エンペラー タイム と は。 【モンスト攻略】エンペラータイムSSが強力!クラピカの評価と適正クエスト [ファミ通App]

空想委員会 エンペラータイム 歌詞

エンペラー タイム と は

クラピカが特殊体質によって特質系になった時のみ発動される能力。 クラピカは五本の指にそれぞれ系統の異なる能力を付加させた鎖を使用しているが、クラピカの系統から見て不得手な系統能力を使用しているジャッチメントチェーンやホーリーチェーン(チェーンジェイルもだが)を高い精度で使用出来るのはエンペラータイムのお陰である。 よく誤解されること エンペラータイムはよく「チート能力」だと誤解されているが、厳密に言うとそれは違う。 エンペラータイムは使用率の部分が100%になるだけであって、習得率は60%に留まる。 このため他の具現化系能力者よりは高い精度と威力を得られるが、強化系能力者と比べると劣ることになる。 登場シーン 巻数入り 代表的なのはウボォーギンと戦った際。 9巻の83話。 総合データ• 相性 9点。 複数の系統能力を操るクラピカにはなくてはならない能力。 むしろエンペラータイムがあったため複数の能力を習得したと考えられる。• 応用性 9点。 エンペラータイム自体には応用性はないが、それによって能力が強化されるのだから間接的に高い応用性を誇るといえる。 特にクラピカのように多くの能力を持つ者なら尚更だ。• 希少性 10点。 緋の目という特殊体質があってこそ成り立つ能力。 クラピカ以外のクルタ族が絶滅した現在、クラピカ以外でこのような能力を使用出来る人間はいないと考えられる。• 利便性 8点。 便利過ぎる。 ただし強力過ぎる能力故、身体的な反動も大きいようで一定時間エンペラータイムを使用したクラピカはその後ひどく消耗している。

次の

【ハンターハンター】クラピカの残り寿命は大丈夫?重すぎる「絶対時間(エンペラータイム)」の制約!

エンペラー タイム と は

絶対時間の発動と能力 絶対時間(エンペラータイム)。 クラピカが緋の眼の時に 発動することが出来る能力。 能力と言っても、 これは覚えたものではなく、 先天的にオーラの質が 緋の眼の時と通常時で 異なることに起因する。 通常時は、 具現化系の能力者である クラピカ。 しかし、 緋の眼の時は、 特質系の能力者となる。 その能力の中身は、 クラピカが最初に使用した 時に説明している。 「どの系統の能力も100%引き出せる」(9巻より) これは各能力を 修得に合わせて 使用出来るというもの。 よく勘違いされがちなのは、 各念能力者が最高値まで極めた レベルまで使用できる というものではないということ。 要するに、 エンペラータイムでも 強化系でネテロ会長みたいな 強さになるのかと言えば そういうことではない。 あくまでも自分が修得した レベルをMAXで引き出せる。 隣同士の関係で言えば、 ど真ん中の強化系なら 修得率は以下になる。 強化を100 変化と放出が80 操作系と具現化系が60 特質系は0となる。 特質系については、 修得という概念がないもので 操作系や具現化系の 隣にいる系統の者でも 修得率はゼロとなる。 クラピカは具現化系。 となれば、 イズナビが説明していた通り、 修得率で言えば 具現化系 100 変化系 80 操作・強化系 60 放出系 40 これがクラピカの 修得率。 修得率というのを簡単に言えば、 素材が全く同じだとして、 全く同じ修行をした時に 得られる能力の差という発想で 間違っていないだろう。 100の修行をして、 100の修得が可能なのが 具現化系ということになる。 (クラピカの場合) 同じように100の修行をしても、 80しか能力として修得出来ない。 つまり、 80%分しか強くなれないのが 変化系ということになる。 ゴンの場合は、 放出系よりの強化系なので、 強化系が95くらいで 放出系が85くらい、 変化系は75くらいって 感じになるのだろう。 念の使用率。 これが、 エンペラータイムでは 大きく関わってくる。 修得率については、 今の様に隣同士で同じ修行でも 得られる強さが異なる というのが分かった。 続いて使用率。 これも、 同じようなもの。 隣同士で、 同じ割合になる。 クラピカなら、 具現化系 100 変化系 80 操作・強化系 60 放出系 40 となる。 これが何を示しているのか。 修得したものを どの程度の割合で 使用出来るかというもの。 この場合クラピカなら、 100の修行で得た、 100の修得した念を、 100引き出すことが出来る。 つまり、 具現化系の能力なら、 100%引き出せるということに なってくる。 RPGなどの発想におきかえると わかりやすいかもしれない。 クラピカは 修行で経験値を100得るとする。 その100という経験値で 具現化系のLVが100になる。 この具現化系は攻撃技で LV100だと相手に100のダメージを 与えることが出来る。 クラピカは100%引き出せるので そのまま相手に100のダメージを 与えられる。 しかし、 これをキルアでやってみると こうなる。 キルアは変化系。 変化系は具現化系の隣なので、 80の修得率となる。 クラピカと同じ修行をした キルアは同じように 経験値を100得る。 しかし、 キルアについては、 LVが上がりにくい (修得率が低い)ので、 具現化系のLVは80までしか 同じ経験地でも上がらない。 更に、 使用率も80%となるため、 本来ならLV80は80の ダメージが与えられるのだが、 80の80%で64のダメージになる。 こう考えると、 同じ修行をして、 クラピカとキルアの ダメージの差は 100と64。 約3分の2まで減少する。 これが2つ隣になると、 致命的と言える差になる。 強化系のゴンが 具現化系になると、 この差は 100と36。 目も当てられない。 ちなみに、 クラピカとレオリオが 放出系勝負をしたら悲劇。 レオリオは放出系なので 先の例なら100。 しかし、 クラピカは真逆。 40の修得率に 40の使用率。 16と100。 もはや覚えるのが無駄 と言えるレベルにまで 落ち込んでしまう。 だからこそ、 鎖を切り離して使う(放出) ジャッジメントチェーンは 緋の眼のエンペラータイムを 利用することでしか 使えなかったのだ。 これは、 前述した使用率の部分を 100%にすることが出来る。 それが、 エンペラータイムになる。 先程の例だと、 16にまで下がってしまった クラピカの放出系。 16と40では2. 5倍の開きがある。 緋の眼の時は 特質系という 話だったからこの状態で 修練すれば 放出系などは2つ隣で 60まで修得率を 引き上げられるのでは という風に考えられなくもない。 しかし、 エンペラータイムの制約は それを許すものではなかった。 そのエンペラータイムを 利用した時に、 初めて分かったこの 絶対時間の制約。 かなり有効な技だけに、 使っているとフラついたり、 寝込んだりしていたクラピカ。 実は、 疲れてしまうといった 燃費に関するものだけでなく、 大きなリスクを伴っていた。 それが、 「寿命の短縮」 実は、 エンペラータイムは 1秒継続すると1時間寿命が縮む。 60秒で60時間、 2. 5日の寿命短縮。 1時間使用すれば、 150日。 1日使用すれば、 9年と315日。 (うるう日は計算せず) 1週間使用すれば、 約69年。 使用時間が増えれば、 それだけクラピカはシに 近づくことになる。 旅団編でも かなりの時間で エンペラータイムを 使用していた。 王位継承の前にも 同じようにあらゆる場面で 利用していたのだと すれば、 ひょっとしたらすでに 合計で一週間ほどは 使っているのかもしれない。 だとすれば、 クラピカの残りの寿命は そこまで多くないとも 考えられる。 念能力者はいつまでも 若々しく、 かなりの長寿というのも また事実。 150歳くらいまで 生きられるのだとすれば、 まだまだ余命はあると 言えそうだが、 それでも同じペースで エンペラータイムを 使用したらそうもいかない。 やはり、 暗黒大陸にある希望は 各メンバーのために用意 された伏線なのか。 ニトロ米。 長寿食であるこれ。 クラピカの寿命が残り 僅かとなり、 救うために誰かが取りに行く。 そんな展開は十分に 考えられるだろう。

次の

「エンペラータイム」に関するQ&A

エンペラー タイム と は

エンペラータイムのメリット 絶対時間ので得られる効果についてです。 メリットは主に2つあります。 オーラの絶対量が増える。 エンペラータイムの系統能力に関しては、チートすぎるので以下のように修正されました。 スポンサーリンク エンペラータイムのデメリット 絶対時間のリスクについてです。 発動中は、寿命が3600倍の速さで減る。 (継承戦で確認)• 1時間ほど緋の目を継続すると、ふらつく。 やつれる。 (ヨークシンの時)• 3時間ほど緋の目を継続すると、熱が出る。 2日くらい寝込む。 1秒で1時間。 1時間で150日。 24時間で10年。 1週間で70年。 「寿命減りすぎィ!」と思うかも知れませんが、こんなモンでしょう。 この手のブースト技は、そんなに長時間使用するモノではありませんので、気にするものではありません。 (ドルフィン縛りを除く) しかし、エンペラータイムの存在が、クラピカのソロプレイに拍車をかけています。 エンペラータイムで補えるのは、系統能力の部分のみです。 自分のメモリを節約するコトはできません。 覚えられる能力には、限界があります。 オーラの強さにブーストはかかりますが、ものすごく強くなるワケではありません。 具現化系という扱いづらい系統で、旅団に通用するレベルの威力を出すコトはできないのです。 そのため、クラピカは、自分の命を代償とした制約を使って補っている部分も多いです。 特に、中指のチェーンジェイルは、命を担保にして、強力な力を得ています。 しかし、クラピカは、エンペラーといい、中指といい、自分の命を糧にしている部分が多いですね。

次の