暴力団ニュース事件簿。 先週のサイバー事件簿

先週のサイバー事件簿

暴力団ニュース事件簿

平成9年6月、その日の朝日新聞は1面と第1から第3までの社会面、都合4面を使ってその事件を報じている。 「淳君事件 中3男子を逮捕」「まさか中学生が」「社会に挑戦なぜ」…、神戸・連続児童殺傷事件、いわゆる「少年A」の登場だった。 これ以前から未成年者による殺人は起きていたが、これ以降、少年犯罪は発生のたびに国民的注目を浴びるようになった。 昭和時代にはなかった現象と言える。 そして平成12年の少年法改正(厳罰化と適用年齢引き下げ)へと繋がっていった。 この事件は発生当初から注視された。 それは、(1)被害者が幼い男児であること、(2)殺害の形態が猟奇的であること、(3)「犯行声明」や「挑戦状」が新聞社に届き劇場型犯罪となったこと、による。 そして取りも直さず、それらがすべて14歳の少年の所業だったという点で、平成史に刻まれる事件となったのだった。 「ニュータウン」「タンク山」といったロケーション、「バモイドオキ神」「酒鬼薔薇聖斗」といった少年の空想による想像物、また犯行声明や挑戦状に加え、少年が書いた「懲役13年」という作文、「性的倒錯」「注意欠陥・多動性障害」等の精神疾患の指摘…など、事件を構成する「素材」が多岐にわたるのも、この事件の特徴だった。 そして「場外」では写真週刊誌「FOCUS」が少年の顔写真を掲載し、物議を醸した。 また事件から18年後の平成27年、32歳となったAが書籍を刊行、加えてHPを開設し、批判された。 HPはすぐに閉鎖されたが、元少年に、行刑施設での「更生」の成果はまったく見られなかったのである。 事件は神戸市須磨区で起きた。 土曜日の昼過ぎ、「おじいちゃんとこ行ってくるわ」、11歳の少年・土師(はせ)淳君は、そう言いおいて自宅マンションを出た。 綿密な取材に加え、捜査資料をもとに事件を検証した、高山文彦氏『』によると、同時刻、少年Aは〈グレーのママチャリ〉に乗って、〈人を殺したいという欲望から、殺すのに適当な人間を探すため〉(以下、引用は同書より)、町内をうろついていた。 この2カ月前、すでに少年Aは小4女児を金づちで殴り殺害し、小3女児を刃渡り13センチのナイフで刺し、重傷を負わせていた。 「僕より小さいので殺せる」 〈(淳君が)多井畑小学校の正門まえを通り、最初の信号機のある十字路を渡りきったとき、ちょうど少年Aが同じ歩道の向こうから自転車に乗ってやって来た。 少年Aはとっさに「淳君ならば、僕より小さいので殺せる」と思い、淳君が亀が大好きなのを思い出し、 「向こうの山にカメがいたよ。 一緒に見に行こう」 と声をかけた。 自転車を下りて、押して歩きはじめた。 そのあとを淳君は笑顔でついていった〉 住宅街を抜け、そのまま向かったのは、殺害現場となる「タンク山」の頂上だった。 少年事件で事後に必ず取り沙汰されるのは、「親は子供の異常に気が付かなかったのか?」という疑念である。 その年4月には校内での喫煙、5月には同級生に対する暴力で、Aの父親は学校に呼び出されている。 登校拒否となり、児童相談所でカウンセリングも受けていた。 遺体の頭部を友が丘中学校の正門前に置いたのは、2回目のカウンセリングの当日未明。 Aと母親は児童相談所の事務室にあるテレビで、その衝撃的なニュースを見ている。 母親がその時のAの様子を捜査員にこう語っている。 〈私は残酷なことをすると思い、身の毛がよだつ思いになって全身の震えが止まらず、その場で震えているとAが「恐(こわ)いなあ、はよ帰ろう、帰ろう」と言って私を促すので、児童相談所をあとにして、歩いて大倉山駅まで行ったのですが、途中、多少身震いもおさまってきて、Aに「ほんまにテレビで見るような事件があるんやなあ」と話しかけると、「そやなあ、すごいなあ」と相槌(あいづち)を打っておりました〉 「少年A」の部屋の「天井裏」 その後、児童相談所で4回、家庭訪問も行われ、8回目のカウンセリングを6月30日と決めていた。 雨が降る中、朝7時過ぎに警察が訪ねて来たのはその2日前、6月28日土曜日のこと。 両親はともに、「まさかAがかかわっていると思わず」と供述している。 夕刻、裁判所が発行した「捜索差押許可状」と「検証令状」を携えて、刑事たちが再訪する。 立ち会った両親が目の前に見たものは、事件関与を物語る品々だった。 挑戦状に使われた茶封筒、鞘(さや)付きのくり小刀、「バモイドオキ神」が描かれた犯行メモ、そして酒鬼薔薇聖斗を表す「風車マーク」……。 父親はそのときのショックをこう語る。 〈頭の中が真っ白になるというようなショックでした。 このマークは犯人が書いたものだということは新聞やテレビで何度も見て知っておりましたし、これに似たマークがAのノートに書かれていたことがショックだったのです〉 それから捜査員は、「長男の部屋の北西の角にある天井板」を外すよう、父親に告げている。 父親は求めに応じ、天井板に手をかけた。 〈天井裏のほうの面を見ると、赤茶色の汚れがあった。 父親は雨漏りではないかと思い、まじまじとそれを見た。 外は台風の接近で、はげしい雨が降っている。 もし雨漏りだとすれば天井板は濡(ぬ)れているはずだった。 だが、赤茶色の染(し)みは何日もまえにつけられたもののように、すっかり乾ききっている〉 「どういう意味があって必要なのですか」と訊ねる父親に、顔をしかめて黙り込んでいた捜査員が言いにくそうに答えている。 〈おたくの息子さんが、淳君の頭部を持ち帰っていったん天井裏に隠した、と説明しているんです〉 母親はその場に崩れ落ちそうになり、父親は彼女の身体を支えながら、自分も腰が抜けそうになった、と供述している。 高台に建つ一軒家から、両親と息子ばかりの5人家族は、その後、まもなく消えている。 デイリー新潮編集部• あわせて読みたい関連本•

次の

[B!] 暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

暴力団ニュース事件簿

暴力団対策法の相次ぐ改正や暴力団排除条例の制定により、包囲網が狭まる暴力団。 その隙間を埋めるように裏社会で存在感を増したのが、「半グレ」と呼ばれる不良集団だ。 暴対法などの規制を受けないため実態把握が困難なうえ、暴力沙汰や飲食店への「みかじめ料」要求など傍若無人で凶暴な振る舞いはヤクザ顔負けとされる。 9月、大阪・ミナミでトラブル相手を殴り負傷させたとして逮捕された元格闘家の男も、かつてミナミで猛威をふるった有名半グレ集団の〝残党〟で、新たな組織を立ち上げ、夜の繁華街で暴れ回っていたという。 表立った活動が難しくなった暴力団が半グレを「シノギ(資金獲得活動)の実行部隊」にしているとの指摘もあり、危機感を強める大阪府警は、実態解明に乗り出した。 「K-1」にも出場 7月25日午前0時半ごろ、大阪市中央区東心斎橋。 飲食店のネオンがきらめき、酔客でにぎわう路地を歩いていた男女8人ほどのグループが、そばをすれ違った乗用車のボンネットを突然叩いた。 運転していた男性(41)が「なんや」と怒鳴って車を降りると、タトゥー(入れ墨)を入れた屈強な男が突然、男性の顔や頭に強烈なパンチを浴びせた。 男性は頭蓋骨骨折の重傷。 同乗していた別の男性(47)も暴行を受け、頭などに全治2週間のけがをした。 2人はその場で気を失い、意識を取り戻したのは救急車の中だったという。 被害届を受けて捜査を進めた大阪府警南署は9月11日、傷害の疑いで無職、相良(さがら)正幸容疑者(33)を逮捕。 同14日には、同じグループのメンバーの男(26)を逮捕した。

次の

アウトロー列伝 闇社会: オレオレ詐欺で六代目山口組系暴力団「茶谷政一家」構成員ら2人逮捕

暴力団ニュース事件簿

山根容疑者は6月23日、労基法違反(強制労働の禁止)の容疑で八重山署に逮捕、送検されていた。 また県警は同じ野球賭博に関わった疑いで自称投資家の男(49)=京都府=、県内に住む無職の30代男性も賭博場開張図利容疑で摘発した。 関係者によると、山根容疑者は暴力団などに属さずに犯罪行為を繰り返す「半グレ」と呼ばれる組織のリーダー。 調べに対し「すべて間違っている。 賭博には関わっていない」と容疑を否認している。 山根容疑者は昨年6月25日から今年3月25日の間、容疑者らは賭博場を開きプロ野球や高校野球の計453試合で、無料通信アプリなどを利用して合計5231万円の賭け金を集め、利益を得ていた疑い。 県警によると、県内外の数十人が賭博をしていた。 1口1万円で賭け金を募り、多いときは1試合当たり100万円が集まるなど、賭け金から手数料として1割が山根容疑者らの利益となっていたという。 山根容疑者は大阪の有名地下格闘技団体の創始者として、関西では有名な半グレ界の大物。 暴力団とも深いつながりがあるという。 4~5年前から拠点を石垣島へと移し、飲食店やマリンレジャー業などを経営していた。 大騒動へと発展した安倍晋三首相の主催である「桜を見る会」に出席していた半グレのうちの1人。 名古屋地方検察庁 組長は今年3月、中区錦3丁目のガールズバーとショーパブを無許可で営業した疑いで逮捕されたほか、キャバクラ店2店舗から用心棒代を受け取った疑いであわせて3回逮捕されていた。 愛知県警はガールズバーなどの売上や受け取っていた用心棒代が暴力団の資金源となっているとみて調べを進めていた。 組長は今年4月29日までにいずれも処分保留として釈放されていたが、名古屋地検は、6月22日付けで組長を不起訴処分とした。 不起訴の理由は明らかにしていない。 宮城県警暴力団対策課などは15日、新型コロナウイルス対策として休業要請に応じた事業者に協力金を支払う制度で、支給対象外の暴力団組員ではないと偽り30万円をだまし取ろうとしたとして、指定暴力団・系「九代目」傘下「六代目」幹部で居酒屋経営、容疑者(68)=同県角田市=を詐欺未遂容疑で逮捕した。 大槻容疑者は5月中旬、角田市が支給する協力金の申込書に暴力団排除条項があるのに、組員ではないと偽って書類を提出し、30万円を自分名義の口座に入金させようとした疑い。 大槻容疑者は「組員として積極的に活動していない」と一部否認しているという。 県内の自治体に提出された約2万件の協力金などの申込書を照会した結果、発覚した。 新型コロナの協力金で、暴力団排除条項に基づく詐欺容疑での摘発は全国初。 事件の一部始終をドライブレコーダーが捉えていた。 菊川容疑者は自宅マンションの駐車場から車で市道に出ようとした際、信号待ちのトラックが進路を塞いでいたことに激高。 数百メートルにわたってトラックを追いかけ、クラクションを鳴らしたり、車間距離を詰めたりしたという。 菊川容疑者は、「何もしゃべることはありません」と供述している。 県警は2人の認否を明らかにしていない。 現場を調べる捜査員 2人の再逮捕容疑は、5月30日午後2時35分ごろ、事務所付近の路上で若頭を銃撃した後、現場にいた組員(62)ら3人に向けて回転式拳銃を1発発射。 車で逃走する際に助手席に乗り込んできた組員を振り落として転倒させ殺害しようとした疑い。 組員は鎖骨を折る重傷。 ほかの2人の組員にけがはなかった。 事件では、若頭の腹部に銃弾1発が命中し、幹部は3カ月以上の重傷を負った。 岡山地検は13日、若頭に対する殺人未遂と銃刀法違反(発射)の罪で岸本容疑者を追起訴。 共謀したとして逮捕された山根容疑者は処分保留とした。

次の