達だけでなく、足の筋肉自体が疲労していると受け取る神経伝達に異常が発生します。 普段行っていない運動をした場合、足の筋肉ばかり集中して使用した場合は注意しましょう。 ランニングや水泳だけでなく、立ち仕事でも発生する可能性があります。 足の温度は冷えていないか 人間の体の栄養は血液にて全身に送られていますが、この血液が冷えると血流が悪くなる、つまり栄養がいきにくくなります。 栄養が不足すると上記に記載したミネラルも不足してしまい、神経伝達に影響を与えます。 病気の影響 糖尿病を患っている人に、こむら返りは起こりやすいと言われています。 その数は患者の約4割です。 高い血糖値の影響で血管がダメージを受け、手足の神経症状を招くことが原因です。 それ以外に、肝硬変や腎不全、代謝が悪くなる甲状腺機能低下症などもこむら返りを起こす原因になります。 こむら返りが発生した時の対処法 こむら返りは一時的な痙攣ですので、健康な方であれば安静にしていれば治りますが、やはり睡眠時に発生した場合などはできるだけ早く治してゆっくり寝たいものです。 アキレス腱を伸ばす 異常に収縮している腓腹筋を伸ばしてあげたり、血流を良くしてミネラルの栄養を送ることで改善されます。 ふくらはぎ自体をマッサージするのも良いのですが、すでに異常収縮をしてしまっているふくらはぎ自体をマッサージしてもなかなか痛みが取れない場合があります。 人体の構造上アキレス健とふくらはぎはつながっているため、アキレス腱を伸ばしてあげると同時にふくらはぎも伸ばすことができます。 手順としては以下の通りです。 つま先を手で掴んでゆっくりと自分の方に向ける• 息を吐きながらリラックスして行う• 数秒間続ける• 急に戻さず、ゆっくりと戻す これを痛みが治まるまで繰り返しましょう。 急激に伸ばすと肉離れになる場合があるので必ずゆっくり行ってください。 ふくらはぎも自然と伸びて痛みがやわらぎます。 つま先が掴めない場合 体の固い方や、妊娠中等寝て状態を起こすことが出来ない場合、無理につま先を掴まなくて大丈夫です。 もし近くにハンカチやタオル、枕カバー等があれば、それを使用してつま先にかけるという方法もありますし、壁に足をつけれる状態なら壁を使う方法もあります。 つま先を壁に当てる• ゆっくりと徐々に踵も壁につける これでアキレス腱を伸ばすことができます。 痛みがひいてきたら 痛みが治まってきたら、翌日に痛みが残らない様にマッサージを行いましょう。 ふくらはぎを上から下へ優しく擦る• 足首をまわす• 暖めて血行を促す 等が効果的です。 温めることで痙攣が収まって筋肉が緩みます。 強い痛みのピークは越えたけど、まだ何となく痛みがある…という時の対策にもおすすめです。 少しでも痛みが残っている場合は、筋肉がダメージを受けています。 温めると筋肉もほぐれて回復しやすくなるでしょう。 こむら返り対策のNGとは とりあえず痛いから…と色々な方法を試す方もいると思いますが、 痛い部分を冷やすことはよくありません。 こむら返りは痙攣であって炎症ではないため、冷やすことで改善はされずにむしろ血流が更に悪くなり悪化してしまいます。 また痛み止めの薬が自宅にあって、それを飲むということも悪くはないですがあまり効果がありません。 こむら返りは一時的な痙攣で長くても数十分で直りますが、薬というのは飲んで血液にまわり効果が出るのに時間がかかるため、効いてくる頃にはこむら返りが治まってしまっています。 こむら返りの予防方法 ふくらはぎを伸ばすことでこむら返りの痛みはある程度治まりますが、それでも発生してしまった時の痛みはかなりのものです。 しっかりと普段から予防をしておきましょう。 上記の原因でも説明した通り、足を冷やさない、ミネラルや水分補給、筋肉の疲労回復をしっかりと行うことで予防できます。 足をしっかりと暖める 睡眠中には足が冷えてしまいがちです。 なので就寝前にしっかりとお風呂に入ることが大切です。 普段お風呂に入らないという方は、浴槽に少しだけお湯を溜めたり桶に入れたりして、足湯だけでも行うと良いです。 寒い時期であれば電気毛布や湯たんぽを利用して布団を暖めるのも良いです。 湯たんぽの利用を誤ると低温火傷にもなりますので注意しましょう。 この様な暖める道具がなくてもレッグウォーマー等衣類で温度低下を防ぐのもOKです。 ミネラル、水分補給は忘れずに 普段から水分をとるように心がけましょう。 運動をしている方は汗で水分が減ってしまいますし、更にミネラルは汗と一緒に排出されやすい栄養素です。 運動をしたらスポーツドリンクやミネラルウォーターを摂取しましょう。 またミネラルウォーターには軟水と硬水とがあり、ミネラルの成分によって分類され、• できるだけ硬水を飲む様に心がけましょう。 運動後でなくても、就寝前にコップ一杯の水を飲むだけでも水分不足は防げます。 運動後はストレッチもしっかりと! 運動をした後は水分補給だけでなく筋肉を伸ばすことも忘れてはいけません。 運動した部分をストレッチやマッサージをすることで血液循環が改善され、筋肉疲労がやわらぎます。 普段運動していない方も、立ち仕事やずっと同じ姿勢で座っている場合は部分的に凝っている可能性があるので、寝る前にほぐしてあげましょう。 足首、アキレス腱の運動 座った状態でも寝た状態でもよいので、つま先を伸ばしたり縮めたりを繰り返します。 結果としてふくらはぎの筋肉のストレッチになります。 ふくらはぎのマッサージ 膝の裏からアキレス腱にかけて螺旋状に揉むことで更に血行の流れが良くなります。 ミネラルは日々意識しての摂取が必要 ミネラルという栄養素は、自分の体の中ではつくられない栄養素です。 そのため意識して摂取しないと体の中で不足しがちになってしまいます。 下記の食品をとることで、神経伝達に必要なミネラルを摂ることができます。 ナトリウム:食塩、醤油• マグネシウム:豆類、豆類、種実類、海草類、魚介類に若干• カリウム:果物、野菜、芋、豆類、干物• カルシウム:牛乳、乳製品、小魚、海藻類、大豆製品、緑黄色野菜 こむら返りに良い食事とは 全般的に見ると豆類や魚介類、醤油などで摂ることができます。 魚とみそ汁、ご飯には納豆といったような典型的な和食をすれば大丈夫です。 ダイエットをしている方であれば、豆類と海草類を入れたサラダ等でもよいです。 こむら返りは病気のサイン? こむら返りはかなり痛みを伴うもので、何度か経験している方であれば病気の可能性もあるのでは…と心配になる方もいると思いますが、多くは特に病気を持っていない方に発生するものです。 皆様の中にも筋肉が、痛みを伴い急激に固くなった経験をした方がおられると思います。 ふくらはぎ(こむら)に生じることが多く,こむら返りと呼ばれています。 こむら返りの70%以上は健康な人に発生して、発生後もほとんどが問題ありません。 利尿剤:頻繁に尿を排出する際にミネラルが流れてしまう• 抗甲状腺薬:甲状腺ホルモンが変化する過程で、軽度の肝障害が発生し、ミネラルバランスが悪くなる• 高血圧治療薬:血圧を下げるため、血流が悪くなり足に栄養がいかなくなる あまりにもこむら返りが頻繁に発生するという時には、医者や薬剤師に相談してみましょう。 どのような人が病気を疑うべき? ほとんどの方が問題ないと言っても、やはり不安になるのが人間です。 もし、下記の場合は病院で診てもらうのがよいです。 ミネラルや水分不足、足の冷えや筋肉疲労に思い当たるものがない• 何度もこむら返りを繰り返す• ふくらはぎ以外の足がつる 何らかの病気であった場合は、以下の様な可能性があります。 いずれも症状として、こむら返りの原因につながることが発生するものです。 腎臓疾患:電解質バランスが崩れる• 肝機能障害:肝臓、胆嚢の機能障害で筋肉の収縮運動に影響が出る• 閉塞性動脈硬化症:血管の流れが悪くなり足が冷える• 糖尿病:尿が多く排出され、水分やミネラルが不足する• 低カルシウム血症、副甲状腺機能低下症:血液中のカルシウム濃度が低下する• 椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症:飛び出した椎間板が脊髄神経を刺激する 病気であった場合には他の症状も出ることが多いです。 もしだるさやむくみ、喉の渇きなどを感じる場合は内科や神経科、筋肉に異常を感じたら整形外科を受診しましょう。 足がつるのは疲労のサイン いくつかの病名を並べましたが、こむら返りの原因の多くは日々の疲労やミネラル不足が原因です。 最近仕事が忙しくなってきたり生活習慣に変化があったり、ダイエットのために筋トレを始めてみた…と心当たりがある方は多いと思います。 体の疲労のサインとも言えますので、治って眠れた時は安心するのではなく、生活習慣を見直して 水分補給、 冷え対策、 筋肉のストレッチ、これらをしっかり行い自分の体をいたわってあげましょう。

次の