近く の jins メガネ。 【2020年6月最新版】人気のメガネチェーン店のキャッシュレス対応状況(Zoff,眼鏡市場,パリミキ,メガネスーパー,JINS,愛眼,メガネ21)

JINSとメガネスーパーのメガネを1年使用して分かったメリットとデメリット

近く の jins メガネ

そして、標準的なレンズであれば レンズ代が0円のものが多いです。 レンズの料金一覧 3社の中でレンズの料金を比較してみました。 レンズの料金だけで見るとZoffが安いという印象ですが、ほとんどのレンズは同じぐらいの金額となっています。 また、価格はWebと店舗で価格の違いやキャンペーンなどもあるので誤差があります。 あくまで参考として、詳細は公式サイトや店舗をご確認ください。 フレームの料金 フレームは全体的にJINSとZoffが安い印象を持ちました。 しかし、フレームの形によって料金がバラバラなのでどれが一番とは言えません。 【JINS】 フレーム料金は5000円から。 ただし Webでの購入では4000円からあります。 【Zoff】 フレーム料金は5000円から。 Web限定価格ではなんと約3000円からあります。 【オンデーズ】 フレーム価格4980円から。 度なしのPCメガネならパッケージ型 PCメガネなどではパッケージ型が人気です。 個人的には 度なしであればパッケージ型でもいいんじゃないかと思っています。 通常のPCメガネではブルーライトカット率が上がるにつれてレンズに色がついて見えにくくなります。 クリアレンズではPCメガネの中でも色の変化が少なく使いやすいレンズとなります。 【オンデーズ】• パッケージ型は不明 オンデーズはWebで調査をしていたのですが、パッケージ型があるのかどうがは不明でした。 種類の豊富さ 種類の豊富さはフレームが 約3000種類あってレンズの種類も多いJINSです。 普通のメガネや老眼鏡、PCメガネ、サングラスなどはもちろん3社ともありますが、 特に 目的別に合わせたレンズというのもすごいという印象です。 JINSの種類 JINSでは ゴルフやランニング用などピンポイントに絞ったレンズを販売しているのが特徴です。 フレーム1年保障• レンズ1年保証• 遠近両用メガネに慣れない場合は無料交換 2カ月• カラーレンズに慣れない場合は無料交換 2カ月• クリーニング無料• 調整無料• ねじの交換 おそらく無料• 視力検査無料• 災害・盗難・事故による紛失や破損は1年間無料交換 証明書が必要• そして、遠近両用は 近くと遠くの両方に対応していて万能に見えますが実はそうでもありません。 パソコンなど近くであれば見えにくい部分が増えてしまったりなどとデメリットもあります。 なので遠近両用から無料交換できるのは ユーザーにとって安心と言えます。 まとめ いかがだったでしょうか。 この記事ではJINSとZoffとオンデーズについて徹底比較しました。 それぞれ長所がありますので参考になればいいなと思います。

次の

近々メガネ・中近メガネ「JINS・Zoff・メガネの愛眼・眼鏡市場」値段や選び方

近く の jins メガネ

単焦点、遠近両用なら「メガネの愛眼」 単焦点メガネを買うなら「スマートプライス」で5000円で購入できるのが「 メガネの愛眼」さんです。 店員さんに確認したところ、 遠近両用は9999円から、 中近両用・近々両用の場合は13000円以上のフレーム+レンズセットのみ追加料金なしとのことでした。 5000円のフレーム+レンズセットに中近両用・近々両用レンズを組み合わせる場合は 追加料金1万円が必要なので15000円となりますが、1万円以下のメガネだとレンズの高さが小さいデザインが多いので中近両用・近々両用メガネだと焦点幅が少ない眼鏡になるのでオススメではないとのことでした。 なので、店員さんからは「 13000円以上のフレーム+レンズセットの方がお得で使いやすい」と教えてもらいました。 単焦点:12960円~ 遠近両用:12960円~ 中近両用:12960円~ 近々両用:12960円~ まとめ 今回は「中近両用、近々両用」メガネの値段や選び方の注意点を調べてきました。 単に近眼であれば「単焦点」で十分ですが、 老眼の方は「遠近両用、中近両用、近々両用」で選ぶことになり、一般的には「遠近両用」を購入することが多いと思います。 しかし、遠近両用メガネも使用するシチュエーションによっては見えづらいことがあるため 「中近両用、近々両用」を検討すべきです。 オススメは「メガネのアイガン」さんだと思います。 とにかく、メガネには詳しい店員さんばかりなので ユーザーの視点で適切なアドバイスをしてくれるメガネ店です。 中近両用、近々両用メガネを作る場合のオススメは現状では「JINS」さんのみで値段は1万円からです。 2018年10月中旬以降は「Zoff」さんでも中近両用、近々両用メガネの取扱が始まりますので選択肢は増えることになりますね(1万円~)。

次の

JINSでメガネ作って待ち時間15分という驚きと画像11枚と感想

近く の jins メガネ

そして、標準的なレンズであれば レンズ代が0円のものが多いです。 レンズの料金一覧 3社の中でレンズの料金を比較してみました。 レンズの料金だけで見るとZoffが安いという印象ですが、ほとんどのレンズは同じぐらいの金額となっています。 また、価格はWebと店舗で価格の違いやキャンペーンなどもあるので誤差があります。 あくまで参考として、詳細は公式サイトや店舗をご確認ください。 フレームの料金 フレームは全体的にJINSとZoffが安い印象を持ちました。 しかし、フレームの形によって料金がバラバラなのでどれが一番とは言えません。 【JINS】 フレーム料金は5000円から。 ただし Webでの購入では4000円からあります。 【Zoff】 フレーム料金は5000円から。 Web限定価格ではなんと約3000円からあります。 【オンデーズ】 フレーム価格4980円から。 度なしのPCメガネならパッケージ型 PCメガネなどではパッケージ型が人気です。 個人的には 度なしであればパッケージ型でもいいんじゃないかと思っています。 通常のPCメガネではブルーライトカット率が上がるにつれてレンズに色がついて見えにくくなります。 クリアレンズではPCメガネの中でも色の変化が少なく使いやすいレンズとなります。 【オンデーズ】• パッケージ型は不明 オンデーズはWebで調査をしていたのですが、パッケージ型があるのかどうがは不明でした。 種類の豊富さ 種類の豊富さはフレームが 約3000種類あってレンズの種類も多いJINSです。 普通のメガネや老眼鏡、PCメガネ、サングラスなどはもちろん3社ともありますが、 特に 目的別に合わせたレンズというのもすごいという印象です。 JINSの種類 JINSでは ゴルフやランニング用などピンポイントに絞ったレンズを販売しているのが特徴です。 フレーム1年保障• レンズ1年保証• 遠近両用メガネに慣れない場合は無料交換 2カ月• カラーレンズに慣れない場合は無料交換 2カ月• クリーニング無料• 調整無料• ねじの交換 おそらく無料• 視力検査無料• 災害・盗難・事故による紛失や破損は1年間無料交換 証明書が必要• そして、遠近両用は 近くと遠くの両方に対応していて万能に見えますが実はそうでもありません。 パソコンなど近くであれば見えにくい部分が増えてしまったりなどとデメリットもあります。 なので遠近両用から無料交換できるのは ユーザーにとって安心と言えます。 まとめ いかがだったでしょうか。 この記事ではJINSとZoffとオンデーズについて徹底比較しました。 それぞれ長所がありますので参考になればいいなと思います。

次の