サンシャイン 池崎 保護 猫。 サンシャイン池崎 保護猫2匹との溺愛生活にフォロワー46万人

スマイル君(保護猫)の今現在(2020最新)は何してる?里親は見つかったのか?【志村どうぶつ園】

サンシャイン 池崎 保護 猫

ハライチの岩井さんがの中でサンシャイン池崎さんが保護猫2匹を引き取ったことについて話していました。 (岩井勇気)さあ、今週のネコちゃんニュースはこちら! サンシャイン池崎、保護猫を引き取る。 (澤部佑)フハハハハハッ! (岩井勇気)そうなんですよー。 (澤部佑)そうらしいですね。 (岩井勇気)お笑い芸人・サンシャイン池崎さんが7月23日に2匹の保護猫を引き取ったことをInstagramで報告しました。 新しく迎えた家族に「風神」「雷神」と名付けた池崎さんは「超絶大事にします!」とたのもしいテンションのコメントを投稿。 ファンからあたたかなコメントが寄せられているそうです。 (澤部佑)出ましたね。 過去最低ネコちゃんニュース。 更新しました。 (岩井勇気)ネコちゃんを引き取ったんですよ。 飼うことにしたんですよ。 池崎さんが。 (澤部佑)らしいね。 このインスタに載っている写真、岩井が撮ったやつでしょう? (岩井勇気)そう。 俺が撮ったんですよ。 めっちゃいいでしょう? この写真。 めちゃめちゃいいでしょう、これ? (澤部佑)池崎がその風神・雷神をね抱えて撮ってる笑顔の写真ね。 かわいいんだよね。 風神・雷神ね。 かわいいんだよ。 池崎さんの家にネコが来るという情報を聞きつけまして。 再三連絡を取りまして。 「いつ来る? いつ来る?」って。 で、当日の保護猫が来るっていう時間帯に俺も行きまして。 一緒に引き取りましたよ。 (澤部佑)本当に一緒にいたんだね。 その場に。 (岩井勇気)だから団体の方もいたよ。 (澤部佑)引き渡しに来たその人もいて。 すごいね。 (岩井勇気)風神・雷神と名付けまして、めちゃめちゃかわいいんですよ。 (澤部佑)かわいいね。 (岩井勇気)これ、白い方が雷神なのね。 (澤部佑)どっちも白いじゃん。 (岩井勇気)いや、頭が黒い方が……。 (澤部佑)頭が黒っぽい方と、ほぼ真っ白なのと。 (岩井勇気)頭が黒っぽい方が風神なの。 逆っぽくない、なんか? (澤部佑)うーん、たしかに(笑)。 真っ白な方が風神っぽいよね。 頭が黒いのが風神? (岩井勇気)頭が黒い方が風神。 真っ白い方が雷神なの。 (澤部佑)それはおかしいね。 「いや、白い方が雷っぽいじゃん」みたいに言って。 (澤部佑)ああー、パッと光る感じかな? (岩井勇気)いや、絶対に逆でしょうっていう。 (澤部佑)でも、風神が女の子なんだよね。 (岩井勇気)ああ、そうなのかな? (澤部佑)って言っていた。 だから風神……一応女の子は風神っぽいじゃん。 雷神よりは。 (岩井勇気)これ、覚えられねえぞ。 (澤部佑)これ、覚えられないね。 難しいね。 やめりゃあいいんだよ、だから風神・雷神って(笑)。 (岩井勇気)フハハハハハッ! シロとブチにすりゃいいのに。 (澤部佑)ねえ。 そんなんで別にいいよね。 覚えやすいし、かわいいしね。 (岩井勇気)池崎さん、めっちゃいろいろと買ってたよ。 (澤部佑)ああ、なんか見た。 (岩井勇気)なんかね、猫砂の機械みたいな。 (澤部佑)自動のやつだろ? 自動のトイレ。 (岩井勇気)そう。 宇宙のあれ、フリーザが最初に乗っていたみたいなやつ。 (澤部佑)みたいな、丸っこいやつなんだよね。 (岩井勇気)そう。 丸っこい猫砂が入っているトイレ。 (澤部佑)そこでネコちゃんがおしっこなりすると、勝手に砂がファサッて回転するんだよね。 (岩井勇気)回転して……みたいなのがあるんだよ。 それも買っていたし。 (澤部佑)それ、でもさっき仕事が一緒だったの。 で、言っていたよ。 悩みのひとつで。 「ネコが軽すぎるからかな? 自動のやつが全然反応しないんだよ」って。 (岩井勇気)フハハハハハッ! もう悩みができた。 (澤部佑)ネコがおしっことかしても、動かないんだって(笑)。 「ヤバいよ」って言っていたけど。 (岩井勇気)めちゃめちゃひっかかれちゃったよ、俺。 (澤部佑)ええっ? 結構じゃあまだヤンチャなんだね。 (岩井勇気)俺、やっぱり下に見られてるよ。 全ネコに(笑)。 (澤部佑)フハハハハハッ! (岩井勇気)俺、噛まれたりひっかかれたりしすぎるもん。 やっぱりちょっと。 (澤部佑)おかしいね。 自分のネコにも攻撃されるし。 それはだから思いが伝わっていないのかな? (岩井勇気)そうだな。 愛が伝わってません。 (澤部佑)じゃあ池崎邸に岩井さん、通う可能性ありますね。 (岩井勇気)そうです。 (澤部佑)もういいか。 池崎の話は。 (岩井勇気)池崎の話はいいよ(笑)。 <書き起こしおわり>.

次の

芸能人の「溺愛にゃんこ」5選。HIKAKIN、柴咲コウの猫って?

サンシャイン 池崎 保護 猫

コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。 配送日及び時間指定はできません。 また郵便追跡はできませんのでご了承ください。 帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。 全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。 詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。 「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。 『ざんねんないきもの事典』などでおなじみ 動物学者・今泉忠明先生も推薦!! 「保護猫と家族同然に暮らしている池崎さんのやさしさにほれました」 小学生を中心に絶大な人気を誇るお笑い芸人・サンシャイン池崎の初めての本は、 2匹の保護猫との生活を写真と文章で綴った一冊。 ビギナーゆえの困惑と幸福が入り交じった猫ライフは、テレビでも取り上げられ、 ツイッターやインスタグラムでも多くの共感を呼んでいます。 実際に猫を飼っている猫好きのみなさんにはもちろん、 これから猫を飼ってみたいと考えている方にも楽しんでもらえる話がいっぱい。 ふりがなつきで小学生でも読めます。 面白くて心温まるエピソードに加え、「保護猫」という真面目なテーマに言及。 いま行政でも取り組みが進んでいる「犬猫の殺処分問題」についても、 明るく前向きに考えるきっかけとなる内容になっています。 猫ちゃんは池崎さん家の子になれて幸せだろうなあ、とほっこりする一冊です。 同時に保護猫ちゃんたちやボランティアさんたちのことについても学べるので、広くたくさんの方に読んでもらいたい本です。 雷ちゃん風ちゃんがサンシャイン池崎さんの家に来たときからTwitterで知っていましたが、その時から、池崎さんのような有名な方が血統書付きじゃなくて保護猫ちゃんをお迎えしたって言ってくれるのはありがたいなあと思っていました。 私の飼っている猫も元保護猫です。 ボランティアさんたちはたくさんの保護猫ちゃん 中には病気や怪我のある子も を抱えて、医療費もご飯代も持ち出しです。 里親に応募する人の中には、お家にお届けしたり家族構成を訊かれたり、お渡し時にワクチン代等医療費の支払いをと言われると嫌な顔をされる方もいますが、ボランティアさんのところの可愛い娘 息子 をお嫁 婿 に貰うと考えてみてはどうでしょう。 お互いそんな気持ちでいられたらいいなと思います。 この一冊には「猫ちゃんかわいい!」だけでなく、サンシャイン池崎さんが雷ちゃん風ちゃんをお嫁お婿に迎えするに至った経緯から、色々な事件を乗り越えて、飼い主レベルが上がっていった一年間の道程が書かれています。 猫を飼ったことのある人なら、「わかるわかる!あったなあそんなこと」と微笑ましくなると思います。 そして間に挟まれたNPO法人 猫の森 さんの「もっと知りたい保護猫のこと」コラムで、これまで保護猫に興味や知識のなかった人達にも関心を持ってもらえたらなあと思います。 池崎さんと雷ちゃん風ちゃん、猫の森さん、こんな素敵な一冊をありがとうございます! 池崎さん、応援しています!これからも池崎家の大黒柱として、貯金残高超絶怒濤に増やしていってください!!イエエエエェーーーーイ!!!! 我が家が、もうほとんど同じような経緯でボランティアさんから2匹を一度に お迎えしたため、最初から最後まで共感の嵐でした! 猫と一緒に暮らしている方、暮らしていた方には共感しかない、 いつか猫と…と夢見ている方には、きっとさらにその思いを促進させてくれる 1冊だと思います。 風ちゃん雷ちゃんのかわいさ、サンシャイン池崎さんとの楽しい猫ライフに クスクス笑わせてもらいながらも、 保護猫のお迎えをここまで具体的にわかりやすく、また 納得感ある説明をされている本はなかなかないです。 いろいろと誤解や勘違いも多い保護猫について、より多くの人に理解して もらえる、楽しくも貴重な一冊です。 また、お迎えした保護団体でのボランティア活動をされているとのこと。 これからもずっと応援したいタレントさんになりました。 元々、サンシャイン池崎さんは知っていましたが、裏アカウントが話題となってそこから興味を持ち本を購入させていただきました。 幼少からの猫への想い、風神ちゃん雷神くんとの出会いとハプニング、猫との日常生活の話など、サンシャイン池崎さん目線のお話が書かれています。 また、子供にもわかりやすいように振り仮名が振られ、写真もふんだんに掲載されているので漢字の読めないお子さんも意識しているように感じました。 一部、SかMの話題が出てくるので、子供に聞かれたら説明し辛いかも…笑 保護猫団体さんの解説もあるので、保護猫への理解にもつながるのではないかなと感じました。 全編を通して、サンシャイン池崎さんの猫愛に溢れた一冊でした。 おススメです。

次の

ハライチ岩井 サンシャイン池崎の保護猫引き取りを語る

サンシャイン 池崎 保護 猫

「イェーーーイ!」「ジャスティス!」と絶叫するハイテンションなギャグが人気のお笑い芸人、サンシャイン池崎さん(37)が、初のエッセー本「空前絶後の保護猫ライフ! 池崎の家編」(宝島社、定価:1200円=税別)を出版しました。 池崎さんが2匹の保護猫を迎え入れた経緯や、猫とのラブラブな生活ぶりが、わかりやすい文章と写真で記されています。 子供のころからの念願だったという猫との暮らしと保護活動への思いを聞きました。 でも、鹿児島の実家は狭くて飼えませんでしたので、勝手に出入りしていた近所の野良猫と遊ぶくらいだったんです。 ボロくて、クラスメートに「5分で更地にできる」と言われていました。 2018年の初め、ペット可の物件を探して引っ越しました。 それから一緒に住む猫を探そうとスタンバイしていました。 ある日、テレビ番組で共演したサイエンスアクターの市岡元気さんから猫の保護活動をしているNPO法人「猫の森」を紹介され、初めて保護猫の存在を知ったんです。 猫の森の活動内容を知って、どうせ飼うなら保護猫にしようと決めました。 そこには、避妊をしなかったせいで数が90匹ぐらいにまで増えて飼えなくなってしまった(多頭飼育崩壊)飼い主夫婦の猫たちや、飼い主による虐待から救出された猫もいました。 その中から、まだ生まれて間もない風神ちゃん(メス)、雷神ちゃん(オス)を紹介され、「超絶かわいい!」と一目ぼれしたんです。 他のボランティアさんと一緒にちょこちょこ、多頭飼育崩壊から救出された保護猫のお世話をしています。 これまでも「猫の森」では、無償で猫のお世話をしている人がいると聞いています。 ちょっとでも助けになればうれしいと思っています。 仕事柄、留守番をさせることも多いので心配していたところ、「猫の森」代表理事の北村由紀子さんから、2匹を一緒に引き取るよう勧められました。 「猫の森」では、身分証の提示など11項目の応募条件があります。 これを全部クリアし、ワクチン接種や猫風邪の治療などを済ませ、7月23日からトライアル飼育をへて、 雷 らいちゃんと 風 ふうちゃんとの生活が始まりました。 2匹はきょうだいではありませんが、とても仲良しなんです。 フォロワーも40万人を超え、公式アカウントの24万人を大きく上回ったことも話題です。 インスタグラムやユーチューブでも猫との生活を公開しています。 反響はいかがでしたか? こんなに反響があるとは思ってもいませんでした。 公式アカウントは圧倒的に差をつけられましたね(笑)。 もう、勝てないって思いました。 猫の力はすごいですね。 そして、本を出版することができて、保護猫について知ってもらえるきっかけになったことはうれしいです。 たまに、アイドルの方の裏アカが流出するじゃないですか。 ああいうのをやってみようと(笑)。 インスタグラムでのコメントでありました。 あと、「私も保護猫飼っています」とか。 うーん、猫グッズだけで総額14、5万円ぐらいかかりましたね。 爪とぎができるサークル状のグッズは、すぐに飽きて使ってくれなかったですけど(笑)。 おしゃれなソファは爪とぎにされているようですが……。 もう、風ちゃんにやられて角がボロボロです(笑)。 雷ちゃんはやらないです。 2匹は性格も全然違います。 でも、猫が来たことによって、まめに掃除機をかけて、部屋をきれいにするようになったし、猫たちは朝が早いので、僕も規則正しい生活になりました。 夜も家に帰るのが早くなりました。 でも、気をつけないと危ないですね(笑)。 雷ちゃんは僕が寝ている時に、遊んでほしくて足にまとわりついてきます。 トイレを掃除したり、ごはんをあげたり大変だけど、猫と暮らすのは夢だったので楽しいです。 風ちゃんはおてんばでツンデレな性格です。 ユーチューブは、お金もうけではなく、チャリティーが目的です。 まだチャンネルの登録者数は10万人ぐらいですが、広告の収益は必要経費を除く全てを保護猫団体さんや動物保護団体さんに寄付します。 うれしいですね。 家に猫を見に来てくれるロケとか、こういった取材もそうですし、ラジオ番組の出演もあります。 ユーチューブも始めたばかりなので、これらを続けていきたいですね。 SNSでどんどん発信して、みなさんにもっと保護猫やボランティアのことを知ってほしいですね。 猫を飼うのを迷っている人にぜひ、読んでほしいです。 猫を飼う前の準備などがわかります。 漢字にふりがながついているので、子供さんにもわかりやすいと思います。 小さいうちから保護猫のことを知ってもらえればうれしいですね。 約20年間、猫の一生を預かるわけですから、大切にしてほしいです。 (取材/撮影:メディア局編集部・遠山留美).

次の