美容整形 芸能人。 整形で顔面崩壊する人とは?高須克弥院長が明かす「失敗パターン5つ」

【衝撃】世界の芸能人 整形失敗画像がすんごい!?

美容整形 芸能人

真崎医院はどんな病院? <出典元:> まず、 「真崎医院」という病院がどんな病院なのか知らない人のために、簡単に「真崎医院」について紹介していきたいと思います。 「真崎医院」のキャッチコピーは、 「世界で認められているプライベートセレブクリニック」です。 つまり、世の中のセレブと言われている人が、人目を気にすることなく、プライバシーが守られながら完全個室で美容整形治療を受けることができる病院のようです。 真崎医院の場所 <出典元:> 「真崎医院」の場所ですが、場所は東京の代官山にあります。 代官山といえば、東京を代表するオシャレな街ですよね。 「真崎医院」は東急東横線の代官山駅から 徒歩5分の所にあります。 真崎医院はなぜ芸能界御用達になったのか <出典元:> では、数多くある東京の美容整形外科の中から、なぜ「真崎医院」が 芸能界御用達になったのでしょうか。 芸能界御用達ですから、数多くの有名人・著名人が来院しているわけで、ここは一般人でも気になるところですよね。 なぜ「真崎医院」が芸能界御用達になったのかについて調べてみたところ、この理由はどうも 「真崎医院」の設立に関係しているみたいですね。 「真崎医院」の設立、開院は2007年8月。 元々、有名美容外科である 共立美容外科の総院長であった真崎信行氏が開設したクリニックです。 二重の名医と言われている「真崎医院」院長・真崎信行氏 <出典元:> 「真崎医院」院長の真崎信行氏は、1989年の共立美容外科の開設にも携わっており、その後は約20年もの間、共立美容外科グループの総院長を努めていたそうです。 共立美容外科時代から美容外科医の名医として国内外でも知れ渡っており、特に 二重の名医として有名とのことです。 当院の院長である真﨑信行は、『共立美容外科』の総院長として20年余りを過ごし、2007年夏、『真崎医院』を代官山に開院致しました! これまでに数々の手術や治療を手掛けると共に、医療器具や技術の開発にも携わって参りました。 共立美容外科においては、ほとんどの芸能人や著名人の手術・治療を一手に引き受け、さらには、TBSドラマ『美しい人』の医療監修をおこなうなど、 その活躍は多岐にわたります。 この度、その集大成として共立美容外科の総院長を退き、プライベートクリニックである真崎医院をスタートさせました。 <引用元:> 美容外科医としての技術は評価も高く、共立美容外科では ほとんどの有名人・著名人の担当をしていたんだそうです。 そして、共立美容外科時代に主に有名人・著名人の担当をしていたことから、その流れで「真崎医院」が 芸能人御用達と言われるようになっていったようですね。 スポンサーリンク 院長の真崎信行氏は、各メディアからも美容外科の名医として注目されているんだそうです。 芸能人御用達「真崎医院」の秘密 <出典元:> 芸能人御用達の「真崎医院」の秘密とは、 院長である真崎信行氏が今まで担当してきた有名人・著名人は誰なのかということです。 真崎信行氏は美容外科医として30年近く活躍し、有名人・著名人を担当してからは20年以上の月日が経っているとのことなので、今まで本当に数多くの有名人・著名人を担当してきたと思います。 特に真崎信行氏は「二重の名医」とまで言われている方ですから、数多くの有名人・著名人の二重瞼を手術してきたのではないでしょうか。 しかし、実際には真崎信行氏が自分の口から今まで担当してきた有名人・著名人を明かすことは絶対にないと思います。 それは医者としての守秘義務であり、今までこの守秘義務を果たし、守ってきたからこそ、真崎信行氏は20年以上も芸能人御用達として活躍しているわけです。 ですから、あくまで噂の域を出ませんが、真崎信行氏が担当していたと噂される有名人・著名人を調べていきたいと思います。 篠原涼子 <出典元:> まず、最初は女優の 篠原涼子です。 篠原涼子はデビュー当初と比べると目がくっきり二重になり、目頭切開で目が非常に変わったと言われています。 <出典元:> こんな感じでデビュー当初とは目が変わってますね。 これは真崎信行氏による目頭切開によるものと言われています。 北川景子 <出典元:> 次は女優の 北川景子です。 北川景子も目を整形していると以前から噂されている人物です。 <> これは北川景子の小学校から中学にかけての写真ですが、目の印象が大分違いますね。 北川景子の目は「真崎医院」の真崎信行氏が担当と噂されています。 西野七瀬 <出典元:> 次は女優の 西野七瀬です。 乃木坂46のエースであった西野七瀬も、乃木坂時代に目の二重手術をしたと言われています。 <出典元:> これは西野七瀬の乃木坂46加入時の写真ですが、目の印象が大分違いますよね。 乃木坂46の初期の頃に「真崎医院」の真崎信行氏の担当で目の手術をしたと噂されています。 指原莉乃 <出典元:> スポンサーリンク 次はタレントの 指原莉乃です。 指原莉乃もAKB48、HKT48時代に整形をしていると言われています。 <出典元:> こんな感じで、以前と比べると目の二重の幅が明らかに広くなっていますよね。 これは「真崎医院」の真崎信行氏の手術によるものと噂されています。 板野友美 <出典元:> 元AKB48の 板野友美もAKB時代に整形をしていると言われています。 <出典元:> この写真でも分かる通り、デビュー時とは外見がかなり変化していますね。 板野友美は「真崎医院」の常連とまで噂されている芸能人です。 篠田麻里子 <出典元:> 板野友美と同じく、元AKB48の 篠田麻里子も整形と噂されています。 <出典元:> こんな感じで篠田麻里子もデビュー当初とはかなり外見が変化してますが、この篠田麻里子の担当も真崎信行氏と噂されています。 愛澤えみり <出典元:> 次はタレントの 愛澤えみりです。 愛澤えみりといえば「伝説の嬢王」と呼ばれている元キャバ嬢で、キャバクラ勤務時代は新宿歌舞伎町界隈では知らない人はいないとまで言われていた超人気キャバ嬢です。 現在はタレント活動をしており、YouTuberとしても人気ですね。 愛澤えみりは実際にYouTubeで整形をカミングアウトしていて、今まで目と鼻を整形しているそうですが、その担当をしたのが「真崎医院」の真崎信行氏と言われています。 真崎医院の治療に失敗はあるの? <出典元:> 芸能人御用達で名医の名を欲しいままにしている真崎信行氏の「真崎医院」ですが、真崎医院の治療に 失敗はあるのでしょうか。 これについては詳しい情報は出てきませんでしたが、治療という名の元で、今まで全く失敗がないというのは返って信憑性に欠けるところがあります。 どの程度を失敗とするかは難しいところですが、例えば患者さんが求める治療ではなかったというようなレベルの出来事はあったのではないでしょうか。 100人の患者さんがいたとして、その全ての患者さんを納得させるのは困難ですし、今までにも小さな失敗と呼べるものはあったのではないか思います。 それでも20年以上もの間、名医と呼ばれているのは、限りなく失敗が少なく、中でも有名人・著名人と言われる人を納得させるだけの技術力があるからに他ならないと思います。 真崎医院の口コミ <出典元:> 「真崎医院」の口コミについても調べてみましたが、評判のいい口コミが多いですね。 40代になり、コンタクト利用が原因で目を開けるのに重さをかんじ、頭痛も肩凝りもひどくなり来院し、相談。 当時の口コミもかなり良く、施術もしっかりとしていただき、数年経つ今でも左右問題なく、頭痛などの症状も気にならなくなりました。 何より、プライバシーをしっかり守ってくれるため、他の患者の気配を全く感じることなく、ラグジュアリーな環境の中で安心できました。 おすすめです。 <引用元:> 私は昨年の春に真崎医院で二重手術を行いました。 他のクリニックのことはわかりませんが、真崎医院はメールや電話の対応も早いし、 院長の真崎先生はカウンセリングで丁寧に質問に答えてくれとても安心できましたよ。 実際に手術結果も理想どおりでとても満足できるものでした。 真崎医院の料金設定は他院に比べ少し高めですが技術は確かです。 今HPを見てみると日本学会の会長を務めるようです。 顔の事なので質問者様が安心でき、実力を持っている先生にまかせるのが 一番だと思います。 <引用元:> ここは芸能人御用達で、ここの院長は共立にいた時もほとんどの芸能人を担当していましたね。 これは事実。 受付などの対応もいいし、芸能人御用達は事実でしょう。 知り合いが他院で埋没気に入らなくて(ものすごく腫れたそうです)それを真崎で修正をしたと聞きましたがとても上手だそうです。 修正に関しても得意分野だと思います。 海外のセレブなども真崎医院を利用している人は多いですね。 <引用元:> このような口コミが多数あり、「真崎医院」はとても評判が良く、真崎信行氏は名医と言えるほどの技術力を持っていると言えるのではないでしょうか。 真崎医院の得意分野は二重、眼下下垂、埋没などの治療 <出典元:> 「真崎医院」の得意分野と言われているところは二重、眼下下垂、埋没など、目に関わるものが多いようです。 真崎信行氏が二重の名医と言われているだけであって、目に関する治療が得意のようですね。 ROLAND(ローランド)とのコラボ <引用元:> 最近では「真崎医院」と ROLAND(ローランド)とのコラボが進められているようです。 ちなみにROLAND(ローランド)も二重の整形をしていますが、これは真崎信行氏によるものではないそうです。 それとは別に、「真崎医院」とROLAND(ローランド)のコラボが始まったようです。 <出典元:> コラボの内容は、ROLAND(ローランド)がプロデュースしているブランド「ROLANDALE」(ローランデール)が発売するサプリメントを真崎信行氏が監修するという形でのコラボなんだそうです。 美を追求するROLAND(ローランド)と、美容外科医として美を追求してきた真崎信行氏のコラボはかなりの話題になっているんだそうです。 真崎医院の今後 <出典元:> 2008年の開院以来、評判を上げ続けている「真崎医院」ですが、今後はどうなっていくのでしょうか。 東京には数多くの美容外科が存在し、芸能界御用達とはいえ、決して胡坐をかいていられる状況ではないと思います。 ですが、有名タレントとのコラボや、数々のメディアでの監修など、医療以外でも活動の幅を広げている「真崎医院」はこれからも美容外科の第一線に居続けるのではないでしょうか。 おそらく、本当の「真崎医院」のターニングポイントと言えるのは院長である真崎信行氏が引退をした時ではないでしょうか。 それまでは芸能人御用達の美容外科としての地位を確立しながら、活動の幅を広げていくのではないかと思います。 これからも芸能人御用達として数多くの有名人・著名人の担当をし、決して明かされることのない「真崎医院」の秘密を増やし続けていくのではないでしょうか。

次の

目の下のたるみを整形した芸能人

美容整形 芸能人

もくじ• 芸能人御用達の美容整形外科6つ 芸能界には、ある種の独特なネットワークがあります。 そのうちの一つが、美容整形に関するもの。 女優やモデルなどは情報を共有し、信頼できる美容クリニックで整形などをしているんです。 では具体的に、どのようなクリニックで施術を受けているのか。 この記事で紹介していきましょう。 kyoritsu-biyo. 確かにクオリティは高いです。 非常に自然な仕上がりになりますし、痕なども残らないように配慮してくれますよ。 かつ、 プライバシーを厳守してくれるのもポイント! 秘密を守ってくれることは、芸能人にとっては特に重要なことですよね。 形成外科や麻酔科、脳神経外科など、各分野の専門医が在籍しているのも共立美容外科の特徴。 救急専門医までいるので、整形する人にとっては、非常に安心感が強いです。 手術に使用する機器などもオリジナルのものが多く、共立美容外科でしか受けられない施術もあるほど。 顔はもちろん、ボディ、お肌、歯の治療も受けられます。 このクリニックだけで、全身綺麗にできるのも嬉しいですね。 dr-masaki. 芸能人が多くお世話になったとされている共立美容外科の総院長だったわけですから、これだけでも安心材料となります。 待合室も完全個室なので、誰にも知られずに美容系の施術を受けることができますよ。 おしゃれな空間でリラックスしながらカウンセリングと施術を受けたい人には特におすすめです。 「真崎式オリジナル二重」など、オリジナルの手術も考案しています。 できるだけダメージを減らす手法で、とても自然な仕上がり。 他にも、従来の手術の欠点をクリアした美容施術を多く取り入れています。 最新技術の導入も早いので、先進的な治療に興味がある人とも相性が良いでしょう。 アンティークなイメージの椅子やテーブルが置いてある待合室など、とても美容クリニックとは思えません。 女性はこの空間に居心地の良さを感じるでしょうね。 院長は近藤惣一郎氏。 TVなどにもしょっちゅう出てるので、知っている人も多いのではないでしょうか。 若々しい印象に仕上げてくれます。 この施術は毎日のようにやっているそうなので、信頼度も高め。 確実に若返ることができるでしょう。 特に、アイドルが多く通っているようですよ。 若い人でも頼りにしているクリニックなので、年齢問わずに利用してみるといいでしょう。 s-b-c. 年間の来院者数は200万人以上。 日本の最大手といってもいいでしょう。 自宅からネットで無料相談を受け付けてくれているのも嬉しいですね。 まずは話を聞いてみてもいいかもしれません。 目、鼻、フェイスライン、エイジングケア、シミ、シワ、美肌など、あらゆる美容施術を行っています。 全身でできない箇所はないほど。 二重の治療だけでも「クリックコスメティーク・ダブル」、「フォーエバー二重術」、「湘南二重術」など複数の治療を用意。 外科的な大掛かりな治療から、すぐにコンプレックスとサヨナラできる手軽な施術まで、幅広く対応。 専門知識や熟練した技術を必要とする繊細な整形手術も手がけています。 頬を挙げて若い印象を作り上げる 「スレッドリフト」では、国内でリッツ美容外科が最初に導入した特殊な糸で施術。 自然な表情を失わずに頬をリフトアップ。 整形をしたと周囲に気づかれたくない女性には特におすすめですね。 特に、鼻翼縮小や鼻尖形成など、鼻の手術において評判の高い美容外科です。 takasu. 美容整形に興味があって、このクリニックを知らない人はいないでしょう。 女性芸能人も多く利用しています。 整形業界では第一人者のクリニックという事もあり、美容整形であれば、ほぼなんでも対応できるクリニックです。 例えば、目元に関する施術だけでも、細分化すれば20以上もの施術を用意。 どのような希望でも叶えてくれるのが高須クリニックの強みです。 医師たちの腕も確かです。 仕上がりには必ず納得できるでしょう。 ただ、院長の高須克弥氏は、度々メディアでぶっちゃけてしまっていますね。 オンエアでは名前は伏せてありますが、スタジオで整形している芸能人の名前を暴露してしまうこともあります。 そのことを懸念して、あえて高須クリニックでは整形をしない女性芸能人もいるほど。 確かな腕を取るか、それとも手術後の高須氏の暴露の心配をして他のクリニックに行くか、難しい選択になりそうですね。 芸能人の美容整形は当たり前の時代 女性芸能人にとって、美容整形は決して珍しいことでもなく、おかしなことでもありません。 むしろ積極的に行っている人が多いですね。 それはもちろん、お仕事のため。 売れるためには、どうしてもルックスが良い方が有利。 少しでも自分を良く見せるために整形するんですよ。 ちょっとルックスがいいぐらいではすぐにライバルに抜かれてしまいます。 ぼくは芸能事務所の経営に携わっていたことがありますが、うちの事務所にも、売れる前から整形している子が何人もいましたよ。 そのうちの一人はパッチリの目に整形をして、鼻や輪郭などにも手を入れてましたね。 それまではオーディションの結果もパッとしませんでした。 整形後は、比較的目立つ役をもらえるようにもなって、事務所の経営を楽にしてくれるほど売れてくれました。 整形前と後では、表情も明るくなりましたしね。 ポジティブになれたことも大きかったのかな。 審査員たちにも良い印象を持ってもらえたんでしょう。 売れる芸能人にとって大事なことについて解説しています! オーディションに受からない人は以下の記事もおすすめです! アイドルの子も整形をしている人は多い 最近のアイドルは大所帯じゃないですか。 周りの子よりも目立とうって考えて、整形する子も多いんですよ。 その連鎖で、グループ内みんな整形するっていうね(笑) そういう現象も起こってます。 演歌界でも整形をしている人は多い 演歌歌手も整形している人は多くて、この業界は特に男性が多いんです。 美を追い求めてるっていう点では同じなんだけど、整形依存症に陥っている人もいますね。 もちろん女性の演歌歌手も、結構な割合で顔をいじってますよ。 ちなみに、芸能人の美容整形の場合それにかかった費用は経費で落とせる可能性が高いです。 モデルにしろ女優にしろ、整形をすることで仕事が増えることは多いですからね。 ぼくの事務所にいた子の例を見ても、それはわかるでしょう。 仕事を得るということは収入を増やすということ。 収入を増やすために使ったお金と考えられるので、美容整形もやり方によっては経費で落とせるんです。 芸能人が経費で落とせるものの詳細はこちらの記事をご確認下さい。 美容整形とは少し違うかもしれませんが、芸能人がしている美容系施術といえば歯列矯正。 歯列矯正に関しては、美容整形よりも、さらに多くの芸能人がやっています。 ジャンルや性別問わずね。 これも売れる前にやっておいた方がいいですよ。 本当に印象がまるで変わりますから。 芸能人の歯列矯正に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。 芸能人の整形はプライバシー対策が万全のクリニックで行われる 整形していると噂の芸能人の名前は、何人か思い浮かべることができますか? 実際に整形をしたと確証が持てる芸能人は、そこまで多くはないはず。 本人が公表しなければ、視聴者などにはわからないからです。 クリニックから情報が漏れることも、基本的にはありません。 芸能人の整形は特にプライバシー対策がしっかりと出来ているクリニックで行われますから。 芸能人もそういうところを選びますし、芸能人を顧客に持つクリニックも、そういう体制を整えています。 完全予約制で、待合室すらも個室になっているクリニックであれば安心! 他の患者さんと出くわしてしまう心配もありませんよ。 芸能プロダクションと提携ということは、そのプロダクションに所属しているタレント全員が、そのクリニックで整形しているということになってしまいます。 プロダクション名が公表されているなら、これはかなり危険。 所属タレントが整形していると公にしているものですから。 確かに芸能人で整形している人は多いですよ。 でも、個人名が特定されるのは、事務所側も避けたいと考えています。 プロダクション名が公表されていないなら、なおさら信じられませんね。 そう表現してお客さんの信頼を得ようとしていると考えた方がいいです。 つまり、そのクリニックは嘘をついているか、誇大広告をしているということ。 中には本当に提携しているところもあるとは思いますが、 もしこのような表現をしているクリニックがあったら注意しましょう。 芸能人に多い整形箇所は「目・鼻・輪郭・胸」 芸能人が整形をする場合この4つが女性芸能人の整形の定番ですね。 胸 目の整形手術 芸能人が行う目の整形手術の一例を挙げると下記のとおり。 埋没法 一重や奥二重の人が行う定番の施術。 メスを使わず糸を使って理想のまぶたを作り上げるので身体へのダメージを抑えることができる。 両目で10万円前後 全開切法 くっきりとした二重まぶたが作れる施術。 メスを入れる手術なのでリスクは埋没法より高い。 両目で20万円を超えるケースが大半 目頭切開・目尻切開 目と目の距離を調整・改善させる施術。 目が大きく見える効果もあります。 メスを入れる手術。 両目で20万円前後 TVで整形をカミングアウトしたタレントの水沢アリーさんは、おそらく埋没法。 本人いわく現在は整形をやりすぎて、どの箇所をどう整形したのか覚えていないそうですよ。 鼻の整形手術 鼻の整形手術の一例を挙げると下記のとおり。 女性芸能人も、鼻を高くする場合には、ほとんどがこの方法を取り入れています。 シリコンプロテーゼを入れる 鼻の穴の中を数ミリ切開しシリコンプロテーゼを挿入する施術。 鼻を高くして鼻筋を通し半永久的に美しい鼻を保てる。 メスを入れる手術。 30万円以上は必要 ヒアルロン酸を注射する メスを使用しない注射のみの施術。 手軽にすっきりと鼻のラインを整えることができる。 継続的に受けなければ元の状態に戻る。 10万円以下でできる場合もある 小森純さんは、鼻にヒアルロン酸を注入したとカミングアウトしていますね。 輪郭の整形手術 あまりにも印象が変わってしまうので、そこまで多くはありませんが、輪郭を整える整形手術をする芸能人もたまにいます。 エラを削ったり頬骨やアゴの骨を削る手術ですね。 これは結構大掛かりな手術になるので、費用も100万円超えが一般的。 豊胸手術 顔以外で言うと、胸の手術をしている芸能人も多いですね。 豊胸手術にもいろいろなパターンがあります。 コンプレックスを解消したい人はもちろん、グラビアアイドルなど仕事柄胸がないと困るという芸能人も豊胸手術をするケースがあります。 ヒアルロン酸豊胸 ヒアルロン酸を注射で胸に注入する施術。 最も手軽にバストのボリュームを大きくできる。 永久的な効果はなく、ヒアルロン酸の種類にもよるが他の2つに比べて持続期間は短期間。 シリコンバッグ豊胸 シリコンバッグという人工物を胸に挿入する施術。 メスを使用するためリスクが高い。 半永久的に持続するが安全面を考え10年に1度検査する必要がある。 他の2つに比べて大幅なバストアップが可能。 脂肪注入豊胸 自身の皮下脂肪を抽出し胸に注入する施術。 アレルギーなどの拒否反応が起こりにくい。 注入した脂肪は吸収されるので継続的な追加注入が必要。 豊胸をしなくてもバストアップする方法はあります。 グラビアアイドルや芸能人が実践するバストアップ法に関してはこちらの記事をご覧ください。 手軽にできるプチ整形をする一般人は多い 芸能人ではなくても、美容クリニックなどで施術を受ける人は多いです。 一般の人にとっても、整形って少しずつハードルが下がっていっているような気がしますね。 特に多いのが「プチ整形」をする女の子。 確かに手軽だし、やってみる価値はあるかなと個人的にも思いますよ。 プチ整形というのは、メスを使わない施術のこと。 プチ整形の種類 ・埋没法 ・ヒアルロン酸注入 ・シワ治療 ・シミ治療 ・小さなホクロ除去 などがあります。 薬剤やレーザーを使った治療や、ちょっとだけ糸で縫うなど、そのようなものをプチ整形と呼んでいます。 一般人でもプチ整形をしている人が多いのは、料金が安いから。 日帰りでOKなので、手軽な点もメリットです。 にもかかわらず、芸能人のような憧れのルックスに近づくことができます。 例えば、目にコンプレックスを持っているなら、プチ整形から試してみるのもいいでしょう。 二重が自分に似合っていると思えば、今度はメスを入れる手術で本格的な二重を手に入れればいいんです。 また、プチ整形の中には時間の経過とともに元に戻るものもあります。 これなら、失敗しても大丈夫ですよね。 自分をより良くするために、お試しでやってみるのはありでしょう。 実際にあった美容整形の成功・失敗談 ぼくが芸能事務所の経営に携わっていた時のお話をしましょう。 もちろん、美容整形がらみのお話。 2人の女の子のお話ですが、どちらも整形をしていました。 その後どうなったのかをお伝えしていきます。 高級クラブで働いて整形をしたTちゃん Tちゃんという女の子がいました。 彼女は芸能事務所には入っていたけど、仕事がほとんどありませんでした。 もともと自分の顔にはコンプレックスを持っていたようです。 特に鼻ですね。 低くて少し丸っこかったんですけど、いつもそれを気にしていました。 その鼻を整形したのは、Tちゃんがまだまだ売れる前。 本人いわく、 「有名になる前に顔を整えておいた方がいい。 売れた後じゃできないから」とのこと。 まあ、一理ありますね。 鼻筋も通って、印象が変わったTちゃん。 より万人から綺麗だと思われるような印象になったためか、その後お仕事が舞い込むようになり、バイトをせずとも芸能のお仕事だけで食べていけるようになりました。 ちなみに、Tちゃんがしていたバイトは高級クラブのホステス。 ぼくもよく行っていたで働いていました。 夜のお店で働き出したのも、整形をするお金を貯めるためだったとか。 確かにガッツリと稼げますからね。 さらにホステスたちから、美容整形の情報もたくさん受け取る事が出来たそうですよ。 彼女は、このバイトと、それで貯めたお金を使った整形で成功を勝ち取った一人。 何もかもが良い方向へと進んだ例です。 整形が裏目に出てしまったSちゃん Sちゃんという女の子がいました。 彼女もTちゃんと境遇はほぼ同じ。 芸能のお仕事だけでは食べられませんでしたね。 Sちゃんは、有名になりたいという願望はとても強くやる気もあったんだけど、いかんせん、見た目がそこまでよくありませんでした。 ぼくから見ても、確かにパッとしないし売れそうもないルックスでしたね。 申し訳ないけど・・・。 彼女は、目と鼻、唇を整形。 結構思い切った整形をしたんだけど、 ちょっとやりすぎた感が出てしまったんです。 見るからに整形という感じ。 自然じゃなかったんですよね。 結局Sちゃんは、大きなお仕事ももらえず、そっと芸能界を引退しました。 ガッツリ整形しすぎて、いわゆる「量産型」の顔になってしまうと、個性が死んでしまうリスクがあるんですよね。 顔をいじり過ぎるよりも、もう少しキャラなどを磨いていれば、結果は違ったかもしれません。

次の

美容整形していない芸能人10選!整形なしの美人な女優はいない?

美容整形 芸能人

この記事の目次• 整形依存症とその症状 整形依存症とは、美容整形をどんどん繰り返してしまう状態のことです。 1回の美容整形では満足することができず、次から次へと美容整形をしていくのです。 「整形依存症」という正式な病名はありません。 ただ、依存症というのは、「それをせずにはいられない!」という状態ですので、整形依存症は「美容整形をせずにはいられない」という状態なのです。 美容整形を繰り返してしまう 一般的に美容整形は自分のコンプレックスの部分にメスを入れて、コンプレックスを解消したら、それで終了ですよね。 でも、整形依存症の人は、例えば目を二重にしたら、それで終了というわけではありません。 目を二重にして、次は目頭切開をして、鼻を高くして、小鼻を小さくして、顎を細くして、脂肪吸引をして、豊胸して・・・のようにどんどん整形をしてくんです。 しかも、1度整形した部分でも満足せずに、再びメスを入れることもあります。 美的感覚がずれていってしまう 出典: 周囲から見ると、「もう十分にキレイだよ」という状態になっても、本人は満足せずに美容整形を繰り返すんです。 「私はまだブス!この部分が気に入らない!」と思い込んで、美容整形を繰り返すんですね。 整形依存症になると、美的感覚がおかしくなり、「整形する前の方がキレイだったのに」、「不自然過ぎるよ」という状態になることもあります。 日常生活が破綻することも 整形依存症になると、日常生活が破綻することもあります。 整形依存症になると、「整形せずにはいられない!」という状態になるんでしたよね。 整形したい!という気持ちが抑えられず、美容整形をするために、仕事や学校を休みがちになり、クビになったり退学になることがあります。 また、美容整形は費用が高いです。 でも、整形をしたい。 そのために、借金を作ってしまうこともあるんです。 仕事や学校に行かなくなり、さらに多額の借金を背負うことになって、お先真っ暗な状態になってしまう。 それが整形依存症の症状なのです。 整形依存症の原因は醜形恐怖症 整形依存症の原因は、醜形恐怖症と言われています。 醜形恐怖症とは、自分をブスだと思い込んで、自分の容姿が嫌いで嫌いで仕方がないという状態ですね。 周囲の人から見たら、「別にブスじゃないし、一般的な容姿だし、むしろかわいい」という容姿でも、醜形恐怖症になると、「自分はとんでもないブスだから、人に顔を見られたくない。 人にこんな顔を見せるなんてできないから外出できない」という状態になってしまうんです。 高須クリニックの高須幹弥医師も、「基本的に整形依存症の方はほぼ100パーセント、醜形恐怖症」と発言しています。 では、整形依存症の根本的な原因である醜形恐怖症の原因にはどんなものがあるのかを見ていきましょう。 1.いじめなどで容姿を否定された 「お前はブスだ」とか「お前みたいなブスとは付き合えない」のように容姿を否定された人は、それがショックで醜形恐怖症になってしまうことがあります。 いじめられて「ブス」と言われることもあるでしょうし、彼氏や好きな男性に「ブスは無理」と言われることもあるでしょう。 誰だって、自分の容姿を全否定されたらショックですよね。 また、友達や家族、恋人から「最近、少し太った?」のように言われただけでも、醜形恐怖症になることもあります。 悪気は全然ない一言でも、本人にとってはショックなこともありますよね。 2.社会的な風潮 整形依存症は、社会的な風潮が生み出したものという一面もあります。 現代社会においては、小顔で痩せていて、目はパッチリしていて、鼻は高いことが美人の条件となっていますよね。 そして、美人とされる女性はみんなからちやほやされて、「人生イージーモード」になっていますが、そうでない場合は「人生ハードモード」で辛いことばかりで苦労の連続になります。 だから、美人でなければいけないと思いこむ女性が増えていて、自分はブスだからと醜形恐怖症になり、整形依存症になってしまうのです。 3.最初の美容整形で失敗した 醜形恐怖症になる人は、最初の美容整形で失敗したということもあります。 プチ整形を気軽にしたけれど、担当医師が下手で、出来上がりに満足できなかったという場合、整形依存症になってしまいます。 美容整形をしたのに「こんなはずじゃなかったのに」となると、美容整形をどんどん繰り返すようになってしまうんです。 4.自尊心が低い 醜形恐怖症の原因は、自尊心が低いこともあります。 「どうせ私なんか…」、「私はダメな人間」と思って自己評価が低いタイプは、少しのきっかけで醜形恐怖症になり、美容整形を繰り返すようになります。 また、自尊心が低いと、「せめて外見はキレイにしておかなくちゃいけない」と思い込んで、美容整形を繰り返し、整形依存症になってしまうこともありますね。 5.精神疾患 統合失調症などの精神疾患が原因で、整形依存症になることもあるようです。 統合失調症では幻聴・幻覚が症状として現れますが、「美容整形をしろ!」という幻聴が起こることがあるようです。 幻聴で美容整形を命じられた場合、美容整形を繰り返して、整形依存症のような状態になることもあります。 整形依存症の3つの治療法 整形依存症の治療法を3つご紹介します。 整形依存症をそのままにしておくと、人生が破滅してしまいますし、取り返しがつかない状態になってしまいます。 整形依存症を治療するには、本人の自覚はもちろんですが、家族や周囲の人の協力も必要不可欠なんです。 自覚して周囲の意見を聞くようにする 整形依存症を治療するためには、まずは患者本人の自覚が必要です。 自分が整形依存症になっていることを自覚しましょう。 そして、周囲の意見に耳を傾けるようにするんです。 あなたが「私はブス。 とんでもないブサイク」と思っていても、周囲の人は「普通にかわいいよ」と思っているかもしれません。 しかも、それはお世辞ではなく、本心で「別にブスじゃないでしょ」と思っている可能性があります。 整形依存症になっていると、「かわいい」と言われても「そんなの嘘だ!」と思うかもしれませんが、「実はそうなのかもしれない」とその人の意見を聞くようにしましょう。 まずは周囲の人の意見に耳を傾ける。 それだけで、整形依存症を治すための一歩を踏み出せるんです。 あなたに対してお世辞ではなく本音を伝えてくれる人、つまり家族の意見に耳を傾けてみましょう。 信頼できる美容整形医師を探す 整形依存症を治療するためには、信頼できる美容整形医師を探しましょう。 下手な美容整形医師では、満足いく出来上がりにならないので、美容整形を繰り返してしまいます。 また、利益重視の医師だと、あなたが整形依存症になっているとわかっていて、整形を繰り返すことで、どんどん不自然になっていくのに、整形手術を勧めてくるんです。 でも、信頼できる美容整形医師は、1回の手術で理想的な仕上がりにしてくれますし、整形依存症の人には整形を勧めてきません。 必要な美容整形はしますが、不必要な美容整形はしないんです。 精神科を受診する 整形依存症を根本的に治療するためには、醜形恐怖症を治療することが大切です。 「依存症」は精神疾患ですし、醜形恐怖症も精神疾患です。 だから、専門的な治療が必要な状態なんです。 専門的な治療ができるのは精神科です。 精神科では、次のような治療が行われます。

次の