遊戯王 混合デッキ。 魔界劇団・魔界台本 デッキレシピ一覧

魔妖デッキ回し方・ガチデッキレシピ構築考察!メタビ構築が強そう【遊戯王OCG】

遊戯王 混合デッキ

こんにちはRAIMEIです。 大晦日楽しんでおられますでしょうか?今回は氷結界と聖刻龍の混合デッキを紹介したいと思います。 最近の流れでは、氷結界や聖刻に関する情報を 手抜きのコピペした後に、デッキ紹介という感じでしたが、今回は混合デッキなので、そちらはいずれ作るであろう純構築の記事に譲ります。 ただ一つ言えることは、遊戯王において、聖刻は環境を取ったことがあるのに対し、氷結界はシンクロ以外、効果が独特で(とうかカードパワーが著しく低い)かなりマイナーな軍団です。 今回はその中でも、サムネにも採用した、忍者っぽくてかっこいいカード、氷結界の決起隊を活躍させたいデッキとなります。 ・デッキ ・解説 このデッキの戦い方としては、序・中盤に帝王の剛毅とアセトドラゴン&インチキドロー・決起隊のコンボを狙い、相手の戦力を削りながらリソースを得て、ブルーアイズやシンクロを絡めつつ、終盤にクインテットマジシャンで決めるというのがコンセプトです。 帝王の剛毅は、レベル5以上の通常召喚されたモンスターをリリースすることで、カードの効果を1ターン無効化し、さらに1枚ドロー出来る速攻魔法カードです。 一見強いですが正直なところ、上級モンスターをリリースして発動するので場が空きやすいし、防御カードとしてみると、上級モンスターを場に出すタイムラグがあるし、なかなか癖があり、採用しにくいカードです。 しかし、帝王の剛毅には、融通が利くところがあって、リリースする上級モンスターの条件は通常召喚されたもので、アドバンス召喚は条件に入っていないんです。 つまりバルバロスとか、今回のアセトドラゴンとか、妥協召喚(上級モンスターをステータスを下げる代わりにコストを軽減して召喚すること)されたモンスターでもOKなんです。 (効果は地味だが、以外に融通がきく帝王の剛毅。 難点は入手手段が万丈目ドラゴンストラのみというところです。 ) つまり妥協召喚出来て、リリースされたら効果を発動する聖刻とは相性抜群です。 カード2枚消費で行う動きとしてはリンクスではなかなか強いと思います(インフレ?堕天使?召喚獣?知らないなあ)。 聖刻デッキでも重要なカードです。 ) そして帝王の剛毅には隠されたもう一つの効果があります。 墓地のこのカードを除外することで、フィールドのモンスターの属性を変えることが出来るのです。 そしてその効果と相性がいいのが、今回の主役である氷結界の決起隊です。 決起隊の効果は、自信をリリースして、場の水属性を(他の味方氷結界が想定されていると思います)破壊して、デッキから氷結界をサーチ出来るという、単体ではアドバンテージを失いやすいものですが、破壊対象は自分のモンスターとは指定されていないので、相手の水属性モンスターも破壊できるんです。 そう、 帝王の剛毅で水属性に変えてしまえば、氷結界をサーチしつつ、相手モンスターを破壊可能なのです。 (今回の主役、氷結界の決起隊です。 見た目がかっこいいと思います。 ) これらの動きで、アドバンテージを稼ぎつつ、その後はサーチした氷結界でシンクロやブルーアイズと星遺物を巡る戦いを組み合わせたりして攻撃しつつ、最後は墓地除外によるクインテットマジシャンの融合召喚にてダメ押ししていきます(氷結界には魔法使い族が多いのがミソです)。 (切り札のクインテット・マジシャン、魔法使い族の氷結界に統一している上に、氷結界自身の効果も含めてこのデッキはドロー加速能力が高いので、出しやすいです。 割といつも見るパワーカードじゃん、とか言わないで。 過程が大切だと思います。 いや本当だよ。 ) なかなか変わったデッキで、相手が驚いてくれると、楽しい気分になれます。 なにより普段は目立たないカードが活躍するというのは、とても面白いし嬉しいものだと思います(あまり派手なデッキではないけれど)。 今回はこれで終了します。 見ていただいてありがとうございました。 ではまたー 名前:RAIMEI 遊戯王が好きな男。 デュエルリンクスとハーストーンに熱中してます。 ファンデッキ大好き人間。 人気記事ランキング• 最近の投稿• アーカイブ• 最近のコメント• に 趣味デッキまん より• に 趣味デッキまん より• に より メタ情報•

次の

魔妖デッキ回し方・ガチデッキレシピ構築考察!メタビ構築が強そう【遊戯王OCG】

遊戯王 混合デッキ

の概要 と名のついたを中心とした。 メインとなるはだが、一部のはを必要とする混合でもある。 のを吹き飛ばし、大型をして勝負を決める。 1 :このカードが召喚に成功した時に発動できる。 このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、 自分メインフェイズに「シムルグ」モンスター1体を召喚できる。 2 :このカードが墓地に存在し、相手の魔法&罠ゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。 このカードを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は鳥獣族モンスターしか特殊召喚できない。 1 :このカードが召喚に成功した時に発動できる。 デッキから「招神鳥シムルグ」以外の「シムルグ」カード1枚を手札に加える。 2 :このカードが墓地に存在し、相手の魔法&罠ゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。 このカードを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は鳥獣族モンスターしか特殊召喚できない。 1 :フィールドの鳥獣族・風属性モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。 2 :手札のレベル5以上の鳥獣族・風属性モンスター1体を相手に見せて発動できる。 このターン、自分は鳥獣族モンスターを召喚する場合に必要なリリースを1体少なくできる。 3 :自分フィールドに鳥獣族・風属性モンスターが存在する場合に発動できる。 鳥獣族モンスター1体を召喚する。 固有はのを増やす。 他のののを手伝ったり、素材を揃える際に役立つ。 また、やでを下げたのをする際の補助となる。 展開の起点となるのため、多めの投入をしておきたい。 固有はの。 状況にあったをでき、ならば自身のでができる。 こちらも複数枚積みが推奨される。 固有はの。 のからへ繋げるのが主な役割である。 こちらもをことでへ繋げられる。 固有はの。 のサポートとなり、大型がされる危険性を減らしてくれる。 4のための高いに繋げることでのを抑えやすい。 は・からできる。 () のにを行うため、を得やすい。 一方でできず、のも制限されるため、他のによるサポートは必須と言える。 () を封じるを持ち、を空けやすくなる。 等のこのと相性のいいも存在し、このを軸としたも作れる。 () のみをしてした場合にを2枚までする。 の取れるであり、のもこのならば難しくない。 また、ののを減らすも持っており、場合によっては等から他のの展開のサポート役としても運用できる。 () のと及び自己を持つ。 とを兼ね備えており、切り札として活躍できる。 展開できる・は少ないため、が主なとなる。 () かの時にでき、のを化できる。 大型を連鎖的に呼び出せるため、攻め込む際に重宝する。 によりこちらも兼要員として利用できる。 あれもこれもと入れるとバランスを崩すので採用する場合は役割をよく決めたい。 ・の及びの範囲となる。 に並びやすい群。 だけでなく、やによる戦線強化にも役立つ。 をとしてを解除させる際は重要となる。 をして再び場合のを使えるようになる。 また、をタイムラグなしでできるようになるのでへのに対して強くなれる。 のをできるのでのに繋がる。 にも対応しているのでとを食い合う心配も少ない。 の1体でできるのでや素材として便利。 サポートを共有できるのでより優先できる。 されると・が行えるのでやのとして丁度いい。 課題のもで補える。 を中心とするは少なく、大きな影響を与えられる。 ができればこちらだけが攻め込むことも可能。 ただし、が動きづらくなる点は注意したい。 変更のを持つため、を使う場合は任意のに繋げやすくなる。 には向かず、前提のとなるので採用枚数はよく検討したい。 ・ 癖のないを持ち、のをする際の候補となる。 安定性ならば前者、爆発力ならば後者を採用するといい。 ・ 自己できる。 前者はであり、が変更されるのでやにも柔軟に対応でき、後者はの状況に依存しない。 場合によってはをしての及びにあてる使い方もできる。 自身をしてを行える。 によりを軽減できるので安定したを行いやすい。 それ以外の• をにすることでへと繋がる。 とは役割が被るのでそれぞれの利点を見出したい。 ・ 緩い条件でできるのでのに使える。 も合わせてに特化してもよい。 ・・ と合わせて・のに役立つ。 はからでもでき、は7のに、はとしても使える。 2体のででき、7のを狙える。 自身がされるとをできるのでのにも役立つ。 の高いを持つ。 という制限もあり、使用後は心置きなくとして使える。 やと合わせて要素をさせるのもいい。 やや受動的だが自身をできる。 の制限もこのならばあまり気にならない。 が存在するという緩い条件でが可能。 と合わせればのも行える。 のを持つのを抑えられる。 足りないはでカバーしたい。 のと要員の確保が容易なこのではも行いやすい。 を行うので攻め込みやすいが、能動的にから離す手段に乏しいのが難点。 それ以外の• ・ をために使われる。 前者は条件が緩いがであり、後者はできるが消費が荒い。 を持つ。 ・がであり、これらをさせた後でだけでなくで追加のも行える。 ならばどのよりも扱いやすい。 と1のにもなれる。 ・ こちらものに有力な。 が共有できないので、を多めにしておくといい。 のをにができる。 自身のをのにもでき、戦力の頭数を増やす手段として優秀である。 その他の• ・ ではおなじみの。 このではをに任せ、先をにして追加のをする使い方もできる。 をできる。 でできるので3体素材を必要とするの使用も視野に入る。 に依存しないの定番。 には使えないが、を経由すれば問題無い。 と合わせることでのとほとんどののを封印することができる。 やをやと共有でき、としてへ送った後は自身のでにことが可能。 のについて を重視するために過度に依存することはない。 一方でのを回避するためにもの重要度は高い。 のを行うとこの以外ができなくなるため優先的に採用したい。 をできるので後続の確保に役立つ。 を共有するも持つのでによってはも考えられる。 その場合、がのにも繋がる。 ・ 防御寄りのを持つ・1。 前者はに強いが1度だけ、後者はに穴はあるがも防げ、複数回使える。 に対してができる3。 にがあるため、のような出しやすいも合わせたい。 に指定がない3なのでのを回避させやすい。 へのもあり、一時しのぎのとしては十分。 強力なが行える4。 をにする場合はぜひとも採用しておきたい。 は 2 の程度しか活かせないが、制限がかかった後ののみで出せる唯一のである。 からの展開を重視する場合は入れておいて損はない。 にへのを与えられるので場持ちが良くなる。 さらにの毎にをできるので維持すればとなる。 低いはで補佐してやりたい。 それ以外の• や等をにできる。 2種のによりを開けやすく、のを行えばのにも繋げられる。 ・ を行う。 ののサポートとなる。 をのへと変換できる。 いざとなれば自身もにできるので腐りづらい。 によりされたをさせられる。 は低いのでそのままのにしてしまうのが理想的。 7・8 したと・でできる。 このの弱点であるに対して強いも多く、弱点を補える。 ただしをする過程でへの制限がかかりやすいので、あくまでも狙えたら狙うぐらいに留めておきたい。 2体をとし、することで 1 のからができる。 この時、このをして・をすればの確保も同時に行える。 に大きな制限がかかるが、このでは大した問題ではない。 ・ をとする。 前者はとを、後者はののとを持つ。 内のの割合からどちらを優先するか考えたい。 ・・をとする。 を持ち、の範囲にはも含まれるのでされたも加えられる。 ・軽減・とこのをあらゆる場面からサポートしてくれる。 このをいかに上手く使えるかが勝負の分かれ目であり、や等も入れて万全の態勢で務めたい。 を採用する必要があるので腐らないようにあちらの枚数を上手く調整したい。 ののをする。 防御としては一時しのぎにしかならないため、のを狙うことを本命としたい。 2 のは扱いづらいので、 1 のをメインとしたい。 を用意することでとなるをから守ることができる。 追撃からまで自由な動きができる。 しやすいをすることで、手段に乏しいのサポートにもなる。 をさせられる。 主にによりされたをするのに使う。 専用の。 をとするやとの相性もいい。 に弱いこのでは非常に頼りになるである。 やも採用しておくと速攻性と奇襲性が上がる。 やのとして使える。 複数体でき、利用制限のない生成は貴重であり、も共有できる。 に依存しないの。 ランダムにするのでを取り除かれる場合がある点は注意したい。 や等をできる。 のや素材確保として便利。 こちらも系列では役に立つ。 とによりの確保ができる。 されたを。 と比べると一度に2枚以上戻せるため次のに繋げやすい。 ・ をへと変換する。 他にを採用している場合の回避にもなる。 や腐ったを捨てつつ、に強いと妨害能力の高いをできる。 また、はのにをすることでのをサポートできる。 の利用を大きく制限する。 強力なである一方でと共存はできない。 また、による回避も狙えなくなる。 厄介なをしつつが行える。 のだけでなく、を利用して場合のの再を狙える。 で大型をしてさせとして使うのもいいだろう。 したのをにする。 このはを中心に動かすのため影響力は少ない。 一方でとの噛み合わせは悪い。 と分かるとはを妨害するためにを多くするため、それらをまとめて狙い撃ちできる。 ついでにもできれば儲けものだろう。 統一なので扱いやすい。 ただし要員に他のを採用すると動きづらくなる。 ・ のをに使う場合はこれらのは必要不可欠となる。 や等のの高いを入れておくといい。

次の

遊戯王初心者が上達できるデッキ紹介!ドラゴンリンク〈基礎編〉わかる!そだつ!たのしい!《趣味・ホビー》

遊戯王 混合デッキ

その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。 墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。 出典:遊戯王OCGカードデータベース デッキから 《守護神官マナ》、 《ブラック・マジシャン》、 《ブラック・マジシャン・ガール》等の墓地へ送りたい【ブラック・マジシャン】関連モンスターをコストとして墓地へ送りつつ、墓地から 《ブラック・マジシャン》、 《ブラック・マジシャン・ガール》を蘇生、または手札の自身を特殊召喚できます。 フィールドへ特殊召喚した場合、手札・フィールドの魔法・罠カードを最大2枚墓地へ送りつつ、その枚数分ドローできる効果を持ち、墓地へ行くと効果を発揮する 《マジシャンズ・コンビネーション》、 《マジシャンズ・ナビゲート》と相性がよくデザインされています。 《ブラック・マジシャン》をサーチ!《幻想の見習い魔導師》! 召喚時にデッキから『 《ブラック・マジシャン》のカード名が記された魔法・罠カード』という非常に広い範囲の魔法・罠カードをサーチできます。 この記事で紹介している殆どの魔法・罠カードをこの効果でサーチ可能。 特に強力なのは次のサーチへと繋がる 《黒の魔導陣》や、継続した 《ブラック・マジシャン》の展開に使用する 《永遠の魂》、最大4ドロー性能を備えた 《魂のしもべ》。 墓地に存在する状態で、相手ターンに魔法・罠カードを発動することで墓地からこのカードを手札に戻せる効果を持つので、返しの次のターンで再びサーチ効果へと繋げることができる、このデッキのエンジンとも言えるモンスターです。 このカードを特殊召喚する。 自分の手札・デッキ・墓地から「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚する。 【ブラック・マジシャン】関連の魔法・罠カードをデッキトップへ置けば、 《黒の魔導陣》の発動でそのカードをそのまま手札に加えることができます。 ドローできる最大枚数は、対象となるモンスターに 《ブラック・マジシャン》、 《ブラック・マジシャン・ガール》、 《守護神官マハード》、 《守護神官マナ》が存在するため、驚異の最大4枚ドロー! 毎ターンブラック・マジシャンを蘇生!《永遠の魂》 《ブラック・マジシャン》または 《ブラック・マジシャン・ガール》のリリースを発動コストとして、毎ターン相手の発動したカード効果を無効化できる永続罠カード。 効果の処理で 《ブラック・マジシャン》と 《ブラック・マジシャン》を交互に蘇生できるため、実質ノーコストで毎ターンカード効果を無効化できる非常に強力な永続罠です。 また、フィールドから墓地へ送られた場合にフィールドのカードを対象に取らずに破壊できる効果を持つため、除去された際のケアもできます。 または 《マジシャンズ・ソウルズ》で能動的に墓地へ送りつつ、ドローしながら相手フィールドのカードを破壊することもできます。 マジシャンを2体同時展開!《マジシャンズ・ナビゲート》! 手札の 《ブラック・マジシャン》と、デッキから『レベル7以下の闇属性・魔法使い族』の合計2体のモンスターを一気に展開できる通常罠カード。 『レベル7以下の闇属性・魔法使い族』のモンスターの候補は多いですが、このデッキでは 《ブラック・マジシャン》、 《ブラック・マジシャン・ガール》を特殊召喚するのがオススメ。 《ブラック・マジシャン》を2体を特殊召喚し、ランク7のエクシーズに繋げることもできます。 また、フィールドに 《ブラック・マジシャン》が存在する場合、墓地からこのカードを除外することで、魔法・罠カードの効果を無効化できる効果を持ちます。 この効果はフリーチェーンで発動できるため、スペルスピード2以下の魔法・罠の効果を無効化できます。 自分はデッキから1枚ドローする。 そのドローしたカードが魔法・罠カードだった場合、自分フィールドにセットできる。 速攻魔法・罠カードをセットした場合、そのカードはセットしたターンでも発動できる。 「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」を1体ずつ自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する。 相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。 この効果は1ターン中に、このカードの融合素材とした通常モンスターの数まで使用できる。 その発動を無効にして破壊し、このカードの攻撃力を1000アップする。 1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。 手札・デッキから魔法使い族の通常モンスター1体を特殊召喚する。 また、魔法使い族の通常モンスターの攻撃宣言時、相手フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。 選択したカードをゲームから除外する。 「幻想の黒魔導師」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。 出典:遊戯王OCGカードデータベース.

次の