岩手 県 コロナ。 達増拓也(岩手県知事)の経歴がすごい!評判は?コロナ感染者ゼロの対策は?|趣味のブログ

“感染者ゼロ”続く岩手県…その背景に震災がもたらした「命への高い意識」

岩手 県 コロナ

出典:岩手県HP 岩手県で新型コロナの感染者が出ていない最大の理由は、何と言っても PCR検査の数が圧倒的に少ないことが挙げられます。 上に紹介したのは岩手県のHPに掲載されている資料からの抜粋ですが、PCR検査が開始された2月13日から2カ月以上経過した4月29日時点においても、実施されたPCR検査の数はわずか 「341件」に留まっていることが分かります。 それでも、下の「新型コロナウイルス感染症相談件数」を見ると、これまでに「症状がある方」からは 「5,741件」もの問い合わせが寄せられていましたし、「新型コロナウイルス感染症に関する疑問や心配事がある方からの一般相談」といったように条件を広げると 1万件以上もの相談が発生していたことが分かります。 PCR検査が少ない理由について 岩手県では、県内の医師たちによって構成される 「専門委員会」がPCR検査の実施の判断を行っているとのことでした。 つまり、検査数の多い少ないは全て専門委員会のさじ加減で決まっているわけで、これまで検査数が少なかったのも専門委員会が「そう判断したから」ということになります。 そのような状況もあり、岩手県におけるPCR検査については、これまでは 1日10~20件レベルで推移してきたわけです。 (ちなみに、岩手県では一日当たり 最大40件まで検査が可能です) PCR検査の基準は何か? この件について気になるのはやはり 「4日間待機ルール」、つまり 「37度5分以上の熱が4日間続く」場合にPCR検査を実施するといった基準です。 この基準については当初加藤厚労相もそのように発言していましたし、厚労省のHPにもそういった掲載が確認されています。 この基準はあたかも受診の基準として定着し、一人歩きした感は否めません。 しかし、後になって、日本医師会常任理事の釜萢敏氏が「4日間、経過の様子をみてくださいといったメッセージに取られたんですが、実はそうではなくて・・・」と、実に苦しい言い訳めいた説明をしたことが大きな批判を呼びました。 また、厚労省も4月28日には新型コロナに対する新しい判断基準を示すなど、これまでの「4日間待機ルール」にみられる基準は、既に過去の遺物と言って差し支えないでしょう。 ちなみに、上の表でも分かるように、東北の中で最も検査数が多いのが 「山形県」です。 この山形県については岩手県と同様、長いこと感染者が0人で推移してきた県ですが、4月29日の時点では「66人」もの感染者を出している、つまり、ここ最近で 急速に感染者が増えた県として知られています。 PCR検査数を思いきり増やしたら感染者も思いきり増えた山形県 山形県で 最初に感染が確認されたのが3月31日です(20代の女性1名) それまでは、県内でのPCR検査数は少ない件数で推移していましたが、この感染事例を境にPCR検査を増やしていったといいます。 というのも確認したところ、PCR検査の推移についての詳細なデータは山形県でも持ち合わせていないからです) そして、 PCR検査を東北で一番になるぐらいに増やしたところ、1カ月も経たないうちに隣県の福島県に匹敵するほどの感染者数を記録してしまったのです。 というのも、山形県では 3世代同居の家族が全国トップの「17. 8%」もあり、県はこうした状況から3世代同居家族がクラスターに巻き込まれることを警戒し、PCR検査を推進している理由となっています。 27 毎日新聞~ 岩手県と山形県の類似点とは? 東北の中で最も多くのPCR検査を実施した山形県と、PCR検査が最も少ない岩手県とでは、実は決定的とも言える類似点があります。 順位 県名 人口 32位 岩手県 1,226,430 35位 山形県 1,077,057 順位 県名 県の面積 2位 岩手県 15,275. 01 9位 山形県 9,323. 15 順位 県名 人口密度 42位 山形県 115. 53 46位 岩手県 80. 29 上の表は山形県と岩手県の人口、県の面積、人口密度を表わしたものです。 つまり、 同じぐらいの面積に、同じぐらいの人口が、同じぐらいの人口密度で人々が暮らしているのが山形県と岩手県なのです。 しかし、片方は66名もの感染者を出し、もう片方は感染者が出ていない。 何が違うのかと言えば、くどいようですが 「PCR検査の数」なのです。 つまり、こういうことが言えます。 山形県:3世代同居の家族が多いことからクラスターを警戒してPCR検査を 積極的に増やしてきた。 岩手県:厚労省の「4日間待機ルール」を厳格に守るなどしてPCR検査を 消極的に抑えてきた。 筆者が懸念しているのは、 岩手県も山形県と同程度の感染者は存在するのではないかということです。 そして、このことは 岩田健太郎教授が『新型コロナウイルスの真実』の中でも触れていたように、 『見て見ぬふりをして見逃された患者さんからどんどん他人に感染し続けて、もっと大きなピークがやって来てしまう』といったことになりかねないということです。 果たして、岩手県は本当に感染者が「0人」なのでしょうか? 【PCR検査体制の見直し】要点 1 本日から、次のように見直しました。 新型コロナウイルス感染症の患者(確定例)の濃厚接触者、クラスターの発生等、直ちに保健所が積極的疫学調査を行う必要があるものについては、専門委員会への協議を省略し、環境保健研究センターにおいてPCR検査を実施。 — 岩手県新型コロナウイルス感染症対策本部【公式】 iwatevscovid19 体制の変更の大きなポイントは、「専門委員会」の位置づけです。 これまでPCR検査の実施の判定は専門委員会が行っていましたが、 今後は感染症を疑うものについては、専門委員会への協議を省略(スルー)し、民間検査機関においてPCR検査を実施できるようになりました。 やっとですか!? と言いたいところですが、今後重要になってくるのは感染者受け入れのための病床数となります。 これまで検査が手薄だった分、かなりの数の感染者が県内に存在すると思われます。

次の

岩手県は本当にコロナ感染者が「0人」なのか!?

岩手 県 コロナ

岩手県「感染者ゼロ」の裏で… 新型コロナウイルスの感染者数がいまだ0人なのが岩手県だ(5月11日現在)。 4月上旬ごろ、島根県と鳥取県とともに0人が続いていたことから、ネット上ではこの3県への注目が高まっていた。 まずは島根で感染者が出て、続いて鳥取でも出たことから岩手に対して「優勝」「金メダル」などと書かれた。 そんな状況下にあるが、7日、同県北上市の高橋敏彦市長は、市の公式HPで以下の注意喚起を行った。 〈当市においても市内企業に勤務されているご家族をはじめ、職場の方やその他取引先など関係者の方々に対する誹謗・中傷の相談を受けております。 他県から転居してきたこと等を理由とした、不当な「差別・いやがらせ・偏見・いじめ」は、決して許されるものではありません。 市民の皆さんには是非とも落ち着いて、冷静な対応をお願いするとともに、子どもたちに対しても、仲間を傷つけるような言葉づかいや態度をとらず、思いやりをもって行動するよう声をかけていただきたいと思います〉 朝日新聞の電子版は9日、〈感染ゼロ岩手で「コロナ県!」 県外ナンバー中傷相次ぐ〉という記事を掲載し、「他県から来るな」と言われた人がいたことや、転勤者の小学生と中学生の子供が同級生から「コロナ県」とからかわれたという、県に寄せられた相談内容を紹介した。 岩手とコロナに関しては、「千葉から帰省した妊婦が破水して救急搬送されたもののコロナの感染リスクを理由に2軒の病院から受け入れを拒否された」ことや「東京から移住してきた男性が当初予定していたマンションへの居住を断られ、別の場所に仮住まいをしていたところ、その家が焼けて死亡した」という件がネットでは取り沙汰されていた。 こうしたことからネットの匿名掲示板5ちゃんねるには岩手について「まあ県民性だよな」や「震災の時県外のもんにどれだけ助けてもらったと思ってんだこいつら!」「今後岩手に何かあっても一切手を差し伸べないように 余計なお世話らしいから」といった厳しい意見が並ぶ。 医療が弱い地域があるので、そこは理解してほしいなと思います」と語る。 この女性は「岩手県知事の対応はそもそも早かったと思います」と言う。 実際、達増拓也知事は、2月7日に感染症専門医による「県新型コロナウイルス感染症対策専門委員会」を設置。 3月30日には、首都圏から来県した人へ2週間の外出自粛要請をしていた。 こうしたトップのリーダーシップが発揮された素早い動きがあり、県民の感染対策への意識も高いようだ。 前出の女性は上記のように市長が市民に呼びかけざるを得なくなったことについては、その土地ならではの噂話の拡散力の速さが関係しているのでは、と述べる。 「ウチの息子が3年前に実家に戻り、コンビニでパンを買い、店員から『いつ来たの?』などと聞かれて答えたんですよ。 そうしたら、すぐに近所に住む私の弟に息子がコンビニに行ったことが伝わっていました。 とにかく情報の拡散が速いんですよ。 どうでもいい話でしょ? それなのに、普段とは違うことが起こったら噂話として価値が出る。 だからこそ私の弟も、『自分がコロナ感染第一号になったら大変なことになる…』という恐怖感を持っています。 県民の多くにそういった考えがあるから、防衛本能が働く。 他の都道府県のかたから見れば過剰反応と捉えられるのかもしれませんが…」 また、別の岩手県在住男性は「私がどこの市在住かも言わないでほしい」と述べたうえで、情報伝達の速さと警戒心の強さがあることを認める。 「それなりの大きな駅近くに住んでいる私の知り合いは月に2回、東京と岩手を行き来する生活をしています。 しかし、彼は3月から一度も東京から帰ってきていないんですよ。 電話で聞いてみたら、彼はこう言っていました。 いつしか感染したことにさせられるかもしれない。 だから東京に残り続けているのです』」 そして男性はこう続けた。 「東北新幹線の盛岡駅の改札でも体温チェックをするなど、岩手は慎重に対策を進めてきました。 私の周りでも先の男性のように感染しないように慎重に行動している人が多い。 『コロナ県』などといやがらせをするのは言語道断ですが、決して岩手を陰湿だ、などと決めつけないでいただきたいのですが……。 こうした慎重さがあるから感染者数がゼロなのかもしれません」.

次の

ブラジルメディアが「岩手のミステリー」と着目…コロナ感染者ゼロの岩手県を特集(ENCOUNT)

岩手 県 コロナ

「県外の方お断り」行き過ぎ対応を反省 唯一感染ゼロの岩手知事「賢く怖がるよう促す」 「県外の方お断り」。 全国で唯一、新型コロナウイルス感染症者が未確認の岩手県でこうした事例が相次いでいる。 感染を恐れるあまり、県立病院では県外者の受け入れ拒否が起きた。 行き過ぎともいえる風潮に歯止めを掛けようと、県は「正しく恐れること」の重要性を説き始めた。 「おわび申し上げる。 今後はこのような事案を起こさないようにしたい」 24日の岩手県議会の議案説明会。 今月中旬、千葉県から帰省中に破水した妊婦の救急受け入れを県立2病院が拒否した問題で、県幹部が頭を下げた。 県医療局によると、2病院には、首都圏から県内に来た人は2週間経過しなければ診察しない内部の取り決めがあった。 感染者を受け入れる指定病院ではないが「救急であり、引き受けるべきだった」と釈明した。 「県外の方お断り」が増えだしたのは今月上旬。 「不安がある県民は知らない人にむやみに近づかないで」と達増拓也知事がメッセージを発した時期に重なる。 県立美術館(盛岡市)も17〜23日にホームページ上で「県外から来られた方のご入館の自粛をお願いいたします」と掲げた。 達増知事は23日の定例記者会見で「注意喚起はいいが、制限は行き過ぎ」と指摘。 過剰に反応する世情への戸惑いが見え隠れした。 「ウイルスの次にやってくるもの」。 日本赤十字社が21日に公開したアニメーションは、むやみな恐怖感は人と人の分断を招くと警告する。 担当者は「不安や差別が自らの感染を隠すことにつながり、感染拡大を引き起こすと考えられる」と強調する。 「賢く怖がるように誘導するのも行政の役割。 不必要な不安や恐怖を膨らまさないように工夫したい」。 達増知事は自らを戒めるように語った。

次の