名和清彦。 高砂西部病院の口コミ・評判(8件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

大昆虫博

名和清彦

夜に急にとてつもない腹痛に襲われ、歩くこともできなくなったので、救急車を呼ぶことになりました。 夜だったこともあり、救急で診察してくれるところが近くではこの西部病院だけだったので、この病院に運ばれま... 夜に急にとてつもない腹痛に襲われ、歩くこともできなくなったので、救急車を呼ぶことになりました。 夜だったこともあり、救急で診察してくれるところが近くではこの西部病院だけだったので、この病院に運ばれました。 すぐにエコーでお腹を診てもらった結果、急性胃腸炎と診断されました。 盲腸の近くの腸が炎症を起こしており、盲腸ではないもののあと一歩で手術をしなければならなかったと言われました。 この日から一週間西部病院に入院することになりました。 部屋は4人部屋でテレビも付いており、特に不自由なくすごすことができましたし、看護師さんも若い優しい人が多く、楽しく入院生活を送ることができました。 しかし、胃腸炎だったこともあり5日間は点滴で過ごし、食事は食べてはいけませんでしたので、とても辛かったです。 ですが、迅速な処置・適切な治療のおかげで一週間で退院することができ、非常によかったと思います。 [症状・来院理由] 職場の健康診断で、安くで受けられる病院を探していたところ、同じ職場の方から教えてもらって受診しました。 [感想・費用・待ち時間・看護師などスタッフの対応] ごくごく普通の健康... [症状・来院理由] 職場の健康診断で、安くで受けられる病院を探していたところ、同じ職場の方から教えてもらって受診しました。 [感想・費用・待ち時間・看護師などスタッフの対応] ごくごく普通の健康診断ですので、大体決められたコースを順番に回り、最終的に健診担当の医師の診察を受ける、といった流れです。 ただ、健診の診察開始時刻が決まっており(たしか2時頃)、それより早くにコース巡回が終わってしまうと、診察開始までしばらく待たなくてはなりません。 担当の医師はあまり愛想はないですが、少しお年を召していらっしゃるようだったので、経験はあるのだと思います。 ビシッと意見を言ってくださるので、人によっては苦手に感じられるかも…。 看護士さんは、基本的にみなさん明るくて親切です。 近隣の病院のなかでは、健康診断のセットでかなり安く感じました。 [症状・来院理由] 急に泣き叫びお腹を押さえて転げまわって痛がった。 しばらくすると収まるものの数分おきにまた痛がって泣き叫ぶ。 木曜日の午後、かかり付けの小児科は電話がつながらず、消防署に電話... [症状・来院理由] 急に泣き叫びお腹を押さえて転げまわって痛がった。 しばらくすると収まるものの数分おきにまた痛がって泣き叫ぶ。 木曜日の午後、かかり付けの小児科は電話がつながらず、消防署に電話してこちらの病院に電話。 症状説明。 [医師の診断・治療法] 診察、エコーで診察。 腸重積症の為、高圧浣腸で整復術。 様子観察のため一泊入院。 [感想・費用・待ち時間・看護師などスタッフの対応] 受付からとても親切でした。 時間外にもかかわらず、快く診察してくださいました。 整復術までの検査等もスムーズにしていただき、早く治していただきました。 入院に関しては、子供だからと個室でした、個室の負担は半額以下一日1000円ほどでした。 トイレ、シャワーつき個室でとても快適でした。 小児科の入院病棟はないようで、周りは一般の方で、気を使いました。 看護師さんの口ぶりから、あまり子供の入院はないようでした。

次の

直言

名和清彦

夜に急にとてつもない腹痛に襲われ、歩くこともできなくなったので、救急車を呼ぶことになりました。 夜だったこともあり、救急で診察してくれるところが近くではこの西部病院だけだったので、この病院に運ばれま... 夜に急にとてつもない腹痛に襲われ、歩くこともできなくなったので、救急車を呼ぶことになりました。 夜だったこともあり、救急で診察してくれるところが近くではこの西部病院だけだったので、この病院に運ばれました。 すぐにエコーでお腹を診てもらった結果、急性胃腸炎と診断されました。 盲腸の近くの腸が炎症を起こしており、盲腸ではないもののあと一歩で手術をしなければならなかったと言われました。 この日から一週間西部病院に入院することになりました。 部屋は4人部屋でテレビも付いており、特に不自由なくすごすことができましたし、看護師さんも若い優しい人が多く、楽しく入院生活を送ることができました。 しかし、胃腸炎だったこともあり5日間は点滴で過ごし、食事は食べてはいけませんでしたので、とても辛かったです。 ですが、迅速な処置・適切な治療のおかげで一週間で退院することができ、非常によかったと思います。 [症状・来院理由] 職場の健康診断で、安くで受けられる病院を探していたところ、同じ職場の方から教えてもらって受診しました。 [感想・費用・待ち時間・看護師などスタッフの対応] ごくごく普通の健康... [症状・来院理由] 職場の健康診断で、安くで受けられる病院を探していたところ、同じ職場の方から教えてもらって受診しました。 [感想・費用・待ち時間・看護師などスタッフの対応] ごくごく普通の健康診断ですので、大体決められたコースを順番に回り、最終的に健診担当の医師の診察を受ける、といった流れです。 ただ、健診の診察開始時刻が決まっており(たしか2時頃)、それより早くにコース巡回が終わってしまうと、診察開始までしばらく待たなくてはなりません。 担当の医師はあまり愛想はないですが、少しお年を召していらっしゃるようだったので、経験はあるのだと思います。 ビシッと意見を言ってくださるので、人によっては苦手に感じられるかも…。 看護士さんは、基本的にみなさん明るくて親切です。 近隣の病院のなかでは、健康診断のセットでかなり安く感じました。 [症状・来院理由] 急に泣き叫びお腹を押さえて転げまわって痛がった。 しばらくすると収まるものの数分おきにまた痛がって泣き叫ぶ。 木曜日の午後、かかり付けの小児科は電話がつながらず、消防署に電話... [症状・来院理由] 急に泣き叫びお腹を押さえて転げまわって痛がった。 しばらくすると収まるものの数分おきにまた痛がって泣き叫ぶ。 木曜日の午後、かかり付けの小児科は電話がつながらず、消防署に電話してこちらの病院に電話。 症状説明。 [医師の診断・治療法] 診察、エコーで診察。 腸重積症の為、高圧浣腸で整復術。 様子観察のため一泊入院。 [感想・費用・待ち時間・看護師などスタッフの対応] 受付からとても親切でした。 時間外にもかかわらず、快く診察してくださいました。 整復術までの検査等もスムーズにしていただき、早く治していただきました。 入院に関しては、子供だからと個室でした、個室の負担は半額以下一日1000円ほどでした。 トイレ、シャワーつき個室でとても快適でした。 小児科の入院病棟はないようで、周りは一般の方で、気を使いました。 看護師さんの口ぶりから、あまり子供の入院はないようでした。

次の

産婦人科

名和清彦

虫の温故知新。 虫を知ることで様々なことが分かる! 虫とふれあい楽しむだけでない、虫から学ぶ新しいスタイルの虫の展覧会を 2010年夏、江戸東京博物館で開催します。 「虫」は今から約 4 億年前に誕生し、その後の環境の変化に適合しながら地球上に広がっていき、現在では約 100 万種の昆虫が確認されています。 そしてその後も毎年数千種以上の新種が発見され、その総数は約 500 万種に及ぶのではないかと言われています。 そんな虫たちは、いつの時代も子どもたちにとって大きな興味の対象です。 さらに地球温暖化をはじめとした環境問題への意識、自然志向の高まりなどの時代の潮流を受け、自然と人間の関わりを感じさせる「虫」への興味は、世代を超えたものになっています。 しかし、虫たちと私たち人間の関わりを、生物学的な視点以外で体験し、学ぶ機会は限られていました。 「虫」と人間は切っても切れない関係であり、特に日本は南北に長い地形と温暖多湿な気候ゆえ虫が多く、日本人は西洋人などに比べ虫と深い関わりを持って暮らしてきました。 衣や食といった身近な事柄から、子どもの時にはカブトムシやクワガタの相撲、トンボ採り、セミ採り、蛍狩りに興じ、そして虫の鳴き声に季節を感じ、歌に詠み、絵に描き、装飾のモチーフ、ことわざなど文化の一部として虫と親しんできたのです。 そして今、虫たちが持つ特殊な能力や仕組みを科学的に分析し、未来に活かそうという試みも始まっています。 そんな日本人と虫のつながりを、江戸・東京という場で再認識し、現代、そして未来の人間と虫との関わりを考えます。 本展覧会は、ただ「虫」の生態を知るだけでない「新しい視点からの虫の展覧会」として、未来を担う子どもたちにも「虫を入り口とした新しい発見」を提供していきたい、という想いのもとに開催いたします。 展覧会のナビゲーターとして、「むしむし探し隊プロジェクト」を推進し、虫に関する造詣が深い「養老孟司氏」「奥本大三郎氏」「池田清彦氏」の 3 名を起用。 日本昆虫協会理事でもあり、東京・世田谷南部の昆虫についての著作もある漫画家「やくみつる氏」にも企画協力を頂きました。 子どもも大人も楽しめる展覧会、ぜひご来場ください。 6 月 22 日以降、会期中は当日料金で販売。 展示構成 蜻蛉文様刀鍔-裏- 中川勝實・作 明治3(1870)年 江戸東京博物館蔵 ZONE-4 大昆虫フィールド 世界中の昆虫標本を自由に見て「驚き」と「興味」を発見しよう 名和昆虫館の貴重な標本を中心に、世界中の様々な昆虫を観察してもらう本展覧会のメインスペースです。 3 人の「虫の達人」が、それぞれの虫の楽しみ方をメッセージする「達人の部屋」をはじめ、「発見」と「観察」をテーマに、映像や音などによる動きのある演出を付加し、来場者自らが「驚き」を創造するゾーンとして、来場者に多面的な虫の面白さに気づいてもらいます。 そこには、監修者である奥本先生の「うんちくパネル」が点在し、標本を見るだけでなく、会場の中で「知識」を「発見・採取」する楽しさにあふれています。

次の