ライン 機種変更 トーク履歴。 機種変更時AndroidからiPhoneにLINEの引き継ぎ方法

機種変更後のAndroidへLineデータの移行方法|AQUOS:シャープ

ライン 機種変更 トーク履歴

LINEのトーク履歴を削除してしまった! またはLINEのトーク履歴が削除されてしまった! LINEを利用していればこのような経験をしたことがある人多いと思います。 機種変更時に上手くデータが引継ぎできなくてトーク履歴が削除されてしまうことはあるあるですよね。 そんなLINEのトーク履歴は復元することは可能なのでしょうか? 実は事前にLINE内でバックアップを取っておけば完璧に復元させることが可能なんです。 ただ、バックアップを取っておかないと完璧に復元することは出来ないので注意してくださいね! 今回はLINEのトークを復元する方法!履歴を削除してもこれで復活!ということで、完璧に復元させる方法をご紹介していきます。 実際にLINEのトーク履歴を復元 本当にLINEのトーク履歴が完璧に復元されているのか確認してみました。 まずはLINEをアンインストールします。 アンインストール後、再インストールしたら自動でこの画面が表示されました。 「トーク履歴をバックアップから復元」を開いてください。 バックアップはWi-Fi環境で行いました。 無事、完璧に復元されていました。 他のトーク履歴も確認しましたが全て復元されていました。 定期的にバックアップを行う LINEのトーク履歴は日々増えていくものです。 バックアップを取るのは1回だけで良い、と言うものではありません。 1ヶ月に1回、3ヶ月に1回など期間を決めてバックアップを取るようにすると良いかもしれませんね。 いつ壊れてもおかしくない、と不安がある方は1週間に1回など頻繁行うと良いでしょう。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

機種変更時AndroidからiPhoneにLINEの引き継ぎ方法

ライン 機種変更 トーク履歴

機種変更を行った際にトーク履歴が消えたというトラブルが後を絶たないそうです。 これは機種変更自体が悪いのではなく、 LINEのトーク履歴はアカウントには 紐づけられていないためです。 個別にバックアップを取らないと トーク履歴の引き継ぎが出来ない というのが原因だといわれています。 基本的にLINEを使用していたスマホを新しいスマホに機種変更した場合 LINEアプリの引き継ぎという作業が 必要となります。 引き継ぎに関してはLINEアプリの設定で、• メールアドレス• パスワード 設定することで機種変更したスマホに LINEアプリをインストールした時に、 メールアドレスでログインを選択すれば 今までのアカウントがそのまま 引き継がれる仕組みになっています。 スポンサーリンク アカウント自体の引き継ぎはさほど問題ない アカウント情報に紐づけられ LINEサーバー上にデータ保存されてある アカウントの• 基本情報• アルバム内の写真• ゲームのデータ• 購入したスタンプ などの情報は、アカウントさえ引き継ぎ できればそれも一緒に引き継がれること になります。 Memoそのため、それらの データに関してはバックアップなども 一切不要で、手間暇かけることなく 引き継ぎできるわけです。 重要しかし、トーク履歴に 関してはアカウントとは紐づけられて おらず、そのデータもLINEサーバー上 には保存されないため、機種変更を 行った時点で新しいLINEアプリでは 消えたという状況になるわけです。 Pointトーク履歴だけは必ず 機種変更前に 個別にバックアップを 取っておかないと一切引き継ぎ できないですし、新しい端末で LINEアプリを起動してアカウントを 移行した時点で 古い端末の履歴も 見れなくなります。 事前のバックアップが非常に重要に なるといえます。

次の

LINEのトーク履歴、機種変更して引き継ぐ方法

ライン 機種変更 トーク履歴

もはやLINEトーク履歴の引き継ぎにパソコンは必要ない 今やトーク履歴の引き継ぎにパソコンは不要。 LINEアプリ上でかんたんにトーク履歴をバックアップ・復元できます。 現在でも一応パソコンを使っての引き継ぎは可能ですが、面倒なうえに公式でも推奨されていないため、おすすめできません。 それでは現在、何を使って引き継ぎをするのかというと、いわゆる「オンラインストレージ」や「クラウドストレージ」と呼ばれるデータ保存サービスです。 具体的には、iPhone版LINEにはAppleの「iCloud」、Android版LINEにはGoogleの「Googleドライブ」を利用したトーク履歴データのバックアップ機能が実装されています。 Googleドライブとは? Googleドライブは、Googleが提供しているクラウドサービス。 「Googleアカウント(Gmailアドレス)」を持っていれば、15GBまで無料で使えます。 Androidユーザーは原則としてGoogleアカウントを持っているので、とくに登録の手続きをすることなくGoogleドライブが使えるはずです。 LINEアカウントの「パスワード」は必ず登録しておく 引き継ぎ途中にパスワードの入力が求められる 2019年2月におこなわれたアップデートで、アカウントの新規作成時にパスワードの登録が必須となり、引き継ぎの際にもパスワードの入力が求められるのが基本仕様となりました。 ただ、以前はパスワードの登録が必須ではなかったので、未登録の人も多いはず。 パスワードが未設定のままだと、トーク履歴の引き継ぎ以前に、LINEアカウント自体を引き継げなくなるおそれがあります。 引き継ぎ前に、自分がパスワードを登録しているか、また忘れていないか必ずチェックしてください。 バックアップを忘れたまま引き継ぎをしてもトーク履歴を復元ができる可能性がある LINEは同じアカウントに2台のスマホで同時にログインできない仕組みです。 機種変更後の旧端末のLINE 機種変更後、新端末でLINEアカウントにログインした後は、旧端末のLINEアプリは機能しなくなります。 そのため、万が一バックアップなしでアカウントの引き継ぎをしてしまった場合、基本的にトーク履歴を引き継ぐことはできないと思っていていいでしょう。 しかし、例外として 旧端末が手元にあり、かつバックアップの存在に気づいたのがアカウントの引き継ぎ中もしくは引き継ぎ直後なら、まだトーク履歴をバックアップ・復元できる可能性があります。 詳しい手順や仕組みは以下の記事に詳しくまとめています。 もし同様の状況で困っている場合は、こちらを参照ください。 Android版LINE:Googleドライブを使ってバックアップ• iPhone版LINE:iCloudを使ってバックアップ• 異なるOS間の機種変更時:テキストでトーク履歴を保存 最初にiCloudまたはGoogleアカウントの設定さえしてしまえば、たいていは数秒から数十秒ほどでトーク履歴のバックアップは完了します。 Android版LINE:Googleドライブを使ってバックアップ バックアップ時のデータ通信量は多くなる可能性があるので、気になるならWi-Fiに接続してからおこなってください。 次に、バックアップ先であるGoogleドライブ(Googleアカウント)を設定するため、[Googleアカウント]をタップします。 なお、「Googleアカウント」の項目が「未設定」ではなく、既にメールアドレスが表示されている人はGoogleアカウントを設定済みなので、上の[Googleドライブにバックアップする]をタップすればバックアップが始まります。 Googleアカウントの設定方法 現在のスマホに登録してあるGoogleアカウントが表示されるので、新スマホでも引き続き利用するGoogleアカウントを選択し、[OK]をタップします。 新規にアカウントを作成したければ、「アカウント追加」へ進み、画面の案内に従ってGoogleアカウントの作成をおこなってください。 Googleアカウントが設定されたら、あとは[Googleドライブにバックアップする]をタップするだけです。 即座にバックアップが始まり、「前回のバックアップ」の項目に当日の日付と容量が表示されます。 これで、すべてのトーク履歴データが一括でGoogleドライブにバックアップされました。 Googleアカウントはすでに設定してあるので、以降は[Googleドライブにバックアップする]ボタンをタップすれば、いつでもバックアップをおこなえます。 iPhone版LINE:iCloudを使ってバックアップ iPhoneでトーク履歴の引き継ぎを実行するには、iPhoneがiCloudに接続されている必要があります。 iCloud Driveがオンであれば、表示されている[今すぐバックアップ]をタップすればバックアップが始まります。 iCloud Driveがオフになっていると、右上の画像のように「iCloudに接続されていません」と表示されます。 この場合は、以下の手順でiCloudの設定をおこなってください。 appllio. com トーク内の画像・動画はKeepやアルバムに保存 いくらトーク履歴のバックアップをしっかり取得しているとはいえ、トークルーム内で共有されているだけの写真や動画は引き継ぎの際に消えてしまうおそれがあります。 大切な写真・動画は、あらかじめKeepかアルバムに保存しておくとよいでしょう。 Keepへの保存方法 Keepは、テキストや写真、動画、音声メッセージなどのファイルを、LINE上に1GBまで無期限で保存しておける機能です。 保存しても共有相手には通知されないので、自分の好きな時に自由に画像を保存できます。 保存したい画像などを長押しして、表示されたメニューのなかから[Keep]を選択。 Keepに保存する画像にチェックを入れて[保存]ボタンをタップすれば完了です。 保存した写真を見たいときは、「ホーム」タブの自分のアカウント名の下にある[Keep>]をタップし、Keep画面の[写真]タブから保存した写真の一覧を確認できます。 ただ、1ファイルが50MBを超えるものは保存期間が30日間に制限されるため、動画など容量の大きいファイルの保存には注意が必要。 そういった場合にはLINEの「ノート」に保存しておくのも一つの手です。 アルバムへの保存方法 アルバムへの保存はKeepと違って、トークルームで画像を共有している友だちにメッセージや通知が届いてしまうのが難点です。 なるべく日頃から画像の共有場所としてアルバムを活用しておけば、自分の機種変更のためのアルバム保存作業によって友だちに通知が飛んでしまって迷惑をかける事態を防げます。 トークルーム内のアルバムに保存したい画像を長押しして、メニューのなかから[アルバム]をタップ。 Keepに保存する画像にチェックを入れて[保存]ボタンをタップすれば、アルバムへの画像保存が完了です。 アルバムを保存すると、上記画像のようにトークルームにメッセージが届きます。 自動バックアップ機能も利用できる 冒頭で述べたように、スマホの紛失や故障に備えてトーク履歴のバックアップはこまめにおこなうことが重要です。 しかし、手作業によるバックアップはどうしても忘れがちになってしまいます。 そんな人は、トーク履歴の自動バックアップを設定しておくのがおすすめ。 iOS版およびAndroid版LINEには、最初にバックアップスケジュールを設定しておくだけで、以後は自動的にトーク履歴が保存できる便利な機能が備わっています。 iOS版LINEのバージョン10. 0以上、Android版LINEのバージョン10. 0以上なら、[バックアップ頻度]というボタン(Android版LINEでは[自動バックアップ]ボタン)が表示されるはず。 この[バックアップ頻度]をタップし、次の画面で「自動バックアップ」の項目をオンにしてください。 続いて、[バックアップ頻度]の項目が表示されます。 これをタップし、毎日3日に1回などの選択肢からトーク履歴の自動バックアップが実行される頻度を選択しましょう。 これでトーク履歴の自動バックアップの設定は完了です。 なお、自動バックアップは、 iPhoneの電源がオンの状態で、かつWi-Fiに接続されていないと実行されません(Android版LINEではモバイルデータ通信によるバックアップも可能)。 夜間など自宅のWi-Fiにつないでいるときに自動バックアップできる、といったイメージで利用するとよさそうです。 appllio. com 機種変更時にLINEのトーク履歴を引き継ぎ・復元する方法 最も標準的なLINE引き継ぎ方法の大まかな流れ(同じ電話番号で機種変更する場合) LINEトーク履歴の引き継ぎ作業には、機種変更前に今まで使っていたスマホでおこなうことと、機種変更後に新しいスマホでおこなうことがあります。 この引き継ぎ手順に従って操作すれば、トーク履歴だけでなくLINEアカウント全体を問題なく新機種に移行できます。 なお、本記事で解説するのは、 機種変更後に同じ電話番号を引き続き使う場合の引き継ぎ方法。 ほとんどのLINEユーザーが該当するはずです。 機種変更によって電話番号が変わるケースや、Facebookアカウントを連携して使っているケースでは、必要な準備や復元手順が異なります。 それぞれの状況に合わせて、下記記事を参考にしてください。 もしメールアドレスが未登録なら登録しておきましょう。 引き継ぎに必ず必要というわけではなりませんが、引き継ぎ時にパスワードを忘れてしまっても再設定ができるなど、登録しておくと万が一のときに役立ちます。 メールアドレスの登録は、下記の記事に詳しい手順が書いてあります。 3 トーク履歴の最新バックアップをとる は前述したのでここでは割愛しますが、引き継ぎ前には必ず最新のトーク履歴をバックアップしてください。 4 アカウント引き継ぎ設定をオンにする 引き継ぎの当日、[アカウントを引き継ぐ]設定を有効化させます。 設定をオンにすると、向こう36時間は引き継ぎ設定が有効になった状態になります。 異なる電話番号への機種変更やFacebook連携のアカウントを引き継ぐときには必須の作業です。 確認を求められるので[OK]を選択して、アカウント引き継ぎ設定をオンに切り替えます。 もし36時間以内に引き継ぎができそうになければ、一旦オフに戻し、引き継ぎ作業ができるようになった段階であらためて有効化させれば問題ありません。 機種変更「後」に新端末で必要な作業• また、iPhoneユーザーは、引き継ぎ作業を始める前に新しいiPhoneの「設定」アプリで「iCloud Drive」をオンにしておくと効率的です。 設定方法は、前述のを確認してください。 2 LINEアプリをインストールして起動する 新しいスマホにLINEアプリをインストールして、起動します。 3 電話番号を入力し、SMSに届いた番号を入力する インストールが完了したら、「LINEへようこそ」の画面が表示されるので、[はじめる]をタップします。 次の画面で端末の電話番号を入力すると、SMSに認証番号が書かれたメッセージが届くので、この認証番号を入力してください。 4 パスワードを入力する 「おかえりなさい〇〇!」と、入力した電話番号に紐付いたアカウント名が表示されます。 自分の情報で間違いなければ、[はい、私のアカウントです]を選んで進みます。 これで新しい端末で自分のLINEアカウントにログインができます。 Android版LINEでは、パスワード入力後「以前の端末ではLINEを利用できなくなります」という確認のポップアップが表示されます。 しっかり引き継ぎの事前準備をしているなら、旧端末が利用できなくなっても問題ないので[OK]をタップしましょう。 5 トーク履歴を復元する ここでトーク履歴を復元できるようになります。 iPhone版とAndroid版で操作が少し異なるので、利用しているOSに合わせて確認してください。 iPhoneからiPhoneにトーク履歴を引き継ぐ iPhoneならパスワード入力の後にすぐ「トーク履歴を復元」の画面が表示されるので、ここで[トーク履歴を復元]をタップ。 「トーク履歴を復元しますか?」という確認ポップアップが表示されるので[続行]を押してください。 この時点で旧端末のLINEアプリは完全に操作できなくなり、「利用できません」という画面が表示されます。 再度「トーク履歴を復元」の画面が表示されます。 バックアップが正常におこなわれていた場合、[前回のバックアップ:]の項目に当日の日付と時間が記載されているはずです。 確認できたら、[トーク履歴を復元]をタップしましょう。 これで新端末へのトーク履歴の引き継ぎは完了です。 AndroidスマホからAndroidスマホにトーク履歴を引き継ぐ Android版LINEでは、「トーク履歴を復元」の画面が表示されたら[Googleアカウントを選択]をタップします。 端末に登録しているGoogleアカウントが表示されるので、バックアップ先のGoogleアカウントを選択してください。 Googleアカウントを選択すると、[前回のバックアップ:]の項目にバックアップしたトーク履歴の情報が表示されるはず。 確認できたら、[トーク履歴を復元]をタップしましょう。 これで新端末へのトーク履歴の引き継ぎは完了です。 なお、Android版LINEではトーク履歴をいつでも復元できるので、新端末での引き継ぎ作業を完了させてからトーク履歴を復元させることも可能です。 6 友だち追加設定・年齢確認をする 続いて、友だち追加設定のオン・オフ設定と(必要であれば)年齢確認をおこないます。 友だち追加設定は、とりあえず オフにしておくことを推奨します。 これらの項目は引き継ぎ完了後にも設定できるので、先を急ぎたければ後回しにしても大丈夫です。 これでLINEアカウントへのログインは完了。 無事にデータを引き継げているか確認しましょう。 7 スタンプ・絵文字・着せ替えを再ダウンロードする 今まで使っていたスタンプや絵文字、着せかえはここまでの手順では復元できません。 今までと変わらないメッセージ入力環境を再現するためには、あらためてダウンロードする必要があります。 [絵文字]タブでは、同じ手順で絵文字を再ダウンロードできます。 8 通知音・着信音などを再設定する 旧スマホでの通知設定は、新スマホに引き継がれません。

次の