静岡 コロナ 人数。 【新型コロナウイルス】都道府県ランキング~PCR検査を実施した人数と陽性者数・陽性率

新型コロナウイルス感染症に係る市主催イベント等の開催に関する基本方針ついて:静岡市

静岡 コロナ 人数

都道府県別のPCR件数と陽性者の割合は次の通りです。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 PCR検査実施人数 陽性者数 陽性率 北海道 7,054人 914人 13. 青の表記はその後、特定警戒都道府県に含まれた6道府県です。 それでは詳細を見てまいりましょう。 当初の緊急事態宣言の期間は、5月6日までの約1ケ月。 ランキングという表現が正しいのか分かりませんが… PCR検査の実施人数が多い順に、都道府県を並べてみます。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 PCR検査実施人数 1位 大阪府 14,842人 2位 東京都 12,841人 3位 福岡県 9,400人 4位 埼玉県 9,324人 5位 神奈川県 8,837人 6位 兵庫県 8,358人 7位 千葉県 8,090人 8位 愛知県 7,846人 9位 北海道 7,054人 10位 広島県 5,433人 11位 茨城県 4,835人 12位 京都府 4,343人 13位 熊本県 3,178人 14位 大分県 3,175人 15位 和歌山県 3,077人 16位 新潟県 3,044人 17位 静岡県 2,780人 18位 群馬県 2,596人 19位 岐阜県 2,404人 20位 富山県 2,392人 21位 山梨県 2,358人 22位 沖縄県 2,312人 23位 山形県 2,246人 24位 福島県 2,094人 25位 長崎県 2,050人 26位 栃木県 2,015人 27位 石川県 1,977人 28位 三重県 1,938人 29位 宮城県 1,910人 30位 長野県 1,818人 31位 福井県 1,771人 32位 香川県 1,739人 33位 奈良県 1,605人 34位 高知県 1,520人 35位 滋賀県 1,314人 36位 山口県 1,290人 37位 鹿児島県 1,287人 38位 岡山県 1,131人 39位 鳥取県 1,124人 40位 宮崎県 1,122人 41位 愛媛県 1,116人 42位 佐賀県 1,077人 43位 秋田県 852人 44位 島根県 830人 45位 青森県 643人 46位 徳島県 469人 47位 岩手県 384人 首位は 大阪府となっていますが、3月20日まで複数の検体を重複カウントしているので、単純比較はできません。 神奈川県(3月22日まで)、 千葉県(3月20日まで)についても、重複カウントがあります。 …にしても、 大阪府の検査数は突出していますね 特定警戒都道府県以外では、 広島県(10位)の検査数が多いですね。 岐阜県(19位)と 石川県(27位)は人口が少ないので、検査件数も多くありません。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 10万人あたり検査数 1位 和歌山県 329. 1人 2位 山梨県 288. 6人 3位 大分県 277. 5人 4位 福井県 228. 8人 5位 富山県 227. 8人 6位 高知県 215. 3人 7位 山形県 206. 1人 8位 鳥取県 200. 7人 9位 広島県 192. 9人 10位 福岡県 184. 1人 11位 熊本県 180. 9人 12位 香川県 180. 8人 13位 石川県 173. 0人 14位 大阪府 168. 4人 15位 茨城県 168. 1人 16位 京都府 167. 6人 17位 沖縄県 159. 7人 18位 長崎県 152. 9人 19位 兵庫県 152. 4人 20位 新潟県 135. 5人 21位 北海道 133. 4人 22位 群馬県 133. 0人 23位 佐賀県 131. 5人 24位 千葉県 129. 3人 25位 埼玉県 127. 2人 26位 島根県 122. 1人 27位 岐阜県 120. 4人 28位 奈良県 119. 9人 29位 福島県 112. 3人 30位 三重県 108. 2人 31位 愛知県 104. 1人 32位 宮崎県 103. 8人 33位 栃木県 103. 5人 34位 神奈川県 96. 3人 35位 山口県 94. 2人 36位 滋賀県 93. 1人 37位 東京都 92. 9人 38位 長野県 88. 1人 39位 秋田県 86. 9人 40位 愛媛県 82. 5人 41位 宮城県 82. 5人 42位 鹿児島県 79. 7人 43位 静岡県 76. 0人 44位 徳島県 63. 7人 45位 岡山県 59. 6人 46位 青森県 50. 9人 47位 岩手県 30. 9人 先ほどとは打って変わって、特定警戒都道府県以外のエリアが上位を占めています。 東京都は 37位… やはり人口が多いエリアほど、実質的な検査人数がまだまだ少ないことが分かります。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 陽性者数 1位 東京都 4,765人 2位 大阪府 1,704人 3位 神奈川県 1,132人 4位 北海道 914人 5位 埼玉県 909人 6位 千葉県 837人 7位 兵庫県 676人 8位 福岡県 651人 9位 愛知県 498人 10位 京都府 341人 11位 石川県 271人 12位 富山県 219人 13位 茨城県 168人 14位 広島県 162人 15位 岐阜県 150人 16位 群馬県 147人 17位 沖縄県 142人 18位 福井県 122人 19位 滋賀県 98人 20位 宮城県 88人 21位 奈良県 88人 22位 福島県 79人 23位 新潟県 78人 24位 高知県 74人 25位 長野県 73人 26位 静岡県 73人 27位 山形県 69人 28位 和歌山県 62人 29位 大分県 60人 30位 山梨県 56人 31位 栃木県 54人 32位 愛媛県 48人 33位 熊本県 47人 34位 三重県 45人 35位 佐賀県 45人 36位 山口県 37人 37位 香川県 28人 38位 青森県 26人 39位 島根県 24人 40位 岡山県 23人 41位 長崎県 17人 42位 宮崎県 17人 43位 秋田県 16人 44位 鹿児島県 10人 45位 徳島県 5人 46位 鳥取県 3人 47位 岩手県 0人 東京をはじめ、特定警戒都道府県が上位を占めるのは、ある意味順当。 むしろ、 富山県、 広島県などは、陽性者の伸び率が高いので、注意が必要です。 特筆すべきは、 岩手 県の0人ですよね 0人をキープできる理由は、• 人口密度が少ないこと(人口密度46位/47都道府県)• ビジネス・観光など人の移動も少ないこと(地域外宿泊者数44位/47都道府県) などが考えられます。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 10万人あたり陽性者数 1位 東京都 34. 5人 2位 石川県 23. 7人 3位 富山県 20. 9人 4位 大阪府 19. 3人 5位 北海道 17. 3人 6位 福井県 15. 8人 7位 千葉県 13. 4人 8位 京都府 13. 2人 9位 福岡県 12. 7人 10位 埼玉県 12. 4人 11位 神奈川県 12. 3人 12位 兵庫県 12. 3人 13位 高知県 10. 5人 14位 沖縄県 9. 8人 15位 群馬県 7. 5人 16位 岐阜県 7. 5人 17位 滋賀県 6. 9人 18位 山梨県 6. 9人 19位 和歌山県 6. 6人 20位 愛知県 6. 6人 21位 奈良県 6. 6人 22位 山形県 6. 3人 23位 茨城県 5. 8人 24位 広島県 5. 8人 25位 佐賀県 5. 5人 26位 大分県 5. 2人 27位 福島県 4. 2人 28位 宮城県 3. 8人 29位 愛媛県 3. 6人 30位 長野県 3. 5人 31位 島根県 3. 5人 32位 新潟県 3. 5人 33位 香川県 2. 9人 34位 栃木県 2. 8人 35位 山口県 2. 7人 36位 熊本県 2. 7人 37位 三重県 2. 5人 38位 青森県 2. 1人 39位 静岡県 2. 0人 40位 秋田県 1. 6人 41位 宮崎県 1. 6人 42位 長崎県 1. 3人 43位 岡山県 1. 2人 44位 徳島県 0. 7人 45位 鹿児島県 0. 6人 46位 鳥取県 0. 5人 47位 岩手県 0. 0人 人口単位で見ても、東京がナンバー1です。 気になるのは、 富山県(3位)、 福井県(6位)など、特定警戒都道府県以外のエリアが上位に来ていること。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 陽性率 1位 東京都 37. 陽性率が高いということは、市中感染が広がり、潜在的な感染者を把握できていないことが推測されます。

次の

75人が新型コロナウィルス検査を受け、全員が陰性 静岡県(静岡朝日テレビ)

静岡 コロナ 人数

静岡県は10日、神奈川県に住む50代の男性が県内の医療機関で新型コロナウイルスの陽性と診断されたと発表した。 肺炎の診断を受け、入院先で酸素投与された状態といい、「中等症、もしくは重症レベル」という。 濃厚接触者の有無は調査中。 県内で感染者が確認されたのは2人目。 県疾病対策課によると、男性は2月26日に神奈川県内で発熱やせきなどの症状が表れ、3月7日午前に神奈川県から新幹線で本県に移動し、持ち家のある袋井市内に滞在した。 その後、9日午後になって体調が悪化、医療機関に救急搬送され、入院した。 検査を受け10日に陽性が確認されたという。 県によると、7日の移動は東海道新幹線新横浜駅午前8時16分発こだま新大阪行き1号車中央付近に乗車。 掛川駅到着後、東海道線の1番線から同9時40分発に乗車し、同9時48分に袋井に到着。 持ち家まではタクシーで移動した。 移動中はマスクと手袋を着用していたという。 8日午後7時半から15分間程度と9日午前11時ごろに、袋井市内にある同じ商業施設の食料品売り場を利用した。 県内での行動は全て1人だった。 利用した鉄道や商業施設は消毒作業した。 10日午後9時半から会見した後藤幹生疾病対策課長は「発熱症状が出た2月26日時点から発症していたと考える」と説明した。

次の

静岡県内の陽性患者一覧、記事リンク【新型コロナウイルス】|静岡新聞アットエス

静岡 コロナ 人数

新型コロナウイルスの感染者確認を発表する浜松市の鈴木康友市長=28日、市役所 新型コロナウイルスの感染者が判明した浜松市で、市の情報公開の内容に市民から不安の声が上がっている。 市は31日までに、感染した男性から聞き取った行動履歴などを発表したが、公開された情報は限られ、任意調査の限界を露呈した。 発症の前後で基準が異なる現行の情報公開の在り方に課題も浮かび上がった。 鈴木康友市長が28日に感染者確認を発表した後も市は、詳細な訪問先や居住区、濃厚接触者となった同居者の人数などを明かさなかった。 男性が調査協力の「条件」として、非公開を求めたためという。 発症前の2週間以内に訪れた店舗名や乗車した新幹線の便名、降車駅などの公表も「2次感染につながる恐れは低い」として見送った点も物議を醸した。 「住んでいる区や行動経路は公表すべき。 分からないままだと余計に不安」。 今春から小学生になる娘(6)を持つ同市西区の自営業女性(34)は懸念を口にした。 同市中区で自治会長を務める男性(65)は個人情報保護の必要性に理解を示しつつ「行動経路をもっと細かく言ってほしかった。 自分と関わりがあったかを確認できれば安心できるのだが」と顔を曇らせた。 行動履歴の公開について、国は基本方針などで他者への感染可能性が低いとされる発症前段階の行動は公表する必要はないとの見解を示している。 運用は自治体の判断だが、これが一つの目安となっている。 市には市民から問い合わせが寄せられているというが、市生活衛生課の担当者は調査への協力が努力義務で信頼関係の構築が必須と説明。 「本人が望まない情報の公開は現状では難しい」とした。 大阪薬科大感染制御学研究室の駒野淳教授(感染制御学)は「当該地域初の感染の確認で、住民の混乱や地域への偏見などネガティブな影響を懸念したのでは」と市の対応に一定の理解を示しつつ、「刻々と変化する状況に合わせ、市民に必要な情報の内容も変化する」とも指摘した。 静岡県内で新型コロナウイルス感染者が新たに3人確認された31日、県は「濃厚接触者がいる、またはいる可能性がある場合は積極的に行動履歴を公表する」との姿勢を明らかにした。 県疾病対策課の後藤幹生課長は「これまでの県内感染者の経路はおおむね県外や国外と判明し、市中で流行が起きている状態ではない」と指摘。 その上で「感染経路の不明なケースが増えれば感染者の急増を引き起こしかねない」と危惧。 こうしたケースでは詳細な行動履歴を明らかにする可能性も示唆した。 静岡医療・健康・福祉の記事一覧•

次の