煽り運転。 煽り運転で検挙されると逮捕される? 検挙・逮捕・確保の違いも解説

あおり運転の罰則・罰金・違反点数は?妨害運転・煽りから自分を守る対策は?

煽り運転

煽り運転に対する関心が近年急激に高まっているのは、ドライブレコーダーの登場が一役買っていると言えるでしょう。 このドライブレコーダーのおかげで悪質な運転を録画し保存できるようになり、その映像がニュースなどのメディアでも大きく取り上げられるようになったからです。 これは時代の流れとして、非常に良いことだと思っています。 しかし、煽り運転自体はドライブレコーダーが登場するもっと前からあったはず。 ただ単に今まで表面化していなかっただけで、実際には悲惨な事故に繋がる危険な運転が野放しにされていたのだと思います。 ではなぜ、煽り運転はこの世からなくならないのでしょうか?この疑問に対して私の見解は次の2つです。 自制心が低い人間でも免許が取れるから 2. 自制心が高い人間でも感情によって煽ってしまう可能性があるから 「自制心が低い人」と「高い人」 自制心が低い人というのは、要するに喧嘩っ早くて短気な人です。 街中ですぐに喧嘩したり、暴力を振るったり、我慢という行動が一切出来ないような人の事を指しています。 そして往往にして、この特徴を持った方は犯罪者にもなり易いと言えます。 ですが、現状の日本の運転免許制度の中ではこれを簡単に許してしまうのです。 試験は学科と実技の2つのみで、性格的な適性を見るという項目は一切ありません。 もし仮にあったとしても十分な期間で取り組まないと、猫を被った対象者を見破ることは出来ないでしょう。 見方によっては、「車」という凶器を犯罪者予備軍に与えているようにも思えます。 しかし、おそらくこれは免許制度の改革で大幅に減らす事が可能でしょう。 厳格な適性審査を免許制度の中に組み込む事で、ある程度の効果は確実に得られるだろうと個人的には思っております。 もちろん、それが国の経済に与える影響もあるでしょうが・・・。 そして、今回私が本当にお話ししたいのが2つ目の自制心が高い人。 なぜなら、これは我々一般市民(広義には普通の人)の事だからです。 つまり、ごく普通の人でも、状況によっては危険な運転をしてしまう可能性があるという事。 私が今から述べる事に、おそらく皆さんも思い当たる節があるでしょう。 煽り運転はなぜ起こる? 私達は自分で思っている以上に感情に支配されています。 人間の行動は感情によって左右されるのです。 それは車の運転も例外ではありません。 例えば、皆さんが通勤時に寝坊して遅刻してしまうかもしれない状態の時に、自分の前をのろのろと走っている車がいたらどう思われますか? おそらく多くの方はイライラして仕方がないのではと思います。 時間が迫っていよいよ遅刻する可能性が大きくなってくると、多少無茶な状況でも追い抜いて行ってしまうのではないでしょうか。 煽り運転をする気がなくても、冷静でない心理状態に置かれると知らず知らずの内に、煽り運転のようになってしまっているのです。 当然これは事故の要因にもなり得ます。 運転に適性のあるはずの皆さんでも、 一歩間違えると 危険運転による事故を引き起こしかねないという、良い例です。 実はこの事を雄弁でわかりやすく説明して下さっている方がいます。 偉人の言葉を借りましょう。 およそ人を扱う場合には、相手を論理の動物だと思ってはならない。 相手は感情の動物であり、しかも偏見に満ち、自尊心と虚栄心によって行動するということをよく心得ておかねばならない。 出典:デール・カーネギー 運転はコミュニケーションの一部 また、田舎にはお年寄りの方がのろのろと走っている事が多いのですが、これも私達とバックグラウンドが違い過ぎます。 毎日車に乗り、車の操作に慣れている。 かつ反射神経などの運転能力が全盛期の状態で維持されている私達と、車にあまり乗られない主婦層の方や能力が衰えてきてるお年寄りの方とを比較する事が間違っているのです。 多方向からの視点 原付に乗られた事がある方ならわかると思いますが、原付だと40km程度のスピードでもかなり速く感じるんですよ。 私は昔ママチャリに乗りながら、そのチャリを原付に引っ張ってもらって40kmを出した事があるのですが(良い子は真似しないでね)、正直死ぬかと思うくらいの恐怖でした。 こけたら大怪我ですし・・・。 自動車では遅いと思う速度でも、風圧などを直に感じる事で体感速度は速くなるのでしょう。 おそらくこの現象は、運転の経験や人の感性でも起こり得るものだと思うのです。 私が遅いと思っていても、他の人にとっては恐怖を感じるスピードだったりするのではないでしょうか。 これは多方向からの視点で考えなければわからない事です。 そしてこの客観的な考え方は意識して行うようにしなければ絶対に出来ません。 なぜなら私達は、主観で生きてしまう動物だから。 おわりに 「事故がなくなる時代」というのは、私はいつか必ず訪れると思っています。 それは電気自動車+自動運転によってもたらされる時代。 IOTやテクノロジーの進化によって事故の無い世界を実現するもの。 人間は運転から解放され、車社会に革命をもたらす時代です。 今日ワイドナショーで5Gと自動運転が取り上げられてました。 ティアフォーは今年2月に(おそらく世界で初めて)5Gで接続された複数台の自動運転車(運転席も無人)を一般道で運用しました。 これからサービス化します。 — Shinpei Kato 加藤真平 ShinpeiKato ですが、私は人間が機械に劣るとはこれっぽっちも思っていません。 我々人類にもきっと、ゆとりを持った運転が可能なはずです。

次の

信号待ちでの最適な車間距離と高速道路で重体に中の車間距離はどれくらい?煽り運転の定義も紹介!

煽り運転

警察庁によると煽り運転は『車間距離保持義務違反、進路変更禁止違反、急ブレーキ禁止違反』といった道路交通法違反で取り締まることになるのだという。 ただし車間距離について明確な数値としての基準が記されているわけではない。 あくまでも、状況から危険と考えられる車間距離に詰めているときに煽り運転となり、違反として取り締まられることになる。 ちなみに、前述した速度に応じた車間距離の推奨値は晴れていて路面が乾いているときの目安。 雨でブレーキ性能が落ちている状態では、もっと車間距離をとる必要がある。 実際にはルームミラーいっぱいに後方からのクルマが映っているような状況を煽り運転というのだろうが、それにしても前方を走っているドライバーが、そのことに気付いていなければ「煽られている」とは感じないだろう。 少々、哲学的になるが、どんなに車間距離が短くても、前方のドライバーが煽られていると感じなければ煽り運転ではない。 逆に、後方のドライバーは煽っているつもりはなくとも、前方のドライバーが煽られていると感じたら煽り運転にもなり得る。 このあたり、ハラスメントと似た状況ともいえる。 「煽られているかどうかを確認する方法」を定義するのは難しい。 客観的にいえば車間距離が短い状態ではあるが、運転している状態で後方との車間距離を正確に把握するのは、ほぼ無理といえるからだ。 しかし、そこでの1mの違いを運転しながら計測することは非現実的だ。 別の見方をすると、前方のドライバーが煽られていると感じるのと同時に、後方のドライバーに「煽ってやろう」という気持ちがなければ、純粋な意味での煽り運転は成立していないといえる。 たとえば、高速道路などで大型トラックに挟まれるように乗用車が走っていると、後方のトラックが車間距離を詰めてきたように感じることもあるだろう。 これは、後方のトラックドライバーが、乗用車の前を走っているトラックに目を奪われ、そことの車間距離を適正にとろうとして錯覚的に起きてしまう現象だ。 このとき極端に車間距離が短くなっていれば、道路交通法では車間距離保持義務違反ということになろうが、ドライバーには煽る意思はなかったりする。 前方不注意であることは間違いないが…。 なお、後方から近づくクルマにまったく気付いていないとすれば、それはそれで安全運転とはいえない状況だったりするのでNG行為となる。 周囲に気を配るのはドライバーの役目だ。 不明なときの対応はどうすべきか? さて、難しいのは車間距離が詰まっていると感じたときの対応だ。 後方のドライバーに煽る意思がなく前方不注意で接近しているだけならばブレーキランプを点灯させるなどして、自車の存在を伝えればいい。 しかし、後方のドライバーに煽る意思があったならば不要なブレーキは、さらに怒りの感情を刺激してしまう可能性がある。 そこで冒頭で記した警察庁が示す煽り運転を取り締まる際に適用する違反行為を見てほしい。 ここには『進路変更禁止違反』と『急ブレーキ禁止違反』とあるが、これはいずれも後ろから煽る行為ではなく、悪意を持って相手車両の前に出て行なう行為を想定したもの。 そのレベルまで怒りの感情が高まってしまうと被害は大きくなってしまう可能性がある。 煽り運転をされているかどうかを判断するのではなく、煽られているかもと感じたら、どうにかして距離を置く、逃げることを最優先で考えるべきだ。 高速道度であればPA・SAに入るのもいいだろう。 その際に、相手が追いかけてくるようならクルマのドアをロックして、携帯電話などで警察を呼ぶといった対応をしたい。

次の

煽り運転の通報は意味ない?通報されたらどうなる・逮捕やその後についても

煽り運転

余罪も疑われる佐藤竜彦容疑者 愛知県内の高速道路でエアガンを発射した煽り運転。 「またか……」と感じた人々も少なくないだろう。 その容疑者として、14日に兵庫県尼崎東署に出頭し、逮捕されたのは、筆者の中学の後輩、佐藤竜彦(40)だった。 「佐藤は兄弟分に連れられて、しぶしぶ警察に出頭したようだ」(筆者の知人) エアガンの犯人が佐藤と知った時、驚きがなかったといえばウソになるかもしれない。 だが同時に「やはり竜彦か……」という思いも少なからずあった。 なぜならば、13日の時点で、容疑者が40歳の男で尼崎市出身、覚醒剤の前科があるということまではすでに掴んでいた。 そして、エアガン……よくよく考えて見ると、著者の知る限り、それに該当するのは佐藤しかいない。 著者の地元、尼崎・塚口でも多くの人間が「やっぱりか」という同じ感想を持っていた。 つい先日、宮崎文夫容疑者(43)による常磐道での煽り運転が問題視されたなかで、その余韻が冷めやらぬにうちに、「なぜ同じようなことを行う輩がいるのか」と理解に苦しんだ人も多いだろう。 だが、そんなことは佐藤には関係なかった。 なぜならば佐藤は20数年前から今に至るまでずっと、覚醒剤、窃盗、煽り運転、エアガンの不正使用を繰り返し続けていたからだ。 佐藤にとって、それはライフスタイルだったのだ。 だからといって、佐藤を知る人間は、彼に対して凶暴性といったイメージを持っていないし、佐藤にとってもそれらの行為は遊びの延長線上に過ぎなかったのだと思う。 その甘えた意識がなにより問題だったのだ。 佐藤は筆者の中学の後輩であり、同じ暴走族の後輩にもあたる。 ただ決してリーダーのような存在ではなく、その世代には佐藤より目立っていた後輩が何人もいた。 そのため十代の頃の佐藤の印象は、ほとんど筆者の記憶にはない。 だが佐藤は、相手の懐に入ることに長けており、その後、筆者もかわいがっていた時期があった。 佐藤が初めて刑務所に務めることになった際には、差し入れなどの面倒を見たりもした。 筆者以外にも、佐藤の周囲にはそうした人間が少なからずいた。 しかし、その後も佐藤は刑務所を出たり入ったりを繰り返した。 筆者の耳に入っている話も、ろくなものがひとつもなかった。 更生してほしいという周囲の期待を裏切り続けてきたのだ。 これまでのことを考えると、佐藤は再び逮捕される可能性は高いと思われる。 もうそろそろ良いのではないか。 これだけ社会的に注目される事件を起こしてしまったことをきっかけに、二十歳前後で止まってしまった体内時計を動かし始めても良いのではないか。 先輩として、今回の刑務所暮らしでしっかり罪も償い、復帰後は社会に迎合し、生まれかわった姿をこれからの人生を通して見せていってほしいと切実に願うばかりである。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新刊は、元山口組顧問弁護士・山之内幸夫氏との共著『山口組の「光と影」』(サイゾー)。

次の