胸椎 圧迫 骨折 治療。 脊椎圧迫骨折(胸椎・腰椎の椎体圧迫骨折)

圧迫骨折その後。コルセット&骨粗しょう症治療薬を開始。

胸椎 圧迫 骨折 治療

> 脊椎圧迫骨折• 質問と回答 背骨が潰れることがあると聞いたけど・・・ 身体の大黒柱である背骨の本体、「椎体」と言われる部分の負荷に耐えかねて潰れてしまうことがあり、これを「圧迫骨折」と呼びます。 本来はそう簡単に潰れてしまう事はないのですが、高いところから落下するなど縦方向に強い負荷がかかったときや、骨粗しょう症という、骨がもろくなる病気がある場合などに起こります。 特に骨がもろくなっている場合などはくしゃみをしただけで骨が潰れてしまうことがあることです。 体を動かしたときに強い痛みを伴い、寝たきりになってしまうこともあり、ご高齢のかたほど注意が必要です。 圧迫骨折はなぜ起きるの? 圧迫骨折は背骨に強い圧力がかかった際におこりますが、骨粗しょう症といわれる骨がもろくなる病気によっておこることが最も多いと言えます。 骨粗しょう症はホルモンバランスが崩れる閉経後の女性に特に多く、他にも年齢や運動・喫煙などの生活習慣に関わりがあります。 骨粗しょう症によりもろくなった骨は非常に骨折しやすく、圧迫骨折のみならず、太ももの骨の骨折などもあいまって、寝たきりの原因となることもしばしばです。 骨粗しょう症の検査は比較的簡単に行えるため、気になる方は一度検査をしてみることをお勧めします。 背骨の圧迫骨折、治療法は? 背骨が潰れてしまうことを圧迫骨折と言いますが、あくまで骨折ですから通常の骨折と同様、治療法は「整復と固定」です。 多くの場合、コルセットを着用して骨がくっつくのを待ちます。 圧迫骨折治療のためのコルセットは固く、大きさもあるため、患者様には不評であることが多いですが、それを数ヶ月間着用しなければなりません。 最近では潰れた骨に特殊なセメントを注入する手術法「椎体増幅形成術」が開発され、治療期間が短く済み、症状の軽快も早いため注目を浴びています。 理屈は単純で、もろくなり潰れてしまった背骨に特殊なセメントを注入し、膨らませて固めてしまおうというものです。 皮膚に局所麻酔を行ない、数ミリほどの針を差し込み、特殊人工骨(骨セメント)を注入する方法です。 近年、新しい骨セメントの開発がなされ、副作用や再発の心配も少なくなりました。 一泊程度でも退院が可能なこともあって注目をあびていますが、この手術を受けられる病院はまだ少ないようです。 圧迫骨折の予防について教えて 圧迫骨折はほとんどの場合、骨粗しょう症によって骨がもろくなることで起こるため、それを予防・治療することが、ひいては圧迫骨折を予防することにつながります。 具体的には、適切な栄養(ビタミンD・カルシウム)の摂取や運動、禁煙などの生活習慣の改善が重要です。 すでに骨がもろくなっている方は、投薬や注射によって骨粗しょう症を改善していくことと、転倒や重い物を持ち上げるなど、背骨への過度の負担を避けることが重要です。 特に女性は発症しやすいことから、定期的な骨密度検査を行っておくとよいでしょう。 ヘルニアなど腰痛・しびれについてのお問い合わせ・診療予約.

次の

脊椎圧迫骨折(胸椎・腰椎の椎体圧迫骨折)

胸椎 圧迫 骨折 治療

Contents• 圧迫骨折の経緯など 他の方の参考にもなるかもしれないので(実際、私も圧迫骨折を経験した方のブログ、とても参考になっています) 詳細を記しておきます。 私の母、70代半ば女性 骨折時の骨密度• 大腿骨 同年齢比 73%• 腰椎 同年齢比 58% 圧迫骨折の原因と思われる行動• 1月10日夜・食器の水切りかごを(いつもとは少し違う体勢で)持ち上げようと力を入れた(実際には持ち上げていない)、その時にギクッときた。 その後、動けないほどではないものの、背中の痛みが続く。 最初に行った整体では「ぎっくり背中かもしれない」と言われた。 その後の経緯• 圧迫骨折しているとは夢にも思わず、最初はいつもの整体に行ったものの、数日しても痛みがおさまらない。 1月15日 整形外科でレントゲン撮影。 圧迫骨折を疑われるが、詳しくはMRI画像診断が必要とのこと。 骨密度検査で骨粗しょう症との診断を受ける。 痛み止めを医者から提案されたが、断る。 1月16日 同整形外科でMRI撮影。 胸椎7番圧迫骨折との診断を受ける。 同時に血液検査を行い、その結果により骨粗しょう症治療薬を処方するとの方針。 コルセットの型取り。 1月18日 コルセット完成し、装着開始。 1月21日 整形外科でのリハビリ。 1月22日 主治医である内科医受診。 痛みがひどいとの母の訴えに対し、 痛み止めと胃腸薬を処方してもらうことになった(痛いのをあまりガマンするのも、胃腸には悪影響があり得るとのことで、痛み止めを飲んだ方がよいとの判断)• 1月23日 血液検査の結果は特に異常はなし。 医師と相談の上、 骨粗しょう症治療薬は副甲状腺ホルモン製剤を皮下注射することになり、投薬開始。 ざっとですが、こんな感じです。 毎日のように病院に行ってます。 コルセットについて 母はやせ型ということもあり、コルセットで締め付けると骨にあたりやすいようで、それもかなり痛い様子。 コルセットそのものが、締め付けて苦しいみたいでたいへんそう。 コルセット業者さんの話によると、痩せている患者さんの方が、痛いと訴える人が多いそうです。 骨折から数日経ち、母によると「骨折箇所の痛みは比較的なくなっている」とのこと。 コルセットは寝ている間もゆるめて装着しろとの医者の指示(寝床から起き上がるときに、コルセットでおさえていないと骨がつぶれる原因になるので)、 起き上がる前に、横になったままコルセットを締め直して、起き上がった時点ではしっかりと装着されていることで治療効果が上がるということです。 また、お風呂も湯舟に浸かるのは避けること、なるべく短時間のシャワーにしてくださいという指示。 その他の注意点としては、背中を丸めない、というのが大切みたいです。 治療薬 内科のK先生のクリニックでも、骨粗しょう症治療薬は処方しているとのこと。 どんな薬が良いか?K先生の意見も聞いたところ、母の骨密度がかなり低く、すでに骨折もしているため 注射が良いね。 自分で毎日注射するんですよ。 注射と言っても極細い針で痛くない。 即効性もあるし、飲み薬の骨粗しょう症治療薬に比べると、胃腸を荒らすこともないから。 とのお話。 「毎日、自分で注射」っていうのがハードル高い・・・ 母にできるかなぁと思ったけれど、できるだけ早く骨密度を上げたいので(また骨折したらと思うと恐怖)、 注射が良さそうだね、という結論に。 そして昨日の血液検査の結果は問題なく、整形外科の先生が最初に提案したのは飲み薬の治療薬でしたが、 「注射はどうでしょうか」と相談したら、 「注射のほうが良ければ、そちらのほうが効き目が早いし、そうしましょうか」という結果になりました。 そして、その後、看護師さんの指導のもと、• ダミーの注射で練習• 本物の注射と薬を使って練習 となりました。 看護師さんがとっても優しくて患者さんの気持ちに寄り添って話を聞いてくれる方で、安心できたのもよかった。 母によると、注射はまったく痛くないそうで、ただ、注射の手順を覚えるまでちょっと時間がかかりそう。 (打つ場所はお腹または太もも) 親切なマニュアルはあるけれど、消毒したり使用済みの針を安全に処分するところまできちんとやる必要があるし、しばらくは私が毎日母のところに通って注射を打つ手伝いをすることにしました。 「 骨形成を促して骨密度を高くする、骨折の発生を抑える」薬です。 最長でトータル24か月の投薬という制限がある。 看護師さんによると、少し前に、この会社の骨粗しょう症防止の啓蒙CMに桃井かおりさんが出ていたそうですが、そんなCMあったような・・・。 病院からもらったパンフレットにも桃井さんのお姿が。 最後に 現在の母、骨折箇所の骨がさらにつぶれてしまうことを避けるため背中を丸めちゃいけないとか(つまりかがむ動作ができない)、重いモノを持てない(持たせるのが正直怖いです)とか、生活にも色々と制限が多く、また骨折した箇所をかばうために回りの筋肉に余分な負担がかかるようで、カラダの色んなところが痛くなったり疲れやすかったりする模様。 私も料理など家事の手伝いをして、できるだけ今は母の負担をなくすように、助けになるようにしています。 コルセットは3か月、着けることになってますが、たぶん1か月くらいでかなり今の状態に慣れて苦痛は和らいでくるかな(というかそうなってほしい)、と予測してます。 とにかくしばらくは辛抱ですね・・・。 今日は午前中に母のところに行って注射打つヘルプ、そして午後は整形外科に車で連れて行きリハビリです。

次の

胸椎圧迫骨折の特徴とは?

胸椎 圧迫 骨折 治療

1、圧迫骨折とは 人間の脊椎は、頭部と体幹を含む上半身を支えています。 脊椎は7個の頸椎(C)と12個の胸椎(T)および5個の腰椎(L)、それに仙椎(S)・尾椎からなり、その一つ一つを椎体といいます。 椎体は意外にもろいので、ちょっとした外傷によって潰れてしまいます。 圧迫骨折は「骨折」という名前がついていますが、骨がポキンと折れるものではなくて、椎体が「潰れる」「ひしゃげる」ことで発生する疾患です。 どこに力が加わったかという受傷機転によっても違いますが、腰椎圧迫骨折は骨粗鬆症がベースにある高齢者に多く、胸椎圧迫骨折は比較的事故などの思わぬアクシデントによる若年者の発症が多く、若干性質が異なります。 臨床では、夜間や明け方にトイレに行こうとして畳のヘリなどの段差につまずいて転倒したり、ベッドから転落して発症するケースが多くみられます。 患者が全く動けなくなってしまった場合、救急車を要請して救急外来を時間外受診し、圧迫骨折と診断を受けても自宅への帰宅が困難で、もめるケースもしばしばあります。 2、圧迫骨折の原因 圧迫骨折は、ベースとなる骨の強さと加わった外傷によって、骨折する場所や程度が変わります。 骨の強い成人男性が、日常生活を送る中で発症することは稀です。 しかし、強いエネルギーの加わるような事故が起これば、いくら屈強な男性でも圧迫骨折を起こします。 一方で、骨のもろい高齢女性の場合は、立ち上がろうとしたときやくしゃみなど、たわいもない日常生活動作だけで発症することもあります。 昨今は圧迫骨折による高齢者の寝たきりや介護問題も多く発生しており、圧迫骨折を始めとした全身の骨折を予防するために、積極的に骨粗鬆症の治療を行うようになってきました。 それでも、患者は増加の一途をたどっています。 また、骨は病気によってもろくなることがあります。 成人男性で骨がもろくなる理由としては、悪性腫瘍によるものがあります。 前立腺癌は男性特有の癌ですが、かなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。 ちょっとしたことで圧迫骨折を起こして精査してみたら、前立腺癌による骨転移が発見される・・・というケースも、珍しくありません。 ) 3、圧迫骨折の症状 圧迫骨折を起こすと、背中の突起物である棘突起を順番に指で押していくと、同じ場所で叩打痛(こうだつう)が現れます。 激しい腰痛と背部痛が主たる症状で、歩行や寝返りをうつだけで激痛が走ります。 また、椎体の後方部にまで骨折が及ぶと症状は一層ひどくなり、下肢の痛みや痺れといったヘルニア様の症状、ときには尿が出にくくなったりする麻痺症状も出現します。 この疼痛は、1か月以上続くこともあります。 4、圧迫骨折の治療とコルセット 圧迫骨折の治療は、基本的に安静です。 発症(受傷)後1か月は、骨折部の変形を起こしやすいため、特に注意が必要です。 圧迫骨折の治療には、コルセットを使用します。 コルセットを装着することで疼痛を軽減し、骨の変形を防ぐ効果もあります。 コルセットはよく肋骨骨折で使用するバンドとは違い、硬さや範囲など様々な種類があります。 胸椎圧迫骨折用、腰椎圧迫骨折用、それから硬性・軟性があります。 下の写真は、二つとも胸椎用ですが、硬性コルセットはプラスチック製で、かなり動きが制限されます。 その分、受傷直後には安静のためにこちらを使用することが多くなります。 しかし、長時間座位をとるときには疼痛が出てきますので、コルセットを使用しながら少しずつ日常に戻すことが必要です。 元の生活に戻るようにするには、1年かかることも珍しくありません。 また、高齢者では圧迫骨折による安静を機にADLが低下したり、認知症を発症・悪化させてしまうこともあります。 また、圧迫骨折を発症した高齢の患者は骨粗鬆症の背景を持つことが多いため、再発予防も大切です。 内服や注射による骨粗鬆症の治療を行うことにより、圧迫骨折だけでなく大腿骨頸部骨折等、他の部位の骨折予防にもつながります。 5、圧迫骨折の看護問題 圧迫骨折における治療の基本は保存治療ですので、基本的には入院の必要がないケースが多数を占めます。 しかし、あまりの疼痛に全く動けなくなってしまった、高齢者で1人暮らしの患者など、社会的な意味を含めて入院治療を行う場合も多くあります。 圧迫骨折における看護は、疼痛に対する看護に終始します。 今回は急性疼痛に対する看護問題を挙げてみました。 疼痛の有無と程度 2. 疼痛の生じる行動・体位 3. 疼痛による行動制限の有無 4. コルセット装着の有無と、適切に使用できているか 5. コルセット装着による皮膚障害の有無 6. 疼痛の訴え 7. 食事摂取量 8. 夜間の睡眠状態 本人の睡眠に対する満足度 9. 画像データ 10. 不穏症状の有無 11. 鎮痛剤の使用状況 12. 疼痛の程度により、医師の指示のもとで鎮痛剤を使用する。 安楽な体位を工夫する。 排泄や保清など、必要な範囲でのADLの介助を行う。 コルセットの装着時に介助する。 コルセット着用を促す。 安静度がUPしたら、下肢の筋力低下を防ぐため歩行を促す。 歩行時に疼痛がひどいようであれば、車椅子や歩行器を使用する。 医師の指示のもと、できるだけ早期からリハビリを開始する。 自宅退院に向け外来通院によるリハビリが必要な場合、各部署と連携をとる。 圧迫骨折の治療には安静が重要であることを説明する。 日中は必ずコルセットを着用するよう指導する。 無理な体動は避けるように説明する。 疼痛のひどい場合、ありのまま伝えるように説明する。 家族に病態や安静の必要性、また安静の弊害について説明する。 まとめ 圧迫骨折の治療は、基本的に時間が解決してくれるものです。 それまでの間はコルセット装着と鎮痛剤使用により安静を図ることになりますが、臨床では痛みが軽減するまでの生活がままならず、入院治療を希望する患者・家族が大勢います。 過度な安静によってADLの低下や認知症の発症・悪化がしないように配慮しながら、看護師は疼痛による体動制限への介入が必要となります。 骨粗鬆症の予防治療も進歩していますが、高齢社会において、今後も圧迫骨折の患者は増加することが懸念されます。 参考文献 (一般社団法人日本骨折治療学会|浦山 茂樹) (日本骨代謝学会|2012) jdepo.

次の