あて 漢字 酒。 「酒の肴」の読み方や意味は?「あて」と「つまみ」との違いは?

「酒の肴」の読み方や意味は?「あて」と「つまみ」との違いは?

あて 漢字 酒

では火酒の正しい読み方は、「ウォッカ」「ひさけ」どちらなのかを見ていきましょう。 結論から言ってしまうと、 火酒の正しい読み方は「ウォッカ」または「かしゅ」になります。 火酒を「ウォッカ」「かしゅ」と読むのが正しく、「ひさけ」と読むのは間違いです。 ただ 一般的には火酒は「かしゅ」と読むことが多いです。 熟字に訓読みをあてた読み方だから、熟字訓(じゅくじくん)です。 訓読み(日本由来)はそれだけで意味が分かる読み方が多く、音読み(中国由来)はそれだけでは意味が分からないものが多いです。 そして熟字訓は熟字(2字以上)に読み方があてられているため、 漢字単体に読み方が振り分けられているわけではありません。 ですので漢字(1字)の訓読みのようにその熟字(2字以上)だけで、 意味が伝わるように読み方があてられているものが熟字訓というわけなんですね。 熟字訓と言われる読み方は特殊で、あらかじめその言葉の読み方を知っていなければ、読み方が分からないものがほとんどです。 次の章で火酒の意味について解説していきます。 2.火酒の意味と類義語について では火酒の意味と類義語について見ていきましょう。 まず 火酒は「アルコール分の強い蒸留酒のこと」の意味として用いられています。 火酒は「ウォッカ」「かしゅ」の両方で読むことができますが、 他にも「ウィスキー」「ブランデー」とも読むことがあるので覚えておきましょう。 また 火酒の類義語としては、「蒸留酒(じょうりゅうしゅ)・清酒(せいしゅ)・焼酎(しょうちゅう)・泡盛(あわもり)」などの言葉が挙げられます。 どの言葉についても火酒と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。 スポンサーリンク.

次の

「酒の肴(さかな)」と書いてはいけない理由と「酒池肉林」の誤解と正しい意味と

あて 漢字 酒

ここ数年、 テレビでのクイズ番組ブームが 再燃しています。 とはいえ、 テレビ黎明期から手を替え品を替え、 会話の途絶えたお茶の間に 共有できる話のネタを提供してきた 息の長いコンテンツのひとつです。 お年寄りから子供まで、 世代間を越えた 知恵競べに花を咲かせています。 そんな、クイズ番組の定番のひとつに 漢字の出題があります。 漢字については、 10年ほど前の漢字検定ブーム以降、 根強く支持され 今に至っているようです。 クイズ番組で 部首の「魚へん」の漢字が出題され、 寿司屋の湯呑みを思い出しながら、 答えに一喜一憂するのも お馴染みの光景といえます。 さて、部首といえば、 「酒」の部首をご存知でしょうか。 昨今はパソコンの普及に伴って 検索しやすさへの配慮から、 さんずいの漢字に 「酒」も含まれていますが、 酉の漢字にもキチンと 掲載されています。 酉の漢字は、酒類系と醗酵系が多くを占める。 …ということで、「酉」について、 少し紐解いてみましょう。 酉は十二支の10番目にあたります。 十二支はもともと植物の成長を 十二段階に表したものです。 ただ、そのままの漢字では 覚えにくいこともあり、 より覚えやすくするために、 後づけで馴染みのある動物を 十二支にあてはめたとされています。 酉が司る旧暦の8月は、 米などの収穫がはじまり、 これから来る冬に向けて お酒を造る季節にあたるため、 「酉」という漢字をあてた という説が有力です。 酒盛り• 酎(ちゅう)濃い酒。 酛(もと) 清酒のもと。 酒を造る酒母• 酥(そ) ウシや羊の乳でつくった飲み物• こうじ。 二日酔い• 酸味のある液体の調味料• まじり気のない酒。 醐(ご・こ) まじりけのないバター類の意。 醍醐味• 醍(だい・てい) 仏教で最上の味とされる醍醐• どぶろく• こんなに複雑な漢字に加え、 幅の広い表現力を持つ世界でも 難しい部類に属する日本語。 これを巧みに使いこなす 日本人の多くが、 英語をしゃべられないのは、 何とも不思議なお話です。 カテゴリー 投稿ナビゲーション.

次の

「酒の肴」の読み方や意味は?「あて」と「つまみ」との違いは?

あて 漢字 酒

この節のが望まれています。 古くは『』に詠われているように利き酒は古来から行われていた。 「利き酒」という言葉は後期には専門語化されており、利き酒によって酒の値段が決められていた。 手順 [ ] 利き、通称「蛇の目」と呼ばれる、白地で底面に二重の紺色の同心円が描かれた陶製の容器を用いる。 プロは正二合 360ml 入る大振りのものを使用する。 チェックポイントは色・香り・味の三点。 猪口に酒を八分目程注ぎ、外観を見る。 白地の部分で色を見、藍色と白地の境目で透明度()を見る。 新しいものは青みがかり、古いものは黄色みがかる。 赤いものは鉄分を含んでいるので良くない。 透明度が高いものは炭素による濾過率が高いため、風味も淡い場合が多い。 次にをゆっくり近づけていき、を利く()。 、果物香のような良いものと、袋香(絞った袋の)、フーゼル油臭、(時間が経って劣化したもの)、(火入れ前の段階で既に劣化したもの)、(、発酵時の果実香を集めて後から添加したもの)、(きが、樽の匂い)などマイナスポイントをチェックする。 少量(4ml程度)を口に入れ、舌の上で転がして味を見る。 口先から空気を吸い込み、鼻に抜いて香り(含み香)も見る。 その後吐き出し、後味(さばけ)を見る。 のど越しを見る場合は飲み込むこともあるが、大量に利くことは出来ない。 批判点 [ ] 一般に、ワインのテイスティングがで評価されるのに対し、日本酒の利き酒は基本的にである。 このシステムがたとえば、かつて「色のついた酒は減点」といった評価基準から、色も旨味も抜けるだけ抜いた酒ばかり造られたの原因であるとして、批判の対象としている酒類評論家も多い。 競技 [ ] 複数の日本酒を用意し、一方に 1 、 2 、 3 …という風に並べ、もう一方に同じ酒をA、B、C…と順番を変えて並べる。 まず片方の列を全て利き、次にもう一方の列も利いて一致するものを当てる。 たいていは5種類程度だが、全国きき酒選手権では11種類もの銘柄が並べられ、全て一致する確率は数学的には四千万分の一以下となる。 資格認定 [ ] 民間団体であるが、「」及び「」(さかしょう)の資格認定を行っている。 きき酒師は20歳以上であれば誰でも受けられ、同会の主催する講習会を受講した後、筆記・実技の試験に合格すれば認定を受けられる。 酒匠はより上位の資格で、きき酒師やといった資格を既に保有していることが受験資格となる。 内容的にはテイスティング能力がより重視され、「日本酒の伝道者」たることが求められる。 関連項目 [ ]• () 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の